スティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 ダイソン、マキタ、アイリスの口コミの評判も

   

人気のスティッククリーナー(掃除機)

日本の狭い家との相性が抜群で細かな部分まで掃除できるスティッククリーナーは大人気となっています。キャニスター式掃除機に比べて使いやすさも片付けやすさも優れており、最新技術によって性能がアップしたことで気軽に掃除できる家庭に欠かせない家電となりました。

ところがいざスティッククリーナーを選ぼうと思って、ダイソン、マキタ、アイリスオーヤマ、パナソニック、山善、日立、シャープ、ツインバードなどのメーカーがスティッククリーナーを販売しており、さらにコード式とコードレスや紙パック式とサイクロン式によって吸引力に違いがあるため、選び方が分からなくなってしまうものです。

そこで今回は、ちょっとした掃除から本格的な掃除まで任せられるスティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。ダイソン、マキタ、アイリスオーヤマなどの人気メーカーもチェックしましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

スティッククリーナーについての詳しい解説は以下を参照してください。

スティッククリーナーとは?コードレスとコード式の違いから使い方まで徹底解説!

スティッククリーナー(掃除機)とは?

人気を博しているスティッククリーナーとは、具体的にはどのような掃除機なのでしょうか。よく似ているハンディクリーナーとの違いなども合わせて確認しましょう。

スティックタイプの掃除機

スティッククリーナーは読んで字のごとくスティック状の形状をしている掃除機です。

一般的な掃除機を想像するとキャニスター式掃除機が頭に浮かびますが、スティッククリーナーにはキャニスター式掃除機のような本体はなく、ノズル部分に掃除機本体が収納されています。

そのため、キャニスター式掃除機のように掃除中に本体を引っ張る必要がありません。

そもそものデザインがキャニスター式掃除機と大きく異なるのがスティッククリーナーです。

とにかく手軽に掃除できる

スティッククリーナーの強みは、とにかく手軽に掃除できることです。

スティッククリーナーは自立できるものやスタンドに立てておくことができるものがあり、わざわざ押入れなどに収納しておく必要がありません。

使いたいときに、そのまま手に持ってスイッチを入れれば掃除を開始することができます。

掃除をする場合、掃除機を準備するのが面倒に感じることも多いですが、スティッククリーナーなら思いついたときに手軽に掃除を開始することができます。

コード式とコードレス式がある

スティッククリーナーには、大きく分けてコード式とコードレス式の2種類が存在します。

コード式とコードレス式では、使い方が大きく異なります。

コード式スティッククリーナーは掃除をするときに、わざわざコードを電源に接続しなくてはいけません。また掃除できる範囲はコードの長さに限定され、掃除中にはコードが邪魔になることもあります。

一方で充電する必要がないため、電源さえ確保できればいつでも掃除することができます。また常にフルパワーで掃除することが可能なためパワフルな吸引力を発揮し、本体価格が非常に安いのも大きな魅力です。

コードレス式スティッククリーナーは、使用前にはしっかりと充電しておく必要があり、バッテリーの容量によって掃除できる時間も限られています。

一方で、場所を選ばずに掃除することができ、サッと手に取ってスイッチを入れれば準備不要で掃除を開始することができます。掃除中にコードが邪魔にならず、階段などでは圧倒的な利便性を発揮します。

コード式スティッククリーナーとコードレス式スティッククリーナーでは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

コード式スティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 長時間吸引力持続

コードレススティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 吸引力、紙パック有無、価格をチェック

紙パック式とサイクロン式がある

スティッククリーナーには、紙パック式の製品とサイクロン式の製品があります。

紙パック式のスティッククリーナーは、紙パックが必要となるためランニングコストが高くなり、同じ紙パックは長く使用していると吸引力が低下します。

一方で、ゴミ捨てが非常に簡単でスティッククリーナー自体のお手入れの手間を省くことができます。

サイクロン式のスティッククリーナーは、掃除後のゴミ捨てが面倒で、ゴミが散らかってしまうこともあります。

一方で、紙パックが不要なためランニングコストが低く、長く掃除を続けても吸引力が低下しません。

コード式とコードレス式にメリットとデメリットがあるように、紙パック式とサイクロン式にもメリットとデメリットが存在します。

方式の違いによる使い勝手の違いは、使用者のスティッククリーナーの使い方や好みに大きく影響されるため、自分に合った方式のスティッククリーナーを見つけ出しましょう。

スティッククリーナーの方式の違いによるメリットとデメリットについては以下で説明しています。

スティッククリーナーとは?コードレスとコード式の違いから使い方まで徹底解説!

スティッククリーナーとハンディクリーナーの違い

スティッククリーナーとよく似ているのがハンディクリーナーですが、両者には明確な違いがあります。

それは立った状態で床を掃除できるか否かです。

スティッククリーナーは柄の部分が長いため、立った状態でも難なく掃除することができます。

ハンディクリーナーは、手元の掃除のためにデザインされているため、立った状態では床を掃除することができません。

またスティッククリーナーはハンディクリーナーに比べてパワフルに設計されています。

ただしスティッククリーナーもハンディクリーナーも2ウェイタイプの製品が多く、スティッククリーナーとハンディクリーナーを兼用できる製品がたくさんあります。

メイン掃除機としてもサブ掃除機としても活躍

スティッククリーナーは、メイン掃除機としてはもちろんのことをサブ掃除機としても活躍させることができます。

小回りが利いてパワーがあるため、幅広い使い方に対応することができます。

掃除機として使うことができるため、自宅にパワフルなキャニスター式掃除機がある場合でも、ちょっとした掃除にスティッククリーナーを利用することができます。

汎用性の高さはスティッククリーナーの持ち味となっています。

値段が安い

スティッククリーナーはキャニスター式掃除機に比べて値段が安く、低価格の製品を選べば3000円前後で購入することができます。

圧倒的な安さが人気となっている理由のひとつです。

もちろんコードレス式でバッテリー容量が大きい高機能なスティッククリーナーなら値段は高くなりますが、吸引力はキャニスター式掃除機に劣らず使い勝手は段違いに上です。

販売価格に幅があるため、使用頻度や掃除機に求める要素に応じて自分に合った値段の製品を選べるのは、スティッククリーナーの魅力につながっています。

スティッククリーナー(掃除機)の使い方

スティッククリーナーを上手に使いこなすためには、どのように扱えばいいのでしょうか。スティッククリーナーの基本的な使い方をチェックしておきましょう。

スティッククリーナーで掃除をする方法

1.使用する前にコードレススティッククリーナーは充電、コード式スティッククリーナーは電源にプラスを挿しておく
2.掃除する場所に合わせて最適なアタッチメントを装着する
3.床は掃除機を滑らせるように動かす
4.家具の下は掃除機を倒してヘッドを奥まで挿入する
5.階段は掃除機を持ち上げて1段ずつ丁寧に掃除する

コードレススティッククリーナーもコード式スティッククリーナーも、準備さえ整えれば使い方は同じです。

電源コードの有無で使い勝手は変わりますが、基本的にキャニスター式掃除機と同じで使い方は非常に簡単。スイッチを入れて掃除したい場所にヘッドを滑らせるだけです。

カーペットなど毛が多い敷物は、ブラシが装備されているヘッドを使うことでキレイに掃除することができます。

スティッククリーナーのお手入れ方法

1.本体からダストカップを取り外す
2.フィルターも取り外す
3.ダストカップのゴミを捨てる
4.フィルターのゴミを取り除き、水洗いできるものは洗う
5.水洗いをした場合には、しっかり乾燥させる
6.乾燥すればフィルターとダストカップを取り付ける

紙パックを採用しているスティッククリーナーは、紙パックを取り外して捨てるだけでゴミを処理することができますが、サイクロン式のスティッククリーナーはゴミの処理方法が少し煩雑です。

ダストカップを取り外してフィルターとゴミを捨てる必要があります。ただし中には、ワンタッチでフタが開いてゴミを捨てられるものもあり、手間をかけずにゴミの処理ができるようになっています。

特に衛生面に気をつけたい場合には、ダストボックスやフィルターが水洗いできるものを選びましょう。

スティッククリーナー(掃除機)の選び方のポイント

スティッククリーナー選びでは、どのようなポイントを重視しなくてはいけないのでしょうか。スティッククリーナーの選び方のポイントを確認しておきましょう。

性能と機能

性能と機能はスティッククリーナーを選ぶうえで重要になります。

掃除機の性能というと吸引力ばかりを注目しがちですが、それ以外にも集塵力、ヘッド構造、ヘッドの可動域、ブラシ、吸引モードの切り替えなど、見ておくべきポイントがたくさんあります。

基本性能が高ければ高いほど効率的に掃除できる掃除機といえるため、同じ価格帯なら性能で決めるのもよいでしょう。

ヘッドブラシの有無

ヘッドブラシの有無は、カーペットの掃除とフローリングの掃除に大きな影響を与えます。

ヘッドに回転ブラシが搭載されていると、ブラシによってカーペットの中のホコリやゴミを掻き出すことが効率的に掃除できます。

また回転ブラシが搭載されていれば、掃除機のヘッドがカーペットに食いつくのを防いでくれるため、カーペットの掃除がスムーズに行えます。

一方でフローリングを掃除する場合には回転ブラシがないヘッドでもスムーズに掃除できます。

カーペットを中心に掃除するなら回転ブラシを搭載したヘッド、フローリングを中心に掃除するなら回転ブラシがないヘッドのスティッククリーナーを選ぶことをオススメします。

サイクロン式か紙パック式か

昔は一般的だった紙パック式ですが、最近ではサイクロン式が主流となりつつあります。

サイクロン式と紙パック式には、それぞれメリットとデメリットがあり、掃除機に求めるものや用途によってどちらがベストチョイスになるかは変わります。

サイクロン式は、吸引力を持続しやすく手入れさえすれば低いランニングコストで使うことができます。またダストボックスのゴミをしっかり処理すれば排気が臭うようなこともありません。

紙パック式は、吸引力の持続力がなく紙パックが必要なためランニングコストはかかるものの、こまめに掃除機を手入れする必要がないため使いっぱなしにすることができ、紙パックごと捨てるためゴミも衛生的に処理できます。

自分に合った方式の掃除機を選ぶようにしましょう。

ハンディクリーナーとして使えるか

スティッククリーナーの中には、掃除機部分だけを取り外してハンディクリーナーとして1台2役をこなせる2ウェイのスティッククリーナーも少なくありません。

ハンディクリーナーとして使うことができれば、床や壁といった広い範囲からテーブルの上やベッドの隙間といった細かなところまで1台の掃除機でカバーすることができます。

テーブルの上や棚の隙間など細々とした部分を掃除したいと思っているなら、ハンディクリーナーとして使えるスティッククリーナーを選びましょう。

軽くて扱いやすいか

スティッククリーナーは手に持って扱う家電であるため、軽ければ軽い方が扱いやすくなります。

コードレススティッククリーナーの場合、その重さはバッテリーが搭載されていることもあり3kg前後の製品もあります。2リットルのペットボトルをイメージすればどの程度の重さなのかが分かりやすくなります。

できるだけ軽い掃除機を選ぶことで気軽に掃除することができるようになります。

またハンドルの形状、ヘッドの構造、重心の位置などによって扱いやすさも変わるため、単純に軽ければ扱いやすいというわけではありません。

バランスが取れていて長時間使っていても疲れにくいものを見極めましょう。

コード式とコードレス式

電源コードの有無は、スティッククリーナーの使い方に大きな影響を与えます。

コード式スティッククリーナーなら低価格で購入することができ、バッテリー残量を気にせず長時間の掃除ができます。

コードレススティッククリーナーなら、掃除中にコードが邪魔になず場所を選ばず掃除できるため、室内だけでなく自動車の中なども掃除できます。

コードの有無は、スティッククリーナーの決定的な違いとなるため、購入前には必ずコードの有無をチェックしておきましょう。

コード式とコードレス式の違いによる細かな選び方は以下で説明しています。

充電時間と運転時間

コードレススティッククリーナーは、バッテリーに充電しておいた電気を使って掃除機を動かします。そのため充電時間と運転時間が選ぶときに重要な要素になります。

運転時間は30分前後の製品が多いですが、運転時間が短い製品では一度に掃除が終わらせられない可能性もあるため充電時間の短さが大切になります。

掃除をする際に部屋をキレイに掃除できる時間は運転が持続する掃除機を選びましょう。あまりに広い範囲をスティッククリーナーで掃除するなら、充電時間が短い製品を選びましょう。

コードの長さ

コードの長さはコード式スティッククリーナーで掃除できる範囲を直接的に決定する要素です。

一般的にコードの長さは5m程度となっており、10畳程度の部屋ならどの位置にコンセントがあってもスムーズに掃除することができます。

もし広い範囲を掃除することを想定していたり、使えるコンセントが限られていたりする場合には、コンセントの位置から部屋の端までの距離を測り必要となるコードの長さを把握しておきましょう。

スタンドと収納

スティッククリーナーは収納のしやすさい掃除機で、スタンド付きの製品や自立式の製品があります。

スティッククリーナーの多くは、スタンドに設置することで充電できる製品が多くなっています。しかし中には、壁に設置した収納用ブラケットに引っかけておくタイプやバッテリーだけを取り外して充電するタイプがあります。

スティッククリーナーは、充電と収納に関連性があるため、自分が理想としている使い勝手に合わせた充電機能と収納機能を併せ持った製品を見つけましょう。

静音性

掃除機全般でいえることですが、掃除機を選ぶときには静音性は非常に重要になります。

スティッククリーナーの運転音は70dB(デシベル)以下となっていますが、出来る限り運転音が小さい製品を選ぶようにしましょう。

また音の発生源や音質によって聞こえ方が個人で変わるため、単純な音の大きさだけでは比較できないことも留意しておきましょう。

以下は一般的な音圧レベルの目安です。

40dB:図書館の中
50dB:普通の事務所
60dB:騒がしい事務所の中・普通の会話
70dB:電話のベル
80dB:地下鉄の車内・電車の中
90dB:大声による独唱・騒々しい工場の中
100dB:電車が通るときのガードの下

この音圧レベルと比較して掃除機を選びましょう。

デザイン

スティッククリーナーは、部屋に置きっぱなしにすることを前提にして設計されている製品もあります。そのためデザイン性に優れた製品も少なくありません。

デザイン性に優れたスティッククリーナーは、見せる収納として部屋に置いておくことが可能で、わざわざ片付ける手間がかかりません。

中には掃除機として使わないときには空気清浄機として使えるものもあります。

部屋に置いておくことを前提にするなら、部屋のインテリアと合ったデザイン性の高い製品を選びましょう。

価格

スティッククリーナーは、コードの有無によって値段が大きく変わり、3000円~6万円程度で購入することができます。

コード式スティッククリーナーは値段が安く、コードレススティッククリーナーは値段が高くなる傾向にあります。

スティッククリーナーは値段の幅が大きいため値段ばかりに注目しがちですが、大切なのは使いやすさ。

毎日の掃除に使用する道具であるため、使いやすさを無視して値段だけでスティッククリーナーを選ぶと、結局、スティッククリーナーを買ったことに満足して掃除がおろそかになってしまいます。

値段のことはとりあえずおいておき、掃除するときに必要となる条件を備えたスティッククリーナーを見つけるようにしましょう。

スティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、これまでの掃除の概念を一変してしまうスティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを比較してランク付けしています。

14位:エレクトロラックス サイクロン式スティック&ハンディクリーナー ZB311

エレクトロラックス サイクロン式スティック&ハンディクリーナー ZB311

スタイリッシュなデザインで1台2役をこなすスティッククリーナーです。

コードレスタイプのスティッククリーナーで、パワフルなイオンリチウムイオン電池を採用したことで長時間の運転が可能となっています。通常モードなら45分、最大モードでも16分と長時間の清掃が可能となっています。

トライアングルパワーノズルは、ノズル前面の構造を三角形にすることで吸引力とエアフローの理想的なバランスを実現しています。パワフルな吸引力を発揮するため、ゴミが残りやすいカーペットにも非常に有効です。

2ウェイタイプとなっているスティッククリーナーのため、ハンディクリーナーとしても活用することができます。汎用性が高く活躍の場が広がります。

また布団ノズルが付属しているため、布団の掃除をするときにも大活躍してくれます。ダニ除去率は99.9%で、布団に隠れたダニも撃退できます。

ヘッドに回転ブラシが搭載されていると、ブラシに髪の毛や糸などのゴミが絡まってしまうこともありますが、ヘッドのスイッチを押すだけでゴミをカットして吸引してくれます。常に回転ブラシを最大限に活用した掃除が可能です。

基本性能に優れているだけでなく、使い勝手をよくする機能もしっかり搭載しているスティッククリーナー。高性能ながら値段も2万円前後と安いことが人気の理由です。

口コミの評判

・軽くて滑るような使い心地、音もそれほど気になりません。もう、これとルンバでフロアー掃除は無敵です。
・ヘッドの動きもよく使いやすくて、ツーウェイなのがまた嬉しく掃除も楽になりました。
・デザイン良し、馬力良し、使い勝手良し!無駄なものを省いて、場所を取らずにコンパクト。充電式で一人暮らしには申し分ない。めんどくさがりの長男が何故だか?掃除している姿はこっけいです。本人もその姿にご満悦の様子。
・初めてのコードレス掃除機として購入しました!2wayでとても便利で、小さい方は車の中の掃除にも使用しています。片手でらくらく掃除できますし、自立して部屋の隅に置いておけるので、わざわざ押入れから取り出す必要もなく毎日重宝しています!

13位:三菱電機 iNSTICK インスティック コードレススティッククリーナー HC-VXG30P

三菱電機 iNSTICK インスティック コードレススティッククリーナー HC-VXG30P

三菱電機の空気清浄機能を搭載した空気清浄機としても使えるコードレススティッククリーナーです。

非常にユニークなデザインをしているスティッククリーナーで、最大の特徴は空気清浄機として使うことができる点にあります。

スタンドに立てた状態で空気清浄機として使用できるため、高い汎用性を発揮することができます。

8畳の部屋を約51分で空気清浄をすることができ、高い空気清浄機能を発揮します。

もちろん掃除機としても高性能で、リチウムイオンバッテリーを採用したことで長時間の掃除が可能。標準モードで約30分、強モードで約15分の連続運転が可能になっています。

自走式のパワーブラシを搭載しており、本体重量が2.1㎏と軽量なため操作性も抜群。スムーズに掃除を行うことができます。

ハンディクリーナーやふとんクリーナーとしても使用することができるため、1台4役をこなすことができます。

出しっぱなしにできるスタイリッシュなデザインと多彩な機能が魅力の高機能スティッククリーナー。値段は高いですが、1台4役の多機能を考えれば選ぶ価値は十分にあります。

口コミの評判

・会社で使っていて、気に入り購入しました。あまり軽いヘッドの掃除機が好きではないので、使い勝手良好です。
・空気清浄機兼用のスタイリッシュな形状で、その辺に置いておいても違和感なく、かつ、モーターの三菱というか、吸引力も予想以上、そして紙フィルタから解放され、掃除毎にごみを捨てられ非常に快適な掃除生活がはじまりました。
・掃除機をしまう場所に困っていたが、これなら常にリビングに置いていても違和感もなく本当に直ぐに使えるので、掃除の頻度が上がった。分解清掃も簡単だし、懸念していた交換用フィルターも販売されているも良い。布団クリーナーとしても毎日利用している。
・スタイリッシュなので、リビングに置いていても、掃除機とは誰も思いません。まず、このアイデアとフォルムに感動です。機能的にも優れていて、ゴミもいっぱい吸ってくれるので、キレイになった実感がアリアリです。きょうはどれだけのホコリがたまるかなぁ~って楽しみで、掃除機がけが大好きになりました。掃除機はコードレスに限りますね。

12位:ツインバード サイクロンスティック型クリーナー 掃除機 TC-E123

ツインバード サイクロンスティック型クリーナー 掃除機 TC-E123

ツインバードの大人気となっているコードタイプのスティッククリーナーです。

シンプルな機能と値段の安さで好評を博しているスティッククリーナーで、ワンルームなどではメイン掃除機として活躍させることができます。

本体重量は1.7kgと非常に軽量で持ち運びも簡単。フルフラットデザインを採用したことでテーブルやベッドの下もラクラクで掃除できます。

また2ウェイタイプとなっており、スティッククリーナーとしてだけでなくハンディクリーナーとしても使うことができます。

スイッチが2ヶ所に設置されているのポイントで、スティッククリーナー時もハンディクリーナー時もスムーズにスイッチをオン、オフすることができます。

背面にはコード収納用のフックがあり、長いコードも散らかることなく片付けることができます。

高速遠心分離サイクロンを採用しているため紙パック不要で吸引力を長く持続させることができます。

フィルターは水洗いできるため長く衛生的に使用することが可能。自立タイプのためスリムでスッキリ収納しておくことができます。

必要な機能しっかり押さえている使い勝手抜群のスティッククリーナー。メイン掃除機からサブ掃除機までさまざまな使い方ができます。

口コミの評判

・音は少し大きめだが、吸引力はそこそこある。コードは少し短い気もするが、ワンルームなら基本的に事足りる。場所も取らないので、手軽に掃除でき、髪の毛ほこりなどがかなりとれる。見た目はとてもチープだが、安い商品でありながら機能的には問題ないので、コストカットという意味で逆に好感を持った。
・軽い、コスパいい、吸ってて、ゴミが溜まってくるのが見えるのがいいですね。音もとくに大きくもなくて、気になりません。取り回しもいいですね。十分満足できました。
・安いですが、吸引力も十分あり、満足しています。縦置きなので場所も取らないですし、ごみを捨てるのも簡単に分解してそのままごみ箱に捨てることができます。コード収納は自動ではないですが、コードをかけるところがあるのですっきり収納できます。
・子供部屋の掃除に使っていますが、程よいパワー、大きさ、重さであり、メインの掃除機ともう一台!というときにはかなり活躍しそうです。幼児を背負いながらでも無理なく持ち運べますし、音もそこまで気になりません。1人暮らしにはピッタリではないでしょうか。

11位:パナソニック スティッククリーナー コードレス イット サイクロン式 MC-SBU510

パナソニック スティッククリーナー コードレス イット サイクロン式 MC-SBU510

パナソニックのハウスダスト発見センサーを搭載しているコードレススティッククリーナーです。

高機能なコードレススティッククリーナーで、目に見えないゴミを発見して吸引力をアップしてくれるハウスダスト発見センサーを搭載しています。

部屋の汚れ具合に応じて自動的に吸引力をコントロールするため、ムダなバッテリーの消耗を防ぎつつしっかりと掃除することができます。

またノズルの付け替え不要で隙間や壁際を掃除できるくるっとパワーノズルとガバとり構造を搭載。わざわざヘッドを交換する必要なく、部屋のすみずみまで掃除することができます。

横にスライドさせてできるローラーが搭載されているため、壁際などでは大活躍します。

ハンディクリーナーとしても使用できる2ウェイタイプとなっているため、階段などの掃除は非常に楽になります。

手の負担を軽減するユニークなデザインのハンドルを搭載しているため、掃除する姿勢に合わせてハンドルの握り方を変えることで、掃除機をスムーズにコントロールすることができます。

フィルター部分にゴミが付着しにくいストレスガードを採用したことで、掃除後のダストボックスのお手入れも簡単です。ダストボックスは丸ごと水洗いできるため衛生的に長く使い続けることができます。

掃除スタイルまでしっかりと考えて設計されているコードレススティッククリーナー。ストレスなく思い通りに操作できるため、この掃除機を使うだけで掃除のスピードと質を劇的に向上させることができます。

口コミの評判

・コードレスなのでゴミに気付いた時、躊躇無く掃除機を取り出して直ぐに掃除するくせが付き、家の中が今までより格段に綺麗になりました。精神衛生上もとても良いです。
・コードレスの掃除機は初めて使いますが、パワーは充分で今のところ不満を感じた事はありません。パワーヘッドなので、持っている手が疲れたり重たく感じる事はありません。「ガバとり構造」でヘッドが壁に密着して壁際まできれいになるところが秀逸です。ゴミセンサーの反応が楽しくて、私もセンサーに反応して念入りに掃除してます。
・素晴らしいね。軽いし、壁際にゴミが残らない価格以上の価値です。
・紙パック式・スティック型・充電式という点で選択。大げさにいえば、お掃除に取り組む気持ちが画期的に変わりました。連続使用可能時間が15分程度なので、気がついたときに15分だけすればいいと思うと、これまで意を決して小一時間の苦行なみの大仕事だったのが、気分的にとても楽になりました。紙パックの容量は大きくありませんが、普通のお部屋を掃除する限りは取り替え頻度も極端ではなく問題ありません。お掃除嫌いにはおすすめです。

10位:日立 掃除機 コードレス スティッククリーナー PV-BD700

日立 掃除機 コードレス スティッククリーナー PV-BD700

日立の強力なパワーが持ち味のコードレススティッククリーナーです。

小型のハイパワーファンモーターとパワーブーストサイクロンを搭載したことで、コードレスでありながらフローリングの溝に潜むゴミまでしっかりと吸引できるパワフルなコードレススティッククリーナーで、圧倒的な吸引力を発揮してくれます。

ヘッドには壁際のゴミを逃さず吸引するきわぴた構造を採用しており、さらに自走スマートヘッドで回転ブラシの駆動力でグングンと前に進みます。床の上でヘッドが非常に動かしやすくなっており、スムーズな掃除を約束してくれます。

本体をそのまま立てて置くことができる充電台が付属しており、充電と片付けを簡略化することができます。

伸縮性が上がり曲がるブラシ吸口は、さまざまな場所に潜んでいるゴミを吸引するときに大活躍します。

ゴミ捨てが非常に簡単なダストボックス構造となっており、手を汚さずにゴミだけを処理できます。

ふとん用の吸口も用意されているため、布団に潜むホコリやダダニが気になる人にもオススメです。

ダストボックスや回転ブラシは水洗いすることができるため、日々の掃除で汚れてしまってもすぐにキレイにできます。

圧倒的な吸引力と工夫を凝らしたヘッド構造でゴミを逃さないコードレススティッククリーナー。スタンドも付いているため、ゴミが気になるときにサッと掃除機を取り出して使いたい人にピッタリです。

口コミの評判

・コンバクトで使いやすいです。お値段も安く手に入れる事が出来ました。
・コードレス掃除機は直ぐに使えるので、とても便利です。フローリングにリフォームしたので購入しましたが、ほぼ毎日使用しています。
・使いやすくて大満足です。犬を飼っているので、朝晩使用しますが、こんなに抜け毛やらホコリやらが取れるのか。とビックリしてます。ゴミ処理も手軽にできます。もっと早く買えばよかったと思います。
・一人暮らしには最高の一台です。デザインも使いやすさも申し分なく、掃除が苦手な人でも楽しくなります。重さもそこまで気になりません。買って良かったです。

9位:パナソニック スティッククリーナー コードレス MC-BU110

パナソニック スティッククリーナー コードレス MC-BU110

パナソニックの流線型のデザインが先進的なコードレススティッククリーナーです。

ハンディタイプとしても使うことができる1台2役のコードレススティッククリーナーで、パナソニックならではの独自の技術が搭載されています。

壁際もスッキリ掃除することができるガバとりパワーノズルを搭載。回転ブラシが壁際の汚れまでしっかりと掻き込むため、壁際のゴミが残りにくくなっています。

運転時間も確保しており、ハイモードで15分、ローモードで30分の連続運転が可能です。余裕をもって部屋全体を掃除することができます。

ハンディタイプにすると本体重量は1.4kgと非常に軽量となり、気になるところをすみずみまで掃除することができます。

インテリアにマッチするエレガントなデザインに特徴があり、部屋に設置していても気になりません。

またコンパクトでスリムなデザインとなっているため、置き場所に困りません。

パナソニックの独自技術を詰め込みながら値段が抑えられているコードレススティッククリーナー。デザインを重視したしっかりしたスティッククリーナーながら値段が安いため選びやすい1台です。

口コミの評判

・商品の質としては非常に良いです。高めな商品なこともありますが、その中でも吸引力は抜群にあります。パワーブラシもあり本当にちゃんと吸います。バッテリーも充分に長持ちする感覚があり、先端ノズルも収納しやすくコンパクト。
・お洒落なデザインで、とても気に入りました。軽いですし、吸引力も満足してます。良い商品です。
・1階はコード付き、2階はコードレスで便利に使い分けている。また、車の車内清掃にもコードレスは便利。
・パナソニックの掃除機はこれで二台目です。矢張り、吸引力は前回の掃除機に比べて強くなっていますね。扱い、掃除等簡単です。

8位:シャープ コードレスサイクロン掃除機 POWER CYCLONE FREED EC-SX520

シャープ コードレスサイクロン掃除機 POWER CYCLONE FREED EC-SX520

シャープのバッテリーを取り外して充電できるコードレススティッククリーナーです。

スティッククリーナーの多くは、本体を充電スタンドに接続したりコードをつないだりして充電しますが、このコードレススティッククリーナーはバッテリーを2個搭載しており、それぞれバッテリーを取り外して充電することができます。

2つのバッテリーを交換しながら交互に使用することで、長時間の掃除が可能になりました。

ヘッドにはパワーアシスト機能「e-ドライブ」を搭載しており、専用モーターで駆動する走行車輪がヘッドを前と進めます。本当に手を添えるだけで掃除機がグイグイと前に走るため、軽い力でスイスイ掃除することができます。

モーターやバッテリーの配置を見直して重心バランス適正化したことで、本体がそのまま自立します。部屋に置いておくときに便利で、サッと取り出してサッと掃除を開始することができます。

本体を立てるだけで運転がストップし、本体を傾けると運転を再開するスタンバイ機能を搭載。掃除中にスイッチを切り替える必要がなく、実用性に優れた機能です。

長い時間掃除していてもパワーを持続する遠心分離パワーサイクロン機構を備えているため、掃除の最初から最後までしっかりとゴミを吸引してくれます。

赤外線ゴミセンサーを搭載しており、自動モード人には汚れに応じてパワーを自動的にコントロールしてくれます。

排気のことまで考えられており、ふんわりとした排気のため周囲に不快な排気がまき散らされません。

2つのバッテリーとスタンバイ機能で使い勝手がよい掃除をする人のことを考えて開発されたコードレススティッククリーナー。高性能かつ高機能ながら、そこまで値段が高くないのも嬉しいポイントです。

口コミの評判

・結婚して子供も産まれたので掃除機購入してみました!一見ゴミが溜まってなさそうな所でもこれで吸えばすんごいゴミが取れてて感動です(笑)。良い買い物でした!
・コードレスってこんなにも掃除がしやすいのかと感動しました。物が多い我が家はコードが何かに引っかかることが多々ありましたが、これでストレスフリーです。バッテリーが2つついているので家中掃除できます。自走式で使いやすい。吸引力も十分。これでこのお値段はお得だと思います。
・軽くて使いやすいです。掃除の途中で充電が切れて使えなくなるとイラっとしてしまいますが、バッテリーが2個あるのでその心配もなし。充電時間も短い。
・吸い込みのパワーはいままで持っていたコード式のそれと比べてもそれほど遜色なし。吸い込み口が自走するため非常に楽に掃除できます。車内の清掃もこれ1台で完結しました。バッテリーが二つあるので長時間の掃除が可能なので、時間を気にせず掃除できました。

7位:アイリスオーヤマ 極細 軽量 掃除機 2WAY サイクロン スティック クリーナー PIC-S2

アイリスオーヤマ 極細 軽量 掃除機 2WAY サイクロン スティック クリーナー PIC-S2

アイリスオーヤマの圧倒的な安さで人気となっているコード式スティッククリーナーで。

非常にシンプルな構造となっているスティッククリーナーで、圧倒的な吸引力によってフローリングやカーペットの汚れをしっかりと吸引してくれます。

またスティッククリーナーとハンディクリーナーの両方として使うことができる2ウェイタイプとなっているため、掃除する場所に合わせて最適な形状に変化させることができます。

広いエリアだけでなく階段などの狭いエリアでも大活躍です。

本体重量は1.6kgと軽量で、絶妙なバランスで自立するため部屋に立てて置いておくことができます。掃除したいときにすぐに取り出して掃除することができます。

サイクロン方式を採用しているため、ゴミと空気をしっかり分離して吸引力を持続します。

紙パックが不要なダストカップ式となっており、ランニングコストを抑えられます。フィルターはホコリで目詰まりしやすいですが、あらかじめティッシュで覆い、ゴミと一緒に捨てることで利便性と清潔さを両立できます。

重心が低いためスムーズに上下運動を繰り返すことができ、ヘッドが縦と横とに自在に動くため小回りも利きます。

ちょっと掃除する時には最適なコンパクトで使い勝手のよいスティッククリーナー。3000円前後と値段が非常に安いため迷っているなら買ってしまったほうが早い1台です。

口コミの評判

・凄い吸引力です!畳にかけてみましたが強い吸い付きで価格も安く満足です。物によってはかけにくいかも?
・安いし期待はしていなかったのですが、吸引力が強くてビックリしました!ダストは水で丸洗いできるそうですが、面倒なのでフィルターだけ交換できたらうれしいけど安いので文句言えないですね
・一番の評価は吸引力で、この手のスタンドタイプのクリーナーとしてはかなり強力です。絨毯にかけても、かなりきっちり埃を吸い込んでいるのが分かります。代償として、結構使用音は大きいです。夜に使うのは住環境によるとはいえちょっと厳しいかと。
・吸引力に関しても、このサイズと軽さから想像するよりずっと強力。1人暮らし用としてはもちろん、その軽さにより高齢者にも最適でしょう。小さな家庭ならこれだけで間に合わせることもできるかもしれません。

6位:日立 掃除機 コードレス スティッククリーナー PV-BD200

日立 掃除機 コードレス スティッククリーナー PV-BD200

日立の重心が低くて安定したストロークが可能なコードレススティッククリーナーです。

スティッククリーナーながらしっかりと床掃除できる仕組みが満載のスティッククリーナーで、自走スムースヘッドを搭載しているため軽い力でスムーズに掃除することができます。

日立独自のきわぴた構造を採用しており、壁際にもピタっとくっついて吸引するため壁際のゴミを逃しません。

スティッククリーナーとしてもハンディクリーナーとしても使える2ウェイタイプ、状況に合わせて最適な形状で掃除することができます。

ヘッドにはLEDライトが搭載されており、暗い場所でも明るく照らして掃除をサポートしてくれます。

ダストボックスは丸ごと水洗いすることができ、回転ブラシも簡単に外せるため汚れやすい部分を清潔に保てます。

自立構造を採用しているため掃除中にも収納時もパッと立てておくことができます。ハンドルを折りたたむことができるためコンパクトに押入れやクローゼットにも片付けておくことができます。

基本性能が充実しているコードレススティッククリーナー。値段も控えめなため、予算を抑えつつしっかりとしたスティッククリーナー探している人はこれにしておきましょう。

口コミの評判

・一人暮らしの部屋で使っていますが、普通に1Kくらいだと部屋すべてに掃除機をかけるにも1回分の充電で事足ります。細かいところの掃除も吸うところが外れて小さくなるので、小回りが利いてとても便利です。今まで掃除機は面倒くさいということで常にコロコロを使っていましたが、今は掃除機メインです。
・臭いがし始めても、中のパーツをすぐに取り出せるので、水洗いしやすいです。吸引力も、弱くないので、とても役になっています。
・思った通りの商品で良かったです。意外と使いやすかったですよ。
・ゴミ捨てが面倒とのコメントでしたが、気になりませんでした。使いやすいです。ダイソンより若干吸引力が弱いですが、問題ありません。

5位:マキタ 充電式クリーナー 掃除機 CL110DW

マキタ 充電式クリーナー 掃除機 CL110DW

マキタの職人の現場でもパワフルに活躍してくれるコードレススティッククリーナーです。

一流の工具メーカーであるマキタのコードレススティッククリーナーで、一般家庭向けというより職人の現場で使用されてきた製品です。ゴミが多く汚れることが多いハードな環境でもしっかり掃除できるため、基本的な性能が高く信頼できるスティッククリーナーです。

本体重量は約1㎏と非常に軽量で、手軽に使うことができます。腕力がない女性でも簡単に扱うことができます。

カプセル式を採用しているためゴミ捨ても非常に簡単で、フロア・じゅうたんノズルも付いているため、さまざまな状況に対応することができます。

バッテリーは充電器で充電するため、本体を片付けた状態で充電することができます。

スティッククリーナーとハンディクリーナーの1台2役をこなせるため、掃除する状況に合わせて最適な形状を選ぶことができます。

複雑な機能はないものの圧倒的な吸引力で大人気となっているコードレススティッククリーナー。工具メーカー大手のマキタの製品だけあり、信頼性の高さも魅力です。

口コミの評判

・ハンドル部分にフックがついており、立てかけて収納可能。思い立ったら、気軽に取って、すぐ使える。軽いし、コードがないので、どこにでも持っていって気軽に掃除できる。
・今まで掃除機を出して準備するのが面倒でしたが、これは掃除したい時にサッと取り出して簡単に掃除できます。信頼のあるメーカーですから吸引力や操作性もとても良いです。
・いちいち電源コードをつないで、重い本体を引っ張りながら掃除するのは大変。これなら、充電しておいて、使いたいときにササッと掃除ができる。継ぎ足し充電ができる、リチウムイオンバッテリー搭載モデルを選んだ。
・一部の掃除、階段の掃除に、車の掃除に重宝してます。トリガースイッチについては必要な時だけ回せるのでバッテリーの節約になると考えます

4位:アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

アイリスオーヤマの圧倒的な軽さと吸引力を実現したコードレススティッククリーナーです。

本体重量は約1.2kgと業界最軽量クラスとなっており、一度使えばこれまで使っていた掃除機の使いにくいさに驚かされること間違いありません。

軽量のため女性でも簡単に取り扱うことができ、長時間掃除していても腕が疲れません。

また優れた清掃能力を実現しており、ピックアップ率は99%を実現。床に落ちているゴミやホコリを逃しません。

ゴミを掻き出すサイクロンストリームヘッドを搭載しており、ヘッド内部にサイクロン気流を発生させることで細かなホコリも吸い取ります。

ホコリ感知センサーを搭載しているため、汚れ具合に応じてパワーを調節するためバッテリーを長持ちさせることができます。

2ウェイタイプで1台2役となっており、ハンディクリーナーとしても使用できます。本体が軽いため、高い位置などの掃除をするときにも非常に楽です。

ダストパック方式のため、ゴミ処理も非常に簡単。掃除機はゴミを捨てるときにゴミが散らかってしまうこともありますが、紙パック式のため手を汚さずゴミ処理できます。

軽量のため細かなところまでしっかりと掃除することができ、使い勝手が抜群のコードレススティッククリーナー。一度使えばその使いやすさから手放せなくなること間違いありません。

口コミの評判

・超軽いのに吸引力は強くて大変満足しています。価格も安くて、言うこと無しです。
・吸引力がちょっと弱いですが、値段を考えると妥当だと思います。布団やカーペットをしっかり掃除したい人には向いてません。軽くて取り回しが楽なので、毎日こまめに掃除できて嬉しいです。
・フローリング主体の我が家では大活躍です!モーターが上にあるぶん重さを感じますが、スティックが細いので、隙間に入りやすい。デザインもシンプルで素敵、インテリアにも馴染んでいます。
・思ったより吸引力があり、パワフルだった。音も思ったよりする。とても軽いので、女性でも片手で扱える。階段など普通の掃除機では、重くて掃除しにくいが、これなら余裕でできる。コードレスなので、スイッチを入れるだけで吸引が始まるので、面倒くさくない。引っ越しして買ったものの中でコレが1番感動した。マジでおすすめです。

3位:ダイソン 掃除機 コードレス V8 Fluffy SV10 FF2

ダイソン 掃除機 コードレス V8 Fluffy SV10 FF2

ダイソンの圧倒的な吸引力が魅力のコードレススティッククリーナーです。

ダイソン独自のサイクロンとダイソンデジタルモーター V8を搭載している掃除機で、圧倒的なパワーを実現。吸引力に関してはほかのコードレススティッククリーナーのワンランク上となっています。

微細なゴミまでしっかりと除去するフィルターを搭載しており、製品全体で0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%以上捕らえます。

運転音も非常に小さくなっており、V6シリーズと比べて運転音を50%も低減することに成功しました。

最長40分の連続運転が可能で、長時間の掃除ができるため部屋中、家中を余裕で掃除することができます。

ワンタッチで簡単にゴミを捨てられる構造を採用しており、ゴミ捨てまで衛生的に行うことができます。

各アタッチメントを使えば、細かなところの掃除やふとんの掃除を行うことができます。

圧倒的な吸引力と多彩なアタッチメントで性能面でも機能面でも他の追随を許さないスティッククリーナー。値段は高いですが、値段以上の清掃能力を提供してくれる掃除機です。

口コミの評判

・使いたいとき、パッと使えるので重宝して買って良かったな(笑)借家なので立て掛けるスタンドが使えないのが残念です(涙)
・軽いが強力、騒音もなく毎日使用しています。付属品が全部付いたものを買いました、結果的に良かったと思います。
・パワフルな仕事には、短時間しか持たないが、コードレスなので、その都度使うことが出来て、まとめて掃除する事が無くなった。時間を無駄なく使える分、価格には、納得!便利!
・ネコの抜け毛処理対策に購入。通常モードで使用すれば普通に2階全部を掃除できるので便利です。多少重い感じもしますが、気になるほどでは無いです。良い仕事します。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

2位:アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5

アイリスオーヤマ 極細軽量スティッククリーナー 静電モップ付き IC-SLDCP5

アイリスオーヤマのモップが付属したユニークなコードレススティッククリーナーです。

静電モップが付属しているこれまでにないスティッククリーナーで、床を掃除機で掃除をしながらモップで高い位置を並行して掃除することができます。掃除をする人のことを考えて設計されています。

モップに付着したホコリはスタンドで吸引することが可能。モップの汚れを取るのも簡単です。

従来品に比べて3倍の吸引力を実現したハイパワーな掃除機でありながら、本体重量は1.4kgと業界最軽量クラスとなっています。本体が軽いため軽妙な取り回しが可能です。

新開発のサイクロンパワーヘッドとパワーブラシで、フローリングやカーペットに潜むチリやゴミをしっかりと掻き出します。ダストピックアップ率は99%以上となっており、すみずみまでキレイに掃除したい人も満足です。

ホコリ感知センサーを搭載しているため、汚れ具合に応じて自動的にパワーが変化します。バッテリーの消費を防ぎながら効率よく掃除することができます。

ユニークかつ優れた性能と機能を備えているスティッククリーナーですが、値段が2万円前後と抑えられているのも大きな魅力です。

圧倒的な吸引力とモップによる効率的な掃除を実現した画期的なスティッククリーナー。毎日の掃除をする人なら、モップを使って同時並行で掃除できる利便性の高さが分かるはずです。

口コミの評判

・コードレスは吸引力が1番気になってました。でもこちらの商品がとっても近いやすく今まで使ってましたコード付きの掃除機とほぼ変わらなかったので買って正解でした。
・なかなかの優れものです。音も思ったより静かでした。力を入れなくてもスムーズに掃除が出来ました。
・カーペットについたペットの抜毛が気持ち良く捕れた。意外に音が静かなのも良い。付属のハンディモップは使い勝手が良かった。汚れにくい素材かも?
・こんなのがあったら良いなと思っていたスティッククリーナーだったので高額でしたが思い切って購入。本体は軽量で使いやすく充分なパワーです。音は若干気になりますが絨毯に絡んでいたペットの毛をしっかりキャッチ。購入の決め手になった静電モップでテレビ画面、額、飾棚等をなでたら細かなホコリが気持ち良くとれました。モップに付いた専用口に入れると吸い取ってくれるのだから驚きです。経済的で面倒くささが無いので大満足です! 気になったら直ぐに使えるので掃除が楽しくなりそう!

1位:ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy SV12FF

ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy SV12FF

ダイソンのスマートなデザインに一新したコードレススティッククリーナーです。

圧倒的な吸引力やゴミ処理のしやすさなどで高評価得ているダイソンのスティッククリーナーですが、本体が大きいという狭い日本の家で使うには致命的な欠点を抱えていました。

ところがこのコードレススティッククリーナーは、本体もスリムなデザインとなっており、非常に扱いやすくなっています。重心のバランスも取りやすく、これまで以上に取り扱いが容易になっています。

もちろん性能面や機能面もこれまで以上にパワーアップ。ダイソン独自の機構によってパワフルな吸引力を実現しています。

パワフルなモーターを搭載したヘッドのナイロンブラシは、カーペットの繊維の奥深くまで達して、中に入り込んだゴミもしっかり取り除きます。

また運転時間が非常に長く60分の連続運転が可能です。時間を気にせず掃除を続けることができます。

よりダイレクトなゴミ捨てができる機構を採用したことで、手を汚さずにゴミだけをキレイに処理できます。

多種多様なタッチメントを使用することで、掃除が難しいポイントでもスムーズに清掃することができます。

収納用ブラケットを設置すれば、ブラケットに掃除機を収納しておくだけで自動的に充電。サッと取り出していつでも掃除を開始できます。

性能、機能、使いやすさの三拍子が揃った全く隙のないコードレススティッククリーナー。どうして掃除機を買い換えるなら、最も性能が優れた使いやすいこの掃除機を選ぶことをオススメします。このタイミングで買っておかないと、後になって後悔すること間違いありません。

口コミの評判

・さすが、吸引力は抜群で電気コードが無いため部屋の移動が大変スムーズです。ただ、もう少し軽量化できれば最高ですね。
・ゴミが貯まっているのが目に見えるのが良いです。ゴミパックがなく、ごみをすぐに捨てられるのがうれしいです。モーターヘッドが毛足の長いラグマットでも動きやすく、サクサク掃除できます。
・機動力が抜群。コンセントを気にせず気楽にいつでも掃除できるところが良いです。本体にヘッドを直接付ければハンディタイプになるのでベッドや棚、狭い部分も取り回しやすく掃除しやすいですね。コードレスなので車内の掃除にも向いてますね。
・吸引力は正確に比べたわけではありませんが、前に使っていた日本製のコード式に比べてもかなり吸っている印象です。

不正品防止の観点や保証が受けられることから公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

その使いやすさから大人気となっているスティッククリーナーですが、幅広い性能や機能があるため使用する状況に合わせて最適なものを選ぶことが非常に重要になります。

ただししっかりと掃除をしたいなら、オーバースペック気味のスティッククリーナーを選んでおくことで、どのような状況にも対応することができます。

昔の掃除機に比べて圧倒的に吸引力が上がっているため、5年以上前の掃除機を使っているなら買い換えることを検討してみましょう。新しいスティッククリーナーに変えるだけで、掃除効率が劇的に向上すること間違いありません。

スティッククリーナーに関する記事は以下を参照してください。

スティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 ダイソン、マキタ、アイリスの口コミの評判も

コード式スティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 長時間吸引力持続

コードレススティッククリーナー(掃除機)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 吸引力、紙パック有無、価格をチェック

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , ,