歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 手磨き市販品や歯科医用から選び方まで

      2018/05/15

人気の歯ブラシ

オーラルケアの基本に欠かせないのが手磨き用の歯ブラシ。電動歯ブラシとは異なり手軽に購入することができ、種類も豊富なため自分の口内環境に合わせたものを選ぶことができます。

ところが歯ブラシを選ぼうと思っても、タフト、クリニカ、システマ、ジーシー、デントヘルス、ライオン、ビトイーン、ガム、エビスといったブランドから多種多様な歯ブラシが販売されているため選び方に迷うものです。

そこで今回は、歯をキレイにするときに必要不可欠な歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。市販品や歯科医用の歯ブラシからその正しい使い方や選び方まで丁寧にご説明します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

歯ブラシとは?

誰もが当たり前のように使っている歯ブラシですが、あらためて歯ブラシがどのようなオーラルケアアイテムなのかを確かめておきましょう。

歯を磨くためのブラシ

歯ブラシは、その名の通り歯を磨くためのブラシです。

一般的には、棒状の道具となっており先端に歯を磨くためのブラシが付いています。

ブラシ部分の大きさや繊維の種類は歯ブラシによって異なり、ナイロンなどの人工毛から馬や豚といった動物の毛を用いた天然毛まであります。

基本的には、手に持った歯ブラシを口の中に挿入し、手を動かすことで歯や歯茎をブラッシングして口腔内の汚れを落としていきます。

歯ブラシの種類

歯ブラシには、一般的な手磨きタイプ以外にもいくつかの種類があります。

・電動歯ブラシ
・360度歯ブラシ
・タフトブラシ
・指サック型歯ブラシ

歯ブラシの種類はこの他にもたくさんありますが、手磨き歯ブラシのほかで最も一般的なのが電動歯ブラシです。

搭載されているモーターによってブラシを細かく振動させることで、歯をキレイに磨き上げることができます。

ただし電動歯ブラシに比べて手磨き歯ブラシは非常に安くなっており、 手磨き歯ブラシなら電動歯ブラシの1/10以下の値段で購入することができます。

手磨き歯ブラシは、安さに特徴のある歯ブラシといえます。

歯ブラシの形状

歯ブラシのブラシの形状には山型と平型の2種類があります。

山型の歯ブラシは、先端が歯と歯の間や歯と歯茎の間といった細かな部分まで届くため、口の中の汚れを取り除きやすくなっています。

一方で先端部分は毛がなく強い力がかかるため消耗も早くなります。

平型の歯ブラシは、歯の表面を均一に磨くことに優れています。歯の表面の汚れを取り除くときには最適で、毛の長さが均一のため山型に比べて長期間にわたって使用することができます。

一方で、歯と歯の隙間に毛先が入り込みにくいため磨き残しが生まれやすくなります。歯の隙間をピンポイントで磨くことができるタフトブラシや歯間ブラシ、フロスなどを併用することが推奨されます。

歯ブラシの毛の硬さ

歯ブラシは製品によって毛の硬さが異なります。硬さに応じて磨きやすさや最適な口腔内の状態も変わってきます。

一般的には、毛の硬さに応じて段階的に以下のような違いがあります。

・かため
・ふつう
・やわらかめ

メーカーによっては、この3段階以外にも段階が細かく設定されています。

歯や歯茎が丈夫な場合には、硬めでも歯や歯茎を傷つけることなく歯磨きすることができますが、一般的にはふつうからやわらかめでやさしくブラッシングすることが推奨されます。

歯や歯茎に強い力を加えると、口腔トラブルの原因となるため注意が必要です。

歯ブラシのヘッドの大きさと磨きやすさ

歯ブラシのヘッドの大きさは製品によって異なります。ヘッドの大きさは歯の磨きやすさにも大きな影響を与えます。

ヘッドが大きければより効率的に歯を磨くことができますが、細かい部分まで磨くことができないため磨き残しが多くなります。

ヘッドが小さければ全ての歯を磨くのに時間がかかりますが、細かな部分まで磨けるため磨き残しを減らすことができます。

また大きな口の人は大きなヘッドの歯ブラシでも問題なく使えますが、口が小さな子どもや女性は小さなヘッドの歯ブラシの方が使いやすくなります。

ヘッドの大きさは、使いやすさと使用者の口の大きさに合わせて選ぶことが重要になります。

毛の太さと形状

歯ブラシの中には極細毛などブラシの毛の太さに違いのある製品も存在します。

ブラシの毛が細ければ、細かい部分までしっかり頭を磨くことができるため磨き残しを防ぐことができます。

歯肉炎や歯槽膿漏といった歯周病の人は、歯と歯茎の隙間である歯周ポケットに歯垢jが蓄積されている場合があります。そんな歯周ポケットの汚れを取り除くときには毛の細い歯ブラシが大活躍します。

毛が細い歯ブラシは同時に毛が柔らかいため、歯周病で終わってしまった歯や歯茎を痛める心配もありません。

また毛先が尖っておらず丸みを帯びたタイプの歯ブラシもあります。

毛先が丸い歯ブラシは一般的に虫歯予防向けとなっており、歯垢を取り除いて虫歯の発生を防ぐことができます。

歯周病の人は毛が細い歯ブラシ、虫歯の人は毛先が丸まっている歯ブラシが最適です。

複数本持ちもアリ

電動歯ブラシに比べて値段が安い手磨き用の歯ブラシは、口内の状況に合わせて複数本を使い分けることもできます。

ヘッドが大きい歯ブラシなら歯を効率よく磨くことができるため、忙しくて時間がない朝の歯磨きでは重宝します。

一方でヘッドの小さい歯ブラシなら、奥歯や親知らずのケアも容易に行うことができ、丁寧に磨きたい夜に活躍します。

歯を磨くポイントや歯を磨く時間帯に合わせた歯ブラシ選びが、ワンランク上の歯磨き習慣を作り出してくれます。

歯ブラシの正しい使い方

どれほど優れた歯ブラシを持っていても歯ブラシの使い方が間違っていては正しい歯磨きを行うことはできません。歯ブラシの正しい使い方を知っておきましょう。

正しく歯磨き粉を使う

1.目的に合った歯磨き粉を選ぶ
2.歯ブラシを水に濡らさず歯磨き粉をつける
3.歯磨きをした後は口を水であまりゆすがず有効成分が口腔内に残るようにする

歯磨きをするときに歯磨き粉を使用しない人もいますが、必ず目的に合わせて最適な歯磨き粉を使用してください。

歯磨き粉を使うことで歯磨きの効果を最大化することができ、虫歯や歯周病を防ぐことができます。

また歯ブラシを水で濡らさないことや歯磨きした後に口に残った歯磨き粉を水で流しきらないのもポイント。できる限り歯磨き粉の有効成分を口の中に残留させることで歯磨き粉の効果を最大限に発揮させることができます。

歯磨き粉に関する詳しい情報は以下の記事を確認してください。

歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 必要性や口コミの評判も

歯ブラシの正しい持ち方と動かし方

1.歯ブラシを鉛筆を持つ(ペングリップ)ように握る
2.歯と歯肉の間に45度の角度で歯ブラシを当てる
3.小刻みに震わせるように歯を磨く
4.力を入れずに2㎜~3㎜幅で動かす
5.前歯の裏側は歯ブラシを縦にして1本ずつ磨く
6.奥歯は歯の溝にしっかり歯ブラシを当てて掻き出すように動かす

歯に歯ブラシを直角に当てて横にゴシゴシ動かしても、歯が削れるだけでしっかりと歯を磨くことができません。

大切なのは歯ブラシの動かし方で、軽く優しく汚れを落とすように歯ブラシを動かしましょう。

また磨いている歯をしっかりと意識して歯に合わせた磨き方に切り替えましょう。

正しい歯磨きの流れ

1.毛先が潰れるように押し当て毛先が広がらない程度の圧で磨く
2.奥歯の噛み合わせ面は、歯ブラシを細かく動かして歯の溝を磨く
3.奥の表側は、ブラシを歯に直角に当てて磨いたり、歯の根元に45度の角度に当てて磨く
4.奥歯の裏側は、歯ブラシを前後に小さく動かしながら磨き、歯ブラシの角も上手く使う
5.前歯の裏側は、歯ブラシをたたせて歯の裏側全体や隙間をしっかり磨く

歯の根元を細かく磨くイメージで歯ブラシを動かすのが基本となります。

ただし歯の形状や口腔状態によって正しいブラッシングは変わってきます。これらの方法を参考にして自分に合った歯磨きを見つけ出しましょう。

歯ブラシの交換時期

1.1カ月を目安にして交換する
2.毛先の広がり1㎜を目安に交換する

歯ブラシは、交換時期を間違えると清掃効果が半減するだけでなく歯茎を傷つける原因となります。

そのため歯ブラシは、適切なタイミングで交換しましょう。

1カ月程度を目安として交換するのが最適で、毛先の広がり具合を確認しながら歯ブラシの交換時期を見極めましょう。

毛先が開いても歯を磨くことができるため、ついつい長く使いがちですが、効果的に効率的に歯を磨くことを考えればもったいないという意識を捨ててこまめに交換することが大切です。

月末や月初めなど、あらかじめ歯ブラシを交換する日を決めておくと、忘れることなく歯ブラシを交換できます。

歯ブラシの選び方のポイント

歯ブラシを選ぶときには、どんなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。正しい歯ブラシの選び方のポイントを確認しておきましょう。

毛の硬さ

どれだけ歯を磨きやすい歯ブラシであっても口腔状態に合わせた毛の硬さでなければ、オーラルケアのための歯磨きが歯や歯茎を痛める原因となってしまいます。

歯や歯茎がよほど健康な場合を除いて、毛の硬さはふつう以下にしておくのが無難です。歯周病や知覚過敏などで、歯茎が腫れたり歯茎から出血したりしている人は、やわらかめの歯ブラシを選んでおきましょう。

しっかりと歯を磨きたいという意識から毛の硬い歯ブラシを選んでいる人は、かえって歯磨きによって歯や歯茎を痛めているかもしれません。口腔内の状態をしっかりと確認して最適な歯ブラシの硬さを選びましょう。

毛の太さ

毛が細い歯ブラシを選べば、歯周病の原因となる歯周ポケットの汚れも取り除きやすくなります。

一般的な歯ブラシの毛の太さは0.2mm程度とされており、毛の太さが0.2 mm以下の歯ブラシは極細毛などと呼ばれており人気を博しています。

毛が細ければ歯ブラシ自体もやわらかくなるため、歯を優しくブラッシングすることができるようになります。

歯ブラシを選ぶ時には毛の太さもしっかりとチェックしておきましょう。特に歯周病などで歯周ポケットのケアが必要な人は、できるだけ細い毛の歯ブラシに交換しましょう。

毛先の形状

歯ブラシの毛先の形状は、大別すると山型と平型があります。

山型なら歯と歯茎の隙間などの汚れを取り除きやすくなり、平型なら歯ブラシの耐久性を高めることができます。

また毛の先端の形状が丸い歯ブラシは、虫歯予防で高い効果を発揮してくれます。

歯ブラシに求める機能に応じて、毛先の形状を選びましょう。

ヘッドの大きさ

ヘッドの大きさも歯磨きのしやすさに多大な影響を与えています。

ヘッドが大きければ短時間ですばやく歯を磨き終えることができる反面、細かな部分まで磨けないため磨き残しが多くなってしまいます。

一方でヘッドが小さければ、歯磨きをするのに時間がかかるものの細かな部分までしっかりと磨くことが可能。子どもや女性など口が小さな人でも丁寧に歯を磨くことができます。

歯磨きでどのようにして歯を磨きたいのか、また口のサイズがどれくらいなのかを考えながら、 自分に合ったヘッドの大きさの歯ブラシを見つけ出しましょう。

グリップの持ちやすさ

グリップをしっかり持つことができれば、歯ブラシを動かしやすくなり歯を高い精度で磨くことができます。

グリップの形状は、歯ブラシを選ぶうえで優先度は決して高くありません。ただ歯ブラシをしっかり持つのが難しい握力の弱いお年寄りや子どもの場合には話は別です。

グリップに太さがあって手に馴染む形状なら、握力がなくても歯ブラシをしっかり握ることができます。

グリップの持ちやすさも歯ブラシを扱ううえで非常に重要な要素となります。特に握力のない人が歯ブラシを使う場合にはグリップをしっかりと確認しておきましょう。

デザイン

オシャレなデザインの歯ブラシが洗面所に置かれていれば、歯磨きも楽しくなってくるものです。

最近ではデザインを重視した歯ブラシも登場しており、インテリアを重視する人も満足させることができる歯ブラシもあります。

歯ブラシは歯を磨くことを前提にして選ぶべきですが、どうしてもデザインにこだわりたい人は、オシャレなデザインの歯ブラシを選ぶのもアリです。

耐久性

どれほど歯をキレイに磨ける歯ブラシであっても、毛先が簡単に開いてしまってはコストパフォーマンスが極端に落ちてしまいます。

歯ブラシの取り換え目安は毛先の状態で決まり、毛先が開けばしっかりと歯を磨けなくなるため新しい歯ブラシに交換しなくてはいけません。

一般的には、1カ月~2ヶ月程度が交換の目安となりますが、極端に毛先が開きやすい歯ブラシの場合には、耐久性を考慮して他の歯ブラシに交換することも考えましょう。

特殊機能

特殊な機能を備えた歯ブラシもあり、より強力に口腔内を洗浄することができます。

マイナスイオンの力によって虫歯や歯周病を予防できるものや、歯垢を効率よく落とすことで口臭を防げる歯ブラシもあります。

また人工毛ではなく天然毛を使用するなど、毛にこだわっている歯ブラシもあります。

特殊な機能によってより効率的にオーラルケアがしたいなら、特殊機能を持つ歯ブラシを探してみましょう。

価格

歯ブラシは、1本100円~500円程度で販売されており、まとめ買いすることで割安で購入できる製品がほとんどとなっています。

歯ブラシ1本あたりの値段はそれほど高くないため、歯ブラシを購入する際には値段よりも磨きやすさを重視することをオススメします。

どれだけ安い歯ブラシを選んでも、磨き残しが多く歯医者に行く羽目になっては意味がありません。とりあえず値段のことは考えず、自分に合った歯ブラシを優先的に選びましょう。

歯ブラシのオススメ人気比較ランキング

ここからは、基本的なオーラルケアには欠かすことのできない歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

12位:大正製薬 歯医者さん150 山状タイプ

大正製薬 歯医者さん150 山状タイプ

大正製薬の歯科医師が設計に携わった歯ブラシです。

歯科医師が自ら設計したより使いやすくより見やすいハンドルを採用した歯ブラシで、プロの視点から開発されているため誰でも簡単にキレイに歯を磨けるようになっています。

毛先の山型の形状にもこだわっており、 センターの山を他の山よりも長めの11.5mmに移植することによって、より奥歯や歯と歯の間を磨き安くなっています。磨き残しを許しません。

負担のかかる先端部分には硬めの毛を採用したことで、歯ブラシがヘタりにくく歯垢もしっかりと取り除くことができます。

歯科医師が考え抜いて作り出したコンパクトヘッドの歯ブラシ。歯と歯の隙間を重点的に磨きたい人は、この歯ブラシを試してみましょう。

口コミの評判

・硬さ、形状共にちょうどいいです。歯にフィットして磨きやすいです。傷んできたらまたリピします!
・期待せずただ安いので買いましたが、とっても心地が良いです。小さめヘッドが良いですね。全く不満はありません。
・私にはこの硬さとサイズが合ってました。山切りカットも初めて使いましたが、いいですね。ごしごし磨けていて奥歯も先端で磨けます。安いしコスパ最強。リピ買いします。
・奥歯から歯の裏まで磨けますので気にいりました。

11位:ビトイーン 贅沢ケア レギュラー

ビトイーン 贅沢ケア レギュラー

ビトイーンのあらゆる場所に毛先が潜り込んでしっかりと歯垢除去できる歯ブラシです。

毛先が平型タイプの歯ブラシで、ワイドヘッドを採用しており広範囲を磨くことができます。

さらに段差のある極細毛がたっぷりの毛束となって敷き詰められているため、歯や歯茎との接触面が広くなり負担をかけずに汚れをしっかりと描きだしてくれます。

広範囲を丁寧に磨くことができるため、磨き残しを減らすことができます。小さなヘッドで磨いていると、どうしても磨いていない場所ができやすいですが、ワイドヘッドのため磨き残しを作りません。

コンパクトヘッドが主流の中、逆転の発想でワイドヘッドを採用したことで効率的な歯磨きを可能にしました。

ワイドヘッドを採用することで、難しい歯磨きテクニックがなくても磨き残しなくしっかりと歯を磨くことができる歯ブラシ。歯磨きが苦手な人は、この歯ブラシでオーラルケアを行ってみましょう。

口コミの評判

・ヘッドが広く磨ける体積が増えるので歯磨きがすごく楽になりました。硬さがちょうどいい。
・ヘッドが大きいものは避けていましたが。あら!とっても気持ちいいです!
・一度も使ったことのない方は是非、使ってみてください。まず、歯茎にとってもやさしいです。歯垢もしっかり取れます。何より、磨き心地が最高です!お値段は結構しますけど、もうこれしか使えないと思ってしまうほどの、使い心地です。
・歯茎が一緒にマッサージされているような、心地よい磨きができますね。幅が広いだけでなく、毛がいいのでしょうか。また買うと思います。

10位:エビス プレミアムケアハブラシ 7列レギュラー

エビス プレミアムケアハブラシ 7列レギュラー

効率よく歯を磨くことができる幅広ヘッドを採用した歯ブラシです。

幅広ヘッドには7列の毛束が敷き詰められており、歯や歯茎を同時に磨くことができます。また1本1本の毛にかかる負担た小さくなるため、 やさしいブラッシングが可能になります。

磨き残しを防ぐだけでなく効率的に歯を磨くことができるようになりました。

ヘッドにはすべて同じ毛を植毛しているわけではなく、場所によって毛の質が変えられています。外側にはソフト毛、内側にはハード毛を使用しており、歯茎に対しては優しく歯に対してはしっかりと磨くことができます。

超極細毛を採用しているため、歯周ポケットに入り込んでしまった汚れも掻き出すことができ、さらにフラット毛によって歯の表面の歯垢を落とすことができます。

幅広ヘッドに加えて、毛の形状や硬さを絶妙に変化させることで効率よくしっかりと歯を磨けるようになっている歯ブラシ。スピーディーに確実に歯磨きしたい人は、ぜひ試してみましょう。

口コミの評判

・この歯ブラシで歯を磨くと、優しく磨いたのにも関わらず、歯がスースーします。いつもは届かない隅の方まで、ブラシが届いているのが実感出来るよい歯ブラシだと思います。
・まずこの太さが最初不安でしたが、いっぺんに広範囲を磨けます。さらに毛先が歯茎の間に入り歯垢を掻き出してくれます。素晴らしい!!
・実は、毛先極細タイプの歯ブラシを使う前は「そんなんでちゃんと磨けるの?」と思っていましたが、いざ使ってみたらとても気持ち良くて、もう「普通の歯ブラシ」には戻れないっていうくらいです。特にこのタイプは「腰砕け感」もなく、名前のとおりプレミアムな使い心地を楽しめます。
・初めて使った時に、こんなにツルツルになるんだっ思いました。今まで普通の硬さを選んでたのですが、今回は硬めで…。安さにひかれて、硬いのを選んでしまったのですが、普通の硬さの方がツルツルした感じがします。オススメです。

9位:GUM(ガム) デンタルブラシ #428

GUM(ガム) デンタルブラシ #428

ガムの超コンパクトヘッドで細かな部分までしっかり歯を磨くことができる歯ブラシです。

適度なブラッシング圧で歯茎に優しくオーラルケアができるコンパクト歯ブラシで、歯周病対策に大きな効果を発揮します。

歯周病の多くは、歯と歯茎の隙間である歯周ポケットに歯垢や歯石が蓄積することで発生しますが、この歯ブラシはコンパクトヘッドのため歯周ポケットの汚れもしっかりと掻き出すことができます。

また歯周病ケアでは欠かすことのできない歯と歯茎の隙間にある三角形状の部分である歯間乳頭部を、三角植毛と境目をケアする長方形植毛によってカバーすることができます。

ヘッドが小さいため女性や子どもなどを口の小さな人でもうまく歯磨きすることができます。親知らずなど、口の奥まで歯ブラシを入れてケアしなければいけない人にもオススメです。

持ちやすさにもこだわっており、グリップ部分が透明に設定されているためしっかりと保持して扱うことができます。

歯周病対策に高い効果を発揮することができる歯ブラシ。歯周病対策を重視したい人はこのハブラシを使いましょう。

口コミの評判

・本当に使いやすいです。奥歯まで、しっかりと歯垢がとれます。また持つ部分が太いので持ちやすく、磨きやすいです。
・歯茎に優しく、でもしっかり汚れは落とせる歯ブラシを探していましたが。これは私個人的にはかなり優れた歯ブラシで、固さは普通を選びましたが気持ちの良いやわらかさで、感激しました。絶対また買います。
・柄が太いので握りやすく手が疲れにくいです。そしてヘッドが小さいので奥歯の奥の方まで入っていきます。親知らずが生えてて奥歯を重点的に磨きたい方におすすめです。
・左下奥歯の根に膿が溜まり歯根治療して歯の根に穴を空けたので口が大きく開かずに歯磨きが上手く出来ない状態でしたがさすがの超コンパクトヘッド綺麗に磨けるようになりました。持ちやすいし磨きやすい最高です。

8位:ライオン DENT.EX システマ 歯ブラシ アソート 44M

ライオン DENT.EX システマ 歯ブラシ アソート 44M

ライオンの歯科医院用に開発された本格派の歯ブラシです。

市販品ではなく歯科医院用に開発された歯ブラシのため、派手さはないものの確かな歯垢除去力を発揮してくれます。

歯周ポケット歯間ブラシなく届くスーパーテーパード毛を採用。毛の根元は通常の歯ブラシの植毛と同じ太さですが、先端に向けて滑らかに細くなり、特に先端部は非常に細くなっているため無理なく歯周ポケットに届きます。

さらにスーパーテーパード毛では、ストレスが最小に抑えられしに行くに優しい安全な歯磨きを実現することができます。植毛の本数も多いため、よりきめ細やかなオーラルケアが可能となっています。

4種類のヘッドから選ぶことができて磨く場所によって使い分けることもできるため、口腔状態に合わせたチョイスが可能です。

歯周病などの原因となる歯周ポケットの汚れを徹底的に落としたい人にオススメの歯ブラシ。自分に合わせて好みのタイプを選べるのも大きな魅力です。

口コミの評判

・だいぶ昔にこの歯ブラシを歯科医院で購入してからこれ以外の歯ブラシを使う気にはなりません。小型ヘッドで奥のほうも磨きやすいですし、なにより他の製品よりへたれにくく長持ちします。
・歯科医師の友人から以前もらい、とてもよかったので買い足しました。ヘッドが小さいので隅々まで届き、またブラシも程よい硬さ(柔らかすぎず、硬すぎず)ポケットにきっちり入ります。
・歯科で働いていますが、もう10年以上これより良い歯ブラシに出会ったことないです。歯垢の除去能力がかなり高いと思います。
・歯科医の指導の下、本ブラシを45度くらいの角度で歯と歯茎の間にあて、軽く優しくマッサージする感じで上下磨いています。始めて1年経ちますが、以前は歯磨き時に時折あった歯茎の腫れや出血が大変改善されました。

7位:デントヘルス ハブラシ

デントヘルス ハブラシ

歯を1本でも多く残すことを目指して開発された年配者向けの歯ブラシです。

歯科医との共同研究によって開発された歯ブラシで、歯を磨くことはもちろんのこと歯茎をマッサージする効果もあります。

口腔トラブルの元凶となっている歯周ポケットに対応しており、歯と歯茎の境目をしっかりと磨くことができるため歯周病や虫歯を予防することができます。

歯磨きをするだけで歯茎をマッサージすることも可能。歯ブラシの中央部分には超極細毛が配置されており、歯周ポケットの汚れをしっかりと掻き出します。さらに歯茎に当たる外側部分は高密度植毛になっており、 歯茎を適度な刺激でマッサージすることができます。

歯周ポケットの汚れを取り除きながら弱ってしまった歯茎を優しくケアして組織を再生させることができる歯ブラシ。歯周病に困っている人は、この歯ブラシで歯と歯茎をケアしてみましょう。

口コミの評判

・歯茎を磨いても痛くない けれど歯はしっかり磨ける、すばらしい歯ブラシです。歯槽膿漏ではありませんが、1度これを使ってみたら他のハブラシが使えなくなって自分でもずっと愛用していますし、家族や友人にも配りまくっています。
・歯肉炎になってしまい、困ってこちらを購入。やわらかくとも、びっしりと毛が詰まっているので、磨きやすい。歯肉にあたる感触が気持ちいいので、長く磨くことができます。結果、歯が白くなりました。歯肉にも負担はかかりませんでした。
・私の歯が今矯正しているなので、歯ブラシがソフトタイプの方しか使えない!これおススメ!
・毛がびっしり多く密に植えてあるので柔らかめを購入したけど しっかり磨けるし、歯触りがなんとも気持ちが良いです。

6位:福田ブラシ工業 歯科医院向歯ブラシ FP28

福田ブラシ工業 歯科医院向歯ブラシ FP28

歯科医院向けに開発された実用性に優れた歯ブラシです。

コンパクトヘッドを採用している歯ブラシで、磨きにくい奥歯親知らずもしっかりと磨くことができます。奥歯の磨き残しは虫歯は口臭の原因になりますが、この歯ブラシを使えばそんな磨き残しも防ぐことができます。

毛先は平型となっており、歯と歯茎を覆うようにして磨くことが可能。歯周病などで終わってしまった歯茎も傷つけることなく優しく磨くことができます。

柄の部分には柔軟で丈夫なポリプロピレンを採用しており、 しっかりと保持することができます。

握った感触も柔らかく、歯に当たった時にも不快な音が鳴りにくく快適な歯磨きを約束してくれます。

非常にシンプルですが、高い精度で作り込まれている歯ブラシ。日本製のため製品のクオリティも安定しており、安心してオーラルケアに勤しむことができます。

口コミの評判

・安いのに全然毛先がひろがりません。ちょっと硬めに感じますが、痛いって事もないです。へたれてきたら気軽に変えられるので気に入ってます。
・柔らかさも、ヘッドの大きさも具合よく、使いやすいです。しかもお手頃価格。色もカラフルで歯磨きタイムが楽しいです。
・思ったよりヘッドが短かったけれど磨きやすかったです。小学5年生の息子でも使用できそうです。
・この歯ブラシにしてから他は使えません。コスパも良いですし、しっかり磨けます。

5位:ライフレンジ 磨きやすい歯ブラシ

ライフレンジ 磨きやすい歯ブラシ

磨きやすさを追求したこだわりの強い歯ブラシです。

油職人である田辺重吉が監修している歯ブラシで、「磨きやすさ」を追求し、毛質や形状にまでこだわって開発されました。

歯の隙間にまで届く先細毛タイプとなっており、歯間や歯周ポケットにも毛先が入り込んで汚れをしっかりと掻き出してくれます。

毛の長さは絶妙に変えられており、歯や歯茎を優しく包んで傷つけることなく磨くことができます。

柄はシンプルな形状となっており持ちやすく、ペンのように持って奥歯まで磨くことができます。

職人の経験と知識を元に生み出された磨きやすさを追求した歯ブラシ。見た目は普通の歯ブラシですが、使ってみればその違いに驚かされることは間違いありません。

口コミの評判

・正直すぐに毛先が広がってしまうと思いましたが、長持ちします。不思議です。歯の裏の歯垢もとれて最高です。
・ヘッドが小さめで磨きやすいのに加え、毛先も柔らかめで歯茎を傷つけずに磨けています。私は、少し強めに磨いてしまう癖があるのですが、この歯ブラシだととても快適に磨けます。1年以上使っていますが、これからも使い続けたいと思います。
・今までの歯ブラシでは届かなかった、歯と歯の間や歯と歯茎の間まで毛先が届いて、最初使ったときビックリしました。
・確かに磨きやすいです。見た目がとてもシンプルなのに、奥まで磨きやすく、歯ブラシの毛がのても細いので歯茎の隙間にはいってくれてるのがわかります。軽い力で磨いてると、歯茎をマッサージされとても気持ちよいです。

4位:ジーシー GC ルシェロ 歯ブラシ ピセラ B-20

ジーシー GC ルシェロ 歯ブラシ ピセラ B-20

口の小さな女性や10代の若者向けに開発された歯ブラシです。

コンパクトヘッドとコンパクトのハンドルを採用しており、口と手が小さい女性や若者でもブラッシングしやすくなっています。

4列植毛によって磨きやすくなっており、同時に汚れもしっかり取れるため快適な歯磨きを実現することができます。

また毛の長さにも段差があり、長い毛と短い毛によって歯周ポケットの汚れを落としながら歯の表面の歯垢も落とせるようになっています。またこの毛の段差によってソフトな磨き心地を実現しています。

口の奥にまで歯ブラシをスムーズに入れられるように、ネック部分は独特の曲線を描いています。この曲線によって楽な姿勢でブラッシングすることができ、口の奥までスムーズにヘッドを挿入することができます。

デザインもスタイリッシュで、10代からは大人っぽく、 女性からは可愛らしいと感じられる絶妙なバランスが取れています。

口や手が小さい人もスムーズに扱うことができる歯ブラシ。デザインもオシャレなため実用性だけでなくインテリアのことも考えたい人にピッタリです。

口コミの評判

・毛先が一部突出していて、その部分が歯と歯の間に入り込むのでブラッシングがしやすい。
・歯医者さんに勧めらてからずっと使ってます。ブラシの上の少し飛び出してる部分が届きにくい箇所を磨いてくれる。一度、他のブラシに変えた際、奥がいつもより磨けてないと歯医者で言われました。
・Twitterで話題になってたので試しに購入してみました。とても良いです!よく磨けます。リピートしました。
・スタイリッシュなだけではなく、実用的な形状でとても磨き心地が良いです。リピートします。

3位:クリニカ アドバンテージ ハブラシ 4列 超コンパクト

クリニカ アドバンテージ ハブラシ 4列 超コンパクト

クリニカの超コンパクトのヘッドで奥歯までしっかり磨ける歯ブラシです。

ヘッドとネックの薄里細さを極めた歯科医が推奨する設計の歯ブラシで、ヘッドからネックにかけて口に入れる部分がスリムになっているため、奥歯のさらに奥までスムーズにヘッドを挿入することができます。

奥歯の奥や親知らずは、普通の歯ブラシのヘッドではなかなか届かずしっかりと歯を磨くことができませんが、この歯ブラシならしっかりと奥歯の奥や親知らず磨くことができます。

毛先はフラットカットとなっており、4列の毛束で構成されています。毛先が歯と歯の隙間に入り込んで歯垢をしっかり掻き出すことができます。弾力フィット毛を採用しており、歯垢を掻き出す力を高められています。

軽い力で小刻みに動かしやすいペングリップに適したハンドルとなっており、振動させるように細かく動かして歯磨きできます。

奥歯や親知らずがしっかりと磨けず口腔トラブルを引き起こしている人にはオススメできる歯ブラシ。普段使いの歯ブラシとは別に、奥歯のブラッシング専用に持っておくのもいいかもしれません。

口コミの評判

・歯科の定期検診で「歯の磨き方がヘタ…」と注意されてから歯ブラシ選びに悩んでましたが一気に解消されました。細いネックと小さいヘッドが磨き残しの多かった奥歯の裏側にまでしっかり届いて無理に力を入れなくてもツルツルに磨けます。
・子供用の歯ブラシじゃないかと思ってしまうほどの超コンパクト設計の大人用歯ブラシです。ヘッド厚が薄く、ヘッド幅/ブラシ幅どれも小さいです。歯の大きさから考えても、今までのものが大きすぎて、このくらいが妥当ではないかと個人的には思います。やさしく磨くと、歯間も歯表面もツルツルになります。
・歯科衛生士の友人に勧められてからずっと使用しています。奥までしっかり磨けて、もうこれ以外考えられないほど気に入っています。
・この歯ブラシ、ヘッドが小さいので奥歯を磨くのに便利です。ヘッドは前歯2本分がいいとも言いますし、超コンパクトが私にとってぴったりサイズです。一番奥の歯、ちゃんと磨けてないと、歯医者行きになるのでは…と不安ですし、奥歯に当たっているのがわかって、ちゃんと磨けてるのが実感できるのが、この歯ブラシの良いところです。

2位:システマ ハブラシ 4列 レギュラー

システマ ハブラシ 4列 レギュラー

特許技術である超極細毛を採用したシステマの歯ブラシです。

4列ヘッドを採用しており、整えられた毛束によってしっかりと汚れを磨くことができます。

最大のポイントは特殊技術によって0.02mmにまで細くすることに成功した超極細毛。通常の歯ブラシでは磨くことの難しい歯周ポケットの奥深くにまで届くため、歯周病の原因である歯周病菌をしっかりと撃退することができます。歯垢を除去する効果が高いため虫歯予防にも最適です。

ヘッドコンパクトなため、口の奥にまでスムーズに挿入することができます。ネック部分のカーブも、自然な持ち方で奥歯を磨くときに効果を発揮します。

グリップの滑り止めがついているために切りやすく、ペングリップで力を入れることなく自然なスタイルで歯磨きすることができます。

健康な歯茎を維持しながら歯周ポケットをケアすることができる幅広い人に対応している歯ブラシ。歯周ポケットの汚れが気になる人は、とりあえずこの歯ブラシお試してみましょう。

口コミの評判

・普通の歯ブラシと比べ,このシステマの良いところは歯と歯の間あるいは歯と歯茎の間を掃除している感触を得られやすいことだと思う。電動ブラシも使っても仕上げはやはり手磨きであると思う。
・個人的に一番しっくり来る歯ブラシ。歯茎に当たる感触や歯の隙間にキチンと入っている感覚は追随を許さない。
・毛の硬さはふつうですが、他の歯ブラシの柔らかめに相当するくらい歯茎への当たりが優しいです。優しい使い心地ながらも歯垢はしっかり取れるし、ヘッドの形に工夫があるのか女性でも口の中にヘッドがぶつかって使いにくいということもなく使いやすいです。
・他方で夫は歯を磨くときに結構力を入れてしまうほうなので、ほかの歯ブラシだと一瞬で毛先が開いてしまうものが多いのですが、こちらは比較的耐久性もあります。

1位:タフト タフト24 歯ブラシ

タフト タフト24 歯ブラシ

歯や歯肉を傷つけることなくしっかりと磨くことができる歯ブラシです。

毛先にこだわっている歯ブラシで、歯垢をしっかりと落とせるように耐久性とコシのあるPBT毛材をを使用。毛の弾力によって歯の表面に付着している歯垢や歯周ポケットに潜んでいる歯垢を掻き出すことができます。

また毛束の毛の量も 多く、1束あたりの手の本数と密度が多いため、他の歯ブラシと同じように動かしても歯垢の除去率が高まっています。

デザインは非常にシンプルで、誰でも簡単に扱うことができます。ムダを省いたコンパクトヘッドとスリムなネックによって、口の中でも縦横無尽に操作することができます。

デザインが非常にシンプルで高機能には見えませんが、使えば操作のしやすさと高いブラッシング力を実家することができる歯ブラシ。値段も抑えられているため、気になっているならとりあえず買って確かめてみることをオススメします。

口コミの評判

・洗い上がりもつるっとしており、歯間もきれいに磨けています。個人的に硬さもやわらかすぎず、かたすぎず、好みでした。
・歯垢が気になり、ネットでおすすめされてたこの歯ブラシを購入。1本あたり100円、かつ、ブラシが頑丈(固すぎることはない)。毛先が広がりにくいので効果的に磨けます。
・市販、歯科用いろいろ渡り歩きましたが、最終的にこちらにたどり着きました。ほどよい硬さでへたらず、とても磨きやすい。そしてなにより長持ちする!友達にもオススメして1本あげたところ、すぐ気に入ってまとめ買いしていました。
・歯科で勧められて一度使ってから以降、ずっとこれを使っています。他とは磨いた後の歯のすっきり感が違います。長持ちしてしかも安い。今後も当分この歯ブラシを使い続ける予定です。

特殊機能のある歯ブラシのオススメ人気比較ランキング

ここからは、特殊な機能でより効率的に歯の汚れを落とすことができる特殊機能のある歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:Ci デザイン歯ブラシ ゼブラシ

Ci デザイン歯ブラシ ゼブラシ

デザイン重視の人にオススメのスタイリッシュな歯ブラシです。

最大の特徴は柄の形状。グネグネと蛇行するように曲がったデザインとなっており、見た目にユニークになっています。

カラーは白と黒がセットとなったモノトーンで、シマウマを意味するゼブラシという名称の由来にもらっています。

面白いデザインですが、歯科医院専用の商品であるため歯ブラシとしての機能も優れています。

ヘッド部分に通気孔があり、使用後に歯ブラシが濡れていてもすぐに乾きます。乾燥を早めることで衛生的な状態を保つことができます。

オリジナルウェーブグリップも手に馴染みやすく、4列のミニヘッドによって歯を磨きやすい構造になっています。

モダンなインテリアを意識している人は、絶対に洗面所に置きたくなる歯ブラシ。見ているだけで楽しくなるユニークなデザインの歯ブラシです。

口コミの評判

・ヘッドが小さくて磨きやすい。ブラシの裏、毛の付け根?に穴が空いていて衛生的。
・ゼブラシの形状にすっかり慣れました。寧ろこのグネグネじゃないと落ち着かなくなりました(笑)指になじみ、しっかりお仕事してくれます。
・とても可愛いです。我が家に友人が泊まりに来た時用に購入しました。
・はじめは持ちにくいと感じたけど、慣れたら問題なし。ヘッドが小さくて、磨きやすい。置いておいても悪目立ちせず、おしゃれな感じが良い。

4位:かなや刷子 馬毛歯ブラシ小

かなや刷子 馬毛歯ブラシ小

人工毛が主流の歯ブラシを中で天然毛である馬の毛を使用した歯ブラシです。

大正3年創業のブラシや刷毛を製造している老舗が製造している歯ブラシで、ブラシ部分には馬の毛を使用しています。

馬毛は人工毛とは異なり心地よいしなやかな硬さを兼ね備えており、歯や歯茎を傷つけることなく優しく磨き上げることができます。

また一般的な歯ブラシと異なり、使い込むことでより使いやすくなるのも特徴です。

使っているうちに毛先が尖り、歯や歯茎に馴染んできます。歯の隙間や歯周ポケットに潜んでいる歯垢もしっかりと掻き出すことができます。

馬の毛を使っているこだわり抜いた歯ブラシ。天然毛ならではの優しい磨き心地に慣れてしまえば手放せなくなること間違いありません。

口コミの評判

・歯磨き粉をしっかりつけて磨いても残っていた歯垢がこの歯ブラシの場合、歯磨き粉なしで落ちます。素材、磨き方(力加減や歯ブラシの動かし方、当て方)次第なんだな、と。
・かなやの歯ブラシはすごい!磨いたあとに感触は感動もの!!磨くのが楽しくなります。市販の合成樹脂で出来た歯ブラシとは比べ物にならないくらいいいです。
・かなやブラシの馬毛歯ブラシをつかうようになって、歯医者さんの定期検診ではいつも歯磨きが上手と褒められています。それは、使うとブラシの毛が減っていきますが、毛先が反り返らないので長く使え、経済的で磨き心地もよいのです。
・個人的に大ファンです。歯がキュッキュッとするし、適度な硬さと柔らかさがあり、1度使うと市販のブラシを使いたくなくなります。だんだん減ってきますが、いつまでもバリッとしたまま減ってくるのでとても長く使えます。

3位:ソラデー ソラデー3

ソラデー ソラデー3

ソーラーパネルと半導体を搭載している機能性の歯ブラシです。

一般的な歯ブラシと異なり、歯垢や細菌を光触媒反応によって分解する機能が搭載されている歯ブラシです。

光触媒反応によって口腔内の虫歯や歯周病の原因菌が作り出す酸を抑制することが可能で、ただ歯を磨いているだけで通常の歯ブラシよりも効果的に除菌することができます。

先端のヘッド部分は取り替えることが可能で、劣化すれば先端部分だけを取り替えられるため経済的です。

電池は不要で、ソーラーパネルによって電力を供給するため、使う場所を選ばず充電なども不要でランニングコストを抑えることができます。

光触媒を歯ブラシを応用した化学的な歯垢除去を目指す歯ブラシ。歯を磨けば、歯の表面がすぐにツルツルになるため、その効果を実感することができます。

口コミの評判

・もう30年近く愛用しています。毎晩、湯船につかりながら、歯磨き粉を付けずにゆっくりと歯磨きしていますが、虫歯もなく白い歯でいられます。
・主人用に購入。これを使うようになってから、歯が綺麗になったと言っていました。実際綺麗になってました。ブラシ部分をリピしてます。
・今まで使ったことのある歯ブラシの中でも1,2番ぐらいの良い商品です。よく磨けるし使いやすいです。替え歯ブラシの極細が特にいいです。歯周ポケットのゴミをかき出したくれる感じ。
・知人に勧められてソラデーを使用するようになってから、もう他のブラシにはもどることはできなくなってしまいました。舌で歯をなでるとザラザラ感を感じますよね?ところが、その部分をソラデーで10回ほど磨くと、なんと!、ツルツルになるのです。これは通常ブラシでは絶対に体感できません。歯茎もひきしまってきたように思えるし。騙されたとおもって、ぜひソラデーを試されてみてください。

2位:キスユー イオン歯ブラシ 極細コンパクト

キスユー イオン歯ブラシ 極細コンパクト

イオンの力で歯垢除去することができる科学的なアプローチが魅力な歯ブラシです。

内蔵電池によってマイナスイオンを放出する歯ブラシで、マイナスイオンの力で虫歯、歯周病、口臭の原因となる思考を効率よく落とすことができます。

さらにマイナスイオンの力によって歯茎を活性化させることが可能。歯周病で弱ってしまった歯茎の組織も、歯磨きをしているうちに再生します。

内蔵電池の寿命は通常使用で1年以上使用することができます。ランニングコストを抑えることができて経済的です。

ブラシが開いてしまえば、ブラシ部分だけを交換することが可能。毛先が開けばすぐに交換できるため、衛生的で正しい歯磨きが可能となります。

マイナスイオンの力で歯周病をケアすることができる歯ブラシ。一般的な歯ブラシでどうしても歯周病が改善しない場合には、試してみる価値は十分にあります。

口コミの評判

・胡散臭いのに、確かに歯がツルツルになる。胡散臭いのに・・・!
・金属の部分を持ちながら使うとイオンが発生して歯の汚れが落ちるとの事で半信半疑で使ってみました。歯磨き粉をつけて使ってますが本とにツルツルになり気持ち良いです。ちょっと作りがチャチですがコスパ最高。
・キスユーで歯磨きをすると、同じ歯磨き粉を使っても爽快感がまるで違います。舌触りもザラザラせず、とても気持ちの良い歯磨きが出来ます。
・とてもいい気がします。歯医者さんに定期的にクリーニングに行っていますが、とてもキレイと言われました。これからも使い続けるつもりです。

1位:京都やまちや ころころ歯ブラシ

京都やまちや ころころ歯ブラシ

なた豆歯磨き粉でも知られる京都やまちやが開発したブラシ部分が回転するこれまでにない画期的な歯ブラシです。

丸いヘッドを搭載している歯ブラシで、ヘッド部分は市販の歯ブラシ約10本分に相当する4000本以上もの超極細毛が使用されています。この極細毛が、歯の隙間の歯垢をしっかりと掻き出してくれます。

毛先は1本1本がラウンド(丸状)加工されているため、歯磨きをしていても歯や歯茎を傷つけることなく優しいケアを可能にしてくれます。

また回転するヘッドと極細毛によって歯茎へのマッサージ効果も優れており、歯茎をマッサージすることで口臭の原因となる歯垢が溜まりやすい歯周ポケットを小さくすることができます。

また口臭の原因となる舌の汚れの舌苔も取り除くことが可能。口臭対策にもうってつけです。

虫歯や口臭を予防することはもちろん歯周病にも高い効果を発揮してくれる新感覚の歯ブラシ。歯と歯茎をケアしたい人は、この歯ブラシで歯磨きをしてみましょう。一度使えば違いが分かります。

口コミの評判

・気持ちがいい。歯周病の私にはうってつけの歯ブラシと思います。
・歯茎のために、毎日コロコロしています。しっかり磨くことができて良いものに出会いました。
・通常の歯ブラシより歯の間の汚れが取れると思います。他社も使ってみましたが、こちらの方が汚れ落ちはよいです。
・歯の裏側の歯垢もきれいに取れます。歯ぐきを指マッサージするときゅっきゅと音がするくらいです。歯と歯の間の歯垢も取れます。

補償や割引を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

PR:サン・クラルテ製薬 マウスウォッシュ ゴッソトリノ

マウスウォッシュのゴッソトリノの袋

歯ブラシと併せて使いたいオーラルケアアイテムが、サン・クラルテ製薬のマウスウォッシュであるゴッソトリノです。

実際の使用感が分かるレビューの通り、口に含んでぐちゅぐちゅとするだけ歯と歯の隙間や歯茎に引っかかった食べカスや汚れが30秒ほどでキレイに取れてしまいます。

歯磨きをする前にゴッソトリノで大まかな汚れを取り除けば、より効果的に歯磨きすることができます。

奥歯や親知らずは歯磨きでケアするのが難しく、口腔洗浄器やデンタルフロスを使わなければ汚れを取り除くことができません。自宅でケアするなら口腔洗浄器やデンタルフロスの選択肢もありますが、外出先や時間がないときにはなかなか使えません。

そんなときに使えるのがゴッソトリノ。ただ洗い流す従来のマウスウォッシュと異なりしっかりと食べカスを分解してくれるため、驚くほどゴッソリと食べカスや歯垢を除去できます。吐き出した液を見ると、そのスゴさを実感できます。

香味はマイルドで刺激がないため誰でも使うことができ、天然由来の薬用成分をふんだんに使っているため効果はバツグン。安全性も高く誤飲してしまっても安心です。

液体歯磨きとして代用することで、歯磨き粉の代わりに使用することもできます。

場所を選ばずオーラルケアをしたいならゴッソトリノが強力にサポートしてくれます。初回なら70%OFFで購入することができます。また即効性のある口臭対策ができるため、いざというときのためのお守り代わりにもなります。

口臭対策マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」を徹底レビュー!口コミの評判通り有効成分で口臭抑えられる?

口コミの評判

・一回使ったら病みつきになる!コップに出してグチュグチュして吐くだけで落としきれない汚れが目に見えます。
・低刺激用のマウスウォッシュを探していたらたまたまゴッソトリノを見るけることが出来ました。使ってみるとほとんど刺激を感じることもなく、口臭も落ち着いていきました。
・最初は少し独特な味がすると思ったんですが何回か使ってるうちに全然気にならなくなりました。ゴッソトリノを使うと口の中の汚れが取れるのでスッキリします。思ってた以上の汚れが、ごっそり。
・ちゃんと汚れが見えるから毎日に普段の歯磨きもしっかり出来る様になりました小分けになっているので衛生的にもいいと思いました。

不良品の補償を受けることができて割引価格で購入できるため公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

オーラルケアの基本中の基本である歯ブラシですが、なんとなく使っている人が多く、自分に合ったものをしっかりと選んで使っていない人も少なくありません。

歯ブラシの選び方次第で、5年後、10年後の口内環境は大きく変わります。年齢を重ねるとその差は顕著となり、 年老いたときに自分の歯で食べ物を食べられるかどうかにも関わってきます。

そのため、歯ブラシは自分に合った最適なものを見つけることが非常に大切です。電動歯ブラシと異なり、歯ブラシ自体の値段はそれほど高くないため、とにかく気に入るものが見つかるまで試してみることが大切です。自分の症状に合った歯ブラシを見つけて、虫歯や歯周病、口臭に悩まされない生活を手に入れましょう。

オーラルケア関連の記事は以下を参照してください。

電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 効果的に歯を磨こう

子ども用歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 フッ素濃度やうがい不要な安全で辛くないものまで

歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 必要性や口コミの評判も

歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手磨き市販品や歯科医用から選び方まで

マウスウォッシュのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 効果的な使い方から口コミの評判まで

口腔洗浄器のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 口臭に効果的な使い方も

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , ,