悲観が渦巻く投資したくないときに投資するべき5つの理由とは?居心地の悪さが投資成功に不可欠!

   

橋の欄干の向こうに立って川を見つめる悲観的な男性

楽観的な相場で株を買うほど簡単なことはありません。輝かしい未来を信じて投資をすれば、毎日のように含み益が積み重なっていくからです。

しかし楽観的な相場で株を買うと株を高値掴みしている可能性が高く、実は楽観的な相場とは真逆な悲観的な相場で株を買う方が安値で株を買うことができるため優れた投資判断と考えられます。

ところが悲観的な相場で株を買えば含み損を抱える可能性が高く、多くの投資家が逃げ出す相場で自分だけ買い進めることはなかなかできません。

今回は、そんな株を買うことが難しい悲観が渦巻く投資したくないときに投資するべき5つの理由をご紹介します。居心地の悪さが投資成功に不可欠です。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.成功する投資家は少数派である必要があるから

基本的に成功する投資家は多数派から離れたところに存在しており、常に少数派として振舞う必要があります。株式投資をゼロサムゲームだと考えたとき、大多数の投資家の損失こそが少数の投資家の利益となります。

集団心理と同調圧力から逃げる

人間は群れで生活する動物であるため、どうしても集団心理や同調圧力の影響を受けます。どれほど間違った判断だと思っていても大多数の人が正しいと判断していれば、大多数の人の意見に逆らって判断を下すことが難しくなってしまうものです。

そのため自分がどれだけ間違っていると思える投資タイミングであっても、周囲の投資が買っていれば思わず買ってしまい、売っていれば思わず売ってしまうものです。

そして周囲につられて投資をした多くの投資家が損をする中、周囲につられずに独自の判断を下した少数派の投資家が成功を収めます。

投資をしたくない状況で投資をするというのは少数派に属することになります。集団心理と同調圧力から逃げることは、そのまま少数派に属することになります。

企業の成長以上の利益を得るためにはゼロサムゲームに勝利する必要がある

株式投資は、短期的には投資家の中で利益を奪い合うゼロサムゲームが展開されており、長期的には企業の成長による恩恵を受けるプラスサムゲームが展開されています。

そのためインデックス投資で長期的に投資をすれば、多くの企業の成長の恩恵を受けて誰もが利益を得ることができます。

ところがアクティブ投資をする場合、長期投資であってもインデックス投資によって約束された市場平均以上の利益を得るためにはゼロサムゲームに勝利しなければならず、ほかの投資家から利益を奪う必要があります。

ゼロサムゲームに勝利するためには、ほかの投資家と同じような行動原理で動いていては勝てません。ほかの投資家を出し抜く必要があり、少数派になる必要があります。

独自の判断を下せば少数派になる

理論的には市場は常に効率的に動いており、株価は株の本質的価値に対して妥当であると考えられます。そして多くの投資家によって決定されている株価は、常に正しいと考えられます。

しかし現実には、市場は常に効率的ではなく、多くの投資家が判断を間違えることが少なくありません。

自分なりの論理で判断している投資家はそれほど多くはなく、ほかの投資家が下した判断を信じて後追いをしているのが現実であり、多数派に属する心地良さを優先することで独自の判断を下せなくなってしまいます。

そのため周囲に惑わされずに自分で考えて判断を下していれば、自然と少数派になってしまうものです。もし少数派になっているなら、それは自分が自分なりに正しい判断を下しているとことの証拠です。

2.多くの投資家が売るときこそ絶好の買い相場だから

多くの投資家が売るタイミングこそ絶好の買い相場であり、投げ売りされる株を買うことが利益の最大化につながります。そのため多くの投資家が株を売るような状況こそが株式投資の理想的なタイミングです。

多くの投資家が投げ売りすることで株価が下落する

株価が下落するということは、株を買う人よりも売る人が多くなるためです。需要に対して供給が多くなるため値段が下がるというのは、株であってもスーパーで売られている商品であっても同じです。

そのため株を安く買おうとすれば、多くの投資家が株を投げ売りするタイミングに買うしかありません。

多くの投資家が株を投げ売りするということは、その時点で株価がさらに下落すると多くの投資家が信じている状態であり、株を買うことが損に思えるような状態となっています。

多くの投資家が投げ売りすることで株価が下落するという原理が理解できれば、悲観が渦巻く投資したくないときに投資することを避けられないことが分かります。

大多数のパニック状態に乗じる少数の投資家

有名投資家の多くは、大暴落を乗り越えることで資産を大きく増やしていることで知られています。

大暴落では、多くの投資家がパニック状態に陥って株価が大幅に下落します。パニック状態になっている投資家たちは、安心するために明らかに割安になっている株であっても売り続けます。

そんな割安の株を買い漁るのが少数の投資家です。誰もが手放す株を買うことは常軌を逸しているように思えますが、長期的に見ると大儲けにつながります。

誰もがパニック状態に陥っているときに冷静沈着に安くなっている株を買い集めることができる少数の投資家にならなければ、大きな利益を手にすることはできません。

手放したくない株を買うのが一番

株に限らずもし何かを買うときに最高の買いのタイミングは、絶対に手放したくないものを手放さなくていけない人から買うときです。

手放したくないと思っている人は、手放すことで損をすると確信しているということです。しかしながら切羽詰まった状況であるため、泣く泣く手放すというシチュエーションになっているということです。

人に譲りたくないと思っている株を納得できない値段で売る場合、売る方が明らかに損をしていますが買う方は得をしています。

手放したくない株を買うことが投資において利益を上げるために一番効果的なら、大暴落のどん底でどうしようもなくなって株を売っている人から株を買うことが最適解となります。

3.絶望的な状況だから株価が下がる

株価が上がるときは好材料がそろっているときです。つまり株価が下がるときは株価が上がるときとは逆に悪材料がそろっているときということになります。

そして極端に株価が下がるということは悪材料どころか絶望的な状態に陥っているということです。

収入が途絶えて現金が必要

株価が大暴落する状態では、景気後退局面に突入している可能性が高く、実体経済でも不景気の波が押し寄せています。

不景気になってしまうと仕事をしている人は収入が減ってしまうため、投資家も安全を確保するために株から資金を引き揚げて現金を確保しようとします。

また現金を作ることを重視するため追加で株に投資する人が少なくなります。

収入が減れば大きなダメージを被りますが、さらに投資によって損失が発生してしまえば株を売却して現金を作ることを迫られます。

投資家の多くが収入が減り現金が必要になるため、ただ単純な投資でさえ継続することが難しくなります。

配当金が減って業績も悪化

株式投資では、株価が上昇してから株を売却することで利益を得るキャピタルゲイン狙いの投資もあれば、企業の配当金を目当てにしたインカムゲイン狙いの投資もあります。

キャピタルゲインを狙う投資では株価が下落した時点で早めに売って損切りする場合が多いですが、インカムゲインを狙う投資では配当金が減配されない場合には株の保有を続けることが多くなります。

配当金が出ていれば株価がどれだけ下がってもインカムゲインを得ることができるからです。

ところが極端に業績が悪化すれば、配当金を出すことができなくなってしまいます。減配や無配になってしまうこともあります。

配当金に力を入れている企業は、業績が悪化して長期的視点で配当金を出すため減配や無配に転落することはなかなかありませんが、あまりにも業績が悪ければ減配や無配に転落してしまいます。

もし配当を重視している企業であっても減配や無配になってしまえば、投資家も配当目当ての株であっても売却してしまいます。

底堅い高配当株まで減配や無配になってしまうとかなり悲観的な状況になります。

倒産する可能性もある

悲観が渦巻く投資したくないときには、業績が悪化するどころか企業が倒産する可能性さえ脳裏をよぎります。

大暴落なったからといって大企業が次々に倒産するようなことはありません。中小企業よりも体力も信用もあるため資金を調達できるからです。

しかしそれでも倒産してしまう企業が出てくるのが暴落期。万が一が頭をよぎり、投資した企業がすぐにつぶれてしまう不安が怖くて投資することができなくなります。

倒産する企業が登場すれば、悲観が渦巻き投資したくないタイミングは最高潮を迎えます。

4.本能や常識と正反対の決断が求められる

株式投資で儲けるためには、人間の本能や一般常識と正反対の決断が求めらえることになります。そのため株を購入するときにも、本能や常識とは正反対の決断を下さなくてはいけません。

本能に逆らえない投資家がほとんど

投資家のほとんどが本能に逆らえないものです。人間の本来の性質に従って投資をすれば儲けることが難しく損失が発生することを分かっていても、なかなか本能に逆らうことはできません。

顔の前で手を叩けば反射的に目をつむってしまったり、熱いものを触れば手を引っ込めてしまうもので、頭ではどれだけ分かっていても実現できないものです。

株式投資は長丁場であり、短期間では我慢ができても長期間になると心地よい方に流されてしまうものです。

常識的に判断して失敗する

大多数の人が従う常識。常識的に判断するのが当たり前であり、常識的に判断することで投資に失敗します。

ここでポイントになるのが、常識的に判断していれば失敗するにもかかわらず、非常識といわれるような判断を下しても失敗することがあるということです。

株式投資では、多くの場合は常識的な判断を下すことでリターンを増やせるものの、常識的な判断だけをしていれば致命的な損失が発生してしまいます。最初は常識が有効であっても時間が経てば有効でなくなることもあります。

たとえば株価が下落しているときには株を買うことで含み損を抱えるため非常識な決断ということになりますが、株価が十分に下がった場面ではどこかの地点で含み損を抱えて損失が発生する可能性よりもその後の値上がり益を得られる可能性の方が高まるため、含み損を抱えても株を買う方が賢明な判断ということになります。

賢明な人が最初にやることは愚か者が最後にやることであり、非常識と思われていたことが常識になったときには、すでに危険な状態に陥っています。

投資したくないときに投資する

誰もがやっていないことをやることが求められる株式投資では、とにかく投資したくないときに投資するのが正解となります。

暴落期には株式投資することは無謀なことに思えます。明日、倒産するかもしれない会社に自分の大切な資産を投入することはバカげているように思えるものですが、多くの人にバカにされるようなタイミングで投資することが大きな利益を生み出します。

本能や常識に抗うことが求められるなら、あえて本能や常識では投資をしたくないときに投資することで大きな利益を得ることができます。

5.居心地の悪さを心地よく感じることが大切

悲観が渦巻く投資したくないときに投資すれば、常識的な人は居心地の悪さを感じるものです。そんな居心地の悪さを心地よく感じることができるようになれば、精神的なダメージを受けることなく投資を続けることができます。

他人と違うことを恐れない

多くの人は常識的で真面目な人間であるため、他人と違うことを恐れてしまうものです。

しかし株式投資をするときには、他人と違うことを恐れない変人にならなくていけません。

他人と違うことを恐れるどころか、他人と違うことで自分が正しいと思えるほどの図太さが必要になります。

多くの人が信奉している常識がどれほど軽薄なもので、自分の中で考えをまとめて信じ続けることができる軸を持つことができれば、他人と違うことをしていても怖くなくなります。

変人にならないと精神的に耐えられない

もし大儲けするために悲観が渦巻く投資したくないときに投資したとしても、株を持ち続けることができなければ投資は失敗に終わります。

周囲の考えに影響されて精神的な圧力に耐えることが難しい場合には、精神的に楽になるために株を手放す人も少なくありません。

逆張りで投資をするときには、変人にならなければ精神的に耐えることは困難です。

最後には狼狽売りすることになる

もし変人になりきれず精神的なダメージを受け続ければ、最後には狼狽売りをしてしまうことになります。

株式投資は長丁場であり、暴落期も株価が低迷している状態が長く続きます。株を買った後も数年間は株価が上昇せずに含み損を抱え続ける可能性は十分にあります。

その中で自分を信じて精神的ダメージに屈することなく投資を持続できなければ、どこかで精神的な負担に耐えられず損失が出ても狼狽売りしてしまうことになります。

最後まで株を手放さないように変人になりきって居心地の悪さをむしろ居心地のよく感じられるようになりましょう。

まとめ

株式投資に限らず投資の多くは、買いのタイミングを間違えなければ失敗することはありません。十分に安くなった資産を手に入れることができれば、収益性に問題が発生したり資産価値が低下したりしても、それ以上に安く買っているため損をすることはありません。

一方で十分に安くなった資産に投資するには鋼のメンタルが求められます。何も知らずに投資すれば恐れ知らずで投資できますが、ただ単純に価値のない資産をつかむことになりかねません。そのため資産の価値を理解して危険性を十分熟知して恐怖を感じながら投資する必要があり、最高の買いのタイミングで投資をするには恐怖から逃れることはできません。

恐怖を感じながら耐え続けて投資を続行することができるなら、大きな儲けを手に入れる才能があるということです。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , ,