大金を株式に投資するときドルコスト平均法を使うべき5つの理由とは?一度の投資で大きな損に?

   

株や為替(仮想通貨)の相場が上昇して喜んでいる株のトレーダーと、相場のチャート(グラフ)が表示されたモニタのイラスト

貯金を続けて大きなお金を作った人が考え始めるのが資産運用。貯金しておくだけではもったいないお金も、株式投資で資産運用すれば自分が働かなくてもお金に働いてもらって資産を増やすことができます。

ところがそれまで株式投資をしてこなかった投資初心者が、突然、大きなお金を株式投資に投入するのは非常に危険です。失敗すれば資産を増やすどころか資産を大きく減らしてしまうことになります。

そこで今回は、大金を持っている人なら絶対に知っておかなくてはいけない株式に投資するときドルコスト平均法を使うべき5つの理由をご紹介します。一度の投資で大きな損になる危険を回避できます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.投資時期を分散してリスクを抑えられるから

大金を一度に投資してしまうと大きなリスクを抱えることになります。しかし投資する時期を分散すればリスクを最小限に抑えることができます。

株価が高値のときに投資すれば大きな含み損になる

それまで株式投資に興味のなかった人が株式投資を真剣に考えるということは、周囲で株式投資について良い話が聞こえてきている可能性が高く、ニュースなどでも景気が好調であると報道されていることが少なくありません。

つまりバブルで株価が高値になっている可能性が高いということです。

株価が高い状況では投資するタイミングとしては悪く、投資後に株価が下落すれば大きな含み損を抱えてしまう可能性があります。

もちろん株価が安いタイミングなら逆で最適な投資タイミングとなりますが、まだ株式投資をしたことがない人には判断することができない状況である可能性が非常に高いと考えられます。

もし株に投資すれば儲かりそうだと思っても、株価が高値なら投資してはいけません。大きな含み損を抱える可能性があります。

ドルコスト平均法なら自動的に投資時期が分散される

株式投資においてはリスク分散が非常に重要となりますが、投資時期を分散することでリスクを分散することができます。

ドルコスト平均法とは一定額を一定期間ごとに投資していく投資手法で、一度にたくさんのお金を投資せずに分割して投資していくことになります。

ドルコスト平均法を用いれば、株価が高いときにも安いときにもまんべんなく株を買うことになり、リスクを最小限に抑えることができます。

またドルコスト平均法の特性によって、株価が高いときには買う株の量を控え、株価が安いときには買う株の量を増やすことができるため、機械的に株を買っていくだけでお得に株を買うことができます。

ドルコスト平均法を用いることで自動的に投資時期が分散されて、割安で株を買うことができます。

投資時期は3年以上に分散する

どれくらいの貯金を持っているのか分からず、今後、新たに得たお金をどれくらい投資していくのか分からないため一概には言えませんが、投資する期間はできるだけ長く設定した方がリスク分散できます。

一方で多くのお金を早く投資しなければそれだけ投資効率が落ちてしまうことになります。リスクと投資効率のバランスを見極めることが重要になります。

ただひとつ言えることは、大金を投資する場合には投資する期間は少なくても3年以上に設定しておきましょう。1年程度ではリスク分散の効果が弱くなってしまいます。

また貯金を投資した後に追加で投資する資金によっても変わるため一概には言えませんが、総合的に考えても大切な大金を投資するなら3年ほどの投資期間を設定しておくべきです。

何度も言う通り、想定している投資額や投資期間によって最適な投資時期は変化しますが、それでも投資の知識があまりない場合には短期間で大金を投資するのはリスクがあるため絶対に避けましょう。

2.投資のタイミングを見計らう必要がないから

ドルコスト平均法を用いれば、投資で最も難しい投資のタイミングを見計らう必要がなくなります。投資のタイミングを見計らわないことがドルコスト平均法を採用する強みにもなります。

プロでも投資のタイミングを見計らうことは難しい

プロの投資家であっても株を買うタイミングを見計らうことは困難だとされており、多くの投資家が高値で株を買ってしまいます。アクティブ投資家の多くは平均以下の投資成績しか残せません。

しかしドルコスト平均法を用いれば、タイミングを見計らって株を買う必要がないため初心者でも失敗することがありません。

投資において重要になるのが投資する銘柄と投資するタイミングです。良い銘柄を安く買えば儲けることができ、悪い銘柄を高く買えば損することになるためです。

投資初心者がプロの投資家でも難しい投資タイミングを見極めて大金を突っ込むのはあまりにも危険です。

ドルコスト平均法で投資タイミングの見極めを回避

下手に投資するタイミングを見極めるくらいなら、投資するタイミングを見極めない方が優れた結果を残すことができます。

ドルコスト平均法を用いると、株を割安で購入できる特性があるため大きく得できるわけではありませんが大きく損することもありません。

そしてドルコスト平均法を用いれば初心者でもプロに負けない投資タイミングを実現することができます。

投資タイミングの見極めという非常に難しい問題を解決できるのがドルコスト平均法です。

3.少しずつ投資できるから

株式投資について少し知れば、大きなお金を投資することで大金を手に入れられることが理解できるはずです。そのため貯金を全力で突っ込みたくなるものですが、大金を一度に投資するのは大きなリスクを伴います。

そこでドルコスト平均法です。ドルコスト平均法ならコツコツと分散して投資するしかないため、強制的に少しずつ投資をするしかなくなります。

投資を止めるストッパーになる

株式投資を始めて含み益が出ると、ついつい追加投資したくなるものです。もっと投資しておけばもっと利益を得られたはずだという考えに陥ってしまいます。

そして損失が発生してから、投資額が増えれば利益だけでなく損失も大きくなることを思い知ることになります。

大金を持っていると、思わずリスク許容度を無視して投資してしまいたくなるものです。そして無茶な投資を止めることは自分だけではなかなかできません。

しかしドルコスト平均法を採用することを決めているなら無茶な投資を止めることができます。自動的に投資をすることになるため、それ以上の投資を防ぐことができるようになります。

株式投資では、焦らずに計画的に着実に投資していくことが重要ですが、ドルコスト平均法という仕組みを導入することで衝動を抑えて計画の破綻を防ぐことができます。

投資額をコントロールしやすい

ドルコスト平均法を用いれば、投資額を計算しやすくなるため投資額をコントロールできるようになります。

最初のうちは少ない投資額で投資を開始し、慣れてきてから投資額を増やすということも可能です。もちろん投資額を減らすこともできます。

ところが思い付きで投資していると投資額をコントロールするのが困難になります。気付いたときには資金をすべて投資してしまい、生活費まで足りなくなるということさえ起こります。

ドルコスト平均法というシステムを使えば、感情と理性を切り離すことができます。特に投資初心者にとっては感情と理性を切り離せるのは大きな効能となります。

投資が苦手でも不安なく投資できる

大金を一度に投資したくなる人もいれば、大切な貯金を投資する勇気がなかなか持てない人もいます。

投資することが資産を増やすためには重要だと分かっていても、投資に不向きな性格なら投資に踏み切ることができません。

しかしドルコスト平均法というシステムを採用することで、機械的に投資することができるようになります。何も考えず感情に流されず投資できるため、投資が苦手な人のサポートにもなります。

4.投資しているうちに投資への理解が深まるから

ドルコスト平均法を使って大金を投資すると、大金を全て投資するまでにある程度の期間が必要になります。そして投資をしているうちに投資家も投資への理解が深まっていきます。

投資しないと投資のことは分からない

どれだけたくさん勉強しても、実際に投資をしてみないと投資のことは分からないものです。

理屈では問題ないと分かっていても感情が大きく揺らいだり、投資すべきタイミングではないのに投資したくなってしまう自分に気付くはずです。

ドルコスト平均法を使ってとりあえず投資を開始すれば、実際に投資するということがどのようなことなのかも理解できるはずです。

またドルコスト平均法なら機械的に投資するため、自分の投資の状況を客観視することも容易になります。

投資の勉強をするようになる

投資について興味が湧いてくれば自然と投資の勉強をするようになります。

インデックス投資とドルコスト平均法を用いれば、投資に関する勉強をしなくても優れた成績を残すことは可能です。

しかしどれだけ安心だからといってまったく何も知らずに投資を続けることは危険です。長く投資をしていると不安に襲われてしまうためです。

バスやで電車が目的地まで運んでくれるからといって、バスや電車がどこを走っていてどのように動いているのか分からなければ、何か起こったときに走っているバスや電車から飛び降りてしまうことさえ考えられます。

投資の勉強をするようになれば、自分が選んだ投資手法に納得することも考え直すこともできます。ドルコスト平均法で投資を始めることが投資の勉強のきっかけにもなります。

自分の投資方針が定まってくる

投資をして投資をすることを理解し、さらに投資の勉強まですれば、自分なりの投資方針が定まってくるはずです。

ドルコスト平均法を利用することは決して悪いことではありませんが、ドルコスト平均法による投資だけが優れているというわけでもありません。

投資について深く理解して自分なりの論理で投資を実践できれば、平均以上のパフォーマンスを実現することも不可能ではありません。

もちろん投資の勉強をしていけば、ドルコスト平均法による投資が最適だという結論に至ることもあります。

株式投資では、他人のマネをしているだけでなく自分なりの投資スタイルを築き上げることが重要です。そのためにはドルコスト平均法による投資から始めるのが最適です。

5.堅実なインデックス投資と相性が良いから

多くの人に最適とされているインデックス投資。主要な株価指数と連動させる投資手法ですが、インデックス投資を採用すれば銘柄選定をする必要がなくなります。つまりインデックス投資で銘柄選定を回避し、ドルコスト平均法で投資タイミングの見極めを回避できれば、誰でも簡単に優れた投資結果を実現することができます。

鬼に金棒のインデックス投資とドルコスト平均法

株式投資において非常に難しいのが銘柄の選定と投資タイミングの見極めですが、インデックス投資とドルコスト平均法を用いればその両方を回避することができます。

ドルコスト平均法はインデックス投資と非常に相性が良いため、優れた投資結果に期待することができます。

しかもインデックス投資もドルコスト平均法も何も考えずに実行可能です。とにかく機械的に投資を続ければ夢のようなリターンを手に入れることができます。

大金をドルコスト平均法で投資する場合、まずはインデックス投資から始めるのが最適です。

ドルコスト平均法とインデックス投資は互恵関係にある

ドルコスト平均法とインデックス投資は互恵関係にあり、両方の手法を使うことで優れた結果を出すことができます。

ドルコスト平均法で投資しても右肩下がりの銘柄に投資してしまえばリターンは落ちていきます。

またインデックス投資で投資しても、投資タイミングが悪ければ冴えないリターンしか得られません。

ドルコスト平均法とインデックス投資の組み合わせこそ、誰もが安心して大金を投資できる投資手法となります。

まとめ

ドルコスト平均法とインデックス投資は互恵関係にあり、両方の手法を使うことで優れた結果を出すことができます。

ドルコスト平均法で投資しても右肩下がりの銘柄に投資してしまえばリターンは落ちていきます。

またインデックス投資で投資しても、投資タイミングが悪ければ冴えないリターンしか得られません。

ドルコスト平均法とインデックス投資の組み合わせこそ、誰もが安心して大金を投資できる投資手法となります。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , ,