株式投資で暴落時に意識すべき5つのメンタルケア方法とは?精神崩壊が投資結果を左右する!

   

砂漠でうつ伏せになって倒れている女の子

株式投資では大暴落によって失うのは資産だけではありません。多くの投資家が相場に残り続けられない理由が精神へのダメージです。

株価が下落して資産額がタイムリーに減っていくと、精神的な負担が大きく下落に慣れていない投資家は精神的なダメージによって株式相場から離れてしまうことになります。

今回は、株式投資だけでなくあらゆる投資をするなら絶対に知っておくべき株式投資で暴落時に意識すべき5つのメンタルケア方法をご紹介します。精神崩壊が投資結果を左右することになります。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.失敗や損失を認める

投資家の中には、自分の失敗や損失を認められない人もいます。精神的なダメージを避けるために後から理由を作って自分の投資判断を正当化しようとする投資家もいますが、失敗や損失を認めない限り必ず同じような失敗を繰り返してしまいます。

そのためまずは素直に自分の失敗や損失を認めるところから始めましょう。

どのような投資結果でも精神的にダメージを受けているなら投資に失敗している

もしリスクをしっかりと把握してリスク許容度の範囲内で投資をしていたり、妥当な株価だと思って株を買っているとすれば、株価が下がっても精神的に大きなダメージを受けるはずはありません。

もちろん含み損を抱えることは嬉しいことではありませんが、精神的に不安定になるほどの負荷がかかることはないはずです。

なぜならリスク許容度の範囲内で投資していれば投資したお金を失っても問題がないと思えるはずであり、妥当な株価だと思って株を買っているならさらに値下がりした株は割安になっているため追加投資したくなるはずだからです。

たとえば投資額が100円なら失っても吐き気を催すような精神的なダメージを受けることはないはずです。また日経平均が200円のときに投資して100円になってしまっても資産が半分になっていても大喜びで追加投資を決断するはずです。

精神的にダメージを受けているなら、その投資には何かしらの問題があるということです。

言い訳をして方針を変えない

投資結果に狼狽して精神的なダメージを受けているはずなのに、自分のプライドを守るために失敗を認めずに言い訳をしたり投資の理由を後付けする投資家がいます。

分かりやすいのが短期投資と長期投資の切り替えです。

短期的に儲けるために投資したつもりが株価が下がってしまったため売るに売れず、まるで最初から長期投資するために買ったと自分にウソをついて株を塩漬けにしてしまうようなことをします。

また長期投資のために投資したのに、株価が急激に上昇したため目先の利益を得るために株を売却してしまい、自分の投資手腕に酔いしれるといったものもあります。

自分の投資判断に対して言い訳をして方針を変えてしまうと、その場その場の状況に流されて精神的なダメージを避けるような決断を繰り返し、最後には大きな損失を出してしまうことになります。

言い訳をして方針を変えれば、その瞬間は精神的なダメージから逃げることはできますが投資家として成長することはできません。

素直に失敗を認める

投資結果を見て精神的なダメージを受けてしまったなら、まずは素直に失敗を認めましょう。

投資判断を間違えたことを認めることで、投資判断を間違えてしまった理由や原因を見つけることができます。

そして投資判断の間違いを認めて学習することができれば、同じような失敗は避けることができます。

素直に失敗を認めることは苦しいですが、同じ損失を出すなら言い訳をして逃げるよりも勉強代と考えて損失以上に学ぶ方が絶対にお得です。

失敗は成功のもと

使い古された言葉ですが、投資家が絶対に覚えておきたい言葉が「失敗は成功のもと」です。

投資においては何が成功で何が失敗なのか判断できるのは自分だけです。リターンが1%でも狙い通りなら大成功であり、リターンが20%でも狙いが外れていれば大失敗になるのが投資だからです。

投資家は誰でも絶対に失敗します。失敗をしない投資家はおらず、失敗が少ない投資家は失敗を糧にして成長しています。

まずは失敗を認めてポジティブに受け入れることで、精神的なダメージを真正面から受け止めて消化して次の投資につなげることができます。

2.損切りして相場から逃げる

損切りできるのは数多くある投資の中でも株式投資だけに許された特権ともいえます。ほかの投資の中には、投資したものの失敗しても損切りすら許されず、ひたすら損失を垂れ流し続けることになる投資もあります。

分かりやすのが不動産投資であり、不動産投資では失敗しても簡単に物件を売却できず数年間も物件を持ち続けて逃げ道を探し続けなければいけない場合もあります。

しかし株式投資なら、損失が発生するものの損切りをして逃げ出すことが容易です。精神的なダメージを避けるために、いったん損切りして相場から逃げることも大切です。

狼狽売りは避ける

損切りとは、損失を覚悟して株を売却して利益を確定する方法です。

一方の狼狽売りとは、急激な株価の下落などで精神的に不安になって損失を覚悟しながら焦って株を売ってしまうことです。

損切りと狼狽売りは似ているようで全く異なります。

損切りの場合はそれ以上の株価の上昇が見込めないと判断したタイミングで適切に株を売却しますが、狼狽売りの場合は精神的なダメージを避けるためだけに株価を気にせずに株を売却してしまいます。

株価が急激に下落したタイミングでは、さらに株価が下がるのか反発して上昇するのかはなかなか判断できません。株価が下がったタイミングで売ってしまえば損失が大きくなります。

そのため損切りするときには、株価が下がり始めたときにすぐに売るか、株価が底を打って一時的に上昇したときに売るのが正解です。

狼狽売りを避けるポイントは、できるだけ株を売りたくないタイミングで売ることにあります。株価が下がり始めたときにはまだ下がるのか分からないため売りたいとは思えず、株価が底を打って一時的に上昇したときにはさらに反発して上がる可能性があるためやはり売りたいとは思えないはずです。

しかし狼狽売りをする投資家は、精神的な負担に耐え切れずとにかく売りたいときに売ってしまいます。

損切りだと思って狼狽売りをしている投資家も多いため、狼狽売りと損切りは区別しておかなくてはいけません。株式投資では、とにかく投資家に辛い判断が迫られることを肝に銘じ、泣きながら苦渋の決断を下すことこそが最良だと考えておきましょう。

一度に全株を損切りしない

メンタルケアのために損切りをするなら、一度に全ての株を損切りするようなことはやめておきましょう。

株価が下落して精神的にダメージを受けているということは、リスク許容度の範囲内での投資ができていない可能性があります。つまりリスク許容度の範囲内で投資できるなら株価の下落に対しても精神が耐えられるということです。

また損切り後に株価が上昇する可能性も十分にあります。もしすべての株を売却してしまえば、株価の上昇によって得られるはずの利益を損なう可能性もあります。

そのため損切りをする場合には、リスク許容度の範囲内におさまる程度まで持ち株を減らすことを意識しましょう。そして株価の変動に対応するため段階的に株を売却していくことも忘れてはいけません。

冷静さを取り戻してから再投資する

損切りをしたからといって再び投資をしてはいけないということはありません。

もし冷静さを取り戻して損切り後にリターンを得られると思うタイミングがあれば、積極果敢に投資していきましょう。

損切りをして相場を離れることは損失の拡大を防ぐだけでなく精神をコントロールするためでもあります。

もし冷静な判断を下せるようになったなら、損失によって得られた経験を生かして投資を続行しましょう。

3.当初の投資方針を再確認する

精神的なダメージから逃げるために当初の投資方針を変更してしまう人もいますが、精神面をコントロールするためにはむしろ当初の投資方針を守ることが重要です。投資の投資方針を再確認することで、株を売却せずに含み損に耐え続けることもできます。

投資のゴールをチェックする

当初の投資方針を再確認すれば、どこにゴールを設定して投資を開始したのか思い出すことができるはずです。

株価が下落した場面で投資方針がブレやすいのは長期投資です。

もし長期投資で何十年も先のことまで考えて投資を開始してたなら、目先の株価の乱高下に惑わされてはいけないことを再確認することができます。

長期投資なのに株価の急落による含み損にうろたえているのは、世界一周を目指して出発したのに転んでヒザを擦りむいたから旅を続けられないと落ち込んでいるようなものです。

もし投資のゴールが遠い未来にあるなら、一時的に株価が下がろうが気にする必要はありません。

投資方針に間違いがないか確認する

当初の投資方針が間違っていないなら株価の下落を気にせずに投資を続行することで精神を守ることができます。

ところが当初の投資方針が間違っていたのなら、精神的なダメージが大きくなるはずです。

よくあるのが見通しの甘さです。頭で理解して理屈で納得していても、実際に自分の資産を投資してみると精神的な負荷が大きく耐えられない場合があります。

また楽観的な見通しでリスク許容度を無視して投資をしてしまうと、投資方針を守っていても投資方針が間違っているため投資は失敗に終わります。

株価の下落を自分の投資方針のチェックポイントだと考えて、間違っていると判断するなら徹底なり修正なりしましょう。損失が出ても早めに気付いて軌道修正できたことを喜ぶくらいでちょうどよいかもしれません。

投資方針が間違っていないなら気にせず投資を続ける

もし投資方針をチェックして問題がないなら、株価が下落していても精神的にダメージを受けることはありません。

なぜなら株価の下落も投資方針に織り込まれているはずだからです。

株価が下落することも、含み損を抱えてしまうことも、その後に株価が上昇に転じて利益を得られることも想定の範囲内なら、精神が崩壊して焦って狼狽売りすることもないはずです。

投資方針が間違っていないなら自分の判断に自信を持って一時的な含み損を甘んじて受け入れましょう。

4.10年後や20年後を見据える

株式投資をするときには長い目で見ることが大切です。一時的な株価の変動に踊らされずに長期的な視点を持ちましょう。

社会の発展は株価に反映される

株価が上昇する理由はさまざまですが、根源的な株価の上昇は社会の発展によってもたらされます。

資本主義社会においては、企業が成長して発展し、人々が豊かに暮らすことで世界の富が増加します。

そして世界の富の増加が株価に発展されるため、株価は上昇を続けます。

まずは社会の発展が株価に反映されるという大前提を頭に入れましょう。

10年後や20年後は今より豊かなのか?

社会の発展が株価に反映されることを前提として、10年後や20年後について想像しましょう。

10年後や20年後に社会が発展していれば、当然ながら株価は大きく上昇しているはずです。

もし株価が10年後や20年後に上昇していないと思うなら、それは社会が発展せずに今の状態を維持しているどころか、大きな戦争で都市が荒廃しているような状態であると考えるべきです。

10年後や20年後は今より豊かだと思えるなら、株価が上昇する可能性は非常に高くなります。

長期的な視点で安心感が増す

もし長期的な視点で株価が上昇すると信じることができるなら、グラグラになっていた不安定な精神も少しは落ち着けることができるはずです。

一時的に含み損を抱えたり数年間の景気後退局面を迎えることはありますが、それでも10年後や20年後という長い視点に立てば不安になる要素はないはずです。

長期的な視点を持って株価を眺めることで、不安定になっていた精神に冷静さを取り戻すことができます。

5.株式投資以外の収入源に目を向ける

株式投資をしていると、相場ばかりを追いかけて株価の上下に一喜一憂してしまいます。しかしどれだけ一喜一憂してもお金が儲かるわけではありません。

株式投資以外の収入源にも目を向けることで落ち着きを取り戻すことができます。

投資した資金を失っても死なない

もし働いていて少なくても安定的な収入があるなら、レバレッジをかけて投資をしていない限りは投資した資金を失っても死ぬようなことはありません。

株式投資でお金を儲けるのはお金を使って楽に暮らすためです。お金を失えば楽に暮らすことはできなくなるかもしれませんが、致命的な状態に陥ることはありません。

リスク許容度の範囲内で投資をしているなら、投資したお金がなくなっても大きな痛手にはならないと自覚しましょう。

労働収入があるなら安心

株式投資によって資産が上下していても、労働収入によって一定の金額が入っているなら安心することができます。

もちろん期待していた儲けが手に入らないのは辛いものですが、それでも労働収入がしっかりと入っている限りは安心です。

資産は株式だけではありません。労働収入はもちろんスキルなども大切な資産です。

株式投資以外にも目を向けてみることで精神的に落ち着くことができます。

仕事に熱中する

もし目の前にやるべき仕事があるなら、株式投資から離れて仕事に集中するのもいいかもしれません。

専業の投資家なら仕事は株式投資ということにもなりますが、株式投資以外にも仕事をしているならそちらに目を向けてみましょう。

株価の変動をどれだけ追いかけても株価が上昇することはありません。

長期投資をしていた株の売却タイミングを見計らう場面ではないなら、仕事に熱中して株のことは忘れてしまいましょう。

まとめ

株価が急激に下落すると含み損が発生することもあります。さらに精神的なダメージから狼狽売りをすることによって大きな損失が発生してしまう場合もあります。

ここで重要ななのが、株価が急激に下落して含み損を抱えても狼狽売りしなければ損失は発生しないということです。損失を発生させるのは弱い心です。

そのため株式投資をするならメンタルケアは非常に重要です。投資家心理をコントロールすることによって含み損を損失につなげるのを阻止することができます。

急激に株価が下落してどうしても株を売りたくなった場合には、精神を落ち着けて本当に株を売るべきなのかしっかりと考えてから判断しましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , , , ,