我慢強くチャンスを待つことで株式投資の高リターンを得られる5つの理由とは?絶対の確信が持てるまで待て!

   

バッターボックスに立って絶好球を待ち構えるチャンスを逃さない野球少年

少しでも早くたくさん儲けたいと思うのが人間であり、利益を求めて積極的に株式投資をしている投資家なら特に利益には敏感なものです。

そのため多くの投資家が我慢強くチャンスを待つことができず、状況に流されて株の売買をしてしまいますが、本当に長期的に儲けたいなら我慢強くチャンスを待つことが非常に重要になります。

今回は、株価が大きく変動しているときには絶対に意識しておかなくてはいけない我慢強くチャンスを待つことで株式投資の高リターンを得られる5つの理由をご説明します。投資では、資産を買った時点で損益が確定することもあるため絶対の確信が持てるまでとにかく待つことが重要です。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.自分の都合に合わせて投資機会はやってこない

チャンスというものは自分が求めるからといって存在するものではありません。資金があったり投資したいという気持ちが強くても投資機会が訪れるとは限りません。

自分の都合に合わせて投資機会はやってこないからこそ、投資機会を待つことが大切になります。

株価が大きく変動するとき

株式投資では、株を安く買って高く売ることで利益を得ることができます。そのため株価が大きく変動するときこそが利益を得るためのチャンスとなります。

株価が大きく変動するときとは、株価が上昇するときか株価が下降するときです。

株価の変動はさまざまな要因で起こるため、投資家が何かをしたからといって変動することはありません。

もちろん多くの投資家や資金を持つ投資家が動けば株価も変動しますが、基本的には個人投資家がどうにかできるものではありません。

本質的価値より株価が下回るタイミング

株価が大きく変動しているからといって投資するのは時期尚早です。

重要なのは企業の業績であり株の本質的価値です。株価が本質的価値を上回っている状態で株を買ってしまうと、いつかは株価が本質的価値に収斂して下がることになります。

そのため株を買うときには、株価が変動しているだけでなく本質的価値より株価が下回るタイミングを待つしかありません。

動けば損をするため我慢強く待つ

下手に株を売買すると手数料や税金によって損失が発生するため、考えなしに株を手軽に買ったり売ったりしてはいけません。

リスクを抑えつつリターンを増やしたいなら、動き回らずにじっと待つ方が賢い選択になります。

売買の回数を減らすためにも絶好の投資機会がやってくるのをじっと待つことが大切です。我慢強く待つことができる人は少ないため、多くの投資家が強欲を抑えきれずに勝手に損失を出し、その損失ことが待ち続けた投資家の利益に還元されます。

2.自分が投資先を探すのではなく投資先が自分を見つけるのを待つ

自分で投資したいものを探すというアイデアは魅力的ですが、それ以上に魅力的なアイデアがあります。それは投資先に見つけてもらうことです。

つまり欲しい株が安くなるのを待つのではなく、安くなっている株を欲しがるべきということです。

買われる株より売られる株の方が安い

需要と供給のことを考えれば、株に限らずあらゆるものは買われるものより売られるものの方が安くなります。

たとえばカレーを作る場面を考えてみましょう。カレーを作るために材料を買うにしても、カレーを作ることを前提にスーパーに行って肉、ニンジン、ジャガイモ、タマネギといったカレーの材料を買うと材料費は高くなります。

一方でスーパーに行ってみると肉、ニンジン、ジャガイモ、タマネギが安売りしており、それらの材料からカレーを作った場合にはカレーの材料費が安くなります。

自分が欲しいものを買おうと値段が高くなり、相手がいらないものを売ろうとしていると値段が安くなるのは需給バランスに沿った当たり前のことです。

株も同じで、買われる株より売られる株の方が安いということが前提となります。

どんな株でも儲かればいい

カレーの場合、食べたいときもあれば食べたくないときもあります。そのためカレーのために材料を買うのか、それとも材料に合わせてカレーを作るのか、どちらが満足するのかは人によって違います。

しかし株は、カレーとは違います。とにかく儲けることが重要であり、食べ物でいえばお腹さえ満たされればなんでもいいということです。

もしコカ・コーラが売れた利益が欲しい場合やマクドナルドのハンバーガーが売れた利益でなければ満足できないなら買うべき銘柄を決めなくてはいけませんが、どんな企業のどんな利益でも最終的に自分の利益になるなら買うべき株を限定する必要はありません。

どんな株でも儲かれば満足できるのなら、欲しい株を買うのではなく儲かる株を買うべきです。

安く売り叩かれるまでひたすら待つ

自分が投資先を探すのではなく投資先が自分を見つけるという意味は、誰かが「二束三文でもいいからとにかく保有している株を買ってほしい」と言ってくるのを待つということです。つまり不当に安く売り叩かれる株の出現を待つということです。

株の方から買って欲しいといってくるような安さになるまで待つことができれば、そのときはじめて投資妙味が生まれます。多くの投資家が株を売り払っているだけでなく、誰も株を買いたがらないような状態こそ待ち続けていたチャンスとなります。

自分から株を買おうとするとどうしても株を高く買うことになってしまいます。そのため投資機会が向こうからやってくるのを辛抱強く待つことができる限り株を安く買うことにつながります。

3.絶好のチャンスを逃しても損をすることはない

絶好のチャンスを逃すことは非常に悔しいことです。後悔するも少なくありません。しかし絶好のチャンスをどれだけ逃しても得はできなくても損をすることもありません。

損をしなければ損をしない

当たり前のことですが、損をしなければ損はしません。

株式投資では、多くの投資家が儲けることばかりに集中するためリスクをないがしろにしやすくなります。特にバブル期には周囲の投資家と一緒に無謀な投資にチャレンジしてしまうものです。

そしてリスクを無視した投資を繰り返し、最終的に大きな損失を抱えてしまいます。

損をしないことを心がければ、リスクを抑えた投資を実践することができます。

資産を減らさないことで資産を増やすエンジンを守る

株式投資では、投資額が大きいほどリターンが大きくなります。どれほど投資効率がよくても投資額が少なければ大したリターンを得られません。

損をしないことが重要な理由は、単純に損失を出さないことだけでなく資産を減らさないこともあります。損失によって資産が減ってしまうと資産を増やすためのエンジンが小さくなってしまうからです。

大きなリターンを得るためにも資産を守ることは非常に重要です。

絶対に自信のあるタイミングで投資する

絶好のチャンスと思えるような投資機会の中にも、本当のチャンスもあればチャンスに見せかけた罠もあります。

投資を続けていないと本当のチャンスか罠かは判断できませんが、多くの投資家が経験を積む前にチャンスに飛びついて大損失を抱えてしまいます。

絶好のチャンスを見逃すほど慎重なら、市場で長く生き残ることができます。投資経験が長くなれば、本当のチャンスを見極めることもできるようになります。

そして慎重な投資家が絶対に自信のあるタイミングで投資することができれば、それはリスクを最小限に抑えながらリターンを最大限に得られる投資になり得る可能性が高まります。

4.焦ると必ず損をする

焦りはどのような場面でも禁物です。焦ると必ず損をすることになります。

焦りが損失につながる場面というと狼狽売りですが、バブル期には強欲が勝ってすぐに買わないと株が上がってしまうことで割高の株を掴んでしまうこともあります。

待てずに焦って買うと失敗する

じっくりと待って絶好の投資チャンスを待つという姿勢は、焦って買ってしまうのを防ぐ効果もあります。

何も考えずに直観で買うのは狼狽売りするのと同じで非常に危険です。欲しいという気持ちが優先されてしまい、割高の株をついつい買い増してしまう投資家も少なくありません。

深呼吸してじっくりと待つことで、本当に買うべきなのか自問自答することができます。

焦りを抑えるためにも、じっくりと待つことには大きな意味があります。

見逃し三振がないバッターのようなもの

株式投資とは、見逃し三振がないバッターのようなものだと形容されます。

株を買う機会はいつでも存在しており、投資家は株を買うことも見逃すこともできます。投資家は株を買うチャンスを見逃しても悔しい思いをするだけで、金銭的な損失は発生しません。

これを野球のバッターにたとえると次の通りになります。

バッターボックスに立っている限りは常にボールが投げ込まれてきます。バッターはいつでもバットを振ることができますが、どれだけボールを見逃しても三振になることはありません。バットを振らない限り、ストライクになることはありません。

そのため投資家が株を買うときには焦る必要はありません。自分が絶対に打てるというボールが飛んでくるまで待つように絶対にリターンを得られると思う株が出現するまで待つことができます。

いつでも投資機会があるとは限らない

いつでも株を買うことはできますが、最適な投資環境が整っているとは限りません。

リスクは大きいのにリターンは小さい株しか存在しない状況もあれば、リターンもリスクも小さくなってしまう状況もあります。

株への投資に適した状態でなければ株に投資すべきではないことは誰でも分かることですが、株式投資だけにしか眼中にない投資家になってしまうと株式投資にこだわって無理に投資しようとしてしまいます。

株式市場に魅力的な投資先がない場合には、株以外の投資先に投資したり株への投資を控えて現金比率を高めることもできます。

株式市場には、いつでも絶好の投資機会があるというわけではないため、焦らずに待つ姿勢が非常に大切です。

5.我慢強く待っていればいつか必ずチャンスがやってくる

常に絶好の投資機会が転がっているわけではないのが株式投資の世界ですが、いつかは必ずチャンスがやってくるのも株式投資です。

焦らず待ち続ければ絶好の投資機会が巡ってきます。

数年単位で待つ

個別銘柄に注目したり成長株を探したりすれば、比較的多くの投資機会を見つけることもできます。

しかし多くの投資家は個別銘柄を分析するために必要な膨大な時間を確保することが難しく、分析自体も正確なものなのか分かりません。

そのため相場全体が暴落したタイミングで株を買うのが非常に有効になります。

ただし誰にでも分かるような絶好の投資タイミングは数週間や数カ月ではやってきません。数年は待たないといけません。

株の価値よりも価格が下がったタイミングから買い時

具体的な株の買い時は、株の価値よりも価格が下がったタイミングとなります。

バブル期には企業の実力や株の本質的な価値とは関係なく株価が上昇しますが、株価の上昇にのって株を売買することでも利益を得ることができます。

ただし暴落に巻き込まれてしまえば割高で買った株は買値まで株価が戻るまでに長い期間が必要となり、非常に危険な投資となります。

そのためリスクを最小限に抑えて投資をしたいなら、基本は株の価値よりも価格が下がったタイミングからが買い時であると肝に銘じておきましょう。

株の価値よりも価格が下がったからといって買うべきではない

株の価値よりも価格が下がったときが株を買う絶好のタイミングになりますが、さらに株価が下がりそうなのにわざわざ株を高く買う必要性はありません。

株の価値よりも価格が下がったタイミングは、株を買う必要条件が整っただけで十分条件とはなりません。

リスクを抑えつつリターンを最大化したいなら、さらに一歩踏み込んで株価が十分に下がってから買うべきです。

どのタイミングで株価の下落が底を打つのかは誰にも分からないため見極めは非常に難しいですが、安値で買えないなら大きなリターンを見込めないため見送ることも賢い選択です。

割安になったからといってすぐには買わず、貪欲にさらに安くなってから買うくらいの気持ちで投資しましょう。

まとめ

株式投資では我慢強くチャンスを待つことが非常に重要で、焦って投資してしまうといつか大きな損失を発生させることにつながります。

待ち続ければいつか投資機会はやってくるため、絶好の投資タイミングがやってくるまで下手に動かずにじっと待ちましょう。

ただし我慢強くチャンスを待つことが重要であることは多くの投資家が理解しているものの実践できません。なぜならいつでも投資できる状態が整っているため、毎日のように投資への誘惑に襲われることになるからです。

大きな出来事が発生して株価が変動したときにも敏感に反応してしまうのが投資家であり、株のことを考えるたびに投資の誘惑を跳ね返す必要があります。

絶好の投資タイミングがやってくるまでに数百回、数千回、数万回の誘惑に耐える必要がありますが、多くの投資家が誘惑に耐えられないからこそ誘惑に耐えることができれば小さなリスクと大きなリターンの両方を手に入れることができます。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , ,