日焼け止めパウダーのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 プチプラノンケミカルからボディの透明効果まで

      2018/11/16

人気の日焼け止めパウダー

有害な紫外線から肌を守るためには日焼け止めを使用しなければならないことは分かっていても、ベタつく肌に日焼け止めクリームや日焼け止めスプレーを塗るのは抵抗があるものです。そんなときに肌にサラサラ感を与えながら紫外線もしっかりカットしてくれる日焼け止めといえば日焼け止めパウダーです。

ところが日焼け止めパウダーは、ドラッグストアで買えるような市販のプチプラのノンケミカルの日焼け止めパウダーから、ボディに使えるものや透明になるものまで効果もさまざまで使い方や選び方が分からなくなってしまうものです。

そこで今回は、ベタつきを気にせず使える日焼け止めパウダーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。日焼け止めパウダーで日焼け止めクリームが苦手な人も快適な紫外線防止を実現しましょう。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

日焼け止めパウダーとは?

日焼け止めに効果のあるスキンケアアイテムの中でも、日焼け止めパウダーとはどのようなものなのでしょうか。まずは日焼け止めパウダーについて知っておきましょう。

パウダータイプの日焼け止め

日焼け止めにはさまざまなテクスチャーの製品があり、一般的な日焼け止めといえばクリームやローションのようなテクスチャーとなっています。

日焼け止めパウダーは、そんな日焼け止めの中でもパウダータイプのものとなっており、見た目は使い方はファンデーションに近いものとなっています。

パフなどを使って肌全体を叩くようにしてなじませていきます。

肌へのダメージを防ぐ

日焼けをすると肌にはさまざまな症状が現れますが、大きく分けると皮膚が赤くなったり水ぶくれをする症状と肌が黒く日焼けしてしまう症状です。

この2つの症状は日光に含まれている紫外線(UV)によって引き起こされますが、異なる種類の紫外線が原因となっています。

肌が日焼けによって黒くなってしまう症状は紫外線A波(UVA)という紫外線が原因で、この症状をサンタンといいます。

皮膚が赤くなったり水ぶくれをする症状は紫外線B波(UVB)という紫外線が原因で、この症状をサンバーンといいます。

皮膚病の原因となるのが紫外線C波(UVC)という紫外線で、近年のオゾン層の破壊によって地上へ届いてしまうことが心配されています。

表にまとめると次の通りです。

紫外線の種類 紫外線による影響
紫外線A波(UVA) 肌の炎症を引き起こし、シワやたるみなど肌老化の原因になる
紫外線B波(UVB) 肌が黒く焼ける原因となり、色素沈着によってシミやソバカスとなる
紫外線C波(UC) 皮膚病の原因となる

日焼け止めにはサンバーンを防ぐためのSPFという指標とサンタンを防ぐためのPAという指標があり、基本的には肌が炎症を起こすサンバーンと肌が黒くなるサンタンの両方を防ぐことができます。

SPFは、日焼けを遅らせる効果のことです。

例えばSPF10なら、通常の10倍に日焼けを遅らせることができるため、日焼け止めを塗らずに1分間日焼けするのとSPF10を塗って10分間、日焼けするのが同等の紫外線量を肌に受けるということになります。

SPF50なら、通常の50倍に日焼けを遅らせることができるため、日焼け止めを塗らずに1分間日焼けするのとSPF50を塗って50分間、日焼けするのが同等の紫外線量を肌に受けるということになります。

PAはプロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略称で、紫外線A波(UVA)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUVAに対する効果の高さを示し、+~++++までの4段階があります。

どちらの症状も紫外線が原因となっており、日焼け止めは紫外線を遮断することでさまざまな肌のダメージを防ぐことができます。

ベタつきを抑えた使い心地が魅力

日焼け止めというとクリームやローションが一般的ですが、どうしても肌に塗るとベタつきが気になってしまうという欠点があります。

汗をかいている肌をさらに日焼け止めでベタつかせるのは不快だと思う人も少なくありません。

日焼け止めパウダーは、肌に塗ってもベタつくことはなく、むしろサラサラで爽やかな使い心地となっています。

特に女性は化粧をしていることも多く、日焼け止めクリームではメイクがヨレてしまうこともありますが、日焼け止めパウダーならメイクがヨレることもありません。

また日焼け止めパウダーは、ファンデーションとしても使えるものもあるため、メイク直しと日焼け止めの塗り直しを同時に行うことも可能です。

ベタつきを抑えた使用感が日焼け止めパウダーの魅力となっています。

顔や身体を赤外線から守れる

日焼け止めパウダーは、顔用の製品が主流ではありますが、身体用の日焼け止めパウダーもあります。

日焼け止めパウダーを使えば、ムラなく全身に日焼け止めを塗れるだけでなく、日焼けが気になる部位にピンポイントで使うこともできます。

パフで狙い通りのポイントだけに日焼け止めができる使い勝手の良さも兼ね備えています。

透明なパウダーなら目立たない

日焼け止めクリームなどを使用すると、白浮きと呼ばれる現象が発生します。日焼け止めクリームが白く残ってしまい、肌が白くなってしまうだけでなく服が汚れる原因にもなります。

ところが日焼け止めパウダーの中には透明なパウダーも存在するため、肌に塗ってもそれほど目立たず日焼け止めを使っていることがバレにくくなります。

顔も身体も白浮きしたくない場合には、透明な日焼け止めパウダーを使うのもアリです。

ルースパウダータイプとプレスとタイプがある

日焼け止めパウダーは、テクスチャーによって大別すると2つに分類することができます。それぞれルースパウダータイプとプレストパウダータイプです。

ルースパウダータイプは、粉状のサラサラとしたパウダーのことで、ナチュラルに仕上げることができます。

一方でパウダーが落ちやすいためこまめな塗り直しが必要になり、粉状になっているため持ち運んで使用するには不向きです。自宅での使用に向いています。

ルースパウダータイプは、パウダー押し固められているタイプで、肌にしっかりと密着させることができます。塗り直しの回数を減らすことができ、持ち運ぶときにも非常に便利です。

一方で重いつけ心地になりやすいのが欠点です。

日焼け止めパウダーのタイプによって使い方も変わってくるため注意深く見ておきましょう。

ノンケミカル処方で肌にやさしい日焼け止めパウダーも

日焼け止めパウダーを使いたいものの肌が弱くてなかなか使えないという人もいるかもしれません。

そんな肌が弱い人にはノンケミカル処方の日焼け止めパウダーが最適です。

日焼け止めパウダーには、紫外線を遮断する成分として紫外線吸収剤と紫外線散乱剤が使われています。一般的にノンケミカル処方の日焼け止めパウダーは紫外線散乱剤が使用されています。

紫外線吸収剤は紫外線をしっかりと防ぐことができる一方で刺激が強くなっています。

紫外線散乱剤は紫外線を防ぐ効果は劣るものの、低刺激で肌が弱い人でも使えるようになっています。

肌が弱い人でもノンケミカル処方の日焼け止めパウダーを選ぶことで、肌にダメージを与えることなく使うことができます。

無添加の日焼け止めパウダーで敏感肌でも安心

敏感肌の人は、日焼け止めパウダーに配合されている成分によって肌を傷めてしまうこともあります。そんなときには無添加の日焼け止めパウダーを選びましょう。

肌へのやさしさにこだわった無添加の日焼け止めパウダーが多く販売されており、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベンなどがフリーになっている日焼け止めパウダーを選ぶことによって肌の刺激を最小限に抑えることができます。

敏感肌の人でも安心して日焼け止めパウダーを使いたいなら、無添加の日焼け止めパウダーを優先的に探してみましょう。

洗顔料や石鹸で落とせる日焼け止めパウダーもある

日焼け止めの中にはクレンジングを使わないとなかなか落ちない日焼け止めもあり、当然ながら日焼け止めパウダーもクレンジングを使用しなければいけない日焼け止めパウダーがあります。

一方で最近では落ちやすさを強みにしている日焼け止めパウダーもう登場しており、クレンジング不要タイプの日焼け止めパウダーや石鹸でも簡単に落とせる日焼け止めパウダーが登場しています。

顔や身体に使用する日焼け止めパウダーを使用した後に簡単に落とすことができれば、後処理が楽になるだけでなく肌のダメージを最小限に抑えることができます。

使用後の日焼け止めパウダーの落としやすさは、使い勝手の良さにも直結します。

飲む日焼け止めサプリメントと併用すると万全

日焼け止めは肌に塗ることで効果を発揮するため、塗り忘れや塗りムラがあると肌へのダメージを防ぎ切れないという欠点があります。

そんなときに大活躍するのが飲む日焼け止めサプリメントです。

飲む日焼け止めサプリメントは、肌を紫外線に強くする効果のあるサプリメントで、美容や美白の効果もあるため紫外線による肌へのダメージを回復させる効果もあります。

また効果が全身にムラなく届くため、万が一、日焼け止めで紫外線を防ぎ切れなかった場合、飲む日焼け止めサプリメントによる効果が最終防衛ラインとなってくれます。

そのため飲む日焼け止めサプリメントで全身をケアしておくことで、完璧な日焼け対策を施すことができます。

飲む日焼け止めサプリメントについては、以下の記事を参照してください。

飲む日焼け止めサプリメントのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 仕組みや成分から副作用と口コミまで

日焼け止めパウダーの使い方

日焼け止めパウダーはどのようにして使えばいいのでしょうか。日焼け止めパウダーの効果を最大限に高めるためにも、日焼け止めパウダーの使い方をしっかりと確認しておきましょう。

日焼け止めパウダーの効果的な使い方

1.パフでパウダーを取る
2.化粧下地やファンデーションの上から塗る
3.顔の中心から外側に向けてやさしく抑えるようにつけていく
4.目の下、小鼻などの化粧が崩れやすいポイントはしっかりと面で押える
5.ほかの部分は毛穴にふんわり置くようにサラリと点でつける
6.日焼けしやすい出っ張った部分や塗り忘れが多い耳や生え際もしっかりケアする

日焼け止めパウダーは化粧下地ファンデーションの上から塗るのが一般的です。

日焼け止めパウダーの付け方を間違えてしまうとメイクがヨレて化粧が崩れる原因になります。必ずポイントを押さえて日焼け止めパウダーを塗りましょう。

また日焼け止めしやすいポイントや塗り忘れが多いポイントもしっかりと押えて、日焼け止めパウダーを塗っておきましょう。

ブラシタイプの日焼け止めパウダーの使い方

1.キャップを外してブラシを出す
2.ブラシで顔全体を撫でるように日焼け止めパウダーをなじませる
3.使用後はキャップをつける
4.ブラシを取り外して洗える場合には定期的に洗う

ブラシタイプの日焼け止めパウダーは塗り直しをするときに非常に便利です。

使い方自体は非常に簡単でブラシで顔全体をなじませるようになれることで日焼け止めパウダーをしっかり止めることができます。

首元や足に塗るときにもブラシタイプは非常に便利です。

パフで身体に日焼け止めパウダーを塗るのに抵抗がある人は、身体用の日焼け止めパウダーを用意してブラシタイプを使うようにしましょう。

日焼け止めパウダーを塗り直す方法

1.2時間~3時間ごとに塗り直す
2.化粧の上からやさしく塗る
3.目の下、小鼻などの化粧が崩れやすいポイントはしっかりとケアする

日焼け止めパウダーの効果は時間が経過すると低下します。そのため塗り直しが必要になります。

日焼け止めパウダーの塗り直しは2時間~3時間ごとがベストとなっており、メイク直しなどのタイミングで一緒に日焼け止めパウダーを塗り直すのも有効です。

日焼け止めパウダーの塗り直し方自体は、日焼け止めパウダーの効果的な使い方と基本的には変わりません。メイクがヨレやすいポイントなどを重点的に抑えた日焼け止めパウダーの塗り直しを行いましょう。

日焼け止めの落とし方

1.顔はクレンジングや洗顔料で落とす
2.身体は石鹸やボディソープで落とす
3.泡立てて身体のシワに沿って洗う
4.関節部分はしっかりとシワを伸ばして洗う
5.うなじや首回りは落とし忘れが多いため注意が必要

最近では簡単に落ちる日焼け止めパウダーも増えています。日焼け止めパウダーによって落とし方にも違いがあることを理解しておきましょう。

クレンジングなどで落とすこともできますが、洗顔、石鹸、ボディソープなどでも落とすことは可能です。

大切なのはよく泡立てて洗うこと。泡立てることで日焼け止めが落ちやすくなります。

シワなどはしっかりと伸ばして日焼け止めを落としましょう。首回りは洗い方が不十分になりやすいので注意しましょう。

日焼け止めパウダーの選び方のポイント

日焼け止めパウダーを選ぶときにはどのようなポイントに気をつけなければいけないのでしょうか。日焼け止めパウダーの選び方のポイントをチェックしていきましょう。

日焼け止め効果を決定付けるSPFとPA

日焼け止めパウダーを選ぶときに絶対に確認しておかなければならないのがSPFとPAのレベルです。SPFとPAが日焼け止めの紫外線を防ぐ効果を決定付けます。

SPFは、日焼けによる肌の炎症などの症状であるサンバーンを防ぐ効果を表す指標です。

PAは、日焼けによる肌が黒くなる症状であるサンタンを防ぐ効果を表す指標です。

日焼け止めには、SPFとPAのレベルに応じた表示がされており、日焼け止めを使うシチュエーションに合わせた最適なSPF/PAレベルの日焼け止めを選ぶ必要があります。

SPF/PAレベルが実際に日焼け止めを使用するシチュエーションと合致していなければ、日焼け止めだけでは紫外線を止めることができず肌が焼けてしまうことになります。

そのため次の表を参考にして、活動内容に応じた最適なSPF/PAレベルの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

使用する状況\レベル SPF PA
日常生活 SPF15 SPF+
通勤通学や散歩 SPF25 SPF++
屋外での軽いスポーツ SPF35 SPF+++
炎天下でのスポーツや作業 SPF50 SPF++++

顔用と身体用

日焼け止めパウダーには、顔用の製品と身体用の製品があります。

顔用の日焼け止めパウダーは顔に塗ることを前提としており、身体用の日焼け止めパウダーは身体に塗ることを前提としています。

日焼け止めパウダーをどのように使うかが決まっているなら、使い方に合わせたタイプの日焼け止めパウダーを選ぶ必要があります。

パウダーの色

日焼け止めパウダーには色がついており、ファンデーションのように肌に塗ることで肌を白く見せたりキレイに見せたりすることができます。

肌の色に合わせた日焼け止めパウダーを選べば、違和感なく使うことができるようになります。

また透明な日焼け止めパウダーもあり、こちらは身体に使うときに最適です。肌の色を気にせず使うことができます。

肌の色や使用状況に合わせて日焼け止めパウダーの色にご注意を払っておきましょう。

機能と効果

日焼け止めパウダーには、紫外線を遮って日焼けを抑える効果以外にもさまざまな効果があります。

日焼け止めパウダーを使用する人の多くは肌の保湿、美容、美白を重視しているため、保湿効果、美容効果、美白効果に優れている日焼け止めパウダーも多くあります。

また化粧下地として使えるものや皮脂を吸収してテカリを抑えることができる日焼け止めパウダーもあります。

もし肌を日焼けから守るだけでなく、肌質を改善したい場合には、肌質を改善する効果に優れている日焼け止めパウダーを使いましょう。

日焼け止めパウダーには、紫外線をカットする以外にもさまざまな効果があるため、必要となる効果がある場合には紫外線カット以外の効果を重視した日焼け止めパウダーを選ぶのもアリです。

テクスチャー

日焼け止めパウダーにはテクスチャーの違いがあり、ルースパウダータイプとプレストパウダータイプがあります。

テクスチャーの違いは使い心地や使い方にも大きな影響を与えます。

ルースパウダータイプは自然なつけ心地を実現し、自宅で使用するのに最適です。

プレストパウダータイプはしっかりとつけることができ、持ち運びに優れているため塗り直しにもピッタリです。

ルースパウダータイプとプレストパウダータイプのそれぞれの特徴をしっかりと理解したうえで、使い方に合わせて最適なタイプのテクスチャーを選ぶようにしましょう。

使いやすさ

日焼け止めパウダーは使いやすさもしっかりと考える必要があります。

タイプによって持ち運びやすさが変わるのは当然のことで、そのほかにもパフで塗るのか、それともブラシで塗るのかによっても使いやすさは変わってきます。

また顔に塗るのと身体に塗るのとでは、同じ日焼け止めパウダーでも使いやすさは変わります。

実際に使用するシチュエーションを想定して、その状況により適合している日焼け止めパウダーを見つけ出しましょう。

落としやすさ

どれだけ効果が高い日焼け止めパウダーでも、使用後の処理が面倒なら使い続ける気も失せてしまいます。

毎日、日焼け止めパウダーを使うことを前提とするなら、簡単に落とせることは非常に重要です。

最近では、クレンジング不要で落とせるものや洗顔料や石鹸で落とせるものも販売されています。

日焼け止めパウダーを簡単に落とすことができれば、スキンケアの手間が省けるだけでなく肌のダメージを最小限に抑えることができます。

日焼け止めパウダーの落としやすさは盲点となりやすいポイントですが、購入前にはしっかりと落としやすさまで確認して納得したうえで日焼け止めパウダーを選んでおきましょう。

日焼け止めクリームとの相性

日焼け止めパウダーは日焼け止めクリームのベタつきが苦手な人が併用することも多く、日焼け止めクリームと併用する場合には相性が重要になります。

日焼け止めクリームを使用した後に日焼け止めパウダーを使えばサラサラ感が強くなるため、ベタつきを抑えて不快感を軽減することができますが、厚塗りになりすぎることもあります。

必ず日焼け止めパウダーも日焼け止めクリームも、軽めのものを選んでおきましょう。

また日焼け止めパウダーと日焼け止めクリームの色や香りが混ざり合うことで問題が発生する可能性もあるため、同系統の製品か同じシリーズの製品で揃えることをオススメします。

刺激と安全性

日焼け止めパウダーは肌に直接塗るものであり、塗り直しをすることもあるため肌への影響は計り知れません。

ニキビやアトピー、アレルギーや敏感肌など、肌が刺激に弱い人は、刺激の強い日焼け止めを塗ってしまうと肌にダメージを与えてしまうことになります。

できるだけ肌トラブルを抑えたいなら、有機系素材の日焼け止めではなく無機系素材(ノンケミカル)の日焼け止めパウダーを優先的に選ぶのがオススメです。

無機系素材の代表例は酸化鉄、酸化亜鉛、酸化チタン、アルミニウムなどで、これらの成分を配合しているものを選んでおけば肌への刺激を抑えることができます。

また無添加でナチュラル処方の日焼け止めパウダーも肌にやさしく、肌が弱い人でも安心して使うことができます。

肌を守るための日焼け止めパウダーを使って肌にトラブルが起こっては本末転倒。肌への刺激と安全性もしっかりチェックしておきましょう。

香り

日焼け止めパウダーには香りがついているものも多く、日焼け止めパウダーを使うと香りをまとうことができます。

日焼け止めパウダーの香りはフレグランス効果などにも期待できる一方で、何度も日焼け止めパウダーを使用する場合には香りが強くなりすぎる可能性もあります。

またフレグランスミストや香水を使っている場合には、日焼け止めパウダーの香りが邪魔になる可能性もあります。

ほかの香りのことも考えて、日焼け止めパウダーの香りも慎重に選びましょう。

価格

日焼け止めパウダーは使用頻度が高く、しっかりと日焼け止めパウダーを使おうとすると使用量が多くなります。日常的に使うことになる日焼け止めパウダーの価格にはシビアな判断が求められます。

日焼け止めパウダーは、ドラッグストアで買えるような市販品のプチプラからノンケミカル処方などの高機能な高級品まであり、500円~5000円程度で購入することができます。ボリュームゾーンは3000円前後で、ある程度の費用が必要なことは覚悟しておきましょう。

値段が安い日焼け止めパウダーは紫外線をしっかりとカットすることができず、万全の日焼け対策には不向きです。ちょっとした日焼け止めに使用するなら問題ありませんが、強い日差しの中で使うには力不足になることがほとんどです。

一方で値段が高い日焼け止めは紫外線をしっかりとカットし、さらに美容や美白など肌に嬉しい効果や機能を兼ね備えています。ただし値段が高いため贅沢に使うことが難しく、日焼け止めパウダーを塗る頻度が少なくなることで日焼けしやすくなってしまうこともあります。

日焼け止めパウダーは何度も塗り直すことで本領を発揮するため、使用するときに気兼ねなく使える価格帯の日焼け止めを選んでおきましょう。

ただし日焼けでダメージを受けた肌をスキンケアで回復させる方が、日焼け止めパウダーにかかる費用よりもはるかに高くなってしまうため、後々の肌のことを考えるなら、日焼け止めパウダーは値段を気にせずにしっかりと効果のあるもの選んでおくことをオススメします。

日焼け止めパウダーのオススメ人気比較ランキング

ここからは、サラサラ感の強い肌触りで人気となっている日焼け止めパウダーのオススメ人気比較ランキングをご紹介します。紫外線カット効果、機能、使いやすさ、刺激、安全性、価格、口コミの評判などを参考にランク付けしています。

14位:サラ ボディパフパウダー UV サラの香り

サラ ボディパフパウダー UV サラの香り

身体に使うことができるサラのボディパフパウダーです。

SPF20、PA++となっており、普段使いするには十分な紫外線防止効果を兼ね備えています。

透明感の明るい肌に仕上げることができる美白効果も魅力的で、汗ばむ肌も日焼け止めはどのベタつく肌もサラサラに仕上げることができます。

90種類以上の天然エッセンスから構成されている香りも魅力になっており、フレグランス代わりに使用することができます。汗の臭いをごまかすこともできます。

値段が非常に安いのもポイントで、できるだけ予算を抑えたい人も納得です。

身体に使うことができる日焼け止めパウダー。身体用の日焼け止めパウダーを探しているならとりあえず試してみることをオススメします。

口コミの評判

・夏場のテカリ押さえ、ルースパウダー代わりに使用しています。お風呂上りや日焼け止めのべたつき押さえになど全身に使えて重宝しています。顔はうすーくつけないと真っ白になってしまうので注意が必要です。かなり持ちがよく2年くらい使えました。(ほとんど夏場しか使ってないけど)コスパよいです。
・香りは爽やかな中にも甘さある、女性らしい良い香りですが、個人的には男性でも使えそうだと思います。
・日焼け止めのべたべた感が嫌だったのですが上からこれをつけるといい感じです。
・肌が弱く、日焼け止めは絶対無理なので、夏は顔から首、手や腕に使ってます(顔に使うときは白残りしないよう細心の注意はらってます)全く何もしないよりかはいいと思っています。香りは「サラの香り」のほうが、爽やかで甘い成分が少なくて好きです。

13位:ヒガサンヌ メイクの上から使えるUVパウダー

ヒガサンヌ メイクの上から使えるUVパウダー

メイクの上から使うことができる日焼け止めパウダーです。

顔用の日焼け止めパウダーとなっており、メイクの上から使うことを前提に設計されています。そのためメイクがヨレる心配がありません。

紫外線防止効果は最高レベルとなっており、しっかりと紫外線をカットすることができます。強い日差しの中でも安心です。

皮脂と汗を吸着するパウダーとなっているため、サラサラ感が長く続きます。肌触りを重視する人も大満足です。

白浮きや白残りしない微粒子ルースパウダーとなっており、ヒアルロン酸を配合しているため保湿効果にも優れています。

イオンによる2つの消臭メカニズムによって汗の臭いを防ぐこともできます。香りでごまかさないため非常に使い勝手が良くなっています。

塗り直しにも最適な日焼け止めパウダー。高機能で使い勝手の良さが光ります。

口コミの評判

・何度メイクの上からやりなおしても仕上がりもいいし、便利ですね!
・メイク直しは面倒だし、メイクの上からスプレーするUVもあるけどパウダーの方が簡単だしいいかな?と思って購入しました。他にもUVパウダーは出ていますが、どれも白っぽく、白浮きするのが嫌でした。こちらは白く浮かないし、日焼けもしませんでした。1年中使いたいです。
・日焼け止めをメインにした商品だったのでどうかな?と半信半疑でしたが肌につけた感じは意外に普通でした。メイクの上からつけても違和感はなく、化粧直しに向いていると思います。
・乾燥肌なのでしっかりクリームを塗っています。クリームの上にファンデを付けると厚塗り感がものすごいのですが、これだけだときれいに仕上がります。うっすらピンク色がついていて顔色良く見えるのでファンデ要らずです。

12位:エトヴォス ミネラルUVボディパウダーⅠ

エトヴォス ミネラルUVボディパウダーⅠ

高い紫外線カット効果と低刺激を両立している日焼け止めパウダーです。

肌の刺激が気になって日焼け止めパウダーを使うことができない人も多いですが、この日焼け止めパウダーは低刺激処方となっているため敏感肌の人も安心して使うことができます。

さらに乾燥による肌へのダメージも防ぐことができます。

PSF40、PA+++というしっかりとした紫外線カット効果を兼ね備えており、低刺激ながら紫外線から肌を守ることもできます。

ボディパウダーであるため身体への紫外線を防ぐことができます。

気になる汗の臭いも、配合されているイランイランの精油の香りによってカバーすることができます。

紫外線をしっかりと防ぎながら肌のことも考え抜かれている日焼け止めパウダー。できるだけ肌の負担を抑えたいなら一度は試してみるべきでしょう。

口コミの評判

・香りはイランイランの香りが結構強めのなので濃いにおいが苦手な人は苦手かもしれないです。
・ボディの美白が気になっていたので、ゲットしました。サラサラ感が使い午後良いと思います。もう少し高UVカット率なら申し分無いです。
・真夏はこれだけだとちょっと不安だったのでアネッサの敏感肌用と併用していました。これからの季節はこれだけでも大丈夫そうです。
・子どもと一緒に使えると思い購入しました。香りはとてもよく気に入っています。

11位:ラロッシュポゼ 敏感肌用日やけ止めフェイスパウダー UVイデア デイリープロテクションパウダー

ラロッシュポゼ 敏感肌用日やけ止めフェイスパウダー UVイデア デイリープロテクションパウダー

気になる肌の問題点をしっかりカバーしてくれる日焼け止めパウダーです。

色付きの微細なパウダーが、気になる毛穴、シミ、くすみ、色ムラをしっかりとカバーして透明感のある肌に仕上げてくれます。

やりしうむを配合しており過剰な皮脂や汗を吸着することでテカリを抑えて化粧崩れを防ぐことができます。

肌の刺激が少なく紫外線防止効果も十分で、普段使いには最適です。

メイクの仕上げや化粧直しにも活用することができ、抗酸化成分であるビタミンEを配合しているため、PM2.5などの外部刺激から肌を守ってくれます。

メイク落としは不要となっており、洗顔料だけで落とすことができるため使い勝手にも優れています。

ファンデーションのように使うことができる肌を美しく演出できる日焼け止めパウダー。メイクと日焼け止めの2役をこなす器用な日焼け止めパウダーです。

口コミの評判

・乾燥のひどい季節に、加齢で元々弱った肌+敏感肌を守ってくれるような軽いタイプのフェイスパウダーです。シミやシワは隠れませんが、いちいち面倒なメイクをしなくてもいい散歩や買い物程度ならこのパウダーで十分です。シンプル過ぎるコンパクトですが、鏡台で使う分にはこのほうがいいと思います。
・ラロッシュポゼのBBクリームを使っていますが、顔の全部じゃなくて、頬などの面積が大きくて、日焼けしやすい部分に塗っています。パウダー(お粉)というよりは、ファンデーションに近い質感です。
・B Bクリームでカンタンメイクした上にパウダーするだけで、ファンデーションを塗った後のような肌感になります。普段あまり濃いメイクしたくない時にちょうどよいです。またコンシーラーやリキッドファンデーションの仕上げに使うときめ細かく肌が収まります。
・敏感肌でもOK。化粧崩れしにくくなる。ケースはパフとパウダーを入れる部分を区別して入れられるように工夫されていて、とても使いやすい。

10位:ミラクルヴェール UV 天然ダイヤモンド配合 日焼け止めパウダータイプ

ミラクルヴェール UV 天然ダイヤモンド配合 日焼け止めパウダータイプ

天然ダイヤモンドを配合している美肌を演出する日焼け止めパウダーです。

天然ダイヤモンドが配合されているため軽くパッティングするだけでUVカットとキラキラ美肌をいつでも演出してくれます。

紫外線防止効果が高くなると日焼け止めパウダーは肌の刺激も強くなりますが、この日焼け止めパウダーは天然ダイヤモンドの粉末によって光を反射するという画期的な方法を採用したことで肌の刺激を最小限に抑えることができます。

紫外線吸収剤が不要となっているため紫外線防止効果はそれほど高くありませんが、日常的に使う日焼け止めパウダーとしては十分な紫外線防止効果を兼ね備えています。

ダイヤモンドの粉末は、紫外線を反射するだけでなくアクセントにもなるため、肌を美しく見せたい人にも最適です。

肌を美しく演出しながら肌の刺激を抑えることができる日焼け止めパウダー。強い日差しの中で使用するには心許ないですが、それほど日差しが強くなければ十分に活躍することができます。

口コミの評判

・とっても素肌がきれいに見えます!!購入してよかったです。ダイヤモンドいれなのでお肌もきらきらです。
・リキッドファンデーションでも、パウダーファンデーションでも、最後の仕上げにミラクルヴェールをポンポンっと顔全体にやるだけで、不思議と色合いが決まります。少しキラキラしますが、慣れるとキラキラ無しでは居られなくなります。下地→ファンデーション→ミラクルヴェールの順で、ぜひ、使ってみて下さい。
・休日外でスポーツをするので、日焼け止め効果のあるお粉を探していました。朝クリーム状の日焼け止めをつけて、その上にポンポンしてます。出先では(アウトドア)お直しにもポンポンしてます。簡単に使えてテカリも防止してくれるので、今のところ顔と首は日焼けしないでもってます。
・キラキラダイヤモンドが光って明るい雰囲気のお肌に見えるのが気に入ってます。

9位:セフィーヌ シルキーUVパウダー

セフィーヌ シルキーUVパウダー

ケミカルフリーで敏感肌の人も安心して使える日焼け止めパウダーです。

SPF30、PA+++の日焼け止めパウダーとなっており、普段使いには十分な紫外線防止効果を兼ね備えています。安心して肌を任せることができます。

最大の特徴は肌へのやさしさ。紫外線吸収剤不使用のケミカルフリーとなっており、合成香料、合成着色料、鉱物油、エタノール、石油系界面活性剤が無配合となっているため、肌のダメージを最小限に抑えて使用することができます。

肌と同じ十数種類のアミノ酸で構成された自然素材も魅力となっており、肌なじみがよく肌のうるおいを保ちながら整えることができます。

ひとつひとつの毛穴をカバーし、皮脂や汗をすばやく吸着することでテカリを抑抑えつつメイクのヨレを防ぎます。

確かな紫外線防止効果に加えて肌をいたわることができる日焼け止めパウダー。それほど日差しが強くない季節は肌のことを考えるとこの日焼け止めパウダーがベストです。

口コミの評判

・毎朝化粧の仕上げに使ってます。下地もセフィーヌを使っているのもあって、時間が経てば経つほど馴染んで(綺麗な)素肌っぽく見せてくれます。
・綺麗って作れるんだなぁと初めて感じました。イチゴ鼻に赤いニキビ跡、目の下ちりめん皺の45歳素肌に直塗り。薄い肌色の微粒子のお粉。着けたては白くなりますがしばらくすると肌に馴染みます。そして、まるで素肌が綺麗なんじゃ。。。?と、錯覚してしまいそうな素肌感。シミや赤みをカバーする訳では有りませんがキメが整っているように見えます!!!こやんなに肌質が変わって見えるパウダーは初めてです!感動のあまりレビュー書きました!!!でもきっと効果は個人差あると思うので、ご使用は自己責任でお願いします。買って良かった!!!!!
・他の方のレビューを参考にさせていただいたのですが、つけた直後は白くなりますが、時間が経つと馴染んでくる、カバー力はあまりない、とても肌が綺麗に見える、その通りでした!私はシミが濃いので、しっかりコンシーラーとリキッドファンデでシミをカバーした後に使っています。マットな仕上がりが好みの方にお薦めです。
・私は本当に好き。今27歳で結構長い間ニキビに悩んでいたから、隠したくて色んなファンデーション使っていました。けど、やっぱり肌に優しいのが一番。肌を明るく滑らかに見せてくれるのがいい感じ。周りからも肌綺麗になってって言われます。渡辺直美さんが愛用してるって知ってから、使うきっかけになりました。ありがとうございます。

8位:ディーアール プレミアム ビューティープロテクターパウダー

ディーアール プレミアム ビューティープロテクターパウダー

多彩な機能で万全の日焼け止めを実現できる日焼け止めパウダーです。

高機能な日焼け止めパウダーってなっており、化粧崩れを防ぎつつ美肌に導いてくれます。

肝心の紫外線防止効果は最高レベルとなっており、強い日差しでもしっかりと紫外線をカットすることができます。紫外線吸収剤を使用しておらず、紫外線散乱剤だけで高い紫外線防止効果を実現している点がほかの日焼け止めパウダーとの大きな違いです。

ハイドロキシアパタイト配合しており、皮脂の主成分を吸着することによって化粧崩れやメイクのヨレを防ぐことができます。

またウォータープルーフ仕様となっているため汗や水、さらには皮脂にも強く、簡単にパウダーが落ちません。

時間が経つと皮脂はファンデーションと混ざってくすみとなってしまいますが、皮脂を吸着することによって変色を防いで明るい肌を保ち続けます。

さらに多孔質シリカが光を乱反射することで、透明感のある肌を演出します。

ミネラルにこだわっており、肌に塗っても低刺激となっています。そのほかヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分を配合しており、肌をしっかりと守ることができます。

細かいラメが入っているため顔だけでなく身体もキレイに見せることができ、専用クレンジング不要で簡単にスッキリと落とすことができます。

非常に高い機能と性能を兼ね備えている日焼け止めパウダー。容量を考えると値段が少し高めになっていますが、値段以上に価値のある日焼け止めパウダーに仕上がっています。

価格よりも効果を重視するならこの日焼け止めパウダーにしましょう。

口コミの評判

・家にいる時には、UVの上にパタパタ。これだけで今年の夏は日焼け知らずで過ごせましたよ。
・一昨年から夏は使っています。汗だくでもタオルにファンデが付かなくなります。肌がワントーン明るくなる感じです。手放せません。
・下地と一緒に買いましたが、少しの量で綺麗になるのでコスパも良く、いい商品だと思います(^^)これにしてから、化粧の浮きが気にならなくなりました。
・ファンデによるハンカチタオル汚れが気になって購入。最後の仕上げに使うと汗を拭いてもファンデが付かなくなりとても気に入っています。キラキラパウダー配合でお肌に透明感も出ます。無くなったらリピートしたいフィニッシュパウダーです。

7位:ラーネオナチュラル UVフェイスパウダー

ラーネオナチュラル UVフェイスパウダー

紫外線によるダメージから肌を守りながら気になる小ジワや毛穴をカバーできる日焼け止めパウダーです。

ミネラルと花エキスをベースにしたフェイス用日焼け止めパウダーとなっており、きめ細かな透明感のある肌に仕上げることができます。

しっかりとした紫外線防止効果を兼ね備えており、普段使用するには十分な紫外線対策ができます。

肌を健やかに保つための植物エキスを配合しており、ファンデーションの仕上げ用としてだけでなく素肌に直接使うこともできます。

紫外線吸収剤が不使用となっているため低刺激で安全性が高く、乾燥肌の人、敏感肌の人、ナチュラルメイクが好みの人も気兼ねなく使用することができます。

もちろん無添加となっているため、肌にダメージを与えるようなものは入っていません。安心して使います。

必要十分な紫外線防止効果を兼ね備えながら肌へのやさしさを追求している日焼け止めパウダー。肌を美しく見せることができるため普段使いに最適な日焼け止めパウダーです。

口コミの評判

・肌に優しくて、石鹸で落とせる所が気に入っています。粉質が柔らかく、ふんわりとした仕上がりです。カバー力に関しては、ルースパウダーとファンデーションの間くらいで素肌をほんのり明るく見せてくれます。日焼け止め効果も十分にあると思います。きちんと効果が出るよう、気持ち厚めに塗っていますが、白くならないのが良いです。
・小さい子が頬をスリスリするので、なるべく無添加の物が良く、以前から使っていました。以前より、ケースの穴が大きくなったので、粉が出やすく、使いやすくなりました。
・これ一つで肌を綺麗に調えてくれて、ファンデーションの代わりになるので重宝しています。
・私は、イエベのかなりの色白なので色は合いませんが…これは保湿後に直接直ぐに、はたいても本当によれません。安くて、ここまでよれないパウダーは初めて。日焼け対策も出来てお肌にも優しい最高のパウダー。さらさらが持続するので春夏向けかなと思います。カバー力はあまりありません。なぜ有名にならないのかが不思議なパウダーです。ちょっとそこら辺までメイクには本当にオススメです!

6位:エトヴォス ミネラルUVパクトⅢ

エトヴォス ミネラルUVパクトⅢ

涼やかな美肌を実現してくれるエトヴォスの日焼け止めパウダーです。

最高レベルの紫外線防止効果を兼ね備えている日焼け止めパウダーとなっているため、夏場の強い日差しの中でも安心です。

軽い着け心地はそのままに毛穴をカバーしながら汗や皮脂に強い処方を実現しています。時間が経っても化粧崩れしにくく、紫外線防止効果を長く持続させることができます。

高い紫外線カット力に加えて、肌の深部にまで届くロングUVAやブルーライトもカットできるセミマットな仕上がりとなっています。

プレストパウダータイプとなっているため持ち運びにも非常に便利。日焼け止めパウダーを塗り直したいときにも重宝します。

万全の紫外線対策を施したい人も大満足できる日焼け止めパウダー。紫外線を防止しながら肌を美しく見せたい人はこの日焼け止めパウダーを試してみるべきです。

口コミの評判

・今年で3年目のリピです。普段は日焼け止下地とにファンデ代わりに、こちらをブラシでつけてます。わりとカバー力あります。
・マットですが、カバー力もあり、自然な感じがとても気に入りました。プレストパウダーは持ち運びも楽で良いですね。これはリピートします。
・リピート2つ目です。去年から使ってます。去年はお直し・ベース両用で使っていました。今年は、お直しコスメとして、使用中です。(たまに、ベースとして使用してますが…)付属のパフで直すと厚塗り感が出てしまうので別売の携帯用のブラシを使って直してます。携帯用のブラシだと薄く付いてくれるのでありがたいです。また、来年も買いたいです。
・普通のファンデも持ってますが、ほぼこれしか使ってません。UVなのも気に入って、ファンデよりお手軽でよいです。日焼けしやすいので年中使ってます。

5位:オルビス サンスクリーン(R) パウダー リフィル&ケースセット ナチュラル

オルビス サンスクリーン(R) パウダー リフィル&ケースセット ナチュラル

しっかりと紫外線を防ぎながら厚塗り感のない自然な仕上がりを実現する日焼け止めパウダーです。

最高レベルの紫外線防止効果を兼ね備えている日焼け止めパウダーとなっているため、万全の日焼け対策を施すことができます。

プレストパウダータイプとなっているため持ち運ぶのにも非常に便利で、塗り直すときにも活躍してくれます。

汗や水に強いウォータープルーフ仕様になっており、さらに皮脂をしっかりと吸収して光拡散力がアップするパウダーを採用しているため、時間が経っても効果が持続します。

またくすみにくいため厚塗り感のないサラサラ美肌をキープすることが可能。粉体同士を密着させるUVカット剤を配合したことで、隙間なく肌に密着して素肌のようになめらかな美肌を実現します。

しっかりと紫外線を防ぎながら自然な仕上がりを実現してくれる日焼け止めパウダー。値段も抑えられているため、コストパフォーマンスにも優れています。

口コミの評判

・サラッとしていて肌になじみやすい日焼け止めパウダー。1シーズン使いましたが染みが増えることなく肌を守ってくれたのでちゃんと効果アリかと思います。使用量は1日当たり大体2~3回塗り直しながら使う感じです。
・リキッドで整えたあとに使ってみました。きめ細やかなパウダーでのりがよく、さらっとした仕上がりになります。透明感が出るので仕上げにちょっと使うと良さそうです。まだ日差しが気になるのでUVカットなのも嬉しいですね。
・見た感じはオレンジっぽく赤みもありますが、浮きにくく、なじむ色ですし、赤み消しにも良さそうな色です。付属のパフで付けていますが、パフは毛足があって、スポンジパフのように滑らせて使うよりも、パウダーを含ませてポンポン肌に付ける方がきれいに付きます。仕上がりはわりとマットですが、粒子が細かく、粉っぽく見えませんし、意外にもしっとりした質感です。
・BBクリームの仕上げとお化粧直しに使っています。きめが細かくサラッとしたパウダーなので、ヨレもなく肌に吸い付くようにきれいに仕上がります。

4位:プライバシー UVフェイスパウダー50 フォープラス

プライバシー UVフェイスパウダー50 フォープラス

透明感にこだわっている日焼け止めパウダーです。

最高クラスの紫外線防止効果を兼ね備えている日焼け止めとなっており、しっかりと紫外線をカットしてくれます。

透明感にこだわっているのが大きな強みとなっており、メイクの上からでも使いやすくなっています。

皮脂吸着パウダーを配合したことで、テカリを防いで化粧崩れを長時間にわたって防止します。

また水溶性コラーゲンやヒアルロン酸など肌にうるおいを与える有効成分を豊富に配合しており、肌の乾燥をしっかりと防ぐことができます。

ふわふわのパフが付属しており、塗り直しも心地よく行うことができます。

敏感肌でも使うことができる低刺激の処方となっているため、肌が弱い人も使うことができます。

透明パウダーで非常に使い勝手に優れているシンプルに使える日焼け止めパウダー。透明というだけでなく高い紫外線防止効果と優れた機能を兼ね備えているため、安心して大切な肌を任せることができます。

口コミの評判

・化粧直しの感じで使えるのでとても便利です。
・使いごこち良いです。肌に合ってるので、かかせません。白くなりすぎないので、使いやすいです。
・めちゃくちゃ良いです!何個リピートしているか分かりません。紫外線対策に便利です。その割に白くなったり、厚塗り感がなくて、何度もつけ直しできます。おすすめです。
・もう10年位の愛用品。近所に買い物くらいならこれひとつで十分。リキッドファンデの上にすれば肌感が綺麗になるからお気に入り。

3位:トランシーノ 薬用UVパウダー

トランシーノ 薬用UVパウダー

強力な紫外線カット機能に加えて透明美肌に導いてくれる日焼け止めパウダーです。

最高レベルの紫外線カット効果を兼ね備えており、強い日差しの中でもしっかりと紫外線を防いでくれます。

スキンケア効果に優れている日焼け止めパウダーとなっており、薬用肌荒れ防止成分のグリチルリチン酸ステアリルを配合しているため、敏感肌な人も安心して使えます。

また角質層リファイン成分やくすみに効果のあるビタミンCなどを配合。使っているうちに美肌になります。

機能性パウダーとなっているため化粧持ちがよく、透明美肌を長く維持することができます。

汗や水に強いウォータープルーフ処方となっており、汗をかいても簡単に日焼け止めパウダーが落ちることはありません。

化粧直しにも使用することができ、紫外線対策をしながらメイクを整えることができます。

紫外線を防止しながら肌を美しく見せるだけでなく、肌を美しくしてくれる日焼け止めパウダー。紫外線防止効果をしっかりと押えながら肌へのやさしさも忘れない文句の付けようのない日焼け止めパウダーです。

口コミの評判

・肌が弱いのですが、こちらの製品は大丈夫でした。触っても肌の違和感もなくてびっくりしました。
・肌がキレイに見えます。とっても良いです。一日中崩れなくて私の強い味方になりました。
・メイクしない日用兼普段のお直し用に購入。付属のパフではなく、手持ちのブラシで使用したんですが白アネッサのジェルに重ねても乾燥しませんでした。乾燥肌+アトピー持ちなので少し心配でしたが肌荒れも痒みもなく良かったです。外出先で日焼け止めを塗り直すのにはパウダータイプが便利ですね。
・パケも薄めで持ち歩くにもいいですし、テカってこない!肌も弱いのですがリキッドファンデのあとでこれで抑えるとかなりいい!毛穴もつまらない感じだし!パフが薄手でペラペラではありますが、家では違うパフ、持ち歩くときは付属パフで良いと思います。色も白すぎることもない。

2位:トゥヴェール 日焼け止めパウダー ミネラルサンスクリーン/シマー(ツヤ)タイプ 天然ミネラル100% ノンケミカル

トゥヴェール 日焼け止めパウダー ミネラルサンスクリーン/シマー(ツヤ)タイプ 天然ミネラル100% ノンケミカル

美容効果を高めている肌にやさしい日焼け止めパウダーです。

天然ミネラルと美容液成分で構成されている日焼け止めパウダーとなっており、ノンケミカル処方となっているため非常に肌にやさしくなっています。

紫外線吸収剤を使用していないにもかかわらず、紫外線防止効果は最高レベルとなっており、強い紫外線もしっかりとブロックしてくれます。

メイクの上から簡単に塗り直すことができるため、塗り直すことまで考えて日焼け止めパウダーを探している人も納得できます。

石鹸で簡単に洗い流すこともできるため、使用後の処理も簡単。非常に使いやすい日焼け止めパウダーとなっています。

高性能かつ高機能ながら値段が非常に安いのもポイントで、コストパフォーマンスに優れています。

肌へのやさしさを優先させている日焼け止めパウダーで、紫外線をしっかりと遮断することもできます。肌を美しく保ちながら紫外線をブロックしたい人はこの日焼け止めパウダーを絶対に使いましょう。

口コミの評判

・今まで使用したミネラル系で一番私の肌には馴染んでいると思います。細かいラメがキラキラと反射するのでクマやくすみが目立たなくなるような気がします。
・ケースもコンパクトで、ちょうどいい大きさ。バッグに入れやすく、外出中でもササッと取り出しパパッとつけれるので、重宝してます。
・こちらのメーカーのミネラルパウダーファンデーションを使っていますが、紫外線が気になる日には、その上から軽く使っています。肌色が明るくなりますし、お気に入りです。石鹸で落とせるのもイイです。
・ファンデを止めて、日焼け止めとこのパウダーのみにしよう。と購入。白くてカバー力もないので、+キャンメイクのマシュマロパウダーを重ね付けしたらバッチリでした。付属のパフが気持ちいいのと、SPFが高いのが真夏でも安心です。

1位:ドクターシーラボ エンリッチ リフト UVパウダー

ドクターシーラボ エンリッチ リフト UVパウダー

ドクターシーラボのメイク直しにも使える最強の日焼け止めパウダーです。

紫外線防止効果が最高レベルとなっており、万全の日焼け対策が可能です。

メイクの上から使えるため、日中の塗り直しも簡単です。

テカリとベタつきを防ぐ皮脂吸着パウダーを配合しており、サラサラでなめらかな仕上がりを実現してくれます。

さらに金のコラーゲンEX、コエンザイムQ10、3Dヒアルロン酸といった美肌と保湿に効果のある成分を配合。肌をしっとりとなめらかに美しく導いてくれます。

紫外線吸収剤フリーで無添加処方となっているため敏感肌の人でも肌トラブルを気にせず使うことができます。安全性の高さも大きな強みになっています。

使用感に優れていることはもちろん、美肌効果や保湿効果も兼ね備えている全く隙の無い日焼け止めパウダー。この日焼け止めパウダーを選ぶことで、5年後、10年後の肌質は全く違ったものになるでしょう。

5年後、10年後に後悔したくない人は、とりあえずこの日焼け止めパウダーを使って使用感を確かめてみましょう。

口コミの評判

・サラッとして、肌馴染みも良いので一年中使ってます。とてもリーズナブルで助かってます
・少し黄色いかなと思いますけど、50+ SPF なのに肌にやさしいみたいなので良いと思います。
・BBクリームファンデーションを付けた時のベタベタ感を解消したくてこちらのパウダーを購入しました。付け心地のサラサラ感!まさに求めていた品物です。おまけに日焼け防止もしてくれるとは一石二鳥のパウダーですね。またリピしたいと思います。
・メイクの上からはもちろん、メイクしたくない日にも日焼け予防にこちらだけは使っています。液状の日焼け止めはいつも肌荒れするのにこちらは大丈夫!肌の弱い私でも安心して使えます。

まとめ

ベタつきが苦手な人や仕上げの日焼け止めをしたい人に最適な日焼け止めパウダー。ファンデーション代わりにも使用することができるため非常に実用的なスキンケアアイテムとなっています。

一方で紫外線防止効果のレベルや使い心地などが製品によって異なり、さらに個人差まであるためどの日焼け止めパウダーが最適なのかはなかなか決めることができません。

少し値段が高いようにも思える日焼け止めパウダーですが、紫外線ダメージによって肌がボロボロになってしまい、将来的に必要となるスキンケアのことを考えておけば、日焼け止めパウダーに力を入れておく方が損がありません。

5年、10年で肌質が一気に低下して老け込んでしまう人を必ず誰もが見たことはあるはずです。肌質は若さの印象に直結するため、近い将来、老け込んだと思われないように今から念入りに紫外線対策をしておきましょう。

日焼け止め関連のランキング記事については以下を参照してください。

日焼け止めのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 顔が焼けない効果的な塗り方や落とし方も

日焼け止めクリームのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 メンズのプチプラから顔の化粧下地の塗り方と落とし方まで

日焼け止めスプレーのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 メイク顔や髪に直接の効果から飛行機内持ち込みと口コミも

日焼け止めパウダーのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 プチプラノンケミカルからボディの透明効果まで

飲む日焼け止めサプリメントのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 仕組みや成分から副作用と口コミまで

セルフタンニングのオススメ人気比較ランキング 2018-2019 ローションの使い方や顔や背中の塗り方から口コミの評判まで

 - ライフハック・ノウハウ, ランキング, 生活用品, 美容関連品 , , , , , , , , , , , , ,