株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識すべき5つの理由とは?サイクルの流れを読もう!

   

満ち欠けする月のサイクルをとらえた連続写真

株式相場にはサイクルがあり、まるで振り子のように好況と不況を往復しています。そして振り子の錘が一方向に動き続けず揺り戻しがあるように、好況や不況にも転換点がありバブルが崩壊して大暴落することもあれば株価の下落が底を打って上昇することもあります。

株価の変動を予測することはできませんが、大きな株式相場のサイクルの中で現在、どの位置にいるのかを判断することは可能です。そして株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識できるか否かが、投資家の振る舞いに大きな影響を与えます。

今回は、株価が大きく動き出したときには知っておかなくてはいけない株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識すべき5つの理由をご説明します。サイクルの流れを読むことでほかの投資家から抜きんでることができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.市場サイクルは必ず循環する

市場サイクルは必ず循環するため、基本的にはこれまでになかったポイントに到達することはありません。新しい技術が出現しても常識が完全に通用しなくなってしまうことはないということを理解しておく必要があります。

振り子をイメージする

市場サイクルは振り子のように好況と不況の間を揺れ動いています。

振り子の錘が両端に長くあり、中心点ではスピードが上がってすばやく通り抜けていくように、相場もバブル期と暴落期は長く保たれてバブル期でも暴落期でもない正常な状態となる中間点はすばやく抜けていきます。

大きな好況があればその反動で大きな不況が到来する可能性が高く、下落幅や上昇幅も極端なものになる可能性が高くなります。

まずは市場のサイクルを振り子と重ね合わせてイメージしましょう。

市場サイクルのどこかにいる

現在、市場がバブル期なのか暴落期なのかにかかわらず、必ず市場サイクルのどこかにいることは間違いありません。

市場サイクルのどこかにいるという原則は当たり前のように思えますが、極端な状態になり半狂乱となってしまえば当たり前のことを忘れるのが人間です。

極端に株価が上昇した場合や株価が下落した場合には、これまでの市場サイクルが打ち破られたと考える人が現れます。

バブル期には新技術や新しい経済観念によって株価はさらに上昇を続けて下落することはなくなるといった意見が登場し、暴落期には金融システムが崩壊してすべての株の価値は失われるという意見が登場します。

多くの投資家が状況に狂乱していても、市場のサイクルのどこかにいることは間違いありません。多数派の狂乱に巻き込まれず、冷静に市場のサイクルを見極めることに注力しましょう。

必ず揺り戻しが起こる

市場にサイクルがあることを理解できたなら、必ず揺り戻しが起こることも理解できるはずです。

株価が上昇し続けているなら、いつかは株価が下落することになります。株価が上昇している間に手放すことができれば利益を得ることはできますが、手放すことができなければ下落に巻き込まれて大きな損失が発生することになります。

また株価が下落しているなら、いつかは反転して上昇に転じるはずです。いつまでも下がり続けることはないため、十分に安い水準で株を買うことができれば、さらに株価が下がってもいつかは反転して上昇に転じるため利益を得ることはできます。

市場サイクルに揺り戻しがあることを理解しておけば、株をすぐに手放すべきなのか、それとも持ち続けるべきなのかの判断が容易になります。

2.市場サイクルは予測できずタイミングは見計らえない

市場サイクルが循環していることは間違いありませんが、市場サイクルの先行きは正確に予測することができず見計らうことはできません。だからこそ現在の位置をしっかり認識しておくことが重要になります。

どのタイミングでどれだけ株価が変動するのか誰にも分からない

株価の変動は、予測することができずどれだけ変動するのかは誰にも分かりません。つまり精度の高い予測は不可能ということです。

市場サイクルが存在するため、せいぜいバブル期があったり暴落期があったりすることが分かる程度です。

毎年の気候の変動サイクルに近いかもしれません。

夏になれば暑くなり、冬になれば寒くなることは誰もが知っています。春になれば温かくなるため花が咲き、梅雨には雨が多く降ります。秋には台風がやってきて紅葉の季節になります。

しかしそれ以上に正確な天気の予測は不可能です。春なのに夏のように暑い日が続くこともあれば、梅雨なのに雨が少ない年もあります。冷夏で米が育たないこともあれば、秋なのに熱く信じられないくらいたくさんの台風がやってくることもあります。冬は寒くなるものの雪が降らないこともあります。

天候の変動は不確定要素が多すぎるため、正確に予想するのは困難です。来年の8月11日の最高気温と12月7日の最低気温どころか、晴れるのか雨が降るのかを予測することはほぼ不可能です。

株式相場でも分かることは、市場サイクルがあるため株価が上昇したり下降したりする程度で、来年の8月11日の株価や12月7日の株価が分からないどころか、どのタイミングで暴落が起きて株価が急落するのか底を打って株価が上昇に転じるのかは分かりません。

もしどのタイミングでどれだけ株価が変動するのか予想している人がいれば、それは数年後の天気予報と同じくらいの精度だと考えておくべきです。

未来は誰にも分からない

株価変動のタイミングや程度が予測できないと考える場合、多くの投資家が取るアプローチが予測の精度を高めるというものです。

株価変動のタイミングや程度を予測するためにこれまで使っていなかった情報を利用したり、新しい手法を採用することで株価変動のタイミングや程度を予測しようとします。

しかし新しい手法を採用しても株価変動のタイミングや程度を予測することは非常に難しく、正確に予測することはできません。

またもし正確に株価変動のタイミングや程度を予測できたとすれば、多くの投資家が予測された株価変動のタイミングや程度を考慮するため、株価変動のタイミングや程度を予測がズレてしまうことになります。

つまり株価変動のタイミングや程度を予測することが予測を覆す原因となるため、多くの投資家が株価変動のタイミングや程度を正確に予測できたことを知った時点で陳腐化することになり、結局のところ株価変動のタイミングや程度を予測することはできなくなってしまいます。

株式投資において未来については誰にもことを前提としておいた方が正確で確かな前提を築くことができるはずです。

現在は誰にでも分かる

未来が誰にも分からない反面、現在は誰にでも分かります。

株式投資の戦術や戦略を練るときには、不確かな未来を前提にするよりも確かな現在を前提にする方が精度が高まるはずです。

また株価の変動のタイミングや程度を予測する方法は新しい手法が次々に登場していますが、新しい手法が有効だったのか否かは時間が経たなければ分かりません。

そして変動サイクルの中で現在どこにいるのかを認識するのは比較的容易です。

現在は誰にでも分かるため、注力すべきは未来ではなく現在です。

3.周囲の投資家と同じ行動を取らずにいられる

株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識することができれば、周囲の投資家と同じ行動を取って大暴落に巻き込まれたり値上がりする株を買い損なうことを避けることができます。

大まかに今後が分かる

株価の変動を細かく予測することはできませんが、株式相場のサイクルは理解することができます。そして現在はどこにいるのかを認識することもできます。

もし株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識することができれば、今後の見通しは立つことになります。

今後、数年間で大まかに株価が上昇するのか、それとも下落するのかはある程度の精度で判断することが可能になります。

しかし株式相場サイクルを理解せずに現在はどこにいるのかを認識していなければ、今後を見通すことはできなくなります。

たとえば気温が20度のとき、数週間経っても気温が上昇し続ければ春だということはなんとなく分かります。逆に気温が下降し続ければ冬だということが分かります。

そして気温が30度を超えて上がり続けるなら夏だということが分かり、0度を下回って下がり続けるなら冬だということが分かります。

多くの人は季節がサイクルであり春夏秋冬がめぐってくることを理解しているため、現在が夏なら少しすれば秋になって気温が下がることも、冬なら春になって温かくなることも分かるはずです。

しかし季節のサイクルを知らなければ、夏に暑い日が続けばそのまま気温が40度、50度、60度と上昇していくと思ってしまったり、冬に寒い日が続けばそのまま気温が-10度、-20度、-30度と下がり続けると思い込んでしまうものです。

株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識することができれば、正確に株価がどのように変動するのか分からなくても何となくどうなるのかは判断できます。

周囲の投資家が現在の位置を教えてくれる

物理法則に支配されている天候と異なり、株価は人間の心理に支配されています。つまり人間の心理によって相場のサイクルは回っています。

相場のサイクルを回す原動力は人間であるため、周囲の投資家の反応は非常に重要です。過敏に反応する投資家たちが相場サイクルを動かし、投資家たちの反応が相場サイクルの中で現在の位置を教えてくれます。

相場のサイクルは過去の株価の推移や企業の業績などからも推測することは可能ですが、さらに投資家たちの判断が推測を確かなものにしてくれます。

株式投資では少数派が勝つ

多くの投資家の反応を冷静に見極めて相場サイクルの中でどこにいるのかを理解できたなら、多くの投資家とは異なる判断を下すことができるはずです。

株式投資では少数派が勝つため、多くの投資家と同じような反応をしては絶対に儲けることはできません。

逆に多くの投資家とは真逆の反応をしなくていけません。多くの投資家が株を大急ぎで買っているなら大急ぎで売り、多くの投資家が株を大急ぎで売っているなら大急ぎで買うべきです。

株式投資では少数派が勝つを理解していれば、相場のサイクルを見極めたうえで多くの投資家とは正反対の投資を実践することが重要ということも分かるはずです。

4.ファンダメンタルズ分析をして努力することで現状だけは認識できる

未来を予測することは困難ですが、ファンダメンタルズ分析をして努力することで現状だけは認識できます。企業の実力に対して株価がどの程度の水準を保っているのかが分かれば、現在の位置を認識することが可能です。

企業の実力を測定するファンダメンタルズ分析は必須

現在の位置を認識することは簡単ではありませんが、同時に不可能ではありません。勉強することで確認することはできます。

損益計算書や貸借対照表をチェックして企業の実力を推定するファンダメンタルズ分析をすれば、ある程度は企業の実力をチェックすることはできます。そして現在の企業の実力と株価を照らし合わせれば、株価が割高なのか割安なのか判断することができます。そして現在はサイクルのどこにいるのかは確認することはできます。

ただし投資家の多くが実際にファンダメンタルズ分析をやっているとは限りません。ファンダメンタルズ分析は誰でもできるため、アナリストや経済学者の意見を参考にするだけでもある程度は把握できるからです。

この誰もがファンダメンタルズ分析をしているわけではないというところがキーポイントになります。

誰かの意見が信用できるか

アナリストや経済学者がファンダメンタルズ分析をしており、その意見はニュースなどでもチェックすることができます。

しかしその意見を鵜呑みにするのは危険です。なぜなら誰かの意見を信用して投資することになるからです。

ファンダメンタルズ分析をしたり自分で状況を判断するのは非常に大変で面倒な作業ですが、現在の位置を認識するためには非常に重要な要素となるため他人任せにするべきではありません。

もちろん他人の意見を取り入れることは必要ですが、損益計算書や貸借対照表のことを何も分からずにファンダメンタルズを理解しているとは思うべきではありません。

面倒で誰もやらないことに価値がある

ファンダメンタルズ分析は、非常に面倒であまりやりたがる人はいません。投資家の多くは楽して大金を儲けたいと思っているからです。

そんなファンダメンタルズ分析は、面倒で誰もやらないからこそ価値があります。面倒で誰もやらないからこそ、そこには多くの投資家が気付かない知見が隠れている可能性が高くなります。

もしファンダメンタルズ分析の結果がほかの投資家やアナリストと同じような意見になっても、自分で実際に調べて納得していれば狼狽売りを防いだり自信を持って割安な株を買い進めることができます。

5.環境によって下す決断の結果は大きく違う

常に同じ行動を取り続ければ決まった結果を得られるほど株式投資は簡単ではありません。環境や状況に応じてやり方を変えたり緩急を付けたりすることは必要不可欠です。

だからこそ株式相場サイクルの中で現在はどこにいるのかを認識することは重要性を増します。

同じ株価でも買うべきか売るべきかは変わる

もし全く同じ株価であっても相場のサイクルのどこにいるのかで全く異なる判断を下す可能性は十分にあります。

今後、株価が上昇することが予想されるなら株を買っておくことで値上がりした株を売って利益を得ることができます。一方で株価が下落することが予想されるなら株を売っておくことで含み損を回避してさらに割安で株を買うことができます。

もちろん状況は非常に複雑であるため簡単に判断することはできませんが、状況が極端になれば相場のサイクルのどこにいるのかを知っているか否かで判断は容易になるはずです。

闇雲に未来を予測するのではなく、サイクルの中から現状を理解して現状に対応することに注力することが重要です。

周囲の動きに目を配る

もし周囲の投資家が同じ方向に動いているなら、その動きには逆らうべきです。

周囲の投資家が楽観的でリターンが少なくリスクが高い投資先へと投資をしているなら、バブル期の状態にある可能性が高くなります。

また周囲の投資家が悲観的でリターンが大きくリスクが小さい投資先でも投資を控えているなら、暴落期の状態にある可能性が高くなります。

多くの投資家が入り口に殺到しているなら出口に向かい、出口に殺到しているなら入り口に向かうべきです。

ひたすら現状を認識して動く

株式投資にはリスクとチャンスが混在しています。リスクとチャンスは相場のサイクルが生み出すものであり、投資家の選択によってリスクを取るかチャンスを取るかが変化します。

この不安定な中で投資家ができることは、ひたすら現状を認識することだけです。現状の認識こそが投資家が確実に理解できることであり、現状から行動を選択することが最善となります。

一昨日に今日を予想していた人と昨日に今日を予想していた人と今日を迎えた人では、今日を迎えた人こそが今日についてより正確に理解できるはずです。

現状を認識して判断することほど正確な判断を下す方法はありません。

まとめ

この先、どうなるのかは誰にも分からないことです。そのため最善の方法は、できるだけ正確に現状を理解することです。

株式相場にはサイクルが存在するため、現状を理解することを足掛かりにしてサイクルのどの位置に現状があるのかを見つけることができます。

今後が分からない以上は今に注力するしかありません。今を理解するところから投資の戦略を立案するべきです。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , ,