株式投資初心者が下げ相場の暴落期に損をしない5つの方法とは?まずは相場で生き残れ!

   

スマートフォンを手に持って微笑む女性

バブル期に意気揚々と投資をしていた株式投資初心者も大暴落による下げ相場に直面するとパニック状態に陥ってしまうものです。

また暴落期に投資をすれば儲かると考えて金融知識もなく勉強もせずに株式投資を開始した投資初心者は、暴落期を甘く見てとんでもないミスを冒して大損する可能性があります。

そこで今回は、株式投資初心者が下げ相場の暴落期に損をしない5つの方法をご紹介します。まずは相場で生き残ることを考えましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.底を打つまで株を買い控える

株価が下落している最中に投資をして儲けることは非常に難しく、海千山千の投資家であっても大きな損失を被ることが少なくありません。

株式投資の初心者であるにもかかわらず、わざわざ荒れている相場に挑む必要はありません。

下落中の株を買うのはリスクが高い

基本的に下落中の株を買うのはリスクが高く、株を買った途端に含み損を抱えてしまう可能性が高くなります。

上級者の投資家なら、株価が下落しているタイミングでも資金を切らさずに株を買い続けて底値付近で株を買っていくこともできますが、株価の先行きを見極めるだけの能力もなければ含み損を抱えながら株を買い続けるだけの胆力もない初心者の投資家にとっては、狼狽売りをしてしまう可能性が高い投資手法となります。

下落中の株を買うことは上級者の投資家でも難しいため、初心者がわざわざ挑戦する必要はありません。

底を打って値上がりする安全な株を買う

株を買うなら、下落している最中ではなく下落して底を打って上昇に転じた株を買うべきです。

完全な底値で株を買うことはできませんが、株価の上昇局面で株を買うことができれば安心して株を買い増していくことができます。

また底値で株を買うことができなくても、底を打って上昇したタイミングで買い始めれば長期的に見て十分に大きなリターンを得ることができます。

あまり欲張らずに安心して投資を続けられる状況を作り出すことが大切です。

安心して買える状況になるまで徹底的に我慢

初心者投資家は、とにかく我慢できません。

株式投資では、投資をすることよりも投資をしないことが大切です。

投資機会は投資家に合わせてめぐってくるものではありません。投資家が投資をしたいからといって儲かる銘柄が安くなるわけではありません。

投資するに値する銘柄が投資するに値する株価まで下がるには、ひたすら待ち続けることしかできません。

ところが初心者投資家は、とにかく投資をしたくなるものです。株価が下がり切る前に我慢できずに投資してしまうものです。

安心して買える状況になるまで徹底的に我慢するように心がけましょう。投資をするまでは損することは絶対にないため、得することが確信できるまで投資しないことが損失を抑えることにつながります。

2.大金を突っ込まない

投資の初心者は、たっぷりと蓄えている貯金を持っていることが多く、できるだけ早く投資しなければ投資効率が落ちてしまうと思いがちです。その結果、ついつい大きなお金を思いつきで突っ込みがちです。

あまり深く考えずに大金を突っ込んでしまうと、取り返しのつかないことになってしまう可能性が十分にあります。

思った以上にリスク許容度は低い

これまで株式投資をしたことがない投資初心者は、投資をイメージすることしかできません。

株式投資を始めるということは、株式投資は損するよりも得する可能性が高いと考えているはずです。わざわざ損することを始める人はいません。

そして得をすると考えて株式投資を始めているなら、イメージの中で大きく儲けるイメージが作り上げられているはずです。そしてイメージを実現するためには、リスクをとって大きく投資しなければいけないとも考えているはずです。

頭の中の儲けるイメージが強いと大金を投資した後の不安に襲われたときに耐えられなくなるものです。想像以上に自分のリスク許容度が低いことに気付くはずです。

欲しいものがある場合には大金を出しても納得できると思うものですが、実際に大金を支払って欲しかったものを手に入れてしまうと値段が高すぎたと後悔して納得できなくなるものです。手に入れることで欲望が満たされてしまい現実に引き戻されるものです。

株式投資でも同じで、銘柄に惚れ込んだ場合には特に購入後には満足感が失われ、急に不安に襲われるものです。

投資初心者は、思った以上にリスク許容度が低いことを胸に刻んで投資するようにしましょう。

投資資金を使い果たしてしまう

一度の投資に大金を突っ込んでしまうと、継続的に投資を続けるための投資資金を使い果たしてしまうことになります。

割安だと思って買ったものの、さらに株価が下落する可能性は十分にあります。投資資金を使い果たしていれば、さらに株価が下がったタイミングで株を買うことができなくなってしまいます。

また生活費が足りなくなったときには、投資資金不足になるどころか生活費不足になってしまいます。株を売ってお金を作る必要に迫られるかもしれません。

一度に大金を突っ込んでしまうと、その後の投資に支障をきたすことにもなるため注意が必要です。

失ってもいいと思える投資額の半分の額を投資する

最適な投資額は投資家によって異なります。どれくらいの資産を持っているのかやどのような仕事に就いてどれくらいの収入があるのか、さらには家族構成やライフステージによっても投資額は大きく異なります。

そのため明確に一律の投資額の基準はありません。

ただし自分で投資額を判断するときには、投資をしても精神的に負担にならない額を投資することがひとつの基準となります。余剰資金での投資が推奨されるのは余剰資金なら精神的な負担になりにくいためです。

そこでオススメの投資額が、失ってもいいと思える投資額の半分の額です。失ってもいいと思える投資額であっても実際に投資して危険に晒してみると惜しく思えてしまうものです。そのためさらに安全域を確保するために失ってもいいと思える投資額の半分の額を投資します。

失ってもいいと思える投資額の半分の額を投資してみれば、かなり安全なところで自分の気持ちの揺れ動きと変化を体験することができます。自分に合った投資額を見つけ出す手がかりになります。

初心者投資家は、大金を大金と思わずに突っ込んでしまうものです。そのため投資する前には、失ってもいいと思える投資額の半分の額であることを確認してから投資するようにしてみましょう。

3.激しい値動きをする危険な銘柄を買わない

個別銘柄の中には、激しい値動きをするものが存在します。値動きが激しい銘柄はボラティリティが高いということになりますが、ボラティリティが高い銘柄は大きな利益に期待できる反面、大きな損失を被る可能性もあります。

短期投資ならともかく、中長期で投資することを前提にしている投資初心者が手を出していいものではありません。

ボラティリティが高い銘柄は高難易度

基本的にボラティリティが高い銘柄を取り扱うのは難易度が非常に高く、売買のタイミングをしっかりと見極めることができる投資家でなければ投資することが難しい銘柄ということになります。

株式投資初心者は、株価が上がると利益を確定し、株価が下がると損失を取り戻すために損切りを遅らせてさらに株価が下落することで損失を拡大させる傾向にあります。

この小さな利益を確定して大きな損失を被ってしまう性質は人間に備わった本能であり、克服することは簡単ではありません。

ボラティリティが高い銘柄は、一瞬の判断の間違いによって大きな損失を被る可能性が高く、安心して投資することができません。

投資初心者であるにもかかわらず、わざわざ難しい銘柄に投資する理由はありません。

短期投資で利用される銘柄

激しい値動きをする危険な銘柄は、大きなリスクを抱えていることが少なくありません。そのため安心して長期間にわたって保有し続けることが難しい銘柄であり、多くの投資家は短期投資に利用します。

短期投資はマネーゲームでありゼロサムゲームです。ほかの投資家から安くかった株を別の投資家に高く売りつけることで利益が発生し、誰かが儲ければ誰かが損をするという世界です。

そのため短期投資は生き馬の目を抜くような厳しい世界で、デイトレードなどの短期投資で利益を出すには才能が必要不可欠になります。

長期的な投資で勝ち目があるなら投資する意味もありますが、短期投資で利用されるような銘柄をあえて選ぶ必要はありません。

取返しのつかない損失が発生する可能性がある

ボラティリティが高いということは、値動きが激しいということです。値動きが激しい理由の中には不確実性が含まれています。

簡単にいってしまうと何が起こるか分からない株ということです。株価が大きく上がることもあれば下がることもあり、株価が下がった場合にはどれだけ持ち続けても株価が再び上昇するかは分からないということです。

時間をかければ株価が元の値段に戻るならいいですが、時間をかけても株価が戻ると確信できなければ大きな損失が出ても損切りするしかなくなってしまいます。

株に限らずどのような投資商品であっても取返しのつかない損失が発生する可能性があることは間違いありませんが、特にボラティリティが高い値動きの激しい株は取返しのつかない損失が発生する可能性が非常に高いということになります。

4.余裕を持てる状態まで持ち株を減らす

もしすでにリスク許容度の範囲を超える株を持っているなら、大きな損失を避けるために損切りしてしまうものいいかもしれません。

株を持ち続けるだけの余裕がないなら、どこかのタイミングで必ず狼狽売りしてしまうことになるためです。

とりあえず持ち続けることが基本

株式投資では、株を売買するたびに手数料や税金が取られてしまうため、基本的に買った株は持ち続けることで損失を減らして利益を高めることにつながります。

ただし持ち続けることが結果につながるのは、妥当な値段で妥当な株を買った場合に限られます。

個別銘柄の中には、どうしようもない株も存在しています。さらにどうしようもないほど高値になっている場合もあり、どれだけ持ち続けていても利益をもたらしてくれない株もあります。そのような株はさっさと損切りする以外はありません。

しかしまともな株をまともな値段で買っているなら、一時的に暴落で株価が下がってもいつか株価は戻ります。長期投資においてはとりあえず持ち続けることが基本的な戦略となります。

余裕がないなら狼狽売りにつながる

基本的に株は持ち続けることが最適な結果となる可能性が高いですが、もし資金が少なかったり精神的に余裕を持つことができないなら売ってしまう方がいいかもしれません。

余裕がなければ遅かれ早かれ株を売却することになります。暴落期には株価が下がり続けるため、売却が遅れればそれだけ株価が下落して損失が拡大することになります。

大暴落の場合、株価が下落して底を打って元の株価に戻るまで数年を要することもあります。数年間も不安を抱きながら余裕のない状態で株を持ち続けることは投資初心者には困難です。

そして最後には、株価が下がったタイミングで余裕を失い精神的な負担から逃げ出すために狼狽売りすることになります。

狼狽売りをしてしまいそうならタイミングを見計らって早めに損切りしてしまった方が損失を最小限に抑えることができます。

一度にすべての株を損切りする必要はない

損切りをするときには、一度にすべての株を売ってしまう必要はありません。

大切なのは余裕を持つことであり、もし余裕を持つことができるなら株をすべて売却する必要はなく一部だけを売却すれば問題ありません。

手持ちの株の半分を売却したり、不安の種になっている銘柄だけを売却するのも戦略です。少しずつ株を売っていき、余裕を持てる状態になれば売却をやめて残りの株を保有することもできます。

すべての株を一度に売ってしまうと後悔することにもなりかねないため、株を売るときにも株を買うときくらいの慎重さが必要です。

5.株と金融の勉強をする

株式投資初心者が下げ相場の暴落期に損をしないためには、とにかく知識を詰め込むことが重要です。経験がない分、知識で補うしかありません。

楽して儲かることはない

株式投資は、理論的には投資さえしておけば放置するだけで大きな利益を得られます。しかし人間は機械ではないため理屈通りにはできません。

株式投資を始めれば、常に株のことが頭から離れなくなってしまいます。頻繁に株価をチェックするようになり、本業が手につかなくなる可能性もあります。

株価の変動に一喜一憂することになり、心を大きくかき乱されることになります。

労働をするわけではないため肉体的には疲れませんが、精神的には疲れてしまうのが株式投資です。

経験がなければ不安は倍増

株式投資も継続すれば慣れてくるものです。個人の特性にもよりますが、時間をかければ精神的にも安定してきます。

しかし経験がない投資初心者は不安が大きくなってしまいます。大きな不安を乗り越えなければ経験を得ることができないため不安を抱き続けながら長く投資をしなくてはいけなくなります。

経験がなければ不安になるのは当たり前であり、不安が株式投資の失敗につながることを考えれば投資初心者は失敗しやすい状態にあるといえます。

株と金融の知識があれば不安は和らぐ

お化けが怖いのは、お化けが怖い存在だからではありません。お化けの正体が分からないからです。

人間は分からないものを恐れるものであり、それは株式投資でも同じです。株式投資のことが分からなければ、株式投資が怖くなるのも当然です。

株式投資の恐怖から逃れるためには、勉強することで株と金融の知識を身に着けて株式投資への理解を深めるしかありません。

株と金融の知識があれば不安は和らぎ、不足している経験を知識で補うことができます。

まとめ

株式投資の初心者は、とにかく大きく儲けることばかりを考えがちです。しかし実際の株式投資では、大きく儲けることを考えるよりも損しないことを考えるべきです。

相場に残り続ければ大して欲張らなくても大きく儲けることはできます。損をせずに生き残ることさえできれば、自然と大きな利益を手にすることができます。

儲けようとせずに損しないことを心がけることが儲けることにつながります。特に投資初心者は大暴落に損をしやすいため、絶対に損をしないという気持ちで投資するようにしましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , ,