アルコールチェッカーのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 業務用の使い方から選び方まで

      2018/02/08

人気のアルコールチェッカー

飲酒運転が社会問題となり罰則も厳しくなっている昨今、自動車やバイクのドライバーに欠かせないのがアルコールチェッカー。お酒を飲んでから時間が経ってアルコールが抜けていると思っていても、しっかりとアルコールチェッカーで調べなければ飲酒運転で逮捕される可能性もあります。

ところがアルコールチェッカーを選ぼうと思っても、タニタ、ドレーゲル、ソシアック、フィガロなどのアルコールチェッカーがあり、どれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、気軽にアルコールのチェックができるアルコールチェッカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。業務用アルコールチェッカーの使い方から選び方までご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

アルコールチェッカーとは?

飲酒運転に対する意識が大きく変化してから脚光を浴び始めているアルコールチェッカーですが、そもそもアルコールチェッカーとはどのような機械なのでしょうか。

呼気に含まれるアルコールをチェックする機械

人はお酒を飲むと呼気にアルコールが含まれるようになります。アルコールチェッカーは、この呼気に含まれるアルコールを測定する機械です。

アルコールチェッカーが使われる場面はバイクや自動車といった乗物の運転前。ドライバーが酒に酔った状態で運転すると、酒気帯び運転や飲酒運転で刑事罰を含む処分を与えられるため、飲酒運転を避けるためにアルコールチェッカーが使用されます。

お酒を飲むとアルコールが抜けるまでには時間がかかります。アルコールが抜けるまでの時間は、性別や体重、飲酒量や個人の体質などによって変化するため、アルコールが抜けたと思っていても抜けておらず飲酒運転を行ってしまうケースも少なくありません。

精度の高いアルコールチェッカーを使えば、数値で身体に残っているアルコール量を測定することができるため、安心してバイクや自動車の運転ができるようになります。

業務用としてアルコールチェッカーが人気

一般のドライバーなら、アルコールが完全に抜けきったと確信するまで自動車を運転しなければいいだけですが、時間の制約がある業務上運転が必要なドライバーはそうはいきません。

バス、トラック、タクシー、ハイヤーの運転手などは、仕事として運転しなければいけないため身体の状態に関わらず運転が求められる場面があります。また鉄道員や船舶職員も同様です。

そんなときにアルコールチェッカーがあれば、身体に含まれるアルコールの状態をしっかり把握することが可能。安心して運転することができます。

現在では、事業者はアルコール検知器による検査が義務化されており、専用機の他にスマートフォンと接続して検査するアルコールチェッカーもあります。スマートフォンと接続するタイプのアルコールチェッカーは、データを送信して管理できるため、長距離トラックドライバーが帰り便の出発時に対面点呼代わりに使用しています。

センサータイプがある

アルコールチェッカーには、大きく分けて半導体式ガスセンサー(半導体センサー)と燃料電池式ガスセンサー(電気化学センサー)の2種類のセンサータイプがあります。

センサータイプによってアルコールチェッカーの精度や価格が大きく異なります。

半導体式ガスセンサー(半導体センサー)

半導体式ガスセンサーは、一般家庭に導入されているガス警報器にも用いられている仕組みで、アルコールガスの濃度を半導体センサーによって測定します。

低価格の市販品のアルコールチェッカーに多いタイプで、値段は安いものの精度が低く必ずしも正しい数値を測定することができません。

ガスの濃度を半導体センサーで測定するという特性から、アルコール以外のガスにも反応することがあり、喫煙後や歯磨き後にも反応してしまうことがあります。

また製品寿命が短く1年程度で使用できなくなったり精度が極端に落ちる場合があります。簡易式のアルコールチェッカーに利用されることが多いため、記録を残しておく機能が搭載されていない場合も多くあります。

燃料電池式ガスセンサー(電気化学センサー)

燃料電池式ガスセンサーは、呼気に含まれているアルコールを分解することで生じる電流の強さからアルコール濃度を測定します。

高価格の業務用のアルコールチェッカーに多いタイプで、値段は高いものの高精度で数値を測定することができます。

半導体式ガスセンサーに比べてアルコール以外のガスに反応しにくく、タバコの煙や歯磨き後のガスの影響を受けにくくなっています。

ただし本体価格が高額になっており気軽に購入するのが難しくなっています。

アルコールチェッカーの寿命

一般的にアルコールチェッカーの寿命は1年程度、もしくは1000回程度の使用回数が指定されています。寿命に関しては製品によって異なりますが、1年を目安にしておきましょう。

半導体式ガスセンサーは使い捨ての製品が多く、寿命になると基本的には買い替える必要があります。

燃料電池式ガスセンサーは点検整備が必要となり、寿命になるとメーカーに送るなどしてメンテナンスしてもらいます。

アルコールチェッカーの寿命は意外と短く、使用期間が過ぎると精度が落ちるため使い物にならなくなります。測定される数値に不具合を感じたら、交換するかメンテナンスしましょう。

記録機能

アルコールチェッカーには、測定した数値を記録しておくメモリー機能が搭載されている製品があります。

私用でアルコールチェッカーを使う場合には、運転前にアルコールが残っているか確認するだけのため記録機能はそれほど必要ありません。

しかし業務用でアルコールチェッカーを使う場合には、運転前のアルコールの記録がその後の飲酒運転容疑を晴らす証拠になる可能性があります。また記録があれば、飲酒運転していないことの証明にもなります。

業務用でアルコールチェッカーを使う場合には、記録機能が搭載されている方が利便性を高めることができます。

スマートフォンアプリとの連動機能

アルコールチェッカーの中には、スマートフォンアプリと連携して使える製品もあります。

測定値を記録しておけるだけでなく共有することも可能なため、業務用としてアルコールチェッカーを選ぶときには非常に便利です。

据え置き型と携帯型がある

アルコールチェッカーには、据え置き型の製品と携帯型の製品があります。

据え置き型の製品は、卓上タイプとなっており業務用として事務所などに設置されることが多くあります。

検知能力が高く記録も残せるものがほとんどで、不正できないようになっています。

携帯型の製品は、現在では主流となっており非常にコンパクト。精度が高い製品もあります。

ただしどこでも簡単に使える反面、お酒を飲んでいない人が代わりに検査をすることができたりと不正の温床にもなりやすいタイプです。

用途に応じた選び方大切となります。

アルコールチェッカーのストロー

アルコールチェッカーの中には、吐息を吹きかけるのではなくストローで呼気を本体に送るタイプの製品もあります。

ストローは消耗品であるため、頻繁に交換する必要があります。

アルコールチェッカーのストローは別売りされているため、ストロータイプのアルコールチェッカーを選ぶときにはストローが必要であることも覚えておきましょう。

アルコールチェッカーの価格

アルコールチェッカーの価格は精度や機能によって値段が大きく異なります。

低価格のアルコールチェッカーは精度が低く粗悪品も多いため、高い精度でしっかりとチェックしたいなら1万円以上を目安に選ぶようにしましょう。

値段だけで精度を確かめることはできませんが、安い製品の多くは粗悪品であり確実にアルコールの数値をチェックすることが非常に難しいため注意が必要です。

アルコールチェッカーの効果的な使い方

どれだけ高精度のアルコールチェッカーでも使い方を間違えれば正しい数値を測定することはできません。アルコールチェッカーの効果的な使い方を知っておきましょう。

1.センサーカバーを上げる
2.本体の電源を入れる
3.息を吹きかける
4.測定値を確認する
5.電源を切る

基本的には、アルコールチェッカーの電源を入れて息を吹きかけるだけでアルコールを測定することができます。

アルコールチェッカーは、呼気に含まれるアルコールなどのガスを検知するため、アルコールチェッカーを使用する前にはタバコを吸ったりマウスウォッシュでうがいしたりしないようにしましょう。

また水を飲んだりうがいをしたりすると一時的に数値が下がる場合がありますが、体内のアルコール量が減るわけではないため意味がありません。

アルコールチェッカーの数値表

アルコールチェッカーを使うときには呼気中のアルコール量が重要なポイントになります。

飲酒運転になるか否かは、呼気中のアルコール濃度が0.15mg/Lを超えるかどうかによって変わります。

以下はアルコールチェッカーを使用するときにチェックしておきたい数値表です。

違反行為 違反点数 状態 罰則
酒酔い運転 35点 アルコールにより正常な運転が出来ないおそれのある状態 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
(免許取消/3年)
酒気帯び運転 25点 呼気1リットル中アルコール濃度0.25mg以上 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金(免許取消/2年)
13点 呼気1リットル中アルコール濃度0.15mg~0.25mg未満 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金(免許停止/90日)

お酒を飲んでいても、呼気中のアルコール濃度の数値が基準を下回っていれば法律的には問題がありません。

また前日に飲んだお酒であっても、呼気中のアルコール濃度の数値が基準を上回っていれば法律的に問題となります。

アルコールチェッカーの選び方のポイント

アルコールチェッカーを選ぶときには、何を基準として選べばいいのでしょうか。アルコールチェッカーの選び方のポイントをご紹介します。

性能

最初にチェックしておかなくてはいけないのがアルコールチェッカーの性能です。

運転前にアルコール濃度を測定したとしても、測定した数値に誤りがあれば意味がありません。

一方で細かな数値ではなく、アルコールが残っているか残っていないか程度の大まかな判断をする場合には、多少、精度が劣っていても実用性は十分にあります。

アルコールチェッカーに求められる性能は使用状況に応じても変わるため、ただ精度が高いだけのアルコールチェッカーを選ぶのではなく使用状況に合わせた性能のアルコールチェッカーを選ぶようにしましょう。

機能

アルコールチェッカーの中には、さまざまな機能が搭載されている製品があります。

記録機能やスマートフォンアプリとの連携機能などがあれば、アルコールチェッカーの利便性を飛躍的に高めることができます。

必要となる機能が搭載されているアルコールチェッカーを見つけた場合には、優先的に選ぶようにしましょう。

半導体式ガスセンサー(半導体センサー)と燃料電池式ガスセンサー(電気化学センサー)

アルコールチェッカーは大きく分けて半導体式ガスセンサーと燃料電池式ガスセンサーの2つのタイプがあります。

半導体式ガスセンサーは、精度が低いものの低価格で気軽に使うことができます。

燃料電池式ガスセンサーは、値段が高いものの精度が高く正確な数値を測定できるため業務用にうってつけです。

半導体式ガスセンサーと燃料電池式ガスセンサーのどちらのタイプのアルコールチェッカーを選ぶかによって、性能や値段が大きく変わるためタイプにはしっかりと目を向けておきましょう。

サイズ

実際の使用感に大きく影響するのがアルコールチェッカーのサイズです。

サイズが大きなアルコールチェッカーは持ち運びに不便ですが性能や機能が充実していることが多く、据え置き型としては便利に使えます。

サイズが小さなアルコールチェッカーは、持ち運びが簡単なためいつでもどこでも気軽にアルコール濃度を測定できます。

サイズ選びは利便性にも関わってくるため、使うシチュエーションに合わせてものをしっかりと見極めたいところです。

使いやすさ

操作部が分かりやすいアルコールチェッカーなら、すばやくスムーズに測定を開始できます。

またストロータイプなら正確な数値が測定できる反面、使いやすさの面ではいまいち。息を吹きかけるタイプなら、手軽にすばやく測定することができます。

こまめに手軽に呼気のアルコール濃度を調べるためにも、使いやすさにもこだわったアルコールチェッカーを選びましょう。

製品寿命

アルコールチェッカーの製品寿命は1年程度となっていますが、測定回数の上限には大きな違いがあります。

1日に1回測定する人なら、測定回数の上限が1000回でも十分ですが、1日に何回も測定する場合には1年以内に測定回数の上限に達してしまうためアルコールチェッカーを1年も使えなくなってしまいます。

アルコールチェッカーの使用頻度から、測定数の上限がどれくらい必要かを逆算して条件に合ったアルコールチェッカーを選ぶようにしましょう。

私用か業務用か

私用するシチュエーションが私用か業務用かによって使うべきアルコールチェッカーにも違いが出てきます。

私用でアルコールチェッカーを使う場合には、性能や製品寿命にそれほどこだわる必要はなく使いやすさを優先したアルコールチェッカーを選ぶべきです。

業務用でアルコールチェッカーを使う場合には、高い精度が求められ1日に何回も測定する場合があるため、性能や機能、製品寿命を優先した製品選びが必要となります。

私用か業務用かで選ぶべきアルコールチェッカーが根本的に違うことをしっかり頭に入れてアルコールチェッカーを見極めましょう。

価格

アルコールチェッカーの価格は性能や機能によって大きく異なり、1000円~5万円程度で購入することができます。

低価格のアルコールチェッカーは高い精度を求めることが難しく、ある程度信頼できるアルコールチェッカーが欲しいなら1万円以上の製品を選ぶ必要があります。

高ければ良いというものではありませんが、基本的に性能と価格は比例しているため、用途に合わせて最適な価格帯のアルコールチェッカーを選びましょう。

アルコールチェッカーのオススメ人気比較ランキング

ここからは飲酒運転を防ぐために必要不可欠なアルコールチェッカーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

10位:タニタ アルコールセンサースリム HC-213S

タニタ アルコールセンサースリム HC-213S

タニタのコンパクトでどこでも使えるアルコールチェッカーです。

息を吹きかけるだけで簡単にアルコール濃度を測定できるアルコールチェッカーで、場所を選ばずにいつでもどこでも使うことができます。

胸ポケットに入るペン型のスリムなボディで、持ち歩いていても負担になることがありません。

測定結果は12段階の数値で瞬時に表示するため身体の状態が一目瞭然。酔い度が簡単に分かります。

センサー寿命は500回もしくは1年間となっており、電池寿命は6カ月となっています。

使いやすさを重視したタニタのアルコールチェッカー。タニタ製のため測定値の精度も信頼できます。

口コミの評判

・思ったよりシッカリした作りです。電池交換も簡単に出来るし、使い方も簡単、携帯に便利です。
・すごく反応いいです。これから車を運転する前には必ずチェックします。
・とても信頼性の高い機種だと思います。お薦めします!これまでにも使用してきた感じです。
・お酒を飲むお父さんにちょうどぴったりです!カバンの中にも入れられるのですごくおすすめです!使用も問題なく使えてます。

不良品を避けるためや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

9位:エスケイジャパン アルコールチェッカー リリーフドライブ SK-AC101

エスケイジャパン アルコールチェッカー リリーフドライブ SK-AC101

エスケイジャパンの低価格なアルコールチェッカーです。

コンパクトな手のひらサイズのアルコールチェッカーですが、国内ガスセンサーメーカーであるFIS社製の半導体ガスセンサーを使用しており信頼性は十分です。

センサーの性能を保持できる測定可能回数は1500回と多いため、長期間の使用が可能です。また1500回から測定ごとにカウントダウンする表示機能があるため、アルコールチェッカーの寿命や買い替え時期も簡単に分かります。

10件分のメモリー機能があるため、過去の測定値を記録しておくことが可能。測定はボタン一つで行うことができるため簡単で非常に便利です。

多機能ながら1000円前後という低価格を実現したコストパフォーマンスに優れたアルコールチェッカー。アルコールチェッカーは消耗品であるため、値段が安いのは大きなポイントです。

口コミの評判

・これで4機種目ぐらいですが数値が低く表示される物や有効検知回数が少なかったりスタートして15秒待って8秒ほど吹きかけて検出エラーで再度吹きかけなど使えない物が多かったけどこれは使えそうです。
・使用回数1500回からのカウントダウンや分かりやすいお知らせピーピー音。何より気に入ったのがハーっと吹きかけるのが1、2秒で済むのがいいです。値段も安く安心、信頼の日本製半導体ガスセンサー使用が信用できます。
・試しにアルコールを飲んで検知してみたところちゃんと計測されてました。
・使えます。0.25以上でも0.25overとしか出ませんが、細かい数値は要らないので、これで十分です。それから、残り計測回数が表示されるので便利です。ビールを飲んで測ったら、ちゃんと数値が出ました。なかなか良いと思います。

8位:リスネコ アルコールチェッカー LISNEC

リスネコ アルコールチェッカー LISNEC

息を吹きかけるだけでサッと測定できるアルコールチェッカーです。

非常にシンプルな構成のアルコールチェッカーで、表示画面とボタンだけで構成されているため使い方も非常に簡単です。

息を吹きかけるだけ簡単にアルコール濃度を調べることができ、コンパクトなため持ち運びにも便利です。

結果はデジタル液晶ディスプレイに表示されるため見やすく、バックライト付きで夜でもしっかり確認できます。

単4電池2本で稼働し、1回の電池交換で200回以上確かめることができます。

難しい機能がなくシンプルで使いやすいアルコールチェッカー。簡易的に調べるときにはピッタリな1台です。

口コミの評判

・飲みすぎた朝の失敗をなくす運転業界には必須でしょうね。これを買ったよかった。
・なかなかちゃんと測れているようで価値があります。いずれにしても呑んだら乗るなですが!
・アルコール度が数値で示されるので、ハッキリと酔い具合いが分り飲酒に気をつけられます。
・仕事上、とても使いやすく、小さいのでいつもバッグに入れて持ち歩いています

7位:中央自動車工業株式会社 アルコール検知器 ソシアック アルファ SC-402

中央自動車工業株式会社 アルコール検知器 ソシアック アルファ SC-402

大人気となっているアルコールチェッカー「ソシアック」シリーズの製品です。

業界初となるハイブリッドセンサーを採用したアルコールチェッカーで、アルコール成分以外への反応を大幅に低減することに成功。誤作動を防いで正確なアルコール濃度を検知することができます。

従来のセンサーと比較して測定感度が上がっているため、測定する数値の精度も向上しています。

マウスピースが標準装備されており、より正確なチェックが可能となっています。

電源には充電池も使用できるため経済的。ランニングコストを抑えることができます。

サイズもコンパクトでカバンに入れて持ち運んだり自動車に置いていても邪魔になることがありません。

操作方法が表示されるため、操作の失敗がなく誰でも簡単に使うことができます。

簡単な測定から正確な測定まで状況に合わせた使い方ができる高性能なアルコールチェッカー。業務用のアルコールチェッカーを求めている人にオススメできるアルコールチェッカーです。

口コミの評判

・以前にタニタのHCー213Sを使い、会社のアルコールチェックで痛い目にあった事があり、この製品に、代えてからは安心してアルコールチェックが出来るようになりました。
・タ〇タや他のメーカー品より高額ですが、時間経過を計っていると間違いなくこちらの商品のほうが正確と思います。事故などの防止の為なら、高くてもこちらがいいですね。
・少量の料理酒にも反応してくれるぐらい精度は高い商品です。誤判別も特に無く非常に使い易いです。
・センサーが、非常に敏感。このくらいじゃないと、安心して、車にのれない。

6位:タニタ アルコールセンサー HC-211

タニタ アルコールセンサー HC-211

呼気中のアルコール濃度を細かく測定できる高精度のアルコールセンサーです。

呼気中のアルコール濃度を0.01㎎単位で表示できるため、細かく身体の状態を確かめることが可能。誤差まで考慮しておくことができます。

センサーは交換式のため、長く使用することができます。ランニングコストを押さえることにつながります。

センサーはカートリッジとなっているため交換も自分で簡単に行えます。

ハンディタイプのため中間チェックや泊まり輸送時、自宅出庫時にもチェック可能で、気兼ねなくどこでも使うことができ置き場にも困りません。

業務用のアルコールセンサーを探している人にはうってつけの1台。NTTドコモの「FOMAテレビ電話アルコールチェックシステム」のアルコール検知器としても採用されているタニタの製品のため精度も信頼できます。

口コミの評判

・毎朝使用していますがメチャクチャ役に立ってます。購入して良かったです。
・かなり正確です。飲酒運転はしませんが念のために購入しました。
・シンプルなデザインで使いやすく文字が大きく見やすく気にいりました。
・仕事柄アルコールチェックが必要で、お酒に気を付けているのだが万が一と思い購入。使いやすくて良い。一度休日の前の晩に深酒をして、翌朝アルコールチェックをしてみたが見事にアルコールが残っていた。気を付けなければ。

不良品を避けるためや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

5位:スマートライフ研究所 アルコールマネージャー S0028

スマートライフ研究所 アルコールマネージャー S0028

世界初となるスマートフォン対応のアルコールチェッカーです。

世界初のiPhone連動型のモバイルアルコールチェッカーとなっており、スマートフォンに対応しているため測定データをスマートフォンでチェックすることができます。

Bluetoothで無線接続し、日本語対応の無料アプリをダウンロードし、吹込口から息を吹き込むだけで簡単にアルコール濃度を測定できます。

警察や医療現場でも採用されているレベルのセンサーを採用。わずか5秒で血中アルコール濃度を高精度で測定でき、データはGPSの位置情報と一緒にアプリに自動保存されます。

わずか47g、横幅5㎝と超小型ポケットサイズで、持ち運びにも非常に便利です。

測定値からアルコールがいつ抜けるのかがデジタル時計表記で分かるため、運転できるタイミングを時刻で知ることができます。

スマートフォンと連携することで便利な機能を詰め込むことに成功したアルコールチェッカー。2万円前後と高額ですが、高精度で利便性も高いため、スマートフォンを使っている人にはオススメの1台です。

口コミの評判

・タニタ製のアルコールセンサーからの買替えです。仕事柄重宝していましたが、1年たたないうちに感度が低下。どうせなら信頼できるものをと思い奮発しました。仕事柄出社前のチェックは欠かせません。どのくらいまで飲んだら朝まで残ってしまうのか経験で分かっているつもりですが、こうして数値で確認でき、何時間後から運転可能かまで示されると安心感があります。
・ちなみに、計測データはスマホなどチェックする仕組みですが、アプリは英語です。正直英語は苦手ですが、取扱説明書は日本語だし、一度使い方を覚えてからは問題は感じません。

4位:タニタ アルコールチェッカー EA-100

タニタ アルコールチェッカー EA-100

タニタの簡易的に使えることで大好評を得ているアルコールチェッカーです。

42gと軽量のコンパクトボディのためポケットやカバンに入れて持ち運ぶのも簡単。扱いも容易です。

息を吹きかけるだけで呼気中のアルコール濃度を簡単に測定することができ、半導体センサーで測定した数値を0.05㎎/L単位で表示します。

センサー寿命は1年間もしくは1000回となっており、1000回以上使用すると「SENSOR」「OVER」マークが点灯表示されるため精度が落ちたアルコールチェッカーで計測する心配は不要。買い替え時期も簡単に分かります。

運転前にチェックできるのはもちろん、ポケットに入れておけるサイズのため飲酒中にも客観的に酔い具合を確かめることができるアルコールチェッカー。簡単なチェックにはうってつけのアルコールチェッカーです。

口コミの評判

・職業柄、出勤時のアルコール検査は乗務員と同様に事務方も実施しています。前日の夜に酒席で飲み過ぎたかも・・と思った時は出勤前にチェックができますから必需品です。普段からバッグの中に入れて携帯しています。
・きちんとアルコールを検知してます。飲み過ぎた翌日には試してます。朝お酒が残っているかな~と思った時に測るときちんとアルコール数値が出るので注意しています。
・運送業に従事してますのでアルコール問題は、ある意味仕事(自己管理)です。価格と性能の面で大変満足&お世話になってます。
・ふたを開けて「ふー」だけ,使い勝手がいい。1000回使えるというのもいい。

不良品を避けるためや保証を受けるためにも公式サイトからの購入をオススメします。

3位:中央自動車工業株式会社 アルコール検知器 ソシアック SC-103

中央自動車工業株式会社 アルコール検知器 ソシアック SC-103

大人気のアルコールチェッカーシリーズ「ソシアック」の製品です。

使いやすさと高い精度で人気を得ているアルコールチェッカーで、コンパクトなためどこにでも持ち運びいつでも使うことができます。

高感度半導体ガスセンサーによって高い精度でアルコールを検知。デジタル表示でアルコール濃度を分かりやすく表示します。また交換時期を知らせるカウントダウン表示やバッテリー交換を知らせる機能があるため、安心して使うことができます。

使い方も簡単で、息を吹きかけるだけですばやく測定値が表示されます。測定に時間がかからずサッと測定できるため気兼ねなく使えます。

高精度ながら1万円以下という低価格を実現しているお手頃なアルコールチェッカー。無駄な機能が不要なら、このアルコールチェッカーで決まりです。

口コミの評判

・安い 測定早い しかも正確‼️タニタから買い替えしました・・・・!
・運転手なので出勤前の自宅てのチェックに使っています。動作が安定しているので安心して使っています。
・操作も簡単で、飲んだ次の日に使ってみました。測ってみたら、0.00ではなく、アルコールが残っている数値が出たので、とても便利で自分で目安がみれて、重宝しています。
・飲んだ翌日は必ず、使用してます。少しのアルコール呼気も表示するので重宝します。

2位:フィガロ アルコールチェッカー FALC-11 2066bq

フィガロ アルコールチェッカー FALC-11 2066bq

ガスセンサ専業メーカーとして知られるフェガロ技研の高性能アルコールチェッカーです。

他のアルコールチェッカーに比べて高性能で、高精度でのアルコール濃度チェックが可能。安心して運転することができます。

運送業の酒気帯び確認を簡単かつスピーディーに行うだけでなく、長期的、日常的なデータ管理を円滑に行う事を目的とした機能を搭載しており、運輸安全管理業務をサポートします。業務用のアルコールチェッカーとしては、この製品以上に優れたものはなかなかありません。

使い方もシンプルで、操作部がボタンのみで構成されているため設定して息を吹きかけるだけで測定可能。ストローが付属しているため、厳密な測定もできます。

結果表示は大型液晶ディスプレイで確認することができ、バックライトが付いているため視認性もバッチリです。

結果保存件数は2500件と膨大なため、過去のデータもしっかり保存しておくことができます。データはUSBケーブルでパソコンに転送することができ、データ管理も容易です。

定期点検は1年また1万回の使用となっており、1日に何回も使用する人でも十分に対応できます。

信頼と安心の国産アルコールチェッカーだけあり高精度で、多彩な機能でさまざまな用途に使えるアルコールチェッカー。業務用のアルコールチェッカーを探しているなら、万が一のことを考えてこれくらいしっかりしたアルコールチェッカーを選びたいものです。

1位:ドレーゲル 高性能アルコールチェッカー Alcotest 3820

ドレーゲル 高性能アルコールチェッカー Alcotest 3820

ドレーゲルの安心してアルコール検査を任せられる高性能アルコールチェッカーです。

コンパクトなアルコールチェッカーで、持ち運びが簡単でいつでもどこでも使えます。IFデザイン賞2016を受賞しているデザイン性の高さも評価できます。

スイッチを入れて息を吹き込むだけですばやく結果を表示します。使い方が簡単でアルコール検査に時間がかからないため気軽に使うことができます。

マウスピース付きで、息を吹き込むことでアルコール濃度を調べるため正確な数値を測定可能です。

警察にも採用されている測定方法を採用しており、正確な測定技術でアルコール検査できます。

過去のアルコール濃度の測定データは保存されるため、測定値の記録にも役立ちます。

ムダな機能は一切なく使いやすくて高精度なアルコールチェッカー。スタイリッシュで気軽に使えて高精度なため、私用でアルコールチェッカーを求めている人にはピッタリの1台です。

口コミの評判

・第一印象は、とにかくかっこいい!アルコールチェッカーと思えない外観。片手に収まるし、触った感じも高級感を感じさせる。ボタンも1つしかなく、シンプルで、操作も簡単だと思う。ドイツ製だが、ディスプレーも意外と大きくて、日本語表示でとても見やすかった。
・ストローではなくマウスピースと呼ばれる専用の吹き込み口なので間違いなく息が吹き込めた。予備のマウスピースも入ってて良いと思う。家族で試したが、数値も人によって違ったので精度もいいと思う。
・性能はもちろんですが、デザインもかなりかっこよく、とても気に入っています。パッケージもとても拘っていて、箱を見た瞬間、興奮しました。さすがドイツ製といった感じでしょうか!
・スッキリしたデザインで格好がよく、アルコールチェッカーだが、新型の家電のようになぜかみんなに羨ましがられる。ガス検知機器のメーカーなので測定に関しては信頼性が高いと思っている。

まとめ

万が一の事故を防ぐために欠かせないアルコールチェッカー。飲酒をするドライバーなら必要不可欠なアイテムです。

お酒を飲んだ後に自動車を運転すると、お酒が抜けたこと確信していても不安になるもの。アルコールチェッカーが1台あれば、そんな不安からも解放され安心して運転することができます。

お酒を飲む機会が多いときにも大活躍し、飲酒運転をしようとしている人を説得するときにもアルコールチェッカーの数値を見せれば思いとどまらせることができます。

同乗者もアルコールチェッカーを使っているドライバーなら、それだけで安心してくれること間違いありません。お酒を飲むドライバーは、飲酒運転で摘発されて後悔する前に買っておきましょう。

口臭をチェックしたい人は、口臭チェッカーを以下の記事から確認してみましょう。

口臭チェッカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 使い方から精度の信頼性まで口コミの評判でチェック

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 健康機器 , , , , , , , , ,