株式投資で売り時を見極める5つのポイントとは?初心者が株を売るときのタイミングはこれ!

   

ディスプレイに表示されたチャート

株式投資においては、株式を購入するよりも売却する方が難しいとされています。

株価が上がり続けている局面なら値上がりしている株式を売却することで機会損失が発生する可能性があり、株価が下がり続けている局面なら損失が確定してしまうためです。

一方で株式売買で利益を得るためには最後には必ず株式を売却する必要があるため、株式投資の初心者はどのタイミングで株式を売ればいいのか分からなくなります。

そこで今回は、株式投資で売り時を見極めるための5つのポイントをご紹介します。株式の売り時が分かれば株式投資で大きな損失を防ぎながら利益を最大化させることができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

1.現金が必要になったとき

株式投資をしていて株式を売るタイミングとして多いのが現金が必要になったときです。長期の株式投資では、株価が長期的には右肩上がりになることを想定しているため、株式の売却はできるだけ遅らせることで大きなリターンを得ることができます。

自分の都合で株価は変わらない

大前提として頭に入れておかなければいけないことがあります。それは自分の都合で株価は変動しないということです。

当たり前のことですが、株式投資家の多くは当たり前のことさえ理解していません。

株価は値上がりを期待したからといって値上がりするものでもなければ、値下がりを止めたいと思ったからといって止まるものでもありません。

そのため基本的に、自分の都合に合わせて株式売買をすることは不可能となります。

株式投資で年間1000万円の利益を得たいと思って株式を購入しても、株価の変動をコントロールできないため利益が出るときもあれば出ないときもあります。

また自分が現金を欲しいタイミングと株価がピークを迎えているタイミングが合うかどうかも予想することはできません。

そのため自分の願望に合わせて株価を売却しようとすると大きな失敗につながることがあります。

株式は売らないと利益が確定しない

株式を自分都合で売却しても失敗する可能性が高くなってしまいますが、株式を売却しないと利益を確定することはできません。この矛盾した状態に陥ってしまうため多くの人が株の売り時を誤ることになり大きな損失が発生してしまいます。

一方で株式投資で配当金などのインカムゲインではなく値上がり益のキャピタルゲインを狙うなら、どれだけ株を売ることで失敗する可能性があっても売らなくてはいけないものは売らなくてはいけません。

株式を売却しないことが最大利益につながるものの株式を売却しないと利益が確定しないということはしっかりと理解しておきましょう。

お金が必要なときに株式を売却する

株式を売却しないことが最大利益につながるものの株式を売却しないと利益が確定しないということは、株式を現金に変えてお金として使う直前まで株式の状態を維持することが基本的には株式投資による最大利益につながることになります。

そのため株式の売り時のひとつがお金が必要なタイミングということになります。

手持ちの現金では対応することができず、どうしても大きなお金が必要な場合があります。マイホームの購入、失業による生活費の補填、大きな事故やケガの治療費、子どもの学費などが人生の中でも大きなお金が必要になるタイミングです。

お金が必要になるタイミングは想定できるものもあれば想定できないものもあります。そのため資産のうちの現金の比率が少なすぎると、想定外のタイミングで株式を売らなくてはいけない状況に追い込まれてしまう可能性もあります。

またお金が必要なタイミングで株価が上がっているのか下がっているのか判断もできなければ予測もできません。

それでも株式投資でできるだけ大きな利益を得ようとすればお金が必要なときに株式を売却するのが最適ということになります。

2.目標に到達したとき

株式投資の目標を設定して、目標に到達した時点で株式を売却するというのも株式の売り時です。

金額を目標にする

非常にシンプルな株式の売り時が、目標にしていた金額を達成したときです。

例えば、株式投資で1000万円の利益を目指している場合、100万円分購入した株式が値上がりによって1100万円分になれば売り時ということになります。

目標にしている金額がしっかりとした目的によって設定されているなら、迷うことなく株式を売ることができるはずです。

例えば、マイホームを購入するための頭金が欲しいから株式投資で1000万円の利益を得たい、子どもの学費に1000万円が必要だから株式投資で1000万円の利益を得たい、老後の資金を確保したいから株式投資で1000万円の利益を得たいというように具体的で目的があれば、株式売却後の機会損失も気にならなくなります。

金額を目標にして株式の売り時を見極めるというのもいいでしょう。

期間を目標にする

長期投資を行うなら、リターンを最大化させつつリスクを最小化させるためにも一定の期間を設定して投資するのも有効な方法です。

インデックス投資の場合、短期間ではリターンが大きくならず、むしろリスクが大きくなる傾向にあります。しかし投資期間が長くなればなるほどリターンが拡大してリスクが縮小していきます。

インデックス投資で安定した利益を上げたいなら10年以上の長期投資が必要で、多くの人が利益を上げられる投資期間が25年以上となっています。

そのため、機械的に一定期間投資してから売却することで非常に高い確率で利益を上げながら安定的に売却してお金を増やすことができます。

長期投資で用いられるドルコスト平均法を使って株式を購入し、売却時には同じ口数を定期的に売却する定量売却を行えば、安く買った株式を高く売ることができます。

老後の資金のために株式投資をして、株式を少しずつで取崩していく場合には期間を目標にするのも有効な方法です。

3.損切りするとき

購入した株式が値下がりしたままで値上がりが期待できなかったり、値下がりを続けていたりする場合には、損切りをする必要があります。損切りも株式の売り時になります。

経済的にも精神的にもダメージを受ける撤退戦

損切りは株式投資の撤退戦。損失を最小限に抑えるためには必要不可欠ですが、かなり苦しい決断を迫られます。

株価が下がったタイミングで株を手放せばそれだけで経済的に損失が発生しますが、さらに自分の失敗を突きつけられることになるため精神的にもダメージを受けます。

この経済的にも精神的にもダメージを受ける損切りを決断するのは非常に難しく、多くの人が避けようとします。

そして決断が遅れることで損失が拡大して株式投資で失敗してしまいます。

果敢に損切りすることが大切

損切りはとにかく果敢に行うことが重要です。なぜなら損失が発生している状況では、理性的な判断を下すことが難しくなるためです。

株価が値上がりして利益が発生している場合には、せっかく確定した利益が値下がりによってなくなることを避けるためすぐに株を売却して利益確定をしようとするのが人間です。

一方で株価が値下がりして損失が発生している場合には、損をしたくないという気持ちから値上がりを信じて株の売却が遅れてしまい、さらに損失が拡大してしまうという状況に陥ります。

そのため株式投資やFXトレード、特にデイトレードなどではコツコツと堅実に細かく利益を積み重ねてから損切りできないためにドカンと大きな損失を出してしまうコツコツドカンという状況に陥ってしまいます。

長期投資では、右肩上がりを信じて損切りすることは少ないですが、状況次第では果敢に損切りすることも求められます。

早めの損切りで損失を取り戻すことができる

できるだけ早いタイミングで損切りすれば、損失を取り戻すことも可能です。

損切りによって得た資金を別の株式に投資することで、効果的に利益を上げることができます。

また損切りをして現金を確保することで、値上がりしている株式を売却して利益を確定する必要がなくなり、利益が上がっている株式でさらに利益を大きく増やすことができます。

株式は現金化した時点で税金がかかるため、値上がりした株式ではなく値下がりした株式を売る方が税制上も有利。損失をほかの利益で相殺するで総合的に支払う税金を減らすこともできます。

早めに損切りをすることで損失を取り戻すことができることを知っておけば果敢な損切りによる精神的なダメージも最小限に抑えることができます。

4.アセットアロケーションを調整するとき

アセットアロケーションとは資産配分のことで、株式投資では利益を最大化するために資産配分が非常に重要な要素になります。資産配分を変えるときも株式の売り時となります。

資産における現金の比率を高める

いざというときのことを考えれば、現金比率の高いアセットアロケーションの方が有利です。いざというときにも手持ちの現金で対応することができ、株式の売却を免れることができるためです。

そんなときには株式を売却して資産における現金の比率を高めるのも有効です。

またライフスタイルが変化したり、将来的にお金が必要な場面が多くなりそうなときにも、アセットアロケーションを見直して手持ちの現金を増やしたいと思う場合があります。

手持ちの現金を増やしておきたいときが株式の売り時となります。

一定のアセットアロケーションを維持する

一定のアセットアロケーションを維持することは利益の最大化につながります。

株式投資をしているとアセットアロケーションが刻一刻と変化していきます。給与によって現金収入が入ったり、株価の値上がりで株式資産が増大したりするためです。

アセットアロケーションが変化した場合には、株式を売却してアセットアロケーションのバランスを維持しましょう。現金と株式のバランスを一定に保つための売買は、長期的には株価が安いときに株を買い、株価が高いときに株を売ることにつながるためです。

アセットアロケーションを維持するために定期的に株式を売却しましょう。

5.投資戦略を変更するとき

根本的に投資戦略を見直したい場合には、株式を売って現金化して次の投資先に投資することもあります。

株式投資の戦略を変更

株式投資においては、戦略によって投資する企業や株式を限定する場合があります。

例えば、インデックス投資なら指標に合わせて株を買い進め、成長株投資なら成長株中心に株式を選び、高配当株投資なら高配当株ばかりを集めることになります。

ところが途中で株式投資の戦略が変わることもあります。

成長株投資で大きな利益を作ってから高配当株投資で安定的に配当金を得たい場合には、どこかのタイミングで成長株を売却して、売却益で新たに高配当株を買うことになります。

また高配当株投資をしていたものの、定期的な配当金よりも長期的に最大リターンを狙いと思えば、高配当株を売却して成長株に投資するということも考えられます。

株式投資といっても、戦略はさまざまであるため戦略が変われば戦略に応じた株式を購入するために手持ちの株式を売却することもあります。

株式以外への投資

株式投資をしていても、株式投資以外の投資をすることは可能です。株式投資以外の投資のために株式投資で得た利益を活用するということは十分に考えられます。

例えば、株式投資をしていて株価が上がったことで利益を得られる状況ができれば、確定した利益を不動産投資に費やすということも可能です。

株式投資の戦略を変更することで株を売るのと同じように、投資戦略全体の変更で株を売ることもあります。

もし新たな投資先で大きなリターンを狙うことができるなら、そのときは株式の売り時となります。

まとめ

キャピタルゲインを狙う株式投資においては、最終的には株式を売却する必要に迫られます。

一方で株式投資では長期的に株を持ち続けることで利益を最大化できるため投資家の中には永遠に株式を保有し続けて売却するつもりはないと考えている投資家もいます。

株式は最終的には売ることで利益を確定できるものの、いつまでも保有したいと考えているなら高配当株に投資するというのもひとつの方法です。

株式の売り時は株式投資全体の戦略にも深く関係しているため、株式投資では株を購入する前に出口戦略まで考えて最終的にどのように株を売却するのか想定しておくことが大切です。

 - ライフハック・ノウハウ, 資産運用, 株式投資, お金, 悩み , , , , , , , ,