風呂場掃除が重曹とクエン酸で激変!手間をかけずに放置するだけでピカピカにする掃除方法とは?

   

2017y05m06d_170825146

濡れた足場で屈んで行うお風呂掃除は大変ですが、少し怠るだけすぐに排水口はヌメリ、床は黒ずみ、壁にはカビが生えてしまいます。しかし重曹とクエン酸を活用すれば、放置するだけで簡単にお風呂をピカピカに大変身させることができます。

今回は、重曹とクエン酸を用いた風呂掃除法をご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

お風呂の汚れの原因は?

日々、体の汚れを落とす風呂場では、さまざまな種類の汚れが付着し、さらに湿気が多い場所であるため雑菌なども繁殖します。風呂場の汚れには、いくつかのタイプがあります。

カビ、黒ずみ、ヌメリ

主に細菌によって発生する汚れ。湿気が多い場所であるため、いたるところに出現します。

カビは壁、パッキン、バスグッズにも発生し、黒やピンクのものがあります。また黒ずみは床で発生することが多く、こちらも原因はカビです。

ヌメリは雑菌が繁殖することで起こるもので、排水口がヌルヌルになってしまうことがよくあります。

水垢、湯垢

水垢と湯垢は水や湯が付着するところに多く発生する汚れで、浴槽、鏡、蛇口、シャワーヘッドなど、あらゆるところに現れます。

水垢は主に水道水に溶けたミネラル分で、付着した水滴から水分だけが蒸発して残されることで付着します。水垢は基本的に白く粉のようになります。

一方で湯垢は浴槽の内側に付着することが多く、主成分は皮脂汚れと雑菌。降れるとザラザラとした手触りがあります。

石鹸カス

石鹸カスは、石鹸の成分が主な原因となって発生する汚れです。

いくつかの種類がありますが、石鹸の成分と人間の油脂分や水道水のミネラル分と融合することで発生します。また小さくなった石鹸がこべりついて取れなくなったものも石鹸カスとなります。

石鹸カスは雑菌の温床となるため、放置しておくとカビやヌメリの発生原因となります。

クエン酸と重曹の使い方

多種多様な風呂場の汚れですが、掃除するときに大活躍するのがクエン酸と重曹。それぞれ使い方が異なります。

クエン酸

クエン酸水は酸性の液体で、アルカリ性の汚れを落とすときに活躍します。食品としても利用されているため安全性も高いです。クエン酸の代わりに酢でも代用可能です。

クエン酸スプレー

水95gに対してクエン酸5gを混ぜた濃度5%のクエン酸水溶液です。

使い方は、スプレーボトルにクエン酸水溶液を入れて汚れに吹き付けるだけです。

活躍する場所は、蛇口、シャワー、鏡などで、付着した水垢汚れを落とすのに最適。水垢はアルカリ性であるため酸性のクエン酸を吹き付けると中和して汚れを溶かしてくれます。

スプレーを吹き付けてしばらく放置してから、スポンジで磨いて水で流すと汚れを落とすことができます。普段からの風呂場掃除にも使えるアイテムです。

クエン酸パック

クエン酸スプレーの効果をさらに強化する方法です。

汚れに対してクエン酸スプレーを吹き付けて、ティッシュ、キッチンペーパー、食品ラップで覆います。こうすることで汚れた場所にクエン酸が長時間留まり、石灰化した汚れを溶かして落としてくれます。

ティッシュやキッチンペーパーで覆った状態で数時間放置し、最後はこすり洗いをして水で流しましょう。

クエン酸スプレーで落とせない汚れも、この方法なら落とせる場合があります。

クエン酸水浸け置き

クエン酸水の浸け置きは、風呂椅子や風呂ふた、そのほかのバスグッズを掃除するときに効果的な方法です。

やり方は、浴槽に水を溜めてクエン酸を溶かします。このときのクエン酸水の濃度は水100リットルに対して200gのクエン酸が基本ですが、洗うものの汚れ具合に応じて量を調節します。

あとはクエン酸水に風呂椅子、風呂ふた、洗面器、その他の小物を入れて数時間放置。汚れが落ちたところで、水で流せば完了です。

シャワーヘッドの水の出が悪い場合にも浸け置きは有効。水の出る方向や勢いに問題があるのは、水の出口がミネラル分で詰まることで起こるため、クエン酸水に浸すことでミネラル分が溶けて水の出が良くなります。

重曹

重曹はクエン酸とは正反対にアルカリ性の物質。そのためヌメリ、湯垢石鹸カスといった酸性の汚れを落とすことができます。

重曹水スプレー

水95gに対して重曹5gを混ぜた濃度5%の重曹水溶液です。

使い方は、こちらもクエン酸んと同様でスプレーボトルに重曹水溶液を入れて汚れに吹き付けるだけです。

活躍する場所は、排水口や浴槽などヌメリが気になる場所。酸性の汚れはアルカリ性のクエン酸が中和して溶かしくれます。

掃除方法は、スプレーを吹き付けてしばらく放置してから、スポンジで磨いて水で流すだけ。キレイに汚れを落とすことができます。クエン酸と同じように普段からの風呂場掃除にも使えるアイテムです。

また重曹もクエン酸と同様にティッシュ、キッチンペーパー、食品ラップを使ってパックにすることで洗浄力を上げることができます。

重曹ペースト

重曹ペーストは、重曹を含んだペーストで頑固な汚れを落とす際に効果を発揮します。

重曹ペーストの作り方は、お湯300㏄に片栗粉大さじ2杯を入れて煮立たせます。冷やせばペースト状となるため、そこに重曹大さじ2杯を加えて混ぜ合わせれば完成です。

片栗粉を使うのが面倒な場合には、重曹の粉末と水を3:1の割合で混ぜ合わせても作ることができます。

このペーストを汚れが気になる場所に塗ることで強力に汚れを落とすことができます。また片栗粉自体にも汚れを落とす効果があるため、重曹だけでは落とせない汚れにも対応できます。

このペースとが活躍するのはタイルの目地などで、黒カビなどに効果を発揮します。

重曹粉末

重曹の粉末をそのまま使う方法。使い方は汚れのヒドい場所に振りかけてこするだけです。

また排水口のヌメリ落としも重曹粉末は大活躍します。

排水口の洗い方は、まず排水口に溜まった髪の毛を取り除きます。次に重曹の粉末を適量振りかけます。最後に重曹の洗浄効果が上がるように65℃以上の熱湯をかけ、最後にこすり洗いすれば完了です。

熱湯の代わりにクエン酸の水溶液を使えば、さらに高い洗浄効果を発揮させることができます。

重曹水浸け置き

クエン酸水の浸け置きと同様に重曹水で浸け置き洗いする方法。風呂椅子や風呂ふた、そのほかのバスグッズを掃除するときに効果的で、浴槽の汚れも同時に落とすことができます。

重曹水浸け置きの方法は、まず浴槽に水を溜めて重曹を溶かします。このときの重曹水の濃度は水100リットルに対して200gの重曹が基本ですが、洗うものの汚れ具合に応じて量を調節します。

あとは重曹水に風呂椅子、風呂ふた、洗面器、その他の小物を入れて数時間放置。汚れが落ちたところで、水で流せば完了です。

まとめ

重曹とクエン酸を用いた清掃方法をご紹介しましたが、重曹とクエン酸の使い方は基本的に同じです。ただしそれぞれアルカリ性と酸性であるため得意な汚れは全く違います。

重曹とクエン酸を使うときには、お風呂の汚れ具合から判断してそれぞれに合った場所で活躍させましょう。

また基本は長時間に渡って隅々まで重曹とクエン酸を行き渡らせて汚れを分解するという方法であるため、放置することが大切になります。

 - インテリア, ライフハック・ノウハウ, バスルーム , , , , , , ,