洗濯物を少しでも早く乾かす方法とは?干し方と扇風機や除湿器で時短に?

   

洗濯物を室内で干す貧乏女学生

湿度が上がったり気温が下がったりするとなかなか乾かなくなる洗濯物。時間をかけて乾かしていると嫌な臭いがしてきたり、必要なときに衣服が着れなかったりといいことはありません。

そんなときに役立つ洗濯物を少しでも早く乾かす方法をご紹介します。干し方の工夫と扇風機や除湿器を組み合わせることで素早く乾かすことができます。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

洗濯物を速く乾かすメリット

洗濯物を速く乾かすと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

嫌な臭いがしなくなる

洗濯物がゆっくりと乾くと、洗濯物に付着している細菌が増殖し嫌な臭いの原因となります。

しかし洗濯物が素早く乾けば、雑菌が繁殖する前に乾燥するため嫌な臭いを抑えることができます。

洗濯物から嫌な臭いが発生するか否かは、干している時間が5時間以内で大きく変わり、5時間以内に乾燥が終われば嫌な臭いを防ぐことができます。

洗濯物の嫌な臭いの取り方は以下の記事を参照にしてください。

洗濯物の放置で発生する臭いの取り方と雨の日の室内での干し方とは?

時短になる

用事があっても洗濯物が干されていては、洗濯物が気になって出かけることができません。

しかし素早く洗濯物を乾かすことができれば、天候も気にせず出かけることができます。

洗濯物が乾くスピードによって、家事や用事を前倒しで終わらせることができ拘束時間の短縮となります。

安心して部屋干しできる

洗濯物を素早く乾かせるということは、乾きにくい部屋干しでも効率的に乾かせるということ。つまり外に干さなくても部屋干しで十分に乾燥させることができるということです。

部屋干しができれば天候などにも左右されにくく、安心して部屋干しすることができます。

干し方のテクニック

ここからは洗濯物を少しでも早く乾かす方法を、干し方のテクニックと道具を使ったテクニックに分けてご紹介します。まずは干し方のテクニックからです。

裏返して干す

洋服の中で最も乾くのが遅いのが、生地が重なっている折り目や縫い目。この部分が早く乾燥することで、洗濯物全体の乾燥スピードが上がります。

折り目や縫い目は生地の裏側にあるため、洗濯物を裏返して干すだけで折り目や縫い目の乾燥が早まります。

洗濯後に裏返すのが面倒な場合は、洋服を脱ぐ際に裏返して脱いでしまい、洗濯前に全ての洋服があらかじめ裏返った状態にしておくと楽に裏返すことができます。

また洗濯物を裏返して洗濯すると生地が痛むのを防ぐことができ、裏返しで干せば日光による洋服の色落ちを防ぐこともできます。

一度に干す量を減らす

一度に干す量を減らせば、少ない洗濯物を広いスペースに広げることができます。

その結果、洗濯物全体の風通しが良くなり、洗濯物がスムーズに乾きます。

洗濯をこまめに行うことで干す量を減らして素早く乾かしましょう。

洗濯物の間隔を広げて干す

洗濯物の間隔を広げて干すことで、風通しが良くなり乾くスピードが早くなります。

洗濯物の間隔は最低でも10㎝以上は確保しておきましょう。

立体的に干す

基本的にはあらゆる洋服は立体的に干すことで乾燥を早めることができます。

できるだけ大きな空間を作るようにピンチハンガーなどを使って止めていきます。

特にズボンやパーカーなど普通に干せば生地が折り重なりやすいものは、立体的に干すことで乾燥が早まります。

太めのハンガーで干す

針金ハンガーではなく太めのハンガーで干すことで乾燥を促すことができます。

洗濯物を素早く乾かすポイントのひとつに風通しがあり、洗濯物の周辺に漂う湿った空気を乾いた空気と変えることで洗濯物が素早く乾きます。

太めのハンガーを使えば、洋服の生地が離れ乾くスピードが上がります。立体的に干すことがポイントとなります。

アーチ干しにする

アーチ干しとは、ピンチハンガーで洗濯物を干す際に中央部分には短かいものを干し、両端部分には長いものを干す干し方です。洗濯物の先端がアーチを描いているためアーチ干しと呼ばれています。

アーチ干しを行うと、中心の大きな空間に向かって上昇気流が発生し、この上昇気流によって空気が循環して乾燥スピードがアップします。

逆に中央部分に長いものを干し、端に短いものを干すと乾きが遅くなるため絶対に止めましょう。

斜めに干す

タオルなどで使える方法で、洗濯物をまっすぐに干さずに斜めに干す方法です。

逆三角形を作るように傾けて干します。また三角形の頂点がずれるように干しましょう。

斜め向けに洗濯物を干すと、垂れ下がった三角形の頂点に重力で水分が集まり、洗濯物全体の水分が素早くなくなります。

一方だけ長くして干す

折りたたんで干すようなタオルでは、中央で折りたたんで同じ長さの生地を垂らして干すのではなく、一方だけを長くして干すことで素早く干すことができます。

一方だけが長ければ生地が隣り合うことがないため広いスペースが確保されるためです。いい加減な干し方のように見えますが、非常に合理的な干し方です。

厚手のものと薄手のものを交互に干す

厚手のものと薄手のものは交互に干すことで乾燥が早くなります。

その理由は生地の水分量と空間にあります。含まれる水分量の多い厚手の生地ばかりが密集していると、風通しが悪い中央部分の生地は乾燥が遅れますが、厚手の生地と薄手の生地が交互になっていると水分量の少ない薄手の生地が水分量の多い厚手の生地の乾燥を妨げるのを防ぎ、また生地の間に大きな空間を作ることができます。

パーカーはパーカー、シャツはシャツでまとめて干したくなりますが、素早く乾かしたいならパーカーとシャツは交互に干しましょう。

雨の日は風呂場で干す

雨の日には、風呂場で干すと洗濯物を素早く干すことができます。

風呂場は水回りのため湿度が高そうに思えますが、完全に密閉した個室であるうえに窓や換気扇があるため条件を整えれば干場として利用することができます。

風呂場で洗濯物を干す際のポイントは、できるだけ湿度を下げておくこと。洗濯物を干す1時間前には窓を開けたり換気扇を回したりして湿度を下げておきましょう。

また扇風機や除湿器を併用すると効果的に洗濯物を乾燥させることができます。

午後4時(16時00分)に洗濯物を取り込む

洗濯物は、春夏秋冬を問わず、どんな季節でも午後4時(16時00分)に取り込むのが最適です。

その理由は、午後4時を境にして気温が下がり湿度が上がるため。午後4時以降に干していると、せっかく乾いた洗濯物が湿ってしまう恐れがあります。

洗濯物を取り込む時間は午後4時が最適だと覚えておきましょう。

道具を使ったテクニック

さまざまな干し方のテクニックを使うことで、乾燥スピードを早めることができましたが、さらに道具を使えば乾燥スピードが上がります。併用していきましょう。

扇風機を使う

洗濯物の乾燥は温かさよりも風通しに大きく左右されますが、扇風機を使えば強引に風通しを良くすることができます。

効果的な扇風機の使い方は、扇風機の風が洗濯物全体に当たるようにすること。洗濯物周辺の空気を全体的に入れ替えるようなイメージで風を当てていきましょう。

除湿器を使う

洗濯物を干すと湿度が上昇し、特に部屋干しでは顕著に表れます。

除湿器を使って乾燥した状態を作り出せば、洗濯物の水分の気化を促すことができ乾燥を早めることができます。

最近では、洗濯物乾燥機能付きの除湿器も販売されているため、それらの機能を利用するのもオススメ。扇風機と併用するとより素早く乾かすこともできます。

エアコンを使う

送風や除湿ができるエアコンは、扇風機や除湿器の代用品として使うことができます。

使い方は扇風機や除湿器と同様で、除湿しながら風を洗濯物に当てるだけです。

床暖房を使う

床暖房が普及している家も多くなってきましたが、この床暖房で洗濯物を干すことができます。

使い方は簡単で、洗濯物を床暖房の設置された床に広げておくだけ。熱で素早く洗濯物を干すことができます。

ちなみに同じ暖房でもストーブを使って洗濯物を干すのは絶対に止めましょう。昔からストーブの上に洗濯物が落ちて火災になるケースは後が立ちません。

洗濯物を干すために家や命を懸けるのはバカげています。

ドライヤーを使う

熱と風を送り出すドライヤーも洗濯物を乾燥させるのに重宝するアイテムです。

使い方は、ドライヤーの熱風を洗濯物に当てるだけです。今すぐ乾かしたい小物を乾かすときに便利で他の乾燥方法よりも即効性があります。

アイロンを使う

濡れた状態の洗濯物にアイロンを当てるのも効果的な乾燥方法。アイロンの熱によって乾燥を促すだけでなく、嫌な臭いの原因となる細菌を熱によって殺菌できるため嫌な臭いを防ぐことができます。

アイロンを使う方法では、洗濯物にアイロンを当てて水分をある程度飛ばします。完全に乾かす必要はありませんが、全体にまんべんなく熱を与えましょう。

タオルで拭く

今すぐ必要な洋服などを乾かすときには、乾いたタオルで拭くという方法もあります。

この方法は、洗濯物を増やすという点で合理的ではありませんが、急いでいるときなど緊急事態に使うことができます。

タオルで拭く方法は、洗濯物をタオルで挟み込み、力をかけて押します。水分を洗濯物からタオルに移すように数分間押せば、洗濯物の水分を素早く減らすことができます。

タオルで拭く方法とドライヤーで乾かす方法を併用すれば、さらに早く洗濯物を干すことができます。

新聞紙を使う

捨てるはずだった新聞紙も上手く使えば部屋干しに利用できます。

使い方は、新聞紙を適用に丸めて干している洗濯物の下に置いておくだけです。

洗濯物から出た水分は重いため下に降りていきますが、そこに乾燥している新聞紙があると水分を吸収して湿度を下げることになります。湿度が下がれば洗濯物の乾燥が早まります。

まとめ

毎日のように洗濯物を干していても、意外と知らない干し方のテクニックがありますね。特に道具を使わない方法は、干し方をちょっと工夫するだけで大きな効果を上げることができます。

洗濯物が素早く乾けば嫌な臭いや天候の変化にも悩まされることがなくなります。洗濯物の干し方をマスターして、良い匂いの洋服を着てタオルを使いましょう。

 - ライフハック・ノウハウ, 洗濯 , , , , , , ,