アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 激安4Kの使い方から選び方まで

      2018/03/18

人気のアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)

激しい動きを伴う環境でも快適に臨場感のある動画を撮影できるアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)。手に持って撮影するのもよし、ヘルメットに装着するもよし、自転車やバイクに備え付けるのもよしと、使い方はアイデア次第で無限大です。

ところがそんなアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)を選ぼうと思っても、ゴープロ、ソニー、パナソニック、オリンパス、リコー、その他中国製のメーカーが製造販売しており、どれを選べばいいのかわからなくなります。

そこで今回は、アクティブな場面で撮影するにはなくてはならないアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。4K動画撮影できるアクションカメラから、その使い方や選び方までご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)とは?

ビデオカメラの1ジャンルから派生し現在では確固たる地位を築いたアクションカメラ。具体的にはどのようなカメラなのでしょうか。

装着型の小型カメラ

アクションカメラは、アクションカム、ウェアラブルカメラ、スポーツカムなどとも呼ばれており、身体などに装着して映像を撮影することを目的に設計された小型カメラです。

一般的なビデオカメラと大きく異なる点は、激しい動きの中で臨場感のある映像を撮影できる前にあります。

小型で軽量なため身体や乗り物に装着することができ、撮影者カメラを操作しなくても映像を撮影することができます。

また手に持って使用することも可能で、さまざまなカメラアングルから臨場感のある映像を撮影できるのも特徴です。

小型かつ軽量で邪魔にならない

アクションカメラは動きながら撮影することを前提にしており、動きの中で邪魔にならないように小型かつ軽量に設計されています。

本体の重量は100g以下の製品も少なくありません。重量だけで見ると一般的なビデオカメラの1/5程度となっており、約卵2個分という圧倒的軽さです。

中には50g程度というアクションカメラもあり、装着していることや撮影していることを忘れさせるほどの軽量感を誇ります。

非常にコンパクトで軽量なアクションカメラは、これまでにはない撮影体験を実現してくれるため、カメラに興味がなかった人もアクションカメラで撮影することが増えています。

堅牢性と耐久性に優れている

アクションカメラの魅力の1つに、高い堅牢性と耐久性が挙げられます。

アウトドアスポーツなど、過酷な環境で使用されることも多いアクションカメラは、防塵機能や耐水機能を備えている製品が多くあります。

ビデオカメラは非常にデリケートな精密機器ですが、アクションカメラの場合はハードに使い倒すことができます。

カメラのことを考えずに思いっきり動き回れるため、気兼ねなく使用できるのもアクションカメラを使う醍醐味です。

4K高画質での撮影も可能

小型のカメラはどうしても解像度が下がってしまいますが、アクションカメラは美しい映像を撮影するために4K高画質での撮影が可能になっている製品も少なくありません。

アクションカメラで映像を撮影すると独特のカメラアングルのため非常に臨場感のある映像を撮影することができますが、さらに高画質であることが相まってこれまでになかった映像体験を楽しむことができます。

ビデオカメラより耐久性に優れていて十分な高解像度のため、使い勝手の良い小型カメラとしての需要もあります。

広角レンズで視野が広い

アクションカメラはズームアップやズームアウトができませんが、広角レンズで視野が広く、広範囲の映像を撮影することができます。

視野が広いため取り逃がしが少なく、狙い通りの映像を撮影することができます。

また視野の広さはアクションカメラ選びでも重要なポイントとなるためしっかり押さえておきましょう。

自転車やバイクといった乗り物にも装着できる

誰もがエクストリームスポーツに興じるわけでもなく、また一流スポーツ選手のようにハードなスポーツをするわけでもありません。しかしアクションカメラが人気を博しているのは、自転車やバイクといった乗り物に装着できるためです。

アクションカメラの中には、自転車やバイク、サーフボード、スノーボード、ヘルメットなど、体以外の部分に装着できるパーツが付属しています。

自転車やバイクにカメラを装着して撮影すれば、誰でも気軽に臨場感のある映像を撮影できます。

自転車やバイクといった乗り物に装着できるのも大きなポイントで、これまでのビデオカメラにはなかった幅広い使い方を楽しむことができます。

アイデア次第で使い方は無限大

基本的には身体に装着するか乗り物に装着するかして使うアクションカメラですが、アイデア次第でさまざまな使い方を楽しむことができます。

遠隔操作機能を利用して定点観測に使用したり、飼育している動物に装着してペット目線の映像を撮影することもできます。

軽量かつコンパクトで耐久性の高いアクションカメラは、さまざまな用途に使用することが可能。アイデア次第でこれまでになかったカメラと映像の楽しみ方を実践できます。

ユーチューブなど動画投稿サイトやSNSで大人気

アクションカメラは、インターネットと非常に親和性の高いアイテムでもあります。

YouTubeなどの動画投稿サイトやSNSでは、アクションカメラを用いて撮影した映像が代人気を博しています。

アクションカメラの代名詞となっているGoProは、YouTubeが火付け役となっています。

これまでになかった視点からの映像を撮影できるアクションカメラは、SNSを楽しむうえでも欠かせないアイテムです。

中華製アクションカメラが席巻

アクションカメラといえばGoProが非常に有名ですが、最近では中国で製造された安価で高品質なアクションカメラが大量に登場しています。

中華製アクションカメラは、4K動画を撮影できる高精細な製品も多く、また値段もGoProなどの大手メーカーの1/3程度と非常に安くなっています。

品質には不安なところも多い中華製アクションカメラですが、高いコストパフォーマンスによって急速な広がりを見せています。

値段が安い

デジタルカメラやビデオカメラの中には、10万円以上する製品も少なくありません。しかしアクションカメラならデジタルカメラビデオカメラよりはるかに安い値段で購入することができます。

大手メーカーの製品はもちろん、中華製のアクションカメラを選べば数千円という値段で高画質な映像を撮影できる耐久性の高いアクションカメラを手に入れることができます。

非常に安く手に入るのもアクションカメラの大きな魅力で、この値段の安さと気軽に面白い映像が撮影できる手軽さがアクションカメラ人気に拍車をかけています。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)がオススメの人

結婚式の撮影にアクションカメラを使用するのは誰がどう考えても間違えています。では、アクションカメラはどのような場面で使用するのが正しいのでしょうか。

アクションカメラを使うのにオススメな人をご紹介します。

臨場感のある撮影を映像したい人

アクションカメラの醍醐味は臨場感のある映像を撮影できることです。

体に装着して撮影できるアクションカメラは、映像を見るだけで撮影者の体験を疑似体験できるほどの臨場感を味わうことができます。

生々しい体験を、その場の空気ごと記録したいなら、アクションカメラ以外に選択の余地はありません。

過酷な環境で撮影したい人

アウトドアスポーツなど、過酷な環境で映像を撮影したい場合にはアクションカメラが最適です。

堅牢性と耐久性に優れているアクションカメラは、汚れたり濡れたりしても簡単に壊れることありません。

アウトドアでは、過酷な環境に置かれたカメラが簡単に壊れてしまうこともあり、せっかく撮影した映像が台無しになってしまう可能性も捨てきれません。

しかしアクションカメラなら、壊れる可能性が非常に低いため撮影した大切な映像を確実に残しておくことができます。

面倒なカメラの操作をしたくない人

ビデオカメラを使って思い通りの映像を撮影するには、それなりの撮影テクニックが必要不可欠になります。

しかしアクションカメラなら、体に装着するだけで簡単に映像を撮影することが可能。撮影時に構造考えたり、カメラワークを意識したり、撮影アングルにこだわったりすることなく、見る者を圧倒する迫力満点の映像を撮影できます。

カメラを操作せず、クオリティの高い映像を撮影できるのはビデオカメラにはないアクションカメラの強み。面倒なカメラの操作をしたくないけど映像を撮影したい欲張りな人にはうってつけのカメラといえます。

乗り物にカメラを装着したい人

自転車やバイクに乗りながら映像を撮影した人は、アクションカメラが非常に便利です。

最近では、事故に備えて自動車に車載カメラを搭載している人も多いですが、アクションカメラは自転車やバイクの車載カメラとしても使えます。

万が一の場合には、アクションカメラの映像が状況証拠にもなり、ライダーの身を守る役目も果たしてくれます。

もちろん臨場感のある映像が撮影できるため、自転車やバイクから撮影した映像はそれだけで楽しいものです。

映像撮影して楽しむこともでき、いざという時には身の安全も保証してくれるアクションカメラ。乗り物に乗る人はお守り代わりに装着しておくのもいいかもしれません。

動画共有サイトやSNSで撮影した映像を公開したい人

アクションカメラで撮影した映像は、インターネット上では一大ジャンルとなっています。

使い方の幅が広くさまざまな映像を撮影できるアクションカメラ。誰でも簡単に生々しく臨場感のある映像を撮影できるのも特徴で、撮影テクニックがない人でも貴重な映像を撮影できます。

そんなアクションカメラの映像は、動画共有サイトやSNSに動画を投稿したいと思っている人にはうってつけ。アクションカメラさえあれば、高度な撮影技術がなくても誰でも簡単にユーチューバーデビューできます。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)の使い方

アクションカメラはどのようにして使えばいいのでしょうか。基本的なアクションカメラの使い方を知っておきましょう。

アクションカメラの基本的な使い方

1.アクションカメラの電源を入れる
2.各種設定を行う
3.スイッチを入れてアクションカメラの撮影をスタートする
4.撮影後はパソコンなどで映像データを管理する

アクションカメラは、設定さえしっかり行っておけば簡単に使うことができます。

製品によって設定方法や操作方法は異なりますが、基本的にはほとんど変わりません。

また中国製のアクションカメラの中には、日本語の翻訳にクセがあるものも多いため、設定の際には意味を間違えないように注意が必要です。

アクションカメラをヘルメットに装着する方法

1.アクションカメラをヘルメットのどの部分に装着するか決める
2.ベースマウントを両面テープでヘルメットとくっつける
3.ベースマウントにアクションカメラを装着する

ベースマウントとは、アクションカメラを固定するための台のこと。ベースマウントさえ装着できれば、アクションカメラを固定することもできます。

問題となるのがベースマウントの装着の仕方。ヘルメットに装着する場合には、ベースマウント曲面に貼り付けなければいけません。

曲面対応のベースマウントなら問題ありませんが、平面対応のベースマウントの場合には曲面に沿うように加工する必要があります。

パテなどを使って曲面にしっかり貼り付けられるようにベースマウント加工しましょう。

アクションカメラをハンドルに装着する方法

1.アクションカメラをハンドルのどの部分に装着するか決める
2.ハンドルマウントをハンドルに装着する
3.ハンドルマウントにアクションカメラを取り付ける

ベースマウントをヘルメットに装着するよりもハンドルマウントをハンドルに装着する方が簡単です。

ハンドルマウントは、アクションカメラに付属している場合もあります。付属していない場合には別途購入しましょう。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)の選び方のポイント

アクションカメラを選ぶ時にはどのようなポイントに気を付けなければいけないのでしょうか。アクションカメラの選び方を見ていきましょう。

解像度の高さ

アクションカメラを選ぶうえでまず見ておかなければならないのが解像度の高さです。

解像度は、大きく分けるとハイビジョン、フルハイビジョン、4K動画の3種類があります。フルハイビジョンでも十分鮮明な映像を撮影することはできますが、4K動画なら圧倒的な画質で映像を残すことができます。

画質にこだわるなら4K動画に対応しているアクションカメラを選ぶようにしましょう。

フレームレート

フレームレートは、滑らかな映像を撮影するためには欠かせない要素です。

フレームレートとは、1秒間に何コマの静止画で映像を構成するかを決定付ける要素で、1秒間に30コマの静止画で動画を作る30fpsと60コマの静止画で動画を作る60fpsの2種類に分かれています。

基本的には30fpsあれば十分滑らかな映像を撮影することができますが、スローモーションなどを撮影したい場合には60fpsのフレームレートが欲しいところです。

フレームレートが多ければ多いほど映像を滑らかにすることができるため、フレームレートにも注目してアクションカメラのスペックを見ておきましょう。

手ブレ補正機能の精度

激しい動きの中で撮影することが多いアクションカメラ。体や乗り物に装着して撮影することも多く、激しい振動で映像が揺れる場合もあります。

そんな時には手ブレ補正機能があれば非常に便利。画面の揺れを最小限に抑え、非常に見やすい映像を作ってくれます。

より激しい動きの中で映像を撮影することが想定されるなら、高精度の手ブレ補正機能を搭載したアクションカメラを選びましょう。

画角の広さ

画角とは画面の広さのこと。広角レンズを使えば、より広い範囲の映像を撮影することができます。

人間の視野は約170度あるため、見たままの状態を映像に収めるなら170度以上の画角の広さをもつアクションカメラを選ぶようにしましょう。

特にアクションカメラは撮影している映像を確認することなく撮影することがほとんどで、視野角と画角が合っていなければ撮影したと思っていた映像が撮影できていない場合も出てきます。

人間の視野角にあった画角のアクションカメラ選ぶことで、直感的に思い通りの映像を撮影することができます。

液晶モニターの大きさ

アクションカメラその性質上、ファインダーが搭載されておらず液晶モニターを見て映像を撮影したり設定を行ったりします。

液晶モニターが見やすければ操作もしやすくなり、撮影した映像の確認も要因になります。

アクションカメラで撮影する際には、ほとんど液晶モニターをチェックすることはありませんが、使い勝手を考えれば視認性に優れた液晶モニターを搭載したアクションカメラを選んでおくべきでです。

モニターのタッチパネル機能

アクションカメラは小型のため、本体に搭載されたボタンを操作するのが非常に難しくなっています。

しかしモニターにタッチパネル機能があれば、モニター上で簡単に設定を操作することができます。

液晶モニターのタッチパネル機能は、アクションカメラの操作性に大きな影響を与えます。購入前にはしっかりチェックしておきましょう。

Wi-Fi機能

アクションカメラはインターネットと相性が非常によく、インターネットに接続することでさまざまな楽しみ方が可能になります。

Wi-Fi機能を搭載しているアクションカメラなら、スマートフォンとの連携も容易になり撮影した動画をすぐに動画投稿サイトやSNSにアップすることができます。

またアクションカメラの機能や専用アプリによっては、スマートフォンを使ってアクションカメラを操作することや動画編集したりすることもできます。

Wi-Fi機能はアクションカメラの自由度に大きな影響を与えるため、Wi-Fi機能を搭載したアクションカメラを優先的に選びましょう。

サイズの大きさと重さ

できるだけコンパクトかつ軽量のアクションカメラを使えば、アクションカメラが邪魔にならず身軽に動くことができます。

基本的にアクションカメラはコンパクトですが、製品によっては大きさや重さをより重視して設計されているものもあります。

特に体にアクションカメラを装着する場合には、できるだけ撮影が負担にならないように小さくて軽いアクションカメラを選びましょう。

アタッチメントや付属品

アクションカメラにはアタッチメントや付属品がセットになって販売されている製品もあります。

体や乗り物にアクションカメラを装着する時には、ベースマウントやハンドルマウントがあれば非常に便利です。

さらにアームや三脚があれば、より自由度の高い撮影が可能になります。

使わないアタッチメントは必要ありませんが、アクションカメラを使う場合に想定されるシチュエーションで便利なアタッチメントが付属しているなら優先して選ぶ価値はあります。

ただしアクションカメラ周りのアタッチメントは別売りでも販売されているため、アタッチメントを優先したアクションカメラ選びをする必要はありません。

耐久性

耐久性に優れたアクションカメラなら、どこにでも持ち出してどんな状況でも撮影を行うことができます。

防塵機能と耐水機能はもちろんのこと、耐寒機能や耐衝撃機能を備えているアクションカメラもあります。

またアクションカメラによって本体自体に耐水機能を備えているものと防水ケースで耐水機能を付加するものがあります。

同じ水中撮影でも、遊びで行うシュノーケリングで使用する場合と本格的なスキューバダイビングで使用する場合とでは必要とされる耐水性能も変わってきます。

使用が想定されるシチュエーションに合っている堅牢性や耐久性を備えたアクションカメラ選びが大事になります。

価格

アクションカメラは性能や機能によって価格が大きく異なり5000円~10万円程度で販売されています。

4K動画などの高画質の映像を撮影できるアクションカメラは値段が高く、機能が増えれば増えるほど値段が高くなる傾向にあります。

また同じような性能と機能でも、大手メーカーの製品は値段が高く、中国メーカーの製品では値段が安くなっています。

高価格帯の製品の方が低価格帯の製品よりも性能や機能だけでなく品質にも優れていますが、低価格帯の製品でも十分に使うことは可能です。試しに使い捨てるくらいの気持ちで低価格帯のアクションカメラを買ってみて、その使い心地を試してみるのもいいかもしれません。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキング

ここからは使い勝手に優れており確かな品質を約束するアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

9位:オリンパス アクションカメラ STYLUS TG-Tracker

オリンパス アクションカメラ STYLUS TG-Tracker

オリンパスの高い堅牢性を誇るアクションカメラです。

非常に高い耐久性が自慢のアクションカメラで、あらゆる場所で使用することが可能です。

防水性能は30mでダイビングでも使用可能。さらに耐衝撃2.1m、耐荷重100kgf、防塵、耐低温-10℃と非常に高い耐久性を誇ります。

さらにGPSを含む各種フィールドセンサーを搭載しており、フィールドセンサーを活かしたログ機能を搭載しています。

Wi-Fii機能を備えてよりスマートフォンとの連携も可能。撮影した映像をスマートフォンやタブレットに転送して同時表示することが可能です。

高感度かつ低ノイズを実現する裏面照射式CMOSセンサーと電子5軸手ブレ補正機能を搭載して安心して映像を撮影することができます。

対角204度の超広角レンズで幅広く映像を撮影することができ、4K撮影に対応しているため解像度も申し分ありません。

どんな場所にも持ち込んで撮影することができる耐久性に優れたアクションカメラ。アウトドアスポーツなどで大活躍してくれる製品です。

口コミの評判

・水中での動作分析、水泳指導補助の撮影のために購入。携帯への転送やPCからプロジェクターへの出力もスムーズだったので、解説もしやすく、とても満足です。
・数年前からずっと使っていますが、ほんとに丈夫で優秀です!寒いところでも平気で使えるのでとても嬉しいです。スノボーしながらの撮影に使ってみたのですが、付属のグリップがとても使いやすくてカッコイイです!銃のような形になってすごくロマンを感じます。
・画質や超広角、ハンドル付きには満足しています。スキューバで使用しましたが、水に浸し壊れる事なく何度も利用してます。画面を見ながら撮影出来るのも便利。GoProより重い、デカい、が逆に手持ちでも安定感はあると思えば、まぁ、大丈夫かな。
・一番は、広角にとれることです。他メーカーの有名防水防塵ビデオカメラと比べると、比ではない広角です。また本体は予想の半分くらいの大きさで驚きました。一般的なデジカメより小さいです。デザインも素敵です。

8位:ニコン 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80

ニコン 防水ウェアラブルカメラ KeyMission 80

高い機動力で撮影したい瞬間を逃さないアクションカメラです。

付属のカメラホルダーからカメラを取り出すだけで電源が自動的に入るため、撮影した瞬間を逃しません。シャッターボタンやタッチパネル操作で素早く撮影を開始することができます。

小型かつ軽量ボディのため持ち運びも非常に便利。片手で簡単に扱うことができ、スマートフォンでは難しい撮影も簡単に行うことができます。

光学式手ブレ補正機能を搭載しているため、誰でも手ブレを気にせず美しい映像を撮影できます。

防水機能と耐衝撃機能を備えており、雨の中でも気軽に撮影することが可能。さらに1.5mの高さから落としても壊れない耐衝撃性能に加え、-10℃でも起動する耐寒性能も備えています。ウィンタースポーツにはぴったりです。

世界的な評価を受けるNIKKORレンズと独自の画像処理技術によって美しい風景画像を残すことができます。

メインカメラとは別に画像モニターで構造確認しながら自分撮りが可能。美しい景色の中で自撮りをすることもできます。

動画機能に加えて写真機能にも優れているアクションカメラ。どこへでも気兼ねなく持ち出すことができ、撮影したい時にサッと取り出して撮影できる気軽さが魅力です。

口コミの評判

・小雨が降る中で使用しましたが特に問題ありませんでした。レンズは明るいですが、やはりセンサーが小さいため暗所にはとことん弱いです。シャッタースピードが遅くなってブレが生じたり、ノイズがひどく乗ってきます。夜景などはちょっと酷い写りになりますので使用シーンに注意が必要です。昼間や明るさが確保できれば非常にクリアな写りで、一眼レフとはいかないまでもiphoneよりはいいと思います。
・使ってたデジカメとは、ちと毛色の違いますが良く考えられてますね。土台から外すと自動的に立ち上がってくれるのは、助かってます。
・カメラの薄さと小ささはシャツの胸ポケットに入れておいても邪魔にならない。スマホに負ける画質との評価もああるが,解像度に関してはセンサーサイズ並みの解像度はある。
・このカメラ。ランニング中に写真を残したいランナーにとって非常に便利。携帯性、機動力に優れ、ストレスなく走りながら撮影することができます。

7位:パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A500

カメラと本体が独立しているユニークな形状のアクションカメラです。

一般的なアクションカメラは、本体とカメラが一体化することで小型化を図っていますが、このアクションカメラは本体部分とカメラ部分が有線で繋がった独自の形状をしています。この形状によって、これまでになかったアクションカメラの使い方ができるようになりました。

従来のカメラでは難しいハイアングルやローアングルの撮影も可能。さらに極端なズームアップなど、カメラ部分が独立しているからこそできるカメラワークも魅力です。

例えばペット目線での映像を撮影したり、草花に限りなく近づいて撮影する時に非常に便利です。

もちろんアクションカメラのため、ヘッドマウントで装着して使用することも可能。臨場感のある撮影が可能になっています。

高画質な4K映像を撮影することができ、30fpsでコマ落ちのない滑らかな映像を撮影できます。

防水防塵構造を採用しており、水屋誇りにも非常に強くどこへでも持ち出すことができます。

Wi-Fiを内蔵しており、スマートフォンとの連携も可能。スマートフォンで映像の再生やリモート操作ができるため、操作性にも優れています。

独自の形状によってこれまでになかった使い方を実現できるアクションカメラ。極端なアップなど物理的に難しい構図からの撮影には最適な1台です。

口コミの評判

・贅沢を言えば、いろいろな箇所に取り付けできる柔軟性のあるアタッチメントがあると、利用用途がもっと増えそうです。商品はこの価格では十分すぎるレベルだと思います。
・車と自転車の動画を撮ってみましたが、夜間もそれなりに見れます。ヘッドセット装着は便利で簡単ですが、息継ぎの音声とかも顕著に拾うので工夫が必要。
・モータースポーツの車載カメラとして使用しています。ダートを走る関係でクルマがすごく揺れるのですが、このカメラは高画質でブレがなく素晴らしいです。WiFiでスマホに飛ばしてすぐに見られるのもありがたいです。
・ラフティングで使いました。思ってた以上の迫力映像になり、画質も綺麗だし、買って良かった。

6位:LG 360度 CAM VR カメラ LG-R105

LG 360度 CAM VR カメラ LG-R105

LGエレクトロニクスの360度映像が撮影できるユニークなカメラです。

簡単に360度写真や映像を撮影できるのが特徴のカメラで、Wi-Fi機能を備えているためスマートフォンで録画している映像をリアルタイムで確認することもできます。

デュアルワイドアングルを搭載しており1300万画素のレンズは、これまでにないほど美しい360度写真を撮影します。

2K動画を撮影することができ、高精細の360°映像を撮影することが可能。YouTube やGoogleストリートビューのアプリと互換性があり、 撮影した動画や写真は他のユーザーに公開、共有、閲覧することができます。

全方位を撮影できる非常にユニークなアクションカメラ。360°映像を撮影してみたい人にはピッタリな1台です。

口コミの評判

・Bluetoothでスマホと繋げて動画撮影しています。WIFI以外にも接続できたのが意外でした。動画はYOUTUBEにUPしました。動画は綺麗に写りました。
・サンプルがアップしづらいですが、画は綺麗です。360度ならこれで十分だと思いますが、つなぎ目に問題は無いと思いました。
・今迄はパノラマモードで撮影をしていましたが、取りあえずワンショットで360度撮影が完了するので便利です。解像度が必要な場合はやはり手持ちのカメラで撮影した方が容易ですが全体像をワンプッシュで撮影でき重宝しています。
・この商品、凄く良いです。皆に勧めています。私の現在までの使用は、同窓会の円卓、丸く取り囲んだ集合写真、孫を囲んだ動画、凄くうけました。勧めるポイントは、安いことの他に、写り過ぎないこと。今時のカメラは、写り過ぎてみんな、アップで写されることを嫌います。これは、その場の雰囲気は、完全に写るが、適当な解像度で、最高です。

5位:パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A1H

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A1H

円筒形状のユニークな形と軽量かつコンパクトなボディに特徴があるパナソニックのウェアラブルカメラです。

大きな特徴はその軽さにあります。本体重量は45.4gと非常に軽量で、撮影していても装着していることを忘れるほどの明るさです。

従来機で問題となっていた音声ノイズの発生や使用中に電源が消せなくなる現象など、欠点だった部分を改善しており非常に使い勝手が良くなっています。

これほど小型のカメラながらフルハイビジョン撮影が可能で、撮影できる映像は高クオリティ。満足できる映像を撮影してくれます。

防水機能と防塵機能を備えており、耐久性が高くあらゆる場所で撮影可能。アウトドアで撮影する時にもうってつけです。

また暗闇撮影可能な赤外線撮影機能を備えているため、対応するビデオカメラのサブカメラとしても使用可能になっており、さまざまな用途で使用できます。

Wi-Fi機能を備えており、スマートフォンと連携した使い方ができます。スマートフォンで遠隔操作することができ、スマートフォンを使えば撮影中の映像を確認することもできます。

非常にコンパクトで携行性に優れたウェアラブルカメラ。耐久性が高くどこでも誰でも簡単に扱えるアクションカメラらしいアクションカメラです。

口コミの評判

・記録としては十分な画質です。広角レンズであり記録後確認するのも十分楽しめます。
・撮影時間は短いけど、編集考えるとこのぐらいで丁度いいと思います。
・夜の釣りで水面にライトを当てたくなくて赤外線で撮影出来る物を探していて、たどり着きました。赤外線ライトがないと0ルクスでは真っ暗で何も移らないですが、赤外線ライトを当てるとバッチリ映りました。夜釣り動画撮影が出来るので釣りから帰ってからも楽しみが増えてさらに釣りが楽しくなりそうです。
・まず小型軽量なのが良いです。映像の色味はパナソニック的で合格ですが、個人的にはGOPROの方が自然な色のように感じます。しかしいろいろな事を除いてなお「小型軽量」であることは他社を圧倒しているので、このコンセプトのまま「高画質」「4K」等の上位機種を出して欲しいです。

4位:GoPro アクションカメラ HERO6 CHDHX-601

GoPro アクションカメラ HERO6 CHDHX-601

アクションカメラの代名詞ともなっているGoProの新型アクションカメラです。

新しくなったGP1映像処理チップに加えて、パワーアップした手ブレ補正機能によって、狙い通りの映像をそのまま残せるようになりました。

さらに撮影可能なフレームレートが従来の4K30fpsから4K60fpsへと2倍のパフォーマンスになり、圧倒的な高解像度で滑らかな映像を撮影できます。

音声コントロール技術によって、撮影時の音声もクリアに残すことができます。

防水機能にも優れており、水深10mまで使用可能。水中撮影も楽しむことができます。

QuikStoriesアプリに対応しており、撮影した映像はスマートフォンに送ることができ、自動で編集され動画を作成することができます。動画そのまま SMSへとアップロードすることができ、インターネットとも非常に相性の良いアクションカメラです。

2インチのタッチパネル機能付きのディスプレイを備えており、直感的な操作が可能になっています。設定の変更や映像の再生が簡単に行えるのはもちろん、タッチズーム機能で思い通りの映像を撮影できます。

全てのGoProマウントに対応しており、さまざまなアクセサリーを使うことができます。これまでGoProを使用してきた人は、引き続き同じアクセサリーを使うことができます。

アクションカメラの代名詞となっているだけのことはあり、アクションカメラに必要な性能と機能は全て詰め込まれている製品。5万円前後と値段は高いですか性能だけを見ればパーフェクトで、値段が気にならないならこのアクションカメラを選んでおけば間違いありません。

口コミの評判

・バイクにて使用したのですがスタビライザー機能が強化されているためかかなり滑らかな映像が撮れました。最高です。
・一言いうと、スマホと同様タッチパネル式で撮った画像をすぐ確認できることが一番強いですね。わざわざスマホとwifiで連携しなくても良いのが助かりました。
・強力な手振れ補正効果が大変魅力的。但し、急にカメラを振るとカクカクした電子手振れ補正の限界は感じます。そこで、「電子手振れ補正+ジンバル」と併用すると、無敵の安定動画を撮影することが出来るようになります。
・文句なし!夜撮影に強くなったのは一番の進化、手堅い相棒になりそうです。他のアクションカメラも性能高くてGoProよりも圧倒的に安いけど、クイックストーリー、使い勝手の良い専用アプリ、編集アプリ等が揃ってるのはやはり魅力。拡張性の高さはやはりGoProにした決め手です。

3位:ソニー ウエアラブルカメラ アクションカム FDR-X3000

ソニー ウエアラブルカメラ アクションカム FDR-X3000

圧倒的にブレに強いソニーの高解像度動画を撮影できるアクションカメラです。

アクションカメラは激しく動きながら撮影する時に使用しますが、揺れた状態でカメラを使うことが多いためブレが問題になります。

このアクションカメラは、ソニーのハンディカムに搭載されている空間光学ブレ補正機能を採用。あらゆる方向のブレを抑えることができ、ブレ補正能力が従来より大幅に向上しました。

手ブレをしっかり抑えることができるため、歩行中の撮影はもちろんサイクリングなどアクティビティの最中に発生する突発的なブレを補正することができます。

防滴性能を備えており、多少の水しぶきなら壊れません。雨の日や水がかかるようなシチュエーションでも撮影を続行することができます。

水深60m、連続30分まで耐えることができる防水構造になっているため、高い水圧を受けても壊れません。

4K高画質の映像を撮影することができ、ハイクオリティの映像を残しておくことができます。

高解像度は当たり前、優れた手ブレ機能で見やすい映像を残すことができるソニーの構成のアクションカメラ。5万円前後と値段はそれなりですが、値段に見合った効果を発揮してくれます。

口コミの評判

・バイクに付けて映しましたが、本当にブレが少ないです。以前のカメラだと「こんにゃく」のような映像でしたが、アクションカムは最高です。
・ヘルメットのサイドにマウントして撮影。手振れ補正すごいです!ヘルメットの横に固定されているのに横に映るヘルメットが動いて見えます。被写体(前方)のブレを補正している関係でまるでカメラが宙に浮いているような見え方です。
・トレッキングや登山で使用。画質もよく、手ぶれ補正も満足です。バックパックマウントで使用。
・撮った映像を見てブレも無く感激!Go Proにしなくて正解でした。

2位:ThiEYE T5 Edge Native 4K

ThiEYE T5 Edge Native 4K

高品質で自然な映りを実現することができるアクションカメラです。

4Kの高解像度に対応しているアクションカメラで、解像度を幅広く変えながら撮影することができます。そのためmicroSDカードの容量に合わせて解像度を選ぶことができ、必要な撮影時間を確保することができます。

有効画素数は1400万画素でパナソニック製のCMOSセンサーを採用。170度の広角レンズを採用しており、迫力ある映像を撮影することができます。

アクションカメラは広角レンズを採用しているため写真や映像に歪みが発生しますが、歪みを補正するモードを搭載しているため自然な写りの映像や写真も撮影できます。

本体は70gと非常に軽量かつコンパクトで持ち運びにも非常に便利。2インチのスクリーンを装備しており、操作や撮影状況の確認も簡単に行うことができます。

USB接続で充電できるため、さまざまな方法で充電することができます。外出先でも充電に困りません。

防水ケースが付属で、水深60mの深さまで対応することが可能。ダイビングに使用することもできます。

多くの中国製アクションカメラは、手ブレ補正機能を搭載していませんが、このアクションカメラは手ブレ補正機能に対応しており滑らかな映像を撮影することができます。

映像の映り方も非常に自然で、色合いにも優れており解像度以上に美しい映像や写真を撮影することができます。

リモコンが付属しており、リモコンによる遠隔操作が可能。さらに音声認識機能も搭載しているため、音声でカメラを操作することができます。

Wi-Fi機能を内蔵しているため、専用のアプリを使って連携することが可能。スクリーンが小さいため撮影した写真の仕上がりをカメラで確認するのは難しいですが、スマートフォンを使えば映像や写真の仕上がりもその場でしっかり確認することができます。

1万円前後と低価格ながら、高解像度で手ブレ補正機能を搭載してブレアクションカメラ。圧倒的なコストパフォーマンスを誇るため、初めてのアクションカメラにはうってつけの1台です。

実際に使用した感想は、こちらのレビュー記事を確認してください。

口コミの評判

・値段がとにかく安い。高解像度でヘルメットに装着して使っている。友人も欲しがってる。
・カメラの品質が高く、撮影できる映像と写真のクオリティーも申し分ない。値段が安いうえに、付属のアクセサリーの品質も最高。
・最高のカメラ。品質、撮影できる映像、音質にも満足。
・撮影できる画質が完璧で、豊富なアクセサリーがすばらしい。悪いところは見当たらない。

日本の半額以下で信頼性の高い電化製品を購入することもできるギアベストで購入することをオススメします。

海外サイトの利用方法が分からず不安な人もギアベストでの買い方通りに購入すれば安心です。

中華アクションカメラ「ThiEYE T5 Edge」を徹底レビュー!使い方や画質からmicroSDカードまでご紹介!

1位:GoPro ウェアラブルカメラ HERO5

GoPro ウェアラブルカメラ HERO5

GoProのコストパフォーマンスの高さから大人気となっているアクションカメラです。

アクションカメラに求められる機能を網羅した製品で、優れた耐久性と持ち運びやすい小型ボディが魅力です。

高精細の4K動画を撮影することができ、撮影した映像はWi-Fi機能で簡単に共有することが可能。スマートフォンと連携した使い方もできます。

高い耐水性を備えており、深さ10mでも使用することが可能。幅広いシーンで活躍します。

2インチのタッチパネル機能付きディスプレイを備えており、直感的な操作が可能。シンプルなワンボタン式で、誰でもスムーズに使いこなすことができます。

音声コントロール機能を備えており、音声によって撮影のスタートやストップを入力できるため、操作が難しい場面では非常に便利です。

アクセサリーも豊富に取り揃えられており、ミニ三脚、エクステンションアーム、グリップなどと組み合わせて使うことも可能。思い通りのカメラワークを実現してくれます。

高画質の映像を撮影することができ、激しい動きを行う場面でもスムーズに撮影ができる使い勝手の良さが最大の魅力となっているアクションカメラ。思い通りに撮影をすることができ、一度使えばアクションカメラの魅力を堪能できる1台です。

新型に比べて性能や機能を取るものの、その分、値段が安くなっているためコストパフォーマンスに優れたアクションカメラです。

どのアクションカメラを買えばいいか分からず迷っている人や難しい性能や機能に悩まされたくない人は、とりあえずこのアクションカメラを買っておけば間違いありません。

口コミの評判

・取り付けたあと、あっ再生ボタンを押さなきゃいけなかった! って思っても、「gopro動画スタート」っていえば開始してくれる。好きです。この機能。
・バリへの旅行の為に購入。カメラ機能はもちろんのこと、動画がかなり綺麗ですね!!4kもとても綺麗ですが、自分的には1080くらいが容量的にも十分かなという印象でした。海の中の撮影でもとても鮮明に撮影出来、大変重宝しました。
・実物を見ると小さい!のがこの値段!操作は慣れれば大丈夫でしょう。この大きさでよく出来ていると思います。バッテリ時間はみるみる減っていくのがわかるので、スペアは必須アイテムです。人気あるのもわかる品物。これから旅行先で使いまくろう!
・HERO6になんら引けを取らない、立派なHERO5です。画質、機能ともに何ら不満はありません!

1万円以下のアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキング

ここからは中国製を中心としたコストパフォーマンス抜群の1万円以下のアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

10位:AKASO アクションカメラ EK7000

AKASO アクションカメラ EK7000

4K映像撮影できる水中撮影を得意とするアクションカメラです。

1200万画素のハイクオリティな映像を撮影することができ、高感度CMOSセンサーを搭載しており夜間でも高い視認性を実現します。

2インチの液晶ディスプレイで撮影した映像をすぐに確認可能。170度の広角レンズを搭載しているため、人間の視野に近く直観的な撮影ができます。

防水ケースが付属しており、防水ケースを使うことで最大深さ30mまで沈めることができます。ダイビングなど本格的なマリンスポーツでも使用することができます。

バッテリーが2つ付属しており、あらかじめ予備バッテリーを確保することができます。予備バッテリーがあるため、長時間の撮影が可能になります。

GoProと互換性がある設計で、GoProで使っていたアクセサリーを流用することも可能です。

高画質で映像を撮影することができ、高い耐水性も兼ね備えているアクションカメラ。値段が安いためハードに使うことができ、マリンスポーツにはピッタリなアクションカメラです。

口コミの評判

・初めてスポーツカメラを購入しました。主に自転車で使用します。ヘルメット、ハンドルなど固定場所のアクセサリーが最初から付属していて重宝します。
・この値段で、このクオリィテーなら十分かと思います。SDカードは、class10orUHS-1以上のものを使わないと4K画像にならないので、注意です。
・何処へ行くにも持ち歩きたくなりますね。使用感は問題なく画質も4Kまで設定しなくても十分だと個人的にはOKです。バッテリーも2個付きで充電器もセットです。マウント類アクセサリーも色々と付属しており助かります。専用アプリを起動して、スマホをモニターにしながら設定や操作ができます。
・コスパ良。機能良し、映像綺麗、付属品豊富、安い。

9位:DR.J アクションカメラ

DR.J アクションカメラ

4K高画質と画角170度で狙い通りの映像を撮影できるアクションカメラです。

ソニーのCMOSセンサーを採用しており、解像度は1600万画素と圧倒的。非常に鮮明で美しい映像を撮影することができます。

170度の広角レンズを採用したことで、人間の視野角に近い非常に自然な映像を撮影することができます。人間と同じ視野角のため直感的に扱うことができます。

防水専用のケースを使えば、本体をしっかり保護をできるだけ長く高い防水性能を実現。40m防水のため本格的なマリンスポーツでも使用できます。

液晶モニターは2インチサイズのため視認性に優れており、撮影した映像をその場ですぐにチェックすることができます。

Wi-Fiとの連携機能もあるため、スマートフォンやタブレットに専用アプリをダウンロードしてアクションカメラと連動して使うことができます。付属のリモコンを使えばスマートフォンを使わなくても操作できます。

豊富なアクセサリーを取り揃えており、予備バッテリーがついているため長時間の録画にも安心です。

ドライブレコーダーとしての使用からアウトドアスポーツでの記録の保存まで使える高性能なアクションカメラ。アタッチメントも充実しているためこれさえ買っておけばあらゆる撮影が可能になります。

口コミの評判

・トータルでは、多彩な撮影に対応、Wi-Fiに対応、リモコンや予備バッテリーも付属しており、コストパフォーマンスが高い。
・海中で撮影、ツーリング中に動画を撮影しましたが、やはり某有名ブランドのカメラと負けず劣らず、画質も音質もほぼ同等と言って良いでしょう、ただし手ブレに関しては少し弱めでしょうか。
・デザインは定番のもの。防水ケースやマウント類は使い回しが聞くので便利ですね。本品にもたくさんマウントは付いています。すごいお得感あります。バッテリーも2つ。こちらがもっと嬉しい。さらに三年保証。すごい。
・自転車用マウントを使って車載してみました。映像はやや魚眼気味の広い視野角で、表記の170度広角より広く感じました。GoProやSONYのアクションカムに搭載されている手ブレ補正機能は付いていないので揺れに対しては弱めです。サイクリングロードを走行した動画は鮮明に取れているので、場所を選ぶか、嬉しいことに自転車以外にもマウントは充実しているので車の車載やドライブレコーダー代わりに使うのがベストかと思います。

8位:WIMIUS アクションカメラ

WIMIUS アクションカメラ

これまでのフルハイビジョンを圧倒する4K、30fps高精細な映像に対応したアクションカメラです。

フルハイビジョンを大きく引き離す圧倒的な高画質の映像を撮影できるアクションカメラで臨場感に溢れた映像を撮影できます。

軽量かつコンパクトで2インチの液晶モニターを備えているため、撮影した映像をすぐにチェックできます。また設定の際も項目が見やすくなっています。

Wi-Fi機能を搭載しており、スマートフォンやタブレットとの連携も可能。アプリを使えばスマートフォンでアクションカメラを操作できるため使い方が広がります。

重力センサーを備えており、振動や衝撃を受けた瞬間に録画ファイルが安全される機能を搭載しています。この機能を使うことでドライブレコーダーとしても利用することができます。

防水機能を備えており40mの防水性能を実現。アクションカメラが濡れるようなシチュエーションでも躊躇することなく映像を撮影できます。

アウトドアから車載カメラまで非常に広い用途があるアクションカメラ。値段が安くさまざまな使い方ができるため、2台目、3台目のサブカメラとしても重宝します。

口コミの評判

・サブカメラとして選択しましたがメイン機を凌駕する機種でした。データファイルはMP4で録画されてました・画質も申し分なくキレイな方でした。
・画質も4K対応でとてもきれいです。夜間にダッシュボードに乗せて車で走りましたが十分な明るさで撮影できました。画面も2インチあるので撮影を確認するのには十分なサイズがあります。
・単気筒のバイクにラムマウントを使用してハンドルに取り付けたが、駐車時にスタンドが地面についているときはやや映像がぶれるが
肝心の走行動画は問題なし。値段を考えると非常に優秀。風防の内側からの撮影なので風切り音もなく、自分の使用環境では値段以上の働きをしてくれそうです。
・スノーボードの動画が撮りたくて購入しました。大きさもコンパクトで持ち運びにも邪魔にはならず、操作しながら滑る事が出来るのでとても気に入りました。帰宅後、映像を大画面で確認しました。さすが4Kなので映像が綺麗に撮れていました。満足です。

7位:Victure アクションカメラ AC200

Victure アクションカメラ AC200

ウェアラブルカメラとしてはもちろんドライブレコーダーとしても大活躍してくれるアクションカメラです。

170度の広角レンズとフルハイビジョン映像が撮影できるアクションカメラで、広範囲で高画質の録画が可能です。

液晶モニターを備えているため、撮影した映像はすぐに確認可能。どんな映像が撮影できたか、その場ですぐにチェックできます。

ドライブレコーダー機能を備えており、車載モードではシガーソケットから給電することは可能。シガーソケットからの充電が開始されると自動的に映像が録画されます。ループ録画機能と動体検知機能を組み合わせることでドライブレコーダーやバイクカメラとして活用することができます。

防水ケースに入れることで30m防水機能と耐衝撃機能を備えることができ、加えて小型かつ軽量なデザインのためアウトドアスポーツでも大活躍。サーフィン、ダイビング、シュノーケリングなどでも使えます。

付属する25このアクセサリーを活用すれば、さまざまなシチュエーションで動画の撮影が可能になります。思い通りのアングルから記録を残しておくことができます。

アクションカメラに求められる基本機能をしっかり押さえた製品。ドライブレコーダーとしても使えるため使い道が多く、とりあえず買っておいても損はない1台です。

口コミの評判

・遊び用に、アクションカメラが欲しくなり値段が手ごろなこちらを購入しました。色々アタッチメント類も豊富な数が付いていて、ヘルメットやバイクなどのハンドルに搭載できるような物まで、アクションカメラとしての付属品は揃っています。SDHCカードはclass10推奨の、最大で32GBまでのサイズが使用でき容量や画質は下がってしまうが、撮影した画質等を見ても満足できるものでした。カメラの設定も、通常のデジカメとほぼ同様に簡単に設定することができていいです。
・今回スノボーに行くために買いました!友達はゴープロを持っていたのでどのような差なのか試してみるとさほど差はありませんでした。スノボーで使ってみてもとても使い勝手が良くて嬉しかっです!パソコンにダウンロードして動画編集していても相手の顔色などもしっかりわかるし、ブレもそれほどありません。この値段でゴープロもあまり変わらないならこれは買いですね!
・ハードに使いたかったために、壊れてもショックを受けないように価格の安いこのアクションカメラにしました。撮影した画質等を見ても、この価格帯にしては満足できるものでした。アクションカメラとしてだけでなく、ドライブレコーダーとしての役割を担ってくれ、一台二役と大変便利です。
・1200万画素で個人で楽しむのには十分です。音も保護ケースに入れていても普通に撮れているので自分はとても満足しています。付属品もとても多いためどんなシチュエーションにも対応できると思います。保護ケースのおかげで雨の日も問題なく使えますし、落としてもなかなか壊れないので心強いです。

6位:Vemico アクションカメラ V1

Vemico アクションカメラ V1

4K高画質からフルハイビジョンまで思い通りの映像が撮影できるアクションカメラです。

170度の広角レンズを採用しており、広い範囲の撮影が可能。撮影モードを自由に選択することができるため、動画の画質と容量を思い通りに決めることができます。

水深40mまで耐えられる防水カバーを装備しており、水中での撮影も可能。

Wi-Fi機能が搭載されているため、スマートフォンやタブレットを連携させて遠隔操作で動画の撮影や写真の撮影ができます。

タイムラプス撮影機能、回転機能、ループ録画機能、ドライブレコーダー機能など多彩な機能を搭載。アクションカメラに求められる機能は網羅されています。

2つのバッテリーが付属しているため、予備バッテリーでバッテリー切れにも対応可能。USBケーブルで充電しながら撮影できるのも特徴です。

大船アクセサリーを使えば自転車やバイク、自動車にもアクションカメラを簡単に取り付けることができます。

自由の使い方を実現してくれるアクションカメラ。値段が安いためサブカメラとしても重宝しそうです。

口コミの評判

・低価格ながらなんでもできる。4K撮影はもちろん、タイムラプスにスロー撮影、水中撮影もこなせてこの金額は素晴らしすぎる。車載モードも搭載しているのでシガーソケットから給電すれば普通にドライブレコーダーにもなりますし良い事づくし。
・専用アプリをインストールし、カメラとWiFi接続すれば、スマホでカメラをコントロール出来ます。これによりスロー撮影なども手軽に切り替えることができますし、設定も本体から行うよりスマホから行った方が簡単なので、スマホ連動は必ずしておくと良いと思います。
・4Kを目的とするのではなく、1080の60fpsをメインとして考えればコスパ的にはとても良い商品だと思いました。中華アクションカメラと侮って手を出さないのは勿体ない出来です。確かに独特の操作性やマニュアル難はありますが、この金額でとりあえずアクションカメラが普通に多機能で使えることを考えたらコスパ高いです。
・アクションカメラ欲しいけど、値段が高くてなかなか手が出しにくかったのですが、値段もリーズナブルで4K撮影でき性能も良いこちらのアクションカムを購入しました。私の求めているアクションカムの性能は、4K撮影・防水・Wi-Fi接続・専用アプリなので欲しい機能は揃っていて満足しています。

5位:Crosstour アクションカメラ CT7000

Crosstour アクションカメラ CT7000

フルハイビジョン映像に対応したアクションカメラです。

1200万画素のフルハイビジョン映像を撮影することができ、動画や写真を鮮明に撮影できます。

170度の広角レンズを採用しており、自然な映像を撮影することが可能。人間の性格に近く、液晶モニターを見なくても思い通りの映像が撮影できます。

2インチの液晶モニターを搭載しており撮影した映像はその場ですぐに確認することが可能。カメラの設定も行いやすく操作性にも優れています。

30m防水に対応したケースが付属しており、シュノーケリングダイビングといったウォータースポーツからスキーやスノーボードとといったウィンタースポーツまで使えるため、1年中使用することができます。

Wi-Fi機能を搭載しており、スマートフォンやタブレットとの連携も簡単。専用アプリを使えば動画の撮影や設定の切り替えもカメラを使わずに操作できます。

本体重量は68gと軽量かつコンパクト。持ち運びが非常に簡単で、移動中にも荷物になることはありません。

豊富なアクセサリーで、使う場所を限定しないアクションカメラ。4K映像を撮影する必要がない人はこのアクションカメラで十分です。

口コミの評判

・最初4Kと勘違いして購入してしまいましたが、値段を考えれば十分です。旅行・ドライブ等のお供にしようと思っています。
・商品の使い心地はけっこういい感じに綺麗に撮れていました。1200万画素でFULLHD解像度で撮影できるのでしたら僕には必要十分に思えました。撮影の色彩もOKに思えます。
・画像がきれいで、前の車のナンバーも読むことが出来ます!カメラの大きさですが、手のひらに収まるコンパクトサイズになっております。こちらの商品は、値段もそこまで高いわけでもないのに付属品が多数付いていたり、質も良く、この値段でこの機能なら文句なしです。容量は十分ですし、画質もキレイで手ぶれ補正も効きます!
・操作も簡単で使いやすいカメラなので、初心者にはオススメだと思います。高価な物も欲しいですが、この製品もかなりクオリティが高いと思うので、十分こちらで楽しめそうで良かったです。

4位:APEMAN アクションカメラ A80

APEMAN アクションカメラ A80

4Kの超高画質に手ブレ補正機能をプラスした高精細で使い勝手のいいアクションカメラです。

圧倒的な高性能が魅力のアクションカメラで、2000万画素の高精細で映像を撮影することが可能。非常に鮮明で美しい記録を残しておくことができます。

さらに170度の広角レンズと手ブレ補正機能を搭載。撮影する映像のクオリティが非常に高く、狙い通りの映像を撮影することができます。

Wi-Fi機能を備えており、スマートフォンやタブレットで遠隔操作することも可能。また撮影した動画は簡単に共有することができます。HDMI接続にも対応しておりケーブルでテレビにつなげば、高精細な映像を大きなテレビで見ることができます。

30mの防水対応ケースがついており、防塵機能、防水機能、防寒機能を備えているため、使用するシチュエーションを選ばず1年中使うことができます。

重量はわずか64gと非常に軽量で撮影する時にも持ち運ぶときにも負担になりません。

タイムラプス撮影機能や車載モードも備えているため、モードを切り替えることで使い道も増えて、利便性に優れています。

中国製のアクションカメラの中でも、高性能かつ高機能な1台。値段からは考えられない圧倒的なパフォーマンスを発揮してくれるため、値段は抑えつつ性能や機能も重視したい欲張りな人も満足させてくれるアクションカメラです。

口コミの評判

・この手の中華アクションカメラが好きで、色々試してみましたがAPEMANは当たりです。幾つかのハズレを経験(GoProの新しいのが余裕で買える)しましたが、この価格ではほぼ満足しています。A66がなかなか良かったし、それのケースが共通で使えます。動画のブレ補正はジャイロスコープONみたいですが、思ったより結構効くようです。
・アクションカメラで有名なあのカメラを購入しようと思いましたが、圧倒的に安価なこちらの商品を購入しました。実際に使ってみると、驚くことに画質、性能、実用性は全く劣るようなモノではなく、むしろコスパの事を考えると大満足でした。
・実際に使ってみての印象は“画質がいい!”です。4kで撮影できますし、CMOSイメージセンサー搭載、手振れ補正もしっかり効いてくれます。この価格でこの画質は大満足です。Wi-Fiでスマホで操作できたり機能面でも充実しています。操作性もよく直感的に操作でき、機械にうとい私でも簡単に使うことができました。また付属品がとても充実しています。持ち運び用のバッグも高級感があってすごく良いです。
・私はバイクカメラとして使用しています。防水機能もあるようなので今度旅行にいった際にはダイビングで使用してみたいと思います。旅行やスポーツいろいろな場面で活躍してくれそうです。アクションカム初めての方でも、すでにお持ちの方のサブ機としてもおすすめの商品です。

3位:APEMAN アクションカメラ RBA66

APEMAN アクションカメラ RBA66

低価格ながらフルハイビジョン映像を撮影することができるアクションカメラです。

撮影モードが多く多彩な使い方をできるのが特徴で、アウトドアシーンはもちろんのことドライブレコーダーとしても活用することができます。

大容量のバッテリーを備えており長時間の連続撮影が可能。電池切れを気にすることなく、撮影したいものを思いっきり撮影することができます。

フルハイビジョンの高画質で、170°の広角レンズを備えているため直感的に思い通りの映像を撮影することができます。

もちろん防水機能も万全で、付属の防水ケースに入れれば水深30mまで潜ることができます。ダイビングやシュノーケリングでも使用することができます。

計量で小型のため装着していても撮影していても負担になることがありません。体に装着して撮影する場合にも、自転車やバイクに装着して撮影する場合にも疲れません。

付属するアクセサリーも充実しており、アクションカメラ単体では撮影できないアングルからの撮影も可能になります。

4000円前後という超低価格ながら、フルハイビジョンで美しい映像を撮影することができるアクションカメラ。4Kカメラも魅力的ですが、そこまで画質にこだわらないならこのカメラを選んでおきましょう。

口コミの評判

・おそらく私はもうゴープロを購入することはないと思います。こちらの商品で十分満足です。4Kタイプの方がもっと画質がいいのかなとも思いましたが、そもそもそんな高画質を映し出す媒体を持っていないので、このタイプで十分です。
・おもにスノーボードをするときに使いたいのですが、いきなり持って行くのは心配なので手始めに子供と公園に行くのに使用してきました。操作もすごく簡単ですぐに撮影できました。画質も良く、動画撮影もしっかり撮れていました。防水なので子供に持たせても安心ですし、かなりコンパクトなので携帯するのにかさばらないのがすごく良いです。次にスノーボードに行く時大活躍間違いなしです!
・GoProも気になったのですが、価格の問題からこちらの商品を選びました。結論からいえば、アクションカメラとして十分な性能を備えていると思います。カメラも十分な画質で4Kなどを求めているのでなければ十分高画質です。水中での撮影も、動きのある撮影も、自撮り棒につけての撮影も問題ありません。
・元々雑な性格ということもあり、結構うっかり落としたり、何かにぶつけたりということがありますが、こちらのアクションカメラは丈夫に作られているので自分のようにヘビーデューティーな使用をしても耐えうる耐久性があり、安心して使えます。

2位:Campark アクションカメラ X-20

Campark アクションカメラ X-20

ドローンとの連携も可能になったアクションカメラです。

4Kの高画質映像を撮影することができるアクションカメラで、2000万画素の高精細で録画することができます。

ソニー製の高感度CMOSセンサーを搭載しており、夜間でも高画質な映像を撮影することが可能です。

2インチの液晶ディスプレイで、撮影した映像はすぐに確認することができます。またタッチパネル機能を備えているため、直観的な操作が可能です。

170°の広角レンズはより幅広い画角を得ることができるため、屋外での撮影にも最適です。

水深30mに対応した防水ケースが付属しており、水中での使用も可能。場所を選ばず、水に濡れるような環境でも安心して使うことができます。

5軸対応の高精度手ブレ補正機能を搭載しており、揺れや振動にも強く、あらゆる角度で揺れてもクリアな映像を撮影できます。さらにアクションカメラには珍しい8倍のズーム機能も備えており、遠くの被写体もキレイに撮影できます。

豊富な機能が魅力で、スローモーション、タイムラプス、長時間露光撮影、連続写真、水中モード、車載モードなどの多彩な撮影モードが選択可能。他の中国製アクションカメラにはない器用さです。

バッテリーが2つ付属しているため長時間の録画は可能。予備バッテリーがあるため、旅行でも安心して使えます。

Wi-Fi機能を搭載しておりスマートフォンと連携して、遠隔撮影や映像の共有もスムーズです。さらにリモコンも付属しているため、スマートフォンを使わなくても遠隔撮影が可能です。

その他ドライブレコーダーとして使うことも、ドローンに取り付けて空撮映像に利用することもできます。

値段は中国製アクションカメラの中では高く設定されていますが、それ以上にユニークな使い方を楽しむことができるアクションカメラ。アクションカメラに求められる機能は全て備えており、性能も機能も群を抜いています。アイデア次第で驚くべき映像を撮影できる1台です。

口コミの評判

・小型で軽量なアクションカメラです。小型なので操作性はどうかな?と思いましたが、タッチパネルでの操作が思ったよりやりやすくて操作には問題ありませんでした。一般的なデジカメに近いメニュー構成で直感的にもわかりやすかったです。
・とにかく驚かされたのはタッチスクリーンで操作が可能であること!今まで友人や知り合いのアクションカメラを沢山見てきたけれどタッチスクリーンのアクションカメラは初めてでした。言うまでもなく操作性は抜群だし、その他にも2000万画素、付属品豊富…と本当に至れり尽くせりの製品で大満足です。
・4k解像度に対応していて、かなり大きめの動画の記録が可能です。防水ケースとかリモコンが付属していて使い勝手も良く、私は簡易ドライブレコーダーとして使用しています。便利なことにドライブレコーダーモードがあったりします。
・タッチ画面が使いやすい。設定をする時など、非常に便利、ストレスを感じません。防水ケースに入れた時は、タッチ操作は出来ませんが、先に設定をして有れば、モードボタン、上下ボタンで、全然問題無し。操作、設定も、ほぼ取説無しでも、解り易いのは助かります。

1位:MUSON アクションカメラ JP-MC2-MU

MUSON アクションカメラ JP-MC2-MU

驚異的なコストパフォーマンスを実現した高性能かつ低価格なアクションカメラです。

4K映像を撮影できる1200万画素のアクションカメラで、撮影できる映像は高精細かつ高解像度。臨場感あふれる映像を撮影できます。

170度の広角レンズに高感度CMOSセンサーを搭載。暗い場所でも美しい映像を撮影することはでき、広い視野を確保します。

手ブレ補正機能を備えており、ブレを最小限に抑えるため誰でも簡単に見やすい映像を撮影することができます。

多彩な撮影モードを備えており、ドライブレコーダーとしても使用可能。メインカメラはもちろんのことサブカメラとしての使い道もあるため高い汎用性を発揮してくれます。

水深30mに対応した防水ケースで、水に濡れるようなシチュエーションでも映像を撮影できます。

付属のアタッチメントを使用すれば、乗り物に備え付けることも可能で、耐衝撃機能を備えているためハードに使うことができます。

バッテリーが2つ付属していて、長時間の撮影も可能。Wi-Fi機能に対応しているため、スマートフォンと連携して遠隔操作や撮影した動画の共有が可能。インターネットと親和性が高いアクションカメラです。

過酷な環境でもしっかりと美しい映像を撮影してくれるアクションカメラ。性能と機能は十分で値段は非常に安いため、初めてのアクションカメラにもうってつけ。

とりあえずアクションカメラが欲しい人は、まずこの製品を買ってアクションカメラになれてみるのもいいかもしれません。

口コミの評判

・バイクのハンドルの部分にRAMマウントと組み合わせ固定しました。画質も問題なくブレもそれほどなくとても綺麗にとれてコストパフォーマンスの良い商品です。
・バイクのヘルメットにマウントして撮影してみました。手振れ補正が無い機種ですが画質は想像以上に素晴らしく、一昔前の高級アクションカムに劣らないレベルと思います。
・コンパクトでヘルメットに装着できると言う事でツーリング用にやはり防水性が良いと突然の悪天候に対応できて良いですね。リモコンも操作ボタンが大きいのでグラブを付けたままでも使用できとっても良かったです。
・廉価アクションカメラです。性能も使い勝手も良く初心者にオススメできます。1万円以内で買えるアクションカメラとしてもコスパが高いように感じました。マウントアクセサリーが豊富なのもとても助かりました。

まとめ

おもちゃのようでありながら非常に実用性の高いアクションカメラ。臨場感のある映像が撮影できるだけでなく、高い耐久性を兼ね備えているためビデオカメラやデジタルカメラのように使うシチュエーションを吟味することなくどこでも撮影できるのが大きな魅力です。

またコンパクトなため、体や乗り物に装着して撮影することも可能で、難しい撮影テクニックがなくても気軽に映像を残すことができるのも大きな魅力です。

車載カメラにも使いやすく、いざという時には映像が証拠になることもあります。

メインカメラとしてだけでなくサブカメラとしても使えるアクションカメラ。旅行に行く際には、1台あるだけで旅行と撮影の楽しみ方が大きく変わります。

ビデオカメラに関する記事は以下を参照してください。

ビデオカメラ(ハンディカム)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 4K映像撮影から子供用運動会用の選び方まで

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)のオススメ人気比較ランキング 2017-2018 激安4Kの使い方から選び方まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , ,