バリュー株投資をすべき5つの理由とは?企業の本質的価値を見極め割安株を見つけろ!

   

右肩上がりの折れ線グラフを押さえる指

アクティブ投資の手法は数多く存在しますが、その中でも多くの投資家が実践している投資手法がバリュー株投資です。割安株投資とも呼ばれるバリュー株投資は、割安な株を買って株価の上昇を待ってから売るという非常にシンプルな投資手法です。

バリュー株投資を実践すれば「安く買って、高く売る」という株式投資の基本を押さえることができ、優れた投資結果を実現することができます。

今回は、バリュー株投資の強みからバリュー株投資をすべき5つの理由をご紹介します。企業の本質的価値を見極め割安株を見つけることでインデックス投資を上回る成果を手に入れることができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.企業の本質的価値以外に確かなものはないから

企業の価値として見られているものはさまざまです。土地や建物はもちろん、在庫や現金、技術や従業員、特許やブランド、ビジョンや将来性なども企業の価値とされています。しかしその中でも、ビジョンや将来性などのあやふやなものは価値として確かなものではありません。

価値と価格の差に目をつける

株式投資は大別すると企業の価値に目を向けるファンダメンタルズ分析と株価の値動きに目を向けるテクニカル分析の2つがあります。このうちテクニカル分析については、否定的な意見が多く一般的には長期投資ではファンダメンタルズ分析が重視されます。

またファンダメンタルズ分析による投資にも割安株を買うバリュー株投資と値上がりする株を買うグロース株投資があり、多くの投資家はバリュー株投資かグロース株投資を選びます。

どちらの投資手法においても、基本は価値と価格の差に目をつけており、本来の価値よりも価格が安いなら買い、本来の価値よりも価格が高いなら売るのが基本となります。

今の価値を重視するか将来の価値を重視するか

バリュー株投資は割安な株を買い、グロース株投資では成長性のある株を買うと考えられていますが、本質的には異なります。

本当のところは今の価値を重視するがバリュー株投資で、将来の価値を重視するのがグロース株投資となります。

現在を重視するなら現時点で割安な株を買おうと考えます。すると自然と現在割安な株を求めることになります。

将来を重視するのなら、将来から見て現在割安な株を買おうと考えます。すると現在は割安ではなくても未来から見れば安いと考えられる株を求めることになります。

バリュー株投資もグロース株投資も割安な株を買うことには違いがありませんが、どの視点から割安だと判断するかで株を買う判断に違いが生じます。

企業の確かな価値は現在の本質的価値

ベンチャー企業が掲げるビジョンにはすばらしいものがあり、将来性のある技術を持っているベンチャー企業もたくさんあります。しかし将来が約束されているかといえば何ともいえません。

もし堅実に投資をするなら、できるだけ確かなものを根拠にするのが賢明です。判断の土台があやふやならどれだけ立派な理論でも砂上の楼閣になってしまうからです。

それでは株を割安だと判断するときに確かな土台とは何なのでしょうか。それは企業の現在の本質的価値です。

重視すべきは10年後に稼ぐであろうお金ではなく、今日稼いだお金です。確かなものは10年後に働いているであろうオフィスや販売しているであろう商品ではなく、今働いているオフィスであり今販売している商品です。

ビジネスで考えれば不確実な将来をあてにすることの危険性は理解できるはずです。出世払いの客を相手にする商売人はおらず、お金をすぐに払えないなら商品を売らない店が当たり前です。

企業の確かな価値は現在の本質的価値である以上、将来ではなく現在を重視すべきでありグロース株投資よりもバリュー株投資に軸足を置くべきです。

2.コツコツと積み上げる努力が求められて面倒だから

人間は面倒なことをやりたがりません。特に株式投資で大金を手に入れたいと考えている人は、簡単に大金を手に入れられる方法を実践しようとします。

そのためコツコツと積み上げる努力が求められて面倒なバリュー株投資には、面倒というだけで儲かる可能性が秘められています。

少数派になることが投資で儲ける絶対条件

投資で儲けるという意味は、インデックス投資を打ち負かす結果を出すということが前提になります。インデックス投資は社会と企業の成長を享受しているため、インデックス投資を超えるリターンを得るためには他の投資家に勝たなくてはいけません。つまりゼロサムゲームに勝利する必要があります。

そのためインデックス投資以上の成果を出すためには大多数の投資家の裏をかいて少数派になることが求められます。

バリュー株投資は手間と時間がかかる非常に面倒な投資手法です。そのため真剣にバリュー株投資をしている人はそれほど多くはありません。

そのため真剣にバリュー株投資に挑戦するだけで株式投資で儲けるための絶対条件である少数派になることができます。

面倒だから割安株が放置される

市場が効率的なら、価値に対して割安な株はすぐにほかの投資家に買われてしまうはずです。そのため理論的に考えれば割安な株は存在しておらず、割安であるように思える株価なら自分では見つけられなかった隠れたリスクを抱えているということになります。

もちろん隠れたリスクに気付けず割安だと判断してしまう場合もありますが、本当に割安な株も存在しています。

割安のように思える株を見つけたとき、本当に割安か否かはファンダメンタルズ分析をしてみなければ判断できません。さらにファンダメンタルズ分析をしても、どこかに見落としがある可能性もあるため隠れたリスクが全てなくなったとは言い切れません。

ファンダメンタルズ分析をするだけでも面倒なのに、その結果が必ずしも正しいとは限らないとなると、そんな面倒なことは誰もやりたがりません。

たとえばゴミの中にお宝があるかもしれないとき、論理的に考えれば誰もがゴミを漁ってでもお宝を探そうとするはずです。しかし実際には、時間と労力を費やしてゴミを漁ってお宝を探す人はいません。

ファンダメンタルズ分析は、楽にお金が欲しい人にとっては非常に面倒な作業となるため、割安株を見つけても多くの人が放置する可能性は十分にあります。

探し続ければいつか割安株は見つかる

割安株を探すことには時間と労力しか必要ありません。お金が必要なわけではなく、1日に調べることが許されている個別銘柄が限定されているわけでもありません。

分かりやすくいえば、三振のないバッターのようなものです。

バッターボックスに立ち続ける限りは、自分が間違いなく打てると確信できる球が飛んでくるまで待ち続けることができます。そしてここぞというときにだけバットを振ることができます。

割安株は探し続けることが可能で、確実だと思える株だけを買っていけば割安株を手に入れることは可能です。

コツコツと積み上げる努力さえ可能なら、バリュー株投資には無限の可能性が広がっています。

3.再現性が高くノウハウが蓄積するから

割安株を見つけることが重要になるバリュー株投資は、再現性が非常に高い投資手法です。そのためバリュー株投資を続けてノウハウを身につけることができれば、継続的にバリュー株投資で大きな利益を上げ続けることができます。

株で儲けることは簡単だが継続的に儲けることは難しい

株で儲けることはそれほど難しくありません。株価は短期的には上がったり下がったりを繰り返しています。そして株を売却するタイミングは自分で決めることができます。

そのため株価が下がったときには株を売らず、株価が上がったときに株を売れば誰でも簡単に儲けることができます。

しかし短期的にはそれほど儲けることが難しくない株式投資ですが、継続して儲け続けることは困難を極めます。

株式投資を始める人の多くは相場が上向いているとき株式投資に挑戦します。そのため株を買って待っているだけで自動的に株価は上がっていきます。

ところが投資期間が長くなると株価が急激に下がる局面や株価が下がり続ける局面にも対応しなくてはなりません。このとき多くの投資家がパニックに陥って株を手放して大きな損失を被ります。

バリュー株投資では損失に備えることができる

バリュー株投資は、攻めの投資ではなく守りの投資です。そのため大きな利益を狙うのではなく損失を最小限に抑えることが基本となります。

株式投資では損失が発生する場面が難局となりますが、バリュー株投資なら損失を最小限に抑えることができるため難局を乗り切ることが楽になります。

そもそも割安な株を買っていれば、それ以上に株価が下がることは少なく、ファンダメンタルズ分析によって確かな価値を見つけているため動揺することもありません。

そのためバリュー株投資では損失に備えることができます。

続けていると割安株を見つけやすくなる

バリュー株投資では必須となる割安株の見つけ方も、バリュー株投資を続けることで効率的に見つけることができるようになります。

割安株にはいくつかの特徴があるため、ポイントを押さえることで割安株の候補を探し出すことが容易になります。

また一度、しっかりと分析した銘柄に関しては覚えていることも多く、再び調べるときにも過去のファンダメンタルズ分析を生かすことができます。

バリュー株投資は続けるほどに割安株を効率的に見つけられるようになります。

4.精神力を分析力で補えるから

株式投資においては精神力が非常に重要になります。優柔不断な人は簡単に買った株の価値を信じられなくなり狼狽売りしてしまうためです。

精神力は鍛えることもできますが、生まれ持った性質でもありります。どちらにしても簡単に身に付けることはできません。

しかしファンダメンタルズ分析でしっかりと企業の価値を見極めることができれば、弱い精神力を分析力で補い企業を信じることができるようになります。

危険な狼狽売りを避けられる

精神力だけではどうすることもできない場面であってもファンダメンタルズ分析で割安だと判断して買った株なら、売却せずに保有を続けることができます。

株式投資において非常に危険なのが狼狽売りです。株の価値とはかけ離れた値段でもパニック状態に陥っていれば思わず手放してしまうものです。

特に大暴落して市場が混乱しているような場合には、さらに株価が下がる前に売って損失をかけて楽になろうと思いたくなるものです。

株価が下がったときに株を売ってしまう理由は株の価値を信じられなくなるからですが、しっかりとファンダメンタルズ分析をしていれば論理的に株の価値を確信できるため精神力が弱くても株の価値を客観的に確認し続けることができます。

バリュー株投資はディフェンシブな投資手法ですが、それは株価の下落時に危険な狼狽売りを避けることができるのも大きな理由です。

株価の上昇まで我慢できる

値上がりすると思っていた株を買ってみたものの、なかなか値上がりしなければさっさと株を売ってしまいたくなるものです。無意味に株を売れば税金や手数料に悩まされることになります。

しかしバリュー株投資では、株価が値上がりしなくても株を持ち続けることができます。無駄な売買を防ぐことができます。

価値に対して株価が安ければ、いつかは投資家が価値と株価のギャップに気付いて株を買うようになるため、いつかは株価が上昇するはずです。株価が上昇しないのは、株に価値がないというわけではなく多くの投資家が株の価値に気付いていないからだと信じることができます。

しっかりとファンダメンタルズ分析をしておけば、株の価値を信じられるようになるため、株価の上昇までしっかりと我慢することができています。

精神力だけに頼ると大損失が発生する

人間が恐怖を感じるのは危険からすばやく逃れるためです。精神力が強く簡単に株を手放さないことが大きな利益につながるのは、正しい判断で売るべきではない株を買ったときだけです。もし判断が間違えていてすぐにでも売るべき株を買っていた場合、強靭な精神力によって損失はさらに拡大していきます。

精神力だけで株式投資をしていれば、いつかは大きな損失が発生することになります。株価の上昇が見込めない株についてはできるだけ早く損切りすることが大切になるためです。

強靭な精神力は株式投資で成功するためには必要不可欠な条件ですが、強靭な精神力だけでは株式投資には成功しません。

5.バリュー株投資はグロース株投資にもつながるから

バリュー株投資とグロース株投資は、本質的に同じものです。大きな違いは現在と将来のどちらをより重視するかという点です。そのためバリュー株投資に秀でていればグロース株投資についても成功する可能性を高めることができます。

完全なバリュー株投資やグロース株投資はない

バリュー株投資とグロース株投資を分ける明確な境界はありません。将来よりも現在を重視すればバリュー株投資になり、現在よりも将来を重視すればグロース株投資になるというだけです。

そのためバリュー株投資をする場合にもグロース株投資の要素は含まれており、グロース株投資をする場合にもバリュー株投資の要素は含まれています。

バリュー株投資とグロース株投資を分断して考えず、バリュー株投資とグロース株投資はつながっているものであると考えましょう。

バリュー株投資はグロース株投資へのステップアップになる

現在の価値と将来の価値を推定するとき、間違いなく将来の価値よりも現在の価値の方が推定しやすいものです。

ビジネスで考えれば分かりますが、お店をしているなら今日の売り上げは帳簿を見れば誰でも分かります。しかし明日の売り上げはだいたいは分かっても正確には分かりません。そして10年後の売り上げについてはほとんど分かりません。

現在に近いほど推定するのは容易になり、遠い未来になるほど推定する難しくなります。

これは現在から離れるほど不確実な要素が増えるからです。

グロース株投資では、不確実な要素を含めて投資判断をしなければなりません。

バリュー株投資をしていれば、現在の価値から少しずつ将来の価値を見極めることができるようになります。

バリュー株投資は、グロース株投資の基礎としても機能します。

グロース株投資で大きく儲けられる

バリュー株投資とグロース株投資では、グロース株投資の方が不確実性が大きいためリスクが大きくなります。当然ながらリスクプレミアムによってリスクが大きくなった分だけリターンも大きくなる傾向にあります。

つまりバリュー株投資とグロース株投資では成功したときには、グロース株投資の方が大きく儲けることができます。

大きく儲けることを目的としてグロース株投資がしたいという人は、バリュー株投資からステップアップしてグロース株投資で大きく儲けることも可能です。

最初から難易度の高いグロース株投資に挑戦するのは無謀ですが、バリュー株投資で成果を上げながらグロース株投資へ移行して行けば着実に大きなリターンを目指すことができます。

バリュー株投資は守りの投資ですが、グロース株投資という攻めの投資にも応用は可能です。

まとめ

長期間にわたってリターンを上げ続けるためには、揺らがない確かなものに立脚した投資戦略が求められます。それはまさにバリュー投資です。

バリュー投資であっても不確実な要素を完全に消すことはできませんが、リスクを負うだけのリターンを見つけることができれば投資する意味は生まれます。

もしインデックス投資よりも優れた成果を求めるなら、まずはバリュー投資から始めてみましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , ,