仕事が嫌で時間が欲しい人こそ株式投資をすべき5つの理由とは?お金より余裕が欲しいなら株式投資!

   

南国でバカンスを楽しみ砂浜で寝ながらビールを飲む女

株式投資や資産運用というと、お金持ちやお金持ちになりたい人が勤しんでいるように考えている人は少なくありません。そのイメージは半分が正解で半分が間違いです。

お金が大好きな人は株式投資による資産運用を行っていますが、それほどお金が好きでない人も積極的に株式投資を行っていることは少なくありません。

その理由は、株式投資をすることでお金持ちになれるだけでなく嫌な仕事を辞めて自由な時間を手に入れることができるためです。

もし不毛な労働を死ぬまで続けたいと考えていないなら、株式投資をしない理由はありません。

今回は、仕事が嫌で時間が欲しい人こそ株式投資をすべき5つの理由をご紹介します。お金より余裕が欲しいなら株式投資をすぐに開始しましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.インカムゲインをコントロールできる

株式投資すれば、定期的な収入であるインカムゲインをコントロールすることができます。インカムゲインをコントロールできるのが株式投資の大きな強みになっています。

サラリーマンである限り生涯年収は固定されている

仕事をせずに時間に余裕を持って暮らしたいと考えている人は少なくありません。毎日、朝早くに起きて通勤電車に揺られて仕事をしてクタクタになって夜遅くに帰る。そんな生活を一生続けたいと思っていないなら、仕事を辞めるしかありません。

しかし仕事を辞めて暮らしていくためには大きな資金が必要になります。そのため少しでも余裕を生みすために必死に働いて貯金している人もたくさんいます。

ところがサラリーマンとして働いている人は、生涯年収はある程度固定されています。給与は劇的に増えることはないため、定年まで必死に働いたとしても決まった収入しか入ることができず、結局、仕事を続ける必要に迫られて余裕のある暮らしは送れません。

そのためサラリーマンでありながら仕事を辞めたり労働時間を減らしてゆとりのある生活を送りたいと思っているなら、サラリーマンに変わる収入を手に入れなくてはいけません。

高配当株投資によるインカムゲインの確保

サラリーマンとしての収入以外に収入源を生み出す方法はいくつかあります。起業や副業はサラリーマン以外の収入としては代表的な例です。

しかし起業や副業による収入は、労働力に頼ることになるだけでなく安定するものでもありません。安定的なインカムゲインを生み出すことは困難です。

しかし株式投資ならインカムゲインを確保することは簡単です。

株式投資というと株式を安く買って高く売って差額を儲けるイメージがありますが、株式の中には配当金を狙う高配当株投資もあります。

高配当株投資なら、株を保有しているだけで決まった配当金を受け取ることができるため、安定したインカムゲインの確保が実現します。

インカムゲインを自由に変えられる

配当金狙いの高配当株投資なら、予想される配当金をある程度はコントロールすることができます。

たくさんの配当金を出して高配当株を選べば配当金は増え、配当金が比較的少ない株式を選べば配当金は減ります。

そのため自分の生活に合わせて配当金を自由に変えることができ、必要な配当金を不足なく受け取れる環境を整えることができます。

仕事の収入では、自分の意思で収入を増やしたり減らしたりすることは難しく、病気やケガをして仕事ができなくなると収入が得られなくなってしまう場合もあります。

しかし株式投資によるインカムゲインの操作は、どのような銘柄を選ぶかで計画的に構築することができます。

安定した収入源の確保は仕事を辞めたい人や時間に余裕が欲しい人には必要不可欠なものです。

2.完全な不労所得を生み出せる

株式投資による収入の中でも高配当株投資による配当金という収入は完全な不労所得です。つまり働かなくてもお金が手に入る状態を作り出すことができるということです。

高配当株投資のみが現実的な不労所得

不労所得と呼ばれるものはいくつかあります。著作権などの権利によって得られる収入、不動産投資で大家になって得られる家賃、株式投資による収入などが一般的には不労所得と呼ばれています。

しかしほとんどの不労所得は真の不労所得でありません。

なぜなら安定感がなく時間が経過すると収入が減り、多少の手間や時間をかけなくてはいけない収入がほとんどだからです。

権利収入はよほど才能と運がなければ長期間にわたって得続けることは困難です。

執筆した書籍や描いたマンガ、作曲した歌が数十年も売れ続けるという状況がなければ権利収入による不労所得は実現しません。

また不動産投資も、賃貸に出している物件が空室になったり災害で破損したりした場合には大家が対応しなくてはいけません。

株式投資でも、高配当株投資以外は売買をしなければ利益を確定できないため、結局、株価の値動きに翻弄され続けることになります。

そのため真の不労所得といえるものは、年金や高配当株投資くらいしか存在しません。

年金を受け取る前の若い段階で仕事を辞めたり時間の余裕が欲しいなら高配当株投資のみが現実的な不労所得になります。

時間が経てば価値が増える

株式投資の最大の魅力は時間を味方につけられるということです。

一般的にどのような収入でも、収入を生み出す源泉の手入れをしなければ収入が減ってしまうものです。家を貸して家賃を得ることを考えても、家がいつか朽ち果てることを考えれば時間が経つほどに価値が失われることは明白です。

ところが高配当株投資は異なります。

適切な株を選ぶことができれば、基本的には経済の成長に合わせて株価は上昇していきます。株価に連動して配当金が増えることを考えれば、株価の上昇によるキャピタルゲインだけでなく配当金によるインカムゲインも増えていくことが想定されます。

つまり時間が経てば経つほど価値が増えて豊かになっていくということです。

そのため株式投資によって得られる不労所得は、できるだけ早いタイミングで築くことが非常に重要になります。

放置していれば勝手に育つ

資産運用を目的とした株式投資においては、株式の売買を繰り返して資産を増やす短期の株式投資ではなく、経済の成長による株価の上昇を狙う長期の株式投資が前提となります。

つまり放置しておけば不労所得が勝手に育っていくということです。

長期の株式投資では、株式を売買しなくてもいいというのではなく株式を売買してはいけないというくらいのほったらかしが必要になります。

そのため手に入れた株式を放置しておく楽さだけでなく、放置しておかなくてはいけない辛ささえあります。

3.経歴や才能に関係なく簡単に確実に成功できる

短期の売買を繰り返す株式投資においては卓越した判断能力や広い視野が求められます。しかし不労所得を狙う長期投資の株式投資は、卓越した判断能力も広い視野も必要ありません。ただ買った株を我慢して持ち続ければいいだけです。

つまり経歴や才能に関係なく簡単に確実に成功できる数少ない方法です。

取り柄のない人ほど成功する

仕事が嫌で時間が欲しい人は、自分に何の取り柄もないと思っているかもしれません。世の中にたくさんいるサラリーマンの1人であり社会の歯車のひとつだと悲観しているかもしれません。

しかしそんな人こそ株式投資によって成功することができます。

長期投資の株式投資では、余計なことをしないことが大切です。投資したことを忘れるくらいの気持ちが重要になります。

投資した株をただひたすら放置することに経歴も才能も必要ありません。誰であってもただ待つことだけが大切になります。

もし大金を得るためのセンスやスキルを持っていないことを嘆いているなら、そんな人にこそ株式投資は最良の手段となります。

株式は誰でも買える

株式投資で求められる唯一の能力は株式を買うということだけです。

株式を買うのは非常に簡単で証券口座を開いて銘柄を選んで買うだけです。

文字が読めてクリックができるなら誰でも株式投資できます。文字が読めないサルでもクリックはできるため、もしかすると文字が読めなくても株式投資ができるかもしれません。

それくらい簡単です。

また他人が選んだ銘柄と同じ銘柄を選ぶことができるのも株式投資です。プロの投資家が選んだ銘柄と同じ銘柄を選ぶことも可能です。

つまり株式は誰でも購入することができるため、株式投資を成功させることができます。

株式投資の前では誰でも平等

もし野球のルールを知らない53歳の中年女性がメジャーリーガーになりたいとしても、それは不可能でしょう。

もしくは中卒で1億円の借金を抱えて前科持ちの47歳の中年男性がミスユニバースに選ばれることもないでしょう。

世の中は不平等であり、生まれ、育ち、経歴、能力などによって現実的にできることとできないことがあります。

しかし株式投資は誰でもできます。

株式を購入することさえできれば、誰でも一流の有名企業のオーナーになることができます。そして一流の有名企業が生み出した利益を得ることができます。

一般的なサラリーマンでも挑戦できるのが株式投資です。誰にでも資格があります。

4.誰にもバレずに始められる

働かなくても暮らしていける収入を安定的に得て、仕事を辞めたり時間に余裕のある生活を送りたいという人も、起業や副業といった方法でチャレンジしようとするとハードルが高く挑戦することさえ困難になってしまいます。

挑戦する時点で周囲にバレる可能性が高く、失敗したときには大恥をかくことになります。

しかし株式投資なら、誰にも知られることなく静かにこっそりと不労所得を得る計画を実行に移すことができます。

サラリーマンには好都合

副業を許可している会社も増えていますが、現実には副業ができる会社はほとんどありません。

会社が副業を禁止していることに加えて、仕事の量が多く日々を会社の仕事に忙殺されて副業できる余裕がないためです。

また副業ができたとしても、副業していることが会社に知られてしまうと上司や同僚からバカにされた仕事の量を増やされたりする可能性さえあります。

そんなサラリーマンも会社にバレずに始められる株式投資は最適です。長期投資なら株の購入以外にやることがないため、最小限の負担で続けられるのも良い点です。

毎日仕事に追われて忙しい空生活しているサラリーマンにこそ最適なのが、会社にバレずに始められる株式投資です。

挫折しても恥をかかないから手軽に始められる

街を歩いている人の顔を見て、株式投資をしている人か株式投資をしていない人か見分けることはできません。株式投資をしているかどうかは、自分から他人に伝えないとほとんど知られることはありません。

そのため株式投資はこっそりと始めることができます。誰にも気兼ねなくぬるっと手軽に始めることができるため、チャレンジのためのハードルは非常に低くなっています。

もし株式投資に挫折したり諦めてしまったり考えが変わってしまったりしても大丈夫。株式を売却すれば、誰にも気付かれることなく株式投資を止めることができます。バカにされることも恥をかくこともありません。

起業すれば本人にその気はなくても悪目立ちしてしまうこともありますが、悪目立ちしたくない人も株式投資なら手軽に始めることができます。

成功しても詐欺師が集まってこない

お金を稼ぎ始めると集まってくるのが詐欺師。本物の詐欺師だけでなく、本人に自覚はなくても人のやさしさにつけ込んで時間や財産を奪っていく人間はたくさんいます。

そんな詐欺師たちに、お金を持っていることを知られるとすぐに集まってきます。

ところが株式投資では、注意して自分が黙っておけば成功しても周囲に気付かれることはありません。面倒な人間関係に煩わされる心配もありません。

人間関係がイヤで仕事を辞めたいと思っている人も、株式投資で成功すれば嫌いな人間と付き合わずに生きていくことができます。

周囲に気付かれずに余裕のある生活を送れるということは、本当に豊かな生活には必要不可欠なことです。

5.着実に余裕が生まれていく

株式投資ですぐに生活できるだけの安定した収入を継続的に得ることは簡単ではありません。しかし株式投資をすれば確実にリターンは生まれます。

つまり株式投資を続ければ生活の中に着実に余裕が生まれて行きます。

高配当株投資なら年間利回りは4%

株式投資にはさまざまな方法がありますが、仕事を辞めたいと考えている人や生活に余裕が欲しいという人に最適な高配当株投資を前提として話を進めていきます。

まず高配当株投資なら、年間4%程度の配当利回りを確保することも可能です。100万円分の株式を購入すれば、毎年4万円ほどが手に入る計算です。

投資する国や銘柄、経済状況などにもよりますが、優良な高配当株に投資すれば株式自体も成長していくため、投資した100万円も増えていき、配当金も増えていきます。

また配当利回りをさらに高めることも可能ですが、利回りが高ければ高いほど危険な銘柄になってしまうため、安全性を考えれば利回り4%程度を基準にしていきましょう。

1000万円を投資すれば毎年40万円が無条件に入る

利回り4%を前提にして、さらに具体的な生活状況を考えていきましょう。

高配当株投資で1000万円を投資することができれば、年間40万円の配当金を見込むことができます。1カ月あたり3万円ほどです。

1カ月3万円の収入があれば、食費を配当金だけで賄うことができるかもしれません。また光熱費と通信費を配当金で補うことも十分に可能です。

家賃の半分を配当金で払うと考えれば、毎日の生活にも大きなゆとりが生まれてくるはずです。

サラリーマンとしての収入で月3万円を稼ごうと考えたり、副業として始めた時給1000円のアルバイトで3万円を稼ごうと考えれば、配当金による毎月3万円の収入はかなりゆとりのある生活につながるはずです。

3000万円を投資すれば毎年120万円が無条件に入る

株式投資でお金持ちを目指すのではなく、嫌な仕事を辞めたり時間にゆとりのある生活を送りたいと考えている人にとっては、3000万円という投資額がひとつの目安になるはずです。

利回り4%の高配当株に3000万円を投資することができれば、毎年120万円が無条件に配当金として手に入ることになり、1カ月の配当金による収入は10万円となります。

毎月10万円の収入はかなり大きなものです。経済的に余裕のある生活を送るのは難しいですが、切り詰めれば1カ月10万円でも生活していくことは可能です。

また月収20万円の人なら、仕事を半分にして月収10万円にしても、配当金による毎月10万円の生活でこれまで通りの20万円の生活を続けることができます。週6日働いていたなら、週3日だけ仕事をするという生活も可能です。

3000万円の投資額なら年間300万円であるため非現実的なものではありません。余計な支出を抑えながら10年ほどサラリーマンとして頑張って働けば、多くの人が十分達成可能な数値。30代で達成することも不可能ではありません。

10年も投資を続ければ株価の値上がりにも期待することができるため、実際にはさらに早く達成できる可能性さえあります。

実際に3000万円を投資して毎年120万円が無条件に入ってくる生活が送れるようになれば、視野が広がりこれまでとは違った世界が見えてくるはずです。

未来が明るくなる

株式投資で資産を運用して着実にゆとりが生まれていければ、未来が明るいものになってきます。

サラリーマンとして働いていれば、毎日の労働を死ぬまで続けなければいけないという現実に押し潰されそうになるはずです。

定年まで肉体と精神を酷使して労働を続けていくという現実を前にして、絶望しないサラリーマンがいればそちらの方が問題かもしれません。

しかし株式投資で着実に不労所得が増えていけば、絶望的なサラリーマン生活が終わりに近づいていることを感じることができるはずです。未来が明るくなってくるため毎日が楽しくなります。

実際に株式投資による不労所得だけで完全に仕事を辞めて完全に自由な時間を享受できる人は一握りですが、少しずつでも余裕が生まれていけば経済的よりも精神的に大きな変化が生まれます。

まとめ

お金持ちになりたい人ではなく仕事が嫌で時間が欲しい人こそ真剣に検討すべきなのが株式投資です。特にサラリーマンをしていて死ぬまでサラリーマンとして働き続けたいと考えていないなら、できるだけ早いタイミングで株式投資を検討するべきです。

株式投資は時間を味方につけることができるため、少しでも早く始める方が有利。早く始めれば始めるほど状況はより良い方向に動き出します。

株式投資自体は非常に簡単なため誰でもチャレンジ可能。合わないと思えばやめてしまってもいいでしょう。

とにかく株式投資にチャレンジして自分の心境がどのように変化するのかを確かめてみましょう。ほとんどのサラリーマンは株式投資にチャレンジせず文句を言いながら死ぬまでサラリーマンを続けています。もしそんな有象無象のサラリーマンと同じように死ぬまでサラリーマンを続けたくないなら、周囲は気にせずすぐに株式投資をスタートさせましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , , , ,