男性が職場の面倒な人間関係に悩んだときに解決する方法とは?

      2017/09/13

人間関係に困るスーツ姿の男性

会社の人間関係に悩まされている男性は少なくありません。同性である男性との関係はもちろんのこと、看護師や保育士など異性である女性ばかりの職場で働く男性のストレスや悩みは想像に難くありません。

そこで今回は、男性が職場の面倒な人間関係に悩んだときに解決する方法をご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

男性上司とのトラブルが最も多い

男性の抱える人間関係では、気さくに打ち解けることが出来る場合が多々あります。一方で男性ならではのトラブルも発生します。

あるアンケートによると、男性が職場で最も悩むの人間関係の相手は男性上司であることが分かりました。

第1位:男性上司(29.3%)
第2位:女性上司(12.7%)
第3位:男性の同僚(12.0%)
第4位:女性の部下(10.7%)
第5位:男性の部下(8.0%)

男性上司との人間関係でトラブルを抱えるのは、単純に上司となる存在に男性が多い可能性があります。一方で性格が合わなかったり厳しい人間性の人だったりすると、女性上司よりも男性上司の方が軋轢が起こるかもしません。

また同僚は、同じ立場であるが故に、威張られたりライバル視されたりすると面倒になることが多いようです。

部下の扱いに悩む人も多いようで、年齢が違うと接し方が分からない場合や上司という立場にそもそも慣れていない人もいるようです。

性別問わない人間関係の悩みの解決法

性別に関係なく人間関係全般的な悩みの解決法をご紹介します。

気軽に話せない

年齢や性別が離れた相手とは、なかなか気軽に話すことができません。特に職場では肩書なども影響し、相手とどんな雑談をすればいいのか分からなくなってしまうものです。

そんなときには、無理に話そうとせず笑顔と挨拶を続けましょう。まずはコミュニケーションの土台を築きます。

その後、会話の糸口などを見つけたときには、天気の話や時事ニュースなど当たり障りのないことを話してみます。大切なのは「私はあなたとコミュニケーションを取りたい」という意思表示をすることであり、会話を無理に盛り上げる必要はありません。

他愛もない会話が出来れば、あとは時間が経てば自然と共通の話題などが見つかり誰とでも気軽に話せる間柄となります。

ただし打ち解けようとあまり下ネタなどは絶対に言わないようにしましょう。余計に関係性に溝を作ることになります。

過剰に気を遣う

相手に対して過剰に気を遣ってしまう場合は、いったん、相手の年齢、性別、肩書などを忘れてしまいましょう。

礼儀正しく接することは大切ですが、過剰に気を遣うのはやりすぎ。そうなってしまう理由は、相手ではなく相手に付属している属性に惑わされているためです。

相手を先輩、後輩、上司、部下などと属性に当てはめず1人の人間と見なせば、不必要な気遣いも自然となくなっていきます。

性格やタイプが合わない

性格やタイプが合わない相手の場合、無理に関係を築く必要はありません。ビジネスライクに割り切った関係に徹しましょう。

無理に相手に合わせたり、相手が無理をして合わせてきたりすると必ずどこかで破綻します。

最低限の礼儀は払いつつ、「めんどうくさいしどうでもいいや」というくらい投げやりなスタンスを取り、動物や虫など別の生き物のように思っておきましょう。

無理をせずに自然体でいれば、冷静な目で相手を見つめることができ、意外と性格やタイプが合わない相手の中にも面白いところを発見することができます。

嫌われる

相手に嫌われてしまったときには、危害を加えられない限りは無視しておきましょう。

業務連絡など必要最低限のコミュニケーションが図れる程度の関係性なら、割り切った関係として付き合うことにしましょう。

ただし仕事に支障をきたしたり、評価を下げられたり、別のトラブルを誘発させられるような場合には、第三者に仲裁してもらい最低限の関係改善を図りましょう。

大切なのは第三者を介入させることで、2人で話し合いなどをすると水掛け論が始まり余計に関係がこじれる可能性があるため注意が必要です。

暴力を振るわれる

相手は暴力と思っていなくても、暴力を振るわれることはあります。そんなときには、我慢せずに相手の行為が暴力であることを伝えましょう。

多くの人は自分の行為が暴力であると指摘されれば、それ以上は繰り返さなくなります。

また相手の立場が自分よりも強いなど直接言いづらい場合には、さらに立場が上の人などに相談して伝えてもらうことで無理せずに対処することができます。

無視される

嫌われているときの対処法と同じく、無視してくるような相手とは基本的には関わらないようにしましょう。

ただしどれだけ嫌われていても業務連絡など仕事に関する情報の伝達だけは、しっかりと行っておくことが大切です。

無視する相手に仕事の情報を伝達する場合には、メールや書面、第三者となる証人を作るなど必ず後から伝えたことを示せるようにしておきましょう。

無視する相手は基本的にあなたのことを嫌っており、仕事のミスなどがあると「聞いていない」「言われていない」などとミスをなすりつけてきます。そういった嫌がらせまで見越した対処をしておくことが大切です。

男性同士での人間関係の悩みの解決法

男性同士だからこそ発生する面倒な悩みがあります。解決法を基にして上手く人間関係を築きましょう。

威張られる

上司に多いのが威張り散らす人。自分の立場を強化するために、部下であるアナタに対して高圧的な態度を取ってきます。

相手が上司であるため注意することもできず、ただ従うことしかできない場合がほとんどです。

相手が威張るようなタイプの人の場合、対処法は2つで、従順に従うかはっきりと言い返すかのどちらかです。

従順に従う解決法は、相手の自尊心を満たすことでその場を乗り切る方法で、それ以上こじれることはないものの根本的な解決ができず相手を増長させるかもしれません。

一方ではっきりと言い返す方法は、相手の機嫌や心証を害することはあるものの、アナタが反発する人間であると認識されればそれ以上は理不尽に威張られることもなくなります。

張り合われる

同僚によくあるケースで、出世競争などが絡むため一方的にライバル視される場合です。

ライバル視されること自体は、アナタが評価されていることの裏付けであるため気にしないでおきましょう。

面倒な場合には相手にせず、適当にあしらっておくのが一番です。

言うことを聞かない

後輩や部下によくあるケースで、言っておいたことを聞かずに仕事でミスを繰り返すなどです。

何度同じことを言っても、言うことを聞かないような相手については、割り切って接するようにしましょう。

部下の失敗の責任はアナタに押し付けられることになるため、自分には責任がないことを証明できるようにしておき、しっかりと保身だけはしておきましょう。

部下を助けようと思わず割り切って付き合うことで、こちらに及ぶ精神的なダメージを軽減します。

女性関係についてしつこく尋ねられる

男性同士だと、女性関係の話題が出ることもありますが、しつこく尋ねられるのが苦手な人も少なくありません。またアナタが尋ねられるのを嫌そうにするほど、相手は面白がって余計に尋ねてきます。

女性関係についてしつこく尋ねられる場合には、明らかに不機嫌になったり無視したりと本当に嫌であることを明確に伝えましょう。怒って反論すると余計に面倒になるため、曖昧にごまかしておくのが一番です。

責任転嫁される

上司から言われた通りやったことなのに、仕事の責任を転嫁されてアナタのせいにされることがあります。

そんな場合には、2つの解決法があります。

1つ目は、責任転嫁されたという事実を伝えて、上司に責任があることをはっきりとさせるというもの。上司との人間関係は悪化しますが、責任転嫁するような人間は信用できないため関係が悪化しても問題ないと割り切ります。

2つ目は、積極的に責任をかぶって相手に恩を売るという方法です。相手に貸しを作っておくことで人間関係でも有利な立場を取ることができます。

どちらの方法を採用するのがベストなのかは、アナタの性格や上司の人間性によって変わります。

説教される

説教をするのが好きな男性は多いですが、ほとんどの場合はアナタのことを考えているわけではなく自分が心地よいから説教しているだけです。

説教をしてくるような立場の人間はほとんどが上司となるため、人間関係が悪化しないように相槌を打って聞き流すようにしましょう。相手に感情を発散させて落ち着くのを待ちましょう。

説教の内容にもよりますが、多くの場合はそれほど聞き入れるべき意見はありません。適当に聞き流しておきましょう。

女性との人間関係の悩みの解決法

男性とは別の問題が生まれやすい女性との人間関係。女性特有の性質もあるため、女性の思考パターンを理解しておきましょう。

悪口を言われる

女性は悪口言うのが大好きなもので、悪口を言うことで人間関係を作る場合もあります。

そのため女性に悪口を言われていても、あまり気にする必要はありません。

どうしても悪口が不快な場合には、相手に直接抗議しましょう。正面切って悪口を言っていたことを咎められると、ほとんどの人はそれ以上は本人に聞こえる範囲で悪口を言わなくなります。

嫉妬される

女性の中には嫉妬深い人も多く、他の女性を特別扱いしたと思い込んで攻撃的な態度を取る人がいます。

そういった場合には、嫉妬している女性に対して優しい態度を取りましょう。多くの場合はかまって欲しいだけのため、かまってあげると態度は軟化します。

また優しい態度を取るのが面倒な場合には、できるだけ関わらないようにしましょう。無視する必要はありませんが、できるだけ接点を作らないようにして相手から遠い存在になることで嫉妬されずに済みます。

好意を持たれる

異性から好意を持たれるのは嬉しいものですが、面倒な場合もあります。

好意を持たれたことがはっきりと分かり、その好意に応えることができない場合には、突き放した態度を取りましょう。

アナタが明確な態度を示すことで、相手も察して諦めてくれます。

最終手段は仕事を辞めて転職するしかない

転職の理由として多いのが人間関係に関するトラブル。人間関係で解決できないような問題を抱えたときには、転職することで解決するができます。

仕事を辞めることや転職することは、究極的な人間関係の悩みの解決する方法であり、同時に最終手段でもあります。

人間関係の問題で体調を崩してしまったり、うつ状態になってしまったりするくらいなら、転職して人間関係をリセットするのは賢い選択です。

人間関係を良好にして職場での居心地を良くする苦労よりも転職する苦労の方が小さいことはよくあります。今の職場にしがみつかずに、転職に向けて一歩を踏み出せば気分も楽になります。

具体的な行動に移そう

小さなことでもいいので行動に移すことで気持ちが切り替わり解決へ向けて一歩ずつ進むことができます。

大切なのは具体的な行動に移してみることで、今すぐに始めることが大切です。

多くの人が「気が向いたらやる」と考えがちですが、それではいつまでたっても前に進みません。

体を動かせば心も動くもので「やってみたら気が向く」というのが本当のところ。人間にはやる気スイッチなどはなく、やる気というものは自転車のようなもので漕ぎ出すのは大変ですが、ペダルを漕いでいるうちにスピードが出てやる気も沸いてきます。

些細なことでもいいので実際に行動を起こすことで気分も切り替わります。

転職するならプロである転職エージェントに任せよう

パソコンの前で頭を抱える男性

転職をするには、自己分析、会社選び、履歴書の作成、面接の練習などの作業が必要となります。しかし働きながら転職のための準備をするのは難しく動き出すときに高いハードルとなって立ちはだかります。

そこで使えるのが転職エージェントサービス。会社選びなど転職に関する雑務を無料でやってくれるだけでなく、転職に必要なアドバイスをプロの視点から教えてくれます。

さらに一般には公募していない非公開の求人情報も転職エージェントなら募集していることが少なくありません。

オススメなのが、業界最大級の求人数を誇り高い評価を得ているDODAエージェントサービスです。

取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人。自分では見つけられなかった求人もDODAが取り扱うエージェントサービスに登録することで見つけることができます。

転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。必要に応じてキャリアカウンセリングを受けることもできます。

取り扱っている求人は審査の通った企業のみとなっているため、労働条件が悪かったり離職率が高いブラック企業に応募するリスクを減らすことができます。

分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な人でも安心して転職活動を進めることができます。

転職サポートを受けるのも簡単で、サイト上で氏名や生年月日といった基本情報と学歴を記入して無料登録するだけです。

登録後には、担当者のエージェントから電話かメールで連絡が入ります。あとは面談の日程を決めればスムーズに転職活動を開始できます。

転職成功者は、平均して就職活動をするうえで3つの求人サイトに登録しているといいます。まずはDODAエージェントサービスを利用してみましょう。

問題の解決を図るためには、とりあえず行動に移して一歩を踏み出すことがとても大切です。いつかではなく今すぐ動き出しましょう。

まとめ

男性が抱える人間関係の問題は、女性とはまた違ったものとなっています。女性の人間関係には感情的なことが多くなる一方、男性の場合には立場や出世などに関係したものとなります。

男性の人間関係トラブルでは、うまく関係性を計算することで解決できるものも少なくなく、感情的にならずに冷静に対処することが大切です。

 - ライフハック・ノウハウ, 就職・転職 , , , , , , ,