20代にオススメの自己投資ランキング!やっておくべきことを見極めろ!

   

若者たち集まって会議をしている様子

20代という時期は人生の中でも非常に重要であり、20代をどのように過ごすかでその後の人生は大きく違ったものになります。

20代のうちにしっかりと自己投資しておくことで周囲との差が明確に開き、30代以降では周囲の人々と異なる階層や異なる次元といったレベルの差になります。

一方で20代のうちにやるべきことを見極めることができず自己投資に失敗すると、30代以降は普通の人間として生きていくことになってしまいます。

今回は、20代のうちにやっておくべきことを見極めることができる20代にオススメの自己投資ランキングをご紹介します。20代の10年間のうちに遊んでいた人と自己研鑽に励んだ人では、大人と子どもくらいの差が発生します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1位.読書と勉強

20代であっても読書は必要不可欠です。加えて具体的に欲しい資格がある場合には勉強もしておく必要があります。

悩みを解決してくれる読書

20代になるとさまざまな悩みにぶつかるものです。

悩みにぶつかったとき、多くの人は悩みから逃げ出してししまいます。

悩みに対して見て見ぬふりを決め込んで過ごしたり、お酒やギャンブルといった一時的な快楽に逃げてごまかす人も少なくありません。

そんな悩みを解決してくれるのが読書です。

学生時代からしっかりと読書をしていれば、20代のころにはまともな古典を読むようになっているはずです。

古典から学べるものは多く、古典を読むようになれば自分としっかりと対話して悩みから逃げず立ち向かうことができます。そして悩みを解決して先に進むことができます。

ほとんどの人は、20代のうちに悩みを抱えても真摯に向き合って解決しようとせずに逃げ出します。当然ながら悩みから逃げ切ることはできないため、結局、悩みを抱えたまま年老いていきます。

20代のうちに悩みに立ち向かい解決できれば、年齢を重ねるごとに人生が楽しくなっていくはずです。

知見が広がり強い好奇心と探求心を維持する

読書の効用は自省だけではありません。視野を広げる役割も担っています。

読書によって新しいものの見方ができるようになれば、好奇心と探求心を保つことができます。

20代以降になると、人間は急激に好奇心や探求心が失われていきます。古いものに固執して新しいものに挑戦しないようになります。

そして自分が変わることが怖くなり、最後には変わらないことにしがみついて時代に取り残されてしまいます。

読書は、多くの人の知恵を吸収することができる自己投資であるため、読書を終えれば新しいものの見方によってさまざまなものを知りたくなるものです。

年齢を重ねるほどに失われる好奇心や探求心を維持するためにも読書を欠かすことはできません。

勉強が楽しくなる20代

興味のあるものや仕事で使えそうなものに関しては、積極的に勉強していきましょう。

多くの人が学生時代の暗記中心の勉強が嫌うものですが、本来、勉強というものは新しいことを学ぶというとても楽しいものです。

20代の勉強では、自分で勉強したいものを決めて勉強できるだけでなく、勉強に必要な勉強を終えているため勉強の中でも楽しい部分しか残っていません。

20代のうちに読書と勉強をしている人としていない人は、明らかに人間のレベルが違ったものになるため、自己投資をして自分を高めたい人は最優先で読書と勉強に勤しみましょう。

2位.スキルアップ

読書や勉強で知恵や知識を手に入れても、実際に使えるようにならなければ実りあるものになりません。仕事にもつながるスキルアップにも励んでみましょう。

知行合一

知行合一とは、知ることは行うことのはじまりであり、行うことは知ることの終わりという意味。つまり知ったうえでやることが知るということであり、やったうえで知ることがやるということです。

学生時代には、知ることがメインであり実際にやることはなかなかできませんが、20代になると実際にやることができるようになります。

知ったことをやることによって本当の意味で知ったことになるため、積極的に知っていることを知っているだけでなくやっていくことが大切です。

実践に生かす

スキルアップは実践の中でも行うことができます。毎日の仕事の中に学んだことを生かしていけばスキルアップするはずです。

多くの人がスキルアップというと資格を取ることや勉強することだと思いがちですが、資格を取ったり勉強したりしてもスキルを磨くことはほとんどできません。

大切なのは学んだことを実践に投入してみることで、実生活や仕事の中で学んだことを使えるようにするのがスキルアップです。

スキルアップは、試験とは異なり点数によって明確に判断できるものではありません。分かりにくいものですが、豊かに生きていくためには絶対に必要となるものです。

スキルが必要とされることに挑戦する

スキルは実践でしか向上していきません。勉強をして机上の空論を積み上げてもスキルがアップするわけではありません。

例えば英語のスキルをアップしたいなら、海外に留学してしまいましょう。英語しか通用しない場所で生活すれば必然的にスキルアップするはずです。

英語のスキルを得たいのに、家で勉強ばかりしていても英語のスキルが向上することはありません。

学生時代には時間もお金もコントロールできずなかなかスキルアップできなかった人も、20代になって社会人になれば仕事を通じてスキルアップしたり、仕事の時間を減らしてスキルアップすることは可能です。

お金ではなくスキルのための転職

世の中のスキルというものはそれほど大したものではありません。意外と簡単にスキルを体得することができます。

職人が50年かけて培ったスキルを自慢することも多いですが、50年で培ったスキルのうち1年あれば70%、2年あれば90%、3年あれば95%ほどは身に着けることができます。

スキルは向上していくと成長率が低下するため、世の中のほとんどの仕事のスキルは大まかなものは3年もあれば十分に体得できます。

そしてスキルはたくさん持っている方が有利です。昔はひとつのスキルで仕事を維持できましたが、現代では複合的なスキルが求められます。

そのため20代のうちは、できるだけスキルを身に着けるために転職するのがオススメです。もちろん給料アップを狙ってお金のために転職するのも悪くありませんが、30代以降に大きく稼げるように20代のうちはスキルアップで力を蓄えておく方が賢明です。

3位.肉体の強化と健康

20代のうちは不摂生でもどうにかやっていくことができます。ところが30代になるとガクッと体力が落ちて健康が損なわれます。

そのため20代のうちから肉体を強化して健康を維持する習慣を作り始めておきましょう。

健康的な食事

20代のうちから健康的な食事を摂るようにしておけば、年齢を重ねても健康を維持することができます。

多くの人が元気な20代のうちに酒やタバコを覚え、30代を過ぎてもそのまま不健康な習慣を続けます。その結果、不健康に悩まされるようになり自己研鑽どころではなくなってしまいます。

自己投資を通じて豊かな生活を手に入れたいなら健康的な食事は必須。料理ができるようになれば自炊で健康的な食事を作れるようになるため、金銭面でも助かります。

人間は体が資本であるため健康は非常に重要。20代からしっかりと健康に配慮した食事を摂っていれば30代以降も安心です。

適度な運動

20代のころは仕事に打ち込んで運動不足になりがちです。体力のあるうちは運動不足でもどうにかなりますが、30代になると運動不足が致命的な健康被害を引き起こします。

そのため20代のころから運動する習慣は身に着けましょう。まだ20代前半は大丈夫ですが、20代後半から急激に衰えるため適度な運動が必要不可欠です。

適度な運動や筋肉トレーニングはやる気を引き出し魅力的な肉体を維持するためにも重要であるため、運動をおろそかにしてはいけません。

病院で健康診断を受ける

病気になると健康だけでなくお金や時間まで失うことになります。そして病気になってから病院に行っても手遅れであり、大切なのは病気にならないことです。

健康診断も健康を維持するためには必要不可欠。病気になるリスクを減らすためにも健康診断はしっかりと受けておきましょう。

健康診断として歯医者に定期的に通うこともオススメします。虫歯を予防しておけば、虫歯になっても初期段階で対処できます。

20代からは健康にも気を付けておかなくてはいけません。忙しいのは重々承知していますが、時間を作ってでも健康診断を受けておきましょう。

4位.人間関係

20代のうちに培われた人間関係は非常に重要です。ただしパーティーに出て人脈を広げてお金を引っ張れる人脈を作るということではありません。

人脈作りや広い交友関係は不要

営業をしている人の中には、人脈を作るために飲み会に出ている人もいますが、はっきり言ってクソのような人脈には意味がありません。

人脈作りに勤しんでいる人が出てくるような飲み会には、人脈を作って小金を儲けるのが目的のクソや小金を持ってイキッているカスしかやってきません。

つまりウンコにハエが群がっているような状態です。

お金になる人脈を求めて動き回る人は、相手に何かを与えることよりも相手から何かを奪おうとしているものです。そんな人を信頼するまともな人はおらず、見識のある人なら考えや態度を見抜かれます。

無理な人脈作りや広い交友関係は、自分自身が立派になれば自然と作られるものです。相手に尽くして相手に良い話を持っていけるようになれば、人は勝手に集まってきます。

20代の自己投資において人間関係は重要ですが、それはお金のための人脈では決してありません。

家族や友人を大切にする

それでは自己投資すべき人間関係とは何なのでしょうか。答えは家族や友人など周囲の人々です。

家族は非常に重要な存在であり、一番近い他人でもあります。20代になると独立する人も多いため家族と距離が生まれがちですが、毎年、顔を見せるなどしてしっかりと関係を維持しましょう。

ただし信頼できず家族と距離を置きたい場合には、無理に大切にする必要もありません。

20代になると友人がなかなか増えなくなります。忙しい生活に加えて出会う機会も減るためです。

そのため昔からの友人は大切にしておきましょう。子ども時代や学生時代を一緒に過ごした仲の良い友達は、立場が変わっても昔と同じ関係が続く数少ない存在です。

大切にすべき人をしっかりと見極めて大切にしましょう。

付き合う人間を厳選する

20代になったら、ずるずるとなんとなく付き合うような人間関係はやめましょう。自分にとってプラスにならない人間は損切りして構いません。

付き合う人間を厳選する基準としては、誰にでも大して尊敬の念を持って接しているか否かです。もちろん自分自身に対してもです。

人間の中には、相手に何も与えずに相手から奪えるものを奪おうとする人や立場によって人を見下すような人がいます。

そのような人は、あなたに利用価値があるから付き合っているだけで本当の信頼を築くことはできません。

お店に入ったときに店員に偉そうにする、他人を見下した態度を取る、人によって態度を変える、マウンティングしてくるといった人は、20代としての分別としてスパッと関係を断ってしまいましょう。

損得勘定だけで付き合う人間を厳選する必要はありませんが、付き合う人間を間違えると大きな損失を生み出し、付き合う人を厳選すると大きな利益を与えてくれるのは事実です。

5位.美容

20代になると見た目を気にしなくなる人も少なくありません。学生時代には前髪が気になって仕方なかったのに、少しずつどうでもよくなってしまうのが20代です。その調子で過ごしているとすぐにおじさんおばさんになってしまいます。

男性も女性もオシャレに気を配る

オシャレを大切にするというのは、見た目以上に精神的に重要なことです。

20代後半になると、少しずつ若さが失われてきます。頭がハゲたり肌がくすんだりと見た目が老けてきます。

そのときに諦めて見た目を気にしなくなると、だんだんと年寄りくさい見た目になっていき心も年寄りくさくなります。

そのため精神的な若さを維持するためにも、見た目にはしっかりと気を配る必要があります。

オシャレにするというのは奇抜な最先端の流行を取り入れたファッションをするということではありません。時代に合わせたデザインの新しい服を着ておくということです。

見た目が気にならなくなるということは、年齢を重ねてアンテナの感度が落ちて世間に疎くなってしまっているということです。好奇心を維持するためにも見た目には気を配りましょう。

体を鍛える

若々しさを維持しようとすれば、体型を維持しなくてはいけなくなります。

年齢を重ねるとどうしても太りやすくなるため、美容に気を付けていれば体を鍛えて体型を維持する必要に迫られます。

体を鍛えれば健康的になり、美容がそのまま健康にもつながります。

周囲の印象も良くなる

ブサイクよりも美人や男前が好きなのは当たり前のこと。美容を心がければ周囲の印象も良くなります。

人は見た目で判断するものです。見た目が悪いなら、悪いなりにどうにかしなければいけません。

見た目が悪いことを言い訳にして自分磨きをしない人も多いですが、見た目に無頓着な人のほとんどは中身にも無頓着です。一方で見た目にまで気を配ることができる人は、中身にも気を配っているものです。

もちろん外側だけのハリボテのような人がいるのも事実ですが、内側から溢れ出す自己研鑽が外側にまで及んでいることは少なくありません。中身を充実させるのと同じように外側も充実させておけば、それだけで効果的に多くの人に好印象を与えることができます。

コンプレックスを解消できる

20代でお金にも時間にも余裕が生まれてきたなら、積極的に外見のコンプレックスを解消しましょう。

コンプレックスを解消すれば精神的な負担を軽減することができます。

学生時代には難しかったことも、大人になった20代なら自分の責任で実行できます。

もちろん思い付きで人生を大きく変えるような手術を受けるべきではありませんが、精神的に大きな負担を与え続けている原因が手術で取り除けるなら、積極的にコンプレックスを解消していくべきです。

思い切ってやってみれば、意外と簡単に解決できるコンプレックスも少なくありません。

まとめ

20代は人生でも重要な時期であり、20代をどのように過ごすかでその後が大きく変化します。

多くの人が20代になって仕事を始めると時間や体力に余裕がなくなるため勉強をやめてしまいますが、20代のうちの10年間にしっかり勉強した人と勉強していない人では大きな差が生まれます。

そして勉強しないまま30代に突入すると、その後の努力では追いつけないほどの差になるものです。

成功者の多くは20代のうちにしっかりと勉強して基盤を固めているものです。もし充実した人生を送りたいなら20代のうちに何に自己投資をしてどうなりたいのかを決めておきましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, お金, 悩み , , , , , ,