電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方や選び方を口コミでチェック

      2018/09/19

人気の電動歯ブラシ

歯ブラシで歯を磨いていると手の動かし方にムラがあるためどうしても磨き残しが発生します。しかし最新の電動歯ブラシを使えば、誰でも簡単に短時間で歯を磨くことができ磨き残しを抑えることもできます。

ところが電動歯ブラシは、フィリップス、ブラウン、パナソニックのドルツなどがあり、回転タイプや振動タイプなどたくさんの種類があるため効果的な使い方や選び方が分かりにくくなっています。

そこで今回は、歯を磨く労力と時間を減らし歯磨きの仕上がり一変させる電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。電動歯ブラシの効果的な使い方や選び方を口コミでチェックしておきましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

電動歯ブラシとは?

そもそも電動歯ブラシとは、どのような歯ブラシなのでしょうか。電気の力で動く歯ブラシということは推察できますが、さらに詳しく電動歯ブラシの基本を押さえておきましょう。

電気の動力で動く歯ブラシ

一般的な歯ブラシは手動であるため、当然ながら手を動かさなければ歯を磨くことができません。

一方の電動歯ブラシは電気を動力にすることで自動的にヘッドのブラシを動かすことができるため、手を小刻みに動かさずに歯を磨くことができます。

また通常の歯ブラシに比べて圧倒的に細くヘッドのブラシを動かすことができるため、短時間にしっかりと歯を磨くことができるようになっています。

負担を軽減しつつしっかりと歯を磨けるのが電動歯ブラシです。

ヘッドの動きによるタイプの違いがある

電動歯ブラシは、ヘッドの動きによって大別すると2種類のタイプが存在します。それぞれスライド式と回転式です。

さらにスライド式も音波ブラシ、超音波ブラシなどがあります。

スライド式は、振動によって歯ブラシが前後左右に動く構造となっており、毛先が細かく動くことで歯と歯茎の隙間に毛先が入り込んで汚れを掻き出す仕組みとなっています。

回転式は、円形の歯ブラシが高速で回転することによって歯を磨く仕組みを採用しており、歯全体を効率的に磨き上げることができます。

歯ブラシの動きによる歯垢の除去力は大きな差がなく、基本的には好みの問題になっています。

基本的にはバッテリー式

電動歯ブラシは、搭載しているバッテリーを電源として稼働するものがほとんどです。

低価格の電動歯ブラシは乾電池を使用しているものもありますが、その多くが充電バッテリー式となっています。

電源コードを接続した状態で使用する必要がないため、場所を選ばずにどこでも使用することができます。またバッテリーも簡単には切れないため、数日間の旅行なら電動歯ブラシを再充電することなく初日から最終日まで使うことができます。

バッテリー式となっているため非常に使い勝手がよくなっているのが電動歯ブラシです。

歯を磨くパワーは電動歯ブラシが圧倒的

普通の歯ブラシを使って手磨きをしている人も多いでしょうが、歯垢除去率は圧倒的に電動歯ブラシの方が高くなっています。

一般的な手用歯ブラシを用いた場合の歯垢除去率は58%程度にとどまるのに対し、電動歯ブラシを使えば歯垢除去率は70%にアップします。

また手用歯ブラシは、使う人や使い方によって歯垢除去率が大きく変化するのに対し、電動歯ブラシは使う人や使い方に関係なく高い歯垢除去率を実現することができます。

電動歯ブラシを使えば、しっかりと歯を磨けるだけでなくムラなく歯を磨くことができ、当然ながら長時間歯を磨いても腕が疲れにくく短時間で歯をキレイにすることができます。

歯を磨くのが苦手な子どもは、虫歯を防ぐためにも小さい頃から電動歯ブラシを使う習慣を身につけるようにしましょう。

価格帯が広く性能がさまざま

電動歯ブラシは、100円ショップで購入できるような製品から数万円を刷るハイグレードな製品まであります。

価格帯が非常に幅広く、性能も価格に応じたものとなっています。

そのため低価格の電動歯ブラシと高価格の電動歯ブラシでは、同じメーカーが製造している同じシリーズの電動歯ブラシであっても使い心地や歯垢除去力が全く違ったものになっています。

そのため過去に電動歯ブラシを使ってみたもののしっかりと歯を磨けなかった人は、もしかすると低価格の電動歯ブラシを使っていた可能性は否めません。

基本的には価格に応じた性能となっているため、しっかりと歯を磨きたいなら高価格帯の電動歯ブラシを選ぶ必要があります。

電動歯ブラシのメリット

電動歯ブラシを選ぶ前に、電動歯ブラシを使うメリットとデメリットを知っておきましょう。

歯をしっかり磨ける

普通の歯ブラシで歯を磨くと、歯ブラシの動かし方やクセによって磨き残しが発生しやすくなります。どれだけしっかり磨いたと思っていても完璧に磨くことはできません。

また普通の歯ブラシは使う人の体調にも影響を受け、疲れているときにはしっかり歯磨きすることも難しくなります。

しかし電動歯ブラシなら安定して効果的に歯を磨くことができ、歯磨きのテクニックなども不要。子どもからお年寄りまで失敗なくしっかり磨くことができます。

虫歯予防ができる

歯垢が歯に付着した状態が継続すると、口腔内で虫歯菌が増殖して虫歯の原因となります。

電動歯ブラシを使えば歯垢を効率的に取り除くことができるため虫歯菌の増殖を防ぐことが可能。その結果、虫歯を予防することができます。

虫歯に悩まされている人は、電動歯ブラシを導入するだけで万全のオーラルケアが行えるようになります。

口臭や歯周病を抑えられる

人間の手とは比較にならないほどしっかりと歯を磨くことができる電動歯ブラシは、口臭や歯周病にも絶大な効果を発揮します。

歯の隙間や歯周ポケットの歯垢をしっかりと掻き出すことができるため、磨き残しを防いで口内環境を整えることができます。

歯周病や口臭が気になる人は、電動歯ブラシを使ってみるべきです。

早く磨ける

超音波や激しい振動などさまざまな方法で歯を磨いてくれる電動歯ブラシ。歯1本を磨き上げる時間も普通の歯ブラシよりもはるかに早くなります。

歯を磨くスピードが早くなれば、同じ時間歯磨きしていても丁寧にしっかり磨くことができます。

歯磨きの精度とスピードを上げることができます。

手や腕が疲れない

歯をしっかりと磨くには最低でも3分間、長いと10分間も歯磨きしなくてはいけません。

手用歯ブラシで歯磨きすれば、当然ながら歯磨き中には手を動かし続けなければいけません。

歯磨きの際の歯ブラシの反復動作は負担が大きく、さらに歯磨きをしていると手と腕が疲れてくるため、歯磨きの後半になるとしっかりと歯を磨けてないこともしばしば。歯磨きに疲れて歯が磨けていないのに歯磨きを終わらせるということもあります。

しかし電動歯ブラシなら歯と歯茎に電動歯ブラシのヘッドを軽く当てるだけで歯磨きできるため、長時間、歯磨きしていても腕が疲れることはありません。

子ども、女性、お年寄りなど腕力がない人は歯磨きに疲れてしっかりと歯を磨けないこともあるため、電動歯ブラシに切り替えるだけで想像以上に楽にしっかりと歯を磨けることもあります。

歯磨きの仕上がりに個人差が発生しにくい

自動的にブラシが動いて歯を磨く電動歯ブラシは、歯磨きの仕上がりに個人差が発生しにくいのも魅力です。

歯磨きが上手な人なら口中をまんべんなく磨くこともできますが、歯磨きが下手な人では磨き残しが発生することは必須です。

また人間にはその人特有のクセもあるため、磨き残しが同じポイントになることも多く、虫歯の原因ともなります。

電動歯ブラシを使うことで誰でも口の中全体を丁寧にケアできるようになり、仕上がりの個人差を抑えて磨き残しを防ぐことができます。

ランニングコストが安い

電動歯ブラシも普通の歯ブラシと同様に使っているうちにブラシが潰れて使えなくなります。電動歯ブラシの場合には、替えブラシを購入することになります。

替えブラシは、普通の歯ブラシとは異なり先端部分だけを交換することになります。そのため値段が同程度の品質の歯ブラシと比べて安くなっています。

電動歯ブラシを使うと歯ブラシ自体の交換頻度も減るため、ランニングコストを下げることができます。

電動歯ブラシのデメリット

歯をしっかり磨ける電動歯ブラシですが、もちろんデメリットもあります。

充電が必要

電動歯ブラシはバッテリーに充電した電気で動くため、充電が必要不可欠になります。

充電には充電スタンドを使うことになりますが、大きな手間はかからないものの充電の管理が必要になります。

また電池が切れると動かなくなったりパワーが落ちるため、管理を怠るとしっかりと歯が磨けなくなってしまいます。

電池のパワーが落ちる

電動歯ブラシを使っているとバッテリーが劣化して徐々にパワーが落ちていきます。電動歯ブラシの電池寿命は4年ほどとされていますが、長期間使用しているとしっかり歯が磨けなくなる場合があります。

電動歯ブラシのバッテリーは、製造メーカーに依頼してバッテリーの交換をしてもらうか自分で新しいバッテリーを購入して交換することでパワーを復活させることができます。

電動歯ブラシを使っている限り電池のパワーが落ちるという問題に悩まされることになります。

置き場が必要

普通の歯ブラシは軽いためどこにでも片付けることができますが、電動歯ブラシは重さがあるため普通の歯ブラシよりも広い置き場が必要になります。

また充電台の設置も必要になるため、普通の歯ブラシに比べると置き場に困るものといえます。

本体の値段が高い

普通の歯ブラシから電動歯ブラシへと切り替えることをためらう最大の理由が、電動歯ブラシの値段です。

電動歯ブラシは高性能な製品ほど値段が高く、高価格の製品では2万円前後する製品もあります。

ハイグレードモデルの電動歯ブラシは圧倒的な歯垢除去率を誇るため、虫歯、歯周病、口臭を防ぐだけでなく、毎日の歯磨きの労力を減らしつつ短時間にできるというメリットを考えれば、電動歯ブラシの値段が多少高くても絶対に買っておくべきだと断言できますが、電動歯ブラシの使い勝手のよさは使ってみなければ分からないため、手用歯ブラシで納得していて電動歯ブラシを使ったことがない人はわざわざ買おうとは思えなくても当然です。

初期投資の高さと使ってみなければ分からない費用対効果の不透明さは電動歯ブラシの最大のデメリットといえます。

電動歯ブラシ用の歯磨き粉が必要になる

電動歯ブラシを使うときには、市販されている手磨き用の歯磨き粉を使うと歯や歯茎に不具合が発生することがあります。

電動歯ブラシは普通の歯ブラシとは桁違いのスピードとパワーで歯を磨くため、歯磨き粉選びを間違えてしまうと歯や歯茎を傷つけて、歯磨きの継続を困難にすることがあります。

電動歯ブラシと併用する歯磨き粉には、研磨剤と発泡剤が使われていないものが必要で、これまで使っていた歯磨き粉を使えなくなる場合があります。

お気に入りの歯磨き粉がある人は、歯磨き粉の変更を余儀なくされる場合があります。

電動歯ブラシ用歯磨き粉についての詳しい説明は、以下の記事を参照してください。

電動歯ブラシ用歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 研磨剤と発泡剤なしで歯をホワイトニング

電動歯ブラシの種類

電動歯ブラシは大きく分けて4つに分類することができます。それぞれの電動歯ブラシの特徴を知っておきましょう。

回転歯ブラシ

回転ブラシは、ブラシの先端が回転することによって歯垢を掻き出す仕組みです。

一方向に歯ブラシが回転するというもので、さまざまな価格帯と性能の製品が登場しています。

回転ブラシは、口の中で泡立ちやすく歯を磨いている感覚に陥りやすい製品。しっかり使えば問題ありませんが、磨いている気分になってしっかり磨けていないこともあります。

回転ブラシを使う場合には、しっかりと歯垢を落とすことを意識しましょう。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシは、横方向に歯ブラシが振動するというものです。

電動歯ブラシも一般的な仕組みで、低価格から販売されている製品に使われている技術です。

モーターによって歯ブラシを動かすため毎分5000回程度の振動を発生させることができます。

手磨きよりも効果は高いものの、劇的に歯垢を取り除くといった機能はありません。

音波振動歯ブラシ

音波振動によって歯ブラシを激しく振動させることができるもので、電動歯ブラシの中では高価格帯の高性能な製品が搭載している技術です。

振動数は毎分5万回程度で、歯ブラシの先端が激しく震えるため歯に当てるだけで歯垢を落とすことが可能。ゴシゴシと歯を磨く必要がありません。

また歯ブラシの振動によって発生した水流などによっても歯垢を落とすことができます。

現在、販売されている電動歯ブラシの中では主流の技術です。

超音振動歯ブラシ

人間には聞き取れない超音波の振動によって歯垢を落とすという技術で、振動数は毎分100万回以上に及びます。

ただし音波振動歯ブラシのように毛先が激しく震えて歯垢を掻き出すわけではなく、歯垢を浮かせて破壊するというものです。

そのため超音振動歯ブラシは、歯ブラシ自体をゴシゴシと動かして浮いた歯垢を取り除く必要があります。

超音振動歯ブラシは、音波振動歯ブラシに比べて歯垢除去力が高いとされていますが、物理的に歯垢を落とす効果は弱いため使用するときには音波振動歯ブラシと違ってしっかりと歯磨きをする必要があります。

電動歯ブラシの使い方

気になるのが電動歯ブラシの具体的な使い方。直感的に使える手用歯ブラシに対して、電動歯ブラシの使い勝手はどのようになっているのでしょうか。

電動歯ブラシ選びのときにもチェックするポイントが分かりやすくなるため、先に電動歯ブラシの使い方も知っておきましょう。

電動歯ブラシの基本的な使い方

1.使用前に電動歯ブラシを充電しておく
2.基本的にはペングリップ、電動歯ブラシを握りにくい人はパームグリップ
3.電動歯ブラシは動かさず当てるイメージで歯を磨く
4.歯と歯肉の間には45度の角度で当てる
5.歯と歯の間、歯の表面には少しだけ斜めにして当てる
6.奥歯など噛み合わせ部分には直角に当てる
7.歯や歯茎を傷めないように押し付けずに軽く当てて使う

電動歯ブラシは自動的にヘッドが動いて歯を磨いてくれます。そのため手を動かして電動歯ブラシを動かす必要はなく、あくまで電動歯ブラシを歯や歯茎に当てるようなイメージで使うのが基本になります。

電動歯ブラシは手用歯ブラシと異なりハンドルが太く握りにくいため、手が小さい人や握力が弱い人はペングリップだけでなくパームグリップで使用するのもいいでしょう。

重要なのが電動歯ブラシの当て方。角度に注意しながら歯や歯茎に当てていきましょう。レッドが振動しているため強く押し当てると歯や歯茎を傷つける原因になるため、あくまで軽く当てて使うことを心がけましょう。

電動歯ブラシを使うときの歯磨き粉

1.研磨剤を含まない歯磨き粉を使う
2.発泡剤を含まない歯磨き粉を使う

電動歯ブラシを使うときに気になるのが歯磨き粉。歯磨き粉を間違えてしまうと電動歯ブラシの真価を発揮できなくなってしまいます。

電動歯ブラシ用の歯磨き粉というものはありませんが、電動歯ブラシに不向きな歯磨き粉はあります。

電動歯ブラシはヘッドが非常に細かく動いているため、手用歯ブラシよりも磨く回数が多くなります。

そのため研磨剤が含まれている歯磨きを使うと、必要以上に歯を削って歯を傷める原因となります。

また発泡剤が含まれていると、口の中が泡立って歯磨きが継続できなくなります。

そのため研磨剤と発泡剤を含まない電動歯ブラシ向けの歯磨き粉を使うことをオススメします。

実際に電動歯ブラシで歯磨きをしている私が推奨するのが、歯磨き粉として使えるホワイトニングジェルである薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

研磨剤と発泡剤が含まれておらず、電動歯ブラシと組み合わせて使っても歯が傷つかず口の中が泡だらけにならないため長時間の歯磨きが可能になります。

また歯の汚れをしっかりと落とすことができるため、自然な白い歯を蘇らせることができます。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの疑問に答えるレビュー記事があるため、電動歯ブラシを検討している人や電動歯ブラシと組み合わせる歯磨き粉に迷っている人は、一度、確認してみてください。

歯のホワイトニングジェル「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」を徹底レビュー!効果的な使い方や何日から効果あるかまで口コミと最安値も

電動歯ブラシの使用後のお手入れ方法

1.ブラシ部分を取り外して流水で汚れを洗い流す
2.本体部分も濡れたタオルで拭く
3.ブラシ部分を一度、本体に取り付けて動かして水気を飛ばす
4.ブラシ部分と本体は風通しのよい場所で保管する

電動歯ブラシは使用後のお手入れの方法や管理の方法間違えてしまうと、ブラシ部分にカビが発生してしまいます。そのため電動歯ブラシを使うときにはお手入れ方法や管理方法が重要になります。

電動歯ブラシのお手入れ方法は、手用歯ブラシとお手入れ方法と大きく違いませんが、電動歯ブラシならではの本体があるため本体の取り扱いが少し違ってきます。

歯を磨くと汚れる電動歯ブラシのブラシ部分を洗うのはもちろん、歯磨きをしている時に汚れることがある本体部分もキレイにしておく必要があります。

特にブラシ部分と本体のつなぎ目やスイッチ部分に汚れが蓄積することもあるため注意が必要です。

電動歯ブラシの選び方のポイント

電動歯ブラシを選ぶときにはどんなことに気を付けなくてはいけないのでしょうか。電動歯ブラシの選び方のポイントを確認していきましょう。

性能

電動歯ブラシを選ぶうえで最重要なのがその性能です。

性能の中には、電動歯ブラシの種類までもが含まれ、いわば”どれだけ歯垢を除去できるか”という能力です。

高性能な製品ほど歯垢除去率は高くなる傾向にあるためしっかりと歯垢を取り除くことができますが、歯ブラシは使い方を誤れば取り除ける歯垢も取り切れないことがあります。

一般的には振動数が多ければ多いほどしっかりと歯垢を除去できますが、使い方を誤れば歯茎を傷めるなどトラブルの原因にもなります。

そのため自分に合った最適な性能の製品を選ぶようにしましょう。

機能

ハイグレードなモデルの電動歯ブラシの中には多彩な機能を兼ね備えている電動歯ブラシも存在します。

モードを選択する機能が搭載されていれば、口腔状態に合わせた最適な歯磨きが可能になります。

歯茎が弱っている人ならソフトモード、しっかりと歯を磨きたい人ならハードモード、舌の汚れが気になる場合には舌クリーン、歯茎のマッサージがしたいなら歯茎ケアモードなどを選ぶことができる場合もあります。

またBluetoothを搭載していてスマートフォンと連動できる電動歯ブラシなら、より細かく歯磨き習慣を管理することが可能となります。

機能が多彩であればあるほど便利に電動歯ブラシを使うことができる反面、不要な機能が搭載されていても意味がありません。

使うことで便利になる機能かどうかも合わせてチェックしておきましょう。

使いやすさ

電動歯ブラシは自動的に歯をキレイにしてくれるアイテムではなく、歯磨きを補助してくれる道具。そのため使いやすさも大切です。

ヘッド部分の形状や大きさはもちろんのこと、手に持って歯にしっかりと当てやすいかなども使いやすさに大きく影響します。

電動歯ブラシは本体部分に駆動装置が搭載されているため、ハンドルが太くなります。手が小さければ電動歯ブラシが持ちにくくなります。

そのためブラシ部分から本体部分までしっかりとチェックし、使いやすさが実現されていることを確認しておく必要があります。

手や口が小さい女性や子どもは、特に使いやすさには注意を払いたいところです。

充電式か電池式か

電動歯ブラシには、充電式の製品と電池式の製品があります。

充電式の製品は、充電する手間がかかるもののランニングコストが安く電池交換が不要。さらに電池式に比べてパワーがあります。

一方で電池式は、ランニングコストがかかるものの充電式のようにパワーが落ちることがなく、気軽に使うことができます。

高性能な製品の多くが充電式となっているため、購入する製品の価格帯と用途を照らし合わせて選びましょう。

充電時間と連続稼働時間

短時間で充電できる電動歯ブラシなら利便性が高まります。また連続稼働時間が長ければ充電のことあまり気にすることなく電動歯ブラシを使うことができます。

特に電動歯ブラシを持ち運ぶ場合には充電時間や連続稼働時間が非常に重要になります。短時間で充電できて長く使い続けることができる電動歯ブラシなら、旅行の際に充電器を持ち歩かなくても済みます。

使い勝手に直結する充電時間と連続稼働時間も、電動歯ブラシの購入前に必ず確認しておきたいポイントです。

交換ブラシ

電動歯ブラシは専用の交換用ブラシが販売されています。

交換ブラシの中には、普通の歯ブラシ以外にも細かな部分を磨けるタフトブラシや歯茎をマッサージするブラシなどもあります。

交換用ブラシの種類が豊富なほど、多様な口内洗浄の方法を実践することができます。

また電動歯ブラシはブラシ部分を定期的に交換する必要があるため、どこでも交換用のブラシが手に入る電動ブラシを選んでおけば、スムーズにブラシの交換ができるようになります。

特殊な歯の磨き方がしたい人は、交換ブラシの中に自分の磨き方に対応したブラシがないか確かめておきましょう。

充電スタンドと充電器

電動歯ブラシ選びで忘れてはならないのが充電スタンドや充電器です。

電動歯ブラシを使う場合には、日常的に充電スタンド充電器に電動歯ブラシを置いて充電することになりますが、充電スタンドや充電器が使いやすければ電動歯ブラシの使い勝手も必然的によくなります。

充電スタンドや充電器は電動歯ブラシを置くため汚れることもありますが、充電スタンドと電動歯ブラシの接触が最小限なら汚れを抑えることができます。

またコンパクトな充電スタンドなら設置場所に困らず、コップなどが充電器となっていればオシャレに洗面所を使うことができます。

見落とされがちな充電スタンドと充電器ですが、電動歯ブラシを使うときには必要不可欠なものであるため必ずチェックしておくようにしましょう。

値段

電動歯ブラシは、1000円~3万円程度と幅広い価格の製品が販売されています。

基本的には価格が高い方が高性能で高機能になっており、低価格の製品は歯磨きの補助程度の機能しかありません。

電動歯ブラシに求める能力にもよりますが、できるだけ高額でしっかりとした性能と機能を兼ね備えている製品を選ぶことをオススメします。

電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング

ここからは口内環境を激変させてくれる電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、使いやすさ、値段、口コミの評価などを参考にランク付けしています。

12位:ライオン システマ 4903301129646

ライオン システマ 4903301129646

低価格の電動歯ブラシです。

価格が安いため購入しやすい電動歯ブラシで、電動歯ブラシを試すにはピッタリの製品です。

毎分9000回という音波振動と極細毛によってしっかりと歯垢を掻き出すことができます。普通の歯ブラシでは難しい歯周ポケットの中の汚れもより除くことができます。

軽量でコンパクトな本体のため持ちやすく扱いやすい製品。普通の歯ブラシのように使うことができます。

大企業であるライオンが製造している製品であるため信頼性の高い製品。価格の割には性能も高くなっています。

口コミの評価

・音波アシスト方式なので基本的には通常のブラッシングをするのですが、1本1本を細かく丁寧に磨く事ができ、先日の歯科検診にて「この年代でこれだけ綺麗な状態なのはすごい。」と言って頂き大変満足しております。
・歯磨きを補助する新道を出すので自力で歯磨きしつつ、細かいところは神童を使って汚れを落とすような使い方になります。一般的な電動歯ブラシのように大きくなく、電池もかなり持ちます。
・旅行にも気軽に持ち運べて、どこでも使用でき電気ブラシより綺麗になります。
・色々と電動歯ブラシを使ってみましたが、これが一番素晴らしいです。値段も手頃です。これだけ磨けば十分です。

11位:パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DL34

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DL34

パナソニックの歯周ポケットまでしっかりとケアすることができる電動歯ブラシです。

パナソニックの大人気シリーズとなっているドルツの電動歯ブラシで、高性能でありながら値段を抑えられているため初めての電動歯ブラシに最適な1台となっています。

歯科医師が推奨している磨き方である横磨きにリニア音波振動を組み合わせることで、圧倒的な歯垢除去力を発揮することができます。

またひし形毛が約1.5倍になったステインオフブラシを採用。歯の表面の汚れであり、歯の黄ばみの原因ともなっているステインをしっかりと取り除くことができるため、歯のホワイトニング効果を高めることができます。

持ちやすく清潔感のある上質なデザインは、使いやすさとデザイン性を両立しており、洗面所に置いても恥ずかしくありません。

毎分約3万1000回のブラシストロークは、歯と歯茎の隙間である歯周ポケットに潜む歯周病の原因菌をしっかりと掻き出すことができます。高密度に植毛された細さ約0.02mmの極細ブラシ毛が 歯周ポケットや歯間などの細かい隙間までしっかりと届きます。

デリケートな歯周ポケットのための毛先3㎜段差によって、凹凸のある歯の表面もしっかりととらえます。

自動パワーコントロール機能を搭載しているため、充電が満タンの状態はもちろん充電が空に近づいても常に最大振幅を維持します。また強い押し付け力で磨いた場合にはブラシ振幅を抑制して磨きすぎを防止します。

この価格帯では考えられないほど充実した性能と機能を兼ね備えている電動歯ブラシ。初めて電動歯ブラシを使ってみようと思っている人は、これを選んでおけば電動歯ブラシの凄さを体験できること間違いありません。

口コミの評判

・ドルツの中でもコンパクトなヘッド形状なので細かいところが磨きやすくやさしい磨き心地です。極細毛のみだと磨く力が弱くなりますが、普通の太さの毛を組み合わせて磨き性能も確保しているようです。
・一般の歯ブラシと違って奥歯の深いところを磨くときにも深入りし過ぎて「嘔吐感」を感じることはありません。
・昔のものと比べると、とても軽いですね。
・私自身、大昔に電動歯ブラシを使った事がある程度で、その時のイメージが強かったのかもしれません。こんなにパワフルに、しっかり磨けるとは思ってなかったので大変驚きました。時代は変わったのですね・・・今ではもう手放すことができないほどのお気に入りです。

10位:フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート 電動歯ブラシ HX9964/55

フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン スマート 電動歯ブラシ HX9964/55

フィリップスのハイグレードタイプで多彩な機能が魅力の電動歯ブラシです。

とにかく豊富な機能を兼ね備えている電動歯ブラシで、機能面が充実しているため機能を使いこなすことができれば選んで損はない電動歯ブラシとなっています。

ブラシヘッド認識機能を搭載しており、ブラシヘッドに内蔵されたRFID機能搭載のマイクロチップがハンドルと連携して、ブラシをハンドルに取り付けるだけで適切なモードと強さレベルを自動で設定します。

ブラシヘッド交換お知らせ機能は、ブラシヘッドの前海のブラッシング時間とブラシ圧を記録し、ブラシヘッドの交換時期を測定。傷んだブラシを使い続けると歯や歯茎にもダメージを与えますが、この機能があれば完璧なブラシの交換タイミングが分かるため常に最高の状態で歯磨きできます。

Bluetooth接続が可能になっており、スマートフォンと連動させることも可能。 リアルタイムで正しいブラッシング方法をガイドし、磨き残しのある場所を教えてくれます。

4種類のブラシヘッドに加えて豊富ブラッシングモードを備えているため、個々の口腔状態に最適な歯磨きを実現できます。

グラス型充電器はほかの電動歯ブラシにはないポイントになっており、付属のグラス充電器に入れるだけで充電可能で、手軽にスタイリッシュに充電することができます。

USB充電トラブルケースも付属しているため、旅行先などで電動歯ブラシを使いたい人にもうってつけです。

機能が満載で圧倒的な歯垢除去力によって完璧なオーラルケアを実現してくれる電動歯ブラシ。値段は3万5000円前後と高額ですが、歯を失って食事が不自由になったり、痛みに悩まされたり、歯の治療費を考えれば、決して高くない買い物です。

口コミの評判

・歯ブラシの寿命を教えてくれるので便利です。今までは色が変わって教えてくれましたが、もう少しいけると、つい使ってしまう(^^)スマホのアプリは画面を洗面台の置いて使っているが(iPhone X)ちゃんと機能する所が良い。
・高い製品ですが、アプリも使いこなすと磨き方の見直しになって便利ですし、本体の質感も値段だけのことはあって高いです。歯磨きの機能も高く、歯医者によく磨けていると褒められるようになりました。
・短期間で驚くほど歯がきれいになりました。本体は手にとてもよく馴染み、振動等でも手が疲れません。
・今までは手磨きで10分以上磨いていましたが、1回使っただけで、歯医者さんで機械で磨いてもらった時のように、ツルツルになりました。歯茎が弱いため、歯ブラシはやわらかめを使用するよう指示されているため、電動歯ブラシは使用していませんでしたが、これは、磨き方の強さを3段階から選択できるので購入しました。

9位:パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ EW-DS29

パナソニック 電動歯ブラシ ポケットドルツ EW-DS29

持ち運びやすさに重点を置いたパナソニックのコンパクトな電動歯ブラシです。

パナソニックの「ドルツ」シリーズの電動歯ブラシで、出先で使うことができる工夫が凝らされています。

通常の歯ブラシ以外にも歯間ブラシも付属しているため、歯の隅々まで掃除することが可能。ブラシの裏側は舌ブラシになっているため、食後に口の中を完璧にキレイにできます。

使用後には、フタをして片付けておくことができます。

音波振動は毎分1万6000回と多く、持ち運びタイプとは思えないほどしっかりとした性能です。

充電式電池も使うことができ、ランニングコストも抑えられる電動歯ブラシ。持ち運びできるタイプですが、家で使うにも最適です。

口コミの評価

・ツルツルです。柄の部分が短いので若干安定感に欠けるが、使い勝手はよい。
・いつでもどこでも使えてとても気に入りました。背面の舌ブラシで風邪予防に役立っています。
・電動歯間ブラシは今までフロスや歯間ブラシだけでは届かなかった狭い歯間をしっかり磨けて、手頃な値段でありながら、とても画期的な商品だと感じています。
・ポケットレベルですが、磨き心地はとても良いです。

8位:ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 D205232MXBK

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO2000 D205232MXBK

ブラウンの手軽な価格ながらしっかりと歯を磨ける電動歯ブラシです。

大人気のオーラルB。新開発のナナメ植毛マルチアクションブラシを搭載しており、高い歯垢除去能力を実現しています。ステイン除去ブラシを使えば、歯の着色汚れも取り除くことができ14日間で最大90%の着色を除去します。

独自の3Dパルスアクションによって毎分約4万回の上下振動で歯垢をしっかり浮かし、毎分約8800回の左右反転振動で浮いた歯垢を除去することができます。

クリーンモードと歯ぐきケアモードの2種類のモードを選ぶことができ、歯を磨くだけでなく歯茎をマッサージすることもできます。

回転ブラシでしっかりと歯を磨き上げることができる電動歯ブラシ。高い歯垢除去率とお手頃な値段が魅力です。

口コミの評価

・手磨きでは磨き残しがありましたが、これだと2分で全部ツルツルに。本当に気持ちいいです。気持ちの問題か、歯も白くなってきた気がします。
・実際に使うと最初は振動でくすぐったかったり、磨いている最中に口の端からよだれが出たりしましたが、すぐに慣れました。磨いたあとのツルツル感は確かに違いを感じます。
・歯肉炎もあって歯茎から出血してたのもだいぶ、治りました。それは完治ではないですけど、出血はほんと、減りました。
・ソニッケアの上位機種を使っていますが、回転ブラシのこちらの方が歯に当たる感じで使いやすいです。職場や出張でも使っていますが、充電器もコンパクトで清潔感があるケースがついているので、外使いにもおすすめです。

7位:フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6521/01

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6521/01

電動歯ブラシメーカーとしても人気のフィリップスの電動歯ブラシです。

日本の歯科医や歯科衛生士の使用率1位を誇るプロも認める電動歯ブラシで、世界累計販売数500万台を突破している大人気製品です。

毎分3万1000回の音波振動によって歯垢を除去。またボディがスリムのため持ちやすく、シンプルな機能で使いやすさにも配慮されています。

最大14段階でブラッシングパワーを変更できるため、電動歯ブラシに慣れていない初心者も安心して使うことができます。またソニックケアーのブラシヘッドなら互換性があるため、幅広いブラシヘッドの中から自分に合ったものを選ぶことができます。

お手頃価格のため買いやすく初心者にも優しい電動歯ブラシ。歯科医や歯科衛生士も使っている製品のため、その効果は折り紙付きです。

口コミの評価

・電動歯ブラシを使い始めてから、虫歯知らずになっています。まー人それぞれでしょうけど。なので、多機能な商品を選ぶ必要なく、廉価な物でも十分機能を果たしてくれるんだと私は思っております。
・初めて電動歯ブラシを使用しましたが、磨いた後、歯ブラシでは実感出来ない程磨いた後は歯がツルツルで、歯石取りをした後のような感触でした。値段もこの値段なら満足です。
・ドルツに比べて振動数が多く歯垢がしっかりと落ちますし、電池もパワーも長く持ちます。あと、ブラシヘットが色々選べるのも良いです。
・振動して水流を発生させて、洗い流しますので、歯の矯正の器具が付いていても大丈夫です。替ブラシは、通販の安い海外向けのブラシを使えば、消耗を気にしなくて良くなるのでお薦めです。

6位:パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DM61

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DM61

パナソニックの人気の電動歯ブラシ「ドルツ」です。

スリムボディとは思えないほど強力なパワーがあり、毎分3万1000回のブラシストロークと音波振動によって効果的に磨くことができます。

毛先には3㎜の段差があり、歯周ポケットにも毛先が入り込んで汚れをしっかりと掻き出してくれます。また細さ0.02㎜の極細毛ブラシが歯間から歯周ポケットまでしっかりと届きます。

本体がスリムで軽量のためも持ちやすく、腕力がない女性でも使っていて疲れにくくなっています。

スリム用密集極細毛ブラシやスリム用マルチフィットブラシなど、使い方を変えられるヘッドも用意されている電動歯ブラシ。5000円前後の価格帯のためお求めやすくなっています。

口コミの評価

・パナソニックの音波歯ブラシを使い続けています。今回の商品の方が歯がツルツルになり良かったです。
・とても気に入っています。振動も良いです。握った感じも細くてコンパクト、歯は大事にしましょう。
・スリムで軽量なのにパワーが強い!もっと早く買い換えるべきでした。
・シンプルで使い勝手いいです。替えブラシが低価格なこと、これが一番いい!

5位:オムロン 音波式電動歯ブラシ メディクリーン HT-B473

オムロン 音波式電動歯ブラシ メディクリーン HT-B473

オムロンのデザインにもこだわっている音波式の電動歯ブラシです。

電動歯ブラシメーカーの大手はフィリップス、パナソニック、ブラウンが主要ですが、この3社以外に信頼性の高い電動歯ブラシを製造しているのがオムロンです。

この電動歯ブラシは清潔感のあるデザインをしており、どんな洗面台に置いても違和感を与えず調和します。また水洗いできるため清潔に保つことができます。

またデザインだけでなく機能にもこだわっており、オムロン独自のマルチアクション音波を採用。毛先の動きを縦と横に立体的に動かし効率的かつ徹底的に歯垢を落とすオムロン独自機能のブラシの動きで歯垢を除去することができます。

ブラシの回転数は毎分3万3000回で同価格帯のほかの製品よりも高い回転数を誇っています。

3つのモードでブラシの動かし方を変えながら隅々まで磨き上げることができる電動歯ブラシ。デザインにこだわりたい人にオススメです。

口コミの評価

・まず、本体の軽さにびっくりです。電源を入れると強い振動ですが、使うと歯にやさしい振動ですこの振動でブラッシング出来ているのかが心配になるくらいやさしいです。正確には振動が感じられないくらい歯と歯茎にやさしい。しかし歯磨きが終わって、舌で歯をさわるとツルツルです!
・使いやすい。他社の製品に比べ、コストパフォーマンスを追求した結果の選択だが、当商品をおすすめする歯科医もいるとか。値段、使用感、いずれも満足。
・軽くて、きれいに磨け替えのブラシが、手頃価格!
・電波式は初めて。初め少し違和感ありましたがこれはこれで十分ありです。歯の隙間などは歯間ブラシも併用していますが思った以上に磨けてるようです。

4位:パナソニック 音波振動歯ブラシ プリニア スマート PRINIAsmart

パナソニック 音波振動歯ブラシ プリニア スマート PRINIAsmart

パナソニックが製造している電動歯ブラシですが、GC(ジーシー)というメーカーの製品です。

この電動歯ブラシは市販されている製品ではなく歯科医院などで販売されている業務用の製品。歯科医が推薦することの多い確かな効果のある電動歯ブラシです。

音波振動歯ブラシ専用に開発したリニアモーター技術を搭載しており、しっかりとした磨き心地を実現します。

ブラッシングから30秒ごとに停止する機能、押し当てすぎると振動が小さくなる押し当てすぎ防止機能などが搭載されており、磨き方のサポートまでしてくれます。

またパナソニックが製造しているためドルツシリーズとの互換性もあり、ヘッドなどの交換も容易なため運用のしやすさも特長です。

歯科医が推薦する性能の割に値段が安いコストパフォーマンスに優れた電動歯ブラシです。コストパフォーマンス重視の人も納得できる電動歯ブラシです。

口コミの評価

・友人の歯医者さんからこの商品(パナソニックがいいよと言われました)を勧められ、特にソニケアが壊れたわけではないが買い替え。ソニケアは強すぎて、歯ぐきを痛める可能性があるとのこと。買い換えてみて納得。確かに音波の振動がすごく緩やか。でもしっかり磨けてる感もあり。本体もとっても軽く持ち運びにも便利。
・とても使いやすくて、毎日歯磨きがスムーズにできています。
・言うことないです。歯医者さんも絶賛していました。最近のドルツという機種より使いやすいし性能もいいです。
・10年くらい前に歯医者に薦められそれ以来、ずっと使って今回は2本目です、今度のは軽くて大変使いやすいと思います。

3位:ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ ジーニアス 9000 D7015256XCBK

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ ジーニアス 9000 D7015256XCBK

スマートフォンと連動させることができるブラウンの高機能電動歯ブラシです。

スマートフォンのカメラ機能と電動歯ブラシに内蔵されているモーションセンサーを通して磨いた場所を特定することができ、アプリで磨き残しをチェックすることができたり、磨き方の間違いを確認出来たりと、歯科医の指導のようなチェックが受けられます。

複雑な磨き方を実現する独自技術の3Dパルスアクションも健在で、毎分4万8000回の上下振動と毎分1万500回の左右反動振動によって徹底的に歯垢を除去します。

臨床試験でも歯間の歯垢除去率90%以上、手磨きと比べて2倍の歯垢除去率、歯肉炎の改善、優れたステイン除去力が認められており、圧倒的なパフォーマンスを発揮できます。

多機能でスマートな電動歯ブラシで、使いこなせれば歯医者いらずになる優秀な電動歯ブラシ。口内トラブルに悩まされている人は試してみることをオススメします。

口コミの評価

・期待していなかったのですが、アプリが便利でした。歯磨きの分数や押し付け過ぎの有無程度ですが、鏡に向かわなくても状況を自動で記録してくれるので、自然に歯磨き習慣が変わっていくと感じています。
・電池が念願のリチウムイオンになりました。充電時間が短くなり、パワーが最後まで全く落ちません。これだけで、買い換えた価値がありました。
・自身にとって初めての電動歯ブラシになります斧で他社製品との差がわかりませんが、予想よりも歯磨き終了後の歯のつるつる具合が良いのでとても気に入っています。
・回転数も上がっており、かつ、15秒おきの回転数が下がって時間を知らせるやつも回転数が下がりきらずになって良くなりました。

2位:フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン HX9308/80

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン HX9308/80

フィリップスの大人気の電動歯ブラシ「ソニックケアー」の最上位モデルです。

歯科医も認める圧倒的な歯垢除去力を発揮する製品で、2週間の使用で口内環境を大きく改善することができます。

歯垢除去力の源は独自技術の音波水流にあり、手磨きでは不可能な高速大震動によってブラシの届かない場所の歯垢まで洗い流すことができます。

5つのブラッシングモードを搭載しているため、好みの磨き方を選ぶことが可能。ステイン汚れにも強く、1週間の使用で歯の着色汚れが改善します。

使いやすさも圧倒的で、専用グラスに置くだけで充電できるほか、USB電源による充電も可能。トラベルケースも付属しているため旅先に持ち出すこともできます。

ブラシヘッドも他のソニックケアー製品と互換性があるため、幅広く使うことができます。

圧倒的な歯垢除去力と使いやすさを両立している電動歯ブラシ。世界的に高評価を得ているだけある納得の性能です。

口コミの評価

・30歳で歯肉炎になってしまい、丁寧に磨いても臭い血が出て困ってましたがこの商品を使用し2ヶ月で歯肉がプルンプルン。歯毎日3~10分の歯ブラシでここまで変わることに驚きました。
・歯肉炎の方は本当におすすめします。最初は振動が心地悪く、むず痒くなったり、くすぐったかったりしますが2週間もすれば慣れると思います。
・歯と歯茎の間はとても虫歯が出来やすい箇所ですが、歯ブラシで磨こうとすると、どうしても歯茎に負担がかかって、血が出たりしてました。電動歯ブラシに変えてから、短時間磨くだけでつるつるになるし、歯茎にはぜんぜんダメージもなくて良い事だらけです。
・慣れるまでは、歯の裏を磨くとこそばくてしょうがなかったですが、慣れると問題ないです。手でするより歯がツルツルになり、また、ツルツルが持続します。

1位:パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DP51

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ EW-DP51

パナソニックの電動歯ブラシ「ドルツ」シリーズの最上位モデルです。

2万円前後する高級電動歯ブラシだけあり、そのパワーも圧倒的です。

Wモーターが生み出すW音波振動で歯の隙間に隠れた汚れもしっかり掻き出します。毎分3万1000回の横振動と毎分1万2000回の叩き振動によってあらゆる角度から歯を磨き上げます。手磨きでは絶対にできません。

パワーがあるだけでなく歯茎を傷つけない工夫もあり、歯にブラシを強く押し付けると振動が弱まるようになっています。また充電が切れそうになっても最後まで最大振動を維持するため、充電切れ前に磨き残しが発生する心配もありません。

コンパクトなヘッドは口の小さいに日本人に合わせられたもので、女性や子どもも口の中を隅々まで磨き上げることができます。

歯の状態に合わせた5つの歯磨きモードと6つのブラシが選べるため、どんな口内環境の人でもどんな磨き方を実践したい人でも満足させることができます。

値段はそれなりにしますが、歯や歯茎がボロボロになったり、歯医者で痛みに耐えながら治療を受けることを考えれば安い買い物。どうせ買うなら圧倒的な歯磨きを実現してくれるこの歯ブラシを選びましょう。

口コミの評価

・この電動歯ブラシを使ってしまうと以前の電動歯ブラシには戻れません。たくさんのブラシが付属で付いてくるのもポイントが高かったです。
・値段も高くなりましたが、きれいに磨けているという実感があり、とても気に入っています。
・以前使っていた古い電動歯ブラシとは違い、汚れを落とす力がすごいなと感じます。歯の表側を磨いて舌ベロを裏側につけると、歯の隙間から強い水流を感じることが出来ます。
・一生ものの歯に関することですし、中途半端な価格帯のものではなく奮発して良かったです。

PR:サン・クラルテ製薬 マウスウォッシュ ゴッソトリノ

マウスウォッシュのゴッソトリノの袋

オーラルケアに絶大な効果を発揮してくれるマウスウォッシュといえば、大人気となっているサン・クラルテ製薬のマウスウォッシュであるゴッソトリノです。

レビューでご紹介した通り、口に含んでぐちゅぐちゅとするだけ歯と歯の隙間や歯茎に引っかかった食べカスや汚れが30秒ほどでキレイに取れてしまいます。

奥歯や親知らずは歯磨きでケアするのが難しく、口腔洗浄器を使わなければ汚れを取り除くことができません。自宅でケアするなら口腔洗浄器で問題ありませんが、外出先や時間がないときには口腔洗浄器も使えません。

そんなときに使えるのがゴッソトリノ。しっかりと食べカスを分解してくれるため驚くほどゴッソリと食べカスや歯垢を除去できます。吐き出した液を見ると、そのスゴさを実感できます。

香味はマイルドで刺激がないため誰でも使うことができ、天然由来の薬用成分をふんだんに使っているため効果はバツグン。安全性も高く誤飲してしまっても安心です。

場所を選ばずオーラルケアをしたいならゴッソトリノが強力にサポートしてくれます。初回なら70%OFFで購入することができ、即効性のある口臭対策ができるためいざというときのためのお守り代わりにもなります。

口臭対策マウスウォッシュ「ゴッソトリノ」を徹底レビュー!口コミの評判通り有効成分で口臭抑えられる?

口コミの評判

・一回使ったら病みつきになる!コップに出してグチュグチュして吐くだけで落としきれない汚れが目に見えます。
・低刺激用のマウスウォッシュを探していたらたまたまゴッソトリノを見るけることが出来ました。使ってみるとほとんど刺激を感じることもなく、口臭も落ち着いていきました。
・最初は少し独特な味がすると思ったんですが何回か使ってるうちに全然気にならなくなりました。ゴッソトリノを使うと口の中の汚れが取れるのでスッキリします。思ってた以上の汚れが、ごっそり。
・ちゃんと汚れが見えるから毎日に普段の歯磨きもしっかり出来る様になりました小分けになっているので衛生的にもいいと思いました。

不良品の補償を受けることができて割引価格で購入できるため公式サイトからの購入をオススメします。

まとめ

歯の問題は、大人から子供まで一生ついてまわるものです。口内トラブルを回避する方法は、日ごろの歯磨きの精度をできる限り上げることしかありません。

電動歯ブラシは、毎日の面倒は歯ブラシの時間を短縮して磨き上げの精度を高めてくれます。そのため、特に口内トラブルを抱えている人は、最適な電動歯ブラシをできるだけ早く見つけることをオススメします。

「手磨きで十分」と思っている人も多いでしょうが、電動歯ブラシを使えば歯磨きの概念が変わります。騙されたと思って電動歯ブラシを試してみてはいかがでしょうか。

オーラルケア製品に関する記事については以下を参照してください。

電動歯ブラシ用歯磨き粉のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 研磨剤と発泡剤なしで歯をホワイトニング

電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 効果的な使い方や選び方を口コミでチェック

低価格電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 安くて気軽に買える

持ち運びできる携帯用電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 どこでも歯磨き

子供用電動歯ブラシのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 子供もしっかり歯を磨こう

口腔洗浄器のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 口臭に効果的な使い方も

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , ,