損切りせずに堪えるべき5つの乗り越えられる良い含み損とは?未来を見据えて耐えろ!

   

ハンカチをくわえて悔しがりながら堪えるサラリーマン

株式投資の世界では、株は買うか売るか保有するかのどれかしかありません。特に下げ相場では、株を売るか保有するかのどちらかを迫られることになります。

含み損を抱えた株を売るか保有するかを判断する場合、株の含み損がどのような性質のものなのかを確認することが必要です。

今回は、損切りせずに堪えるべき5つの乗り越えられる良い含み損をご紹介します。未来を見据えて耐えることが求められます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.十分な現金を持った状態での投資の含み損

含み損を抱えていても十分な現金を持っているなら無理に損切りをする必要はありません。

現金を持っているということは、資産配分が株式に偏っていないということであり、十分にリスクを考慮した投資を実現しているということになります。

あらゆるリスクに強い現金

現金はさまざまなリスクに対応することができるため、十分に現金を持っていれば多少のリスクなら乗り越えることができます。

株が大きな含み損を抱えている状態でもっとも避けたいのが株の売却。株を売却することになれば大きな損失が発生します。

現金を持っていなければ、お金が必要な場面でどうしても株を売却しなくていけなくなります。自分で株の売却時期をコントロールできないため損失は大きくなります。

リスクに強い現金を持っているなら、含み損を抱えた株があっても下げ相場を乗り切ることができます。

計算された資産配分(アセットアロケーション)

バブル期にはリスクを軽視してリターンを追い求めるものです。そのため現金のほとんどを投資してしまう投資家もいます。

しかしバブル期にも浮かれずにリスクを考慮して資産配分を計算していたなら、現金比率が高められています。

バブル期に突入しても現金比率が高ければ、株価が下落して含み損が拡大しても、総資産の目減りは限定的に抑え込むことができます。

たとえばすべての資産を株式で持っていれば、株価の下落がそのまま資産の減少につながります。株価が半分になれば資産も半分になります。

しかし株式を資産の半分にとどめて残りを現金にしておけば、株価の減少による資産の減少は限定されます。株価が半分に減少しても資産の減少は25%にとどまります。

しっかりと現金を持っているなら計算された資産配分であるため、含み損を抱えていても安心して下げ相場を乗り越えられます。

底値で株を買うチャンスを逃さない

現金を持っていない場合、下げ相場ではリスクが大きくなるだけでなく機会損失が発生する可能性も高くなります。

株を底値で買うことで資産を大きく増やすことができますが、資産の多くを株式に投資していて現金を持っていないなら底値で株を買うチャンスを逃すことになってしまいます。

現金を十分に持っているということは、株を底値で買う絶好のチャンスをつかむことができるということです。無理に含み損を抱えた株を売らなくても、十分な現金さえあればしっかりとチャンスをつかむことができます。

2.暴落を想定した投資の含み損

もし最初から暴落を想定して投資をしていたなら、含み損が発生しても狼狽することはありません。狼狽売りの心配がないなら無理に損切りする必要もありません。

含み損の発生も織り込み済み

含み損が発生することを覚悟しながら投資をしていれば、含み損が発生しても驚くことはありません。

含み損を考慮して投資をしているということは、含み損が発生しても最終的には儲けることができるという理論や方針を持って投資をしているはずです。

そのため実際に含み損が発生しても精神的なダメージは小さく、感情的になって冷静な判断ができなくなるということもありません。

含み損の発生も織り込み済みならすべては計算通りとなっているため、わざわざ損切りする必要もありません。

含み損が小さいため無視できる

暴落を想定して投資をしているということは、大きなリスクをとらずに最小限のリスクで投資をしていたということが考えられます。つまり投資額自体がそれほど大きくないということです。

たとえば1000万円を投資していて株価が半分になれば500万円の含み損を抱えることになります。余裕がなくなってしまう人も少なくありません。

しかし投資額が1000円なら株価が半分になって500円の含み損を抱えても狼狽する人はほとんどいません。500円の損失で人生がめちゃくちゃになったりすることはありません。

含み損が小さいなら損失も限定的となるため無理に損切りしてしまうこともありません。

精神的にも安定しているため狼狽売りをしない

含み損はそれだけでは損失にはなりません。含み損が損失になるのが株を売ったときです。

自分で損失をコントロールしながら株を売却するのは損切りですが、感情がコントロールできずに焦って株を売って不用意な損失が発生してしまえば狼狽売りとなります。

含み損が大きくなったタイミングで狼狽売りしてしまえば損失も大きくなってしまいます。

暴落を想定して投資をしていれば、含み損が発生しても精神的に安定した状態を保つことができます。そのため含み損が大きくなっても狼狽売りをせずに最後まで株を持ち続けることができます。

暴落を想定して投票していれば精神的にも安定しているため狼狽売りをする心配がありません。

3.積立投資の含み損

積立投資をしているなら、一時的に含み損が発生することも前提となっているはずです。

また積立投資は、含み損が発生するような下げ相場に投資することで最終的なリターンを拡大することができるため損切りをする必要はありません。

インデックス投資やドルコスト平均法での投資は継続

代表的な積立投資がインデックス投資やドルコスト平均法を用いた投資です。

定期的に定額の株を買い続けることで市場平均のリターンを目指すインデックス投資の場合、とにかく何も考えずにどのような状況に陥っても投資を続けることが重要です。

また投資信託やETFを積立投資している場合も同じで、ドルコスト平均法を用いて投資しているなら最初の投資方針を崩すことなく最後まで貫かなくてはいけません。

相場の状況や含み損を気にせずに投資を続けることが前提となっている積立投資の場合、とにかく継続し続けることが大切です。

含み損を抱える下げ相場が正念場

積立投資の場合、含み損を抱えるような下げ相場でしっかりと投資することが非常に重要になります。

下げ相場では株を安く買うことができます。しかし株が割安だったかどうかは後になってみなくては分かりません。

そのため積立投資では、常にどのような状況でも株を買い続けることで割高な株も割安な株も集めてリターンを出します。

もし含み損を抱えているからといって積立投資を中止してしまうと、割高な株を買って割安な株を買わないということになってしまいます。

積立投資においては含み損を抱えるような下げ相場こそが非常に重要であり、下げ相場にしっかりと投資しておくことでリターンを高めることができます。

株価があまりにも高いなら買い控える

積立投資の場合、下げ相場には株を買い続けることが求められますが、上げ相場では株を買い控えることでリターンを高めることができます。

ただしどれくらいの株価が割高なのか割安なのか判断できないからこそ積立投資をしているというのが前提であるため、株を買い控えることも推奨されません。

ただどう考えても株価が高いという状況は存在します。素人でも分かるほど株価が上がっているなら、無理に株を買わずに買い控えることで市場平均よりもリターンを高めることは可能です。

4.確固たる論理で株価の回復を信じられる投資の含み損

明確な投資方針を持っていて確固たる論理で株式投資をしていれば、一時的に含み損を抱えても株価の回復を信じることができるはずです。含み損を抱えていても気にする必要はありません。

最終的に株価が回復すれば問題はない

自分なりの考えを持って株価の回復を信じられる投資をしているなら、リスクまで考慮されていて狼狽売りを避けることもできるため含み損を抱えたままでも問題ありません。

含み損を抱えているときの最大の問題が狼狽売りです。焦って株を売ることさえ避けられるなら問題はありません。

ただし株価の回復を信じられる投資先は限定されています。株式投資の場合には、相場全体に投資するような投資信託や業績が好調な大企業などでなければ株価の回復を信じることは難しくなります。

株価が回復しない場合もある

割高な株を買ってしまっていたなら、株価が大きく下がってから回復するまでには長い時間が必要になります。

優良企業の株ならいつか株価が回復することも信じることができますが、そうでなければ株価の回復はなかなか信じられません。

また非常に割高な株を買ってしまえば優良企業であっても株価が回復しない場合があります。いつまで経っても含み損を抱え続けることになります。

株価が回復しない可能性も考慮しておかなくていけません。

会社が倒産することもある

株価が回復しないどころか会社が倒産する可能性さえあるのが株式投資です。

リスクを冒してリターンを得るのが株式投資であるため、大きなリスクをとって投資していたなら倒産するような会社に投資している場合もあります。

時間が経っても株価が回復しないなら損失が発生しても、損切りをすることでいくらかの資金を回収することはできます。しかし会社が倒産してしまえば資金を回収できなくなる可能性もあります。

株式投資の世界では株価が回復しないことや会社が倒産して資金を失うこともあるということは絶対に忘れてはいけません。

5.含み益の減少によって発生した含み損

かなり前から株式投資をしていれば、大きな含み益が発生している可能性は十分にあります。そして大きな含み益の一部が減少したような場合には、余裕があるなら含み損を抱えたまま損切りをしないという選択肢もあり得ます。

含み益の減少

含み損の一部が株価の下落によって失われているため、厳密に言えば含み損ということにはなりません。

含み益の減少は辛いものですが、身銭を切っているわけではないため精神的なダメージは小さく冷静さを保って気持ちをコントロールすることができます。

含み益が大きいなら、無理に損切りせずに株を持ち続けても問題ありません。

税金が発生する

下げ相場によって含み益の一部が減ってしまっても含み益には変わりません。損切りすれば税金が発生することになります。

そのためもし損切りをするなら、含み益が発生している株ではなく含み損を抱えている株を優先的に損切りするべきです。間接的に税金の支払いを先送りにすることで自由にできるお金を増やすことができます。

配当金のことを考えても、できるだけ大きなお金を長く投資している方が有利です。

含み益を抱えている株を売却すれば税金が発生してしまうため税金のことまで考えた損切りが必要になります。

本質的には含み損と同じ

含み益が減少しているだけなら含み損を抱えていないということになりますが、本質的には含み益の減少も含み損も同じです。

含み益はリスクをとった結果のリターンであり、含み益を得るためにリスクを冒しているはずです。リスクを冒して得た含み益は、投資した元本と何も変わりません。

含み益が減少しているだけと思って気持ちに余裕を持たせるのはいいですが、含み益の減少も含み損も本質的には同じ損であるということは分かっておきましょう。

まとめ

含み損の中にも良い含み損もあれば悪い含み損もあります。しかし簡単には良い含み損と悪い含み損を峻別することはできません。

簡単にいえば悪い含み損は自分ではコントロールすることが難しいもので、良い含み損は自分でしっかりとコントロールできるものですが、実際に含み損を抱えた状態でははなかなか判断できません。

どのような含み損であっても損であるため好ましいものではありませんが、同じように見える含み損であってもその違いを明確にしておくことで冷静な判断を下せるようになるはずです。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,