成績の悪い投資信託やETFに投資することで高利回りを実現できる5つの理由とは?過去の成績に気を付けろ!

   

腕の絵の前でがっかりする男

少額で投資している人は、少ない資産を分散して投資することが難しく、投資家から資金を集めた機関投資家が複数の銘柄に投資している投資信託やETFが有力な投資先となります。

投資信託やETFは、個別の方針に沿ってさまざまな銘柄に分散して投資が行われていますが、投資家は投資信託やETFを選ぶときに過去の成績の良いものを優先的に選ぼうとします。

この過去の成績が良い投資信託やETFを選ぶという選択は、資産を大きく減らす原因になるかもしれません。

今回は、普通に考えると悪手としか思えない成績の悪い投資信託に投資することで高利回りを実現できる5つの理由をご説明します。非常識な投資戦略ですがじっくり考えれば納得できるものです。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.好成績を維持できる投資信託はほとんど存在しない

長期の株式投資を行う際には主要な株価指数が目安となりますが、現実的には株価指数を上回り続ける好成績を維持できる投資信託はほとんど存在しません。

株価指数を上回ること自体が難しい

そもそも株価指数を上回る好成績を実現すること自体が非常に難しいことです。

なぜなら細かく株の売買をしてしまうと手数料負けしてしまうためです。

そのため株式投資においては、手数料を抑えるために株式の売買を最小限に抑えることが最適とされています。

ところが株式の売買を控えてしまうとアクティブ投資の優位性は失われてしまい、安いときに株が買えず高いときに株が売れなくなります。結局、株価指数と同じかそれ以下に落ち着いてしまいます。

そのため投資信託やETFが株価指数を上回ることが困難になってしまいます。

一時的に上回ってもトレンドの変化で下がる

投資信託やETFの中には、主要な株価指数を上回る成績を実現するものも存在します。しかし投資信託やETFの多くは時間の経過とともに成績が落ちてしまい株価指数を下回る成績に落ち着いてしまうことになります。

なぜならトレンドが変化するためです。

株価指数を上回る投資信託やETFは、株価指数よりもポートフォリオが偏っているのが特徴です。数あるセクターの中で業績の良いセクターの投資比率が高い場合、株価指数を上回る成績を実現することができます。

ところがそんなトレンドは長く続きません。業績の良いセクターは最終的に割高になってしまうため下落。別のセクターが値上がりすることで今度はポートフォリオの偏りが悪い方向に働き、株価指数を下回ってしまうことになります。

トレンドを先取りしてポートフォリオを変更するのはほとんど不可能

投資信託やETFが、主要な株価指数を上回る成績を実現するためにはポートフォリオの偏りが必要不可欠になりますが、一方でポートフォリオの方よりが主要な株価指数を下回る原因にもなります。

この矛盾を解決するためには、トレンドを先取りしてポートフォリオを変更していく必要があります。

例えば、IT系の銘柄が下がっているときに買っておき、IT系の銘柄が上がったタイミングで売ります。そしてIT系の銘柄に代わって上がる金融系の銘柄を先に買っておけば、主要な株価指数を上回る成績を実現することができます。

しかし現実には、どのようなセクターや銘柄が下がり、どのようなセクターや銘柄が上がるのかは分かりません。これが分かれば誰も苦労しません。

主要な株価指数を上回る成績を実現するためにはポートフォリオを変更し続けなければいけませんが、そのたびに株価指数の平均を上回りながら手数料負けしないリターンを継続的に出し続けるのは至難の技。失敗すれば株価指数を大きく下回る結果となってしまい、ただの勝ち目の低いギャンブルになってしまいます。

そのためトレンドを先取りしてポートフォリオを変更することがほとんど不可能である以上、長期間にわたって株価指数を上回り続けることはほとんど不可能ということになります。

好成績を維持できないならあえて好成績の投資信託やETFを選ぶ理由はない

主要な株価指数を上回る成績を継続的に実現できる投資信託やETFはほとんど存在しません。それならあえて好成績の投資信託やETFを選ぶ理由はないということになります。

好成績だった投資信託やETFを選んでも、ポートフォリオの偏りによって好成績を実現しているなら、最終的にはトレンドの変化によって株価指数の平均に負けてしまうためです。

成績の悪い投資信託やETFに投資する理由にはなりませんが、成績の良い投資信託やETFに投資すべきでない理由にはなります。

2.過去の成績が未来を決定しない

株式投資において注意しなくてはいけないのが、過去の成績が未来を決定することはないということです。つまり過去に好成績を実現している投資信託やETFであっても、今後も好成績を維持できるかどうかは不明です。

コイントスで10回表が続いても次がどうなるかは分からない

コイントスにおいては表が出るか裏が出るかは1/2です。そのためコイントスでコインの表が10回出た場合であっても、11回目のコイントスで表が出るのか裏が出るのかは分かりません。

株式投資も同じで、それまで好成績が続いていたからといって今後も好成績が続く保証はありません。過去の成績に惑わされないようにしなくてはいけません。

過去の成績はポートフォリオを偏りの表れ

過去の成績は未来の成績を約束してくれませんが、過去の成績はポートフォリオの偏りを表してくれます。

株価指数を上回る好成績を出しているということは、株価指数に比べてポートフォリオが偏っている証拠になります。一方で株価指数を下回る悪い成績を出しているということも株価指数に比べてポートフォリオは偏っているという証拠になります。

つまり成績が良くても悪くても、頻繁に組み入れしてポートフォリオを変更していないのに株価指数から大きく乖離した成績を実現している投資信託やETFは、成績に差があればあるほど株価指数と比較して大きな偏りがあるということになります。

トレンドの変化で大逆転が起こる

株価指数から大きく乖離した成績を実現している投資信託やETFは、株価指数に比べてポートフォリオに大きな偏りがあることが分かります。つまりトレンドが変化したときには、好成績と不成績が逆転することになります。

そのため好成績の投資信託やETFが、そのまま好調を維持することができる可能性もありますが、逆にトレンドの変化によって不成績の投資信託やETFが好調に転じる可能性もあります。

好成績の投資信託やETFの好調が維持されるのか、不成績の投資信託やETFと逆転が起こるのかは分かりませんが、どちらが起こっても不思議はないということです。

3.平均回帰性を利用できる

未来が予測できないため好成績の投資信託やETFを買うことに意味がないなら、同じ理由であえて不成績の投資信託やETFを買う意味もないということになります。

ところがここで平均回帰性という考え方を持ち込めば、不成績の投資信託やETFを選ぶ理由が生まれます。

最終的には株価指数に平均回帰する

株価指数とは市場全体の平均の成績です。株価指数が優秀でありインデックス投資が推奨される理由は、この平均を上回ることが難しいためです。

なぜなら一時的に株価が上昇したり下降したりした銘柄も、平均回帰性によって最終的には株価指数に平均回帰するためです。

コインを1回投げた場合、表か裏のどちらが出るかは誰にも分かりません。しかし10回投げれば、表と裏の出る割合は50%ずつであるため表5回、裏5回に近い数字になるはずです。しかし投げる回数が少ないため平均にはブレが生じます。

このコインを投げる回数を100回、1000回と増やしていけば、当然ながら表と裏の出る割合は50%ずつに近づいていくはずです。

そのため株価が一時的に上昇している好成績の投資信託やETFも株価が一時的に下降している不成績の投資信託やETFも、長い時間をかければ最終的には平均的な数値である株価指数に戻ることが想定されます。

好成績の投資信託やETFは運を使い切っている

平均回帰性を考慮するなら、過去に株価が上昇している好成績の投資信託やETFは運を使い切っているような状態といえるかもしれません。

平均回帰性によって、今後は株価が下がる可能性が否めないということになります。

一方で不成績の投資信託やETFは、まだ運を温存しているような状態ということになり、平均回帰性に則って株価が上昇する可能性が高いということになります。

そのため優位性がないように思える不成績の投資信託やETFには、好成績の投資信託やETFよりも優位性が生まれます。

4.当初の方針を崩さない投資信託へ長期的な投資が必要

あえて成績の悪い投資信託やETFを選ぶことで大きなリターンを狙うことは可能ですが、一方で大切になるのが長期投資が前提になることと投資信託やETFの方針が変わらないことです。

長期投資が重要

あえて成績の悪い投資信託やETFを選ぶことで大きなリターンを狙うということは、トレンドが変化して平均回帰性が発揮されることで不成績の原因だったポートフォリオの偏りが強みになるまで待つということです。

コイントスで例えるなら、100回のコイントスが終わった時点ですべてが表の時点で、裏が出ることに賭けるようなものです。

次の100回のコイントスがどのような成績になるのかは不明ですが、合計のコイントスが1000回に到達したころには表と裏の割合は500回ずつになっているはずです。コイントスが100回行われてすべてが表のタイミングで裏に賭けていたなら、残り900回のコイントスでは表が400回、裏が500回出ている計算になり、裏に賭けた優位性が生まれるはずです。

しかし株式投資はコイントスほど単純ではありません。

平均回帰性が発揮されるのがコイントスで1000回のタイミングか、1万回のタイミングか、10万回のタイミングかは不明です。とにかく長い期間と回数が必要になります。

もしかすると平均回帰性が発揮されて不成績の原因だったポートフォリオの偏りが強みになって利益を出すことができても、その利益はすでに誤差というほど小さな利益になっている可能性も否めません。

平均回帰性の発揮に賭けて成績の悪い投資信託やETFを購入する手法は、忍耐力が必要になります。

当初の投資方針が崩れないことも大切

平均回帰性が発揮されて不成績の原因だったポートフォリオの偏りが強みになるまで長期間にわたって投資を続けることが重要になる成績の悪い投資信託やETFを購入する投資方法ですが、ポートフォリオ自体が変更されてしまうと平均回帰性を生かせなくなってしまいます。

ある時点まで成績が悪い偏ったポートフォリオを維持することが肝心となるため、ポートフォリオ自体が変更されてしまうと大きなリターンを狙うことができなくなってしまいます。

それどころか当初の投資方針が崩れてポートフォリオが変更されると、銘柄の変更に必要な手数料が上乗せされて、トレンドの変更によって市場平均を下回るポートフォリオになってしまう可能性が高くなります。

つまりスーパーの列に並んでいて、横の列の方が進んでいると思って列を変え続けているとなかなか買い物ができないような状態に陥ってしまいます。大切なのは列を変えずに同じ列に並び続けることです。

長期投資することに加えて当初の投資方針が崩れずポートフォリオが変更されないことが、成績の悪い投資信託やETFで大きなリターンを得る投資方法には必要とされます。

5.成績が悪いときに我慢する必要がある

成績の悪い投資信託やETFをあえて選ぶ戦略を採用するということは、パフォーマンスに優れた資信託やETFを横目にパフォーマンスの優れない投資信託やETFを持ち続けるということになります。

方針を変更したくなる誘惑に耐える

成績の悪い投資信託やETFを持ち続けるのはまさに苦行。今後、大きく伸びることが予想されていてもなかなか持ち続けることはできません。

当初の計画を諦めて投資方針を変更したくなるのは当然であり、パフォーマンスが上向くまでひたすら成績の悪い投資信託やETFを手放したいという気持ちに耐え続けなくてはいけません。

長期投資ではポートフォリオの構成、銘柄の選定、株式の売買のタイミングよりも、株式投資を続けるということの方がはるかに大事なことです。成績の悪い投資信託やETFへの投資では、普通の長期投資よりもさらに重要になります。

鋼のメンタルで成績の悪い投資信託やETFを持ち続けることが大切になります。

多くの人が挫折するから儲かる

ここまでの説明が理解できれば、成績の悪い投資信託やETFが非常に難しい投資方法だということが分かったはずです。投資方法自体は簡単ですが、実現させるのは非常に難しい投資方法です。

だからこそ投資妙味のある投資方法だといえます。

株式投資はゼロサムゲームの側面があり、株価指数以外の利益や損失はほかの誰かの利益や損失に直結しています。株を割安で買ったということは誰かが株を割安で売ったということに他なりません。

成績の悪い投資信託やETFへの投資で株価指数以上の利益を上げるということは、成績の悪い投資信託やETFを持ち続けることができず割安で手放した人から利益を奪っているということになります。

成績の悪い投資信託やETFは難しい投資方法ですが、難しい投資方法であるということが大きく儲けることができる理由にもなっています。

まとめ

常識的に考えれば成績の悪い投資信託やETFをあえて購入することは愚の骨頂のように思いますが、株式投資では大多数の人が選択しない選択をすることで利益を得ることができるようになっています。

そのため直感的に成績の悪い投資信託やETFを買うということがバカげたことだと思ったなら、非常に有効な投資方法であるともいえます。

もちろん理屈を理解していても実現させるのは難しいですが、自信がある人は積極的にチャレンジすべき投資方法です。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , ,