損切りしてすぐ逃げるべき5つの悪い含み損とは?逃げ遅れれば致命的損失になる!

   

スーツケースを持って走って逃げるビジネスマン

一般の個人投資家がプロの機関投資家に勝てない理由のひとつが損切りです。個人投資家はうまく損切りすることができず狼狽売りをしてしまうことで大きな損失を発生させてしまいます。

暴落期になり下げ相場で大きな含み損を抱えると、その対処に悩んでしまうものです。含み損を抱えたまま投資を続けるか損切りしてしまうかで悩んでいる投資家も少なくありません。

今回は、まだ投資経験が浅い初心者投資家なら絶対に知っておくべき損切りしてすぐ逃げるべき5つの悪い含み損をご紹介します。下げ相場から逃げ遅れれば致命的損失になることを肝に銘じましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.借金やレバレッジをかけた投資の含み損

リスク許容度を超えるような投資によって発生した含み損はできるだけ早く対処しておかないと、リスクが顕在化して許容できない損失を生み出すことになります。

借金やレバレッジをかけた投資の含み損はリスク許容度を大きく超えていることが少なくありません。

投資は余剰資金で行うもの

基本的にリスク許容度を考えれば、投資は余剰資金で行うものです。失っても大きなダメージを受けない範囲で投資することで、常に冷静な判断をすることができます。

特に初心者はリスク許容度が想像以上に低く、ちょっとした損失でも大きなダメージを受けてしまいます。

ところがバブル期には投資するほど大きなリターンを得ることができるため、リスク許容度を無視した投資をしてしまうものです。しかもリスク許容度を無視した投資をしていることに気付くことはできません。

投資はリスクを引き受けることができる範囲内で行うことが大前提となります。

借金によってリスクが膨らむ

借金を抱えていると返済を迫られることになります。そのため現金がないタイミングで返済を迫られると株を売却してでも現金を作る必要が出てきます。

問題は現金が必要となるタイミングです。現金が必要となったタイミングで株価が底値だった場合、大きな含み損がそのまま損失となってしまいます。

借金を抱えた状態で株の含み損を抱えていると、その時点で株を売却するタイミングをコントロールするのが難しくなります。

大した現金を持っておらず借金を抱えた状態で含み損のある株を持っているなら、とりあえず株を売って借金を返済しておきましょう。

レバレッジをかければ損失が大きくなる

レバレッジをかけて投資をするということは、借金をして投資をしているのとそれほど変わりません。

レバレッジをかけて投資すれば利益が大きくなる一方で損失も大きくなります。

含み損の拡大スピードも大きくなり、含み損が膨らみ続ければ追加の証拠金(マージンコール)を求められることになります。そして追加の証拠金を支払うことができなければ含み損が損失となってしまいます。

レバレッジをかけて投資をしている状態で含み損のある株を持っているなら、追加の証拠金を求められる前にさっさと逃げておきましょう。

2.バブル期に欲に負けて無理をした投資の含み損

バブル期にはリスクを無視して投資をすることでリターンを最大化できるため、気付かないうちに無理をして投資をしている場合があります。もし暴落期になってバブル期に無理をして投資をしていたことに気付いたなら、損切りしてしまいましょう。

暴落して無理な投資に気付く

バブル期にはとにかくリスクを無視して投資することが最適解となります。そのためリターンを最大化するためにはリスクを無視して投資することが正しいように思えます。

ところがリスクが顕在化すると状況は一変します。リスクを無視していた反動によってそれまでのリターンがすべて失われるような結末を迎えます。

バブル期には気付かずに過剰にリスクをとって投資してしまう傾向にあるため、リスクを無視していたかどうかは暴落したときに気付くことができます。

株価が暴落して含み損が拡大したときに不安があるならリスクをとりすぎた投資をしていた証拠となります。

リスク許容度を超える

損切りをすれば損失が発生してしまいますが、そのまま株を持ち続けていれば事態は深刻になっていきます。

リスク許容度を超える投資をしていればいつかは破綻してしまいます。リスクに耐え切れずに狼狽するか大きくなりすぎた損失に押し潰されてしまいます。

バブル期に欲に負けて無理をした投資の含み損は、その時点でリスク許容度を超えている可能性が非常に高いためコントロールできる間に損失を被っても逃げておきましょう。

強欲は恐怖の裏返し

強欲で投資をしていれば、それだけ恐怖も大きくなります。

リスクの許容範囲内で投資をしていたなら暴落期になって含み損が拡大しても恐怖を感じることはありません。なぜなら含み損が発生することを最初から織り込んで投資しているはずだからです。

もし強欲で投資をしていたなら暴落期の含み損は想定外の出来事になるはずです。強欲に対応して恐怖も大きく膨らみます。

含み損に対して恐怖心を感じたなら、それは自分でも気付かないうちにバブル期に強欲によって投資していたということです。損失が発生しても損切りする覚悟を決めましょう。

3.精神的に許容できない損失が発生する投資の含み損

どれだけお金に余裕があって論理的には問題がなくても、含み損に耐えられない人は必ずいます。

人間によって精神力には違いがあるため、精神的に許容できない損失が発生する投資の含み損があるなら損切りしましょう。

含み損が気になって仕方がない

大きな含み損を抱えてしまった人は、含み損が気になって仕方なくなるものです。

四六時中、株価のことが気になってしまったり、何度も株価のチャートをチェックしてしまったり、株価が気になって眠れなくなってしまいます。

含み損が気になってしまっているということは、精神的に大きな負担が発生しているということです。精神状態が不安定になり、いつも通りの生活を送ることが難しいなら精神的に許容できていない可能性があります。

お金に余裕があっても気になる

お金がなかったり資産のほとんどを投資しているなら含み損が気になるのも当然ですが、お金に余裕があっても含み損が気になるなら損切りした方がいいかもしれません。

株式投資は常に冷静な精神状態を行わなければならず、感情の起伏に翻弄されてしまうと大失敗してしまいます。

資産の配分を見て論理的に問題がなくても精神的に問題が発生しているなら、最終的に精神的な負担から解放されたいという気持ちが強くなり株を投げ売りしてしまう可能性もあります。

精神的に弱い人は十分に余裕を持って冷静に判断できるレベルにまで投資額を減らすようにしましょう。

精神力には個人差がある

精神力には個人差があり、許容できる含み損も大きく異なります。

どれだけ論理的に問題のない範囲であっても心配になってしまう人には心配になってしまうものです。

精神力には個人差があるため、同じような条件で投資をしていてもどうしても違いが発生します。

できる限り感情の起伏を抑えながら冷静な判断をするためには、自分の精神力がどの程度のものなのか見極める必要があります。

精神力を高めることは難しいですが、しっかりと勉強をしておくことで精神力を知識で補って多額の資金を運用しても精神的な負担を抑えることは可能です。

4.手持ちの現金が少ない状態での投資の含み損

手持ちの現金が少ないということは、現金が必要な場面では株を売らざるを得ない状況に陥ってしまいます。そのため手持ちの現金が少ない状態での投資の含み損を抱えているなら、損切りしてでも現金を確保しておきましょう。

実生活のリスク

現金がなければ実生活で困ってしまうことが起こります。

急な出来事でお金が必要になれば、お金を調達しなくていけなくなります。もし株を持っていたら、真っ先に株を売り払わなくていけなくなります。

暴落期に株価が下がっていれば、わざわざ株を安値で売る必要に迫られます。含み損が拡大していれば損失は大きなものになります。

暴落期にはお金が必要になる場面も多く、不景気になるため収入が減ったり失業したりすれば株を売ってでも生活資金を作る必要に迫られます。

株式投資では実生活のリスクも大きな影響を与えることがあるため、手持ちの現金は欠かすことができません。

投資機会を逃す

含み損を抱えているということは暴落期である可能性も否定できません。もし株価が下がり続ければ含み損が拡大する一方で大きな利益を得られるチャンスがやってくるということにもなります。

株価が底値のタイミングで株を買い漁ることができれば、株価の回復によって利益を得られる可能性は非常に高くなります。

ところが株価が下落したときに現金を持っていなければ、株を買い増すことができません。含み損を抱えた株の損切りによって発生する小さな損失を避けたことで、底値で株を買うという投資機会を失っては総合的なリターンは低くなってしまいます。

十分な現金を持たずにバブル期に突入してしまうと、大きなリスクを抱えるだけでなく大きなリターンを手に入れるチャンスを逃すことにもなります。

リスクを抑えつつリターンを増やせる

手持ちの現金が少ない状態での投資の含み損を抱えているなら、資金を作るためにも一部の株を売却してしまいましょう。

一時的には損失が発生しますが、その後の株価の変動次第では損失を取り戻すことができる可能性は十分にあります。

資金を作って手元に現金を置いておくことで、さまざまなリスクを回避しながらここぞというときには大きなリターンを作り出すことができます。

現金の重要性を理解しているなら、どれだけ投資機会に恵まれていたとしても現金を使い果たして投資するようなことはやめておきましょう。

5.確固たる論理を持たない投資の含み損

どれだけ莫大な含み損を抱えていても、自分なりの投資スタイルが

確立されていて将来的に大きなリターンを手にすることが分かっているなら、含み損を抱えたまま相場を乗り越えることもできます。

しかし確固たる論理を持たずに投資をした結果、株が含み損を抱え始めれば最後には狼狽売りすることになってしまいます。

インデックス投資とドルコスト平均法

確固たる論理の代表例はインデックス投資とドルコスト平均法です。

インデックス投資とドルコスト平均法を組み合わせた投資手法では、一時的に含み損を抱えても長期的には株式相場の平均的なリターンを手にすることを目指します。

そのためインデックス投資とドルコスト平均法を組み合わせた投資手法を行っているなら、含み損を抱えても投資を続けるべきです。むしろ含み損を抱えるような下げ相場こそ、投資を続けることでリターンを最大化することができます。

インデックス投資とドルコスト平均法という確固たる論理ががあるなら、どれだけ大きな含み損を抱えても気にならないはずです。

方針がなくなんとなく投資していたら引き上げる

もし明確な方針を持たずになんとなく投資していたなら、含み益を損切りしてでも引き上げてしまいましょう。

明確な方針を持っているなら、誰にでも簡潔に説明することができるはずです。もし説明ができないなら、それは明確な方針を持っていないということです。

短期投資なのか長期投資なのか、バリュー投資なのかグロース投資なのかなど、分かりやすい投資手法を持っていないなら、自分がどのような判断材料で投資しているのかを確認してみましょう。

方針を持っていても含み損で気持ちがグラついたら撤退

もし方針を持って投資を行っていても、含み損を抱えただけで気持ちがグラついてしまったなら撤退しておきましょう。

方針を持って投資していたと思っていても、含み損を抱えただけで気持ちが揺れるようなら、その方針は信じるに値しない可能性があります。

投資方針を最後まで守り続けることができなければ、どこかで狼狽する可能性があります。狼狽売りを防ぐためには、どのような状況に陥っても信じられる投資方針を持っていなくてはいけません。

方針を持っていても含み損で気持ちがグラついたら撤退しましょう。

まとめ

本来なら含み損を抱えたときには、株を買う絶好のチャンスがやってきた証拠となるため大喜びするものです。ところが含み損を抱えたことに恐怖しているなら、それはそれまでの投資が間違っていたということになります。

頭の中でどれほど大丈夫だと思っていても、含み損を抱えると気持ちが大きく変化するものです。気持ちが変化したなら、なぜ気持ちが変化したのかを突き止めましょう。

含み損を抱えた株を損切りする場合には、一度に全てを損切りする必要はありません。必要な株は残し不要な株を損切りするようにしましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,