成功するためには自助努力ではなく環境を変えるべき5つの理由とは?強制的に頑張ることで成長する!

   

猿人、原人、旧人、新人、現代人と、人類が進化していく過程

成功するために絶対欠かせないのが変化です。どれだけ失敗を繰り返しても成功するまで変化を続ければいつかは成功することができます。

学生やサラリーマンは、それほど困らない現状に甘んじてしまうため、このままではいつかダメになってしまうことが分かっていても成功のための一歩を踏み出すことができません。

そんなときにはただ単純に努力するのではなく、努力せざるを得ない環境に身を置くことが効果的です。

今回は、成功するためには努力ではなく環境を変えるべき5つの理由をご紹介します。偉そうなことを言っているお金持ちや成功者もそのほとんどが、自助努力ではなく環境の変化に対応して仕方なく変わったことで成功を掴んでいます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.今までのやり方を捨てられる

現状を維持したまま自助努力で成功を掴もうと思っても、なかなか成功することはできません。なぜなら現状を維持するということは今までのやり方に依存しているということでもあるためです。

ルーチンワークが吹っ飛ぶ

成功するために重要なのが、やることではなくやらないことです。

日常の行動には、目的を達成するために必要となるものが少なく、余計なことに力が分散されて集中すべきことに集中し切れないものです。

たとえば受験勉強に集中したいのに、ゲームをしたりマンガを読んだりしていては受験勉強に集中できません。仕事を頑張りたいのに、ツイッターを見たりテレビを見ていては仕事が進みません。

多くの人が本来すべきことから目を逸らしてしまうのは、さまざまなルーチンワークが固定されてしまっているからです。

現在の環境は、蓄積されたルーチンワークによって構成されており、いくつかの我慢をしたくらいではルーチンワークから逃れることができません。

ところが環境を大きく変えてしまえばルーチンワークは吹っ飛びます。

たとえば旅行に行けば、いつもと異なる生活リズムでもスムーズに過ごすことができます。起きる時間や寝る時間を変えることも可能です。

環境自体を変えてしまえば、それまでのルーチンワークが霧散しやすく真っ白な状態に行動パターンをリセットすることが可能です。

固執していたものが失われる

目的のためには必要ないものの、いつもの習慣によってどうしても固執してしまうものもあります。

そんな固執していたものも、環境が変わればなくなってしまいます。

たとえばお風呂に1時間入っていた人も、引っ越しをしてお風呂がないシャワーだけの家で暮らすようになれば、お風呂に浸かることができなくなり入浴時間は減ります。

Wi-Fi環境がなく電波の届かないインターネットに接続できない場所に行けば、スマートフォンを見ることもなくなります。

物理的に固執していたものが失われてしまえば、どう頑張っても固執することはできなくなってしまいます。

何かに執着してしまうことで本来の目的を達成できない場合には、執着してしまうものがない環境へ移動すれば、それだけで執着から解放されます。

人間は変化する動物であるため負担が小さい

突然、これまでとは大きく異なる環境で今までのやり方を捨ててしまえば大きな負担を受けそうなものですが、実はそれほど大きな負担はかかりません。

もちろん最初は戸惑うことも多いですが、人間は環境の変化に対応することができる動物であり、環境の変化に対応できることが最大の強みでもあります。

そのため鳥が飛んだり馬が走ったりとその動物の特性を最大限に発揮させるように、環境を変える事で人間の特性を最大限に生かすことができます。

環境を変化させず今までのやり方を捨てるのは非常に難しいだけでなく、ズルズルと未練を残したまま今までのやり方をしてることになるため総合的には環境を変化させるよりも大きな負担になる場合もあります。

人類が全く異なる環境に適応して世界中に分布しているのは、ほかの動物に比べて変化に対応する能力に優れている証でもあります。人間は変化する動物であるため環境の変化に対してもそれほど大きな負担にはならない事を理解しておきましょう。

2.視点と考え方が大きく変わる

環境を大きく変えることができれば、視点や考え方も大きく変わります。外側を変化させることで内側の変化を促すことができます。

固定観念が崩れる

生活環境を大きく変えれば、これまで当たり前だと思っていた固定観念も崩れます。

固定観念が崩れれば意識も大きく変化します。今までは漠然としたものだった目的も本気で取り組むべきものだと思えるはずです。

多くの成功者が逆境の中で考え方や価値観が変化し、その変化が成功につながったと説明することも多いですが、環境の変化によって固定観念が崩れでは今までとは違った考え方ができるようになります。

これまでの考え方で目的を達成できず成功しないなら、それは考え方が間違っているに違いありません。考え方が大きく変わることで、目的の達成と成功が近づくはずです。

見えなかったものが見える

これまで漫然と生活していた人が、生活環境を大きく変えれば見えなかったものが見えるようになります。

たとえば優秀な学生が集う大学に通ったり、優秀なビジネスマンが集う会社に就職したりすれば、これまで見えなかったものが見えてくるはずです。

一方で環境が悪い場所へ移動しても見えなかったものは見えてきます。本当に取り組むべきものがはっきりとします。

今までと違うものを見ることで比較できるようになり、何をすれば良いのか見えてくるはずです。

旅行だけでも見え方や考え方は変わる

環境を変化させるというと、無理に独立したり転職したりというものを想像しますが、旅行をするといった短期間の環境の変化でも十分に見え方や考え方が変わる可能性はあります。

とにかくいつもと違う環境に身を置いて新しいものに触れることでさまざまな刺激を得ることができます。

刺激を受ければ反応するのが人間であり、考えていることや悩んでいることが反応に反映されます。そして見え方や考え方も大きく変化します。

環境を変えるということは、決して大きなものでなくて構いません。普段しないことをしてみたり普段行かない場所に行ってみたりするだけでも環境は変わります。

お金持ちに囲まれればお金持ちになれる

お金持ちになる具体的な方法は時代によって変化しますが、お金持ちになるために意識しなくてはいけないことは変わりません。

そのためお金持ちに囲まれていれば、自然とお金持ちになるための考え方を学ぶことができます。

一般的に自分は周囲にいる5人の平均と言いますが、これは類は友を呼ぶとも言い換えることができるかもしれません。

自分自身の能力とは別に、周囲の環境がどれだけ自分自身に影響を与えるかは少し想像すれば分かるものです。

もしお金持ちになりたいなら、環境を変えてお金持ちに囲まれることが大切です。お金持ちと一緒に行動すれば、お金持ちになるためのものの見方や考え方を吸収することができます。

3.やるべきことに集中できる

環境を変えて余計なものをそぎ落とすことで、やるべきことに集中できるようになります。やるべきことに集中できれば自ずと成果は出るものです。

やるべきことしかやれない状況を作る

たとえばビジネスで成功したいなら、仕事ができる環境を整えることは非常に重要です。

わざわざオフィスで仕事をするのも、誘惑を断ち切るための方法です。

パソコンがあればどこでも仕事ができる時代であっても、オフィスが重宝されるのはこのためです。周囲の監視があり集中できる環境が整っていなければ仕事に専念することはできません。

自分の意思だけでなかなかやるべきことに集中できないなら、やるべきことしかやれない状況を作ることでやるべきことに集中できるようになります。

気持ちを切り替えられる

気持ちを切り替えるのは非常に難しいですが、環境によって気持ちを切り替えることができれば環境を変えることでやる気スイッチを入れることができるようになります。

たとえば図書館に行けば、騒ぐことが難しくなってしまいます。静かな図書館に入ることで読書をするべきモードになり、読書が苦手な人でもどうしても本を読まなければいけない状況に追い込まれます。

決まった動きをしたり、決まった衣装を着ることでも気持ちを切り替えることは可能ですが、環境を変えることでも自分の意思とは関係なく気持ちを切り替えることができます。

背水の陣で挑む

どうしても自助努力でやるべきことに集中できない場合には、背水の陣で挑んでみましょう。

もちろん逃げ道を断って挑戦すれば失敗したときには大きな損失を被ることになりますが、追い詰められることで頑張れることもあります。

また多くの人が背水の陣だと思っている絶望的な状況は、実はそれほど大したものではないことも少なくありません。失敗しても本気で取り組めばどうにかなってしまうものです。

本当にやるべきことに集中するために環境を変えようと思うなら、思い切った決断をして背水の陣で挑むのもひとつの方法です。

4.強制的に変化に慣れることができる

成功するためには柔軟に変化していくことが非常に重要ですが、一方で変化に慣れていなければなかなか柔軟に変化することはできなくなってしまいます。しかし環境を変えることで強制的に変化し続ければ、変化に慣れることができるようになります。

変化は誰でも怖い

変化することは誰でも怖いものです。現状を捨てて新しいところに飛び込めば、得られるものがある一方で失ってしまうものもあります。

しかし変化しなければいけないと自覚している場合、そのほとんどが現場には大したものが残されていません。

現状に大したものが残っていないことが分かっていても、リスクを恐れて行動できないのが人間です。

そのため変化自体は怖いことであるということは誰であっても変わりません。

変化を繰り返せば恐怖心は薄らぐ

変化はいつでも恐ろしいものですが、何度も変化を繰り返していれば変化による恐怖に慣れることができるようになります。

子どものころは、どんなことも怖くて仕方なかったものです。暗いだけで怖くなり、注射が怖くて泣き出してしまい、人と話すのも怖くて人見知りするものです。

しかし経験を積むことで、暗いからといって必ず危険だとは限らないことを知り、注射もそれほど痛くないことを知り、人と話すのにも慣れていくものです。

変化についても同じで、変化に慣れていない人は変化することに大きなストレスを感じますが、変化を繰り返していればストレスも減少していきます。

とにかく変化を繰り返して慣れることで恐怖心は減っていきます。

変化に慣れれば自由に変化できる

環境を変えることで強制的に変化を促し、変化にストレスを感じにくくなれば、自分から進んで変化できるようになります。

自分の意思をコントロールすることは非常に難しいですが、行動をコントロールするのは比較的簡単です。環境変化させることで自分自身を変化させることも容易にできるようになります。

定期的に環境を変えることで変化に慣れてしまえば、その後は思い通りに自由に変化できるようになります。

5.新しいことにチャレンジして失敗するのが怖くなくなる

環境を変えれば、さまざまなことを受け入れざるを得なくなります。不平や不満も生まれますが、時間が経てばすぐに慣れてしまいます。つまり失敗にもそれほど動じなくなります。

環境を変えることがチャレンジ

環境を変えることは、それ自体がひとつのチャレンジです。継続的に何かをやり続けることが難しい人でも、環境を変えることは一度のチャレンジであるため比較的簡単に挑戦できます。

環境を変えたことで、成功することもあれば失敗することもあります。しかし成功にしても失敗にしてもすぐに慣れてしまうものです。

環境を変えることを続けることでチャレンジを繰り返すことになり、チャレンジを繰り返すことは変化にもつながります。

失敗が怖くなくなる

環境の変化は、それだけでチャレンジです。そしてチャレンジを繰り返せば失敗にも慣れて失敗が怖くなくなります。

失敗が怖くなくなればスムーズにチャレンジできるようになります。

失敗は成功の基と言いますが、成功するためには無数の失敗を乗り越えなくてはいけません。環境を変化させることで成功しやすくなるだけでなく、環境を変化させること自体も成功への近道となります。

現状を打破できる

どのような現状があっても、失敗を恐れずに環境を変え続ければ成功することができます。

現状が悪い場合には、どれだけ失敗してもそれ以上は悪くなることはありません。一方で成功すれば、現状は劇的に改善されます。

失敗を繰り返せば失敗するのが上手になり、失敗しにくくなるだけでなく失敗したときのダメージも軽減することができるようになります。

上手に走るためには、走らなければいけない環境に身を置いて、何度も転びながらも走り続けることが大切です。成功も同じで、成功に向かって努力を続けなければいけない環境に身を置いて、何度も失敗しながら挑戦し続けることが大切です。

まとめ

人間が環境に大きな影響を受けることは誰でも知っているはずです。英語を話せる人は、英語を話さざるを得ない環境で生活しているから英語を話せるようになるだけです。

決して英語を話せる人が賢いわけでも優れているわけでもありません。

環境がその人の能力にどれだけ大きな影響を与えるかを理解できれば、環境を変えることが成功への近道であることは分かるはずです。

ただし人間は心地よい環境を求めるため、多くの人が理解していてもなかなか環境を変えられないだけです。

環境変えるだけで夢や目標が達成できるなら、本気で夢や目標を達成したい人は環境を変えるところから始めてみましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , ,