お金持ちになる方法5ステップとは?お金持ちの共通点や考え方には理由がある!

   

山の上で日に照らされながらガッツポーズする少年

お金持ちに憧れる人は少なくありません。お金持ちを妬む一方で、お金持ちになって楽をしたい、贅沢をしたいと考えるない人はいません。

資産家の家に生まれれば、生まれたときからお金持ちになることはできますが、一般家庭に生まれれば自力でお金持ちならなければ死ぬまで慎ましく生活するしかありません。

そこで今回は、多くの人が知りたいお金持ちになる方法を5ステップでご紹介していきます。今回ご紹介するお金持ちになる方法は、具体的に「この儲け話に乗れば稼げる」というようなものではなく、非常にシンプルで明確なお金持ちになるための心構えのようなものです。アホのような儲け話に期待している人は無意味な内容となっています。

ただし、このお金持ちになる方法5ステップを理解できれば、お金持ちになる方法だけでなくお金持ちの共通点や考え方が少しは理解できるはずです。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.圧倒的な努力で種銭を作る

お金持ちになる方法は非常に簡単ですが楽ではありません。まずは圧倒的な努力で種銭を作るところから始まります。

お金持ちの基準に月収や年収はない

最初にお金持ちの基準についてですが、明確に年収や貯金などというものはありません。

多くの人が、お金持ちの基準として月収100万円、年収1000万円、資産1億円などの数字で表します。しかしお金持ちを数字で表している時点で、お金持ちというものを理解していません。

お金持ちは月収や年収や総資産で決まるものではなく、収入と支出のバランスで決まるものです。

なぜならお金持ちは余裕のある豊かな生活ができるからこそお金持ちであり、そのためには生活に不足のないお金が入り続けなければいけないためです。

多くの人がお金持ちの基準にする月収100万円、年収1000万円、資産1億円も大したものではありません。実際にこれらの基準を達成してしまえば、多くの人が「あれ?こんなん全然お金持ちちゃうやん」と思ってしまうものです。

例えば月収100万円でも、1カ月の支出が200万円なら間違いなく貧乏人です。常にお金の心配をすることになり、とてもお金持ちといえるような状態ではありません。

一方で月収が20万円でも、1カ月の支出が10万円なら生活には常に余裕があります。お金持ちといえます。

もちろん月収20万円がお金持ちだという感覚は誰もが納得できるものではないでしょうが、基本的にお金持ちの基準は月収や年収などの数字で表せるものではなく、無理なく収入が支出を上回っている状態だと考えましょう。

「お金持ちになる方法」はあっても「楽にお金持ちになる方法」はない

私キルロイの周囲にも、お金持ちになりたいという人がたくさんいます。そのためお金持ちになりたいと相談してきた人には惜しみなくお金持ちになる方法を教えています。

その人の実情に合わせて最適なお金持ちになる方法をより具体的に説明することも多く、誰もが努力をすればお金持ちになれるような状態を整えることも少なくありません。

しかしお金持ちになりたいと相談してきた人の誰一人としてお金持ちにはなっていません。

なぜなら誰も努力をしないからです。

当然ですが努力をしなければお金持ちになることはできません。絶対に当たる宝くじや万馬券があったとしても、宝くじや万馬券を買いに行かなければ当たりません。

そんな努力もできない人は、絶対にお金持ちになるために努力することありません。

しかしもし継続的な努力を続けられれば、お金持ちになることはそれほど難しいことではありません。その努力量は、毎日学校に通って勉強したり、毎日通勤してサラリーマンとして給料を貰うよりもはるかに少ないものです。

そのため学校や会社に通っている学生やサラリーマンなら、誰でもお金持ちになることができます。

正しい方向に努力する

どれほど圧倒的な努力をしていても、正しい方向に努力しなければ絶対にお金持ちにはなりません。

この方向というのはかなり適当なもので、東西南北くらいいい加減なものです。この方向さえ間違わず圧倒的な努力を積み重ねることができれば、必ずお金持ちになれます。

ただし反対方向に進んでは絶対にダメです。南に行きたいのに北に行けば、いつまでたっても目的地には到達できません。

一方で進まなければどちらの方向に進んでいるのか分かりません。その場に立ち尽くして方向だけをいつまでも見定めていても仕方ありません。

まずは努力して進む。そして大まかでもいいので方向を間違えない。これが大切です。

ほとんどの人がリターンとリスクを見誤る

ほとんどの人が確実なリターンがなければリスクを冒しません。なぜなら人間は利益を得るよりも損失を避ける傾向が強いためです。

大きな利益でも不確実な挑戦はせず、小さな利益でも確実なら挑戦します。その結果、大きな機会損失を被り、結果的に損をすることになります。

また大きな損失でも不確実な回避を行い、小さな損失でも不確実なら回避しません。その結果、損切りできず損失が拡大し、結果的に損をすることになります。

もっと分かりやすく言えば、1万円払えば50%の確率でしか6万円が手に入らない場合(期待値3万円)と、1万円払えば100%の確率で2万円が手に入る場合(期待値2万円)なら、多くの人が期待値3万円の前者ではなく期待値2万円の後者を選ぶということです。

リターンとリスクを見誤ると、目先のリターンを追いかけることになり総合的なリターンを得ることができなくなります。

とにかく圧倒的な努力で種銭を作る

これらのことを考慮しながら、圧倒的な努力でまずは種銭を作りましょう。

サラリーマンとしての給料、副業による収入、起業して事業による利益など、お金の儲け方は何でも構いません。

お金持ちが何なのか理解していないほとんどの人は、この種銭をゴールと考えています。種銭をゴールと考えるから月収や年収の多さをお金持ちの基準にして、いつまでたっても本当のお金持ちにはなれません。

まずは圧倒的な努力で種銭を作ってください。

2.徹底的に支出を減らす

お金持ちになるためにはお金を使わないことも大切です。お金持ちなのにお金を使わないというのは矛盾しているように思えますが、お金を使わないことがお金持ちになるための近道であることは明白です。

収入が支出を上回ればお金持ち

お金持ちの基準は、収入が支出を上回った状態です。

お金持ちの基準を月収や年収などの数字にしてしまえば、どれだけお金があってもほとんどの人がお金持ちではなくなってしまいます。

なぜなら人間はお金を際限なく使うことができるためです。

月収100万円に到達したら次は月収200万円、月収1000万円、月収1億円と際限なく求めることになります。結局、客観的にはお金持ちであっても本人はお金持ちとは思えなくなります。

そのためお金持ちの基準は収入が支出を上回る状態であることを分かっておく必要があります。

収入を増やすだけでなく支出を減らすことでお金持ちに近づく

お金持ちの基準が収入と支出のバランスなら、お金持ちになるためには収入を増やすだけでなく支出を減らすことも重要になります。

お金持ちの多くが質素な生活をしている理由がここにあります。

ベースとなる支出が増えてしまうと、どうしてもお金持ちの状態を保つのが難しくなります。

もちろん無理な極貧生活をするべきだとは思いませんが、支出はある程度まで苦労なく減らすことが可能。生活水準を落とすことでムダなものを買う必要がなくなり余裕が生まれます。

お金持ちのお金の使い方にはメリハリがあると言われることが多く、普段の生活は質素なのにこだわっているものには大金を払うお金持ちも少なくありません。その理由も支出にあり、お金持ちの多くはムリをしてまで支出を減らしているわけではなく、自分が必要ないというものにはムダなお金をかけていないからです。

自分で資産を築いたお金持ちの多くは、リターンとリスクをしっかりと見極めることができるため必要なものと不要なものも選別できます。わざわざ余計な支出を増やそうとはしません。

お金持ちになるために支出を減らすことが重要ですが、その理由には単純に支出を減らすというだけでなく、ムダを省くという考えがあるからこそお金持ちになれるという側面もあります。

支出が減れば種銭が増える

収入を増やすだけでなく支出を減らすことで劇的に種銭を増やすことができます。

お金持ちになりたいという人はできるだけ早くお金持ちになりたいはずです。死ぬ直前にお金持ちになるのは本望ではないはずです。

できるだけ早くお金持ちになるためには、できるだけ早く種銭を増やすしかありません。

若いときにはお金を浪費しがちですが、若いときに得たお金を浪費するのは早くお金持ちになるためには致命的です。

ただ浪費をしないというだけでなく支出を減らすことでお金持ちになるための種銭を増やすことができます。

3.投資によって自動的に収入を増やす

種銭によってまとまったお金ができれば、投資を始めましょう。投資しなければ絶対にお金持ちにはなれません。

働かずにお金を稼ぐ

サラリーマンはどれだけ稼いでいてもお金持ちでもありません。なぜなら働かなければお金を手に入れることができないためです。

収入が支出を上回ることでお金持ちになれるという基準が受け入れられない人も少なくありませんが、その理由が収入を労働による収入に限定しているためです。

労働による収入は種銭を作るためには必要ですが、労働による収入だけで生活していてはいつまでたっても本当の意味でお金持ちにはなりません。

お金持ちになるためには労働収入ではなく資本収入が必要です。働かずにお金を稼ぐためには、お金にお金を稼いでもらうしかありません。

投資による収入で総収入が爆発的に増える

サラリーマンとして得る労働収入が足し算だとすれば、投資による資本収入は掛け算です。

投資による収入は種銭が小さければ大したものではありません。しかし種銭が大きくなれば爆発的に大きなものになります。

圧倒的な努力によって大きな種銭を得ることができれば、あとは間違った投資をしなければ収入が爆発的に増えていくことになります。

このとき投資によって収入が増えたからといって種銭を増やすことを止めてはいけません。さらに追加で種銭を増やし続けることで投資のパワーが強くなってきます。

4.増えた収入を再投資する

圧倒的な努力によって大きなお金を稼ぐことができた人は、そこで満足して支出を減らそうとしません。もし支出を減らしても、さらに投資につなげようとしません。投資につなげても、得られた利益で満足してしまいます。

しかし本当にお金持ちになりたかったら投資で得た利益で満足してはいけません。投資で得た利益を再投資します。

複利の効果で爆発する

種銭を増やして高められた投資のパワーですが、さらに投資で得た利益を再投資することで複利効果を得ることができます。この複利効果を発揮することで収入が爆発的に増えます。

複利効果まで使って投資額を増やすと、難しいことをしなくても勝手にお金が増えていきます。

ここまで来ると完全にお金持ち。継続的に収入が増え続ける状態となります。

仕事を辞めることができる

複利効果によって十分に元本が大きくなれば、労働によって得られる収入は非常に小さなものになります。そのうち費用対効果が悪くなったと感じ始めます。

こうなると仕事を辞めることができます。サラリーマンを辞めても投資によって十分な収入を得ることができるようになっているはずです。

サラリーマンとして費やしていた時間と労力を効率的な投資に振り分けることで、さらに投資による収入を増やすことができる可能性もあります。

もちろん仕事を辞めることができる状態になるだけであり、必ず仕事を辞めなければいけないというわけではありません。

お金持ちの多くは仕事を続けていますが、お金持ちになるためにはガムシャラに働かなくてはならず、また働くのが好きでなければなかなかお金持ちにはなれません。そのためお金持ちはお金があっても働き続けているのです。

5.溢れた収入を糧にする

どれだけお金があってもお金を生み出すための元本に手をつけてはいけません。消費や浪費に使えるお金は、溢れた収入のみです。

コップの水は飲まない

サラリーマンとお金持ちではお金に対するスタンスが大きく異なります。

サラリーマンはコップに入っている水を必死に飲んでいるような状態です。コップの水が減ればストローを使って吸い出し、水を飲むのに余計な労力が必要になります。

一方のお金持ちはコップから溢れた水を飲むような状態です。コップの下で大きな口を開けていれば自動的に水が口の中に入ってきます。

そしてお金持ちはコップの水は飲みません。コップの中の水が減れば、コップから水が溢れなくなってしまい、最後にはコップの底の水をストローで吸う羽目になるためです。

コップの水、つまり投資の元本には絶対に手をつけてはいけません。

溢れた水を飲み続ける限り溢れ続ける

当たり前のことですがコップから溢れた水を飲んでいる限り、コップの水溢れ続けます。

サラリーマンとは違いお金持ちは投資によって働かなくてもコップには水が注がれているような状態になっているため、苦労なくいつまでも水を飲み続けることができます。

つまり投資によって生まれた収益のうち余剰資金だけを使っていれば、盤石な状態が整います。

ここまで来ると完璧にお金持ちです。

まとめ

お金持ちになる方法は単純明快。種銭を作って投資して生活ができる収入を投資だけで確保するだけです。

ところが多くの人がお金持ちを勘違いしており、短期間で大きなお金を得ている人や贅沢三昧している人をお金持ちだと考えています。

その結果、余計な浪費をして種銭を増やせず死ぬまでお金持ちになれない状況に陥ってしまいます。

お金持ちではない人の多くが、「お金持ちだからといって幸せになれるとは限らない」と言って強がりますが、そんな人に限ってお金に執着しているだけでなく不幸そうです。

私キルロイの考えは、もちろんお金があれば幸せになれるとは思いませんが、少なくてもお金があれば不幸を避けることはできます。そしてお金がなくて幸せな人は、お金があればもっと幸せになれると思います。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , ,