アイスコーヒーをハンドドリップ(ペーパードリップ)で淹れる正しい方法とは?

   

アイスコーヒー

暑い季節には必需品といえるアイスコーヒー。最近ではボトル入りアイスコーヒーが安く売られていたりインスタントコーヒーで手軽に作れるようになりましたが、自宅で本格的に淹れたアイスコーヒーに味で勝ることはありません。

今回は、アイスコーヒーをハンドドリップ(ペーパードリップ)で淹れる正しい方法をご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

ハンドドリップ(ペーパードリップ)コーヒーとは?

そもそもハンドドリップ(ペーパードリップ)コーヒーとはどのようなもののことを指すのでしょうか。

ハンドドリップ

コーヒーの抽出方法には大きく分けて2種類あり、それぞれ浸漬法と透過法といいます。

浸漬法はコーヒー粉にお湯を浸すことで成分を抽出する方法。透過法はコーヒー粉にお湯を注いで通過させる過程で成分を抽出する方法です。

透過法を用いて淹れられたコーヒーのことをドリップコーヒーといいます。

ハンドドリップコーヒーは、その名の通り機械などを使わず手を使ってドリップコーヒーを作る方法。コーヒー粉に手でお湯を注ぎ成分を抽出してコーヒーを淹れる方法です。

ペーパードリップ

ドリップコーヒーを淹れるときには、フィルターに入れたコーヒー粉にお湯を注ぎますが、このとき使われるフィルターにはいくつかの種類があります。

大きく分けると紙を使ったペーパーフィルター、金属製の網を使った金属フィルター、布を使った布フィルターがあります。

ペーパードリップは、このうちペーパーフィルターを用いてコーヒーの成分を抽出する方法です。

ペーパーフィルターを用いたドリップは最も一般的なもので、使い捨てが出来て安価であり衛生的。さらにペーパーフィルターの繊維にコーヒーの油分が付着するため雑味が取り除かれすっきりとした味わいのコーヒーを淹れることができます。

ハンドドリップ(ペーパードリップ)に使う道具と材料

ハンドドリップ(ペーパードリップ)でアイスコーヒーを淹れる場合には次のような道具を使います。

材料

・コーヒー:挽かれたコーヒー粉、コーヒー豆どちらでも可能。アイスコーヒーでは深煎りの専用の粉や豆が売られています。コーヒー豆を使う場合にはコーヒーミルも準備しましょう。
・水:コーヒーは味と香りが強いため新鮮な水道水で十分。こだわるなら軟水を使いましょう。硬水を使うと苦みが強くなる傾向があります。
・氷:氷に関しては水道水をそのまま凍らせたものではなく一度煮沸したり浄水器などを通した水を凍らせたものを使いましょう。

道具

・コーヒーミル:コーヒー豆を使う場合には必要。
・計り:コーヒー粉の重さを量ることで失敗を減らす。
・メジャースプーン:計りを使わない場合はメジャースプーンで量を測定。
・ペーパーフィルター
・ドリッパー
・フタ:コーヒー粉を蒸らす際に使用。ドリッパーを覆えるものなら皿などでも代用可能。
・サーバー
・ドリップポット:細口のものを選ぶことで失敗を減らす。
・電子ケトル:ドリップポットを使わない場合に代用可能。
・グラス

ハンドドリップ(ペーパードリップ)でアイスコーヒーを淹れる方法

この手順に従ってホットコーヒーを淹れれば失敗することもありません。

1.お湯を沸かす

まずはお湯を沸かしましょう。

水道水を使う場合にはしっかりと沸騰させることでカルキ臭を飛ばすことができます。

沸かすお湯の量は淹れるコーヒーの2倍程度。コーヒーを淹れる場合、お湯はコーヒー以外にも使います。

2.コーヒー豆を準備する

コーヒー粉の場合にはそのままで準備は不要。

コーヒー豆を使う場合には、ミルを使って粉末にしておきましょう。また好みもありますが、失敗を減らしたいなら無難に「中細挽き」にしておきましょう。

用意するコーヒー粉の量は、好みによって変わりますが1杯分のコーヒーの量は140mlとして一般的には以下のような量が目安となります。

1杯分:12~15g
2杯分:30g前後
3杯分:40~45g前後
4杯分:60~65g前後

ただしコーヒー豆は多めに使った方がおいしいコーヒーを淹れることができるため、一般的な目安量の1.5倍程度を使うことをオススメします。

3.ペーパーフィルターをセットする

ドリッパーにペーパーフィルターをセットしましょう。

ペーパーフィルターはドリッパーの形に合うようにしっかりと折って形を整えます。

ドリッパーに入れたら、軽く抑えつけるようにしてピッタリとコーヒーフィルターをセットします。

4.お湯をかけて器具を温める

沸かしておいたお湯を器具にかけて温めておきます。

このときペーパーフィルターにもお湯をかけて、ドリッパーにフィルターが貼り付くようにしておきます。

またサーバーなどに溜まったお湯は捨てておきましょう。

5.コーヒー粉を入れる

淹れたいコーヒーの量に合わせて適量のコーヒー粉を温まっているドリッパー内のペーパーフィルターの中に入れます。

コーヒー粉の量は、前述の数字を基準に入れてください。コーヒー粉の量が多めの方がおいしいコーヒーを淹れられるため通常の1.5倍程度使用することをオススメします。

コーヒー粉は少し揺すって平らになるようにしておきます。

6.お湯を注いで蒸らす

まずはコーヒー粉にお湯を注ぎます。

お湯の温度は一般的に90℃前後が適温とされていますが、高温すぎると苦みやエグ味ばかりが出るため70℃程度にすることをオススメします。氷を使えばお湯の温度を素早く下げることができます。

70℃は一般的とされているお湯の温度に比べてかなり低い温度ですが、低温で抽出することで香り、甘み、コクを出すことができます。

注ぐお湯の量の目安としては、コーヒー豆から数滴のコーヒーが落ちる程度です。

お湯を注ぐときには、できるだけ低い位置からコーヒー豆の中央に注ぎます。

お湯がコーヒー豆全体に行き渡り湿ったところでお湯を注ぐのを止めます。

最後にフタをして3分~5分程度蒸らします。

7.蒸らし終えればコーヒーを淹れる

コーヒー粉を蒸らし終えれば、お湯を注いでコーヒーを淹れます。

注ぐお湯の温度は70℃程度。コーヒー粉の中央だけにお湯を注ぎ、注いだお湯が膨らんだときに膨らみがペーパーに届かないようにします。

ペーパーにお湯の膨らみが届きそうになれば注ぐのを止めて落ち着くのを待ちます。

中央から周囲の間にはコーヒー粉の土手ができますが、この土手は崩さないようにします。土手にお湯をかけなくても成分は抽出されるため無駄になりません。心配は不要です。

8.最後まで抽出しない

コーヒーは、淹れ始めのものが最も味が良く、あとになるにつれてエグ味や雑味が増します。

そのためコーヒー粉に応じた量のコーヒーが抽出できた時点で、注いだお湯が最後まで落ち切る前にドリッパーからサーバーを外します。

このときドリッパーから落ちているコーヒーは一見すると飲めそうですが、エグ味や雑味が多くコーヒー全体の味を落とす原因となります。

贅沢なようにも思えますが、せっかくのコーヒーを台無しにしないためにも雑味の多い部分は大胆に捨てましょう。

9.熱いコーヒーを氷の入ったグラスに注ぐ

通常の1.5倍のコーヒー粉を使って不要な部分を捨てて淹れたコーヒーは、エグ味や雑味が少なく味と香りが優れたものとなっています。またかなり濃くなっています。

この濃いアイスコーヒーを、氷の入ったグラスにそのまま注ぎます。熱いコーヒーによって氷は解けてため、あらかじめグラスには氷をたくさん入れておいてください。

氷が解けて適度な濃さのアイスコーヒーになるように調整すれば完成です。

またカフェオレなどにしたい場合には、牛乳で割ることを考慮してアイスコーヒーは濃くしておきましょう。

10.淹れたコーヒーの保存方法

コーヒーは一度にたくさん淹れる方がコーヒー豆に無駄がないため、一度にできるだけたくさんのアイスコーヒーを淹れることをオススメします。

ただしたくさんのアイスコーヒーを淹れると一度に飲み切れません。

そんなときには、サーバーに氷を入れてアイスコーヒーを冷ましてから冷蔵庫で冷やして保存しましょう。冷蔵庫で保存することで味と香りを保つことができます。

密閉容器に移し替えることでコーヒーの酸化を防ぐことができ、香りを長持ちさせることができます。

まとめ

夏場には欠かせないアイスコーヒー。アイスカフェオレなどアレンジすることも簡単で、手軽に水分を補給できる飲料でもあります。

基本的にはアイスコーヒーもホットコーヒーも淹れ方は変わらず、その違いはコーヒー粉、濃さ、淹れた後の処置です。

アイスコーヒーとホットコーヒーの淹れ方をマスターすれば、一年中本格的なコーヒーを自宅で楽しむことができます。ぜひホットコーヒーだけでなくアイスコーヒーにもチャレンジしてみましょう。

ホットコーヒーをハンドドリップ(ペーパードリップ)で淹れる正しい方法とは?

 - ライフハック・ノウハウ, 料理・レシピ , , , , , , ,