高配当株が高いリターンを生み出す5つの理由とは?高配当株が株式投資の最適解か?

   

株価が上がってガッツポーズを取って喜ぶその株を買った投資家のイラスト

多くの人が確実に株式投資で利益を出そうと考えている場合、選択する投資手法はインデックス投資が一般的です。

プロの投資家でも上回ることが難しい主要な株価指数に連動した成績を目指すインデックス投資なら、時間も手間もかけずに誰もが安定して優れた投資成績を実現することができます。

一方で配当金狙いの高配当株投資も大人気となっています。一般的な認識ではインデックス投資よりも効率が悪いもののインカムゲインが得られるため、インデックス投資ではなく高配当株投資をする人も少なくありません。

ところが実は、高配当株投資はインデックス投資よりも高い成績を実現する可能性が十分にあります。

今回は、高配当株が高いリターンを生み出す5つの理由をご紹介します。もしかすると高配当株の銘柄を選ぶことが株式投資の最適解かもしれません。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.割安な株を選びやすい

高配当株とは、配当利回りが高い株のことです。配当利回りが高まっているということは、単純に配当金が多いだけでなく株価が下がっている可能性が高いということでもあります。

長期投資では割安な株を買うことが重要

長期投資において非常に重要になるのが割安な株を買うことです。企業の実力以上に株価が下がっているときに株を購入する投資手法は、バリュー株投資とも呼ばれており王道の投資方法です。

特に長期的な株価の変動によってリターンが変化する長期投資においては割安な株を買うことが非常に大切になります。

短期投資の場合、企業の実力に関係ない短期的な株価の変動を予想して株の売買をするため、株価が割安な水準か否かはあまり関係ありません。

しかし長期投資の場合、時間が経過すると一時的に下がったり上がったりしていた株価も企業の実力に沿ったものに近づいていくため、企業の実力に大して株価が安いことが大切になります。

株価が割安であるか否か判断できない

企業の実力よりも株価が下がっていることが誰にでも分かれば株式投資は成功します。しかし投資家の多くが株式投資に失敗していることを考えれば、企業の実力よりも株価が下がっていることを判断するのが難しいことが分かります。

もし企業の実力よりも株価が下がっていると多くの人が判断するなら、その時点ですぐに多くの人が株を買って株価が上昇するはずです。

ところが株価が下がった状態が維持されているということは、多くの人が下がった株価が適正なものだと判断している証拠になり、割安な株価だと思っていてもなかなか買うことができなくなってしまいます。

そもそも企業の情報を全て手に入れることができないだけでなく投資家の判断能力にも限界があることを考えれば、株価が割安であるか否かを判断することは非常に難しいことが分かります。

高配当株は配当金を基準に割安感を判断できる

高配当株が高配当株である理由は、配当利回りが高いことにあります。つまり株価に対して配当金が多いということです。

そのため高配当株は、配当金が増えるか株価が減ることで高配当株になります。配当金が減れば高配当株ではなくなり、株価が上がっても高配当株ではなくなるためです。

高配当株が高配当株になるために必要不可欠な要素である配当金は、それほど簡単には変動しません。安定した企業なら連続増配当を続けていることもあり、配当金が不安定な企業は特別配当などが原因になってることがほとんどです。

過去の配当金の推移を見れば、配当金が安定しているか否かを判断することは容易です。

一方の株価は配当金よりも不安定です。支払われる配当金の額が変化しにくいのに対して、株価は状況に応じて変動するため配当利回りが高くなれば、それだけ株価が下がっていると判断できます。

つまり高配当株を選ぶことで割安な株を選ぶことができるという理屈には、配当金が変動しにくく株価が変動しやすいことから、高配当になった株は株価が下がっているという論理があります。

2.配当金が複利効果を生み出す

配当金をそのまま投資すれば大きな複利効果を生み出すため、配当金を出さない企業に比べてリターンが大きくなります。高配当株への投資は複利効果を最大限に生かせます。

配当金にも配当金が出る

複利効果とは、元本に利息を組み入れて投資を続行することで、利息が出るたびに元本が増えて投資効果が高まることです。

高配当株は、配当金が出るため配当金を再投資することで複利効果を発揮することができます。複利効果が発生すると利息が利息を生み出していくため、利回りがどんどんと増えていきます。

特に長期投資では複利効果が非常に重要で、投資期間が長くなるほど複利効果が効いてきます。

高配当株は、複利効果を最大限に生かすことができる投資手法です。

キャピタルゲイン狙いの株には配当金が期待できない

キャピタルゲインを狙った成長株への投資では、高配当株が配当金の再投資によって生み出すことができる複利効果を利用することはできません。

一般的に成長株は配当金を出さず、配当金を再投資することができません。

理論的には、成長株が生み出した配当金として分配できる余剰資金は成長分野への投資に利用され、最終的に企業が成長することで株価が上昇して投資家に還元されます。

そのため配当金を支払うことで発生する税金を抑えて効率よく株価を上げることができるとされています。

成長株は、あえて配当金を出さないという戦略を採用していますが、それでも キャピタルゲイン狙いの株では配当金に期待できる複利効果を享受できないことは理解しておきましょう。

3.株価の下落と上昇が圧倒的なリターンを生み出す

高配当株の最大の強みは再投資による複利効果です。この複利効果こそが、株価の下落と上昇によって圧倒的なリターンを生み出す原動力になってくれます。

株価の下落で利回りが増加する

一般的にキャピタルゲイン狙いの成長株投資の場合、株価が下落しても良いことはありません。株価が下落してしまうと含み損を抱えるからです。

ところが高配当株投資では話が違ってきます。

優良企業の高配当株なら株価が下落しても配当金が減配されることは少なく、むしろ増加することさえあります。

そして株価が下落した状態で配当金を再投資すれば、利回りが上昇している高配当株を買い増すことになります。

つまり高配当株の場合、株価が下落するほど一時的な含み損を抱えるものの配当利回りが上昇していき、持株の数を増やすことができます。

保有資産の減少を食い止める

高配当株は、配当金が出続けるため株価の下落を抑える効果があります。大暴落時にも株価の下落を抑えながら短期間で株価が元の水準に戻る傾向にあります。

また株価が下落しているときには配当金を再投資することで株を買い増ししていくことができます。株価が落ちていても株を買い増しすることで全体的な保有資産を増やすことができます。

高配当株自体が株価が下落時のストッパーの役目を果たすため、圧倒的なリターンを満たすだけでなく含み損を最小限に抑えることもできます。

株価の上昇で一気にリターンが増大

高配当株が下落した場合には、配当金を再投資することで持株数を増やしていくことができます。株価が下落しているため配当の再投資を続けるだけで底値で株を買うことができます。

そして増えた株が株価の上昇で一気に価値を増やします。持株数自体が増えているため株価が元の水準に戻るだけでリターンが増大します。

高配当株は、株価が上昇するだけなら大したリターンを得ることができませんが、株価が下落してから上昇することで大きなリターンを生み出すメカニズムが働きます。

4.事業で継続的に安定した利益を出しやすいから

高配当の企業は、成長分野への投資ではなく株主に配当金を支払うことで利益を還元しています。高配当企業の多くは、古い企業であり事業で継続的に安定した利益を出し続けていることがほとんどです。

企業の儲けが投資家の儲け

多くの投資家は、株式投資によって自分の財布にお金が入れば儲かったと思うものです。しかし実際には、自分が投資している企業が儲ければそれが投資家の儲けということになります。

なぜなら企業がお金を持っていても、その会社を持っているのが株主である以上、会社のお金がそのまま間接的に株主のお金になるからです。

企業が利益を上げれば、当然ながら儲けが発生します。この儲けが内部留保で蓄えられようが、設備投資や研究開発に使われようが、配当金として支払われようが、株主の利益ということになります。

株式投資で利益を上げるためには、基本的に企業の儲けが投資家の儲けであることを理解しておかなくてはいけません。

高配当の企業は安定的な事業で高収益を実現する

高配当の企業は、古くから存在する企業であり安定的な事業で利益を上げています。

安定的に事業を続けていることは非常に重要であり、これまで安定的に授業を続けてきたということは、これからも安定的に事業を続けていく可能性が非常に高いということになります。

高収益を実現している新興企業では、ブームによって一時的に高収益を実現していても、10年後もしっかりと高収益を実現しているかは判断できません。

しかし連続増配当を50年以上続けているような伝統的な企業の場合、長期間にわたって安定した利益を出し続けているなら、10年後も変わらず安定的に利益を出し続けている可能性は非常に高くなります。

また古い企業は設備の減価償却を置いていることが多く、斜陽産業であることも少なくありません。わざわざ多額の設備投資を行って斜陽産業に参入する企業は少なく、過当競争から逃れることができます。その結果、設備投資や研究開発にお金を使う必要がないため、高収益体質を維持することができます。

高配当の企業は安定的な事業で高収益を実現できている可能性が高いといえます。

会社が高収益なら最終的に株主が儲かる

会社が高収益を実現しているなら、最終的には株主が儲かります。

最終的には収益の一部は配当金として還元したり、会社自体の価値が認められて株価が上昇するからです。

長期の株式投資が、現在の株価と企業の実力の差を見つけるゲームだとすれば、高配当の企業は企業の実力面では非常に優れているということになります。

5.株主のことを考えた経営を実践するから

一般的な意見としては、高配当株は配当金に税金がかかるため税金による損失が発生してしまい、配当金を再投資するにしても税金の分だけ投資効率が落ちてしまうとされています。

一方の成長株は、配当金を内部留保や成長分野への投資に回すことで税金を逃れつつ企業の価値を高めることで株価の上昇によってリターンを大きくするとされています。

しかし一見すると税金がかかるため無駄なように思える配当金こそが経営において重要な要素になっています。

お金では企業は成長しない

多くの人は、お金があれば企業は成長すると考えています。そのため成長株企業は、事業によって得た利益を投資に回すことで大きなリターンを生み出すと考えています。

しかし実際には、お金だけでは企業の利益を高めることはできません。

もちろんお金は企業を成長させるためには必要不可欠な要素ですが、重要なのは必要なところに必要なだけお金を投入することです。とにかくお金を投入しても意味はありません。

植物が成長することを考えれば分かります。植物の成長に日光、肥料、水などが大切なことは間違いありませんが、必要以上に与えても成長するとは限りません。植物に肥料をいつもの2倍与えたからといって2倍のスピードで成長することはなく、それどころか枯れてしまう可能性さえあります。

企業についても同じことが言えます。お金をたくさん投入したからといって、必ずしも投入した分だけ成長するとは限りません。

また経営陣は、お金が余っていれば必要ならないことに無駄遣いするものです。お金が余っているうちは理由をつけて無駄遣いするのが人間であり、経営陣が会社や株主の利益を最大限に考えた行動を取るとは限りません。

つまり余計なお金を配当金として還元せずに費用対効果の低い投資に振り分けることで、企業は成長するどころか衰退の原因を作り出す可能性さえあります。

高配当を実現するには経営陣がしっかりする必要がある

経営陣は、企業の今後について経営計画書で報告するものです。しかし経営計画書が実現可能性の高いものではなく、まさに絵に描いた餅のようないい加減なものであることも少なくありません。

そして経営企画書通りに事業が展開できなくても、あれこれと言い訳をしてごまかしてしまえば、誰も責任を追及できません。

そのため経営陣が発表する企業の経営計画書は、信頼できるものではありません。

一方で配当金は信頼できるものです。

配当金を出すということは、まさに経営陣の覚悟を株主に見せるということです。口だけの約束ではなくお金で示しているからです。

配当金は非常にシビアであり、簡単に配当金を引き下げることはできません。特に連続増配当を続けている株の場合、経営陣は配当金を増やし続ける義務さえ負っています。

配当金を出すことで余計な税金を支払う必要がありますが、税金を支払ってでも経営陣が無駄な投資を控えて株主のことを考えさせることには価値があります。

事業自体がしっかりしているため経営者が無能でも利益を生む

伝統的な高配当の企業は、事業自体がしっかりしています。そのため経営者がそれほど優れていなくても、安定して収益を稼ぎだしてくれます。

有名な企業の中には、経営者が有名な企業と経営者が無名な企業があります。

経営者が有名な有名企業は経営者自身にカリスマ性があり、新興企業であることがほとんどです。

一方で経営者が無名な有名企業は、古くて誰もが知っている会社です。経営者のカリスマ性に頼らなくても経営を存続させています。

グーグル、アマゾン、アップル、フェイスブックの創業者や経営者は多くの人が知っていますが、コカ・コーラ、マクドナルド、ジレット、ファイザーの創業者や経営者はあまり有名ではありません。

経営者が目立つということは経営者の経営手腕に会社の存亡がかかっているということであり、長期投資を行う投資家にとっては喜ばしいことどころか不安要素でしかありません。しかし高配当の古い企業は、経営者に頼らなくても会社や事業がしっかりとしているため経営者が交代しても安定的に利益を生み出し続けてくれます。

まとめ

高配当株への投資は高いリターンを生み出すことがあまり知られていませんが、現実には高配当株の方が成長株よりも高いリターンを生み出しています。

もちろん高配当株だからといって全ての高配当株が高いリターンを生み出すことはありませんが、高いリターンを狙いたい株主にとっては高配当か否かが銘柄を選定するときのひとつの目安になります。

NYダウの高配当銘柄でポートフォリオを組む「ダウの犬」という投資法があることからも、高配当株への投資は想像以上に大きな利益を出すことがあります。

インカムゲインが欲しいものの、効率を最優先してキャピタルゲイン狙いのインデックス投資をしているなら、高配当株投資についても検討してみるべきです。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , , ,