ボラティリティが大きいときの株式投資の5つの注意点とは?大損失を絶対に避けろ!

   

大暴落を示すチャート

株式投資において株価の変動の度合いが激しいものはボラティリティが大きいといいます。ボラティリティが大きくなると株価が激しく乱高下することになります。

ボラティリティが大きさの度合いは恐怖指数と呼ばれる指数で確認することができますが、ボラティリティが大きいときの株式投資は慎重に行わなくていけません。特に不安定な市場が続く場合にはボラティリティが大きくなります。

今回は、ボラティリティが大きいときの株式投資の5つの注意点を説明していきます。大損失を絶対に避けて、とにかく生き残ることを優先しましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.リターンとリスクが大きくなっていることを意識する

ボラティリティが大きくなるということは、値動きが激しくなるということです。つまり大きく儲けることができる反面、大きな損失が発生する可能性も高いということです。

投資初心者には厳しい相場

ボラティリティが大きく値動きが激しい相場では、一瞬の判断の間違いが投資結果に大きな影響を与えます。

株の売買のタイミングを間違えてしまえば思わぬ投資結果をもたらす可能性も高くなります。

すばやく適切な判断が求められる場合、知識も経験も浅い投資初心者には不利です。時間を味方につけて我慢を重ねることで着実に儲けることができないからです。

バブル期や暴落期にはボラティリティが大きくなる場面がありますが、基本的に投資初心者には難しい場面であることを知っておきましょう。

爆発的なリターンを狙えるが損失も大きくなる

ボラティリティが大きくなれば、想像できないような爆発的なリターンを得ることができるようになります。

短期的に大きな利益を得て種銭を増やしたいと考えている人には魅力的な環境となります。

一方でリターンが高まる分だけリスクも高まります。失敗すれば大損失が発生して相場からの退場を余儀なくされる場合もあります。

爆発的なリターンが狙える一方で損失も大きくなるため、投資というより投機としての側面が強くなります。

方向性が分からないため着実な投資には不向き

株価が上昇するにしても下降するにしても、その方向性が判断できません。急激に上昇したり下降したりするなら、売買のタイミングを見計らうことは困難です。

そのため着実な投資には不向きな相場です。ゆっくりとした値動きでも上昇しているなら安心して投資することができますが、どれほど儲けるチャンスがあっても値動きが激しければなかなか手出しすることができません。

ボラティリティが大きい相場では、相当の自信と覚悟がなければ投資をすること自体が難しくなっています。

2.リスクの許容範囲を見極める

ボラティリティが大きくなっていても、リスクの許容範囲内で投資をしていれば基本的には問題がありません。リスクの許容範囲を見極めながら投資をすることが重要です。

少額の投資ならダメージも小さい

どれだけボラティリティが大きくても、投資額が少ないなら大したダメージになりません。

たとえば投資額が1万円なら、すべてを失ってしまっても致命的な損失にはなりません。もちろん1万円を失うことは辛いですが、1万円を失ったからといって人生が行き詰るようなことはないはずです。

ボラティリティが大きくても、リスクの許容範囲を見極めて投資額をコントロールしておけば投資自体は可能です。

ただしリスクの許容範囲を見極めることができなければ、リスクの許容範囲の外で投資をすることになり思わぬ損失を被る可能性が高まります。

想像を超えるリスクが潜んでいる

ボラティリティが大きくなれば、それまで問題にならなかったリスクが顕在化してしまう可能性が高まります。

リスクの顕在化が連鎖反応のように起こると、リスクが極大化する可能性も十分にあります。

ひとつの問題がほかの問題を引き起こすことで連鎖的に問題が生まれていき、想定以上に問題が大きくなればリスクの許容範囲を超えてしまう可能性もあります。

予測不可能なリスクは予測ができないため、リスクを考慮していても思わぬ損失を避けられない状態に陥ってしまうかもしれません。

レバレッジをかけると追加の証拠金が必要になる場合もある

リスクが大きくなればリターンも大きくなります。ボラティリティが大きくなったときに勝負をかけてレバレッジを利かせて投資をすることで大きな儲けを狙う人もいます。

注意しなくてはいけないのが、レバレッジをかけて投資をすれば追加の証拠金が必要になる場合もあるということです。

たとえば株価の値下がりを予想して株を空売りしていた場合、予想通りに株価が値下がりしても一時的に株価が急激に上昇してしまえば追加の証拠金が必要になる場合もあります。追加の証拠金が入れられなければ強制的にロスカットされることになります。

ここで重要なのは、予測自体が当たっていてもボラティリティが大きくなれば損失が発生してしまう可能性があるということです。ボラティリティが大きくなれば予想外の出来事が起こることも十分に考えられます。

ボラティリティが大きくなればリスクの許容範囲を見極めることが必要であるにもかかわらず、リスクの許容範囲を見極めることが非常に難しくなります。

3.長期投資は控えて短期投資をする

ボラティリティが大きくなっているときには、長期投資よりも短期投資が向いています。短期間で大きく稼ぐことに特化した投資をするべきです。

株を長く持ち続けることが危険

ボラティリティが大きくなり株価が激しく動くようになれば、連続して株価が上昇することもあれば連続して株価が下落することもあります。

もしボラティリティが大きくなっているタイミングで株を持ち続ければ、株価が想像を超えるほど値下がりしてしまう可能性があります。短期的に許容範囲を超えるほどの値下がりをすれば、時間をかけても株価が戻るか分かりません。

株価がどのように変動するのか分からないからこそ、株を長く持ち続けることには危険が生じます。

短期投資でコントロールする

短期投資をすれば、ボラティリティが大きくても利益と損失を限定してコントロールできます。

株を放置しておいて、思わぬところまで株価が下落してどうすることもできなくなるという事態を避けることができます。

常に油断できない状態だからこそ短期投資で集中して投資をする必要があります。

状況の変化にすばやく対応する

ボラティリティが大きくなっているということは、状況が目まぐるしく変化しているということです。

好条件や悪条件が次々に出てきて相場は混乱しており、さまざまな情報をすばやく織り込んで株価が決まっているということになっています。

そのような目まぐるしく状況が変化する状態では、常に状況の変化に目を光らしておかなくていけません。

状況の変化にすばやく対応するためには短期投資以外の選択肢はありません。

4.早めに損切りする

激しい値動きの中では早めに損切りすることで損失の拡大を防ぐことができます。損切りを躊躇していれば、それだけ損失が大きくなってしまいます。

大胆な損切りが必要

投資初心者は、どうしても損切りに躊躇してしまうものです。株価の上昇に期待してなかなか損切りできないものです。

その結果、株価が大きく下落してしまう許容できないレベルまで株価が下がってから狼狽売りすることになります。

ボラティリティが小さければ株価の下落にも時間がかかるため考える猶予もありますが、ボラティリティが大きければ考える時間も短いため致命的な損失を避けるためには大胆な損切りが必要になります。

的確で大胆な損切りができるのは上級者だけ

人間は心理的に利益よりも損失を避ける傾向にあります。そのため少しの含み益に対しては利益確定をするのに、小さな含み損は取り返そうという気持ちから損切りを遅らせる傾向にあります。

投資の上級者は、人間の心理に反した理論的な判断を下すことができるため的確で大胆な損切りを実行することができます。

一方の投資の初心者は、人間の心理に翻弄されて理論的な判断を下すことができずに損失を拡大させてしまいます。

早めに損切りできるのは百戦錬磨の投資家であるということを知っておきましょう。

損切り後の再投資まで必要になる

大胆な損切りをすれば、損切りした時点では最適な判断であっても結果的に損切りせずに投資しておいた方が大きな利益を望める場面も発生します。

そのため大胆な損切りができる投資家なら、損切り後に再び投資をすることもできます。

手数料を支払って損切りによって損失を確定させた後に再び手数料を支払って株を買うのは精神的に非常に難しい決断ですが、優れた短期投資家は屈辱的な決断も実行できます。

大きく儲けるためには瞬時に自分の失敗を認めて軌道修正できるほどの胆力も求められます。

5.基本的に投資を控える

ボラティリティが大きい場合、基本的には投資を控えておきましょう。値動きが激しい状況では投資初心者が投資することが難しく、大きな利益を得られても大きな損失を被ってしまう可能性があります。

堅実で着実な投資を目指すなら、ボラティリティが大きくなった時点で傍観するようにしましょう。

手出ししないのが賢明

荒れた相場に投資をするというのは、荒れた海に繰り出すようなものです。大物を狙うことができる一方で沈没してしまう可能性も十分にあります。

特に投資初心者は、わざわざボラティリティが大きくなっている相場で投資する必要はありません。着実に利益を狙える状況が整うまで待ってから投資をしても遅くありません。

よく分からないもの手出しをしないのは投資の原則です。儲けられる絶対の自信がないなら、投資をしないのが賢明な判断となります。

手出しするなら少額から

もしボラティリティが大きい場面で投資をしたいというなら、できるだけ少額で投資してみましょう。

少額なら精神的にも負担が小さく投資をコントロールしやすくなります。

少額の投資で思い通りの投資成果を出すことができてからでも本格的に投資するには遅くありません。

少額投資をして様子を見てから、投資額を増やして大きく稼ぐことを考えましょう。儲ける前に損をしないことを前提に動きましょう。

引き際をわきまえる

大きく儲けることができそうだと思っても絶対に引き際はわきまえておかなくてはいけません。

ボラティリティが大きい場合、状況が一変してしまうことも少なくありません。短期間で大きく稼いでいれば、それだけ短期間で大きく損をするということです。

あまり欲張りすぎては、せっかく儲けた利益も一瞬で失ってしまうことになりかねません。

引き際をわきまえて限定的に投資することで逃げ切ることができます。

まとめ

ボラティリティが大きい相場は、とにかく何が起こるのか分かりません。投資をしている投資家たちも何が起こっているのか分かっていないことが多く、雰囲気だけで投資をしていることも少なくありません。

混乱している相場では大きな利益を狙うことができる一方で自分が混乱してしまえば大きな損失を被る可能性があります。

ボラティリティが大きい相場は、落ち着いてからでも十分に利益を得られるチャンスは必ずやってきます。あまり焦らず落ち着いて着実に狙える利益を狙うことを目指しましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , ,