株価の大暴落で大儲けする株式投資手法の5つのポイントとは?バーゲンセールが買い時!

   

大暴落を示すチャート

長期投資の株式投資は、安定的に資産を増やすことはできるものの爆発的に資産を増やすことは難しく、資産が小さければ爆発的に資産を増やすためにリスクを負ってリターンを高める短期投資に挑戦したくなるものです。

しかし株価の大暴落を狙うことができれば、長期投資を前提とした株式投資であっても資産を爆発的に増やすことは可能です。多くの有名投資家は、株価が大暴落したタイミングで資産を劇的に増やしていることでも知られています。

そこで今回は、株価の大暴落で大儲けする株式投資手法の5つのポイントをご紹介していきます。大暴落さえしっかり掴むことができれば、大きなリスクを負わずに大きなリターンを得ることができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.資産における現金の比率を高めておく

株価が大暴落したタイミングで株式投資をするためには、十分に現金を持っていなくてはいけません。そのため資産における現金の比率を高めておくことで、大暴落に対しても素早く反応することができます。

アセットアロケーションを見直す

アセットアロケーションとは資産配分のこと。現在の資産のうち、どのような資産にどれくらい配分しているのかを把握しておく必要があります。

一般的には、現金、不動産、株式、債権などに資産が配分されているはずですが、この資産配分の割合を変えておくことが大切です。

例えば、資産の中でも不動産は流動性が低い資産。不動産は簡単には売れないため、ほかの資産にすることが難しく資産配分を変更しにくい資産といえます。

一方で株式は簡単に売却することができるため流動性が高く、資産における現金の比率を増やしたいときには非常に有効です。

そのため大暴落に株式を大量に取得しようと考えているなら、不動産ではなく株式に投資したり、投資していた株式を売却するタイミングを見計らっておく必要があります。

株式比率を減らして現金比率を増やす

大暴落で株式を大量に購入しようとすれば必要となるのが大量の現金です。そのため大暴落に備えるなら現金を蓄えておく必要があります。

また株式を大量に保有していると、大暴落時に株式が大きく値下がりすることになります。長期投資なら株式の一時的な値下がりを気にする必要はありませんが、一方で株式を大暴落する前に現金化しておかなくては、現金が必要なタイミングで現金を持つことができなくなってしまいます。

また大量の株式を保有していると大暴落時に保有している株式の株価が下がるため精神的に大きな不安に襲われます。株価がいずれ回復することを分かっていても、残り少ない手持ちの現金をさらに株式投資に投入できない状況に陥ってしまうかもしれません。

そのため大暴落時に株式を大量取得することを目指すなら、大暴落が起こる前に株式比率を減らして現金比率を増やしておく必要があります。

株式比率を減らしすぎると機会損失になる

いつ大暴落がやってくるかが分かれば、大暴落前に株を売って現金比率を高めておくことも可能ですが、現実では株価の暴落は誰も予想することができません。

大暴落に備えて株式比率を減らしすぎると、大暴落までに株式投資で得られた利益を失うことになるため機会損失となってしまいます。

大暴落に備えて手持ちの現金を増やすことは大切ですが、一方で株式を減らしすぎて機会損失が起こらないようにしておく必要があります。

2.恐怖心を捨てて突っ込む

大暴落においては世界がパニックに陥ります。悲観的なニュースが飛び交い、多くの投資家が資産を守るために株式を売却します。その中でも冷静に判断して株式を購入する必要がります。

利益を得るより損失を避けるのが人間

人間は、その性質上、どうしても利益を得ることよりも損失を避けようとします。

実験によると、人間は利益を得ることに比べて損失を被ることに対して2.5倍以上のダメージを受けることが分かっています。つまり1000円を損をしたマイナスは、2500円以上を得したプラスがないと補うことができないということです。

想像すれば分かりやすいですが、多くの人が得られるはずだった1000円よりも失われた1000円の方がダメージが大きいはずです。1000円を貰う約束が破られることと財布から1000円を落としてしまうことは同じ1000円の損失であっても、ショックは1000円を貰う約束が破られることよりも財布から1000円を落としてしまうことの方が大きいはずです。

この損失を避けようとする性質が阿鼻叫喚の大暴落を引き起こします。

バブルからの大暴落

歴史的に見ても大暴落前は、バブルになっているものです。多くの人が楽観的になり浮かれているからこそ、大暴落が引き起こされてしまいます。

そのためバブルからの大暴落は落差が大きくなります。普段なら冷静に判断できる人でも判断できなくなってしまいます。

株式投資をしていて大暴落になってしまったならなおさらです。株式投資をしていれば大暴落することで損失が膨らみ続けるため、多くの人が利益を増やすことよりも損失を防ぐことを重視します。その結果、余計に株式を売って利益を確定しようとするため大暴落となります。

一般的に大暴落では株価が30%以上、大きい場合には50%以上も値下がりします。

多くの投資家と異なる選択をする

暴落時には悲観論が蔓延しています。そして多くの投資家が手持ちの株式の売却を急ぎます。

大暴落したタイミングで株式投資をするということは、炎から大勢が逃げている中を逆走して炎に近づくようなものです。

炎に近づきすぎなければ安全であるということを理解していても、泣き叫びながら逃げ惑う人々と反対の行動をするには鋼の精神力が求められます。

そして実際に株価の大暴落による不況で倒産したり上場廃止になる企業もあるため、火の粉を受ける覚悟も必要になります。

多くの投資家と異なる選択をすることで利益を増やすことができる一方、多くの投資家と異なる選択をするのは簡単なことではありません。

3.底値を過ぎてから買う

ここからは実際に大暴落が発生したときに、どのように株式投資をすればいいのかを具体的にご紹介していきます。まず大切になるのが底値を過ぎてから買うことです。

落ちてくるナイフは掴むな

相場格言の中に「落ちてくるナイフは掴むな」という言葉があります。これは急落時の投資は落ちてくるナイフを掴むようなものだという例えであり、暴落している最中にはどのように魅力的な銘柄にも投資をしてはいけないということです。そして底を打って値上がりし始めてから投資をすべきだということです。

焦って急落時の銘柄を買ってしまうと、株を買ってからさらに値下がりする可能性があります。追加で投資をすることも可能ですが、現金が減ってしまいます。

そして底値になったときには現金を使い果たしているため追加で投資できないだけでなく含み損を抱えてしまいます。

そのため大暴落したときには、忍耐強く待ってナイフが落ちてから拾うようにしましょう。

10年に1度の頻度でやってくる

大暴落がいつやってくるのかは誰にも分かりません。しかし過去の株価の推移を見れば、ある程度の予想はできます。

株価の変動からは、大暴落が約10年に1度の割合で発生していることが分かります。

人生において積極的に投資をできる期間は短く、大暴落というチャンスを摑まえられる回数は限られます。現金を蓄えて適切な判断を下せるという条件を考えれば、30代~60代までの30年間ほどしかありません。

10年に1度の頻度ということは、人生でも3回程度しかチャンスは巡ってこないということになります。

大暴落が起こる頻度を考えれば、大チャンスを狙うことはなかなかできないことが理解できるはずです。

株価が半値になる

大暴落の定義は定かではありませんが、歴史的に見ると大暴落とされる不景気では株価がピーク時の半値程度まで下がっています。

そのため底値を見定めるときには株価が半値程度になっているか否かがひとつの判断材料となります。

もちろん半値になる前に底を打って反発し上昇していく可能性もあるため、必ず半値になるというわけではありません。

大暴落には数年を要する

大暴落というものはその規模も大きなものになります。そのため暴落には数年を要します。

大暴落というと数週間や数カ月で劇的に株価が下がり、その後、すぐに株価が上昇するようなイメージがありますが、実際にはかなり長い期間をかけて株価が下がっていきます。

歴史的に見ると大暴落は株価が転落し始めてから底を打つまでに数年を要しており、具体的には3年程度かかっています。

ただし未来は誰にも分からないものであるため、今度の大暴落も同じような期間になるかは断言できません。

株価が上がり出したら買う

欲張りな投資家は、底値で株を買いたいと思うものです。しかし実際には底値であったかどうかは後になってからしか分かりません。

そのため欲張りな投資家は底値だと思ったタイミングで株を買い、さらに株価が下がってしまうという事態が発生します。

大暴落のチャンスを掴むためには、株価が下がって底を打ち、株価が上がり出してから買う必要があります。最大のリターンを得ることはできませんが、リスクを抑えることができます。

大暴落で大きなチャンスを掴むためには、最大に儲けるのではなく最適に儲けるという意識を持つことが重要です。

4.優良株を先に買って低位株を後で買う

大暴落をしたときには、さまざまな銘柄に投資しておきたいものですが、優先的に買う銘柄を間違えてはいけません。

優良株は値下がりが遅く値上がりが早い

株式相場が大暴落した場合でも、銘柄によって株価の変動には異なる傾向があります。なぜなら比較的安全な銘柄とそうでない銘柄があるためです。

安全な銘柄とは優良株。業績が好調な大企業は不況時にも倒産しにくいため人気を集めます。

不況時の人気が反映される優良株は、大暴落したときにも株価が下がり始めるのが遅く、逆に株価が上がり始めるのが早いという特徴があります。

優良株は株価が値下がりしている期間が短いということを覚えておきましょう。

低位株は値下がりが早く値上がりが遅い

優良株とは対照的な低位株は、大暴落時にも優良株とは異なる値動きをします。

低位株は優良株とは逆に、大暴落に機敏に反応して素早く株価が下落します。そして下落した株価は十分に優良株が買われて値上がりしてから上がり始めるため、値上がりは遅くなってしまいます。

そのため低位株は優良株に比べて大暴落時にも値下がりしている期間が長いということを覚えておきましょう。

チャンスの短い優良株は早く買ってチャンスの長い低位株は遅く買う

優良株が値下がりしている期間が短く、逆に低位株が値下がりしている期間が長いとなれば、最適な買い方は優良株優先ということになります。

優良株が値下がりしている期間は短いため、優良株を優先的に買っておきます。そして十分に優良株を買って値上がりが始まってから、今度は比較的株価が下がっている低位株を買っていきましょう。

先に低位株を買ってしまうと、優良株を買うための現金が減ってしまうため、低位株は後回しにして優良株を優先的に買いましょう。

5.積極的にジャンク株を買う

大暴落になっているなら優良株ばかり買っておけばいいように思えますが、資産を大きく増やしたいなら積極的にジャンク株を買うのも重要です。

劇的に値下がりするジャンク株

低位株は、クズ株やジャンク株とも呼ばれていますが、会社が倒産して紙切れになってしまえば、まさにジャンクな株です。

一方で信用が低く危険性が大きいジャンク株は、暴落時には優良株に比べて大きく値下がりするのが特徴です。

本来なら危険で買うことも難しいジャンク株ですが、劇的に値下がりすれば価値が生まれてきます。

実際の価値よりもさらに低い値段になる可能性が高いため、株価が回復したときには大きな利益を確保することができます。

優良株でさえ買うのが恐ろしい暴落時に、優良株よりも危険なジャンク株を買えば大きな利益を得ることができます。

値下がり期間が長い

ジャンク株は優良株に比べて信頼性がないため、株価が回復するまでに時間がかかります。つまり値下がり期間が長いということです。

大暴落は数年間に及ぶため、優良株が値上がりしてからもジャンク株だけ下がった状態が続きます。そのためジャンク株は、値上がりして割高になってしまった優良株に代わる投資先になる可能性があります。

値下がり期間が長いということは、簡単に比較的安い値段で購入しやすいということでもあります。

大きく値崩れするだけでなく値崩れしている期間が長いのも暴落時のジャンク株の魅力です。

リスクを上回るリターンが見込める

通常、株式はリスクに応じたリターンが用意されており、リターンが大きいほどリスクも大きくなります。

ところが大暴落が起こるといつもは冷静な投資家も大混乱してしまいます。リスクとリターンを冷静に判断することができず、優良株でさえ手放してしまいます。

つまりジャンク株はさらに売られるということ。リスクとリターンのバランスが完全に崩れている可能性もあります。

そのため大暴落時のジャンク株の中には、リスクを上回るリターンを見込むことができるジャンク株も見つけることができます。

ジャンク株であるため当然ながらリスクは相応にありますが、それ以上にリターンが大きければ投資先として非常に魅力的なものになります。

リスクを上回るリターンが見込める場合には、リスクの大きなジャンク株に投資するのも正しい選択といえます。

まとめ

大暴落は多くの人が資産を失う出来事ですが、一方で冷静に立ち回ることで資産を大きく増やすことができる出来事にもなります。

大暴落はバーゲンセールのようなもので、お得に株式を買い集めることができる大きなチャンスです。

大暴落の頻度は10年に1度程度であり、しかも確実にチャンスを掴めるかは誰にも分かりません。当然、事前に準備をしておかなくては掴むことはできません。

株式投資をしていない人も、株式投資には大暴落という大チャンスがあるということを知れば、株式投資を始めないことでどれだけ機会を損失しているか理解できるはずです。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , , ,