株式投資の成長の罠を避ける銘柄選定の5つのポイントとは?割高株を避けてリターンを増やせ!

   

チーズが仕掛けられている罠(トラップ)

株式投資において気を付けなくていけないのが成長の罠。魅力的に思える成長株の中には、企業自体は成長するものの投資家に対しては大したリターンを与えてくれない株があります。

企業が成長すれば投資家が儲かるという方程式を崩す成長の罠を避けるためには、株式投資の際にいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

今回は、株式投資の成長の罠を避ける銘柄選定の5つのポイントをご紹介します。割高株を避けてリターンを増やすことが大切です。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.バリュー株投資を基本戦略にする

成長の罠を避けるためには、成長株への盲目的な信仰を止めなくてはいけません。成長株投資自体には問題がありますが、妄信してはいけません。

成長の罠を避けるためには、基本戦略を割安株へ投資するバリュー株投資に据えましょう。

未来ではなく現在の価値を重視する

成長の罠は、将来的に成長して大きな利益を稼ぎ出すであろうという予想から現在は大した価値もない株を買うことで発生します。不確かな未来に賭けることが根本的な原因です。

現在の価値を重視して現在の利益が強く株価に反映されているバリュー株投資なら、将来の成長性に騙されることもありません。

現在の価値をより重視することで、楽観的に未来の利益に投資結果を委ねることを避けることができます。

割高株を避けられる

明らかに株価が割高なのに投資してしまうのは、今後の企業の成長に期待しているためです。企業の成長に期待できない場合には、割高な株を買う意味はありません。

バリュー株投資では、基本的に割安な株を狙って買うことになるため、割高な株は必然的に避けられることになります。

今後、どれほど成長が期待できる企業であっても株価が割高なら買うに値しないということになります。

できるだけ安く買うことを基本戦略にしておけば、割高株を選びにくくなります。

株価の下落を待てる

株式投資では、どの銘柄を選ぶのかと同じくらいどれくらいの値段で買うのかが重要になります。

成長株が期待通りに成長して株価が上昇しても思ったようなリターンを生み出さない理由は、成長株を買ったタイミングの値段が高すぎたということになります。

バリュー株投資では、割安な株を狙うため欲望に負けて株価が上がり続ける割高な株を焦って買ってしまうことを防ぐことができます。

株価の下落を待つことは重要であるものの難しいことです。成長株を買う場合には、成長性を言い訳にして欲望に負けて買ってしまうものです。

バリュー株投資をしているという意識を持つことで、忍耐強く株価の下落を待ち続けることができるようになります。

2.逆張り投資をする

株価の上昇に合わせて株を買っていく順張り投資は投資の王道であり基本でもありますが、株価の上昇につられて株を買ってしまうことも多く割高な株を掴みやすい投資手法でもあります。

割高な株を徹底的に避けるなら、順張りではなく逆張り投資をするべきです。

成長株を避ける

逆張り投資をする際に候補となりやすいのが割安株です。一般的に成長株と呼ばれているようなハイテク系の株ではなく、昔ながらのローテク系の株が候補となります。

逆張り投資をする場合、株価が下がっている株を買うことになります。そのため成長株とは異なる傾向にある株価の変動をする株を選びやすくなります。

選定する銘柄の中に成長株が少なければ、成長の罠を避けた投資が実践されるはずです。

株価の上昇を見過ごす

株価が上昇している局面では、早めに投資をしておかなかったことを後悔するものです。その結果、さらに株価が上昇することを見込んで十分に株価が上昇してから株を買ってしまい成長の罠に陥ります。

順張り投資ではよく起こる出来事ですが、逆張り投資では株価が上昇しているときには投資を控えることができます。欲望に負けそうになっても、逆張り投資が基本戦略なら値下がりした株を探すことに集中できます。

逆張り投資を基本にしているなら、株価が上昇している株には見向きもしないかもしれません。

株価の上昇をあえて見過ごすことで成長の罠を避けることができます。

値段を重視できる

株式投資を続けていると株に惚れ込んでしまうことがあります。つまり魅力的な銘柄なら値段に関係なく買うべきだという思い込みをしてしまうことがあります。

自分のお気に入りの銘柄を見つけると、株価を無視して投資してしまうことも起こります。

当然ながら株を買うときには値段が非常に重要です。逆張り投資をしていれば、値下がりした株を常に狙うことになるため値段を重視した売買を心がけるようになります。

値段を重視することで銘柄に惚れ込んでしまっても割高で株を買ってしまうことを避けることができます。

3.不人気株を選ぶ

成長株と対極にあるのが割安株であり、割安株の多くが不人気株となります。

成長株は人気によって割高なってしまう傾向にありますが、不人気株なら投資家たちの余計な期待によって割高になる心配もありません。

ハイテク株を避けられる

成長の罠となりやすのがハイテク株です。成長の罠は投資家の期待によって生まれるものですが、最先端の技術ほど投資家の期待を高める要素はありません。

これまでにない技術や新しいビジネスへの期待が大きくなると、常識を超えるようなものであっても妥当であるように思えてくるものです。これまでの常識が覆るような技術やビジネスなら、利益も想像を絶するものになるからです。

前例がなければ仮定することも難しく、予想の精度も大きく下がります。その結果、ハイテク株は成長の罠となってしまいます。

一方の不人気株はほとんどがローテク株であり、使い古された技術でありきたりなビジネスを展開しているため夢のような利益に期待することはできません。

人気の出やすいハイテク株を避けるのは成長の罠を避けるためには必要です。

悪材料によって将来に期待できない

不人気株の多くは悪材料を抱えています。問題を抱えた企業が不人気株となります。

今後に期待できない悪材料を抱えた企業の株は、株価が上昇することもありません。悪材料という明確な理由によって割安になっていれば、妥当な株価かそうでないかの判断も容易になります。

不人気株は基本的に悪材料を抱えているため、成長の罠とは縁遠い株ということになります。

銘柄選びが慎重になる

不人気株は人気がなくなるだけの理由があります。経営状況が悪いのか、さまざまな問題を抱えているのか、将来性に期待できないのか分かりませんが、とにかく多くの投資家が避ける理由があるはずです。

成長性に期待して成長株を買う場合には、多少の悪材料があっても膨らんだ期待に覆い隠されて無視されるものです。楽観的に株を買ってしまうものです。

ところが不人気株となると楽観的には買えません。多くの投資家が手放した株をわざわざ買うとなると、理由を見つけなくていけなくなります。銘柄選びは慎重になり納得できない場合には無理に買おうとはしなくなります。

不人気株を買うことを自覚していれば、どれだけお買い得だと判断していても誰にも背中を押されないため慎重になり、結果的に良い判断を下すことができます。

4.配当金を出す株を優先する

配当金は成長の罠を避けるフィルターになります。配当金を出している株を買っておけば、極端な成長の罠に陥らずに済みます。

配当金を出している株には成長株はあまりなく、高配当株となると成長株は基本的にないと判断しても問題ありません。

成長分野への再投資ができないから配当金になる

企業が利益を得ると、成長分野に再投資するか配当金として株主に分配するかのどちらかを選ぶことになります。

成長性のある企業の場合、利益のすべてを成長分野への再投資に回すため配当金を出さないことがほとんどです。

一方で成長分野が残されておらず再投資することができない企業は、株主に配当金として利益を還元します。

つまり配当金を出す企業は、ある意味では成長性がないということになります。

高配当株の多くは斜陽産業に属した企業ですが、斜陽産業では市場が成長どころか縮小することもあるため成長の罠にかかることはありません。

配当金で安定した利益を確保

配当株への投資の多くは、株価の上昇ではなく配当金を目当てにしているものです。配当金を目当てにしていれば成長株に期待して無謀な投資をすることはありません。

配当株へ投資する時点で成長株への投資とはほど遠く、成長の罠にかかる要素がそもそもありません。

また成長株は株価の上昇によるキャピタルゲインを狙うものですが、高配当株ならインカムゲイン狙いの投資となり、株を売却しなくても着実な利益を得ることができます。

成長株は売却によって利益を確定しますが、配当金なら保有しているだけで利益を得ることができます。

莫大なキャピタルゲインを逃す

成長株への投資の大きな魅力は、企業が短期間に期待を超えた成長を実現することで莫大なキャピタルゲインを得られることにあります。

ところが配当金目当ての高配当株投資なら、莫大なキャピタルゲインを逃すことになります。

成長株への投資を避けることで成長の罠を避けることができるのは事実ですが、同時に成長株への投資によって得られるはずのキャピタルゲインを捨てることにもなります。

成長の罠は投資結果を大きく引き下げる要因となるため絶対に避けなくてはいけないものですが、現実的な投資をすることで夢を捨てるになります。

5.理解できる範囲で投資する

理解できる範囲で投資しておけば、成長の罠を避けることができるはずです。

成長の罠は、自分では理解できないものの将来性を見込んで投資することで発生するため、理解できる範囲にとどまって投資を続けていれば成長の罠に陥ることはありません。

理解できないものには投資しないのは基本

理解できるものに投資して、理解できないものには投資しないのが投資の基本です。

分からないものに投資をすれば、どのタイミングで株を売却すればいいのかもいつまで株を保持すればいいのかも判断できなくなります。

成長の罠を避ける以前の問題で、分からないものに投資してしまうとあらゆる投資判断を下すことが難しくなってしまいます。

株式投資では理解したくても理解できないことが多いため、理解できる範囲で投資をすることを心がけることは非常に大切です。

成長株は理解できないものの代表

過去においては、海水を真水に変える装置を開発する会社や魔女の空飛ぶほうきを販売する会社が存在しました。これらの不可能な事業を実現しようとする会社は、多くの投資家から資金を集めました。

数百年前では、海水を真水に変える技術を実現することはほぼ不可能であり、魔女の空飛ぶほうきについては現在でも不可能な技術です。それでも多くの投資家は期待だけで投資しました。

海水を真水に変える装置も魔女の空飛ぶほうきも現代では笑い話ですが、現代においても不可能な技術や装置を開発する会社が多くの投資家から資金を集めています。そして投資家の多くは理解できないものに投資しているものです。

将来性に期待して将来に全てを委ねる成長株は理解できないものの代表です。未来がどうなるのか分からないという現実を理解すれば、簡単には成長株には投資できなくなるはずです。

理解できないことを理解する

理解できないものに投資をしないということになれば、株式投資はできなくなってしまいます。なぜなら株式投資に関するすべてを理解することはできないからです。

ここで大切なのが、理解できないものがあることを理解しながら投資をするということです。

成長の罠は理解できないものに投資するからだけでなく、理解できないことを理解できていない状態で投資するから起こります。

理解できないことを理解することを意識すれば、成長株に投資することの危険性も理解することができ、成長の罠を避けることにもつながります。

まとめ

成長株に投資しても想像しているよりも大きなリターンを得られないことを知っていれば、成長の罠を避けることにつながります。

成長株への投資は未知数の将来性に賭けることと同じであり、無責任な投資となる可能性が高いことには留意しましょう。

成長の罠を避けることは長期投資をするうえでは欠かせません。成長の罠に引っかからないように抑えるべきポイントはしっかり押さえて投資するようにしましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,