低価格電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安くて気軽に買える

      2018/09/20

人気の低価格電動歯ブラシ

歯をしっかりと磨くことができる電動歯ブラシですが、その値段の高さから購入に躊躇する人も少なくありません。しかし電動歯ブラシの中には高価格帯のハイグレードモデルだけでなく低価格のスタンダードモデルもあるため安心です。

ところが低価格電動歯ブラシは、パナソニックのドルツ、ブラウン、フィリップス、オムロン、ライオンのシステマなどがあるため、選び方が分からなくなるものです。

そこで今回は、気軽に買って試してみることのできる低価格電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。電動歯ブラシが気になっている人は、絶対に試してみるべきです。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

低価格電動歯ブラシとは?

ピンからキリまである電動歯ブラシの中でも低価格な製品は、ハイグレードタイプの低価格電動歯ブラシとどのような部分に相違点があるのでしょうか。低価格電動歯ブラシの基本を知っておきましょう。

電動で歯を磨ける

一般的な歯ブラシで歯を磨く場合、当然ながら手で歯ブラシを動かさなくてはいけません。

ところが電動歯ブラシは、ヘッドが自動的に細かく動く仕組みとなっており、歯に電動歯ブラシのヘッドを当てるだけで簡単に歯を磨くことができます。

歯を長時間、磨いていても腕や手が疲れにくく、手磨きでは難しい高い精度で歯垢を除去することができます。

普通の歯ブラシで歯を磨く以上に効率的に歯を磨けるのが電動歯ブラシです。

ヘッドの動きによるタイプの違いがある

電動歯ブラシは、ヘッドの動きによって大別すると2種類のタイプが存在します。それぞれスライド式と回転式です。

さらにスライド式も音波ブラシ、超音波ブラシなどがあります。

スライド式は、振動によって歯ブラシが前後左右に動く構造となっており、毛先が細かく動くことで歯と歯茎の隙間に毛先が入り込んで汚れを掻き出す仕組みとなっています。

回転式は、円形の歯ブラシが高速で回転することによって歯を磨く仕組みを採用しており、歯全体を効率的に磨き上げることができます。

歯ブラシの動きによる歯垢の除去力は大きな差がなく、基本的には好みの問題になっています。

機能は乏しいが基本機能はしっかりしている

ハイグレードモデルの電動歯ブラシと低価格の電動歯ブラシの最大の違いは機能面です。

ハイグレードモデルの電動歯ブラシは多彩な機能を兼ね備えており、使用者に合わせて最適な使い方ができるようになっています。

口腔状態に合わせて最適なパワーで歯を磨くことができるのはもちろん、スマートフォンと連動させることで歯の磨き方を丁寧に教えてくれるような機能まで搭載されています。

一方の低価格の電動歯ブラシは、一定のパワーで歯を磨くことができるものの、パワーの調節機能などがない製品もあります。

機能をできる限りそぎ落として構造をシンプルにすることによって低価格化を実現しているのが低価格電動歯ブラシです。

そのため基本的な歯を磨く動作自体はしっかりとしており、高い歯垢除去率を実現することができます。

基本的にはバッテリー式

電動歯ブラシは基本的にバッテリー式となっており、電源コードをコンセントに接続しなくても使えるようになっています。

低価格の電動歯ブラシの場合、充電バッテリーだけでなく乾電池を使用する製品はあり、充電のことを気にすることなく使える電動歯ブラシも多くあります。

バッテリー式であるため持ち運んでどこでも使用することが可能。会社の昼休みに歯磨きをする場合や旅行先で歯磨きをする場合にも電動歯ブラシは重宝します。

電動歯ブラシ用の歯磨き粉が必要になる

電動歯ブラシを使うときには、市販されている手磨き用の歯磨き粉を使うと歯や歯茎に不具合が発生することがあります。

電動歯ブラシは普通の歯ブラシとは桁違いのスピードとパワーで歯を磨くため、歯磨き粉選びを間違えてしまうと歯や歯茎を傷つけて、歯磨きの継続を困難にすることがあります。

電動歯ブラシと併用する歯磨き粉には、研磨剤と発泡剤が使われていないものが必要で、これまで使っていた歯磨き粉を使えなくなる場合があります。

お気に入りの歯磨き粉がある人は、歯磨き粉の変更を余儀なくされる場合があります。

電動歯ブラシ用歯磨き粉についての詳しい説明は、以下の記事を参照してください。

電動歯ブラシ用歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 研磨剤と発泡剤なしで歯をホワイトニング

低価格電動歯ブラシをオススメする理由

手磨き派の方も高性能電動歯ブラシ派の方もいると思いますが、低価格電動歯ブラシには低価格電動歯ブラシにしかない良さがあります。

値段が安い

低価格電動歯ブラシを推す最大の理由が値段が安いことです。

電動歯ブラシの中には2万円以上する製品もあり、高性能化や多機能化が進んでいます。もちろん高性能な電動歯ブラシを使えばしっかりと歯を磨くことができます。

しかし1本数百円の歯ブラシを使っていた人にとっては、歯ブラシに2万円出すのはハードルが高くなかなか踏み出すことができません。

一方で低価格電動歯ブラシなら、数千円で購入することができるため、電動歯ブラシ初心者や電動歯ブラシの効果を試してみたい人でも気軽に選ぶことができます。

初めて電動歯ブラシを使う人には、金銭面のことをそれほど気にせず使うことができる低価格電動歯ブラシは強い味方になってくれます。

しっかり磨ける

低価格と言っても手磨き以上にしっかりと歯垢を取り除くことができるのが電動歯ブラシ。使えば分かりますが、低価格の製品でも手磨きとは比べられないくらい口の中がキレイになります。

手磨きでは落としきれない口の汚れを落とすことができるため、大事な歯を守ることにつながります。

歯は1本100万円程度の資産価値があると言われていますが、数千円の投資で歯が守れるなら安い物です。

歯磨きのスピードが上がる

忙しい生活を送っている現代人にとっては、歯磨きをする時間も惜しいものです。電動歯ブラシなら、歯磨きする時間を短縮することができます。

手磨きでは完璧に歯を磨くのに5分以上のブラッシングが必要不可欠ですが、電動歯ブラシなら3分程度に短縮できます。もし1日の歯磨きの時間を5分短縮できれば、1カ月で2時間半、1年で30時間を節約することができます。

数千円で30時間が手に入るなら安い物です。

基本的な性能は高い

高価格の電動歯ブラシと低価格の電動歯ブラシには、歯を磨く能力にそれほど大きな差はありません。

高価格の電動歯ブラシの値段が高い理由は、さまざまな機能が搭載されているためです。そのため機能を使わないなら低価格の電動歯ブラシを使っても違いはありません。

多機能であることを求めないなら低価格電動歯ブラシで十分です。

電動歯ブラシ用の歯磨き粉が必要になる

電動歯ブラシを使うときには、市販されている手磨き用の歯磨き粉を使うと歯や歯茎に不具合が発生することがあります。

電動歯ブラシは普通の歯ブラシとは桁違いのスピードとパワーで歯を磨くため、歯磨き粉選びを間違えてしまうと歯や歯茎を傷つけて、歯磨きの継続を困難にすることがあります。

電動歯ブラシと併用する歯磨き粉には、研磨剤と発泡剤が使われていないものが必要で、これまで使っていた歯磨き粉を使えなくなる場合があります。

お気に入りの歯磨き粉がある人は、歯磨き粉の変更を余儀なくされる場合があります。

電動歯ブラシ用歯磨き粉についての詳しい説明は、以下の記事を参照してください。

電動歯ブラシ用歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 研磨剤と発泡剤なしで歯をホワイトニング

電動歯ブラシの使い方

気になるのが電動歯ブラシの具体的な使い方。直感的に使える手用歯ブラシに対して、電動歯ブラシの使い勝手はどのようになっているのでしょうか。

電動歯ブラシ選びのときにもチェックするポイントが分かりやすくなるため、先に電動歯ブラシの使い方も知っておきましょう。

電動歯ブラシの基本的な使い方

1.使用前に電動歯ブラシを充電しておく
2.基本的にはペングリップ、電動歯ブラシを握りにくい人はパームグリップ
3.電動歯ブラシは動かさず当てるイメージで歯を磨く
4.歯と歯肉の間には45度の角度で当てる
5.歯と歯の間、歯の表面には少しだけ斜めにして当てる
6.奥歯など噛み合わせ部分には直角に当てる
7.歯や歯茎を傷めないように押し付けずに軽く当てて使う

電動歯ブラシは自動的にヘッドが動いて歯を磨いてくれます。そのため手を動かして電動歯ブラシを動かす必要はなく、あくまで電動歯ブラシを歯や歯茎に当てるようなイメージで使うのが基本になります。

電動歯ブラシは手用歯ブラシと異なりハンドルが太く握りにくいため、手が小さい人や握力が弱い人はペングリップだけでなくパームグリップで使用するのもいいでしょう。

重要なのが電動歯ブラシの当て方。角度に注意しながら歯や歯茎に当てていきましょう。レッドが振動しているため強く押し当てると歯や歯茎を傷つける原因になるため、あくまで軽く当てて使うことを心がけましょう。

電動歯ブラシを使うときの歯磨き粉

1.研磨剤を含まない歯磨き粉を使う
2.発泡剤を含まない歯磨き粉を使う

電動歯ブラシを使うときに気になるのが歯磨き粉。歯磨き粉を間違えてしまうと電動歯ブラシの真価を発揮できなくなってしまいます。

電動歯ブラシ用の歯磨き粉というものはありませんが、電動歯ブラシに不向きな歯磨き粉はあります。

電動歯ブラシはヘッドが非常に細かく動いているため、手用歯ブラシよりも磨く回数が多くなります。

そのため研磨剤が含まれている歯磨きを使うと、必要以上に歯を削って歯を傷める原因となります。

また発泡剤が含まれていると、口の中が泡立って歯磨きが継続できなくなります。

そのため研磨剤と発泡剤を含まない電動歯ブラシ向けの歯磨き粉を使うことをオススメします。

実際に電動歯ブラシで歯磨きをしている私が推奨するのが、歯磨き粉として使えるホワイトニングジェルである薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

研磨剤と発泡剤が含まれておらず、電動歯ブラシと組み合わせて使っても歯が傷つかず口の中が泡だらけにならないため長時間の歯磨きが可能になります。

また歯の汚れをしっかりと落とすことができるため、自然な白い歯を蘇らせることができます。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの疑問に答えるレビュー記事があるため、電動歯ブラシを検討している人や電動歯ブラシと組み合わせる歯磨き粉に迷っている人は、一度、確認してみてください。

歯のホワイトニングジェル「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」を徹底レビュー!効果的な使い方や何日から効果あるかまで口コミと最安値も

電動歯ブラシの使用後のお手入れ方法

1.ブラシ部分を取り外して流水で汚れを洗い流す
2.本体部分も濡れたタオルで拭く
3.ブラシ部分を一度、本体に取り付けて動かして水気を飛ばす
4.ブラシ部分と本体は風通しのよい場所で保管する

電動歯ブラシは使用後のお手入れの方法や管理の方法間違えてしまうと、ブラシ部分にカビが発生してしまいます。そのため電動歯ブラシを使うときにはお手入れ方法や管理方法が重要になります。

電動歯ブラシのお手入れ方法は、手用歯ブラシとお手入れ方法と大きく違いませんが、電動歯ブラシならではの本体があるため本体の取り扱いが少し違ってきます。

歯を磨くと汚れる電動歯ブラシのブラシ部分を洗うのはもちろん、歯磨きをしている時に汚れることがある本体部分もキレイにしておく必要があります。

特にブラシ部分と本体のつなぎ目やスイッチ部分に汚れが蓄積することもあるため注意が必要です。

低価格電動歯ブラシの選び方のポイント

低価格の電動歯ブラシを選ぶときには、どんなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。値段が安ければいいというわけではない低価格電動歯ブラシの選び方のポイントを確認しておきましょう。

性能

電動歯ブラシは、基本的には振動数が多ければ多いほどしっかりと歯を磨くことができます。

ヘッドの動きも重要で、好みによっては振動タイプと回転タイプで歯磨きの精度に差が生まれる場合もあります。

多彩な機能を備えていない電動歯ブラシは性能を見極めることが非常に重要となっており、基本性能が優れていない電動歯ブラシは掴蛾っても非常に悪くなってしまいます。

そのため電動歯ブラシを選ぶときには、できるだけ振動数が多く好みのタイプの電動歯ブラシを選ぶようにしましょう。

使いやすさ

電動歯ブラシは自動的に歯をキレイにしてくれるアイテムではなく、歯磨きを補助してくれる道具。そのため使いやすさも大切です。

ヘッド部分の形状や大きさはもちろんのこと、手に持って歯にしっかりと当てやすいかなども使いやすさに大きく影響します。

腕力がなく手の小さい、子ども、女性、お年寄りはハンドルが太い電動歯ブラシは使いにくく、しっかりと電動歯ブラシを保持できないことで歯を丁寧に磨けなくなる可能性もあります。

手や口が小さい女性や子どもは、特に使いやすさには注意を払いたいところです。

充電式か電池式か

電動歯ブラシには、充電式の製品と電池式の製品があります。

充電式の製品は、充電する手間がかかるもののランニングコストが安く電池交換が不要。さらに電池式に比べてパワーがあります。

一方で電池式は、ランニングコストがかかるものの充電式のようにパワーが落ちることがなく、気軽に使うことができます。

電池式については、充電池を別途用意することで充電式のように使うこともできます。

低価格な製品は電池式が多いため、購入する製品の価格帯と用途を照らし合わせて選びましょう。

交換ブラシ

電動歯ブラシは専用の交換用ブラシが販売されています。

交換ブラシの中には、普通の歯ブラシ以外にも細かな部分を磨けるブラシや歯茎をマッサージするブラシなどもあります。

交換用ブラシの種類が豊富なほど、多様な口内洗浄の方法を実践することができます。

特殊な歯の磨き方がしたい人は、交換ブラシの中に自分の磨き方に対応したブラシがないか確かめておきましょう。

耐久性

低価格の電動歯ブラシは、ハイグレードタイプの電動歯ブラシに比べて耐久性に劣る場合があります。

どれほど値段が安くてもすぐに壊れてしまうのであれば安物買いの銭失いになりかねません。

水に濡れることが多い電動歯ブラシは耐水性能に優れていなければすぐに故障してしまいます。

そのため値段は安くても、長く使える最低限の耐久性を兼ね備えた電動歯ブラシを選ぶことが大前提となります。

電動歯ブラシの耐久性を確保したい場合には、信頼性の高い大手メーカーの電動歯ブラシを優先的に選ぶことをオススメします。

価格

ここでは、5000円以下の製品を低価格電動歯ブラシと定義してご紹介しています。

低価格の電動歯ブラシは数百円から販売されていますが、あまりに安い製品は歯磨きの補助をするだけで磨く能力に欠けているものもあります。

狙い目は、基本性能は高いものの機能を絞ることで安くなっている製品。多機能ではないため多様な磨き方はできませんが、基本性能が高いためしっかりと磨くことができます。

数万円の電動歯ブラシでなくても、それらに匹敵するほどの洗浄力を発揮することが可能です。低価格の電動歯ブラシといっても値段だけでなく性能にも注意したいところです。

低価格電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング

ここからは安く変えてしっかり歯が磨ける低価格電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、使いやすさ、価格、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

8位:ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ すみずみクリーンEX D12013AE

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ すみずみクリーンEX D12013AE

ブラウンのシンプルな機能の電動歯ブラシです。

回転ブラシを搭載している電動歯ブラシで、ブラウン独自で新開発のナナメ植毛マルチアクションブラシを搭載。高速回転によって歯を磨き歯垢除去していきます。

丸型回転によって手磨きの2倍の歯垢除去力を実現。歯茎の出血、口臭、知覚過敏などを抑えることができます。

この電動歯ブラシは1モードしか搭載されていませんが、シンプルなため操作しやすくなっています。誰でも簡単に歯を磨くことができます。

2000円前後という低価格とは思えないほど高性能の電動歯ブラシ。世界の歯科医師も認めている製品です。

口コミの評価

・本製品使用後は一切、虫歯になることがありません。そして、この製品はなんという耐久性でしょうか。コスパ最高です。
・グレードの高いもののように歯磨きの際の動きや圧力センサーはありませんが、まぁ電動歯ブラシとしては十分な性能ではないでしょうか。
・このタイプは初めてですが、非常にパワフルで歯垢が弾け飛んでる感じ。
・5年くらい使ってるけど壊れない。面倒な歯磨き作業が一気に楽になった。電動歯ブラシ間での比較はしてないですが、手動から電動になるというのはかなりの変化です。

7位:ライオン システマ 音波アシストブラシ 4903301129646

ライオン システマ 音波アシストブラシ 4903301129646

ライオンの低価格の電動歯ブラシです。

電動歯ブラシとしては最安値クラスの製品で、これ以上安価な電動歯ブラシは性能が満足できないこともあるためオススメしません。

この電動歯ブラシは、音波振動が手磨きをアシストするタイプの製品で、普通の歯ブラシのようにゴシゴシと動かして磨くため、手磨きに慣れている人も今まで通りの使い方ができます。

毎分9000回という音波振動によって汚れの除去を補助し、さらに段背ダブル極細毛によって歯周ポケットの奥に入り込んだ汚れまでしっかりと掻き出します。

軽量でスリムな本体のため持ちやすく磨きやすさも追及されています。また静音性に優れているため、使っていて音が気になることもありません。

初めての電動歯ブラシにピッタリの製品。手軽に電動歯ブラシを使いたい人にオススメです。

口コミの評価

・電動歯ブラシはどうも振動と音が酷く磨き残しが多いというイメージがあったが、これは静かで、アシストという点でも自分で動かすことができるので磨き残しがなく手軽なのでとても気に入りました。
・この商品は本体の大きさが普通の歯ブラシとそれほど違わないため扱いやすく、置き場所もとりませんし、電池式なので、電池が切れても簡単・迅速に交換ができます。これなら普通の歯ブラシと同じ感覚で、毎日使えそうです。
・使ってみた感じはとてもよいですね。よりよく掘れている感覚あります。また歯の表面もつるつるになっている感じです。
・歯と歯茎の間を綺麗にするには、軽い力で磨くのが良いと聞いてるのでこの品は絶妙な振動です。

6位:オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B201-T73

オムロン 音波式電動歯ブラシ HT-B201-T73

オムロンの低価格のコストパフォーマンスに優れた電動歯ブラシです。

乾電池式の電動歯ブラシのため、バッテリーが弱まるような心配がなく、電池を簡単に取り換えて手軽に使うことができます。

振動数は毎分2万回を実現しており、1000円前後という価格から考えられない洗浄力を発揮します。

静音性にも優れており、音も静かなためいつでもどこでも使うことができます。

値段を最重視するならこれ一択。1000円前後という低価格が魅力的です。

口コミの評価

・リピ購入3回目!同じ型番で安い方で1000円くらいで購入しました。

5位:パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ EW-DS41

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ EW-DS41

パナソニックの持ち運びができる電動歯ブラシです。

コンパクトかつ低価格の電動歯ブラシで、出先で使うのはもちろん自宅で使うにも十分な性能です。

毎分1万6000回のブラシストロークによってしっかりと歯間や歯周ポケットの汚れを取り除きます。また極細毛ブラシを採用しており、今までブラシが届かなかった場所にもしっかりブラシが入り込みます。

ブラシの背面は舌ブラシとなっており、下表面の汚れもやさしく取り除くことができます。舌苔も気になりません。

そのほか充電式の電池が使えたり、静音性に優れていたりと使い勝手も良い電動歯ブラシです。

コンパクトなため手に持ちやすく使いやす電動歯ブラシ。外出先でも使えるためどこでも歯磨きできます。

口コミの評価

・とても使いやすいし、コンパクトで持ち運びにとても便利。マットな加工がかっこよくて気に入りました。
・会社置き歯ブラシで重宝してます。これで、いつでも歯磨き可能。
・短いとか弱いとかありますが、全然気になりません。奥まで磨けますし、強すぎると歯茎を傷める気がするので・・・
・とても素早く歯を磨くことができます。ブラシの柄の部分が長いので奥歯の奥までストレスなく磨けます。ランチ後にさっと歯を磨くのにとても便利です。

4位:ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE

ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE

ブラウンの低価格電動歯ブラシ。電動歯ブラシデビューに最適な1台です。

低価格ながら2分間のブラッシングをサポートするタイマー付きで、歯磨きの仕方も学ぶことができます。

フレキシソフトブラシを採用しており、歯を優しく磨き上げます。またブラシの交換時期を色で知らせるインディケーター機能が付いているため安心です。

丸型の回転ブラシは歯垢除去力が手磨きの2倍で、素早くキレイにはを磨くことができます。

1000円前後と低価格なため、普通の歯ブラシの延長線上で気軽に購入することができる電動歯ブラシです。

口コミの評価

・シンプルな機能で選ぶなら、基本性能でこれで充分です。
・これで歯を磨くようになってから、歯周病が改善しています。以前は歯を磨くとびっくりするぐらい血が出たのですが、これを使ってからは血が止まりましたし、歯もつるつるになっています。
・長時間歯磨きしていても、電動なので腕が疲れません。普通の歯ブラシでは、こうは行きません。
・やはり電動歯ブラシは一般的な歯ブラシよりも磨く時間も短くなり楽ですし綺麗に磨けます。お値段が高いほうが振動数を変化出来たり色々と便利ではあります。しかし、この安価でシンプルな機能だからこそ気楽に扱えますし、ブラシと柄のリーチが長く汚れが溜まらず良い感じです。

3位:ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 D205232MX

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 D205232MX

ブラウンの機能をシンプルにすることで高性能ながら低価格を実現した電動歯ブラシです。

新開発のナナメ植毛マルチアクションブラシを搭載し、3Dパルスアクションによって口内の歯垢を完全に除去。毎分4万回の上下振動と8000回の左右振動で歯垢を取り除き、歯茎の際の歯垢の99.8%を除去することができます。

届きにくい場所にも小さな丸型ブラシが届き、さらに歯茎マッサージしながら歯垢除去します。

ブラシを強く押し合当てると押し付け防止センサーが作動して回転を制御し、歯茎へのダメージを抑えてくれます。

クリーンモードと歯ぐきケアモードの2種類のモードで、歯だけでなく歯茎のケアも行います。

価格は5000円前後ですが、値段の割には高性能な電動歯ブラシ。世界の歯科医師の使用率1位だけあり、圧倒的な歯垢除去を実現します。

口コミの評価

・場所を取らないです。ゴリゴリと結構激しく磨いてくれます。強く押し当てると赤ランプで警告してくれます。これでこの価格ならコストパフォーマンスで満足です。
・ソニッケアーやドルツを長年使っていました。歯間があまり掃除されていない気がしたので新しくブラウンにチャレンジしたところ安いのに本当によく落ちます。
・回転式がはじめてなので、これが普通なのかもしれないですが、めちゃめちゃツルツルになります!全体的に使いやすいのはもちろんですが、奥歯が特に磨きやすいです。
・これまでも古いブラウンの電動歯ブラシを使用していましたが、格段の性能ですごく綺麗に磨けてる感じ。デザインもスマートになり、充電スタンドに水垢が付きにくく、とても気に入って使っています。

2位:フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6521/01

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6521/01

フィリップスの日本で大人気となっている廉価版の電動歯ブラシです。

日本の歯科医の使用率が1位の製品だけあり、歯垢除去力は圧倒的です。

毎分3万1000回の振動で歯垢を除去し、パワーを14段階に調整できるため電動歯ブラシの初心者から玄人まで納得させることができます。

世界共通仕様のため、日本以外でも使用可能。海外旅行に持ち出して使うこともできます。

ボディがスリムで持ちやすく、ヘッドはフィリップスの他の電動歯ブラシと互換性があるため好みのヘッドを選ぶことができます。

歯垢除去力に加えて使いやすさも兼ね備えている電動歯ブラシ。5000円前後という価格とは思えないパフォーマンスを実現します。

口コミの評価

・今まで電動歯ブラシは、くすぐったい、磨いたあとの満足感が薄かったのですが、この商品は磨き終わった後さっぱりつるつる、さっぱりつるつるですよ!
・最低限の機能しかありませんが、綺麗に歯を磨くのであれば何の問題もありません。手磨きではなかなか難しいレベルまでツルツルに磨くことが出来ます。
・一番ベーシックなグレードですがこれで十分です。実際あまりブラシの強弱切り替えは使わないのでスッキリした。お値段も安くてお買い得。
・これは良い。ツルッツル、ピッカピカで快適。コストパフォーマンスも最高。もう手放せません。

1位:パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DM61

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DM61

パナソニックの人気電動歯ブラシ「ドルツ」です。

機能を減らすことで高性能そのままに低価格にすることに成功している製品です。

0.02㎜の極細毛と毛先に3㎜の段差を作ることで、歯間はもちろんのこと歯周ポケットに隠れた汚れまでかきだすことができます。

微細な音波振動は毎分3万1000回にもなり、手磨きでは絶対に不可能な高速のブラシストロークで歯をキレイに磨き上げます。

使いやすさにもこだわっており、スリムで軽量のため使いやすく、普通の歯ブラシのような感覚で使うことができます。

操作モードが少ないものの、基本的な性能は高価格帯の電動歯ブラシと変わらない製品。5000円前後と誰でも手が届く値段設定で、初めての電動歯ブラシにピッタリです。

口コミの評価

・めちゃめちゃ高速振動しているので綺麗に汚れが取れます。とにかく充電が楽ちんです。
・思ったより振動が強くて驚きました。振動弱めも選べるのですが、強い方がキレイになるかと思い、強めを続けています。歯がツルツルして良い感じです。
・隅々まで磨けて、歯の表面がツルツルになります。歯科検診で上手に歯磨きが出来てますよ、と褒められました。
・電動ハブラシを初めて買いましたが使いやすいです。買ってよかったです。

PR:サン・クラルテ製薬 マウスウォッシュ ゴッソトリノ

マウスウォッシュのゴッソトリノの袋

オーラルケアに絶大な効果を発揮してくれるマウスウォッシュといえば、大人気となっているサン・クラルテ製薬のマウスウォッシュであるゴッソトリノです。

レビューでご紹介した通り、口に含んでぐちゅぐちゅとするだけ歯と歯の隙間や歯茎に引っかかった食べカスや汚れが30秒ほどでキレイに取れてしまいます。

奥歯や親知らずは歯磨きでケアするのが難しく、口腔洗浄器を使わなければ汚れを取り除くことができません。自宅でケアするなら口腔洗浄器で問題ありませんが、外出先や時間がないときには口腔洗浄器も使えません。

そんなときに使えるのがゴッソトリノ。しっかりと食べカスを分解してくれるため驚くほどゴッソリと食べカスや歯垢を除去できます。吐き出した液を見ると、そのスゴさを実感できます。

香味はマイルドで刺激がないため誰でも使うことができ、天然由来の薬用成分をふんだんに使っているため効果はバツグン。安全性も高く誤飲してしまっても安心です。

場所を選ばずオーラルケアをしたいならゴッソトリノが強力にサポートしてくれます。初回なら70%OFFで購入することができ、即効性のある口臭対策ができるためいざというときのためのお守り代わりにもなります。

口臭対策マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」を徹底レビュー!口コミの評判通り有効成分で口臭抑えられる?

口コミの評判

・一回使ったら病みつきになる!コップに出してグチュグチュして吐くだけで落としきれない汚れが目に見えます。
・低刺激用のマウスウォッシュを探していたらたまたまゴッソトリノを見るけることが出来ました。使ってみるとほとんど刺激を感じることもなく、口臭も落ち着いていきました。
・最初は少し独特な味がすると思ったんですが何回か使ってるうちに全然気にならなくなりました。ゴッソトリノを使うと口の中の汚れが取れるのでスッキリします。思ってた以上の汚れが、ごっそり。
・ちゃんと汚れが見えるから毎日に普段の歯磨きもしっかり出来る様になりました小分けになっているので衛生的にもいいと思いました。

不良品の補償を受けることができて割引価格で購入できるため公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

値段が高いため買うのをためらうこともある電動歯ブラシですが、最近では安い製品もあるため気軽に購入することができます。

低価格の電動歯ブラシでも性能が低いわけではなく、機能を絞ることで安くしている製品もあります。

多くの人が、電動歯ブラシを使って歯磨きが劇的に変化していることを実感しているため、もし電動歯ブラシを使ったことがないなら一度試してみてはいかがでしょうか。

オーラルケア製品に関する記事については以下を参照してください。

電動歯ブラシ用歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 研磨剤と発泡剤なしで歯をホワイトニング

電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方や選び方を口コミでチェック

低価格電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安くて気軽に買える

持ち運びできる携帯用電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 どこでも歯磨き

子供用電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 子供もしっかり歯を磨こう

口腔洗浄器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 口臭に効果的な使い方も

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , ,