株価の大暴落に備えて株式投資でやっておくべき5つのこととは?準備で成果の全てが決まる!

   

株や為替(仮想通貨)の相場が下落してしまい大暴落で落ち込んで悲しんでいる株のトレーダーと、相場のチャート(グラフ)が表示されたモニタのイラスト

株式投資において株価の大暴落は恐ろしいものである反面、上手に利用すれば大チャンスになるのも事実です。

ところが多くの投資家は、大チャンスになるはずの大暴落を上手に活かすことができません。その理由は株価の大暴落に備えて事前の準備を怠っていることにあります。

今回は、株価の大暴落に備えて株式投資でやっておくべき5つのことをご紹介します。しっかりと準備しておくか、準備しておかないかで成果の全てが決まると言っても過言ではありません。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.投資目標と投資戦略を練っておく

最初にやっておくべきことは投資目標と投資戦略を練っておくことです。投資目標も投資戦略もなく、ただ単純に大儲けしたいと思って投資しても冷静に投資をすることはできません。

築きたい資産を考える

投資目標としては具体的な数字を考えても意味はありません。なぜなら株式相場は投資家のことを考えて変動することはないためです。

そのため目標とするべきものは築きたい資産です。

大暴落後の底値で株式を購入するとしても、値上がりしてから売却する株なのか、長期間持ち続ける株なのかで築かれる資産は変わります。

短期間で大きな資産を築きたいならキャピタルゲインを狙って株価の上下が激しい銘柄を選ぶべきであり、長期間にわたるインカムゲインを狙うなら配当金をたくさん出す高配当株を選ぶべきです。

どのような性質の資産を築きたいかをしっかりと吟味しておきましょう。

倒産のリスクまで考える

株価が大暴落した場合、株価が下落するだけでなく会社が倒産してそのまま株式が紙クズになってしまうこともあります。

そのため倒産のリスクまでしっかりと考えておかなくてはいけません。

倒産のリスクを最小限に抑えるなら分散投資が最適になります。できるだけ幅広いセクターと銘柄に分散して投資することでリスクを最小限に抑えることができます。

リスク分散するためには株式の購入時期をずらす必要もありますが、大暴落時に大量に株を買おうと考えているなら株式の購入時期をずらすことが難しくなるため、その分、銘柄をしっかりと分散させておく必要があります。

売却のことまで考える

株式を購入するときには株式を売却するときのことまで考えておかなくてはいけません。株式の売却のことをしっかりと想定することができれば投資戦略も明確になります。

暴落から戻したタイミングで株式を売却するなら不安定な小型株なども十分に投資の対象となりますが、暴落後も長期間にわたって持ち続けることを前提にするなら財政基盤がしっかりした大型株の方が安心です。

また売却することを考えていないなら高配当株に投資するのもいいでしょう。

どのような特性を兼ね備えたどのような銘柄を選定するのかを決めるための指針を持っておきましょう。

2.投資を控えてキャッシュを貯め込んでおく

どれだけ暴落時に備えて投資目標や投資戦略を練っておいても、肝心の資金がなければ暴落した株を買うことができません。キャッシュを貯め込んでおくことが必要不可欠です。

投資を減らす

大暴落の前にはバブルの様相を呈します。好材料がないにもかかわらず株価だけが値上がりし、割高になっていきます。

多くの人が周囲の流れに逆らえず割高の株を買ってしまい、最終的に株価が下落を開始したときに狼狽売りをして資産を減らしてしまいます。

そのため大暴落に投資するためのキャッシュを貯め込んでおくなら、暴落前のバブルの時点で投資を減らしておくことが大切です。

インデックス投資の積立などは投資を止めずにドルコスト平均法で買い続けるのが最適ですが、余剰資金を使った個別銘柄への投資などは控えておきましょう。

大暴落前には株価が割高な水準になっていることも多く、あえて株を購入する必要もありません。周囲に惑わされずにファンダメンタル分析で株価が割高だと判断できたなら、投資を控えるという賢明な判断をしておきましょう。

大暴落の時期を予想することはほとんど不可能ですが、株価が割高であることは判断できるはずです。

生活費を節約する

大暴落に備えて少しでもキャッシュを増やしたいなら生活費を抑えて投資のための資金を捻出しましょう。

外食を控えて食費を節約したり、格安SIMを利用して通信費を抑えたり、家賃の安い部屋に引っ越しをしたり、余計な保険への加入を控えたり、不要な洋服を買い控えたりと、さまざまな節約方法を実践すれば投資のために必要な資金を捻出することは可能です。

収入を増やすことは難しいですが、節約なら誰でもすぐに実行することができます。

普段から生活コスト抑えているならそれほど大きな資金を捻出することはできませんが、無駄遣いが多い人は投資資金を捻出するための節約は非常に大きな効果を発揮してくれます。

転職や副業で収入を増やす

大暴落が起こってもすぐに底値になることはありません。一般的には株価の下落が1年以上続きます。そして株価の暴落はいつ起こるか分からず、思っていた時期よりもかなり延びて数年先に暴落が開始する可能性も十分にあります。

つまり大暴落で投資のチャンスがやってくるまでに、まだ十分に時間があるということです。

そのため転職や副業によって収入を増やすことも十分に可能です。転職や副業が成功すれば、手っ取り早く投資のための資金を蓄えることができます。

また大暴落前には景気が良くなっているため転職や副業が成功しやすい状況でもあります。大暴落後には不景気になってしまうため転職も副業も難しい状態が続くことになります。

もし本気で大暴落に備えてキャッシュを貯め込んでおきたいなら、できるだけ早いタイミングで転職したり副業したりして、収入を増やしておくことも考えましょう。

3.空売りせずに金を買っておく

大暴落を予想しているなら株価の値下がりに有効な空売りをすればいいような気もしますが、大暴落に合わせて空売りをするのはやめておきましょう。そして空売りをするくらいなら株価と逆相関にある金を買っておくようにしましょう。

空売りで大損失する可能性がある

大暴落は歴史的に見れば必ず発生するものの、いつ発生するか予想することはできないといえます。つまり今すぐ発生する可能性もあれば1年後に発生する可能性もあります。

そして大暴落の直前では好景気によって株価が急激に上昇していきます。

そのため空売りを仕掛けても、大暴落するまでに株価が上昇するため証拠金を用意することができず大きな損失が発生してしまう可能性があります。

大暴落の前に大きな損失が発生してしまうが、大暴落で底値になった株を買うどころではなくなってしまうため絶対にやめておきましょう。

株価と逆相関の金を利用する

積極的に株価の値上がりと値下がりを利用したいなら、金を購入しておきましょう。

金は株価と逆相関となっており、株価が上昇すれば金価格は下降し、株価が下降すれば金価格は上昇します。

これは金が非常に安定した資産である一方、金自体が価値を生み出さないためです。景気が良いときには価値を生み出す株式への投資が加熱して金への投資が控えられ、景気が悪くなると不安定なか株式への投資が控えられて安定した価値を維持する金に投資されるためです。

ただし最近では、株価が上昇しているにもかかわらず金価格も上昇しています。誰かが金を買っているということになりますが、誰がどのような目的で金を買っているのかは分かりません。

それでも基本的には株価と金価格は逆相関にあるため、大暴落前の好景気を利用したいなら金への投資も考えてみましょう。

4.購入すべき銘柄を選定しておく

大暴落でしっかりと株を購入できる状態を整えながら、実際に大暴落になったときにどのような株を購入するのか想定しておきましょう。購入すべき銘柄を選定しておけば、暴落時にもスムーズに株を購入することができます。

業績が安定した優良株

大暴落時に仕込んでおきたい王道の株は業績が安定した優良株です。

大暴落になると狼狽売りをする投資家が続出するため、業績が悪くない優良株まで巻き込まれて値下がりします。

そのため業績が安定した優良株が値下がりしているなら買っておくべきです。業績が悪化していないのに株価だけが下がっているなら特に買うべきタイミングになります。

本当に力のある会社なら、景気が回復したときに株価もしっかりと上昇するため大きな含み益を得ることができます。

配当金を重視した高配当株

配当金を重視した高配当株も大暴落のタイミングで仕込んでおきたい株です。

高配当株の株価が下がると配当利回りが急激に上昇します。株価に対する配当金の額で配当利回りは決定されるため、株価が下がっても配当金が下がらなければ配当利回りが高くなります。

ただし高配当株は暴落して株価が下がりにくいため、値下がりしている期間が短く買うタイミングが非常に難しくなっています。

業績が不安定なジャンク株

業績が悪化していない順調な会社の優良株も大暴落に巻き込まれて値下がりする場合、業績が不安定なジャンク株はさらに大きく値下がりします。

一般的にジャンク株は会社が倒産する可能性が高いため投資ではなく投機に向いている金融商品です。当然ながら大暴落のタイミングで投資すればリスクは高まります。

一方でリスク以上のリターンを得られるなら、リスクを冒してでも買っておくべきなのは明白。しっかりとリスクを覚悟できるなら大きなリターンを狙ってジャンク株を買うのも有効です。

ただしただでさえ優良株を買うことが難しくなる大暴落時にリスクを冒してジャンク株を買うのは困難です。よほどの覚悟がなければ大暴落時にジャンク株を買うことはできません。

5.株式投資以外で安定して収入を確保して生活を保つ

大暴落したタイミングでしっかりと株を買うためには、株式投資以外で安定した収入を確保して生活を保つことも大切になります。なぜなら生活資金が不足すれば、株価が下がったタイミングで株を売却するハメになってしまうためです。

不景気で失業する可能性もある

株価が大暴落して不景気に突入すれば、当然ながら多くの会社が利益を出すことが難しくなります。そのため会社が倒産したり従業員がリストラされたりします。

どれだけ株式を買うべき絶好のタイミングだと分かっていても、職を失って仕事探しをしていれば株式投資をする余裕はありません。

また収入が途絶えてしまえば手持ちの資金が生活費によって削られていきます。そんな中でリスクを冒して株式に投資できる人はなかなかいません。

まずは不景気になっても失業しないように収入をしっかりと安定させる必要があります。

生活資金が足りなくなれば株の売却までありえる

大暴落のタイミングで資産を増やそうと考えていても、手持ちの資金がなくなってしまえば資産が増えるどころか減ることさえあります。

手持ちの資金がなくなれば株を売却して資金を得るしかありません。そして株価が値下がりをしていれば、早いタイミングで売却しなければ大きな損失につながることになります。

その結果、株を買い増すどころか買い増してきた株を手放すことにもなりかねます。それも株価が下がったタイミングで株を売却するため資産は目減りする可能性があります。

大暴落のタイミングで一発逆転を狙って資産を増やそうと思っている余裕がない人ほど、大暴落で生活に困って資産を減らしてしまう可能性が高まります。

転職や副業をしておく

生活を安定させるためには、できるだけ良い条件で働いておくことが大切です。大暴落前の好景気のタイミングなら比較的簡単に転職することもできるためです。

転職すれば収入をアップさせることができるだけでなく、安定した業績の会社に就職できる可能性もあります。転職活動自体はお金がかからず、転職するかどうかは最後には自分で決めることができるため大きなリターンがある一方でリスクは一切ありません。

そのため安定した収入や生活を確保するためにも、大暴落前の好景気のタイミングで転職しておきましょう。

収入源を増やすことを考えたいなら副業もオススメです。

しっかりと副業をしておけば転職以上に大きな収入を得ることができる可能性があるだけでなく、本業と副業で収入源を分散させることができるため、いざというときにも完全に収入が途絶える心配もありません。

好景気のタイミングで転職や副業しておくことで、投資のために必要な資金を貯められる生活を安定させて大暴落時の投資に集中することもできるようになります。

まとめ

大暴落を狙って多くの人が資金を貯めていますが、実際に大暴落したタイミングでキレイに投資をして大きな利益を出せた人はあまりいません。

特にリーマンショック以降に投資を始めた人は、右肩上がりのトレンドしか知らない上に大暴落を経験していないため、大暴落時に冷静な判断ができるかは不明です。

そのため大暴落に備えてしっかりと準備を整えておくだけでなく、頭の中でシミュレーションしておくことも大切です。

いつ大暴落がやってきても狼狽売りしなくていいように、普段から大暴落に備えておきましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , , ,