2ドア以上で150-200Lの冷蔵庫のオススメ人気比較ランキング 2022-2023 自炊でも安心の容量

      2022/05/25

1

一人暮らしでもよく自炊する人なら冷蔵庫の容量はできるだけ大きい方が嬉しいもの。150リットル以上の容量なら、頻繁に自炊する人でも十分に食材を買いだめしておくことができます。

しかしいざ2ドア以上で150-200Lの冷蔵庫を選ぼうと思っても、ハイアール、シャープ、三菱、パナソニックなどのメーカーが冷蔵庫を販売しており、どれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、自炊する一人暮らしからサブ冷蔵庫まで大活躍する2ドアで150-200Lの冷蔵庫のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。冷蔵室と冷凍室の容量のバランスがポイントです。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

冷蔵庫の選び方や一人暮らしにオススメの冷蔵庫についてはこちらを参照してください。

一人暮らしにオススメな小型冷蔵庫のサイズ、容量、価格の目安は?

冷蔵庫はサイズ、機能、容量で選ぶ?冷蔵庫の選び方の目安とは?

2ドアで150-200Lの小型冷蔵庫とは?

2ドアの150-200Lの小型冷蔵庫とは、どのような特徴や特性を兼ね備えた冷蔵庫なのでしょうか。このクラスの小型冷蔵庫を買うべき人は、どのような人なのでしょうか。

自炊する一人暮らしにピッタリサイズ

2ドアの150-200Lの小型冷蔵庫は、冷蔵室だけでなく冷凍庫も兼ね備えており、生鮮食品から飲料、冷凍食品やアイスクリームといった日常の食生活に必要不可欠な食材を保存しておくことができる冷蔵庫です。

150-200Lの冷蔵庫なら頻繁に自炊するような人でもしっかり買いだめできるため安心。二人暮らしでも使えるサイズ感となっています。

自炊をよくする人や週末に食材を買いだめしたい人は、150-200Lの冷蔵庫がピッタリです。

サブ冷蔵庫としても使える

家族が多くなると、どうしても冷蔵庫の容量が足りなくなってしまいます。また子どもがいる家庭なら、子どもの食事量が増えることで大量の食材の買いだめが必要になることがあります。

しかし冷蔵庫の容量は簡単に増やすことができません。

そんなときに使えるのが小型冷蔵庫です。

小型冷蔵庫は、一人暮らし用のメイン冷蔵庫としてだけでなく、大家族用のサブ冷蔵庫としても使うことが可能。冷蔵室だけでなく冷凍室もあるため、長期保存したい食材などを買いだめしておくこともできます。

使っている冷蔵庫の容量に限界を感じたら、冷蔵庫を買い替えるだけでなくサブ冷蔵庫として小型の冷蔵庫を選ぶのもアリです。

直冷式とファン式の冷却方式がある

冷蔵庫には大きく分けて直冷式とファン式という2つの冷却方式があります。

直冷式は冷却器を冷蔵庫内に設置して直接冷やす方式で、冷却能力が高く電気代が安いものの定期的に霜取りをしなくてはいけません。

ファン式は冷却器を冷蔵庫の奥に設置して冷やした冷気をファンで冷蔵庫内に送り込み間接的に冷やす方式で、電気代が高いものの霜取りが不要で使い勝手に優れています。

150-200Lの小型冷蔵庫には、直冷式とファン式の冷蔵庫があり、それぞれに違いがあることを知っておきましょう。

冷蔵室と冷凍室がある

2ドアであるため、基本的には冷蔵室だけでなく冷凍室も搭載されています。

製品によって冷蔵室と冷凍室の位置が異なり、上が冷凍室で下が冷蔵室、上が冷蔵室で下が冷凍室の冷蔵庫があります。

下が冷凍室の場合には、ドアタイプではなく引き出しタイプになっていることも多く、食材を上から重ねるように保存することができます。

冷蔵室と冷凍室の位置関係とドアの開閉方式は、使い勝手に影響します。

冷蔵室と冷凍室のバランスが異なる

同じように見える150-200Lの小型冷蔵庫ですが、製品によって冷蔵室と冷凍室のバランスは異なります。

冷蔵庫によってコンセプトが異なり、冷蔵室が大きく日常の生鮮食品の保存に適した冷蔵庫と冷凍室が大きく手軽に食べられる冷凍食品の保存に適した冷蔵庫があります。

このサイズの小型の冷蔵庫を選ぶときには、日常生活でどのくらい自炊をするのかがポイントとなります。

オシャレなデザインも豊富

小型の冷蔵庫は、オシャレなデザインの製品が豊富に取り揃えられています。これは小型冷蔵庫が、キッチンが独立していないワンルームなどで使用されることが多いため、インテリアに大きな影響を与えるためです。

デザイン性に優れた冷蔵庫を探すことはそれほど難しくなく、比較的簡単にオシャレな冷蔵庫を見つけられるのが150-200Lクラスの冷蔵庫の特徴でもあります。

耐熱天板で電子レンジが置ける

150-200Lの小型冷蔵庫は、耐熱天板を採用している製品も多く、冷蔵庫の上に電子レンジを設置することを前提に設計されています。

ワンルームの狭いキッチンでは、電子レンジを設置するスペースが限られるため、耐熱天板は非常にありがたい機能。150-200Lの小型冷蔵庫なら、高さもそれほどないため女性でも冷蔵庫上の電子レンジを不自由なく使うことができます。

スペースが限られる部屋で暮らす場合に強い味方となるのが150-200Lの小型冷蔵庫です。

電気代が安い

小型の冷蔵庫は、冷やす範囲が狭いこともあり消費電力が非常に低くなっています。

一般家庭で使用される大型冷蔵庫の1/2程度の電気代で使用できる冷蔵庫も多くあります。

食材をたくさん買い込むことがないなら、電気代を節約するために小型の冷蔵庫を選ぶのもアリです。

値段が安い

冷蔵庫というとそれなりの値段がするものですが、小型の冷蔵庫はとにかく本体価格が安くなっています。

基本的には容量が小さければ小さいほど、機能がシンプルであればシンプルなほど値段は安くなる傾向にあります。

家電をそろえるのにできるだけお金をかけたくないなら、小型冷蔵庫は強い味方になってくれます。

小型冷蔵庫の賢い食材の収納方法

小型の冷蔵庫を選ぶと食材の収納に困ってしまうものですが、賢い食材の収納方法を知っておけば冷蔵庫の中もキレイに整理することができます。

1.100円均一などで容器を買い揃える
2.調味料や食材を容器に移し替える
3.カゴに食材を詰める
4.カゴや容器を冷蔵庫に片付ける

冷蔵庫を整理するポイントは、カゴに食材をまとめて入れること。カゴに食材をまとめることで、どこに何があるのかを把握しやすく、取り出しやすくなります。

またカゴに入れる食材は、用途やカテゴリーごとに分類するのもポイント。朝食用のカゴ、昼食用のカゴ、夕食用のカゴなどに分類することで、食材の際にはカゴごと食卓に出して食材や調味料を使うことができます。

このような容器を利用した収納方法を実践することで、限られた冷蔵庫のスペースを有効活用することができ、食品の賞味期限切れを防ぐことができます。

2ドアで150-200Lの小型冷蔵庫の選び方のポイント

2ドアで150-200Lの小型冷蔵庫を選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくていけないのでしょうか。2ドアで150-200Lの小型冷蔵庫の選び方のポイントを見ていきましょう。

冷蔵室と冷凍室のバランス

まず注目すべきポイントは、冷蔵室と冷凍室のバランスです。

総合的な容量が十分であっても、冷蔵室と冷凍室の容量のバランスが合っていなければ容量不足となってしまい使い勝手が著しく低下します。

基本的には、冷凍室が大きい冷蔵庫は自炊をあまりしない人向け、冷蔵室が大きい冷蔵庫は自炊を頻繁にする人向けとなります。

ただし、自炊する派でも食材を冷凍保存で買いだめしたい人や自炊しない派でも大量の飲料を冷蔵室に保存したい人がおり、使用者の冷蔵庫の使い方によって選ぶべきバランスが異なります。

冷蔵庫を使用するシチュエーションをしっかりと頭に思い浮かべて冷蔵室と冷凍室のバランスを考えましょう。

冷却方式

冷蔵庫には、直冷式とファン式の2つの冷却方式があります。

直冷式は、冷却能力が高く電気代も安いですが、1年間に数回の霜取り作業が必要になります。

ファン式は、直冷式に比べて冷却能力に劣り電気代も高めになりますが、霜取り作業は不要です。

電気代で考えれば勅令式に軍配が上がりますが、使いやすさは圧倒的にファン式が勝ります。また電気代についても、霜取り作業の際に冷蔵庫内の温度を上げる必要があるため、トータルの電気代にはそれほど大きな差がでません。

使いやすさなどを総合的に考えれば、ファン式を選ぶことをオススメします。

機能

このクラスのサイズの冷蔵庫になると、さまざまな機能を搭載している冷蔵庫も登場します。

プラズマクラスターイオンによって冷蔵庫内を清潔に保ったり、ドアを付け替えることで右開きにも左開きにも対応できたりと、ユニークな機能を搭載している冷蔵庫も存在します。

見逃すことができない機能を搭載している冷蔵庫もあるため、機能についてもしっかりチェックしておきましょう。

棚の形状とドアポケット

同じ容量の冷蔵庫であっても、棚の形状やドアポケットの有無によって入れられる食品の量や使いやすさが変わります。

飲料をよく飲む人ならドアポケットがあると便利です。また大きな食材を保存したい人なら、棚が少ない方が食材を入れやすいかもしれません。

そのほかにも、冷凍室がドアタイプか引き出しタイプかによって形状や使い方が変わります。棚の形状や配置、ドアポケットの有無にも目を通しておきましょう。

サイズ

冷蔵庫を買ってはみたものの、設置スペースの問題で置きたい場所に置けないなんて事態に陥ることがないようにしましょう。

小型冷蔵庫はコンパクトなため、設置スペースで苦労することはほとんどありませんが、やはり事前に設置スペースを計測しておいて設置スペースに収まる冷蔵庫を選ぶべきです。

冷蔵庫には放熱スペースが必要なため、横側5㎝以上、裏側20㎝以上、上側10㎝以上の放熱用スペースを考慮しておきましょう。ギリギリ収まるからといって設置スペースピッタリの冷蔵庫を買ってしまうと、放熱スペースが確保できなくなるため注意が必要です。

容量

このランキングでは150-200Lの冷蔵庫をご紹介していますが、150-200Lといっても50Lもの幅があります。

150Lなら大量の買いだめは難しいですが、200Lあれば十分に余裕があるため買いだめもしっかりできます。

150-200Lという容量は、買いだめを大量にするかしないかの分かれ目の容量。使用するシチュエーションを想定しつつ総合的な容量を慎重に決めましょう。

メイン冷蔵庫かサブ冷蔵庫か

150-200Lの小型冷蔵庫を購入する人の多くがメイン冷蔵庫として使用することを前提としていますが、中にはサブ冷蔵庫として使用する人もいます。

メイン冷蔵庫として使うか、それともサブ冷蔵庫として使うかによって、使用するシチュエーションが大きく変わってきます。

メイン冷蔵庫として使用するなら、冷凍室や冷蔵室の容量までトータルに考えた冷蔵庫選びが求められます。

サブ冷蔵庫として使用するなら、メイン冷蔵庫との兼ね合いも考慮する必要があり、冷凍室の有無や限定的な使用目的か否かも考えなくてはいけません。

メイン冷蔵庫として使うなら汎用性を重視した冷蔵庫選び、サブ冷蔵庫として使うなら使用目的がはっきりしていて限定的で特化した使い方を想定した冷蔵庫選びをするようにしましょう。

使いやすさ

冷蔵庫のドアを閉めたつもりが開けっ放しになっていた、なんて経験をした人も多いはず。どれだけ性能や機能が優れていても、使い勝手の悪い冷蔵庫を選ぶと買い物の失敗となります。

冷蔵庫の使いやすさを決定付ける要因はいくつもあり、ドアの開け閉めのしやすさ、棚の数とスペースの広さ、庫内の見やすさ、霜取りのしやすさなどから使いやすい冷蔵庫か使いにくい冷蔵庫かを見極めることができます。

ただし冷蔵庫は、実際に使ってみなければ使い勝手も分からないため、口コミの評判を参考にすると使いやすさについても調べることができます。

手入れのしやすさ

食材を入れる冷蔵庫は、汚れやすいものです。また冷蔵庫が汚れていると臭いの原因にもなります。

小型の冷蔵庫は掃除もしやすいですが、庫内の材質が汚れに弱いものや形状が複雑なものは掃除しにくくお手入れが面倒になります。

また小型の冷蔵庫の冷凍室は直冷式を採用している場合があるため、直冷式なら1年間に5回程度、霜取り作業が必要になります。そのため霜取り作業の有無もポイントになります。

手入れのことまで考えて冷蔵庫を選ぶ人は少ないですが、使っていれば必ず手入れをしなくてはいけないのが小型冷蔵庫。特に直冷式の冷蔵庫を選ぶ場合には、手入れのしやすさは重要な項目です。

扉の向き

冷蔵庫の扉の向きは4タイプがあります。キッチンの間取りに合わせて選びましょう。

右開き

右側にドアが開くタイプ。冷蔵庫の右側に壁がある場合には通路の邪魔になりません。

左開き

左側にドアが開くタイプ。右開きとは反対に、冷蔵庫の左側に壁がある場合には通路の邪魔になりません。

観音開き(フレンチドア)

ドアが観音開きするタイプで、通路が狭いキッチンの場合にはドアが通路を塞がないため観音開きタイプがオススメ。

両開き

左右のどちらからでも開けるタイプ。どんな場所に設置しても使い勝手が良いです。

静音性

夜中に冷蔵庫が「ブーン」と音を立てることがありますが、ワンルームや寝室に設置されることの多い小型冷蔵庫の場合、音が非常に重要なポイントになります。

普段の生活では冷蔵庫の音が気にならなくても、静かな夜には音が響きます。またベッドや床に横たわると、音が床を伝って耳に入るため余計に音が聞こえます。

そのため冷蔵庫を選ぶときには、できる限り静音性に優れた製品を選ぶようにしましょう。

音が静かな冷蔵庫の目安となるのは稼働音が25dB以下ということ。稼働音が25dB以下であることを目安に冷蔵庫を探してみましょう。

デザイン

デザイン性に優れた製品が多い小型冷蔵庫。冷蔵機能や冷凍機能にそれほど大きな差はないため、デザインで選ぶのもひとつの方法です。

小型冷蔵庫は目に付くところに設置されることも多いため、部屋やキッチンの雰囲気に合わせて選ぶようにしましょう。

価格

小型冷蔵庫は比較的安い値段で購入することができ、価格帯は4~6万円となっています。

100-150Lサイズに比べて値段がぐっと上がるのが特徴。一方でこの容量になると使い勝手がよくなり、簡易的な冷蔵庫ではなくなります。

またこのクラスの小型冷蔵庫になると、シビアな容量選びが必要となり選ぶ冷蔵庫によって使い勝手が大きく変わってしまいます。

そのため冷蔵庫の値段よりも使いやすさや使用目的に合っているかを重視して冷蔵庫選びをするべきです。冷蔵庫の値段は、それ相応となっているため値段を気にする必要はありません。

2ドアで150-200Lの冷蔵庫のオススメ人気比較ランキング

よく自炊する人向けのサイズである150-200Lの冷蔵庫。一人暮らしでも買いだめをする人なら欲しい容量で、二人暮らしにも対応できるサイズです。

8位:ハイアール 2ドア冷凍冷蔵庫 JR-NF170K

ハイアールのシンプルかつ使いやすさを考えて設計された冷蔵庫です。

容量は168リットルで、冷蔵室122リットル、冷凍室46リットルとなっています。

冷凍食品を大量保存できる2段式フリーザーを採用し、大きめの冷凍室で食品の種類を分けて保存することができます。

ファン冷却方式を採用しているため霜取りは不要で、耐熱性能天板で電子レンジを上に置くことができます。

食品に合わせて使い分けできるクリアケースや液体が下段にこぼれにくいスケルトントレイを採用しており、見た目や大きさだけでなく使いやすさにも目を向けた冷蔵庫です。

冷蔵室にたっぷりとした容量を備えているため食材や作り置き料理を十分に収納することができます。またデザインもシンプルかつコンパクトでワンルームに馴染み、静音性能の高さもポイントです。

口コミの評判

・冷凍室が2段式になっている。このサイズにしては冷凍庫が大きい。または、音が小さい。
・一人暮らしを始めると想像しているよりもはるかに冷蔵庫はたくさん使います!そんな使わないと思うし、130Lクラスでもいいかな?って考えている方がいたら、こっちのほうが絶対いいと思いますよ。冷蔵庫って思っているよりもかなり使うものです。
・コンパクトサイズで、単身者には、とても使い勝手が良いです。運転音も全く聞こえないぐらい、気になりません。製氷も問題ありません。

7位:東芝 2ドア ミニ冷凍冷蔵庫 170L GR-R17BS

インテリア性と使い勝手を両立させたこだわりのデザインが光る東芝の2ドア冷蔵庫です。

上部が冷蔵室、下部が冷凍室になっている冷蔵庫で、冷蔵庫の上部には耐熱天板を採用しています。電子レンジやオーブンを設置することができるため一人暮らしの狭いワンルームでも省スペース化を実現して部屋を有効活用できます。

冷蔵室は3段ドアポケットを採用しており、たっぷりと入り整理しやすくなっています。また全段ガラス棚は3段で強化ガラスを採用しており汚れもサッと拭くだけで落とすことができるため掃除も簡単です。

LED照明を搭載しているため内部が見やすく庫内の状況が確認しやすくなっています。

冷凍室にはスライドケースが搭載されており小物類の整理収納もできるように考えられています。

ダッシュフィルターを搭載しているため臭いが気になる食品も安心して保存できます。

シャープなデザインが非常にスタイリッシュで部屋のインテリアを重視する人も満足できるはずです。

値段も比較的安くデザイン性に優れていて使い勝手の良い欠点のない冷蔵庫。冷蔵庫にこだわりがなく容量やサイズに納得できるなら積極的に検討しましょう。

口コミの評判

・やっぱり東芝なら間違いないと思って決めたけど、やっぱり間違いなかったです。
・気に入りました。すごくいい。一人暮らしには丁度いい大きさです。
・東芝は良品です。想像どおりの良い商品です。
・スマートでスタイリッシュで使いやすくて文句がありません。しっかり冷えて普通に使いやすい冷蔵庫でした。

6位:シャープ 冷蔵庫 つけかえどっちもドア SJ-D17

シャープの独自技術で庫内の環境を清潔に保つことができる冷蔵庫です。

容量は168リットルで、冷蔵室122リットル、冷凍室46リットルで、こちらも全体のバランスは冷凍室重視となっています。

自動霜取りと耐熱性能天板を採用しており、霜取りや電子レンジの置き場に困らされることはありません。

特徴的なのがシャープ独自の「ナノ低温脱臭触媒」。脱臭と抗菌の効果があり、冷蔵庫内の衛生環境を保ってくれます。またドアの開閉方向を自由に付け替えることができるのも特徴で、自由なレイアウトに対応することができます。

シャープの独自技術が特徴の冷蔵庫で、基本的なポイントもしっかり押さえられています。庫内環境にこだわりたい人にはオススメできる冷蔵庫です。

口コミの評判

・モーターの稼動音は冷蔵庫として当たり前の音量、音質でした。
・一番のポイントはやはり付け替えできるドアです。たまたま今回の新居は冷蔵庫置き場の左側が壁で、冷蔵庫前のスペースも限られていたためこの冷蔵庫を選びました。
・小さいけれど、希望通りで満足です。ドアの開閉を自分で左右変更するのも5分程で出来ました。
・2台目の冷蔵庫として納戸に置いてます。音も静かでとてもいいです。

5位:アクア 2ドア冷蔵庫 AQUA AQR-16E

アクアのスタイリッシュなデザインが魅力的な冷蔵庫です。

容量は157リットルで、冷蔵室103リットル、冷凍室54リットル。大きな比率を冷凍室に置いており、冷凍室の収納能力に特化しています。

またデザインにも力を入れており、インテリアに調和する「フラット&スクエアデザイン」を採用しているため、狭いワンルームにもコンパクトに収まります。さらに鮮やかなワインレッドが美しく、インテリアに気を配る人にも納得できるデザイン性です。

大きな冷凍室を生かして、まとめ買いした食品を保存しておいたり、料理の作り置きをしておくことができます。

冷蔵室の容量よりも冷凍室の容量に大きな比重を置いている冷蔵庫で、自炊はしないけど冷凍食品をよく食べる人には最適な1台です。

口コミの評判

・子供部屋用冷蔵庫で、購入しましたが今の所順調に使用しています。
・マンションにホテル用のサイコロ型の冷蔵庫が付いていますが、やはり冷凍食品を買い溜めしたいのでこのサイズでは1番冷凍室の広いのが決め手でした。音はしないけど良く冷えるので満足です!アクアはハイアールの上位ブランドで三洋電機の人が殆ど残っているので安心しました。インドネシア製ですが、迷った三菱のはタイ製。やっぱり冷凍室の広さでアクアにしました。
・業務用に使用していますが、大量に物品を入れていることもないので大きさ的には問題ありません。ドアの開閉も冷却も十分だと思います。
・シンプルでコンパクト、不満はとくに無しです。ひとり暮らしの子どもの部屋に設置しました。他メーカーの同じくらいのサイズのものと数種類見て検討した結果、AQUAは本体サイズに対して容量が大きかったのです。1Kの住まいにおいて、本体はコンパクトなほうが有難い、でも容量は欲しい。そこが1番の決め手になったかなーと思います。こちらにして良かったです。

4位:ツインバード 199L 3ドア冷凍冷蔵庫 ハーフ&ハーフ+プラス HR-E919

ツインバードの充実した容量を兼ね備えた冷蔵庫です。

200リットル以下ながら3ドアを採用した冷蔵庫となっており、上段がドア開きの冷蔵室、中段が引き出しタイプの冷蔵室、下段は引き出しタイプの冷凍室になっています。

中段の冷蔵室は切り替えが可能となっているため、使用状況に合わせて温度設定を変えることができます。野菜7度、冷蔵4度、氷点0度の切り替えが可能となっているため、飲み物を飲む人は冷蔵室として、野菜を入れておきたい人は野菜室として使うこともできます。

トリプルセンサーで3室それぞれの庫内の温度を管理することが可能です。

下部は引き出しタイプとなっているため奥までしっかりと食材を詰め込むことができて使い勝手に優れています。

冷凍室容量も充実しているため冷凍食品を買いだめしておくときにも大活躍してくれます。

シンプルですっきりとしたデザインのため、キッチンのインテリアとも調和してくれます。

生活状況に合わせて中段をさまざまに使えるユニークな冷蔵庫。用途に応じた柔軟な使い方ができます。

口コミの評判

・このサイズで、この冷凍庫の大容量にひとめぼれ!難を言えば、冷蔵庫内の上から出っ張っている温度設定スイッチが、出っ張らず、壁にすっきり埋め込まれていたらもっとよかった。
・3ドアを探していて、寸法が丁度良かったから選んだけど、小さめすぎた!冷蔵庫が入らない。冷凍庫は広くて4段になっているから入れやすく探しやすい。玉子ケースもないし、野菜室?も高さない。扉も反動で開くタイプじゃなかった。
・一人暮らしですが週末に買いだめ、大量保存するので冷凍庫の大きいタイプが欲しくて購入。冷凍庫が段にわかれていて区別つきやすい。野菜室も便利です。全面的に貼られていたシールがやたら剥がしにくかったことだけがマイナスです…
・コスパいいですね。ツインバードの冷蔵庫は初めて購入しましたが、ちょうどいい奥行きで使いやすいです。

3位:三菱 2ドア冷蔵庫 MR-P17A

三菱の使い勝手バツグンの冷蔵庫です。

容量は168リットルで、冷蔵室122リットル、冷凍室46リットルで、全体のバランスは冷凍室重視となっています。

ドアポケットは2段になっており、上段には500mlのペットボトルを立てて収納することができ、大容量のドアポケットとなっています。またヨコ取りポケットを採用しており、ドアを全開にしなくても横から中のものを取り出すことができます。

ファン式自動霜取り機能を搭載しているため霜取りは不要。また耐熱性天板で電子レンジを上に置いて使うことができるため、キッチンをコンパクトにできます。ただし高さがあるため、背の低い人は電子レンジの使い勝手が悪くなるため注意が必要です。

カラーはシルバーとブラックの2色があり、部屋に合わせてデザインを選べるのも嬉しいポイントです。

シンプルなデザインでどんな部屋に置いても違和感を感じさせない冷蔵庫。庫内の棚やドアポケットに工夫があるため、容量以上に食材を収納できる1台です。

口コミの評判

・ドアポケットの収納力が凄くて今まで入れるのに苦労していたものが殆どドアポケットに収まってしまった。
・想定はしていましたが他社の同容量より高さもあり、身長150cm程しかないのでレンジを置くとトレイが完全に目の高さで見上げる形になってしまい汁物とかが危険。
・小型の冷蔵庫は白色が多いのでこの製品は黒という点にひかれて購入しました。ワンルームに置いてますが黒色なのでおしゃれでとてもよいです。なによりビールがとても冷たく冷やされてて上手いと感じるほど以前使ってた冷蔵庫に比べてはるかに冷蔵能力が高いなと思いました。
・黒い冷蔵庫がシックでカッコいいですね。使い易くすごく満足です。

2位:アイリスオーヤマ 冷蔵庫 162L IRSE-16A

圧倒的な冷凍室の大容量を実現したアイリスオーヤマの冷蔵庫です。

冷蔵室100リットル、冷凍室62リットルの冷蔵庫となっており、冷凍室が非常に大きな割合を占めているのが特徴です。

冷蔵室の容量は300リットルの冷蔵庫と同等クラスとなっており、冷蔵室を重視したい人に最適な冷蔵庫となっています。

ドアポケットや引き出しで使い勝手が良くなっており、清潔に使い続けることができる配慮がされています。

冷凍室は引き出しタイプではなくドアタイプとなっており、ドアを開くと3つの引き出しが用意されています。食品サイズ別に整理できる引き出しで、冷蔵室の大容量を最大限に生かすことができるようになっています。

スリムでコンパクトなデザインとなっており、置き場所に困らずスッキリとキッチンに置くことができます。

シンプルながらも洗練されたデザインを採用し冷凍室にこだわったアイリスオーヤマの冷蔵庫。値段も安くコストパフォーマンスに優れているため、大きな冷凍室で冷凍食品を買い溜めしておきたい人は最有力候補になる冷蔵庫です。

口コミの評判

・まだつかい始めて間もないですが、スリムでかなり使いやすく、冷凍室広いので、このサイズ、この価格では他にない商品かと思います。音は基本静かですが、開けた後などけっこう鳴きます。笑 背は高めなので、上にレンジなど置く用途にはおすすめしません。自炊率がそれなりの2人暮らし、もしくはたくさん料理する1人暮らしにおすすめなサイズ感。
・この前に使っていたのも 160Lでしたが 冷凍庫の大きなのがほしくて交換しました。正解でした。直冷式ですが今のところ霜も付いてません。長時間使用時はまだわかりませんが 容量 価格 音などを考えると 良い物ですね。納期も 配達も対応が良く 私には 全く問題ありませんでした。
・とても使い勝手が良い冷蔵庫です。2台目の冷蔵庫にピッタリです!特に冷凍庫の容量があるので重宝してます。皆様にもお薦めです。
・2代目の冷蔵庫として、主にワイン等のドリンク用に購入しました。また、我が家では週末に冷凍して保存することが多く、冷凍庫が思ったより大きいのと3段の引き出しになっているので、冷凍品の取り出しで温度が下がりにくいのか、食品内で霜になることが減っている気がします。思ったより使い勝手がいいです。ただ、容量が大きいため製品自体も大きいです。本当は、同じ3段引き出し式の冷凍庫で、もう一回り小さい製品があるとよかったと思ってます。

1位:パナソニック 2ドア冷蔵庫 NR-B179

パナソニックのまさに王道の冷蔵庫「NR-B179W」です。

容量は168リットルで、冷蔵室124リットル、冷凍室44リットルで冷蔵室の容量が大きめとなっています。そのため買いだめや作り置きで冷蔵室に収納力を求める人には最適です。

カテキン抗菌・脱臭フィルターを備えており、清潔さにこだわりがあります。ガラストレイでお手入れは簡単、LED庫内灯で内部も見やすくなっています。

カラーはマガホニーブラウンとシルバーの2色となっており、キッチンや部屋の雰囲気に合わせたデザインを選ぶことができます。

コンパクトなボディに高い収納力を兼ね備えた冷蔵庫。ムダがなくパナソニック製のため性能と機能も信頼することができ、値段も手頃で非常にバランスの取れている冷蔵庫です。

口コミの評判

・室内がシンプルで非常に使いやすく便利です。
・冷凍庫の方もかなりの商品が入るので使い勝手が良いです。

まとめ

150-200Lの冷蔵庫は、基本的には自動霜取りと耐熱性能天板が搭載されており全体の構成に大きな違いはそれほどありませんが、冷蔵室、冷凍室の比率が微妙に異なります。

また使い勝手を重視した製品、清潔さにこだわった製品、デザインにこだわった製品など、独自色を出した製品があります。

このサイズの冷蔵庫を選ぶときには、何を最優先するのかを決めてから選ぶようにしましょう。

さらに小さな冷蔵庫を求めるなら、こちらの記事を参照してください。

1ドア、2ドアの100L未満の小型冷蔵庫のオススメ人気比較ランキング 2021-2022 オシャレなサブ冷蔵庫にも

2ドアで100-150Lの小型冷蔵庫のオススメ人気比較ランキング 2021-2022 一人暮らしからサブ冷蔵庫まで

冷蔵庫のサイズ選びに困ったら、こちらの記事を参照してください。

一人暮らしにオススメな小型冷蔵庫のサイズ、容量、価格の目安は?

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, 冷蔵庫, ランキング , , , , , , , , , , , , , , , ,