小惑星から高層ビルを吊り下げる空中ビル構想が登場!!あらゆる災害から解放される!?

   

2017y04m05d_234720657

アメリカ・ニューヨークの建築事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス」は、小惑星から高層ビルを吊り下げる空中ビル構想を発表しました。吊り下げられるビルは「アナレンマ・タワー」と名付けられ、空中に浮かんでいるため津波や地震とは無縁の生活を送れるとしています。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

発表された構想によると、ビルは高強度ケーブルによって地球周回軌道に配置された小惑星にぶら下げられるとのこと。アナレンマ・タワーは、「ホーム」と呼ばれる都市の上空に設置される予定で、北半球と南半球を毎日移動するといいます。ホームとなる都市としては、ドバイが最有力候補となっています。

設計担当者によると、ビルの建材にはアルミや炭素素材といった軽量かつ高強度で耐久性のある素材が利用されるとのこと。また設置されたソーラーパネルによって電力を供給し、雨水や雲から収集した水をろ過してリサイクルするといいます。

アナレンマ・タワーは空中を浮遊しているため、高さで言えば「世界一高いビル」となります。

ビルの下部にはオフィスや居住施設を設置し、上部には宗教的施設や冠婚葬祭に関する施設が設置されるといいます。ビルの窓は大気圧に合わせて作られるといいます。

アナレンマ・タワーの最上部の高度は3万2000mに達するとされており、最高速度は時速480㎞となります。

地上との行き来には、大型の無人機を運航させるほか、最新型の電磁式エレベーターも設置するといいます。

ビルを小惑星で吊り下げるという発想が大胆すぎて驚きますね。ただ宇宙空間は状況の変化が少ないため、小惑星を操る技術を確立できれば不可能なことではないのかもしれません。

2017y04m05d_234738020

2017y04m05d_234759505

2017y04m05d_234807021

参照

 - 建物ニュース , , , , , ,