4万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキング 2019-2020 快適なスマホライフ

      2019/10/16

4万円台のSIMフリー格安スマホ端末

SIMフリー格安スマホ端末で通信費を抑えても高スペックのスマートフォンなら操作性が高く自由に好きなことができます。そのためには、多少予算がかさんでも良いスマートフォンが欲しくなります。

今回は、4万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。高性能なスマホを使いこなせば生活は一変します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

契約すべき格安SIMについては以下の記事を参照してください。

格安SIM・格安スマホを一覧表で徹底比較!速度、評判、品質、料金プランとかけ放題オプションのまとめ!

4万円台のSIMフリー格安スマホ端末を買うべき人

どのような人が、4万円台のSIMフリー格安スマホ端末を購入すべきなのでしょうか。ミドルクラスのスマートフォンであってもハイエンドクラスに突入する手前であるため、価格よりも性能を重視して選びたいところです。

スマホの進化を楽しみたい人

4万円台の格安スマホ端末なら、基本スペックは充実したもので各種センサーや可能も当たり前となっています。

このクラスからスーマートフォンの自由度が上がり、基本的にはスマートフォンで出来ることはほとんど無理なく出来るようになります。

そのため一世代前や二世代前の高性能スマートフォンを使っていた人でも十分にスマホの進化を実感できる性能と機能がそろっており、実用性以上に使っていて楽しいスマートフォンになっています。

スマートフォンの使い心地で後悔したくないユーザー

4万円台の格安スマホ端末になると十分な性能や機能が取り揃えられているため、出来ないことはほとんどありません。

スマートフォンの選び方の失敗に多いのが、買った後にやりたいことが出来ないという事態に陥ること。必要となるセンサーや機能が付属していないため、思った通りにスマートフォンが動作しないことが起こります。

しかしこのクラスになると基本的なスペックに加えて一通りのセンサーも当たり前に搭載されているため隙がありません。

特徴的な機能が搭載されている

4万円台のスマートフォンには基本スペックにプラスして尖った機能が搭載されている製品が登場します。

持ち運びを優先してかなりコンパクトなスマートフォンや写真撮影に特化した製品などユニークな機能に特化しています。

特別に求める機能がある場合には、大満足できるスマートフォンを見つけることができるかもしれません。

通信費をできるだけ抑えたい人

携帯会社のキャリア端末の通信費は5000円~1万円程度ですが、この中には単なる通信費だけでなく分割した端末代が含まれています。

そのため通信費は端末代と実質的な通信費を合わせた金額となります。

格安スマホ端末を選ぶメリットは、端末代を抑えることで総合的な通信費を抑えられることにあり、逆に言えばどれだけ実質的な通信費を安くしても最初に購入する端末の値段が高ければ総合的な通信費は高くなってしまいます。

(スマホ端末代 + 実質的な通信費) ÷ スマートフォンの使用期間 = 総合的な通信費

ということを考えれば端末代を下げることが総合的な通信費を下げることにつながることがよく分かると思います。

そのため、通信費をできるだけ抑えたい人は、できるだけ安いスマートフォン本体を購入しましょう。

SIMフリー格安スマホ端末を使い慣れた人

性能や機能が充実していながら低予算でも選べるのが3万円台のスマートフォンの魅力です。

1台目のスマートフォンに低価格の製品を買った人やかなり古いスマートフォンをずっと使っている人は、出来ることに限界があるためもっといろんなことをしたくなるものです。

4万円台のスマートフォンなら、1世代前や2世代前のハイエンドクラスのスマートフォンを使っていた人でも十分に納得できるスマートフォンとなっています。

スマートフォンに慣れて使い方や出来ることが分かっている人は、さらなるスマートフォンの楽しみ方を再発見できるかもしれません。

4万円台のSIMフリー格安スマホ端末の選び方のポイント

4万円台のSIMフリー格安スマホ端末を選ぶときには、何を基準にすればいいのでしょうか。

性能や機能

4万円台のスマートフォンなら、どの製品を選んでも基本的に操作性の悪さなどの失敗はありません。一方で自分に合う合わないという問題が出てくるため、特徴的な機能をしっかりと把握して選ぶことが大切になります。

スマートフォンを選ぶ際にはCPUやメモリ、カメラの画素数やバッテリーなど重視すべき項目がいくつもあり、これらのスペックは時代とともに高性能になるため基準が変化していきます。

そのため「これだけのスペックがあれば問題ない」という数字は常に変化し、一概に「満たしておくべきスペック」というものはありません。

またパソコンやスマートフォンに詳しい人ほど精通しているがために「何かあるといけないからこれくらいは必要だ」とオーバースペック気味の数字を挙げます。

性能や機能が増えれば増えるほど基本的には価格も上がるため、必要以上に高性能・高機能な製品を選ばないように心がけましょう。また「写真撮影がしやすい」や「操作性が高い」など自分の欲しい性能や機能が搭載されている製品を選ぶようにしましょう。

型落ちを選ぶ

日進月歩で進むスマートフォンの進化は留まることを知りません。その結果、次々に新型スマートフォンが登場し性能もアップします。

一方で型落ちであっても十分に使える製品が多くあり、それらの製品は価格が安くなります。できるだけ安くでスマートフォンを手に入れたいなら、積極的に型落ち製品を選びましょう。

型落ちで4万円台のスマートフォンなら、一世代前のハイエンドクラスなどの製品も含まれています。

デザイン

スマートフォンを選ぶときにはデザイン性も重要になります。

自分の気に入ったデザインのスマートフォンなら愛着も沸き、大事に長く使うことができます。

またSIMフリー格安スマホ端末の場合には、カバーを外してSIMカードを装着する必要があり、その際にもカバーの外しやすさはデザインに影響を受けます。

この価格帯なら、カバーもプラスチックだけでなくアルミ製の製品があり、高級感のある製品も見つかります。使い心地を左右するため見た目にもこだわりましょう。

価格

基本的には価格が安ければ安いほど性能は低く、逆に価格が高ければ高いほど性能は上がります。

できるだけ安い価格の製品を選ぶべきですが、性能や機能と比較しながら選ぶことが大切です。欲しい機能がある場合には、基本スペックを落としてでも機能を優先するのも賢い選び方です。

4万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキング

ここからは4万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、価格、口コミの評価などを比較してランク付けしています。

7位:ZTE AXON 7 SIMフリースマートフォン A2017G

ZTE AXON 7 SIMフリースマートフォン A2017G

ハイスペックで基本的な性能が非常に高いスマートフォンです。

この価格帯でも突出して高い基本スペックを誇るスマートフォン。特別な機能は兼ね備えていませんが、基本スペックを高めることで素晴らしい操作性を実現しています。

リアカメラは2000万画素、フロントカメラも800万画素と高解像度で、美しい写真を撮影することができます。

またクイックチャージ3.0という充電機能によって、従来の充電器の4倍のスピードで充電することができます。

ユニークな機能などはありませんが、全ての機能を全体的に底上げしたコストパフォーマンスが非常に高いスマートフォン。特別な使い方をしない人なら、何をしても快適に使うことができます。

画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB
バッテリー容量:3250mAh

口コミの評価

・このスペックでこの価格は買い得だと思います。
・ワイモバイルに使っています。SIM差して電源入れたら自動で認識して設定はいりませんでした。今のところ不良もなく動いています。色々なアプリをインストールしていると非対応というアプリがたまにありますが特に使いにくさは感じていません。音もいいですし買ってよかったと思います。
・初めてのスマホには不向きですが、Androidがわかっている人、使うアプリが決まっているひとならばオススメできます。

6位:モトローラ スマートフォン Moto Z Play 32GB AP3787AE7J4

モトローラ スマートフォン Moto Z Play 32GB AP3787AE7J4

モトローラのスマートフォンで充実した性能と1600万画素のカメラが自慢の製品です。

5.5インチのディスプレイに充実した基本スペック、さらに大容量バッテリーが搭載されています。そのため使い勝手が良く長時間使用しても電池切れの心配はありません。

またターボパワー充電機能を搭載しており、同梱されている専用充電器を使用することにより、約15分で最長10時間駆動分を充電可能となっています。

1600万画素のカメラにはレーザーフォーカスと像面位相差オートフォーカスが搭載されているため、美しくくっきりした写真撮影を可能にします。

そのほか指紋認証によるロック解除やデュアルSIMデュアルスタンバイ対応で利便性を高めています。

使い勝手が良く電池の持ちが良いため実用性を重視しているスマートフォンです。

画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
バッテリー容量:3510mAh

口コミの評価

・これ、問答無用にいいです。あまり速くないSIMを使っているのですが、もとよりダントツで速い。なにが違うんだろう。
・格安cimで運用しておりますが、何の不満もありません。
・画面大きい。指紋認証でサクサク起動。電池持ちと充電速度。動作も軽快。
・20年来のガラケー使いで、SH信者だった私が生まれて初めて触ったスマホですが、何で今の今まで意固地にガラケー使っていたのかと思うくらい扱い易いスマホですね。

5位:シャープ AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

シャープ AQUOS mini SH-M03 SIMフリー

4.7インチのコンパクトなスマートフォンで使いやすさを重視したスマートフォンです。

小さめサイズのため携行性が高く、ポケットに入れても邪魔になりません。

基本スペックはそれほど高くはないものの、RAMが3GBあるため操作性は確保されています。

国内メーカーのスマートフォンのため耐水機能やおサイフケータイに対応しており、日本では使いやすい仕様となっています。

基本スペックよりも持ち運びや使いやすさを重視しているスマートフォンです。ただし性能やセンサーは値段に対して劣っているため、コストパフォーマンスが高い製品とはいえません。

画面サイズ:4.7インチ
内蔵メモリ:ROM 16GB RAM 3GB
バッテリー容量:2810mAh

口コミの評価

・動きも軽快で特に不自由なし! 最近のスマホはデカ画面が多いので、目が悪い方はパスした方がいいかも⁈
・小さめが好みの人にはよいと思います。欠点はこの世代なら指紋認証つけて欲しかったかなと。
・防水、お財布、ディザリング、4.7インチで探すとこれになりました。素直で良い機体だと思いました。安心して使えそうです。

4位:NuAns NEO [Reloaded]CORE SIMフリースマートフォン NA-CORE2-JP

NuAns NEO [Reloaded]CORE SIMフリースマートフォン NA-CORE2-JP

サイズ、基本スペック、使い勝手の良さなど全てのバランスが良いスマートフォンです。

高い基本スペックを兼ね備えており、バッテリー容量も十分。そのためサクサクと動く操作性と長時間の使用でも電池切れを起こさない安心感を与えてくれます。

大きさは5.2インチと絶妙なサイズで、持ち運ぶのに邪魔にならず使うときにも小さすぎて見にくいということはありません。

またおサイフケータイ機能や防水・防塵機能を搭載。スムーズにスマートフォンで支払いができ、さらに多少の水や汚れでも壊れることはありません。

デザイン性にもこだわっているのが特徴で、カバーがトップカバーとボトムカバーに分かれており、色や素材が豊富な2種類のカバーを組み合わせて自分だけのスマートフォンを作ることができます。

ユニークなカスタムが可能なスマートフォンで、使い勝手の良さが光る面白い製品です。

画面サイズ:5.2インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
バッテリー容量:3450mAh

口コミの評価

・simフリースマホでおサイフケータイ対応でこのサイズでフルHDのものをずっと求めてました。おサイフケータイ対応のスマホを初めて購入しましたが、とても便利です。他の人と違うスマホを持っている感があって、ガジェット好きの者からしたらとてもうれしいです(笑)
・動きはサクサクいけます。今のAndroidスマホはRAMが3GB以上ないとサクサク動きませんからね。ROMも32GBあってアプリを入れまくる私としては嬉しい点。SIMフリーのおサイフケータイ搭載スマホの中でこれほどのスペックを持ったものは他には無いんじゃないでしょうか。バッテリー持ちもいいですね。ヘビーに使っても一日は余裕で保ちます。
・動作が速いです。カバーの噛み合わせが微妙で、繋ぎ目が引っかかる感じがありますが、手にしっくりと馴染んで、滑り落とすことは無さそうです。

3位:エイスース ZenFone 3 64GB ZE552KL-WH64S4

エイスース ZenFone 3 64GB ZE552KL-WH64S4

大画面と高性能スペックが魅力のスマートフォンで、スペックに対するコストパフォーマンスが非常に高いのが特徴です。

同価格帯のスマートフォンの中でもトップクラスのスペックを誇るスマートフォン。バッテリー容量も多いため、長時間の使用にも堪えることができます。

ユニークな機能や特徴があるわけではないですが、スマートフォンに求められる性能や機能を全て押さえており、欠点らしい欠点が全くありません。

デザイン性も高くシンプルで飽きのこないボディは長年使用することができます。

スマートフォンの性能と機能を全て底上げしつつ価格を抑えたコストパフォーマンスに非常に優れた製品。ネットや動画の閲覧、アプリやゲームを楽しむ人には申し分のないスマートフォンです。

画面サイズ:5.5インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB
バッテリー容量:3000mAh

口コミの評価

・Nexus6より乗り換えです。スマホゲームなどは全くやらず、LINE、天気確認、乗り換え検索などが主な用途ですが、今のところ不具合なくいい感じ。
・以前はZenfone2laserを使用しており、今回買い替えしましたが非常に気に入っています。
・電池もちが非常に良い。画面をつけずにスリープ状態(待ち受け状態?)にしていれば寝て起きる間(6時間程度)の電池は5%も減っていません。ゲーム、ネットサーフィン等使用していれば画面が大きい分電池消費量も多いですが、出先で電池残量が10%以下になってもスリープ状態を維持すれば電池切れを起こす心配はないです。
・画面が大きすぎるのでフリック入力は片手では難しいので両手操作になります。
・ゲームは遊戯王しかやっておりませんが、非常になめらかで満足しています。
・ヌルヌル動き満足しています。気になる点としては、本体が大変滑りやすく、やや重さもあるためするっと落としてしまいそうです。

2位:アップル iPhone SE SIMフリー iPhone SE 64GB RG MLXQ2J/A

アップル iPhone SE SIMフリー iPhone SE 64GB RG MLXQ2J/A

アップルのiPhoneシリーズで、小さくて使い勝手の良いスマートフォンです。

ハイエンドスマートフォンの代表であるiPhoneですが、4万円台でもiPhone SEなら購入可能です。

画面サイズが4インチと非常に小さくてコンパクト。片手で扱えるため手の小さい女性でも困りませんが、動画やゲームを楽しむことがメインの人にとってはディスプレイの大きさには不満が出るかもしれません。

スペックはそこそこでストレージがしっかりしているため大量のアプリをダウンロードしたり写真を保存することができます。

バッテリー容量が心もとないものの、1日の使用なら十分に乗り切ることができます。

SIMフリーのスマートフォンの多くはアンドロイドOSですが、アップルのiPhoneであるためOSはiOSとなっています。

スペック的にはそれほど優れていませんが、アップルというブランド力と信頼性によって人気となっています。低価格でiPhoneが欲しい人には嬉しい製品。ただし4インチとコンパクトなため人を選ぶスマートフォンで、ネットや動画の視聴、アプリゲームがメインの人にはオススメできません。

画面サイズ:4インチ
内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 2GB
バッテリー容量:1600Ah

口コミの評価

・iPhone 7とも迷いましたがiPhone 6Sの時4.7インチでも大きく感じていましたので5sの時代に馴染みのあるSEにしました。6Sと同じA9チップで性能的にもアップしているので全く問題ありません。

1位:Huawei P9 SIMフリースマートフォン EVA-L09

Huawei P9 SIMフリースマートフォン EVA-L09

絶妙な大きさと高いスペックが魅力的なスマートフォンです。

性能自体は価格に対して高めになっておりコストパフォーマンスが高くなっています。バッテリー容量もしっかりあるため、1日の使用で電池切れになることはほぼありません。

カメラにこだわりがあり、ライカの協力を得て開発されたデュアルレンズを搭載。美しい写真や動画を撮影することができます。

5.2インチサイズのため、重さも約144gと軽量になっており携行性が向上。持ち運びにも配慮された絶妙なサイズとなっています。

コスパの高さと使い勝手の良さ、5.5インチスマホにはない傾向性が高評価のスマートフォン。ネットや動画の閲覧、アプリゲームのプレイを楽しみつつ、カメラ機能や持ち運びのしやすさも捨てられない人には最適なバランスが素晴らしいスマートフォンです。

画面サイズ:5.2インチ
内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB
バッテリー容量:3000Ah

口コミの評価

・NTT回線なので田舎でも特に不便がなく、非常に快適です。バッテリーは持ちもよく、指紋認証もあっという間。
・4万切りで購入できたのでコスパも良かったですがやはりandroidのosは最低ramが3gb以上必要だとこの機種を購入してつくつく思います。アプリの切り替えも早くイライラする事も無くて良かったです。
・まずデザインがとても良いです。薄くて軽いです。指紋認証はかなり早く、一瞬指を当てるだけで電源が点くので便利です。薄さの割にバッテリー持ちは良いです。Wi-Fi、4Gの感度、速度も文句ありません。
・商品の機能には満足です。特にカメラの機能には,こんなこともできるのかとびっくりするとともに,ぜひ試してみたいと嬉しくなります。
・写真機能は思っていたより綺麗で満足です。ありがとうございました。
・信者は何があってもiphoneになるんでしょうがP9はサイズ 重さ 処理スピード カメラ バッテリー 価格どれをとっても とても満足できる端末です。

まとめ

4万円台のスマートフォンは、基本スペックをできるだけ上げつつ価格を抑えている製品と、基本スペックそこそこに特殊機能やユニークな特色を打ち出した製品に分かれます。

どちらのタイプも一長一短で、用途に合わせて選ぶことで使いやすいスマートフォンを選ぶことができます。ネットや動画の閲覧、ゲームアプリが主目的な基本スペック重視、デザイン性、携行性、カメラ機能などを重視するなら、それらが得意な製品を選びましょう。

契約すべき格安SIMについては以下の記事を参照してください。

格安SIM・格安スマホを一覧表で徹底比較!速度、評判、品質、料金プランとかけ放題オプションのまとめ!

SIMフリー格安スマホ端末のランキング一覧は以下の通りです。

1万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキング 2019-2020 スマホデビューにピッタリ

2万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキング 2019-2020 スマホゲームもサクサク

3万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキング 2019-2020 ストレスフリーで使える

4万円台のSIMフリー格安スマホ端末のオススメ人気比較ランキング 2019-2020 快適なスマホライフ

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,