逆張りで長期の株式投資をすべき5つの理由とは?長期投資では順張りで失敗する!

   

逆さまになっている飛行機

株式投資をするうえで欠かせないのが投資方針。一般的には順張りと逆張りがあります。

順張りは値上がり基調に沿って株を買う手法であり、逆張りは値下がりしてから株を買う手法です。

どちらの手法も株で儲けることは可能ですが、長期投資をするなら順張りではなく逆張りすることが基本となります。

今回は、逆張りで株式投資をすべき5つの理由をご紹介します。長期投資では順張りで失敗してしまいます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.安く買って高く売るが株で儲ける基本だから

株式投資で儲けるための基本は、株を安く買って高く売ることにあります。株を安く買って高く売るためには逆張り非常に有効な方法になります。

株が安いの意味

株が安いという意味には2つあり、相対的に株が安いか絶対的に株が安いかによって意味が大きく違ってきます。

相対的に株が安いというのは、今日の株価より明日の株価の方が値上がりする場合です。明日から見れば今日の株は安いため、今日のうちに株を買っておけば明日は買ったときより高く売ることができます。

相対的な株の安さを重視するのは順張りで儲ける考え方です。

絶対的に株が安いというのは、株の本質的な価値に対して現在の株価が安いということです。明日、株価が上昇するかどうかは分かりませんが、企業の業績などから割安だと判断できれば長期的には株価は値上がりするため儲けることができます。

絶対的な株のやすさを重視するのは逆張りで儲ける考え方です。

株を安く買って高く売るという基本は、株をどのような値段で買ってもそれ以上に高く売れば利益を出せるという意味もありますが、現実的にはいつ株価が下落してもおかしくないため非常に危険な賭けとなります。

そのため基本としては逆張りの考え方に沿って株を割安で買って割高で売るということが基本と考えておきましょう。

みんなが買っているときに売り、みんなが売っているときに買う

逆張りとは、相場の下落局面で買い、上昇局面で売るという投資手法です。

株価が上昇するのは多くの投資家が株を買っているからです。また株価が下落するのは多くの投資家が株を売っているからです。

逆張りをするということは、多くの投資家とは真逆のベクトルで投資をするいうことになります。

そのため多くの投資家が手放した株を買い、欲しがる株を売ることになるため、大きな需要に対して小さな供給を行い、大きな供給に対して小さな需要を行うことになります。

その結果、相対的に安く買って高く売ることを実現することができます。

ファンダメンタルズを基本に据える

逆張りによって安く買って高く売る場合には、長期投資を心がける必要があります。そしてファンダメンタルズを基本に据えて、相対的に安いときに買って高いときに売るのではなく、絶対的に安いときに買って高いときに売ることを考えなくていけません。

株価がどこまで値上がりするのか、逆にどこまで値下がりするのかは誰にも分かりません。

そこで指標になるのがファンダメンタルズ。企業の実力を基本に株の価値を見積もることで、株が割安なのか割高なのか判断することができるようになります。

もし株価が下がっていてもファンダメンタルズ分析から株が割高だと判断できたならさらに値下がりすることを推定することができ、できる限りの底値で株を買うことができます。

逆張りをする場合、株が安いか高いかを判断するためにファンダメンタルズを基本に据える必要があります。

2.多くの投資家が順張り投資家だから

多くの投資家は株価が上がっているタイミングで株を買い、株価が下がっているタイミングで株を売るため順張り投資家ということになります。

株価は多数派によって動く

株価は売る人より買う人の方が多いときに上昇し、買う人より売る人の方が多いときに下降します。

そのため多数派は順張りをしていることになり、大多数の投資家は順張り投資家ということになります。

もし逆張り投資家が多数派になれば、その時点で順張りと逆張りが逆転して、それまで逆張りだったものが順張りに転じることになります。

株価が多数派によって動くことを理解すれば、多くの投資家が順張りになることも分かります。

早いタイミングで動かないと順張りでは儲からない

順張りで儲けるためには、誰よりも早く株を買い、誰よりも早く株を売るレスポンスの早さが求められます。

株価が上昇し始めている早いタイミングで株を買い、株価が下降し始めている早いタイミングで株を売ることで利益を得るのが順張りです。そのため十分に株価が上昇したタイミングで株を買ったり、株価が大きく下がってから株を売ったのでは損失が発生します。

順張りで儲けるためには、逆張りと同じくらい異質な投資をしなければいけません。

長期投資では順張りは難しい

長期投資においては順張りで利益を得ることは簡単ではありません。

長期投資では株価が上下するサイクルが非常に長いため、高値で株を買って売るタイミングを見誤ってしまうと再び売れるタイミングが訪れるまで長い期間が必要になります。

もちろんバブル期に株価が右肩上がりを続けている場面では利益は拡大していきますが、暴落が起こると割高で買った株が塩漬けになってしまう可能性があります。

暴落はいつ起こるか分からず、割高の株に手を出した時点で大きなリスクを抱えてしまうことになります。割高の株を買ってリターンが拡大していても、それはリターン以上のリスクを引き受けている可能性が非常に高いということになります。

長期投資の場合、順張りで一時的にリターンが膨らんでも継続的にリターンを増やすことができるとは限りません。

3.群集心理を離れて孤独になることが必要だから

株式投資では多数派に属している限りは大きなリターンを得ることはできません。つまり素直に順張りしているだけではリターンを得られず、少数派となる逆張りをすることでリターンを得ることができるようになります。

多数派になるのは間違い

株式投資で大きな利益を上げるためには、多数派から離れる必要があります。なぜならアクティブ投資ではゼロサムゲームを制する必要があり、多数派から奪うことでしかリターンを高めることができないからです。

多数派は順張りを行い、バブル期に高く買って暴落期に安く売ることになります。そのため多数派に巻き込まれては大きなリターンを得ることはできません。

多数派にならないためには逆張りをするしかありません。

群集心理に従ってしまう

誰もが株式投資でリターンを最大化するためには安く買って高く売る必要があることを理解しており、多数派に属すれば逆張りできないことは分かっています。

しかし多くの投資家は、最終的に順張り投資家となり逆張りすることができません。

その理由は簡単です。多数派に属するのは心地よいからです。

自分が正しい判断をしていても、周囲が間違った判断をしていれば自分が正しい判断をしているか信じられなくなってきます。そして最後には自分を信じられなくなり周囲と同じように間違った判断の輪に加わることになります。

順張りでは短期的に大きなリターンを得ることができます。特にバブル期の末期には大きな含み益が発生するため、自分の投資家としての先見性に酔いしれることができます。

群集心理に従ってしまうのが人間の性であり、多くの投資家は群集心理に従うことが間違っていることを分かっているようで群集心理に従ってしまうものです。

投資では孤独こそ正解

少数派に属することでリターンを得ることができる株式投資では、群集心理を拒絶して多数派から離れて孤独を選ぶことが正解につながります。

逆張りをするということは少数派になるということであり、多くの投資家がバブル期に浮かれて投資しているときには投資を控え、暴落期に多くの投資家が株を投げ売りしているときには株を買い漁る必要があります。

多くの投資家と真逆の判断をすることは難しいことですが、その難しいことを行うことが株式投資では成功となります。

投資においては孤独こそ正解だと理解しましょう。

4.ファンダメンタルズ分析で株の本質的価値を見極めることができるから

逆張り投資をするときに指標とすべきなのがファンダメンタルズ分析で株の本質的価値を確かめることです。企業の実力を理解していれば、現時点の株価が割高なのか割安なのか判断することができます。

順張りではテクニカル分析、逆張りではファンダメンタルズ分析

順張りでは、株価の上昇に乗って株を売買することでリターンを狙います。そのため株価が割安でも割高でも株価が上昇を続けるならリターンを得ることができます。そのため順張りではテクニカル分析が重視されます。

一方の逆張りでは、株を安く買って高く売ることが求められます。現時点の株価が割安なのか割高なのか判断する必要があり、ファンダメンタルズ分析で株の価値を見極める必要があります。

逆張りにおいてはファンダメンタルズを重視することになります。

割安な株を買えば損することはない

逆張りではファンダメンタルズ分析で企業の価値を見極めますが、正しくファンダメンタルズ分析をして企業の価値を見極めることができれば、論理的には損をすることはありません。

割安な株を買うことができれば、株価が下降する可能性が低く上昇する可能性が高くなります。

株価が下落し続けても長期的には企業価値に収斂していくため、放置しているだけで株価は上昇します。

ところが割高な株を買ってしまうと、そこから株価が下落しても再び同じ水準まで株価が上昇するのには非常に長い時間がかかるだけでなく、永遠に同じ水準まで値上がりしない可能性さえあります。

逆張り投資は株価が下落したタイミングで株を買うため恐怖するものですが、割安になっていればリスクを抑えることができます。

難易度が高いナンピン買いや押し目買いが必要

株価の底は誰にも分かりません。そのため逆張りでは底を打ったタイミングを見計らって株を買う必要があります。

相場格言には「落ちてくるナイフはつかむな」という言葉があり、株価が下落中に株を買ってしまうとさらに下落して含み損を抱えるため、株価が十分に下がってから上昇し始めたタイミングで買うことが最適とされています。

一方で株価が値上がりを始めたタイミングで株を買っても、本当に割安な株を買うことはできません。

しっかりと逆張りでリターンを狙うなら、落ちてくるナイフを見事につかむ必要があり、株価が下がり続けても買い増し続けるナンピン買いや押し目買いも必要な場合があります。

ナンピン買いや押し目買いは、株価が上昇すればリターンを増やすことができるもののそのまま下がり続ければ含み損が拡大する原因になるため難易度が高い投資手法で、簡単にできるものではありません。

安く買って高く売るのは言うのは簡単ですが、実際には非常に難しいものです。

5.短期投資では順張りが有効だが長期投資では逆張りが有効

基本的に逆張りが有効になるのは長期投資であり、短期投資では順張りが有効になります。どのような投資でも必ず逆張りが有効であるとは限りません。

短期投資ではすばやく対応する順張り

短期投資では、株価が激しく動く株に投資します。そして企業の本質的価値などは考慮せず、株がどのように変動するのかだけを見据えて投資します。

株価が上がり始めると継続的に上がり続け、下がり続けると継続的に下がり続けます。株価の値上がりや値下がりはランダムですが、そのランダムな株価に投資家たちが願望を重ねることで株価の変動には傾向が表れます。

この株価変動の傾向をとらえて投資するのが短期投資の基本であり、投資家の心理を読んで順張りで投資することでリターンを増やすことができます。

長期投資では企業価値に収斂する逆張り

長期投資では、株価と企業価値が乖離した割安な株に投資し、株価が企業価値に近づくのを待ちます。

そのため重要になるのが、割高な株を買わず割安な株を買うことです。割安な株を買って待っているだけで株価の上昇を狙うのが逆張りとなります。

逆張りは非常に有効な投資手法ですが、どのようなスタンスで投資する場合にも有効になるとは限りません。

まとめ

長期投資をする場合には、割高な株を買うことは絶対に避けなくていけません。一時的に割高な株がさらに値上がりすることはあっても、いつかは株価が下がったり株価が上昇しなくなります。

割高な株は成長性まで踏まえた株価となっているため、長期投資では逆張りで割安な株を買うことが必須となります。

一方で短期投資では逆張りが有効とは限らないため、どのような状況でも逆張りをするべきというわけではないことには留意しておきましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,