歯間ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方からサイズの選び方まで

      2018/11/05

人気の歯間ブラシ

肉、ほうれん草、トウモロコシ…食事の後にどうしても気になる歯と歯の間に詰まった食べカス。歯ブラシで丁寧に歯を磨いても食べカスを取り除くことは難しいですが、歯間ブラシを使えば簡単に異物感を除去することができます。

歯に詰まった食べカスを放置すれば、発生した悪臭で口臭をまき散らすだけでなく虫歯や歯周病の原因にもなりますが、歯間ブラシなら万全のオーラルケアを実現することができます。

そこで今回は、歯と歯の隙間をキレイにしてくれる歯間ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。効果的な使い方からサイズの選び方までしっかり確認しましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

歯間ブラシとは?

歯ブラシやワンタフトブラシとは少し違う歯間ブラシとは、どのようなオーラルケアアイテムなのでしょうか。まずは歯間ブラシの基本を知っておきましょう。

歯と歯の隙間の汚れを取り除く専用の歯ブラシ

歯ブラシは、一般的な歯ブラシでは取り除くことが難しい歯と歯の間の汚れを取ることができる専用の歯ブラシです。

先端には、金属製の細い棒などに毛が植え込まれたブラシが付いており、このブラシ部分を歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間に挿入してゆっくりと往復運動させることで汚れを取り除くことができます。

食べカスや歯垢を取り除く効果が非常に高く、歯ブラシによる歯磨きの磨き残しも取り除くことができます。

口臭、虫歯、歯周病の予防になる

歯と歯茎の隙間は汚れが溜まりやすく、歯垢や食べカスの温床となっています。当然、不衛生な状態のため繁殖した細菌がガスを放出して口臭の原因にもなります。

また虫歯や歯周病を生み出す原因にもなっており、歯周病の場合には歯茎からの出血によってさらに細菌が繁殖して悪循環を引き起こしている場合もあります。

そんな口腔トラブルの根本的な原因となる歯と歯の間をキレイにできるのが歯間ブラシ。歯と歯の間の汚れを取り除くだけで、口臭はもちろんのこと、虫歯や歯周病といった深刻な口腔トラブルを解決することができます。

特に歯と歯の間の汚れは口臭の原因となりやすく、口臭は自覚するのが難しいため、自分の気付かないところで周囲に迷惑をかけているかもしれません。

歯ブラシに歯間ブラシをプラスするだけで、長年抱えていた口腔トラブルが嘘のように解決できるかもしれません。

奥歯や親知らずの磨き残しで大活躍

歯ブラシを使っても前歯の隙間の汚れはある程度取り除くことができますが、奥歯や親知らずを普通の歯ブラシだけでケアするのはほとんど不可能です。

歯ブラシだけに頼っていると、奥歯や親知らずから悪臭が漂うことがあり、虫歯や歯周病の原因にもなります。

奥歯や親知らずは非常にケアが難しいポイントですが、歯間ブラシを使うだけでほとんどの汚れを取り除くことができます。

奥歯や親知らずの磨き残しによって口臭が発生している人は、すぐにでも歯間ブラシを使うべきです。

サイズが重要

歯ブラシでは届きにくい場所までしっかりと届き、汚れを落とすことができる歯間ブラシですが、サイズ選びを間違えれば新たな口腔トラブルの原因にもなりかねません。

歯間ブラシには幅広いサイズが取り揃えられており、歯の隙間に合わせたものを選ぶことで最適なオーラルケアが可能となります。

よくあるのが歯の隙間よりも太すぎる歯間ブラシを選ぶという失敗。無理矢理、太い歯間ブラシを狭い歯の隙間に挿入して歯や歯茎を傷つけることがあります。

歯や歯茎が傷ついて、歯と歯の隙間が広がれば口腔トラブルの原因となります。歯間ブラシを使ったことで口腔トラブルが増える逆効果となってしまいます。

歯間ブラシのサイズは基本的に5段階となっており、各太さによって目安となる歯の隙間の大きさが変わります。

SSSサイズ

SSSサイズは、歯間ブラシの中でも最も細いタイプです。

SSSサイズなら若い人の歯の隙間にも歯間ブラシを通すことができます。また歯の隙間が小さい前歯の隙間にも対応することがでできます。

歯間ブラシの場合には、小さい方があらゆる状態に対応することができます。歯の隙間の大きさがよく分からない歯間ブラシ初心者は、まずはSSSサイズを選んでおきましょう。

SSSサイズの歯間ブラシが歯の隙間より細いなら、太めのサイズの歯間ブラシに買い換えるようにしましょう。

SS~Mサイズ

SSSサイズでは少し細いと感じた人は、SSサイズからMサイズを選んでみましょう。

歯の隙間と歯間ブラシの太さをピッタリ合わせることで効率的に清掃できるため、サイズを変えながら歯間ブラシの太さと歯の隙間の大きさを合わせていきましょう。

歯の隙間よりも歯間ブラシの方が細い場合には歯間ブラシを使えますが、歯の隙間よりも歯間ブラシの方が太くなると歯間ブラシが使えなくなります。そのため歯間ブラシのサイズは1段階ずつ太くしていくことで失敗を防ぐことができます。

Lサイズ

部分入れ歯やブリッジを使用しているなど、歯と歯の隙間が非常に大きくなっている人はLサイズを選びましょう。

Lサイズならブリッジを装着した歯の隙間でもキレイに清掃することができます。

歯間ブラシは、サイズ選びが非常に重要になるため、サイズを選ぶときには必ず自分に合ったものを選ぶようにしましょう。サイズが合わない場合には、無理をせずに歯間ブラシの使用を中止しましょう。

I字型とL字型がある

歯間ブラシは大きく分けると2種類の形状の製品があります。それぞれI字型とL字型です。

I字型

柄からブラシまでストレートになっている歯間ブラシで、直感的に操作することができます。

前歯を掃除するときに非常に便利で、どの部分を掃除しているのか直感的に分かるため歯間ブラシ初心者にオススメです。

奥歯を掃除する場合には、先端部分を折り曲げます。

L字型

先端部分がL字に曲がっている歯間ブラシで、I字型では掃除が難しい入り組んだ場所をスムーズに掃除することができます。

特に奥歯や親知らずなど、口腔内の深い場所を掃除するときに非常に便利。慣れてしまえばI字型よりも使い勝手がよくなります。

前歯から奥歯まで掃除することができるため、歯間ブラシになれた人はL字型がオススメです。

ワイヤータイプとゴムタイプがある

歯間ブラシには、ブラシに使用されている素材によってワイヤータイプとゴムタイプ2種類があります。

ワイヤータイプ

ワイヤーにナイロン製の毛が固定されている歯間ブラシで、スタンダードなタイプといえます。

ワイヤー部分は柔軟性があるため曲げて使うことが可能。柔軟なワイヤーを曲げることによって前歯から奥歯まで清掃することができます。

ワイヤーは固くナイロン製の毛は耐久性が高いため、しっかりと歯と歯の隙間を磨くことができます。

ただしワイヤーは金属製のため何度も折り曲げていると金属疲労によって折れてしまいます。またワイヤーが硬いため、うまく操作できないと歯や歯茎を傷つけてしまうこともあります。

ゴムタイプ

柔らかいゴムやシリコンによってブラシ部分が形成されている歯間ブラシです。

ゴムで作られているため歯や歯茎を傷つける心配がなく、丁寧に歯と歯の間を掃除することができます。

一方でワイヤータイプのように硬さがないため、清掃能力が低くなりがちなのが欠点。またゴムも劣化しやすく、先端が折れてしまうようなこともあります。

ワイヤータイプとゴムタイプのどちらが優れているということは言えず、どちらにも長所と短所があります。両方のタイプを使ってみて、自分に合っているタイプを選ぶようにしましょう。

洗って何回でも使える

歯間ブラシは使い捨てのオーラルケアアイテムではなく、洗って何度も使用することができます。

ブラシ部分は小さいため洗うのも簡単。ブラシが小さいためすぐに乾燥し、汚れをキレイに取り除いておけば不衛生になる心配もありません。

使用しているうちにブラシ部分が劣化して壊れてしまうことがほとんどで、ブラシが潰れてしまうと取り替え時期となります。

歯間ブラシの使い方にもよりますが、数十回から数百回は使用することができるため、1本で数カ月は使えます。

歯間ブラシとデンタルフロスはどっちが良い?

歯と歯の隙間を掃除するオーラルケアアイテムといえば、歯間ブラシのほかにデンタルフロス(糸ようじ)があります。

ここで浮かぶ疑問が、歯間ブラシとデンタルフロスのどちらを使えばいいのかということです。

答えは明瞭で、歯間ブラシとデンタルフロスの両方を使うのが最善です。

歯と歯の間を掃除する歯間ブラシとデンタルフロスですが、得意とする汚れや清掃能力に違いがあります。

歯間ブラシは、歯と歯茎の隙間に詰まった食べカスを取り除くのに向いており、大まかな汚れを効率的に取ることができます。歯周病予防に効果があります。

デンタルフロスは、歯の根元まで細い糸を通せるため、歯と歯の隙間だけでなく歯と歯茎の汚れを丁寧に取ることができます。また大きな食べカスよりも粘着性の高い歯垢を取り除くときに効果を発揮します。虫歯予防に効果があります。

そのため、歯ブラシで歯を磨く→歯間ブラシで食べカスを取り除く→ デンタルフロスで歯と歯の隙間の歯垢を取り除くという清掃方法を行うことで、高い精度で口の中の汚れを除去することができます。

一般的には、歯ブラシだけでは口内の25%の汚れしか除去することはできませんが、さらに歯間ブラシとデンタルフロスを併用することで90%以上の汚れを除去することができるようになります。

歯間ブラシを使うからといって歯ブラシを使わなくてよいということがないのと同じで、歯間ブラシを使うからといってデンタルフロスを使わなくてよいということもありません。

歯間ブラシとデンタルフロスの両方を使用するようにしましょう。

歯間ブラシを使用して出血したら?

歯間ブラシを使っているときに出血してしまうことがありますが、出血したからといって歯間ブラシに問題があるとはいえません。

歯間ブラシを使って出血する理由は2つあります。1つ目は歯茎を傷つけたことによる出血、2つ目は歯周病が原因の出血です。

歯間ブラシが歯茎を傷つけたことで出血しているなら、すぐに歯間ブラシの使用を中止してサイズの合った歯間ブラシを正しく使う必要があります。

一方で歯肉炎や歯槽膿漏など歯周病が出血の原因なら、出血することで歯周ポケットなどに潜んでいた細菌を体の外へと出すことができるため、歯間ブラシで毎日ケアすることによって出血が収まり歯周病を改善できる可能性が高いです。

歯間ブラシを使用して出血したからといって驚かず、出血の理由をしっかりと見極めて正しく使うことを心がけましょう。

歯間ブラシの効果的な使い方

ただ闇雲に歯の間に歯間ブラシを突っ込んでも、汚れがキレイに除去できないどころか歯や歯茎を傷つける原因になってしまいます。正しい歯間ブラシの使い方を知っておきましょう。

ケアしたい場所に合わせて歯間ブラシの形状や太さを選ぶ

1.歯の隙間に対応した歯間ブラシを選ぶ
2.前歯を中心に歯間ブラシでケアしたいならI字型歯間ブラシを選ぶ
3.奥歯を中心に歯間ブラシでケアしたいならL字型歯間ブラシを選ぶ

歯間ブラシ選ぶときには、必ず歯の隙間に対応している太さの歯間ブラシを選ぶようにしてください。

若い人は、歯と歯の隙間が小さく歯間ブラシが通りにくい場合があります。無理に歯間ブラシを通すと歯茎を傷つける原因となるため、必ず歯と歯の隙間よりも細い歯間ブラシを選んでください。

またケアをするポイントに応じて最適な形状の歯間ブラシを選ぶことも大切です。

I字型もL字型も前歯から奥歯まで清掃することができますが、I字型なら直感的に操作できるため前歯を中心に歯間ブラシを使いたいときに便利です。奥まで届くL字型は奥歯を中心に歯間ブラシを使いたいときに便利です。

歯間ブラシの太さと特性をよく理解して、口に合った歯間ブラシを選ぶようにしましょう。

歯間ブラシの基本的な動かし方

1.歯と歯と歯肉の間の三角形の隙間に歯間ブラシを挿入する
2.歯間ブラシは下の歯を磨くときには上向き、上の歯を磨くときには下向きにするとよい
3.歯間ブラシは外側から内側に向かって挿入する
4、歯間ブラシは基本的に前後に動かす
5.隙間の左右の歯に沿わせるように動かすことで効果的に汚れを除去できる

歯間ブラシは、歯と歯と歯茎の隙間の三角形の部分に通すことで無理なくスムーズに清掃できます。

また歯間ブラシが歯茎に刺さることが怖い人は、下の歯なら上向きに、上の歯なら下向きに挿入しましょう。基本は水平ですが、向きを少し変えるだけで挿入しやすくなります。

歯間ブラシの動かし方は前後運動が基本となっており、磨きたいポイントに沿わすことでより効果的に汚れ落とすことができます。

歯間ブラシの使い方

1.あらかじめ歯磨きをして口の中の汚れを減らしておく
2.歯間ブラシをつまむようにペンを握るように軽く持つ
3.口を軽く開けて歯と歯肉の間に歯間ブラシを通す
4.効果的に汚れを取り除きたい場合には、歯磨き粉、マウスウォッシュ、歯間ブラシジェルなどを併用する
5.1つの歯の隙間の掃除が終わるたびに汚れを拭き取るか水で洗い流す
6.使用後には水気を取り除いて乾燥させる

歯間ブラシは直感的に使えば、それほどおかしな使い方になりません。

ポイントとなるのが、効果的に歯間ブラシを使う方法。歯磨き粉、マウスウォッシュ、歯間ブラシジェルなどと併用することで、ピンポイントの汚れをより強力に取り除くことができます。

使用すると歯間ブラシに汚れが付着するため、汚れが他の歯に移らないように洗いながら使うようにしましょう。

使用後には、歯ブラシと同じようによく水で洗って乾燥させて保管しましょう。

L字型歯間ブラシの使い方

1.頬をL字型歯間ブラシで広げる
2.歯と歯の隙間に歯間ブラシを挿入する
3.奥側と手前側の歯に歯間ブラシを当てると効果的に汚れを落とせる
4.歯間ブラシが通る隙間はすべて清掃する

L字型の歯間ブラシを使うときにポイントとなるのが、頬の押し広げ方です。

歯間ブラシで頬を広げることで奥歯の周辺に広い空間を作ることができます。そのため頬が広がりやすくするために口を大きく開きすぎないことがポイントです。

歯間ブラシの選び方のポイント

歯間ブラシを選ぶときには、どのようなポイントに気をつけなければいけないのでしょうか。歯科ブラシの選び方のポイントを確認しましょう。

サイズ

歯間ブラシは、SSSサイズ~Lサイズまで5段階が用意されており、歯の隙間の大きさに合わせて最適なものを選ぶことが非常に重要となります。

サイズ選びを間違ってしまうと、歯間ブラシが使えなくなるだけでなく歯茎を傷つける原因にもなります。

歯間ブラシを苦手としている人の中には、サイズ選びを間違えている場合もあります。

最初は一番小さなSSSサイズの歯間ブラシから始めて、徐々に歯と歯の隙間に合うようにサイズを変更させながら歯間ブラシを使っていきましょう。

最初からジャストサイズの歯間ブラシを選ぼうと考えるのは無謀です。

形状

歯間ブラシにはI字型とL字型の製品があります。

I字型は前歯を清掃するときに便利で、L字型は奥歯を清掃するときに便利です。

どちらの形状の歯間ブラシも前歯と奥歯の両方を清掃できますが、より重点的にケアをしたいポイントがあるなら、ケアをしたいポイントに合わせて形状を選びましょう。

素材

歯間ブラシのブラシの素材には、ワイヤータイプとゴムタイプがあります。

ワイヤータイプは清掃力が高い反面、操作を誤ると歯茎を傷つける可能性があります。

ゴムタイプは柔らかいため歯茎を傷つける心配はありませんが、清掃力はワイヤータイプに劣ります。

歯間ブラシのサイズ選びと使い方を間違いなければ、ワイヤータイプでも歯茎を傷つけるようなことはありませんが、どうしてもワイヤータイプが怖い人はゴムタイプを試してみましょう。

使いやすさ

歯間ブラシは、ブラシの部分の太さや形状ばかりが注目されますが、柄の部分が使いにくければうまく清掃することができません。

小さすぎる歯間ブラシは、しっかりと握ることが難しくなりうまく操作できない場合があります。

そのためしっかりと手に持つことができて操作のしやすい大きさの歯間ブラシを選びましょう。

耐久性

どれだけ清掃力の高い歯間ブラシであっても、すぐに潰れてしまってはなかなか選ぶことができません。

歯間ブラシが潰れてしまう最大の理由は、ブラシの根元が劣化して折れることにあります。

I字型の歯間ブラシを使っていると、奥歯を清掃するときにブラシ部分が曲がりやすくなり歯間ブラシが潰れやすくなります。

そのため耐久性を重視するならI字型よりもL字型を選ぶようにしましょう。

またブラシ部分がしっかりと作りこまれている歯間ブラシなら、多少、ブラシを曲げたくらいでは折れることはありません。

耐久性に関しては、見た目などではなかなか判断することが難しいため口コミの評価を参考にしましょう。

価格

歯間ブラシは、1本あたり50円~100円程度で購入することができます。

歯間ブラシ1本の値段はそれほど高くはなく、1本で数カ月は使用することができるためランニングコスト自体はそれほどかかりません。

そのため歯間ブラシを選ぶときには、値段よりも口や歯に合ったものなのかや使いやすいものなのかを重視しましょう。

I字型歯間ブラシのオススメ人気比較ランキング

ここからは、前歯の清掃がしやすいI字型歯間ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。清掃力、使いやすさ、耐久性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

7位:クロスフィールド テペ 歯間ブラシ

クロスフィールド テペ 歯間ブラシ

虫歯が少ない予防歯科の先進国であるスウェーデンで開発された歯間ブラシです。

メタルワイヤーを採用している歯間ブラシですが、歯を傷つけないようにプラスチックでコーティングされているため、ワイヤータイプの歯間ブラシが苦手な人でも安心して使うことができます。

サイズは8種類あり、それぞれ色によって識別することができます。一般的な歯間ブラシに比べてより細かくサイズ選べるため、自分にピッタリと合った歯間ブラシを見つけ出すことができます。

ギャップはブラシを守ることはもちろんのこと後部に差し込むことによってハンドルとして使用することができます。コンパクトなため持ち運ぶときにも便利で、オフィスなどでも使用することができます。

独自の形状をしたグリップは持ちやすく、しっかりとつまむことができるため思い通りに操作することができます。

サイズを細く選ぶことができるため、日本製の市販の歯間ブラシではサイズが合わない人も満足できる歯間ブラシ。小さくて使いやすいのも魅力的なポイントです。

口コミの評判

・使いやすくてとてもいいです。サイズもたくさんあるのでおすすめです。
・狭い隙間のお掃除ができるので便利に使っています。
・この歯間ブラシは先がフレキシブルに動くので奥歯のカーブした歯間にも無理なく入り使いやすいです。
・市販の歯間ブラシでは太過ぎて入らないので、このテペのピンクが一番です。歯科医によって勧める歯間ブラシの太さが違いますが、細い方が歯茎を傷めることを最小限に出来るので良いと思っています。

6位:Dr.Denlist 歯間ブラシ スマートイン やわらかなゴムタイプ

Dr.Denlist 歯間ブラシ スマートイン やわらかなゴムタイプ

ゴム製のため歯茎に優しくケアすることができる歯間ブラシです。

先端部分が螺旋状のゴム製となっており、歯と歯茎の隙間にスムーズに挿入することができます。歯茎に当たってもゴム製のため痛みがなく、歯茎を傷つけることなく清掃することができます。

螺旋形状もポイントで、歯と歯茎の隙間に滑らかに挿入することができます。

ラバーブラシは、食べカスや歯垢を取り除くことができるのはもちろんのこと、歯茎を優しくマッサージすることもできます。

値段が安いのもポイントで、他社製品に比べて割安なため頻繁に交換することができて衛生的です。

これまでにない歯茎に優しいゴム製の先端部を採用している歯間ブラシ。ワイヤーで歯茎を傷つけたくない人やワイヤーが怖い歯間ブラシ初心者は、この歯間ブラシを試してみましょう。

口コミの評判

・本数対比の価格は、割安な商品です。歯間ブラシ(緑色個所)は柔らかめなですが、他社製品と比べて、遜色ない良い商品だと思います。
・他社K社の歯間ブラシに比べコストパフォーマンスに優れています。使用感についても大差はなく、やわらかなあたり感と壊れにくさのバランスが取れています。
・これで必要十分です。某社のより安くてよいです。折れにくいし、もし折れても安いので気になりません。
・歯茎に優しいゴム使用のデンタルブラシ。金具に固定されたブラシと違い、歯や歯茎を痛めず、痛み無く歯垢や食べかすを取り去り、歯茎をマッサージまでできる優れもの!

5位:ヘレウス ルミデント 歯間ブラシ フレキシブルタイプ

ヘレウス ルミデント 歯間ブラシ フレキシブルタイプ

フレキシブルネックによって耐久性を高めることに成功した歯間ブラシです。

デザインは非常にシンプルで誰でも簡単に扱うことができる歯間ブラシです。

スーパーワイヤーを採用しており、ブラシ部分の耐久性が高められています。

さらに角度を自由に変えることができるフレキシブルネックを採用しており、ワイヤーを曲げなくても奥歯などの清掃が可能なため、歯間ブラシに多いワイヤーの根元部分を曲げることで金属疲労起こして折れるという壊れ方を防ぐことができます。

歯科医院専用のプロ仕様の歯間ブラシだけあって市販品にはない高品質に仕上げられています。清掃能力も高く、歯間の汚れをしっかりと取り除くことができます。

医療器具と同じように滅菌処理が施されているため、使用するときにも衛生面が安心です。

非常にシンプルながら確かな性能を兼ね備えている歯科ブラシ。フレキシブルネックによって耐久性が高められているため、1本あたりの値段は高めですが長く使用することができてコストパフォーマンスにも優れています。

口コミの評判

・しっかり書き出す感じで使用感がいいです。市販の物よりも確かに丈夫な気がします。ブラシ部分がへたってきたら交換です。
・歯ブラシだけでは取れない歯間や歯肉ポケットの汚れを綺麗に取ってくれます。スーパーなどで市販されている商品よりやや高価格ですが、使い心地や持久力の違いには納得です。
・この歯間ブラシのMサイズを入院先の病院内のコンビニで見つけました。購入して入院中使用しました。とても使用感がよくかつ長持ちしました。この歯間ブラシはわたくしの必需品になりました。
・歯医者に行った際に、歯医者でも使っていて勧められて購入したが、とても使いやすく壊れないので長持ちする。ただ、最初にサイズを選ぶのが難しいかもしれません。

4位:小林製薬 小林製薬のやわらか歯間ブラシ

小林製薬 小林製薬のやわらか歯間ブラシ

小林製薬のゴムタイプの柔らかい歯間ブラシです。

大人気の歯間ブラシで、先端部分がゴム製となっているのが最大の特徴です。

先端部分が柔らかいため、歯や歯茎を傷つけることなく清掃することができます。独特の形状によってスムーズに歯と歯の間に潜り込み歯垢や食べカスを取り除くことができます。

使用感が柔らかいため歯茎のマッサージにも効果的。歯周病などで弱ってしまった歯茎もマッサージによって組織を回復させることができます。

先端部分に柔軟性があるため、狭い隙間から広い隙間まで滑らかにフィットし、汚れを取り除くことができます。

先端の形状が段階的に異なるのも大きな特徴で、歯の隙間に落ちたポイントで磨くことによって、幅広い歯の隙間に対応することができます。

従来品に比べて先端部分が折れにくくなっているため耐久性も高まっています。

段階的に太さが変わっているため、最適な太さの歯間ブラシで歯の清掃ができる製品。ワイヤーブラシにはない魅力が満載です。

口コミの評判

・歯間ブラシで一番小さいのかな?使いやすいです。あんまりこのサイズは売ってないから助かります。
・簡単に言うと、今まで一番使いやすい歯間ブラシです。オススメです。
・G○Mの製品はすぐ折れますがこれは折れにくくてちょうどよいです。
・歯科衛生士さんに勧められて購入。歯垢が取れて気持ちがいい。これを使うようになってから、歯科衛生士さんに歯石が少なくなったと言われました。製品自体は柔らかいのでそっと使わないとぐにゃりと曲がってしまいます。でも歯茎にはそのくらいのやさしさが必要なのかもしれません。

3位:GUM ガム ソフトピック カーブ型

GUM ガム ソフトピック カーブ型

奥歯にも届きやすいカーブ型を採用している歯間ブラシです。

歯間ブラシのほとんどは、I型とL型に分類できますが、この歯間ブラシはどちらにも属さないカーブ形となっています。

I型のように直観的な操作が可能で、さらにL型のように奥歯までしっかりとブラシを届かせることができます。

歯や歯茎に優しい柔らかい使い心地を実現しており、ゴムタイプのため歯茎を傷つけることなく汚れを取り除くことができます。

ゴムタイプの歯間ブラシは、どうしてもブラシ部分が柔らかいため耐久性が低く清掃力が低くなりますが、この製品はかなりしっかりしているため汚れをキレイに取り除くことができます。

柄の部分にも滑り止めがあるため、しっかりと掴んで清掃することが可能です。

1つでI型とL型の役割を果たすことができ、コンパクトなため持ち運びも容易な歯間ブラシ。仕事や旅行などに持ち出して、口の異物感が気になるときに使用するには最適な歯間ブラシです。

口コミの評判

・今まで小林製薬のやつを使っていましたが、あれより芯がつよくて丈夫です。斜めになっているのも使いやすいし、ゴムのタイプの中では一番いいんじゃないかな。
・このカーブがとっても良いです!このおかげで、1日でダメにならなくなりました。それに隅々まで行き届く感じがします。
・隙間汚れがとりやすいし、持ち歩きパックも付属されているので、かばんに携帯しています。
・この位のカーブで大丈夫?と思いましたが使ってみると良いです。奥歯との隙間を問題なく掃除できました。薄型の物が重なっていて、持ち運び用のケースもついているので便利です。

2位:デンタルプロ 歯間ブラシ I字型

デンタルプロ 歯間ブラシ I字型

高い耐久性を兼ね備えている歯茎を傷つけない歯間ブラシです。

歯間ブラシを使っていると、ブラシ部分のワイヤーが曲がることで金属疲労を起こして折れてしまいますが、この歯間ブラシは曲がりにくいステンレス合金ワイヤーを採用しています。ワイヤーが曲がりにくいため、歯間ブラシの耐久性が高まっています。

さらに歯ブラシと併用することで歯垢除去率が37%アップし、万全のオーラルケアを約束してくれます。

先端部分はやわらか仕様となっており、歯茎を傷つけることなく歯と歯の間を清掃することができます。

ブラシの毛の量も十分で、数回往復させるだけで歯垢をゴッソリと取り除くことができます。

シンプルながら考え抜かれた設計によって非常に使いやすい歯間ブラシ。値段が安く耐久性が高いためコストパフォーマンスにも優れています。

口コミの評判

・使いやすく長持ちします。サイズもMで丁度よかったです。また購入するつもりです。
・ジャストサイズで良かったです。歯周病も回復しました。
・安いのに結構長持ちします。使い安いので愛用しています。
・これ以上の歯間ブラシは、まず存在しません。毛がナイロン製ですが、ボリュームがあってしっかりかき出し、まったく、へたりません!!!  ワイヤーも折れません!それでいて、柔らか目のタッチです。いつまでたってもダメになりません!信じられないくらい素晴しいですが、メーカーは儲かるのでしょうか?(笑)

1位:GUM ガム ソフトピック

GUM ガム ソフトピック

ガムの歯間ブラシが初めての人でも使いやすい初心者向きの歯間ブラシです。

虫歯対策や歯周病対策に高い効果を発揮するガムのゴムタイプの歯間ブラシで、ブラシ部分が柔らかいため歯や歯茎を傷つける心配がありません。初めて歯間ブラシを使う人でも安心して使うことができます。

歯の隙間の汚れを取り除けるのはもちろん、歯周病によって弱ってしまった歯茎を歯間ブラシでマッサージすることもできます。歯茎をケアすることによって歯周病を防ぐことができ、口臭対策にも高い効果を発揮します。

持ち運びに便利な携帯ケースが付属しているため、自宅での使用だけでなく職場や旅行先でも場所を選ばずケアすることができます。

ミントフレーバーがついたものと無香性タイプのものがあるため、使用後のフレーバーの好みによって好きなタイプを選ぶことができます。

歯と歯の間の汚れを掻き出しながら歯茎をマッサージして歯周病ケアができる歯間ブラシ。歯周病の人は初めて歯間ブラシを使う人は、とりあえずこの歯間ブラシを試してみましょう。

口コミの評判

・普通の歯間ブラシより歯茎に優しいし長持ちするから良いです。狭い隙間には先端だけを使用して、広い隙間にはズッポリ差し込んで使えるので便利かな?
・歯間の歯周をブラッシングできるブラシタイプに比べてソフトピックなので食べカスをかき出すのには優れており、使用後にちゃんと洗浄すれば2〜3回くらいまでなら使えそうだ。
・k社製の「折れやすい」トラブルに嫌気がして代替え品を探していたが、本品を探し当てた。清掃品質も良く更に価格も安い。切り替え決定!
・よくある中心が金属でできている物は曲がると使いにくく刺さると痛い、そんなディメリットを解消してくれてなおかつ歯肉に当たると気持ちいいメリットを与えてくれた商品です。

PR:ソシア 薬用オーラクリスター・ゼロ 口臭スプレー

オーラクリスターゼロ

サッと口の中にワンプッシュ吹き付けるだけで瞬間的に口臭が消えてしまう驚きの口臭スプレーです。

優れた殺菌力を誇る口臭スプレーとなっており、シメン-5-オール、セチルピリジニウムクロリド、ドクダミ、茶エキス、党エキス、ホップエキス、キシリトールといった有効成分が口臭の原因となる細菌を徹底的に撃退。99.7%の細菌を殺菌することができ、口臭の発生を瞬間的に抑え、消臭効果が持続します。

さらに口内環境を整えるアラントインや歯石の付着を防ぐポリリン酸ナトリウムなど口内環境を整えるを整える成分を贅沢に配合。歯周炎、歯肉炎、虫歯、歯の黄ばみといった口腔トラブルを改善する効果に期待できます。

口臭の原因となりやすいのが舌苔ですが、舌に吹き付ければ集中的に舌苔に効果を発揮。口のネバつきを抑えて、舌苔の発生を防ぎます。

味や香りも弱く、使用時の刺激もありません。市販の香りの強い口臭スプレーと違って低刺激であるため、使用後は味覚や嗅覚がおかしくなることもありません。スーっと口に広がって爽快感だけを楽しむことができます。

コンパクトでスプレータイプのため持ち運びも用意で、気になったときにサッと取り出してサッと使える手軽さが大好評となっています。周囲に気付かれずに口臭対策をしたい人には、これ以上ない使いやすさです。

歯の隙間を狙って噴霧できるため、血が出る歯の隙間や食べ物が詰まりやすい歯の隙間目掛けて噴霧し、さらに歯間ブラシで磨き上げれば完璧なオーラルケアを実現できます。

スピーディーに口臭をどうにかしたいときには強い味方になってくれる口臭スプレー。市販の口臭スプレーのように香りでごまかさず、問題の根本的な部分を改善できるため、使い続けることで口臭の悩みから解放されます。

口臭スプレー「オーラクリスターゼロ」の効果を徹底レビュー!口コミの評価や舌苔に効果なしか検証!

口コミの評判

・これ、とても便利です。私はドライマウスなので、夕方以降はお口が乾いて口臭が気になっていました。これは手のひらサイズなのでいつもカバンの中に入れておいて、さっとスプレーしてうがいやブラッシングすることでお口がすっきりして、乾燥も緩和できます。持ち運びやすいノズルの蓋もついているのでカバンの中でも安心です。
・直接口の中にスプレーができるので、とても手軽に使えますし、ブラッシングしなくても、吹き付けるだけで(飲み込まないように)、口臭対策ができるのがとっても便利。辛い味もなく、清涼感がさわやかで、忙しい外出前にササっと使えて、重宝しています♪
・スプレー部分にはカバーが掛けてあるので、衛生面も安心だし、カバンの中に入れてても勝手にプッシュしたりするのを防ぎます。ワンプッシュすると細かい霧状のミストが口内に広がります。出すぎて喉におえっともなりません笑
・口の中って、ずっと喋らなかったりすると少しネバつきますよね?そういうのも、ケアして口臭予防になるみたい。これを使うのと使わないのでは、気分も違うし、近い距離でもで自信持って話せるようになるね。仕事柄口臭が気になることも多く、お手軽に持ち運べて使えるこの商品は大助かり!!

不良品の補償を受けることができて割引価格で購入できるため公式サイトからの購入をオススメします。

L字型歯間ブラシのオススメ人気比較ランキング

ここからは、奥歯の清掃がしやすいL字型歯間ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。清掃力、使いやすさ、耐久性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:デンタルプロ 歯間ブラシ L字型

デンタルプロ 歯間ブラシ L字型

柄が長くしっかりと持って操作できる歯間ブラシです。

I型の歯間ブラシに比べて柄が長くなっており、奥歯や親知らずまでスムーズにブラシの先端を届かせることができます。

ネック部分が絶妙な角度に曲がっており、奥歯に入れたときに自然な動きで歯と歯の間を掃除できるようになっています。

柄の部分に滑り止めがついているため、手が濡れていても歯間ブラシをしっかりと保持しておくことができます。

値段が安いのも特徴で、コストパフォーマンスに優れているため交換頻度を高めることができます。常にしっかりとしたブラシで清掃できるため安定した清掃力を保つことができ、衛生的にも優れています。

シンプルで無駄のない構成となっている歯間ブラシ。値段も安くSSSSサイズに相当する劇細サイズも用意されているため、初めての歯間ブラシには最適です。

口コミの評判

・夫婦でSSSSサイズを愛用しています。私はもう少し太いものの方が気持ちよく歯垢が取れるかな?と思わないではありませんが、まあ慣れれば歯間をきれいにするのにはさほど手間取らなくなります。何より、歯間の狭い人だとこれしか選択肢がないと言っても過言ではない、とのこと(妻談)。
・鏡を見ながら目標の位置に誘導するのも苦労しません。歯と歯の間に入れるにも丁度良いサイズです。
・歯科用のものと比較しても、遜色ありませんでした。それなら、コストの安いこちらを選んでも、何も問題ないかと思います。しっかりして、細いので、使い心地もいいです。
・歯科衛生士に聞いたところ、細いめの歯間ブラシを選んで、隙間が広いときは力のかけ方で両側の歯を磨けば良いと教えられました。そこでSSSSサイズを探していたのですが、やはりデンタルプロの製品が一番丈夫なように思います。芯の金属部分がバネのようにしなやかで、折れたり曲がったりしにくい気がしました。以前はゴム製のものを使っていましたが、それでは清掃力に欠けると歯科衛生士に指摘され、またもっとも重要なのは奥歯の歯間を磨くことで、そのためには直線型のタイプよりは、L字型のタイプの方が使いやすいとのことです。

4位:GC(ジーシー) ルシェロ 歯間ブラシ

GC(ジーシー) ルシェロ 歯間ブラシ

ヘッドの向きを変えて思い通りの使いやすさを実現してくれる歯間ブラシです。

一般的なL字型の歯間ブラシは、ヘッドが固定されているため決まった角度でしか使うことができません。

しかしこの歯間ブラシは、ヘッド部分が回転するため思い通りの角度に調整することが可能。あらゆる方向から歯と歯の間を掃除することができます。

L字型の歯間ブラシは、歯の外側から内側へと挿入することはできても、歯の内側から外側へと挿入することはなかなかできません。しかしヘッドを回転させることで、歯の内側から外側への挿入が可能となり、より効率的にムラなく歯と歯の間や歯と歯茎の間を清掃することができるようになっています。

ネック部分にも角度があるため、奥歯や親知らずにもブラシが届きやすくなっています。

ロングハンドルとロングネックの採用によって、操作性も高められています。

ブラシ部分は交換可能で、柄の部分を使いまわすことができて経済的で自然にも優しくなっています。ブラシを頻繁に交換すれば、衛生的に使い続けることができます。

歯間ブラシの中では値段の高い製品ですが、値段に見合うだけの高機能を兼ね備えています。作りもしっかりしているため、奥歯が入り組んでいてうまく歯間ブラシで掃除できない人は、この歯間ブラシを試してみる価値があります。

口コミの評判

・音波歯ブラシで磨いた後、これで気になる部分を掃除します。焼肉、焼き鳥を食べた時は、必ず同じ個所に詰まった食べかすがほじくれます。今の歯型になってから(大人になってから)何十年も経つけど、いつもそこに肉系のものが詰まってたと思うと、毎日掃除せずにはいられません。
・ブラシ部分が付け替えできるのでエコなのに衛生的で良い商品です付け替えもケースにセットしてクルッと回すと外すことができます。未使用のブラシ部分にセットしてクルッと回せば付け替え完了!とっても便利です。
・ハンドルの部分が大変持ちやすく、使いやすい。先端部分は一週間毎に交換してます。使用済みとなる先端部分は小さく廃棄するにもかさ張らずエコ感を感じます。
・使いやすくて助かってます。持ち手の長さが良いですね。近くの薬局に無いのが残念です。

3位:ライオン DENT.EX 歯間ブラシ

ライオン DENT.EX 歯間ブラシ

高い耐久性のワイヤーと絶妙なネックの角度で快適に使い続けることができる歯間ブラシです。

歯科医院用に開発された歯間ブラシで、ワイヤーには超合金SAワイヤーを採用しています。耐久性に優れており折れにくく、長く使い続けることができます。

さらに計算された110度という絶妙なネックの角度と85㎜ホルダーによって高い操作性を実現。前歯はもちろんのこと、奥歯や親しらずまでスムーズにブラシが届き、口臭、虫歯、歯周病の原因となっている歯垢をキレイに除去してくれます。

操作性に優れているため、1本1本の歯を丁寧かつスピーディに掃除することが可能。歯間ブラシを使うと歯磨きをする時間がどうしても長くなってしまいますが、この歯間ブラシなら歯磨き時間を短縮することもできます。

4SサイズからLLサイズままで7サイズの豊富なラインナップが取り揃えられており、あらゆる歯間に対応することができます。

質実剛健で非常に使いやすい耐久性に優れた歯間ブラシ。ワンランク上の歯間ブラシを使いたい人は、この歯間ブラシがオススメです。

口コミの評判

・ブラシの根本がしっかりできており、長持ちします。良い製品です。言葉通りです。
・使いやすいです。歯茎の間を綺麗にできるのが助かります。つまようじよりも使いやすく歯茎を鍛える気持ちで使っています。もともと歯茎が弱くすぐに血が出ていたが、今は血が出なくて気持ちよく使っています。
・この歯間ブラシを医師に薦められて使っています。歯間ブラシをすると歯茎が健康になり、歯周病予防になります。初めて歯間ブラシを使う方は、自分の歯茎から血がドバドバ出るはず。歯科医曰く、今までの食べ残し等の影響で炎症を起こしている歯茎がちょっとした刺激で流血しているそうです。確かに毎日続けていると、血が出なくなり、歯茎の色が良くなり、ぷくっと活きがいい感じになります。
・いろんな歯間ブラシを使いましたが、汚れの絡み具合はこれがピカいち。耐久性もあるので、価格はたかめだがランニングコストはいいと思います歯磨きだけでは本当汚れは取り切らないなーと実感してます。

2位:システマ 歯間用デンタルブラシ

システマ 歯間用デンタルブラシ

ロングハンドルを採用したことで奥歯にも挿入しやすくなっている歯間ブラシです。

歯周病菌の巣が最も形成されやすい奥歯の歯間。歯ブラシによるブラッシングだけでは歯周病菌を大量に含んでいる歯垢を落としきることはできません。

しかしこの歯間ブラシなら、ロングハンドルによって簡単に奥歯へブラシを挿入することができます。歯間部の挿入もスムーズでスピーディーに歯垢を除去することができます。

コンパクトヘッドのため口腔内でも操作しやすく、超高強度ワイヤーを採用したことで耐久性にも優れています。ワイヤー強度を高める先細ノズルを採用しており、長期間にわたって使用することができます。

ロングハンドルのためしっかりと握ってブラッシングすることができ、的確なコントロールが可能となっています。

奥歯や親知らずのトラブルで困っている人には最適な歯間ブラシ。これまでの歯間ブラシの柄が短くて持ちにくいと不満を抱いていた人は、この歯間ブラシを使ってみましょう。

口コミの評判

・システマはワイヤーが曲がりにくく、奥歯でも挿し込みやすいです。ブラシもしっかりと汚れを掻き出してくれます。
・歯間ブラシは、いろいろなものがありますが、これは持ち手が長いので、とても使いやすく、毎日使うものなので、気に入っています。
・使いやすさが段違い。理由はよくわからない。長さ、太さ、角度、いろいろあるんだと思う。ほかにもいくつか使ってみた。一見似たような物なのだが、これが、少なくとも自分には最も使いやすい。
・いろいろ試してますが、これが一番夫婦で利用してます。使い始めは歯医者さんからの紹介。その後いろいろある歯間ブラシを試してみましたが、これが一番きれいになります。また、耐久性もある。毎朝晩、必ずシステマ歯間ブラシでお掃除します。その前後にマウスウオッシュもMUSTです。

1位:GUM ガム アドバンスケア 歯間ブラシ L字型

GUM ガム アドバンスケア 歯間ブラシ L字型

ブラシの毛の形状にまでこだわっている歯周病を撃退する歯間ブラシです。

虫歯と歯周病を予防できることに定評のあるガムの歯間ブラシ。ほかの歯間ブラシと決定的に違うのが、毛の形状へのこだわりです。

この歯間ブラシは、毛の断面が三角形となっており3つの鋭い角を持っています。歯と歯の間にブラシを挿入すると、毛に備え付けられている3つの角が歯垢をしっかりと掻き出してくれるため、ほかの歯間ブラシに比べて歯垢除去率が高くなっています。

ハンドルは六角形になっており、置いても転がりにくくしっかりと手に持つことができるようになっています。またロングハンドルのため、余分な力を入れることなくしっかりと持つことができ、ブラシを思い通りにコントロールすることができます。

ブラシ部の保護用キャップも付いており、収納して持ち運ぶのにも便利なパッケージを採用。収納性と持ち運びやすさを両立しており、自宅での使用だけでなく職場や旅行先でもオーラルケアが可能です。

使えば分かる圧倒的な思考除去力で大人気となっている歯間ブラシ。歯垢をしっかり取り除いて、口臭、虫歯、歯周病を撃退したいならこの歯間ブラシしかありません。

口コミの評判

・歯間ブラシは色々と試しましたが、プラスチック製は良くありません。このぐらい細ければ、歯の隙間が細くて物が詰まった時に難儀していた人も一発ですっと取れると思います。またカバーがついているので持ち運びにも良いです!
・何年もこのブラシを使っています。ブラシの元がしっかりしていて使用中に口の中で抜ける危険がほぼありません。ケース入りなので清潔でキャップも付いています。家族で一人ひとケースずつ持っています。
・他の歯間ブラシに比べて耐久性がありサイズも豊富なので、もう何年も使っています。一番小さいサイズでも入らない歯間もありますが、満足しています。フロスよりも気持ちいいです。
・いくつか使い分けていますが、このメーカーは耐久性が高く長持ちするので、コスパが良い、私はサイズSSS がベストです。

PR:サン・クラルテ製薬 マウスウォッシュ ゴッソトリノ

マウスウォッシュのゴッソトリノの袋

歯間ブラシと併せて使いたいオーラルケアアイテムが、サン・クラルテ製薬のマウスウォッシュであるゴッソトリノです。

実際の使用感が分かるレビューの通り、口に含んでぐちゅぐちゅとするだけ歯と歯の隙間や歯茎に引っかかった食べカスや汚れが30秒ほどでキレイに取れてしまいます。

歯磨きをする前にゴッソトリノで大まかな汚れを取り除けば、より効果的に歯磨きすることができます。

奥歯や親知らずは歯磨きでケアするのが難しく、口腔洗浄器やデンタルフロスを使わなければ汚れを取り除くことができません。自宅でケアするなら口腔洗浄器やデンタルフロスの選択肢もありますが、外出先や時間がないときにはなかなか使えません。

そんなときに使えるのがゴッソトリノ。ただ洗い流す従来のマウスウォッシュと異なりしっかりと食べカスを分解してくれるため、驚くほどゴッソリと食べカスや歯垢を除去できます。吐き出した液を見ると、そのスゴさを実感できます。

歯間ブラシと併用することで、より効果的に汚れを除去することが可能。頑固な汚れや食べカスもゴッソトリノで浮き上がらせてから歯間ブラシで掃除すれば、スムーズに洗い流すことができます。

香味はマイルドで刺激がないため誰でも使うことができ、天然由来の薬用成分をふんだんに使っているため効果はバツグン。安全性も高く誤飲してしまっても安心です。

液体歯磨きとして代用することで、歯磨き粉の代わりに使用することもできます。

場所を選ばずオーラルケアをしたいならゴッソトリノが強力にサポートしてくれます。初回なら70%OFFで購入することができます。また即効性のある口臭対策ができるため、いざというときのためのお守り代わりにもなります。

口臭対策マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」を徹底レビュー!口コミの評判通り有効成分で口臭抑えられる?

口コミの評判

・一回使ったら病みつきになる!コップに出してグチュグチュして吐くだけで落としきれない汚れが目に見えます。
・低刺激用のマウスウォッシュを探していたらたまたまゴッソトリノを見るけることが出来ました。使ってみるとほとんど刺激を感じることもなく、口臭も落ち着いていきました。
・最初は少し独特な味がすると思ったんですが何回か使ってるうちに全然気にならなくなりました。ゴッソトリノを使うと口の中の汚れが取れるのでスッキリします。思ってた以上の汚れが、ごっそり。
・ちゃんと汚れが見えるから毎日に普段の歯磨きもしっかり出来る様になりました小分けになっているので衛生的にもいいと思いました。

不良品の補償を受けることができて割引価格で購入できるため公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

どれだけ丁寧な歯ブラシでブラッシングしていても、絶対に除去することができないのが歯と歯の間の歯垢です。歯と歯の間の歯垢は、歯間ブラシデンタルフロスを使用することで効率的に除去することができます。

歯と歯の間の歯垢を取り除くことができれば、口臭、虫歯、歯周病というお口の3大トラブルを予防することができます。

歯茎から出血している人は、すでに歯と歯の間の歯垢が原因となって歯周病になっている可能性が非常に高いです。すぐに歯間ブラシを使って、歯と歯の間を徹底的に掃除しましょう。2週間もすれば出血が止まりピンク色の美しい歯茎を取り戻すことができます。

オーラルケアアイテムに関しては以下の記事を参照してください。

ワンタフトブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 種類別の使い方から子どもの磨き方まで

歯間ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方からサイズの選び方まで

デンタルフロス(糸ようじ)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方や臭いのある出血や痛みの理由も

舌ブラシ(舌クリーナー)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方から口コミの評判まで

タンジェル(舌ブラシ専用ジェル)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果や使い方は?

歯のホワイトニングジェルのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 自宅での効果や口コミの評判も

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , ,