女性が職場の面倒な人間関係に悩んだときに解決する方法とは?

      2017/09/13

振り返るスーツ姿の女

仕事をするうえで欠かせないのが人間関係。特殊な仕事でない限り、職場での人間関係から逃れることは難しく、特に男性社会の現代では女性が職場で抱える人間関係に関するトラブルは少なくありません。

そこで今回は、女性が職場の面倒な人間関係に悩んだときに解決する方法をご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

57%の女性が職場の人間関係で悩んでいる

職場において女性は男性以上に人間関係を円滑にする役割を求められることが多く、多くの人と接する立場に立たされることが少なくありません。その結果、多くの女性が人間関係で何らかの悩みを抱えています。

職場の人間関係に関するある調査によると、57%の女性が「職場の人間関係に悩んでいる」と回答しています。またもっともポイントが高かった世代は20代で、なんと61%にも及びます。

20代は新人と呼ばれる立場にあり、職場における人間関係の序列が低くしわ寄せがくることが多いため、多くの人が悩むことになっているようです。また社会経験が浅いため、職場での人間関係の築き方が上手くないことも職場の人間関係で悩む要因として考えられます。

性別問わない人間関係の悩みの解決法

性別に関係なく人間関係全般的な悩みの解決法をご紹介します。

気軽に話せない

年齢や性別が離れた相手とは、なかなか気軽に話すことができません。特に職場では肩書なども影響し、相手とどんな雑談をすればいいのか分からなくなってしまうものです。

そんなときには、無理に話そうとせず笑顔と挨拶を続けましょう。まずはコミュニケーションの土台を築きます。

その後、会話の糸口などを見つけたときには、天気の話や時事ニュースなど当たり障りのないことを話してみます。大切なのは「私はあなたとコミュニケーションを取りたい」という意思表示をすることであり、会話を無理に盛り上げる必要はありません。

他愛もない会話が出来れば、あとは時間が経てば自然と共通の話題などが見つかり誰とでも気軽に話せる間柄となります。

過剰に気を遣う

相手に対して過剰に気を遣ってしまう場合は、いったん、相手の年齢、性別、肩書などを忘れてしまいましょう。

礼儀正しく接することは大切ですが、過剰に気を遣うのはやりすぎ。そうなってしまう理由は、相手ではなく相手に付属している属性に惑わされているためです。

相手を先輩、後輩、上司、部下などと属性に当てはめず1人の人間と見なせば、不必要な気遣いも自然となくなっていきます。

性格やタイプが合わない

性格やタイプが合わない相手の場合、無理に関係を築く必要はありません。ビジネスライクに割り切った関係に徹しましょう。

無理に相手に合わせたり、相手が無理をして合わせてきたりすると必ずどこかで破綻します。

最低限の礼儀は払いつつ、「めんどうくさいしどうでもいいや」というくらい投げやりなスタンスを取り、動物や虫など別の生き物のように思っておきましょう。

無理をせずに自然体でいれば、冷静な目で相手を見つめることができ、意外と性格やタイプが合わない相手の中にも面白いところを発見することができます。

嫌われる

相手に嫌われてしまったときには、危害を加えられない限りは無視しておきましょう。

業務連絡など必要最低限のコミュニケーションが図れる程度の関係性なら、割り切った関係として付き合うことにしましょう。

ただし仕事に支障をきたしたり、評価を下げられたり、別のトラブルを誘発させられるような場合には、第三者に仲裁してもらい最低限の関係改善を図りましょう。

大切なのは第三者を介入させることで、2人で話し合いなどをすると水掛け論が始まり余計に関係がこじれる可能性があるため注意が必要です。

暴力を振るわれる

相手は暴力と思っていなくても、暴力を振るわれることはあります。そんなときには、我慢せずに相手の行為が暴力であることを伝えましょう。

多くの人は自分の行為が暴力であると指摘されれば、それ以上は繰り返さなくなります。

また相手の立場が自分よりも強いなど直接言いづらい場合には、さらに立場が上の人などに相談して伝えてもらうことで無理せずに対処することができます。

無視される

嫌われているときの対処法と同じく、無視してくるような相手とは基本的には関わらないようにしましょう。

ただしどれだけ嫌われていても業務連絡など仕事に関する情報の伝達だけは、しっかりと行っておくことが大切です。

無視する相手に仕事の情報を伝達する場合には、メールや書面、第三者となる証人を作るなど必ず後から伝えたことを示せるようにしておきましょう。

無視する相手は基本的にあなたのことを嫌っており、仕事のミスなどがあると「聞いていない」「言われていない」などとミスをなすりつけてきます。そういった嫌がらせまで見越した対処をしておくことが大切です。

男性との人間関係の悩みの解決法

相手が女性か男性かによって人間関係を改善する方法や修復する方法は異なります。次は男性を相手にしたときの解決法を見ていきましょう。

好意を抱かれる

好きでもない相手から好意を抱かれるほど人間関係でめんどうくさいことはありません。

異性から好意を抱かれている場合には、はっきりとすっぱりと自分の気持ちを伝えることが大切です。

中途半端な対応をすると、さらに厄介な事態へと発展する可能性があるため出来る限りドライになりましょう。セクハラなどにつながる危険性もあります。

また仲介できそうな人がいれば、その人に助けてもらうことで円滑に問題を処理することができるかもしれません。

男性と接しているだけでストレスがたまる

相手個人というよりは、男性全般が苦手で接しているだけでストレスがたまる場合には、割り切って付き合うようにしましょう。

無理にコミュニケーションを図る必要はなく、仕事に必要なやりとりだけをしっかりと取っておきましょう。

男性も、相手から嫌厭されていることに気付けば、無理にアナタに近づこうとは思いません。

女性同士での人間関係の悩みの解決法

男性とのトラブル以上にめんどうなのが、女性同士のトラブル。女性は男性に比べて周囲との関係を重視するため、人間関係に問題を抱えると噂を流されたり、足を引っ張られたりする可能性が高まります。

悪口を言われる

女性は男性以上に悪口、愚痴、陰口が好きな生き物。悪気なく悪口を言い合い、他者の欠点を仲間同士で共有することで仲間意識を高めることが少なくありません。

中には、仕事をせずに常にターゲットを探して他人の粗探しをするような人もいます。そういった人はターゲットを次々に変えて悪口を言っているものです。

多くの場合は悪口の標的とされていることには気付かないものですが、もし悪口を言われていることに気付いてしまったときには「犬のマーキング」程度に考えて忘れてしまいましょう。

女性の中では、悪口を言うことは一種のコミュニケーションでありそこに悪気はありません。犬が電柱にマーキングするのと同じようなもので、習性に近いものです。

悪口に登場する欠点の多くも一方的な見方によるもので、悪口を言われているからと言って気に掛ける必要はありません。本当にアナタの欠点を指摘してくれる人は、陰に隠れてコソコソと悪口を言うのではなく、悪者になることも覚悟してアナタに面と向かって忠告をくれます。

噂話を強要される

悪口を言われるのではなく、悪口を共有させられるパターンです。噂話を強要されたときには、その場の空気に流されて絶対に頷いたり悪口を言ったりしないようにしましょう。

その場の空気を読んだ結果、悪口や噂話に加担してしまうと、最終的にはアナタが悪口や噂話の発信者とされてしまい、悪口や噂話の標的にされてしまいます。

グループ内での雰囲気を壊したくない場合には、否定も肯定もせずに曖昧な態度で乗り切りましょう。

嫉妬される

仕事が出来たり、容姿が優れていたりする場合、嫉妬の標的とされることがあります。

嫉妬された場合には、相手に見せることが許容できる自分の欠点を晒しておきましょう。

欠点を他人に見せる人は共感を得やすく、また嫉妬の対象からも外れやすくなります。

でっち上げたウソでもいいので、相手よりも劣っている部分を作って相手に優越感を与えてあげましょう。バカなフリをしておくことで相手は安心してくれます。

3人以上のグループから孤立させられる

3人以上のグループの中で孤立させられると、1人だけ集団から浮いた状態となってします。こういった状態に陥ると、グループの結束を強固にするための生贄にされ標的が変わるまで抜け出すことができません。

多くの場合はリーダー格となっている人が周囲の人を扇動していることが多く、扇動されている人はなびいているだけで積極的に危害を加えることはありません。

堪えらえるようなそのまま孤立した状態を保って交友関係を断ちましょう。業務の関係などで孤立した状態を続けるのが難しいなら、リーダー格となっている人物に直接ガツンと言って相手の立場を落とすか、上司などの第三者に助けを求めましょう。

敵グループと味方グループに分けられる

女性は敵グループと味方グループを作りたがるもので、人数が多くなるとグループが乱立することもあります。

もしアナタが自分の属するグループに居心地の良さを感じているなら、そのままどっぷりとグループの関係に浸っておきましょう。トラブルが起こらない限り、グループに属することは悪いことではありません。

しかしグループが対立するような事態に発展した場合には、個人ではなくグループ全体を敵視することがあるため、無用の争いに巻き込まれてしまう可能性があります。人間関係がこじれない間にグループから離脱したり別のグループに移動したりしましょう。

女性と接しているだけでストレスがたまる

そもそも女性特有の嫉妬やグループ行動が苦手な女性もいるでしょう。女性同士の人間関係に関わっていると、それだけでストレスがたまることもあります。

そんなときには、思い切って女性の人間関係を断ってしまいましょう。無理をせずに仕事だけの関係に徹することで自分を守ることができます。

最終手段は仕事を辞めて転職するしかない

転職の理由として多いのが人間関係に関するトラブル。人間関係で解決できないような問題を抱えたときには、転職することで解決するができます。

仕事を辞めることや転職することは、究極的な人間関係の悩みの解決する方法であり、同時に最終手段でもあります。

人間関係の問題で体調を崩してしまったり、うつ状態になってしまったりするくらいなら、転職して人間関係をリセットするのは賢い選択です。

人間関係を良好にして職場での居心地を良くする苦労よりも転職する苦労の方が小さいことはよくあります。今の職場にしがみつかずに、転職に向けて一歩を踏み出せば気分も楽になります。

具体的な行動に移そう

小さなことでもいいので行動に移すことで気持ちが切り替わり解決へ向けて一歩ずつ進むことができます。

大切なのは具体的な行動に移してみることで、今すぐに始めることが大切です。

多くの人が「気が向いたらやる」と考えがちですが、それではいつまでたっても前に進みません。

体を動かせば心も動くもので「やってみたら気が向く」というのが本当のところ。人間にはやる気スイッチなどはなく、やる気というものは自転車のようなもので漕ぎ出すのは大変ですが、ペダルを漕いでいるうちにスピードが出てやる気も沸いてきます。

些細なことでもいいので実際に行動を起こすことで気分も切り替わります。

転職するならプロである転職エージェントに任せよう

パソコンの前で頭を抱える男性

転職をするには、自己分析、会社選び、履歴書の作成、面接の練習などの作業が必要となります。しかし働きながら転職のための準備をするのは難しく動き出すときに高いハードルとなって立ちはだかります。

そこで使えるのが転職エージェントサービス。会社選びなど転職に関する雑務を無料でやってくれるだけでなく、転職に必要なアドバイスをプロの視点から教えてくれます。

さらに一般には公募していない非公開の求人情報も転職エージェントなら募集していることが少なくありません。

オススメなのが、業界最大級の求人数を誇り高い評価を得ているDODAエージェントサービスです。

取り扱っている求人のうち、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人。自分では見つけられなかった求人もDODAが取り扱うエージェントサービスに登録することで見つけることができます。

転職のプロが企業へのエントリー、選考結果のお知らせ、面接日程の調整など内定までをトータルサポート。必要に応じてキャリアカウンセリングを受けることもできます。

取り扱っている求人は審査の通った企業のみとなっているため、労働条件が悪かったり離職率が高いブラック企業に応募するリスクを減らすことができます。

分からないことを転職のプロに相談できるため、転職活動が不安な人でも安心して転職活動を進めることができます。

転職サポートを受けるのも簡単で、サイト上で氏名や生年月日といった基本情報と学歴を記入して無料登録するだけです。

登録後には、担当者のエージェントから電話かメールで連絡が入ります。あとは面談の日程を決めればスムーズに転職活動を開始できます。

転職成功者は、平均して就職活動をするうえで3つの求人サイトに登録しているといいます。まずはDODAエージェントサービスを利用してみましょう。

問題の解決を図るためには、とりあえず行動に移して一歩を踏み出すことがとても大切です。いつかではなく今すぐ動き出しましょう。

まとめ

女性が職場で直面する面倒な人間関係の悩みは無数にあり、全ての悩みを完璧に解決できる方法はありません。ただし人間関係の悩みにはパターンがあり、アナタの心がけ次第で上手く解決できるものもあります。

一方で職場にはどうしようもない人間が必ず1人はいるもので、次から次へとトラブルを引き起こし自分のために人間関係をメチャクチャにしてしまう人もいます。

そんな相手と関わることになった場合には、自分や相手を変えて関係を良くしようなどとは考えずにさっさと逃げてしまいましょう。人間はそれほど簡単には変わりません。

もし転職する場合には、仕事の内容や給与だけでなく職場の雰囲気や働いている人のタイプなども重視しましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 就職・転職 , , , , , ,