株式投資では株の価値と価格に目を向けなくてはいけない5つの理由とは?株の価値と価格で全てが決まる!

   

樽の中で塩漬けにされた株券のイラスト

株式投資で大きなリターンを得ようと考えるなら絶対に目を向けなくてはいけないのが株の価値と価格です。株の価値と価格の差を見つけることが利益につながります。

しかし多くの投資家が株の価格ばかりに注目して価値には目を向けず、さらに株の価値と価格の関係性については無関心です。

そこで今回は、株式投資で成功するために必要不可欠な株の価値と価格に目を向けなくてはいけない5つの理由をご説明します。究極的には株の価値と価格で全てが決まります。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.株式投資は価値と価格の差によって利益を得られるから

株式投資で株の価値と価格に目を向ける必要があるのは、株の価値と価格の差によって利益を得ることができるためです。株を買うときと売るときの株価の差が利益の源泉となりますが、株価の変動は株の価値に大きな影響を受けます。

株の価格は株の価値に収斂する

株式投資で利益を上げる方法は非常にシンプルです。株を買ったときよりも高く売ればいいだけです。

しかし株を買ったときよりも高く売ることは簡単ではありません。

株価は多くの投資家が売買した結果、決定された価格となっています。そのため株の価値は価格に織り込まれており、株価は妥当な値段となっています。

多くの場合、買った株は妥当な値段となっているため売るときにも妥当な値段でしか売ることはできません。そのため株の売買で利益を得ることはできません。

しかし状況によっては、株の価格が価値と大きく離れている場合があります。株の価値と価格に乖離があれば、株の売買で利益が出る場合と損失が出る場合が発生します。

そして株の価値と価格は一時的には乖離していても時間が経つと市場の効率性によって収斂していきます。

株の価値と価格の差が利益の源泉

インデックス投資のように市場全体の成長の恩恵を受けるのではなく、市場平均よりも上回るリターンを得るためにはほかの投資家から利益を得るゼロサムゲームに勝利しなくてはいけません。

そしてこのゼロサムゲームに勝利するためには、株の価値と価格の差を見つけなくてはいけません。なぜなら株の価値と価格の差が利益の源泉となるためです。

価値に対して安い価格の株を売る投資家は、株を安売りしているため損することになります。一方で安売りしてる株を買った投資家は得をしていることになります。

価値に対して高い価格の株を売る投資家は、株を高く売っているため得することになります。一方で高く売られている株を買った投資家は損をしていることになります。

株を安く買って高く売る場合にも、株を妥当な価格で買って高く売る場合にも株の価値と価格の差が利益の源泉になることには違いがありません。

価値と価格の差を見極められないと継続的な利益を得られない

株の価値と価格の差が利益の源泉になりますが、ここで重要なのが利益を得るための2つのパターンです。

株式投資で利益を得るためには本来の価値より安い株を買って価値と同じ価格に戻ってから売るか、価値と同じ価格で買って価値以上に価格が上がってから売るかのどちらかになります。

分かりやすく2つのパターンを説明すると本来の価値より安い株を買って価値と同じ価格に戻ってから売る方法はバリュー株投資、価値と同じ価格で買って価値以上に価格が上がってから売る方法はグロース株投資となります。

バリュー株投資の場合、買った株は時間が経つと価値と価格が収斂するため自然と値上がりしていきます。そして価値と価格が釣り合った状態は長く続くためいつでも売ることができます。

グロース株投資の場合、買った株が値上がりするのは株の価値を見極められない投資家が出現した場合です。価値と価格を見極めることができない投資家は主にバブル期に登場し、常に存在するわけではありません。価値に対して株価が不当に高くなっていれば効率的な市場の原理によってすばやく株価は価値と釣り合う妥当な株価に是正されてしまうため、高い株価を長く維持することはできません。

つまり一時的に大金を手に入れたいならバリュー株投資であってもグロース株投資であっても可能ですが、継続的な利益を得るためにはバリュー株投資を基本に置くしかありません。

そしてバリュー株投資を実践するためには、株の価格だけでなく価値にも目を向ける必要性に迫られます。

2.株を本質的な価値より安い価格で買うことが正攻法だから

株を買ったときよりも高く売る流れは大別すると2つで、本来の価値で買った株を本来の価格よりも高く売る場合と本来の価値より安く買った株を本来の価値と同じ価格で売る場合です。このうち正攻法となるのがバリュー株投資である本来の価値より安く買った株を本来の価値と同じ価格で売る方法となります。

ファンダメンタルズ分析で株の価値を見極めることが大前提

バリュー株投資を実践するために大前提となるのが株の価値を見極めることです。株の価値を見極めることができなければ、そもそも株価が割高なのか割安なのか判断できません。

そこで必要になるのが財務諸表を確認して企業経営の状態を確認するファンダメンタルズ分析。地味な作業になりますが、ファンダメンタルズ分析で株の価値を見極めることが必要不可欠です。

正しく株を本質的な価値より安い価格で買うことができれば、株式投資はほとんど成功したようなものです。

株を安く買えば含み損を抱えにくい

株を十分に安く買うことができれば、含み損を抱える心配もなくなります。

含み損は株価が下落することで発生しますが、そもそも十分に下落している株価はそれ以上に下落することはありません。

もし株の価値より割安なタイミングで株を買っているのに継続的に株価が下落すれば、さらに割安になっているということになります。お買い得になっているということであるため、さらに株を買い増すことでリターンを増やすことができます。

株を安く買うことはリターンを最大化させるだけでなくリスクを最小化させることにもつながります。

株を安く買えば含み益も大きくなる

株を安く買うことには、リスクを抑えるだけでなくリターンを増やす効果も当然ながら存在します。

株を安く買うことで、株価が価値に合わせて上がる可能性が高くなります。そして価値に対して妥当な株価になればいつ売っても利益を得ることができます。

そのため売り時を見計らう必要があまりなく長期保有して好みのタイミングで売ることができます。

株価が妥当な状態で利益を得られるということは、株価が高騰すれば利益は大きくなるということです。

本来の価値よりも株価が上昇すれば利益は大きくなります。損失を最小限に抑えながら利益を最大限に増やすことができます。

株を価値よりも安く買うことは損失回避と利益最大化につながるため、株の価値を見極めて価格との関係性に目を向けることが大切になります。

3.株の価格は心理によって動くため価値と乖離することがあるから

市場が効率的なら株の価格は株の価値を正確に反映しているため、割安と思える株も見落としている大きなリスクを抱えているだけの可能性があります。しかし現実的には、株の価格は心理によって動くため価値と乖離することがあるため割安な株が出現します。

株価が上がると嬉しくなり株価が下がると悲しくなる

株式投資は人間が行っているため、人間の心理が反映されます。そのため明らかに価格と乖離した株価が長く維持されることもあります。

分かりやすいのが株価上がると嬉しくなり株価が下がると悲しくなるという気持ちです。持っている株が値上がりすれば嬉しいものであり、逆に持っている株が値下がりすれば悲しいものです。

ところが株を買うときにも同じような心理が働きます。

本来なら株を買うときには値上がりしている株は避けたくなるものです。なぜなら株を買うために必要となるお金が増えるからです。

しかし現実には、多くの投資家がさらに株価が値上がりすることに期待して値上がりしている株を買おうとします。

逆に本来なら株を買うときには値下がりしている株は買いたくなるものです。なぜなら株を買うために必要となるお金が減るからです。

やはり値下がりしている株を買うときにも、さらに値下がりすることを嫌って株を買うのを躊躇します。

株ではなく洋服なら株のような買い方はしません。値段が高くなる洋服は買わず、値下がりしているバーゲンセールの洋服は誰もが買います。

株において人間の心理が揺れ動くのは、株の価値だけでなく株価の行方を想像してしまうからであり、上がり続ける株価はそのまま上がり続けるように思え、下がり続ける株価はそのまま下がり続けるように思ってしまうからです。そのため株価が上がると嬉しくなり株価が下がると悲しくなります。

状況が先鋭化すると予想する心理

もし右肩上がりのグラフや右肩下がりのグラフを見せられたら、多くの人はさらに右肩上がりや右肩下がりが継続すると考えるものです。

株価が上がり続ければさらに上がると考え、逆に株価が下がり続ければさらに下がると考えてしまうのが人間です。

そのため株価の変動もより先鋭化していくと考えがちになります。

株価が絶対的に割高であると分かっていても、さらに株価が上昇するなら将来から見ると現在の株価は割安だと判断できます。つまり想定的に割安だと思えば株を買う十分な理由となります。

人間の心理が強く反映された相場においては、もはやファンダメンタルズ分析だけでは判断できなくなります。長期的にはファンダメンタルズ分析によって導き出された妥当な株価に収束するとしても、短期的には人間の心理を反映するテクニカルに株価が動きます。

株の価格と価値の乖離は想像以上に長く続く

多くの投資家は、株価は株の価値を反映していると考えているものですが、実際には株の価格と価値の乖離は想像以上に長く続きます。

相場にとって1年という期間はそれほど長くありません。5年や10年という長い期間をかけて株価は価値と収斂していきます。

しかし投資家にとって1年はとてもつもなく長い期間です。ましては5年や10年は多くの人が耐えられるような期間ではなく、下がった株価が上昇するのを信じて持ち続けるのも、高すぎると判断した株価が下がるのを待つのにも難しい期間です。

そのため株の価値と価格が収斂すると信じていても最後まで信じ切れるとは限りません。投資家はいつでも投資できるため、価値と価格が収斂するまでに何千回、何万回と襲ってくる株を売買したいという気持ちを振り払い続けなければいけません。

1回や2回の株の売買の誘惑になら耐えられても、1万回や2万回の株の売買の誘惑に耐えられる人はほとんどいません。その結果、誘惑に篭絡されてバブル期に投資してしまったり暴落期に株を売ってしまうことになります。

4.価値より安い価格の株を買うことで大きな利益を得られるから

普遍的な話ですが、価値より安い価格の株を買うことで大きな利益を得ることができます。リターンを最大化するためには、価値より安い価格の株を買うことが重要です。

底値で買えば落差が大きくなる

もし株は価値よりも高い水準まで上がっても、妥当な価格で株を買っていた場合と底値で株を買っていた場合ではリターンが大きく異なります。

割安に買った分だけ値上がり幅が大きくなり、より多くのリターンが手に入ります。

たとえば100円の価値の株を、100円で買い200円で売った場合と50円で買い200円で売った場合では前者は100円の利益ですが、後者は150円の利益となります。

株は買うときと売るときの値段の落差が大きければリターンが大きくなるため、価値より安い価格で株を買うことは重要です。

底値で買えばたくさん買える

株を割安で買うことができれば、同じだけの資金を投入していてもより多くの株を買うことができるため値上がりしたときにはリターンが大きくなります。

値段の落差が大きくなるだけでなく保有株数も多くなるためリターンが爆発的に増えます。

たとえば1株100円の価値の株を100円分買って200円で売ったとします。株価が100円のときには1株だけしか買えませんが、株価が50円のときなら2株買うことができます。

そして株価が200円のときに株を売れば、前者は100円しか利益を得られませんが、後者は300円の利益を得ることができます。

株価が下がると株価が上昇したときの価格の落差が大きくなるだけでなく、より多くの株を買うことができるようになります。

5.価値より高い価格の株を避けることで致命的な損失を避けられるから

株の価値を見極めて割高な株を避けることができれば、致命的な損失を避けることにもつながります。株の中には買った時点で損失が確定しているような株も存在します。

割高な株はいつか損失を生む

株の価値と価格が収斂することを前提にすれば、割高で買ってしまった株はいつか損失を生み出すことになります。損失を出さないためには、株価が下落する前に売ることが重要になります。

ところが割高な株は、上昇傾向にあってもいつ株価が下落に転じるか分からない状況です。そのような状況であえて割高な株を買っているということは、今後も値上がりが予想されるということです。

つまり値上がりを狙って買っているため簡単に売ることができない状況となっています。そして欲張っているうちに株価が大きく下がり、売ったときには損をしているということになります。

割高な株は時限爆弾のようなものであるため、どれほど魅力的であっても手を出した時点で大きなリスクを抱えることになります。

割安な株なら致命的な損失を避けられる

割高な株がいつ爆発するか分からない時限爆弾だとすれば、割安な株は金の卵です。金の卵が孵って金のニワトリに育てば大きなリターンを生み出してくれます。

割安な株は、その時点で十分に株価が下がっています。そのためさらに株価が下落する可能性が低く含み損を抱えにくくなります。

また含み損を抱えた場合にも、株価の下落は限定的であり大きな含み損になりません。

加えて十分に割安な株価がさらに下落したというなら、それは大きなチャンスです。ナンピン買いをすればリターンをさらに増やすことができます。

適正な価値を見極めて手に入れた割安な株は、買った時点で十分に株価が下がっているためそれ以上に大きな損失が発生しにくくなります。

まとめ

株式投資ではどうしても株価ばかりに目を奪われてしまいますが、本当に目を向けなくてはいけないのは株の価格ではなく価値です。株の本質的な価値が分からなければ、株価が妥当なのかも判断できないからです。

株の価値が分かれば、今度は株の価格との関係性について目を向ける必要があります。株の価値と価格の関係を理解できれば、バブル期に全財産を突っ込むというような無謀な投資を避けることができます。

無謀なパイロットや年老いたパイロットはいますが無謀で年老いたパイロットはいません。株式投資でも、長期的な成功を手に入れたいなら株式投資を長期的に続けられるように株の価値と価格について理解を深める必要があります。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,