株式投資では長期指向を持ち悪材料で買うことが重要な5つの理由とは?本能に逆らい普通と反対の投資が大切!

   

高く積まれたコインと時計

堅実な資産運用を目指す株式投資では、多くの人がインデックス投資を選択します。インデックス投資は優秀な投資手法である一方、どうせ株式投資をするなら高い成果を目指したいと思うのが人間です。

そこで自分なりに考えた理論で株式投資に挑戦する投資家も多いですが、その多くが優れた成績を残せません。

その理由は人間の本能にあります。株式投資においては、人間の本能に逆らうような決断が優れた投資結果に結びつくことが少なくありません。

今回は、アクティブ投資を始めたいと思っている投資家なら絶対に知っておくべき株式投資では長期指向を持ち悪材料で買うことが重要な5つの理由をご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.本能に逆らって多くの投資家と正反対のことをする必要があるから

株式投資では大前提として多くの投資家と反対のことをしなければ平均以上のリターンを出すことはできません。つまり常識を捨てて普通の人がしないことをする必要があります。

人の行く裏に道あり花の山

株式投資の格言の中でも一番有名なのが「人の行く裏に道あり花の山」です。

投資家は群集心理で動いてしまう性質があるため、多くの人と同じことをやってしまう傾向にあります。

多くの人が株式投資をギャンブルであり危険だと思っているときには、なかなか株式投資ができないものです。一方で多くの人が株式投資を堅実な資産運用だと思っているときには安心して株式投資を始められます。

多くの人が株を買いたいと思っているときには高値になっていることが多く、逆に株を売りたいと思っているときには安値にになっていることが多いものです。

この群集心理を理解している人であっても、多くの人と正反対のことをするのは困難です。

多くの人が右を向いているときに右を向くことは簡単で、仮に間違っていて損失を被っていても他の人も間違えているため恥をかくことはありません。

ところが多くの人が右を向いているときに1人だけ左を向くことは心理的に難しく、仮に間違っていれば損失を被りながら大恥をかくことになってしまいます。

人間は、他人との比較によって自分の状況を確認する習性があるため、できる限り他人と同じ状況を維持したいと思うものです。その習性が株式投資では致命的な損失につながります。

本能に逆らって多くの投資家と正反対のことをする必要があることをまずは理解しておくことが重要です。

長期指向を持ち悪材料で買うことは多くの投資家が選ばない正解

基本的に、多くの投資家は長期指向を持ち悪材料で買うことはありません。

10年後よりも今すぐお金持ちになりたいのが人間であり、悪いニュースではなく良いニュースを聞いて株を買うのが人間です。

つまり大前提として多くの投資家と正反対のことをすることが正解だとすれば、細かな理由を抜きにしてでも多くの投資家が避ける長期指向を持ち悪材料で買うことが正解ということになります。

とにかくほかの投資家からバカにされるようなことを実践することがアクティブ投資では必要不可欠になり、多くの投資家がアクティブ投資で失敗してしまう理由にもなっています。

理屈は分かっていても実践はできない

ほかの投資家と正反対のことをすれば大成功できることが知られているなら、感情を捨てて冷徹になれば誰でも大成功できそうなものですが、実際に大成功できる人はごく一部です。

なぜなら理屈は分かっていても実践はできないためです。

株式投資で相場に大きな影響を与えているのは、個人投資家ではなく機関投資家です。機関投資家は個人投資家からお金を集めてファンドとして投資を代行しています。

そしてファンドを実際に運用しているのはファンドマネージャーであり、ファンドマネージャーはただのサラリーマンです。

ファンドマネージャーに求められることはできる限り多くの運用益を得ることではなく、個人投資家が納得できる運用成績を残すことです。

たとえば誰も知らない企業が大きく伸びることをファンドマネージャーが知っていても、ほとんど投資されることはありません。なぜなら投資に失敗すれば個人投資家や上司に言い訳ができないためです。

有名企業に投資していれば失敗してもファンドマネージャーの評価が極端に落ちることはありません。誰もが納得するような投資先への投資で失敗しても、責められないのは自然なことです。

そのためファンドマネージャーは、投資による効果を最大化することではなくサラリーマンとしての評価を最大化することを前提に投資しているため、相場は群集心理に引っ張られることになります。

個人投資家の多くもファンドマネージャーと同じであり、株式投資に関する確かな知識がなければとりあえず人気のある銘柄に飛びついてしまいます。ところが人気のある銘柄は、知識のない投資家が飛びついたことで人気が出ているだけであり、人気が人気を呼んで企業の実績と株価が乖離していくことになります。

株価の上昇局面と同じ原理が下降局面でも発生します。1人が株を売り出すと多くの人が急いで株を売ろうとします。沈む前に逃げ出さなくていけないと思い込みパニック状態の群集心理に引っ張られることになります。

会社でサラリーマンとして働いている人なら、会社の中に必要のない規則や習慣を見つけても訂正することが難しいことは理解できるはずです。

多くの人は理屈は分かっていても実践はできないため、本能に逆らって多くの投資家と正反対のことをすることができる少数派の人にとっては大チャンスとなります。

2.多くの投資家が短期指向で一角千金を狙うから

株式投資で短期指向ではなく長期指向を持つことには大きな意味があります。投機やギャンブルがしたいなら短期指向でも構いませんが、アクティブ投資を堅実な資産運用として実践したいなら長期指向が欠かせません。

短期的な一攫千金を狙うのが人間の本能

10年後に大金持ちになりたい人よりも今すぐに大金持ちになりたい人の方が多いのは自然なことです。多くの人が短期的な一攫千金を狙う本能を持っています。

時間をかけて失敗する場合と時間をかけずに失敗する場合では、明らかに時間をかけて失敗する方がダメージが大きくなります。

そして多くの人が今すぐに資産を増やしたいと思っているものです。お金持ちになりたいと思っているはずです。

お金持ちになりたい人は、単純にお金持ちになりたいのではありません。楽してすぐにお金持ちになりたいのです。

長期的な計画を立てて投資をすることは、決して楽してお金持ちになる方法ではありません。そのため「お金持ちになりたいと思っている」と思い込んでいるものの、本当の自分の願望である「楽してすぐにお金持ちになりたいと思っている」人が長期投資を選択することができません。

短絡的な一攫千金を狙うのが人間の本能である以上、多くの人が本能に従って短絡的な一攫千金を狙います。つまり短絡的な一攫千金を狙わないことが株式投資では強みになります。

決意は長くは続かない

理屈さえ知れば、最初のうちは誰でも長期投資を決意するものです。

しかし長期投資を決意しても、その決意が長く続くとは限りません。株価が急激に上昇したり下降したりすれば、株式を手放したくなってしまうものです。

株を買えば株価の変動が気になってしまうものです。長期投資では株価の上下に一喜一憂しても意味がないにもかかわらず株価の上下に一喜一憂します。

長期投資においては、本来なら株価ではなく企業の実績に注目すべきです。株価がどうなろうが、企業がしっかりと成長して利益を上げていれば、いつかは株価も企業の実績に追従するからです。

短期的な株価に翻弄されてしまう人は、耐えきれずに短期間で株を手放すことになります。そして新たに株を購入してしまうため、結局、長期投資が実現できなくなってしまいます。

多くの人がなかなか長期投資を続けることができないなら、株式投資では長期投資をすることが大きなメリットになるはずです。

群集心理より早く動くか群集心理から離れるしかない

一般的には群衆心理から離れた長期投資を行うことが株式投資を堅実な資産運用とするためには非常に重要になります。しかし群集心理より早く動くことができれば、群集心理に沿って利益を出すこともできます。

短期的な投資でも成功する投資家は存在します。凄腕のデイトレーダーの中には、圧倒的なパフォーマンスを実現している人もいます。

群集心理を上手く利用することができれば、株価の上昇局面や下降局面で株を買ったり空売りしたりして、多くの人が株を売却する前に株を手放すことで利益を確定することができます。

ただし短期投資は、高度なゲームのようなもので常に状況を確認しながら判断力や集中力を発揮させなければ成功することありません。向き不向きがあるため多くの投資家が成功する投資手法ではないことを理解しておきましょう。

3.多くの投資家が株を好材料で買い悪材料で売るから

群集心理に翻弄されるのが投資家。多くの投資家は株を好材料で買い、悪材料で売ってししまうものです。

株を好材料で買う理由

投資家が株を好材料で買う理由は非常にシンプルです。好材料によって株価が上昇することが予想されるためです。

当然ながら一般の投資家が好材料を発見したときには、多くの人も同じように好材料を発見しているはずです。そして投資しようと思ったタイミングでは、すでに株価が上昇しすぎている場合が少なくありません。

好材料を見つけたとしても、株を購入する前に企業の実力をしっかりとチェックしておけば、株価が割高になっているか否かは判断できるはずです。しかし多くの投資家は、面倒な分析は行いません。

さらに好材料によって株価は上昇を続けるため、早く買わなければ機会損失になってしまうと思ってしまいます。株価が上昇しているということは、多くの投資家も株を買っているということにもなるため、群集心理に乗っかって株を買ってしまいます。

その結果、株を高値掴みしてしまうことになります。

株価が上がっているときと下がっているときでは、どちらの方が株を買いやすいか想像すれば分かるものです。つまり株を買いやすいタイミングで買うのは間違いということになります。

株を悪材料で売る理由

悪材料で株価が下がり始めると、どこまで下がるか分からなくなってしまいます。株を持っていれば資産はどんどんと目減りしていくため、損失が膨らむことになってしまいます。

人間は利益よりも損失の方が精神的に大きなダメージを受けます。実験では2倍以上の精神的ダメージを受けることが分かっており、1000円の損は2500円以上の得と釣り合うとされています。

つまり株価の下落によって受ける精神的なダメージは非常に大きく、できるだけ早いタイミングで株を売却して利益を確定したいと考えてしまうものです。

その結果、多くの人が株を売ってしまうことになり株価の下落は加速。悪材料を引き金にして株価が急激に下がってしまいます。

もちろん株を売却するときに、悪材料によって企業の業績はどのように推移するのかをしっかりと分析している投資家はあまりいません。

もし悪材料によって手持ちの株が株価ほどの価値を持たないと判断すれば売却するのも正解ですが、株の本来の価値よりも株価が下回れば、今度は株を買うべきだと判断するのが自然な流れです。しかし一度、手放した株をわざわざ買い戻す決断をできる人はほとんどいません。

ファンドマネージャーも個人投資家も短期指向

できるだけ株を安く買って高く売りたいと誰もが思いそうなものですが、実際には高く買って安く売ります。その理由は短期指向にあります。

企業の実力が株価に反映されるまでには時間がかかります。バブルで熱狂していたり大暴落でパニックに陥ったりする群集心理が落ち着きを取り戻して、企業の実力と株価の間に差があることを見つけるまでには時間を要します。

そのため短期指向の投資家たちは、企業の実力ではなく株価を優先することになります。数年後の株価が間違いなく上がっていると確信できても、数年先まで待てないため今すぐに株を売ったり買ったりしてしまいます。

株を好材料で買い悪材料で売る仕組みは短期指向と強く結びついているため、短期指向から逃れられない投資家は株を好材料で買い悪材料で売ることを止めることができません。

4.株式投資では割安で買うことが重要だから

インデックス投資でドルコスト平均法を実践する場合には、タイミングを見計らいずにひたすら機械的に買い続けることが重要になります。しかしアクティブ投資の場合には、自分で投資タイミングを見計らう必要があります。

そして当たり前のことですが、できるだけ株を割安で買うことが重要になります。

株はできるだけ安く買って高く売るのが鉄則

誰もが理解している当たり前のことですが、株はできるだけ安く買って高く売るのが鉄則です。つまり株価が上昇する好材料では株を売り、株価が下落する悪材料では株を買うのが道理となります。

特に株をいかに安く買えるかは、リターンに大きな影響を与えます。たとえば本来なら1000円の株を100円で買うののと200円で買うのには大きな差が発生します。

株の買値は100円しか変わりませんが、利回りは100円で買った場合には10倍、200円で買った場合には5倍となり、利回りには2倍の差が発生します。

株価は下がったときには下落幅が株価全体に与える割合に大きな影響を及ぼすため、できる限り株を安く買うことは株式投資で大きなリターンを得るためには必須となります。

株を安く買うことが高いリターンと安定感に直結する

投資家は株をいくらで売るのか決めることは難しいですが、いくらで買うのかを決めることは簡単です。

株価がどこまで下がれば買うべきなのかを判断することはできます。企業の実力から期待利回りを計算すれば、おおよそのリターンは計算できるからです。

一方で株価がどこまで上がるのかは判断するのが困難です。株価の上昇にはさまざまな要因が関係しているためです。

そして株価が想定まで上がったとしても、さらに上がる可能性があるならなかなか売ることはできません。

つまり株式投資で高いリターンと安定感を実現するためには、株を買うときのタイミングが非常に重要になります。株を割安で買うことによって、損失を抑えながら株価が上昇したときには大きなリターンを狙えるからです。

割高で株を買ってしまったときには、どうすることもできない場合も少なくありません。株価が下がれば大きな損失が発生してしまい、株価が上がっても大したリターンを得られない可能性が十分にあります。

短期投資ではレバレッジをかけて短期間で株の売買をすることでリターンを劇的に高めることができますが、長期投資ではいかに株を安く買うかが非常に重要になります。

5.心理的な障害がブルーオーシャンを作り出すから

株式投資では心理的な障害が多いため、長期指向を持ちながら悪材料で株を買うことはなかなかできません。やっていること自体はそれほど難しいことではありませんが、株が安くなるのをじっと待ち、多くの人が株を投げ売りしている状況で自分だけ株を買い漁ることは心理的な障害が邪魔をしてなかなかできません。

つまり障害によって誰もできないことだからこそブルーオーシャンが広がっています。

多くの人ができないことには価値がある

株式投資においては多数派とは正反対の判断が必要不可欠になります。誰もが血相を変えて群がっているときには急いで逃げ出し、誰もが急いで逃げ出しているときには血相を変えて飛び込む必要があります。

大多数の人は群集心理に飲まれてしまうため、頭では分かっていても実行することはできません。そこで実行することができれば、誰もいないところで利益を独り占めすることができます。

多くの人にできないことには、それだけで大きな価値があります。株式投資では長期指向を持ち悪材料で買うことは、多くの人ができないことであるため大きな価値が生まれます。

夏場に冬服を買って冬場に夏服を買うようなもの

誰もが株を買うときには気分で買っています。なぜその株を買ったのか説明するように求めても答えられない投資家は少なくありません。

長期指向を持ち悪材料で株を買うことは、夏場に冬服を買って冬場に夏服を買うようなものです。寒い冬がやってくることを知っていれば暑い夏場でもコートやセーターを買うことはでき、暑い夏がやってくることを知っていれば寒い冬場でもTシャツや短パンを買うことができるはずです。

しかし現実には、夏場に冬服を買って冬場に夏服を買うような人はいません。気分が乗らないからです。

もし夏場に冬服を買って冬場に夏服を買えば、バーゲン価格で服を買い漁ることができることは間違いありません。もしかすると在庫処分に困っている業者ならタダでくれるかもしれません。

もし長期指向を持ち悪材料で株を買うことができれば、どんな株を買っても損をしないようなバーゲンセールで株を買えます。

株価ではなく企業を買う

多くの投資家は企業ではなく株価に投資しています。

しかし長期投資を実践するなら、株価ではなく企業に投資するべきです。企業のオーナーになる自覚を持てば、長期的に堅実に稼いでくれる企業の株を選びたくなるのは自然なことです。

株価だけを見て株を買ってしまうと株価だけを見て株を売りたくなるものです。しかし企業のオーナーとして株を保有すれば、株価を気にせずに長く株を持ち続けることが容易になります。

長期指向を持ち悪材料で株を買うためには、株価ではなく企業を買うことをしっかりと胸に刻みましょう。

まとめ

長期指向を持ち悪材料で買うことは、分かっていてもなかなかできないことです。本能に逆らい普通と反対の投資をすれば、多くの投資家が実現できないようなリターンを得ることができます。

一方で長期指向を持ち悪材料で買うことができないなら、無理にアクティブ投資を実践する必要はありません。向き不向きもあるため、堅実なインデックス投資で手堅く資産を運用するのが多くの人には向いています。

ただインデックス投資以上のリターンを得たいと考えているなら、アクティブ投資にも挑戦してみるのは悪いことでありません。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , , , ,