リスク許容度の範囲内で株式投資をすべき5つの理由とは?最悪の事態を想定した投資が基本!

   

手をつないで崖に立つ女性

投資をするうえでリスク許容度を見定めることは非常に重要であり、特に株式投資の場合は激しい値動きと株式をすぐに売却できる環境が整っているためリスク許容度の範囲内で投資していなければ相場に翻弄されることになります。

リスク許容度の範囲内で投資していれば株を持ち続けることも損切りすることも理性的に判断できるため大きな損失を避けることができますが、リスク許容度の範囲を超えて投資をしていればコントロールは不可能になってしまいます。

今回は、リスク許容度の範囲内で株式投資をするべき5つの理由をご紹介します。最悪の事態を想定した投資が基本であることを理解しましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.耐えられない精神的な負担を回避できる

リスクを軽視した投資を行うのは楽観的なムードが漂うバブル期です。ところがリスクが顕在化してリスク許容度の範囲内で投資をしていたのか試されるのは暴落期です。

本当にリスク許容度の範囲内で投資をしていたのか試されるのか暴落期であり、もしリスク許容度の範囲外と投資していた場合には耐えられないほどの精神的な負担がかかることになります。

翻弄される投資家心理

株価の変動が比較的安定して上昇している状態では、リスクを高めることが精神的な負担になるどころか精神に安定をもたらすことになります。

なぜなら株価が上昇する場面ではリスクを軽視してリターンを高める方が機会損失を逃さない可能性が高まるためです。

ところが株価が下落してリスクが顕在化すると状況は一変。リスクが顕在化してそれまでに得ていた大きなリターンを吐き出す状況に陥ってしまいます。

多くの投資家がリスクを取らずにリターンを得たいと考えているものですが、リスクを取らなければリターンを得ることができず、リスクを取ればリターンを失うことになるため、投資家心理はジレンマに翻弄されることになります。

耐えられない精神的な負担が大きな損失を生み出す

リスクとリターンは表裏一体であるため、重要なのはバランスをとることです。

ところがリスク許容度を超える投資をしているということはバランスを完全に崩している状態であるということであり、精神的に大きな負担がかかっているということになります。

リスクが顕在化したときには精神的な負担が大きくなり、冷静に理性的な判断ができなくなってしまいます。狼狽売りをしやすい状況に陥ってしまい大きな損失を被ることになります。

株価の変動だけでは含み損を抱えるだけですが、そこに不安定な精神による感情的な判断が組み合わされることで大きな損失が発生することになります。

リスク許容度を推し量ることで精神的な負担を軽減

大損失の引き金を引く精神的な負担も、リスク許容度の範囲内で投資を続けることでコントロールすることができます。

リスク許容度を超えなければ冷静に判断できる状態を保ち続けることができ、理性的な判断を下すことができます。狼狽売りを避けて株を手放すことなく持ち続けることも、状況に応じて冷静に損切りすることもできます。

そのためにはリスク許容度を推し量って、どれくらいまでなら精神的に耐えられるのかを見極めておく必要があります。

人間は想像以上にリスク許容度が低く、リスクが顕在化したときには自分でも驚くほど精神的なダメージを受けるものです。投資額を一度に増やさずに少しずつリスク許容度を増やして自分の心境の変化に目を向けてみましょう。

2.致命的損失からの資金不足による相場からの退場を避けられる

リスク許容度の範囲内で投資しておけば、投資している資金を失ってもいざというときのための資金が十分に残っているはずです。

致命的な損失を被れば株式相場からの退場も余儀なくされますが、リスク許容度の範囲内で投資していれば株式相場からの退場を避けることができます。

株式相場に残り続けることが重要

どれほどの損失を被っても株式相場に残り続けることは非常に重要です。なぜなら株式相場ほど投資先として有力な候補はないためです。

損失を被っても株式相場に残り続けて投資を続ければ、損失以上の利益を得られる可能性は十分にあります。

ところが大きな損失を被ってしまうと、どれほど儲かることが頭で分かっていても精神的に拒絶反応が出てしまい株式相場から退場せざるを得ない状況に陥ってしまうこともあります。

リスク許容度の範囲内で投資をしていれば、損失を出しても相場から退場するほどのダメージは受けませんが、リスクを軽視していれば損失が精神的に大ダメージとなってしまいます。

また損失を被ることで資金的に余裕がなくなってしまう可能性も非常に高く相場に残り続けることが困難になります。

リスク許容度の範囲内で投資することで相場からの退場を回避することができます。

余剰資金があれば投資を続けられる

損失を被っても余剰資金が確保できているなら、そこから投資を開始することもできます。

追加の投資資金を用意しておけば、いざというときにも役立ちます。

むしろ多くの投資家が損失を被るような状況こそが絶好の買い場となることがほとんどで、大きな損失を被った後に投資すれば損失を取り戻すほどの大きなリターンを手に入れることさえ可能です。

リスク許容度の範囲内で投資を続けて余剰資金を確保しておけば、最悪の事態に陥っても投資を続けることができます。

実生活の影響を避けられる

リスクは実生活にも隠れています。突然、実生活で大きなお金が必要になれば株を売却しなくてはいけなくなる可能性もあります。

余剰資金があり実生活での必要な費用を補うことができれば、実生活で必要なお金が発生しても株を売却して資金を調達する必要がなくなります。

もし株を売却しなければならない状態になり株を売るタイミングが株価の低迷時なら、大きな損失が発生してしまう可能性もあります。

リスクによって実生活で必要になるお金が発生することもありますが、リスク許容度の範囲内で投資していれば実生活のリスクにも対応することができます。

3.狼狽売りを避けられる

リスク許容度の範囲内で投資する最大の理由が狼狽売りを避けることにあるといっても過言ではありません。狼狽売りを避けることができなければ、株式投資では経済的にも精神的にも深刻なダメージを受けることになります。

どこまでも資産が減る恐怖に耐えられない

リスクを無視した投資を続けていればリスクが顕在化したときに精神が耐えられなくなります。リスクが顕在化してからリスクを軽視していたことに気付きます。

最初のうちは資産が減っても平常心を保てますが、資産が減り続ければ恐怖が増加していきます。

暴落期に起こる株価の下落は5年程度続く場合もあります。最初の数カ月は耐えることができても5年間にわたって資産が減り続ければ、不安感から解放されたいという気持ちから底値で株を売却してしまう可能性も十分にあります。

想像以上に長く続くのが暴落期であり、暴落期を耐え続けるためには鋼のメンタルを持つかリスク許容度を守って理論武装をしておく必要があります。

想像以上に人間の精神は弱い

バブル期に投資を始めた人は、株価が上昇している投資環境しか経験していないため狼狽売りは机上の空論としか考えられません。狼狽売りをすることなんて絶対にないと思い、どうしてもリスクを軽視してしまいます。

ところがいざ暴落期に突入すると、想像以上に自分の精神が弱いことに気付きます。資産が減り続ける現状を見て自分が許容度を超えるリスクをとって投資をしていたことに気付かされるものです。

特にサラリーマンは時間をお金と交換して収入を得ているため、お金を失うことは時間を失うような錯覚に陥ります。年収分の資産が減れば、1年間が失われてしまったような喪失感に襲われます。

リスク許容度の範囲内で投資していると思っている人でも、その多くがリスクをとりすぎている可能性は十分にあります。

賢い人が最初にすることを愚かな人は最後にする

株価が下落し始めたタイミングで損失を恐れずに損切りする人は賢い人です。しかし時間が経って十分に株価が下がってから恐怖に耐えられなくなって損切りする人は愚かな人であり、遅すぎる損切りは単なる狼狽売りです。

株式投資の世界では、賢い人が最初にすることを愚かな人は最後にするものであり、早い段階で株を売れば損切りになるものも遅ければ狼狽売りとなります。

逃げ足の遅い人は損切りをしているつもりでも狼狽売りをしていることになってしまいます。

4.暴落時の買い増しのチャンスを掴める

リスク許容度の範囲内で投資をして十分に余剰資金を残しておけば、バブル期には冴えない投資結果しか達成できなかった人もバブルが崩壊して暴落期に突入すれば大きな資産を手に入れることができるかもしれません。

暴落期は絶好の買い相場

暴落期は絶好の買い相場であり、有名投資家のほとんどが暴落期に資産を大きく増やしています。

多くの投資家が売りたくない株こそ非常に優れた株であり、暴落期には多くの投資家が売りたくない株を売らざるを得ない状況に陥ります。そのため暴落期には優良株を非常に安い価格で買うことができます。

暴落期になると株価が半分以下まで下落することもあるため、バーゲンセールの株を買い漁ることができます。

多くの投資家が資金不足にあえぐ

株価が右肩上がりで何も考えずに投資していれば誰もが幸せになれたバブル期を乗り越えることができる投資家は少なく、多くの投資家がバブル期に限界まで投資してしまうため暴落期にはお金が残っていません。

お金が残っていなければ、どれだけ割安で株が売られていても買うことはできません。

株式相場だけでなく実体経済にも悪影響が出て景気後退局面に突入すれば、不景気となるため収入が減ってしまい投資資金が増えるどころか減ってしまうことさえあります。

多くの投資家が資金不足に困っているときにこそ、大きなチャンスがやってくるものです。

十分な資金を持って暴落期を迎えるのはリスク許容度の範囲内で投資していた投資家だけ

暴落期に株を買うだけの余裕があるのは、いつやってくるか分からない暴落に備えてリスクを管理しながらバブル期の欲望の渦に巻き込まれずに必死に耐え続けた投資家だけです。

リスクを管理していれば、当然ながら暴落期を迎える準備もしているため絶好の買い相場でも潤沢な資金を用意することができます。

バブル期に含み益で資産が膨らんでいた投資家を横目で見ながら耐え続けたリスク管理を徹底した投資家こそ、大きなチャンスを掴むことができます。

5.リスク許容度の変化に柔軟に対応できる

リスク許容度は投資家の生活状況によって大きく変化します。そのため投資家はリスク許容度の変化に柔軟に対応しなくてはいけません。

リスク許容度を理解してしっかりリスク管理をしていれば、リスク許容度の変化にも柔軟に対応することができます。

年齢

20歳の若者と80歳の老人が同じだけのリスクを許容できないことは明白です。

若者は多少の失敗をしても労働収入によって損失を取り戻すことができます。また時間をかけることでリターンを高めていくことも可能です。

一方の老人は労働収入に期待することができず、大切な資産を失ってしまえばすぐに生活が困窮することになります。また寿命を考えれば大きなリスクをとって大きなリターンを手にすることにもあまり意味がありません。

つまり若年者ほどリスク許容度が大きく、高年齢になるほど許容できるリスクが小さくなります。

ライフステージ

年齢に近いですが、ライフステージによってもリスク許容度は変化します。

結婚しているのか独身なのか、子どもがいるのかいないのか、教育費がどれほど必要なのか、持ち家があるのか賃貸なのか、親を介護する必要があるのかなど、ライフステージによって自由にできる資金は変化します。

資金が増えればリスク許容度が大きくなり、リスクをとってリターンを増やすこともできます。

独身で必要となる出費を抑えることができるなら大きなリターンを目指すことができます。

労働収入

生活費や投資資金の基礎となる労働収入もリスクに直結します。

労働収入が多くて安定していればとれるリスクも大きくなります。労働収入が少なくて不安定ならとれるリスクは小さくなります。

労働収入は株式投資には非常に重要で、特に投資資金を多く確保できない場合にはどれだけ労働収入を得られるかが株式投資の成果に大きな影響を与えることになります。

保有資産

単純に保有資産が多ければリスク許容度も大きくなります。

持ち家を持っていれば家賃が必要ないため投資に回せるお金が増えます。不動産や株式に投資をしていて家賃収入や配当金があれば、さらに挑戦的な投資が可能となります。

現金が多ければ大金を投資しても生活していくだけの資金を十分に持っておくことができます。

保有資産が多ければリスク許容度も大きくなるため、お金持ちほどさらにお金持ちになっていきます。

まとめ

リスク許容度の範囲内で株式投資をすべきであることは多くの投資家が理解していますが、実際にリスク許容度の範囲内で株式投資できている投資家はそれほど多くありません。

自分ではリスク許容度の範囲内で投資していると思っていても、実際にリスクが顕在化すると狼狽する投資家がほとんどです。

株式投資を成功させるためには成功することではなく失敗しないことが必要不可欠です。リスク許容度の範囲内で投資することが大前提となるのが株式投資です。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , ,