下げ相場を切り抜ける5つの方法とは?新人投資家は焦らず冷静に対処して生き残れ!

   

ノートパソコンの前で頭を抱える男

ここ10年で株式投資を開始した人は長い上げ相場の中で投資をしてきたため、とりあえず何も考えずに投資していれば報われてきました。ところが急激な大暴落や大きな下げ相場に直面すればうろたえてしまうはずです。

そんな下げ相場での対処を間違えてしまえば、大損失を被るだけでなく相場からの退場を余儀なくされることになります。

そこで今回は、投資初心者なら絶対にチェックしておかなくてはいけない下げ相場を切り抜ける5つの方法をご紹介します。新人投資家は焦らず冷静に対処して生き残ることを目標にしましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.持っておくことが難しい株は損切りをする

もし資産の多くを株に投資しているなら、損切りしてでも現金に換えておくべきです。手持ちの資金を増やしておくことで、損失を限定しながらいざというときにも対処できるようになります。

投資先によっても安心して持ち続けることができない株は早い段階で手放しておくことを推奨します。

リスクが大きすぎる株

株は銘柄によってリスクは大きく異なります。大企業で業績も好調な会社の株なら保有するリスクは小さく、中小企業で業績が不安定で先行き不透明な会社の株なら保有するリスクは大きくなります。

また借金をして投資していたりレバレッジをかけて投資をしていたりすれば、利益が拡大される一方で損失も拡大されるためリスクも大きく跳ね上がってしまいます。

投資額が大きければリスクも大きくなります。無理をして投資資金を増やしていれば、失ったときの損失も致命的なものになります。

許容できるリスクは投資家によって異なりますが、あまりにもリスクが大きいと思える株があるなら損切りしておきましょう。

手元の現金が少ないとき

手元の資金が少なければ、いざというときに現金不足に陥ってしまいます。暴落期には景気も後退するため現金が必要となる状況に陥ることも増えます。現金があれば乗り切ることができるトラブルもあります。

手元の現金が少ないならあらかじめ株を売って現金を確保しておきましょう。株価が大暴落してから現金が必要な状態に陥ってしまえば、安値で無理に株を売却して大きな損失を出しながら現金を確保しなくてはいけなくなります。

絶対に株を売りたくない場面で株を売らなくてもいいように、損失を被ってでも早めに株を売って現金を確保しておきましょう。

精神的に持ち続けることができない株

投資額やリスクなどを総合的に考えて、下げ相場で保有を続けることで精神的に大きな負担が発生する株は手放しておきましょう。

ポイントは睡眠です。眠るときに株のことを忘れてぐっすりと眠れるならリスクを許容することができる可能性は高いですが、株のことが気になって眠れなくなるほど不安なら精神的に大きな負担が発生しているということになります。

株を持ち続けることが辛いなら精神的な理由から最終的に手放してしまう可能性があります。株価が下がってから手放すことになる前にさっさと売って精神的に楽になっておきましょう。

2.保有できる株は絶対に手放さない

下げ相場を切り抜けるためには、手放す株を早めに損切りする一方で保有できる株は絶対に手放さないことが大切です。

迷っているうちに株価が下がってしまってから手放せば狼狽売りとなり大きな損失に直結することになります。

安心できる投資先に投資した株

財務状況がしっかりしていて業績も好調な優良企業に投資しているなら、株価が一時的に下がってもすぐに戻る可能性は十分にあります。

強いブランド力を持ち多数の顧客を抱え生活に欠かせない商品やサービスを提供している優良企業の株なら最後まで信じて持ち続けることができます。

精神的な不安に襲われることもなく株価の回復も見込むことができる株なら狼狽売りはせずに絶対に持っておきましょう。

十分な現金を持っている

十分な現金が確保できていて緊急事態にも対応できるなら無理に株を売って現金を確保する必要はありません。

現金を持っておくことは非常に重要であり、どれくらいの現金を持っていることが最適なのかは投資家によって異なりますが、最低でも6カ月間は生活ができるだけの資金は残しておくようにしましょう。

十分な現金を保有しているなら株を売らずに持っておきましょう。

株価が戻ると信じられる株

株価がどれだけ下がっても損失は発生しません。株を売らずに保有しておけば含み損は発生しますが損失にはなりません。

損失が発生するのは株を売却したときです。

そのため含み損を抱えていても株価が戻ることを信じて保有しておくことができれば、株価が戻れば含み損が解消されます。

どれだけ株価が下落しても株価が戻ることを信じ続けることができるならとにかく保有し続けることで下げ相場を乗り越えることができます。

3.相場のチェックを続ける

下げ相場になると精神的な負担を軽減するためにあえて相場のチェックを止めてしまう人もいますが、現在の下げ相場だけでなく将来の下げ相場も乗り切りたいなら相場のチェックは続けておきましょう。

精神的なダメージを確認する

下げ相場で資産が減り続けるのは辛いものですが、その中で精神的なダメージがどの程度のものなのか確認しておきましょう。

それほど株価が下がっておらず、今後もまだまだ下がり続けるような状態であるにもかかわらず精神的に限界を感じているなら、早めに株を売ってしまう方がいいかもしれません。

株式投資では精神的な強さが重要であり、資産の変動に動じることなく冷静に判断しなくてはいけません。それなのに精神的に大きくダメージを受けるならリスクが大きすぎる可能性があります。

相場のチェックを続けながら精神的な変化を確認しておきましょう。

下げ相場で学習する

下げ相場で大きな損失が発生しても、そこからさまざまなことを学ぶことができれば損失もムダになりません。

投資家としてレベルアップしたいなら下げ相場を経験しておくことは極めて重要です。

特に今後も株式投資を続けるつもりなら、下げ相場を体験しておくことで次の下げ相場にも対応できるようになります。

歴史的な下げ相場を体験しておけば投資家としての大きな財産になることは間違いありません。

チャートの推移から逃げるタイミングを見計らう

株を売るべきだと判断して損切りする場合でも、すぐに売らずにタイミングを見計らうことで損失を最小限に抑えることができるかもしれません。

大暴落と呼ばれるような下げ相場においても、一方的に株価が下がり続けることはありません。株価が大きく下がった後には反発して急上昇することも多く、上げ下げを繰り返しながら下がっていきます。

そのため大きく下がった後に株を売却することで最小限の損失で逃げることができます。

4.焦って株を買わない

下げ相場では株がバーゲンセールで売られることになります。買い時を探していた投資家にとっては千載一遇のチャンスとなります。

しかし下げ相場はどこまで続くのか分かりません。底だと思って買ってもさらに下げ続けて含み損を抱える可能性もあります。

大きく下がっても反動で上がる

株価は一方的に下がり続けることはなく、大きく下がればその反動で大きく上がることもあります。

下がったり上がったりを繰り返しながら下がり続けることになるため、下がった後に上がり出したのを見て底を打ったと思って焦って買うと大きな損失が発生する場合もあります。

さらに株価が下がり続ければ含み損を抱えることになり、どこまで下がるのか分からなくなって売ってしまうようなこともあります。

大前提として株価は大きく下がっても反動で上がることを理解しておきましょう。

長期間にわたって株価は下がる

10年に1度の大暴落などの場合には、株価は短期間で下がりきることはありません。長期間にわたって下がり続けることになります。

数カ月から数年をかけて株価が下落することもあり、焦って早い段階で株を買ってしまうと本当の絶好の買い場を迎えたときには資金が枯渇している可能性さえあります。

また早い段階で焦って株を買うと大きな含み損を抱えることにもなります。

株価の下落は思っている以上に長期間にわたって持続的に続くということを知っておけば、焦ってチャンスを逃すことを防ぐことができます。

不測の事態に備えた現金は残しておく

どれほど株価が下落して買いたくなっても、絶対に全ての資金を投資しないようにしておきましょう。

一定額の現金を残しておけば、不測の事態に陥っても対処することができます。

余剰資金があれば生活の中でお金が必要なときにも対処することができ、さらに株価が下落したときにも追加で株を買うことができます。

完全に資金を使い果たさずに残しておくことで、何があっても対処することができるようになります。下げ相場を乗り切るためには資金を使い果たしてはいけません。

5.全てを忘れて放置する

株価に一喜一憂してしまい下げ相場に耐えられそうにないなら、全てを忘れて放置してしまうというのもひとつの方法です。下げ相場で学ぶことはできませんが、精神を揺さぶられなければ耐えることはできるかもしれません。

株式投資の運用成績上位者は投資したことを忘れた人と死んだ人

株式投資の運用成績上位者は投資したことを忘れた人と死んだ人とされています。つまり株式投資は不用意に売買を繰り返さずに放置しておくことがもっとも投資効率を高めることができるということです。

株価が下がっても投資したことを忘れていたり死んだりしていれば狼狽することもなければ株を売ることもありません。そのまま株価が底を打って反転し、再び上昇に転じて含み益を生み出すことになります。

全てを忘れて放置することで下げ相場を乗り切る方法は、まさに投資したことを忘れることと同じです。

株価回復を待つだけ

株価は長期的には右肩上がりで推移しており、年間7%で上昇していきます。そのため何も考えずに投資を続ければどこかで報われることになります。

もし株価が長期的に上昇しないとなれば、それは資本主義経済が崩壊して企業が成長しなくなったときです。そんな状況なら、そもそもお金が価値や意味を失っている可能性も高く、お金を儲けることにも意味がないかもしれません。

究極的に考えて最後には株価が上昇することを信じて忘却すれば、投資家としてレベルアップすることはできなくても下げ相場を乗り切ることはできます。

インデックス投資は続ける

下げ相場になると含み損を抱えることになるため投資を止めてしまう人も現れますが、もしインデックス投資をしているなら絶対に止めてはいけません。

インデックス投資では定期的に定額を投資するドルコスト平均法が採用されることがほとんどです。

ドルコスト平均法は、株価を気にせず株を買い続けることで総合的な利回りを上げることができる投資手法となっています。

そのため含み損を抱えながら買い続けることには大きな意味があり、含み損を抱えながら買い続けなければ総合的な利回りが低下してしまうことになります。

インデックス投資をしているなら定期的に一定額の株を買う設定をしているはずです。下げ相場で含み損が増えていく状況であっても定期購入する設定をしていたことを忘れてインデックス投資は止めないようにしましょう。

まとめ

株式投資をしているなら絶対に避けて通れないのが下げ相場です。特に歴史に名を残すような10年に1回の頻度で起こる大暴落と呼ばれる下げ相場では、多くの投資家のリスクが顕在化して相場からの退場を余儀なくされます。

そのため下げ相場に対応することは必要であり、同時に下げ相場をうまく乗り切ることで底値で株を買って資産を大きく増やすことができます。

下げ相場はピンチとチャンスが表裏一体となっているため、下げ相場を乗り切ることができれば夢のようなリターンを手に入れることができます。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , ,