ドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 初心者向け小型機種から上級者向け高性能機種まで

   

人気のドローン

空中を自由に飛び回り思い通りに空撮できるドローン(マルチコプター)。おもちゃのような初心者向けの小型ドローンから、本格的な空撮に使用するプロ向けのドローンまで登場しています。

ところがいざドローンを選ぼうと思っても、DJIのファントムをはじめさまざまなメーカーが多種多様なドローンを販売しており、どれを選べばいいのかわからなくなります。

そこで今回は初心者向けの小型機種から上級者向けの高性能機種まで集めたドローンのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。カメラ付き空撮できるドローンから子どもでも遊べる安全な小型ドローンまで見ていきましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ドローン(マルチコプター)とは

そもそもドローンとはどのような機械なのでしょうか。まずはドローンについて知っておきましょう。

無人航空機のこと

ドローンとは蜂の「ブーン」という低い羽音のことであり、それが転じて無人航空機全般を指す言葉になりました。

それが転じて現在では、ドローンといえばクアッドコプターやマルチコプターといった複数のプロペラを搭載した安定した飛行が可能なラジコンヘリコプターのことを指します。

蜂の羽音が示すとおり、飛行中には「ブーン」という回転翼の鳴る音が聞こえます。

空中でホバリングしたり、急速に移動したりといった緩急のある動きで飛行できるのが特徴です。また対象物にギリギリまで接近できる繊細な飛行も可能です。

初心者向けから上級者向けまである

一口にドローンと言っても、その製品は多種多様にわたりさまざまなグレードのドローンが販売されています。

初心者向けの子どもでも遊べるような安全で小型のドローンから、本格的な空撮が可能な上級者向けドローンまであります。

初心者向けのドローンと上級者向けのドローンでは、同じドローンであっても性能や機能が全く異なり、また使用できる範囲も大きく変わります。

ドローンの種類

ドローンは性能や機能によっていくつかのタイプに分類することができます。

ホビードローン

子どもが使うこともできるおもちゃ感覚で空に飛ばすことができるドローンです。

大きさは手のひらサイズ以下で、コンパクトかつ軽量。また室内で使用することを前提としているため、高い飛行能力は備えていません。

安全性に配慮されており、プロペラにはカバーが付いているため障害物に衝突したり悪化したりしても、周囲が傷つかないようになっています。

また軽量で衝撃に強く、多少の落下や衝突では壊れない耐久性を備えています。

低価格なのも特徴で、1万円以下でも購入することができます。ドローンを使ったことがない初心者や子どもに最適なタイプのドローンです。

パーソナルドローン

中級者向けのドローンで、屋外で使用することが可能なタイプです。

パーソナルドローンはカメラを装着することができる製品も多く、空撮映像を撮影するならパーソナルドローン以上の製品が必要となります。

比較的コンパクトな製品も多く、持ち運びにも優れています。

また多彩な機能で自律した飛行が可能など、製品によって機能に特色があります。

価格帯は1万円~5万円程度で、屋外でドローンを本格的に使用したい人にピッタリです。

プロ用ドローン

プロの撮影現場でも使用される大型で高性能なドローンです。

産業用にも使用されることがあり、長時間の飛行や荷物の運搬も可能になっています。

また自律飛行システムを備えている製品も多く、自動的に飛ばすこともできます。

価格帯は10万円以上となっています。

ドローンのことを知り尽くした上級者向けのドローンです。

業務用ドローン

農薬の散布や荷物の運搬など、本格的な業務に運用されるドローンです。

値段が非常に高く専門的な性能を備えている製品もあり、中には数百万円する業務用ドローンも存在します。

専門的な作業においては非常に効率がいいですが、汎用性は低く専用機械として使用されるのが一般的です。

ドローンにはさまざまな用途がある

ドローンは目的によってさまざまな使い方ができるのも大きな特徴です。

ただ空に飛ばして遊ぶ玩具としての用途だけでなく、カメラを装着して空中から映像を撮影する空撮目的で使用したり、届けたいものをかごに入れて宅配ドローンとして使用したり、空中から農薬を散布したり、人が入りにくい土地を測定に利用したりと、さまざまな使い方ができます。

目的によって選ぶべきドローンも変わるため、どのような用途でドローンを使うかがドローン選びにおいては非常に重要になります。

低価格のドローンが充実

10万円以上の高額なドローンから1万円を切る低価格のドローンまで販売されていますが、ドローンの普及によって特に低価格のドローンが充実しています。

中には数千円とおもちゃ程度の値段で買えるドローンも販売されており、初心者がドローンの使い方を試すのにうってつけの製品も少なくありません。

低価格のドローンが充実しているため、まずは安いドローンを買ってみてドローンというものの特性を確かめてみるのもいいかもしれません。

ドローンの操縦は難しい

ドローンは撮影テクニック次第で驚くべきアングルの映像を撮影することができます。ただし撮影テクニックを実践するためには、操縦テクニックが必要不可欠になります。

高性能なドローンには自律飛行機能が搭載されている製品もあり、被写体を追いかけて撮影するなどの機能が備わっている場合もあります。

しかし基本的には、操縦者がコントローラーでドローンを遠隔操作することで狙い通りの動きをドローンに与えます。そのためドローンを思い通りに操るには操縦テクニックがなければいけません。

ドローンの操縦はそれほど簡単ではなく、失敗すれば障害物に激突したり墜落したりと危険も伴います。

初心者が簡単に扱えるようなものでないということは認識しておきましょう。

初心者はまず200g未満のドローンから

ドローンには200gという一つの基準があります。

日本の航空法では200g以上のドローンは法制限対象となっており、使用できる場所が限定されています。

200g未満のドローンはホビードローンと呼ばれており、玩具扱いってなっているため比較的自由に飛ばすことができます。

そのため出身者はまず200g未満のドローンから試してみるのがいいでしょう。

ドローン(マルチコプター)の規制と資格

ドローンを利用するためには、規制と資格があることを理解しておかなければいけません。

日本におけるドローンの規制

日本においてドローンは、いくつかの法律で飛行が厳しく制限されています。

規制の対象となるのは携帯本体とバッテリーの重量の合計が200g未満となっており、200g以上のドローンについては規制対象になるため注意が必要です。

具体的な飛行禁止区域は、空港周辺、150m以上の上空、人家の密集地域などとなっており、地域によっては全く飛ばすことができない場所もあります。

また飛行方法も規制の対象となっており、日中での飛行、目視で確認できる範囲内での飛行、障害物から30m以上離れた場所手の飛行などが挙げられます。

そのためイベント会場など催し場所での飛行、危険物を輸送するための飛行、物件投下などが禁止されており、使用方法にも厳しい制限があります。

何かの目的でドローンを購入しようと考えている人は、目的に適った使い方が法律的に可能かをしっかりチェックしておきましょう。

私有地におけるドローンの規制

私有地においても、ドローンの使用には一定の規制があります。

私有地においては航空法内での使用が可能となっており、高さ制限などあるものの自由度の高い使用が可能です。

また室内での使用も可能で、おもちゃとして販売されているトイドローンなら室内でも安全に飛ばして遊ぶことができます。

ただし私有地においても法律の規制を受け、法律を破れば罰金などの対象になります。注意して使用しましょう。

海外におけるドローンの規制

海外においては、その国や地域によってドローンに対する規制はさまざま。持ち込み自体が禁止されていたり、登録制であったりと国や地域によって規制は大きく異なります。

また同じ国であっても州によって法律が異なる場合もあるため、海外でドローンによる空撮を行いたい人は、事前に撮影場所となる国や地域の法律をしっかりチェックしておくことが必要になります。

ドローンの資格

ドローンの規制の次に気になるのがドローンの資格です。

ドローンを操縦する人のことをドローンパイロットなどと呼びますが、基本的にドローンを操縦することに資格は必要ありません。

つまり誰でもドローンを操縦することができます。

ただし先に述べた通り、ドローンを使用するためにはいくつかの規制を守る必要があります。

逆説的に言えば、規制や法律さえしっかり守っていれば誰でもドローンパイロットになることはできます。

ドローンパイロットには操縦技術が必要不可欠ですか、ドローンを操るための技術を学ぶことができる学校が存在しています。

またドローンの飛行技術を客観的に認定する民間団体も存在しており、認定団体によってさまざまな資格が発行されています。

ドローンに関しては国家試験はなく、誰でもなろうと思えばドローンパイロットになれることを知っておきましょう。

ドローン(マルチコプター)の使い方

具体的なドローンの使い方を知っておけば、選ぶべきドローンやドローンの見るべきポイントも分かってきます。

ドローンの基礎知識を覚えておく

ドローンを使用する前に、基礎的な知識をしっかりと覚えておきましょう。

法律はもちろんのこと、安全性を確保するために守らなければいけないマナーもいくつかあります。

ドローンを飛ばす前に準備をする

ドローンを飛ばす前に、しっかりと準備しておくことが必要です。バッテリーやプロペラなどドローンを飛ばすために必要なものはもちろん、コントローラーやドローンの視点を確認するためのスマートフォンも必要になります。

またコントローラーのアンテナを立てたり、ドローンの起動を確かめたりすることも必要不可欠です。

ドローンの飛ばし方

ドローンは墜落したり障害物に激突すると破損してしまいます。また人に当たると非常に危険です。そのため安全に飛ばせるまでは、無謀な飛行は行わないようにしましょう。

離陸と着陸から前進や後進など少しずつ難易度を上げながら飛行方法を覚えていくのがポイントです。

ドローンで空撮する方法

被写体を撮影するときには、常にドローンの背後に回り込んで被写体を撮影することがポイントです。ドローンだけを動かすと、コントローラーの動かし方とドローンの動き方が合わなくなりパニックに陥って操縦を失敗する危険性があります。

常にドローンの後ろ側に立って、撮影中はドローンを追いかけるようにして撮影しましょう。

ドローンの維持管理方法

ドローンは最新機器であり精密機器でもあります。そのため適切な維持管理が必要になります。

アップデートを行う必要もあるため、しっかりとITに関する専門的な知識を蓄えておきましょう。

ドローン(マルチコプター)の選び方のポイント

ドローンを選ぶときには、どのようなポイントに気をつけなくてはいけないのでしょうか。ドローンの選び方を見ていきましょう。

ドローンの使用目的

ドローン選ぶうえで最初に考えなくてはいけないのが、どういう目的でドローンを使用するかです。

ドローンは、さまざまなタイプの製品が販売されており、性能や機能も製品によって大きく異なるため、できることも大きく違ってきます。

ただ室内でドローンを飛ばして遊ぶだけならトイドローンでも十分。しかし本格的な空撮を行おうと思えば、高性能なドローンが必要になります。

またドローンを操縦したこともないドローン初心者が、初めから高性能なドローンを使いこなすのは困難です。

そのため、初心者ならトイドローンなどでドローンの性質や操縦の方法を確かめることをオススメします。

中級者なら、屋外でも使用することができる本格的なドローンをオススメします。

上級者なら、多彩な機能で思い通りの飛行を実現できる高性能なドローンをオススメします。

まずはドローンの使用目的をはっきりと明確にして、目的に合ったドローンを選ぶようにしましょう。

飛行能力

高い飛行能力を兼ね備えたドローンなら、自由度の高い飛行が可能になります。

移動スピードや最高高度も飛行能力によって大きく変わり、強い風が吹いている場合でも安定した飛行が可能になります。

安定した繊細な飛行を実現したいなら、飛行能力にこだわってドローンを選ぶようにしましょう。

機能

ドローンは製品によってさまざまな機能が搭載されており、昨日は使い勝手に大きな影響を与えます。

自立して一定の位置でホバリングする機能やボタンひとつで離陸地点に戻ってくる機能を備えたドローンも存在します。

これらの機能があれば、安定した飛行が可能なだけでなく緊急時にはドローンを安全に帰還させることもできます。

そのほか障害物感知機能を備えている製品もあり、障害物にぶつかりそうになると自動で返してくれるため安心して操縦することができます。

操縦技術に不安がある場合には、操縦をサポートしてくれる機能を備えたドローンを選べば安心して使うことができます。

空撮機能の有無

ホビードローンにはほとんどカメラが搭載されていませんが、パーソナルドローン以上になるとカメラが搭載されており空撮映像を撮影することができるようになります。

またカメラで撮影した映像をコントローラーに装着したスマートフォンなどでリアルタイムに確認することができる機能もあり、ドローン目視で確認できない場所でも飛行させることができます。

また撮影できる映像も製品によって異なり、高性能なものでは4K高画質の映像を撮影することができます。またカメラの角度や方向を変えて、さまざまなアングルの映像を撮影できる空撮機能を備えたドローンもあります。

撮影した映像や撮影している状況確認するためにはカメラが必要不可欠。ドローンを思い通りに動かしたい場合や狙い通りのアングルで空撮映像を撮影したい場合には、充実した空撮機能を備えているドローンを選びましょう。

コントローラと操作のしやすさ

ドローンは製品によって操作クセがあり、コントローラーによっても使い勝手が大きく変わります。

手にフィットしてボタンやスティックが大きく操作がしやすいコントローラーなら、微細な飛行も可能になります。

またコントローラーにタブレットやスマートフォンを接続して、ディスプレイで撮影しているカメラの映像をリアルタイムで確認できる製品なら、ドローンの視点から状況を確認することができ操縦に役立てることができます。

ドローンを操作するために必要不可欠なコントローラーのチェックも欠かせません。

連続飛行時間の長さ

ドローンによって連続飛行時間は異なり、連続飛行時間が長ければ長いほどより自由な使い方ができるようになります。

ドローンの飛行時間はバッテリーの性能にも影響を受け、長時間飛行できるドローンなら最大25分程度は連続飛行が可能になります。

また予備のバッテリーがあれば、バッテリーを交換することで再びドローンを飛ばすことが可能になります。

連続してどれくらいの時間、ドローンを飛ばしていたいのかも重要ですが、合計の飛行時間を伸ばしたいなら予備のバッテリーが販売されているかも重要なポイントになります。

ドローンの飛行時間は想像以上に短いため、ドローンの飛行時間のことまで考えた製品選びを心がけましょう。

サイズ

サイズが小さなドローンなら、持ち運びが簡単で狭い場所でも飛ばすことができます。

一方でサイズが大きいドローンは、性能や機能が充実していることが多く、周りの環境に影響を受けにくいため屋外でも使用することができます。

製品のグレードによってサイズは異なりますが、購入前にはサイズもしっかりチェックしてドローンを選んでおきましょう。

安全性

安全性に優れたドローンなら、万が一の場合にも安心です。

プロペラにカバーが付いていれば、人に当たった時にプロペラでケガを負わせる可能性を軽減することができます。

また障害物を感知して衝突を回避する機能やGPSを搭載して離陸地点に自動的に戻ってくる機能があれば、墜落などの危険な事故を防ぐことができます。

ドローンは飛行するため必ず墜落や衝突のリスクを抱えています。事故を未然に防ぎ損失を軽減するためにも、安全性には配慮しておきたいものです。

価格

ドローンは製品によって大きく価格が異なり、2000円~10万円程度で購入することができます。

ホビードローンなら気軽に買える価格帯で販売されていますが、屋外での使用が前提になると1万円以上のパーソナルドローンが必要不可欠になります。

ドローンは、操縦者の操縦テクニックを考慮して選ぶ必要があるため、必ずしも高性能かつ高価格な製品を選べばいいというものではありません。

操縦者の技量に合わせて、ドローンを買い替えていくつもりで購入しましょう。

初心者なら、まず1万円以下のドローンを試してみることをオススメします。

初心者向けドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキング

ここから遊び感覚で子どもにも使える初心者向けドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、安全性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:Mingo Toys ミニドローン FR X100 FPV

Mingo Toys ミニドローン FR X100 FPV

小型ながら多彩な機能を備えたドローンです。

コンパクトなドローンですが、本体には小型カメラを搭載。一人称視点でドローンの映像を確認できるFPV機能を使うことができ、ドローンを思い通りの場所に飛ばすことができます。

また高度維持機能を備えており、同じ高さで自律飛行させることが可能。気圧センサーで高さを認識しホバリング制御してくれます。

搭載しているカメラは写真や動画を撮影することが可能。Wi-Fi機能で離れた場所からも撮影している映像を確認することができます。

低速と中速の2つの速度モードを搭載しており、速度を自由自在に変更することが可能性。初心者も上級者も自分に合ったスピードで操縦することができます。

LEDライト搭載しているため、夜間の飛行も行うことができます。暗い場所でもしっかりチラシ進行方向を見失うことがありません。

コンパクトながら信じられないほど多彩な機能を備えたドローン。初めてのドローンとして購入すれば、ドローン操縦の練習にもうってつけです。

口コミの評判

・ 手のひらサイズの小さなミニドローン。重さも22gと超軽量。それでいてカメラも内蔵されており、気圧センサーによる高度維持機能もあるという欲張りな仕様。操作性も悪くなく、小型なので室内で楽しめる。
・二機目購入です。室内で遊ぶにはちょうど良いドローン。外では風の影響で直ぐに流されます、自分は風に煽られて、空高く飛んでいきました。ホバリングも安定してますし、カメラ映りもぼちぼち。
・この価格でカメラ載せてしかも一番うれしいのはセンサー高度維持機能ですね。このサイズのトイドローンはこれで2つ目ですが高度維持が付いてるのは扱いやすくて初心者の私には操作を高度以外に集中できるのでとても便利です。
・トイドローンの中でも小さなものは室内で遊ぶのに良いのですが、安定しないものも多いのが悩みです。小さいドローンは動きが大きく、ちょっとした操作ですぐに壁に当たったりして落ちてしまいます。このドローンは非常に安定していて室内で遊ぶのに最適です。6軸ジャイロとホバリング機能で初心者でも安定して飛ばすことができます。小さなドローンでは安定の悪いものが多いのですが、このドローンは空中で止めておくことができます。

4位:GoolRC ドローン T36

GoolRC ドローン T36

アクロバットな飛行も可能な多彩な機能を備えたドローンです。

ミニトイドローンで、室内での使用に向いている製品。子どものおもちゃとしても最適で誰でも簡単に扱うことができます。

上下、前後、左右に飛行できるのはもちろん、3Dフリップもできるため空中で一回転してクールな飛行体験を楽しめます。

高速、低速の2速モードで、速度を切り替えることで思い通りのスピードで飛ばすことができます。

ヘッドレスモードを搭載しておりドローンの機種の向きに関係なく操縦者から見た方向に向けて機体を飛ばすことが可能。向きを考えながらドローンを動かす必要がなく思い通りの操作を実現します。

またワンキーリターン機能を備えており、位置識別システムによって離陸時の座標を記録し、ワンキーリターンボタン押せば同じ場所にドローンが自動的に戻ってきて着陸するため、緊急時には非常に助かります。

プロペラにはカバーがあるため安全に遊ぶことができるドローン。値段も安いため、子どもへのプレゼントにもぴったりです。

口コミの評判

・ちっこいのにパワーがあり、天井まで一直線(笑)高度維持機能が無いのでホバリングするには非常に繊細な操作が必要です。ですが小学5年生の息子はすぐに慣れたようで自在に飛ばせるようになりました。手のひらから離発着とか。子供恐るべし・・・。
・ドローン初心者ですが練習機体としてだけでなく飛ばして楽しめる良いドローンです。この価格なので仕方ないと思いますが操縦するコントローラーが小さくレバーの細かい操作が上手くできないので慣れるまで少し難しいかと思います。音はブーンと蜂位なので夜でなければ神経質になるほどではないです。
・室内で飛ばしてみて遊んでますが、ちゃんと操縦できるし、戻すのも簡単です。カメラがついてたりはしないので、完全におもちゃですが。この値段で買えるというのは、いいですね。しばらく楽しんで、子どもにあげようと思います。
・大きさも程よく、室内で遊ぶのにもってこいです。バッテリーも予備が付属しているので結構楽しめます。飛行音も割と静かで安定してホバリングするので狭い部屋でも安心して飛ばせます。

3位:LBLA ミニドローン

LBLA ミニドローン

6軸ジャイロで操作が簡単なミニドローンです。

多機能なミニドローンで、6軸ジャイロを搭載しているため安定した飛行を実現することができます。

飛行制御能力が高くホバリング機能、3D飛行による宙返り機能、ワンキーリターン機能を備えています。またヘッドレスモードを搭載しているため、操縦者の見た位置から思い通りの方向に操縦することができます。

高速モードと低速モードを備えているため、思い通りのスピードで操縦可能。子どもや初心者はもちろん、中級者でも満足できる飛行実現できます。

耐久性に優れており、障害物に多少ぶつかったくらいでは壊れないため安心して使うことができます。

コントローラーもシンプルで操作しやすく、2.4GHzの無線で操作情報をしっかり伝えます。電波干渉を受けにくいのもポイントです。

2000円前後という低価格ながら、トイドローンに搭載されるほとんどの機能を備えているドローン。思い通りの操縦が可能なため、使いこなしてアクロバットな飛行を楽しみましょう。

口コミの評判

・小さくて、丈夫。お値段もリーズナブルなので、ドローンデビューには、もってこいだと、思います。部屋でも飛ばせる感じなので、まずは、こちらで練習。楽しいです。
・思ったよりも小さく、手のひらサイズのドローンでした。まだ慣れていないというのもあり、操作には少々手こずっており壁にぶつけることもあるが、なかなか楽しいです。小さいお子さんも安心して遊べると思うので、甥っ子のクリスマスプレゼントにもう一度購入しようかと思ってます。
・手に持ったときは、すごく小さくて軽かったので、飛ばすまでは不安でしたが、飛ばしてみると、よく飛ぶし早く動きます。操作も専用のコントローラーで簡単に操作できます。
・周囲にぶつかっても全然壊れないし、飛行も安定しているので扱いやすいです。

2位:REDPAWZ ミニドローン

REDPAWZ ミニドローン

基本機能を備えながら圧倒的な低価格のミニドローンです。

ヘッド6軸ジャイロを搭載しており安定した飛行を実現。ブレにくく、操作が簡単です。

また耐久性に優れており、プロペラはカバーがあるためしっかり守られています。障害物にぶつかったり落下しても壊れにくくなっています。

ヘッドレスモードを搭載しているため、飛行中にドローンの向きが分からなくなってもドローンの向きとは関係なく操縦可能になります。

ワンキーリターン機能を備えており、ボタン押せば離陸したポイントに自動的に着陸してくれます。

コントローラーの操作しやすく、全てのスイッチを簡単に押すことが可能。搭載されているモードを使いこなすことができます。

基本的な機能は他のドローンとそれほど変わりませんが、2000円程度と値段が非常に安いのが特徴。この価格なら、とりあえずドローンを買ってみてから飛ばして遊んでみるのにも最適です。

口コミの評判

・最初は操作が難しくと思いましたが、慣れたら簡単に操作できますし、楽しく遊べます。頑丈に作られたので、練習用最適。
・値段の割にちゃんとしていて、それなりに満足です。子供と一緒に楽しく遊んでいます。飛行中にドローンの向きがわからないときは、ヘッドレスモードボタンだけを押せば、ドローンの向きと関係なくコントロールした方向へ飛べることと、飛行中にワンキーリターンボタンを押すと、ドローンは後ろ向きの方向へ飛べることは、私みたいな素人にはとても助かります。
・面白いことは、確かです。利点として、多少ぶつかっても壊れません、頑丈にできているようです、練習用には、いいと思います。
・最初がコントロールは難しいかなと不安でしたか、意外と簡単に操作ができる。家中ではよく天井に当たるけど、楽しさに影響はありません。手頃の値段で、入門用でちょっといい。満足の買い物でした。

1位:SHIRUI ヘリコプター Cheerson CX-OF

SHIRUI ヘリコプター Cheerson CX-OF

世界初となるダンス機能を備えたドローンです。

カメラとWi-Fi機能を備えており、ドローンが撮影した映像をスマートフォンのディスプレイで確認することが可能。ドローン視点で映像を見ることができるため、離れた場所でも映像を見ながら飛行を続けることができます。

またカメラを使えば動画や写真の撮影も可能です。

気圧センサーを搭載していて、高度を維持しながらホバリングすることができます。またワンキーリターン機能を備えており、離陸地点に自動的に戻ることができます。

特徴的なのがダンスモードで、さまざまな動きで見るものを楽しませてくれます。

高速モードと低速モードを備えており、切り替えれば速度を自由に変えることができます。

VRモードも備えているため、別売りのVRヘッドセットを使えば臨場感のあるドローン映像を楽しむことができます。

ユニークでドローンをさらに一歩楽しむことができる機能が満載の製品。ただ操縦するだけでなく、VRモードやダンスモードを楽しみたい人にはオススメの1台です。

口コミの評判

・ミニドローンは今回で3台目の購入です。安定感が凄いという記事を見て、すぐさま購入しました。記事通り、これまで購入した2台と比べても、圧倒的に安定感が抜群です!宙返り等の操作も自由自在で割と簡単でした。
・機体下面にあるポジションセンサーが秀逸です。手を認識すると、手を動かしてもその上を追尾しながら飛んでくれます。
・巷でスゴイと評判だったのでドローンを初めて購入。確かに安定して飛ばすことができました。ただ初心者なので操作ミスでぶつけてしまい早速プロペラが曲がってしまいました。
・息子の誕生日プレゼントにと購入しました。ドローンは初めてでしたが、この値段でここまでスゴイとは思いませんでした。到着してすぐに、部屋の中で飛ばせましたが、まず高度維持の機能に驚きました。動きもクイックで気持ち良いですね。小学生の息子でも、問題なく遊べるので操作も簡単です。初心者にはピッタリだと思います。

中級者向けドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキング

ここからは屋外での使用に向いている中級者向けドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、安全性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

6位:Holy Stone ミニドローン HS170G

Holy Stone ミニドローン HS170G

圧倒的なコストパフォーマンスで大人気となっているドローンです。

ドローンの操作は離陸や着陸が非常に難しいですが、このドローンはワンキー操作機能を搭載しているためボタン押すだけで誰でも簡単に操作できます。

オートホバリング機能を備えており、気圧センサによって一定の高度を維持して飛行することが可能です。

ヘッドレスモードを搭載しており、ドローンの向きが分からなくなっても操縦者から見た方向に期待を動かすことができます。感覚的に操作することができるため、初心者には嬉しい機能です。

スピード調節機能を3段階となっており、操縦レベルに合わせて切り替えることができます。

柔軟性に優れた素材を採用しているため、衝突や落下の衝撃に強く機体へのダメージを大幅に軽減してくれます。

中級者だけでなく初心者にも優しいドローン。初めての1台にもピッタリな製品です。

口コミの評判

・ 思っていたより、小さく軽いドローンでした。イメージは虫のような感じです。部屋でテストを少ししましたが、初心者の私がぶつけても、落としても壊れないドローンでした。プロペラも柔らかいし、ガードもあるから危なくないです。もちろん、替えのプロペラ付きだから、何があっても大丈夫です。プロポもシンプルで良いかも
・屋外でも飛ばしてみましたが、風に気を付ければ十分遊べると思います。総じて、とても良いドローンだと思いました。
・初心者でも楽しくはじめられました。スピードが3段階に調整でき、室内や屋外でも楽しめます。羽の外側にガードがあるので何度もぶつけても羽は大丈夫でした。予備がついているのでしばらくは安心して遊べます。
・デザインもよく、ホバリングもとても安定しています。プロペラをボタンで回しレバーを上げれば真上に浮き上がり安定します。小学生の子供でも安定して操作しますし、あちこちぶつけてもびくともしません。

5位:Zerotech ポケット セルフィードローン Dobby D100B

Zerotech ポケット セルフィードローン Dobby D100B

折りたたんでポケットに収まり、どこにでも持ち運ぶことができるドローンです。

コンパクトに折りたためるのが最大の特徴のこのドローン。アームとプロペラが本体に収納できるため、ポケットやカバンに入れて運ぶことができます。

充電はモバイルバッテリーで可能になっており、出先で電池が切れても安心です。

操作はスマートフォンで行えるため、コントローラー不要で思い通りにドローンを飛ばすことができます。

高感度センサーを搭載しているため安定した飛行を実現。さらに4K動画などの高画質な映像を撮影することができ、タイマー撮影や連続撮影機能も備えているため、多彩な撮影方法で空撮を楽しむことができます。

室内でも屋外でも飛ばすことができる設計となっており、最大風速8mの風にも対応することができます。

旅行先などに持ち運んで自撮りや風景を撮影するのに最適なドローン。1300万画素の高解像度カメラを搭載しているため、撮影できる写真や映像のクオリティも申し分ありません。

口コミの評判

・初めてのドローンですが、GPS機能搭載ということで離陸着陸共に非常に使いやすかった。iPhoneでの操縦ですが、慣れれば簡単です。静音仕様のプロペラはかなり音が抑えられますのでお勧めします。
・写真画像も良く操作も簡単です。また思った以上に操作性に優れていて安定性も抜群です。海で写真も綺麗に撮れました‼️
・アプリのダウンロードだけで操作も簡単ですぐに使いこなせるようになりました。
・確かにバッテリーや音の問題はありますが写真は抜群に綺麗です。動画は風が無ければ良い感じです。安定感もあって、子供との遊びの中で撮影できる気軽さがとても気に入ってます。

4位:HUBSAN ドローン H501S

HUBSAN ドローン H501S

被写体を追跡する機能を兼ね備えた高画質の映像が撮影できるドローンです。

フルハイビジョン映像撮影することができ、撮影できる映像は非常に高画質。誰もが満足できる空撮映像を撮影できます。

GPSを内臓しており位置を把握できるため、ホバリング機能で定位置に連続飛行することが可能。またオートリターン機能を備えているため、いざという時には離陸ポイントに自動的に戻すことができます。

最大の特徴はフォローミー機能で、これは車体を一定の距離から追跡し続ける機能です。この機能を使えば、難しい操作を行わなくても被写体を追跡して連続撮影することができます。

コントローラーには4.3インチのディスプレイを搭載。撮影した映像はコントローラーのディスプレイで確認することができます。またドローンからの視点映像でドローンを操作することもできます。

ヘッドレスモードを搭載しているため、機体の方向に関係なく操縦者から見た方向から操縦することができます。

コントローラーにはディスプレイまで搭載されている超高性能なドローン。中級者向きで撮影を中心にドローンを使いたい人にも満足できる製品です。

口コミの評判

・2万円で高度維持やGPS、カメラ。さらにハイパワーなブラシレスモーター。この値段でGPSも搭載していることを考えると、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。
・値段の割に機能が充実し安定飛行が出来る。GPSをoffにすればスピード感のある飛行も出来る。
・スタイルが良く操縦性も易く誰でも飛ばせると思います、最初は目視できる程度の距離でないと不安でしたが、思い切って距離を伸ばしましたが問題なし。カメラの機能もソコソコ鮮明でパソコンで見た時はビックリ‼GPS機能のせいか安定性も良くホバリングも問題なし、しかもRTH機能が付いているので見失っても安心、ほぼ1m以内に帰って来ます。風にも強く風速5m越えでも飛ばせる。
・GPS付きなので誰でも簡単に飛ばせるし、GPSをOFFにすれば結構な速度で気持良く飛ばせます。GPS切ってガンガン飛ばしてもヤバくなったらGPSをONすればその場で静止してくれます。

3位:EACHINE ドローン EACHINE E58

EACHINE ドローン EACHINE E58

折りたたみ機能を搭載しており携行性に優れたドローンです。

アームとプロペラを折りたたむことができるドローンで、コンパクトになる大持ち運びは非常に簡単。旅行先などで空撮をしたい時にうってつけです。

コントローラーだけでなくスマートフォンで操作することもできるドローンで、ドローンの飛行ルートを指でなぞることで操縦できるユニークな操作方法も特徴です。

ワンキー操作が、離陸も着陸もボタンひとつで簡単に操作可能。初心者も安心して買うことができます。

気圧センサーを搭載しており、高度を維持した飛行も可能。ホバリングで同じ高さから撮影を続けることができます。

搭載されているカメラは200万円画素と高画質で、広角レンズを搭載しているため広い範囲を撮影可能。屋外での使用には最適です。

持ち運びやすくて使い勝手にも優れたドローン。値段も安く旅行に行く際には1台買っておけば、非常に面白い思い出の写真を撮影することができます。

口コミの評判

・720P 200万画素 HD カメラの画像はとてもきれいです。 1フライト約5分程度のため、バッテリーは3個付属のタイプを購入して良かったです。スマホの WIFI FPV リアルタイム画像もきれいです。
・高度維持センサーによりホビーとしてはすばらしく安定したホバリング ができます。GPSは付いていませんが、有視界の範囲で十分な撮影ができて、おすすめできる商品かと思います。
・サイズにびっくりでした。思っていたより、けっこう小さめのサイズでした‼︎本当にしっかり飛ぶのかと不安でしたが、問題なく飛び操縦も一時間ぐらいあれば、慣れていき普通に飛ばせるようになります。おススメです。
・飛行は安定感あり、安心して飛ばすことができました。サイズも小型なので持ち運びが楽で助かります。腕を折りたためるので邪魔にならない構造も良いです。あと、バッテリー3個付きのものを選んだのですが、バッテリーの予備があると便利ですね。

2位:Potensic ドローン F181DH

Potensic ドローン F181DH

無段階で速度を調節することができ繊細な撮影に適したドローンです。

200g未満と規制対象外のためさまざまな場所で撮影することが可能。初心者からプロまで使うことができます。

コントローラーには液晶モニターが搭載されており、機体に搭載されたカメラを使えば720万画素のハイクオリティの映像を撮影することができます。

液晶モニターには撮影した映像がリアルタイムで送信されるため、手元のコントローラーの映像を確認しながらドローンを操作することもできます。

気圧センサーを備えているため、高度を維持してホバリング飛行することが可能です。また6軸ジャイロ搭載で強風にも対応することができ、屋外の撮影もスムーズに行うことができます。

ヘッドレスモードを搭載しているため、ドローンの方向を見失っても直感的に操作することが可能。初心者には安心できる機能です。

速度調節は無段階となっており、あらゆるスピードで飛行させることが可能。高速移動から繊細な飛行まで思い通りです。

基本性能をしっかりと押さえていて非常に使い勝手が良いドローン。値段もお手頃で高画質な映像が撮影できるため、初心者が選んでも大活躍すること間違いない1台です。

口コミの評判

・客間で飛んでみましたが、初めなので慣れていないので、スムーズに操作することがむずかしいです。モニター付きにして良かったです、写真や映画を撮る時、大変便利です。画質は720Pなので、影像品質は心配なくて、風景がはっきりみえます。
・ドローンを楽しむには十分すぎるお気に入りの一台になりました!!
・コンパクトで思いのほか軽いのに驚きました。そして、モニター付きで画像を保存できるというところがなんといっても購入の決め手です。
・初ドローンなので、他機種との比較などは出来ませんが、一通りセットになっているので初心者には最適だと思います。これで練習して、上級機にステップアップしていきたいです。

1位:Holy Stone ドローン F181W

Holy Stone ドローン F181

高性能かつ高機能で値段も安いコストパフォーマンスに優れたドローンです。

ドローンに必要な機能を全て搭載しており、中級者でも満足できる仕上がりとなっています。

ワンキー機能を搭載しているため離陸と着陸を自動的に行うことが可能。ボタン押せば誰でも簡単に操作することができます。

コントローラーを使えば思い通りに操作することが可能。またスマートフォンコントローラー代わりに操作することもできるため、使い方の幅が広がります。

120度の広角レンズを搭載しており、ワイドレンズで臨場感のある映像を撮影することが可能。撮影した映像はスマホにリアルタイムで映すことができるため、一人称視点での操縦も可能です。

抜群の安定性を誇る行こう実現しており、さらに気圧センサーを搭載しているため高度を維持することも可能。ホバリング飛行で一定の位置に止まることができます。

ヘッドレスモードを搭載しており、初心者でも直感的な操作が可能です。

中級者向けのドローンに欲しい機能を全て詰め込んでいる製品。これだけの性能と機能を兼ね備えながら値段も1万3000円前後と非常にお手頃なのも魅力です。

とりあえずそこそこ性能の良いドローンを探しているなら、このコストパフォーマンス最強のドローンを選ぶことをオススメします。

口コミの評判

・初ドローン でしたが、ほとんど苦労する事なく初飛行を楽しめました。飛行時間は5~8分程度ですが、フライト用のバッテーリーと充電ケーブルが2セット入っていますので、これだけでも十分遊べます。
・初めてのドローンでしたが、これにして正解でした。自動ホバリング機能があると操縦の練習にならないか...と思っていましたが、初めての人こそ自動ホバリング機能が必要だと感じました。安心して楽しめそうです。
・結構タフなので、初心者でも おもちゃ感覚で遊べるし、旅先での楽しい思い出作りにも役に立っています。コレはおススメです。
・この価格にしてこの性能、 安定性からいっても 文句なしです。ただどの機種にも共通して言えるのですが最初のトリム調整は重要です。それさえできれば 初心者でも問題なく使えます。

上級者向けドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキング

ここからは高精細な空撮映像を撮影できる仕事でも使える上級者向けドローン(マルチコプター)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、安全性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

5位:DJI ドローン Mavic Pro CP.PT.000503

DJI ドローン Mavic Pro CP.PT.000503

最大4kmの遠隔操作が可能なドローンです。

新しいOcuSync伝送技術によって最大4kmの距離でビデオストリーミングは可能。広大な土地でも遠くまでドローンを飛ばすことができます。

コンパクトかつ軽量で長距離飛行を可能にしており、最大27分間の連続飛行が可能。距離にすると13kmの移動が可能になります。

高精度の3軸ジンバルを備えた4Kカメラで驚くほど滑らかな動画を撮影することができ、自動追尾機能を備えているためワンタップで被写体を自動追尾しながらプロのような撮影も可能になっています。

障害物にぶつかりそうになっても重曹センサーで障害物を感知して避ける障害物自動回避機能で、安心してドローンを飛ばすことができます。

加えてジェスチャー撮影機能を備えているため、腕を上げたり手を振るだけでドローン思い通りに扱うことができます。

2つの衛星測定システムによって高精度に位置情報を取得することができ、コントロール精度も高めることに成功しています。

連続飛行時間が非常に長く、長距離の飛行に対応したドローン。広大な土地などで撮影したい場合には、真価を発揮してくれるドローンです。

口コミの評判

・実際に飛ばしてみると想像以上に安定しており、操作も簡単。さらに、映像が素晴らしすぎる。自分の撮った空撮映像に感動した。何よりも素晴らしいのがカメラのスタビライザー、全然ブレない。
・ドローン全く初心者ですが、徐々に上達しながら飛ばせて行けてます。よく出来ていると思います。
・この商品は買って正解。初心者でも少し覚えれば扱うことができるドローンです。まさに最高の商品だと実感しました。
・何よりもこのコンパクトなサイズに惹かれました。操作に迷っても手を離せばその場でピタッとホバリングしてるのでドローン初心者の私でも慣れるまで次の動作を考える暇があり簡単に飛ばせて安心です。

4位:DJI ドローン Spark CP.PT.000731

DJI ドローン Spark CP.PT.000731

手のひらサイズのコンパクトでありながら圧倒的なパフォーマンスを実現するドローンです。

初心者でも驚くほどキレイな空撮を簡単に行うことができるドローンで、多彩な飛行モードと撮影モードを兼ね備えており狙い通りの撮影が可能です。

ジェスチャーコントロール機能を備えており、コントローラーを使わなくても手を挙げるなどのジェスチャーだけでドローンに指示を与えることが可能。自撮りも非常に簡単に撮影できます。

インテリジェント・フライトモードを使えば、スマートフォンを使って直感的な操作が可能になります。数回タップするだけでブレのないキレイな空撮映像や写真を撮影できます。

自動追尾撮影機能を備えているため、移動する被写体のスピードに合わせて追尾して撮影することも可能です。

最長500mで動画を転送すすることができ、最大16分間の長時間飛行が可能なため撮影の自由度を劇的に向上してくれます。

高性能かつ高機能ながら、初心者にも優しい直感的な使い方ができるドローン。同じDJIのドローンの中でも、非常に割安なため購入のハードルが低いのもポイントです。

口コミの評判

・さすがはDJIです。ホバリングの安定性がハンパではない!他にGPSトイドローンも保有してますがやはりsparkにはかないません。但し設定にはかなり手こずりました。
・さすがDJI、完成度が高い!安定性に感動です。プロペラガード使う必要もありませんでした。
・現時点では同クラス最高の安全性と性能を備えた素晴らしい機体だと思います。風速数メートル以内のほぼ無風状態であれば全く問題なく屋外飛行可能です。3Dセンシング安全機構も大変優れており、さながら自動車の自動ブレーキのように作動します。
・買って良かった!多機能で抜群です!皆様にもお勧めです!最高!

3位:DJI ドローン PHANTOM 4 PRO CP.PT.000492

DJI ドローン PHANTOM 4 PRO CP.PT.000492

大幅にカメラ性能強化した超高精細な映像を撮影できるドローンです。

2000万画素の1インチCMOSセンサーを採用しており4Kの60fpsの動画を100mbpsで撮影できます。主流となっているビデオカメラと比べても最高画質レベルでありえないほど美しい映像を撮影できます。

前後左右上方向の合計5方向の障害物を認識するセンサーによって、あらゆる方向の障害物を回避。安全な飛行をもらうことができ、GPSがなくても安定した飛行を実現します。

搭載されているカメラは圧倒的な動画処理性能を持ち、高解像度レンズで画面の隅々まで歪みのない動画や写真を撮影することができます。

インテリジェント・フライトモードを搭載しており、これまでにない直感的な操作が可能になっています。ディスプレイをタッチしたりディスプレイ上に線を描くだけで思い通りのルートをドローンが飛行。ジェスチャーモードを使えば、撮影者を簡単に認識させることができ自撮りも簡単です。

ドローンの中でも圧倒的な超高精細映像を撮影できる製品。ドローンを撮影に使用するだけでなく、映像のクオリティまでトコトン追求したい人にピッタリな1台です。

口コミの評判

・Phantom3Advancedも所有しており、空撮を楽しんでいます。こちらは飛ばした瞬間から安定感が違いますね。またセンサーによる衝突回避も大変優秀です。
・金額で考えれば。抜群の性能といえる。プロ仕様で十分使用できる。
・自動航法で遠方までの精密測量が可能である。
・さすがに、ホバリング性能から飛行時の操作感はインスパイア1 V 2も最近購入して持ってますがどの機体にも負けません。アプリ、性能も最高です。ドローンに触った事の無い方でも慎重に作業して行けば問題はないと思いますが、出来れば経験者に同行して頂いた方が確実です。

2位:DJI ドローン PHANTOM 3 STANDARD P3S

DJI ドローン PHANTOM 3 STANDARD P3S

ドローンに求められる性能と機能を完璧に押さえながら低価格を実現しているドローンです。

スタンダードモデルですが、初心者からプロまで満足できる性能と機能を兼ね備えています。

受信者にも嬉しい自動フライトアシスタント機能を備えており、自動帰還モードを使えばボタンひとつで離陸ポイントに戻ってきます。いざという時には安心できる機能です。

また自動追尾機能を装備していたり、経路設定に従って自律飛行が行えたりと、ドローン側で考えて飛んでくれるのも大きなポイント。直感的な操作で思い通りの飛行を実現することができます。

精密加工された三軸ジンバルが内蔵されており、機体が傾いたり揺れたりしてもジンバルがカメラを水平に維持。映像がブレることなく美しいカメラワークを実現します。

コントローラーの持ちやすく操作しやすく、操作に慣れていない初心者をサポートしてくれます。

ドローン人気に火をつけた製品だけあり、初心者にも簡単に空撮が楽しめる機能が満載のドローン。値段も比較的安く初めてのドローンにも最適な製品です。

口コミの評判

・ファントムの入門機でカメラ映像2.7kですがPCで編集するときにサイズを小さくするので十分に奇麗です。それよりも空撮がこんなに楽しいとはスタビライザーの効果も相まってアメージングな映像が楽しめます病みつきになりますね。
・この価格でこれはスゴイ!初めて飛ばしても安心の性能!画質だって十分すぎ。
・安定した飛行でとても良いと思います。2回ほど落下させてしまいましたが(軽度)特に問題なく飛行したので安心しました。おすすめです。
・値段が高くて躊躇していましたが、モデルチェンジによりお手頃価格に。何といっても操縦が簡単!アプリのシミュレーターで十分練習が出来ますしボタン一つで離陸、ホバリング。あとは上昇下降、左右旋回、左右移動本体とモニター見ながら落ち着いてレバー倒すだけでかなり綺麗な画像映像撮れます。着陸もボタン一つで帰還します。

1位:DJI ドローン Mavic Air Fly More CP.PT.00000158.01

DJI ドローン Mavic Air Fly More CP.PT.00000158.01

DJIの最新型のハイエンドモデルの折りたたみ式のドローンです。

折りたたみ式のためいつでもどこでも使用することが可能。持ち運びも非常に簡単で、折りたためばカバンなどに入るコンパクトなサイズになります。

折りたたみ式とはいっても性能と機能は充実しています。

3軸ジンバルと有効画素数1200万画素の4Kカメラを備えており、ブレのない高精細な映像を撮影することが可能。圧倒的な高画質で景色や人物を撮影することができます。

3方向の障害物検知システムを搭載しているため、障害物にぶつかりそうになると自動的に危険を回避します。衝突や墜落の事故を未然に防ぐことができ、初心者でも安心して操作することができます。

それで飛行時間は21分と非常に長く、長時間の空撮にも最適です。

インテリジェントフライトモードを備えており、直観的な操作も事由自在。ドローンが思い通りに動いてくれます。

ジェスチャー操作や全天球パノラマ撮影が可能になっており、普通のドローンでは撮影できないようなユニークな映像や写真を楽しむことができるのも大きな特徴です。

究極の持ち運びしやすさ追求した折りたたみ可能なコンパクトなドローン。持ち運びやすさで汎用性が非常に高く、またドローンとしての性能や機能も申し分ないため、ドローン撮影をするなら絶対に持っておきたい製品です。

予算に余裕があるなら、このドローンを選んでおけば間違いありません。予算がなくても無理をして買いましょう。

口コミの評判

・Mavcと名はついていますが、どちらかというとsparkが進化したイメージに近いです。プロポと同等のサイズ感の本体ながから、飛行の安定感、画質の良さは本格的です。
・この季節天気が良いとかなり強い風が吹くのですがSparkではスポーツモードにしないと進まないような向かい風でもこの機体ならPモードでも進んでくれます。追い風Sモードだと時速70㎞(アプリ読み)を超えてちょっと怖いくらい。プロペラガードは屋内or無風推奨なので使っていません。Wi-Fiながら軽く1㎞先まで飛ばしてみても映像も途切れず良い感じです。
・DJI製ドローンはPhantom 3以来なのですが、性能には文句ないものの、機体が大きくて毎回リュックに入れていたので持ち運びが大変でした。Mavic Airは折りたたみ式で非常にコンパクト。三軸ジンバル、4K撮影、スローモーション、パノラマ、クイックショット、スマートキャプチャー、3方向障害物検知センサー(前方、下方、後方)という高性能で内部ストレージ(8GB)もあり、飛行性能も軽さを感じないくらい安定しています。しかもプロポもスティックが収納できこちらもコンパクト。
・本格的に撮影したい方は上位機種。気軽に持ち運んで4K空撮&安定飛行はMavic Airがおススメです。

まとめ

急速に普及しているドローン。ドローンを飛ばして操作するだけでも楽しいですが、これまでに撮影が不可能だったアングルからの空撮映像は圧巻。一度撮影してみれば、ドローン撮影にはまること間違いありません。

ドローン自体は多種多様な製品が販売されており、性能や機能も製品によって大きく異なります。初心者や子どもでも遊び感覚で使えるようなドローンも多数あるため、気になっているなら考える前にまず安いドローンを買ってみるのもいいかもしれません。

今後、ドローンはさらに活用されると想定されており、日常生活に浸透することは間違いありません。興味のある人は、とりあえずドローンを買ってどのようなものなのか見極めてみるのもいいかもしれません。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , ,