株式投資の落とし穴で致命的損失を避ける5つの方法とは?落とし穴を避けないと大儲けは不可能!

   

うっかり落とし穴に落ちている男性のイラスト

株式投資をするうえで絶対に注意しなくていけないのが落とし穴です。株式投資にはさまざまな落とし穴があるため、見誤って落とし穴に落ちてしまうことだけは絶対に避けなくていけません。

しかし気付きにくく落ちてしまうのが落とし穴。誰もが簡単に回避できるものでもありません。

今回は、株式投資の落とし穴で致命的損失を避ける5つの方法をご紹介します。落とし穴を避けないと大損を免れることはできず、大儲けは不可能になってしまいます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.株式投資には致命的な損失を与える落とし穴が存在することを理解する

株式投資の落とし穴を避けるためには、まず落とし穴があることを理解しておく必要があります。落とし穴がないと思うこと自体が落とし穴となります。

株式投資から落とし穴がなくなることはない

株式投資の落とし穴とは隠れたリスクのことです。株式投資の世界には必ずどこかに隠れたリスクが存在しています。

バブル期には多くの投資家が楽観的になりリスクがなくなったように思えるタイミングもやってきます。しかしリスクがなくなることはありえません。

もしリスクがなくなったと思ったら、そのリスクがなくなったと思うことが株式投資の落とし穴となります。

落とし穴に落ちれば致命的な損失が発生する場合がある

株式投資の落とし穴には大きいものや小さいものがあります。そして致命的な損失を生み出す大きな落とし穴も少なくありません。

株式投資でリターンを得ようと考える限り、どこかで大なり小なりのリスクを取るのは必然です。

しかしリスクが大きくなりすぎてしまい、許容できない損失が発生してしまうことは絶対に避けなくてはいけません。損失が大きすぎれば再起不能になってしまう可能性があるからです。

落とし穴に落ちれば致命的な損失が発生する場合もあることを肝に銘じておきましょう。

ノーリスクは間違いなく大きな落とし穴

新技術が生み出されたり新しい投資商品が登場するたびに出現するノーリスクの投資。非常に論理的でノーリスクのように思える投資手法においても、リスクがなくなるということは絶対にありません。

「そんなうまい話があるわけない」「タダより高いものはない」なんていう使い古された言葉があるように、リスクを冒さずにリターンだけられるものは存在していません。

そのためリスクがないことを謳っているものには、間違いなく大きな落とし穴が隠されています。

落とし穴がないと思えるようなものほど大きな落とし穴が隠れていることを絶対に忘れてはいけません。

2.常に落とし穴に目を光らせて警戒する

株式投資の落とし穴に落ちないためには、常に落とし穴に目を光らせて警戒しておくことが必要不可欠です。落とし穴を警戒することで、落とし穴に落ちる前に落とし穴に気付くことができます。

心理的な要因が落とし穴になる

株式投資の落とし穴は、心理的な要因が深く関係していることが少なくありません。

大きな落とし穴になりやすいのが楽観主義と強欲の蔓延です。

リスクが顕在化しにくい場面では、一部の投資家が状況に慣れてしまいリスクを冒してリターンを得ようとします。するとほかの投資家も後に続いて企業の実力とは乖離して株価が上昇。バブル期が到来します。

バブル期になると楽観主義と強欲に拍車がかかり、多くの投資家がリスクを軽視して投資し、最後には大暴落という大きな落とし穴に落ちてしまいます。

バブル期には株価が上昇し続けるため周囲の流れに抗うことは非常に難しく、落とし穴に目を光らせて警戒していなければ巻き込まれて無謀な投資を始めてしまうことになります。

人間が投資をしている以上、心理的な要因を取り除くことは不可能であり、心理的な要因が落とし穴になることは避けることができません。

落とし穴の大きさや形は常に変化する

落とし穴はさまざまな要因によって生まれるため、当然ながら大きさや形は常に変化しています。

たとえばバブル期には資金の供給が増えすぎてしまうため、リスクの高い投資先にも資金が流入します。そして状況が少しでも変化するとリスクが顕在化して投資資金が回収できなくなり信用不安が広がり、隠れていたリスクが一度に顕在化するようなことが起こります。

またリスクを軽視しているとリスクが増大。投資先の審査が甘くなり、多くの投資家がリスクを軽視してリターンを求めることでリスクが増大するのにリターンが減少してしまう状態に陥ります。

仮想経済に問題が発生すると実体経済にも問題が波及し、それまでリスクとは無縁だった分野にまでリスクが波及してしまうこともあります。

つまり落とし穴の大きさや形は常に変化を続けており、落とし穴を警戒して落とし穴に気付くことでも落とし穴は変化します。

全ての落とし穴を見つけることは不可能

人間の想像力には限界があり、どれだけ目を光らせて落とし穴を警戒していても、落とし穴を全て見つけ出すことは不可能です。

落とし穴は常に大きさと形を変えているだけでなく、人間の能力にも限界があるからです。

たとえば経済的な問題だけでなく大きな災害も株価に大きな影響を与えるため、落とし穴を警戒するためには病気や地震といった問題も落とし穴としてしっかり認識しておかなければいけませんが、大規模な感染症や地震がいつ発生するのかまで見極めることは専門家でも困難です。

全ての落とし穴を見つけることは不可能だと認識することで、少なくても落とし穴を全て見つけることができると思い込む落とし穴を避けることはできます。

3.見つけた落とし穴に対応する

落とし穴に警戒して落とし穴を見つけるだけでは意味がありません。見つけた落とし穴に対して対処する必要があります。

ポートフォリオをディフェンシブにする

まずは落とし穴を避けるためにポートフォリオをディフェンシブにしておきましょう。

どれだけリターンが大きくても致命的な損失を引き起こすようなリスクを抱えているなら手を引くべきです。危険な資産から安全な資産に変えることで落とし穴を遠ざけることができます。

周囲を見渡してほかの投資家が楽観的になっていたり、明らかにバブルの兆候があるなら落とし穴に近づいているということです。

落とし穴を見つけることができても落とし穴を回避できなければ意味がありません。ポートフォリオを見直して必要に応じてディフェンシブにしておきましょう。

投資を控える

もし落とし穴に気付いたなら、わざわざ飛び込む必要はありません。投資を控えてキャッシュを増やしておきましょう。

飛び込めば大きく儲けることができそうなのが落とし穴です。投資をしたくなる気持ちも分かりますが、ぐっとこらえて投資を控えておく方が無難です。

投資を控えることで儲けることができたチャンスを失うという機会損失という落とし穴に落ちてしまう可能性はありますが、儲け損なうことの方が損をすることよりもはるかにリスクが小さいことを認識できれば投資を控えることもできます。

暴落に備える

落とし穴をしっかりと避けて暴落が発生したときには、ピンチがチャンスに変わります。

暴落時には株を割安で買うことができるため、リスクを抑えながら大きなリターンを狙うことができます。

暴落時には機会損失が落とし穴となりますが、バブル期の落とし穴を避けることができれば機会損失を逃すことはないでしょう。

落とし穴を避けてしっかりキャッシュを溜め込むことも暴落に備えているといえます。

4.落とし穴を恐れすぎない

落とし穴は警戒する必要がありますが、恐れすぎては投資ができなくなってしまいます。落とし穴を警戒する必要はありますが、過度に恐れてはいけません。

利益を得るより損失を防ぐ方が簡単

投資の落とし穴に注意する最大の理由は、落とし穴に落ちないためではありません。利益を得るより損失を防ぐ方が簡単だからです。

利益を得ることができる場面は限られており、大きな利益を得たとしても大きな損失が発生すれば簡単に吹き飛んでしまいます。

一方で損失が発生する場面は非常に多く、大きな損失を防ぐことは大きな利益を得ることよりも難しくありません。

そのため損失につながる落とし穴を注意深く避けることを基本戦略にする方が、大きな損失を恐れずに大きな利益を狙うよりも理にかなっています。

利益を得るより損失を防ぐ方が簡単だということが落とし穴を避ける大きな理由になっています。

落とし穴を恐れすぎては利益を得られない

落とし穴を警戒して用心深く避けるのは損失を防ぐためですが、どれだけ損失を防いでも利益を得られないなら意味がありません。

そのためどこかでリスクを冒す必要はあり、落とし穴があっても突き進まなくてはいけないタイミングもあります。

損失を恐れすぎて利益を得られないのでは、何のために投資をしているのか分からなくなってしまいます。

状況に応じて落とし穴があっても勇猛果敢に突き進んでしっかりと利益を確保する必要があります。

落とし穴を避けることができれば果敢に投資できる

落とし穴を用心深く避けることができれば、暴落時にもしっかりと投資することができます。

暴落時に投資できなくなる最大の理由が恐怖です。暴落前に大きな落とし穴に落ちて損失を被ってしまうと、資金が残っていないだけでなく恐怖心が植え付けられるため投資ができなくなってしまいます。

明らかに株価が値下がりして投資すべきタイミングでも、落とし穴に落ちてしまうと投資できなくなってしまいます。

落とし穴を慎重に避けておくことで、投資すべきタイミングに全力で投資できます。

大きな落とし穴を避けることができたその先には、大きな利益を得ることができるチャンスが待っているはずです。

5.落とし穴に落ちても致命的な損失を受けないような投資を実践する

落とし穴を警戒して落とし穴を避けていても、落とし穴に落ちてしまうことはあります。しかし落とし穴に落ちても致命的な損失ではなければ十分に挽回することができます。

全ての落とし穴を避けることはできない

落とし穴を警戒していても人間には限界があるため、株式投資をしていればどこかで落とし穴に落ちてしまうことになります。

利益を狙うということは、落とし穴があっても突き進むということです。落とし穴を避けつつ利益を得るということです。

そのためいつかは落とし穴に落ちてしまうことを避けて通ることはできません。落とし穴に落ちる回数を減らすことはできても、絶対に落とし穴に落ちずに株式投資をすることは不可能です。

落ちる頻度が少なく落とし穴が小さいなら問題はない

もし落とし穴に落ちてしまったとしても、落とし穴に落ちてしまう頻度が少なく落とし穴も小さいなら大きな問題にはなりません。

落とし穴を十分に警戒していれば、致命的な損失を被るような落とし穴は避けることが可能であり、致命的な落とし穴を避けることができればいつかは損失を挽回することもできます。

また普段から十分に落とし穴に注意しているなら、もし落とし穴に落ちても大きな損失になるような投資はしていないはずです。

普段から落とし穴を避けておくことで、落とし穴に落ちたときのダメージも最小限に抑えることができます。

まとめ

株式投資には落とし穴がありますが、多くの投資家が落とし穴に落ちて致命的な損失を出して相場から退場してしまいます。

多くの投資家は、投資とはリスクを恐れずにチャンスを掴むものだと思い込んでいますが、実際にはリスクを恐れながらチャンスを掴むのが投資です。

常に落とし穴に注意して慢心せずに投資を続けることで損失を最小限に抑え、誰でも利益を出せる大きなチャンスまで我慢を続けることが重要です。

落とし穴を慎重に避けてディフェンシブに投資をするのは華やかではないだけでなく一時的な大儲けを逃すため投資の醍醐味を味わうことは難しいですが、楽しむために投資をしているのではなく儲けるために投資をしているなら落とし穴を避けることは必須となります。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,