短絡的で単純すぎる人は株式投資で失敗する5つの理由とは?より深くまで考えて投資しよう!

   

株価が上がれば買い株価が下がれば売るという短絡的で単純な株式投資をしている投資家も少なくありません。アクティブ投資をする場合には優れた思考力で複雑な分析ができない株式投資家は、間違いなく大きな失敗をしてしまいます。

相場が好調なタイミングでは短絡的で単純すぎる投資こそ大きな成果を出しますが、状況が一変するとそれまでに得た利益を失うどころか大きな損失を発生させてしまう可能性さえあります。

またできるだけ簡単に投資をするためにインデックス投資だけに決めている人もいますが、あまりにも短絡的で単純すぎる場合にはインデックス投資であっても失敗する可能性があります。

今回は、短絡的で単純すぎる人は株式投資で失敗する5つの理由をご説明します。より深くまで考えて表面的な部分だけでなく、さらに深い部分まで見つめて投資することが大切です。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.少数派しかインデックス投資の平均リターンを超えられないから

株式投資の失敗とは、インデックス投資による平均リターン以下の成績になってしまうことです。インデックス投資は純粋に企業の成長の恩恵を受ける投資であるため、インデックス投資以上の平均リターンを超えるということはゼロサムゲームに勝利する必要があるということになります。

大多数の投資家が短絡的で単純すぎる人

大多数の投資家は、非常に短絡的で単純すぎる人です。そのため大多数の投資家から離れることが投資成功のカギなら、大多数である短絡的で単純すぎる人であってはいけません。

短絡的で単純すぎる人は、株価が下がれば株価が下がったという情報しか得られず、株価が上がれば株価が上がったという情報しか得られません。また誰かの言葉を鵜呑みにしたりニュースを聞いて分かったように思い込んでしまいます。

そのため判断も非常に単純で、株価が上がったことを理由に株を買ったり、株価が下がったことを理由に株を売ったりします。

一方、慎重で複雑な思考ができる人は、表面的な理解だけにとどまりません。たとえば株価が下がれば、株価が下がった理由はもちろん、下がった株価が妥当なのかまで判断することができます。株価が上がったときにも、株価が上がる理由を理解して現在の株価が妥当なのかや今後も株価は上がるのかを予想することができます。

複雑な思考によって判断を下すため、熟考して判断するまでに時間がかかるだけでなく、さまざまな理由から判断を下します。単純な判断は下しません。

大多数の投資家が短絡的で単純すぎることは、好材料や悪材料のニュースが流れるたびに株価が激しく動くことからも明らかです。本来なら想像を超えるような好材料や悪材料が出ることまで含めて株を売買しなくてはならず、不測の事態を想定して株を買っていればちょっとした好材料や悪材料のニュースでは株価は変動しないはずです。

短絡的で単純な人は表層的な情報で判断を下してしまいます。そのため株を買うときに不測の事態を想定しておらず、株を売るときにも不測の事態を想定していません。

まずは大多数の投資家が短絡的で単純すぎる人であることを理解しておきましょう。

一次的思考と二次的思考

単純な思考と複雑な思考は、一次的思考と二次的思考というように分別できます。

一次的思考とは表層の情報に反応する思考で、短絡的な決断につながります。

二次的思考はさらに深い情報まで読み取る思考で、慎重な決断につながります。

たとえば一次的思考でバナナを見れば、黄色くて甘い食べ物です。とても単純です。

しかし二次的思考でバナナを見れば、バショウ科の植物の果実であり、実が熟すと皮が黄色くなり甘くなるが、熟していないものは主食として食べられるというようにとらえることができます。

株式投資に限らず投資の世界では、この一次的思考と二次的思考のどちらで判断するかが非常に重要になり、二次的思考ができなければ表層的な単純な情報から内部の複雑な情報を引き出すことができません。

一次的思考をする人と二次的思考をする人では、同じ情報を知っても得られる情報量が大きく異なるため判断の精度がまったく違ったものになってしまいます。

不動産投資における二次的思考の活用

二次的思考はあらゆる投資に必要不可欠なものであり、株式投資だけでなく不動産投資でも大活躍します。ここでは分かりやすく家を買うときに二次的思考を使えばどのような判断ができるかご紹介します。

家を買うときには誰もが不動産屋が出した情報に加えて、現地を視察したり不動産を内覧したりして家を買うか判断します。

家を買うときに一次的思考しか働かせることができなければ、不動産屋の情報を鵜呑みにして家の見た目にごまかされてしまいます。

しかし二次的思考を働かせることができれば、不動産屋の情報を疑って駅までの距離や部屋の広さを自分で調べ、建物の構造やリフォーム代、最近の地価などから本来の家の価値を導き出すことができます。

多くの人が信じている不動産屋の情報も間違っていることが多く、駅までの距離や部屋の広さを間違えていることは少なくありません。駅までの距離や部屋の広さは不動産の価値に大きく影響するため、自分だけが正しい情報を得られれば隠れた資産を見つけたことになります。

不動産屋は売主や他の不動産屋の情報をそのまま引き継いでいることがほとんどであるため、どこかで間違えが発生すれば誰も確認せずに最終的に買主まで間違った情報を与えられることもあります。

二次的思考を巡らせることは、不動産だけでなく株式投資でも利益を得るためには絶対に必要になります。

2.株の価値を見極めることができないから

一次思考しか働かせることができない短絡的で単純すぎる人は、当然ながら株の価値を見極めることはできません。価値が分からない株を買っていれば間違いなく投資に失敗します。

重要なのは価格ではなく価値

多くの株は多くの投資家が売買した末に導き出された価格になっています。多くの投資家はさまざまな情報を基に株に妥当な価格を設定して売買しています。そのため多くの株は妥当な価格で売買されています。

しかし中には、明らかに価値と価格にズレがある株もあります。

価値よりも価格が高ければ割高な株となり、価値よりも価格が安ければ割安な株となります。

そして短期的には株の価値と価格は関係なく動く場合があります。しかし長期的には株の価値と価格は近づいて連動していきます。

そのため、株の価値さえ見極めることができれば、価格とのズレから買うべき株と買わざるべき株を見分けることができるようになります。

多くの投資家は株の価格だけを見て株を買う

多くの投資家は株の価値ではなく株の価格を見て株を買うか売るか判断します。

その結果、株価が上昇しそうなら株を買い、株価が下落しそうな株を売るという非常にシンプルな結論を下します。

そして多くの投資家が選ぶ手法は間違いであり、株式投資で絶対に必要となる少数派には属すことができなくなってしまいます。

一次的思考だけでは、株価だけに反応して株の売買をすることになります。

価値さえ理解できれば株価は気にならない

もし正確に株の価値を理解できれば、株価が気になることもありません。

実力のある企業なら、株価がどのように変動しようが本質的な価値が失われていないと判断できます。そして時間が経てば株価は企業の価値に引っ張られて妥当な株価に落ち着くはずです。

価値に対して株価が高ければ避けることができ、株価が安ければ買うことができます。その後も、株価を気にせず株を持ち続けることができます。

短絡的で単純すぎる人は、価値を見極めることができないため周囲に合わせてすぐに株を売買して損失を膨らませることになります。

3.予想が外れると狼狽売りするから

短絡的で単純すぎる人は、単純な1つのストーリーに沿って株を買ってしまいます。そのためストーリーから外れる予想外の出来事が発生すると簡単に狼狽売りしてしまうことになります。

単純なストーリーを信じる

ビジネス環境は変化が激しく、どれほど盤石だと思えていてたビジネスであっても逆風に晒されることは珍しくありません。

また予測不可能な事件や事故が起こるのも当たり前で、規模が大きい企業ほど事件や事故に巻き込まれる可能性は高まります。

つまりどのような企業でも、思い描いていたような展開をすることはほとんどなく、何か予想外の問題が起こってしまうものです。

ところが短絡的で単純すぎる人は、難しいことは考えられません。非常にシンプルで分かりやすいことしか理解できないため、株を買うときには非常に単純なストーリーを思い描いてしまいます。

大人気になっている商品を販売している企業の株を買えば、その商品がそのまま長く売れ続けて企業が大きく成長して株価も上がるというようなストーリーです。単純ながらはっきりしたストーリーは分かりやすいため非常に強力で、信じ込んでしまうと疑うことができなくなってしまいます。

しかもパターンはたった1つ。自分の人生の今後も想像できない人が企業の今後をピンポイントで当てることなんて不可能です。

後から考えるとどれほど短絡的で単純だったのかよく分かるものですが、単純なストーリーを信じ込んでいるときにはなかなか自分を客観視できないものです。

単純なストーリーは必ず崩れる

自分の人生を振り返れば分かるものですが、思い通りいかないことの方が多かったはずです。予想外のハプニングに見舞われながらも、なんとか軌道修正して現在まで続いているのがほとんどの人間です。

たくさんの人間が集まっている会社ともなれば、思い通り行くはずがありません。

特に思い描いていたストーリーが単純でシンプルなほど予想は簡単に外れてしまいます。期待していた商品がすぐに売れなくなった、法律の規制でビジネスモデルが崩れた、ライバル社の類似品にシェアを奪われた、災害で工場が壊れた、経営幹部が横領をしていたなど、少し考えれば簡単にストーリーが崩れる原因を見つけることができます。

思い描いていたストーリーが崩れて良い方向に進めばいいですが、たいていは悪い方向に進むものです。

短絡的で単純すぎる人は、ストーリーが崩れた先の複雑なストーリーを想像することができず、精神的に大きなダメージを受けることになります。

株を手放して逃げ出す

希望が持てず不安しかないストーリーを持っている株を抱え続けることは精神的にも辛いものです。株を手放して損失を確定させることで逃げ出すことができると思えば、誰もが簡単に株を狼狽売りします。

特に短絡的で単純すぎる人は、単純なストーリーに沿って何となく株を買っているため、買った株を持ち続ける信念もなければ企業を信じることもできません。信じていた単純なストーリーは崩れ去り、すでに悪夢になってしまっています。

また希望と絶望の落差が追い打ちをかけます。

儲かると思っていたのに損失が発生すれば希望が絶望に変わり、二重のダメージを受けることになります。

短絡的で単純すぎる人は、予想が外れてしまうと株や企業を信じることができずパニックになって狼狽売りすることになります。

4.出口戦略まで考えていないから

短絡的で単純すぎる人は、株を買うときに売るときのことを考えていません。出口戦略がなければ株を買ってからの判断が非常に難しくなってしまいます。

ゴールも分からずにマラソンを走り出すようなものです。

株を売ることしか分からない

出口戦略も考えずに株を買っている人は、最後には株を売ることくらいしか分かっていません。

どれくらい値上がりしたときに株を売るかやどのような状況に陥ったら株を売るかが分かっておらず、不測の事態に対応できなくなります。

短絡的で単純すぎる人は、狼狽売りしてしまうものですが、出口戦略を考えていないければどのタイミングで株を手放しても問題がないため、気分で株を手放すことになってしまいます。

複数の出口戦略を考えられない

不測の事態を想定していなければ、出口戦略を考えないどころか複数の出口戦略を考えることもできません。

短期間で株価が上昇すれば手放してしまうという出口戦略もあれば、長期間保有して配当金を得るという出口戦略もあります。

もし株価の上昇と配当金の両方が狙える株なら、短期間で思ったように株価が上昇しなければ配当金狙いで長期間の保有に切り替えるということも可能になります。

これは複数の出口戦略をあらかじめ用意しているからこそ実践できる方法です。

単純で短絡的な思考しかできない人は、複数の出口戦略を考えることができません。もちろんゴールが自分でも分かっていないため失敗するのは当然です。

出口戦略が多ければ多いほど利益を最大化しながら損失を回避できる

出口戦略は、別の言い方をすれば逃げ道です。不測の事態が発生したときにも逃げ道がたくさんあれば、損失を最小限に抑えながら逃げることができます。

優れた株式投資家は、まるで信仰のように考えを変えずに維持する一方で急激に考え方を変えることもあります。長期間保有していた株を一気に売却してしまうこともあります。

これは情緒不安定なわけではなく、用意しているたくさんの出口戦略の中から、状況に応じて最適な戦略を選んでいるからです。

株を買う時点で出口戦略の多さも考慮して株を選んでおけば、出口戦略を最大限に増やすことができます。そして出口戦略が多ければ多いほど利益を最大化しながら損失を回避できるため総合的なリターンを高めることができます。

5.不確実性に向き合えないから

短絡的で単純すぎる人は複雑な考えを持つことができません。そのため複雑の極みである不確実性に向き合うことができず、どうしても短絡的な思考に陥ってしまいます。

リターンとリスクを推し量れない

株式投資で利益を最大化するためにはリターンとリスクを推し量る必要があります。つまりリターンに対してどれくらいのリスクがあり、そのリスクを許容できるか考える必要があるということです。

リターン相応のリスクを抱えているのが株ですが、中にはリターンよりもリスクが大きかったり、リターンよりもリスクが小さかったりする株があります。

株価はリスクを反映しており、基本的には株価が高ければリスクが少なく、株価が安ければリスクが高くなります。しかし株価は多くの投資家の思惑によって変動するため、必ず株価がリスクを正確に反映しているとは限りません。

そのため株を買うときには詳細な分析が欠かせず、株に隠れたリスクがないかを調べなくてはいけません。それでもリスクを完璧に見つけ出すことはできず、株式投資家は最後には賭けに出ることになります。

ところが短絡的な思考の人は、複雑で面倒な分析をしても最後は賭けになるならリターンとリスクを推し量ることは意味がないと考えてしまい、リターンとリスクを推し量ることなく投資をしてしまいます。

リターンとリスクを推し量るということは、完璧にはリターンとリスクを推し量れないということまで考慮してリターンとリスクを推し量るということですが、そのことを理解できない人はやはりリターンとリスクを推し量れません。

リターンとリスクを推し量れないのは投資では致命的です。勝ち目のある勝負だけに挑む投資家が勝利するのは必然です。

どれだけ考えても分からないけど考える必要がある

まるで禅問答のようになってしまいますが、株式投資でリターンとリスクを推し量るときにはどれだけ考えても分からないものの考える必要に迫られます。

リターンとリスクを完璧に推し量ることはできないものの、分析を繰り返すことでリターンとリスクの範囲を狭めることができるためです。特にリスクを狭めることには意味があります。

重要なのはリスクを負わないことではなくリスクをコントロールすることです。

たとえば自動車で事故を起こしたときにも、損失を抑えられる事故と抑えられない事故があります。通常の事故ならシートベルトやエアバッグを装備すれば身体的ダメージを抑えることができ、保険に加入すれば経済的損失を補填できます。

一方で隕石が落ちてきて自動車が吹き飛ぶような異常な事故の場合には、なす術がありません。

株式投資も同じで、異常な事故である隕石についてはどうすることもできませんが、通常の事故についてはリスクをコントロールできます。できる範囲で懸命にリスクをコントロールすることがリターンの最大化につながります。

短絡的で単純すぎる人はインデックス投資をすればいい

短絡的で単純すぎる人だからといって投資に向いていないわけではありません。むしろ手法を限定すれば完璧な投資適性を持っているともいえます。

その短絡的で単純すぎる人に最適な投資手法とはインデックス投資です。

インデックス投資なら、何も考えずに機械的に投資するだけである程度想定できるリターンを狙うことができます。考えないことで余計なことをしないためアクティブ投資家よりもリターンを高めることさえできます。

大切なのは自分に合った投資手法を見つけ出すことです。もし短絡的で単純すぎる自覚がありアクティブ投資が自分に合っていないと思うなら、インデックス投資でコツコツ着実に資産を積み上げていきましょう。

まとめ

株式投資で大きなリターンを得るにはアクティブ投資をするしかありません。しかし平均的なリターンを得るだけならインデックス投資で誰でも実現できます。

大切なのは自分の投資適性を見極めることで、銘柄を分析するのが好きで時間を十分に確保できて株式投資が自分に合っていると思うならアクティブ投資を始めてみましょう。

またインデックス投資とアクティブ投資のどちらかを選ばなければいけないというわけではありません。インデックス投資をしながらアクティブ投資をすることも可能です。

ただし短絡的で単純すぎる自覚があるなら、アクティブ投資を始めるときには慎重に小額投資から開始しましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , ,