無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方や選び方からデスクトップ設定まで

   

人気の無線LAN子機

Wi-Fルーター(無線LAN)を設置すれば必然的に無線LAN子機が必要になります。無線LANを受信する機能が搭載されていないノートパソコンやデスクトップパソコンでWi-Fルーターを利用するなら、無線LAN子機にもこだわらなくてはいけません。

ところが無線LAN子機を選ぼうと思っても、バッファロー、ネットギア、アイ・オー・データ、エレコム、プラネックスなどのメーカーから無線LAN子機が販売されており、選び方に迷ってしまうものです。

そこで今回は、最適なものを選ばないとWi-Fiルーターの性能を発揮できなくなる無線LAN子機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。使い方や選び方はもちろん、デスクトップパソコンでの設定までご紹介します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

無線LAN子機とは?

無線LAN子機とは、いったいどのようなものなのでしょうか。Wi-Fiルーターや無線LANの親機、中継機など、似ているものがたくさんありますが、機能にはどのような違いがあるのでしょうか。

無線通信を受信する装置

無線LAN子機は、Wi-Fiルーターなどの無線LANの電波を受信する装置です。

基本的には電波を受信する機能しか搭載されていないため、能動的に無線LAN子機から電波を発信することはできません。ただし送受信は可能となっているため、データのダウンロードだけでなくアップロードは可能です。

無線LAN子機に対応しているのが無線LAN親機で、無線LAN親機はWi-Fiルーターとも呼ばれています。

Wi-Fiルーターは、無線LAN親機の中でも現在では一般的に使用されている電波の規格であるWi-Fi規格を採用している製品のことで、現在ではほとんどの無線LAN親機でWi-Fi規格が採用されています。そのため無線LAN=Wi-Fiルーターと考えても問題ありません。

無線LAN子機を装着することで通信機構を獲得

スマートフォンやゲーム機の多くが通信機能を搭載しており、ほとんどの通信機器が無線LANを使えるのが当たり前になっています。

ところがデスクトップパソコンやノートパソコンの中には、通信機構を搭載していないものもあります。

そんな通信機能を持たない通信機器に通信機能を与えられるのが無線KAN子機です。

通信機構を与えることでインターネットと接続できるようになり、デスクトップパソコンやノートパソコンの利便性を劇的に向上させることができます。

また無線LAN子機は、通信機能が非常に優れているため通信速度を高めて安定的な通信が可能になります。

ワイヤレスインターネットが可能になる

パソコンを使用するときには、有線LANを接続することもあります。有線LANは安定した高速通信を実現できる反面、有線LANという物理的な障害に悩まされることもあります。

ところが無線LAN子機を使えば、有線LANのコードに関係なく電波の届く範囲内なら使用することが可能。わざわざ家の中を工事して有線LANを各部屋に配備しなくても、デスクトップパソコンやノートパソコンお気兼ねなく使用することができます。

ワイヤレスでインターネットを楽しみたいと考えているならWi-Fiルーターと同時に無線LAN子機を準備しなくてはいけません。

超小型タイプから外付けアンテナタイプまである

無線LAN子機は使用状況に合わせて最適な通信が可能になるようにさまざまなタイプの製品が販売されています。

主流となっているのは超小型タイプの無線LAN子機と外付けアンテナタイプの無線LAN子機です。

超小型タイプの無線LAN子機はノートパソコンの使用に最適となっており、非常に小さいため持ち運びにも便利です。

外付けアンテナタイプの無線LAN子機は、Wi-Fiルーターから離れた場所で使用するデスクトップパソコンに向いており、外付けアンテナによって電波の指向性を変化させ、より安定した高速通信を可能にしてくれます。

無線LAN子機には、使用状況に合わせて最適なものを選べる幅の広さがあるため、誰でも自分に合ったピッタリの無線LAN子機を見つけ出すことができるようになっています。

対応するWi-Fi規格がある

Wi-Fiには規格があり、Wi-Fi規格によって無線通信の質も大きく違います。

Wi-Fi規格の一覧表は次の通りです。

無線LANの規格 策定時期 周波数 最大転送速度
IEEE802.11ac 2014年 5GHz 867Mbps、433Mbps
IEEE802.11n 2009年 5GHz 300Mbps、150Mbps
IEEE802.11n 2009年 2.4GHz 300Mbps、150Mbps
IEEE802.11g 2003年 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11a 1999年 5GHz 54Mbps
IEEE802.11b 1999年 2.4GHz 11Mbps

現在、最も優れたWi-Fi規格が2014年に標準化された「IEEE802.11ac」規格です。IEEE802.11acは、現在では主流となっている規格であり、周波数は5Ghz帯となっており、最大伝送速度は6.9Gbpsと高速通信が可能になっています。

IEEE802.11ac以前の規格は、2009年に標準化された「IEEE802.11n」というもので、2.4Ghzと5Ghzの2つの周波数帯を使用するデュアルバンド規格となっています。最大伝送速度は600MbpsとIEEE802.11ac規格の1/10程度となっています。

Wi-FiルーターにWi-Fi規格が設定されているように、無線LAN子機にも対応するWi-Fi規格が設定されています。

無線LAN子機のWi-Fi規格が親機であるWi-Fiルーターに対応していなければ、パフォーマンスを最大限に発揮することができません。

そのため無線LAN子機は、必ずWi-FiルーターのWi-Fi規格に合わせたものを選ぶ必要があります。

Wi-Fi規格や周波数帯に関してはWi-Fiルーター本体の方が重要になるため、Wi-Fiルーターに関する記事をチェックしてください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

USB2.0とUSB3.0

Wi-Fi規格と同じくらい大切なのがUSB規格です。

有線LANの場合、有線LANポートに有線LANを接続するのが当たり前ですが、無線LAN子機を使用する場合には有線LANポートではなくUSBポートに無線LAN子機を接続します。

このとき、USB規格が無線LAN子機の対応規格と適合していなければ通信速度の低下の原因となります。

USB規格にはUSB2.0とUSB3.0があり、USB3.0の方が最新のUSB規格であり高速通信が可能となっています。

USB規格に関しては、パソコンなど無線LAN子機を接続する通信機器と無線LAN子機の両方が同じ規格でなければパフォーマンスを発揮することができず、USB2.0対応の機器とUSB3.0対応の機器は接続できるもののUSB2.0に合わせた通信速度となります。

気になるUSB規格による通信速度の違いは、USB2.0が480Mbpsに対してUSB3.0は5Gbps程度となっており、約10倍の差があります。

最新のWi-Fi規格であるIEEE802.11ac規格を使用する場合には、USB2.0の480Mbpsが上限となる可能性があり、USB規格がWi-Fi規格による通信速度にも影響を与える可能性があります。

できる限り通信速度を重視したいならUSB規格までしっかりチェックしてUSB3.0に適合している無線LAN子機を選ぶ必要があります。

無線LAN親機とセットになっていることもある

無線LAN子機は、個別に購入することも可能ですが、Wi-Fiルーターとセットで販売されている場合も多くあります。

無線LAN子機は多くのWi-Fiルーターと互換性があるため、親機と子機のメーカーが違っていても問題なく使用することはできます。

ただしメーカーを揃えることによって、通信規格なども自然に合わせることができるため利便性に優れており、無理なくスムーズに通信することができます。

場合によっては無線LAN子機だけを購入するよりも、親機も一緒に交換してしまったりセットで購入してしまう方が安くて快適なインターネット環境を構築できるかもしれません。

無線LAN子機を探している場合でも、無線LAN 親機をチェックしておくことをオススメします。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

対応するOSが存在する

OSとは基本ソフトのことで、パソコンにマイクロソフトのWindowsやアップルのiOSが搭載されています。

無線LAN子機には、対応するOSの有無があり、OSが対応していなければ無線LAN子機を使えない場合があります。

ただしほとんどのパソコンに搭載されているWindowsとiOSには対応しているため、あまり心配する必要はありません。

WindowsとiOS以外の基本ソフトを採用している通信機器を利用している場合には注意が必要です。

値段が安い

無線LAN子機は、低価格のものを選べば非常に安く購入することができます。

ほとんどの無線LAN子機が5000円以下で販売されており、中には1000円以下で購入できる製品もあります。

値段が安いため気軽に試すことができるのも無線LAN子機のポイントとなっています。

無線LAN子機のつなぎ方と設定方法

Wi-Fiルーター関連で悩まされるのが設定です。そこで無線LAN子機のつなぎ方や設定方法をチェックしておきましょう。

無線LAN子機の設定方法

1.無線LAN子機をパソコンのUSBポートにつなぐ
2.無線LAN子機をネットワーク一覧を表示する
3.Wi-FiルーターのSSIDを選択する
4.接続する
5.暗号化キー(パスワード)を入力する
6.インターネットに接続してチェックする

Wi-Fiルーターと無線LAN子機を接続するために必要となるのがWi-FiルーターのSSIDと暗号化キー(パスワード)です。

SSIDと暗号化キーは、Wi-Fiルーターの箱や取扱説明書、Wi-Fiルーターの本体に記されていることが多いため、あらかじめ確認しておきましょう。

Wi-Fiルーターと無線LAN子機の接続や設定自体は非常に簡単なため、それほど難しいものではありません。

ただし古いバーションのOSを使用しているパソコンの場合、無線LAN子機のドライバーをインストールしなければいけないこともあるため、ドライバーが必要なものは取扱説明書を確認しましょう。

無線LAN子機の使い方

無線LAN子機はどのような場面で使えるのでしょうか。無線LAN子機の使い方をチェックしましょう。

無線LAN子機をデスクトップパソコンで使う

通信速度が重視されることの多いデスクトップパソコン。昔のWi-Fiルーターは通信速度が遅かったため有線LANを使っている人も少なくありません。

ところが現在では、有線LANよりもWi-Fiルーターの方が条件次第では高速通信が可能となっていることもあり、無線LAN子機を使ってWi-Fiルーターと接続するのも賢い選択となっています。

無線LAN子機をよく使う筆頭がデスクトップパソコンとなっています。

無線LAN子機をノートパソコンで使う

無線LAN子機が大活躍するのがノートパソコンです。

コンパクトな無線LAN子機が登場しているため、ノートパソコンにも簡単に接続できるようになっています。

通信速度が速く安定しているため、無線LAN子機を使えばノートパソコンを快適に使用することができます。

ノートパソコンに搭載されている無線LAN機能よりも最新の規格に対応している無線LAN子機を使えば、これまで以上の通信速度を発揮できる可能性もあります。

ノートパソコンをよく使う人にも無線LAN子機は欠かせません。

無線LAN子機をテレビやゲーム機で使う

通信機能を搭載しているゲーム機も多くなっています。無線LAN子機を使えば、快適なゲーム環境を確保することができます。

またインターネットに対応しているテレビも普及しており、テレビに無線LAN子機をつなぐことでインターネットの映像コンテンツを楽しむことができる場合があります。

通信機能を搭載しているゲーム機やテレビなどにも無線LAN子機は使えます。

無線LAN子機の選び方のポイント

無線LAN子機を選ぶときには、どのようなポインとをチェックしておかなくてはいけないのでしょうか。無線LAN子機の選び方のポイントを確認しておきましょう。

Wi-Fiルーターとの兼ね合い

無線LAN子機を選ぶ前にチェックしておかなくてはいけないのがWi-Fiルーターとの兼ね合いです。

親機となるWi-Fiルーターと同じメーカーの無線LAN子機を選べば、連携が容易になり不具合の発生を未然に防ぐことができます。

また親機と同じメーカーの無線LAN子機を選ぶことで、規格を合わせやすくなるためパフォーマンスを最大化することができます。

もちろん異なるメーカー同士のWi-Fiルーターと無線LAN子機をつなぐことも可能ですが、Wi-Fiルーターと無線LAN子機の兼ね合いを考えておくことは非常に重要です。

Wi-Fi規格

無線LAN子機は、Wi-Fi規格によって性能がほとんど決まってしまいます。

最新のWi-Fi規格に対応している無線LAN子機を選べば、有線LANを使用するよりも高速で安定した通信が可能となる場合もあります。

選ぶべきWi-Fi規格はIEEE802.11acであり、もしWi-FiルーターがIEEE802.11acに対応していなければ、Wi-Fiルーターの買い替えを検討するべきです。

通信速度にこだわるなら、無線LAN子機はもちろん親機となるWi-FiルーターのWi-Fi規格にこだわるのは絶対条件となります。

USB規格

無線LAN子機選びで外せないのがUSB規格です。

USB規格はWi-Fi規格と同様に通信速度に大きく影響する要素です。

選ぶべきUSB規格は、USB3.0というものです。

通信速度にこだわって無線LAN子機を探しているなら、必ずUSB規格もチェックしておきましょう。

セキュリティ規格

無線LAN子機にはセキュリティ規格もあり、セキュリティが万全である方が安心して使うことができます。

現在、主要となっているセキュリティ規格は3つあり、それぞれ「WEP」「WPA PSK」「WPA2 PSK」です。「WPA PSK」と「WPA2 PSK」はさらに「TKIP」と「AES」の2つに分類することができます。

これらのセキュリティ規格で最も信頼性が高いものが、「WPA PSK(AES)」「WPA2 PSK(AES)」となります。

セキュリティが気になる人は、セキュリティ規格にも目を向けて無線LAN子機を選んでみましょう。

サイズ

無線LAN子機はコンパクトなものが多いですが、使用状況に合わせて最適なサイズの無線LAN子機を選ぶことが大切になります。

サイズを優先したいのがノートパソコンに無線LAN子機を使う場合。持ち運ぶことが多いノートパソコンは小さな無線LAN子機を使うことで利便性を高めることができます。

一方のデスクトップパソコンは、サイズの小ささよりも性能を優先することで、より快適にインターネットを楽しむことができるようになります。

用途に合わせて最適なサイズの無線LAN子機を選びましょう。

アンテナの有無

アンテナの有無も無線LAN子機選びでは欠かせない要素となります。

アンテナが付いていると、より広い範囲の電波をキャッチすることができるようになるため、無線通信の高速化と安定化を実現することができます。

外付けアンテナタイプの無線LAN子機はデスクトップパソコンに向いており、デスクトップパソコンの性能を十分に引き出すことができます。

通信速度を優先させたい場合にはアンテナが付いている無線LAN子機を探し出しましょう。

使いやすさ

無線LAN子機やWi-Fiルーターを利用するときに大きな障害となるのが使いやすさです。

設定が容易で簡単に接続できる無線LAN子機なら、機械が苦手な人でも簡単に使いこなすことができます。

無線LAN子機の中には、AOSSと呼ばれる簡単に無線LAN接続ができる機能に対応している製品もあります。

現在の無線LAN子機は、昔に比べて簡単に接続できるようになっていますが、それでも無線LAN子機の接続が苦手という人は使いやすさを優先した無線LAN子機選びもアリです。

価格

無線LAN子機は値段が非常に安く、1000円~5000円程度で購入することができます。

最新のWi-Fi規格に対応している無線LAN子機でも3000円以下で購入することができるため、価格よりも性能を重視しておくことをオススメします。

あまり値段のことは気にせず、長く快適に使える無線LAN子機を優先して探してみましょう。

旧モデルWi-Fi規格の無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング

ここからは値段が安くて実用的なIEEE802.11n以前のWi-Fi規格に対応している旧モデルWi-Fi規格の無線LAN子機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能。使いやすさ、汎用性、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

6位:PLANEX 無線LAN子機 GW-USNANO2A

PLANEX 無線LAN子機 GW-USNANO2A

プラネックスのUSBアダプター型の無線LAN子機です。

非常にコンパクトな無線LAN子機となっており、ノートパソコンにセットしていてもセットしていることを忘れてしまうほど小さくなっています。

世界最小サイズを実現しており、その小ささに圧倒的な強みがあります。

指先サイズで省エネ機能を搭載しているため、バッテリーの消耗を防いでノートパソコンを長時間使用することができます。

WPSボタンを搭載しているため、初心者も簡単にインターネット接続することができます。使いやすさも魅力です。

また設定ソフトを使うことで簡単に接続設定を行うことができます。ウィザード形式の画面に従って項目を選択していくだけで設定が完了するため、機械が苦手な女性もすぐに使うことができます。

さまざまなシリーズが販売されているため、最新のWi-Fi規格に対応しているバージョンや外付けアンテナバージョンもあり、使用状況に合わせて最適な無線LAN子機を選べるのもポイントです。

値段が安くて小さいのに必要な機能をしっかりと詰め込んでいる無線LAN子機。とにかく邪魔にならない無線LAN子機を探しているなら、この無線LAN子機で大満足します。

口コミの評判

・特に断線や故障も無く安定して使用。フレッツ隼の環境でアンテナ3本で18M前後出ています。
・小さいので刺していても気になりません。ただ、小さいと言う事はアンテナ部分も小さいと言う事で離れた部屋での使用はお勧め出来ません。
・安くて不安もありましたが、モノもしっかりしており、一年以上使った今も、まったく問題ありません。
・つけると何の問題もなく動いたのでとてもよい感じです。便利な世の中になったものです。

5位:BUFFALO エアステーション 11n対応 WLI-UC-GNM2S

BUFFALO エアステーション 11n対応 WLI-UC-GNM2S

バッファローのシンプルで使い勝手に優れた無線LAN子機です。

大人気のWi-Fiルーターメーカーであるバッファローの無線LAN子機であるため、親機とメーカーを合わせやすく気兼ねなく利用することができます。

指先サイズの非常にコンパクトな無線LAN子機のため、使っていても邪魔になることがありません。

またWindows 7搭載のパソコンに接続すれば無線LAN親機としても機能するため、幅広い使い方に対応することができます。パソコンを親機としてスマートフォンやゲーム機をネット接続させることもできます。

モード切替をせずとも親機、子機として機能させることができるため、利便性にも優れています。

ナビゲーターソフトウェアで簡単に設定をすることができ、ボタンを押すだけのAOSSにも対応しているためワンタッチで接続することができます。

とにかく値段が安くて小さいのに高機能で使いやすい無線LAN子機。OSがWindows 7なら親機としての活用も考えましょう。

口コミの評判

・ノートPCにwifiついていないため購入。ほとんど出っ張らないのでノートPCに使うならこのタイプがお勧めです。ルーターがbuffaloの対応機器であれば2倍速転送らしいですが、ネット閲覧に使用する程度なので倍速にできなくても特に不満はないです。木造二階建ての1階にルーター、直上の二階でもバー3本ですが速度低下は特に感じません。
・とにかく手軽でドライバーも自動でインストールされました。また、安かったのもよかったです。
・Windows10homeで正常に動作してます。ルーターからはちょっと距離が離れているのですが、割りと感度は高いようです。アンテナピクトフルの状態でリンクアップしております。
・古いPCで無線LAN機能がなく、有線でつなぐにも距離がありすぎるので本当に困っていたところでした。親機がBUFFALOなので相性もよくすぐにつながりました。コスパもすべて含めて大満足です。

4位:BUFFALO 無線LAN子機 Air Station NFINITI WLI-UC-G301N

BUFFALO 無線LAN子機 Air Station NFINITI WLI-UC-G301N

バッファローの高速転送が可能な無線LAN子機です。

最大300Mbpsという高速通信が可能になっている無線LAN子機で、MIMO技術を使用して複数のアンテナで送受信を行うことで怒りやハイビジョンに最適な高速性と徒障害物に強い安定性を実現することに成功しました。

高性能ながら本体は非常にコンパクトで全長60㎜とサイズが小さいため邪魔になることがありません。デスクトップパソコンはもちろんのことをノートパソコンやミニノートパソコンでもさらに取り回しが良くなっています。

AOSSとWPSの両方に対応しているため、簡単に接続設定を行うことができます。クライアントマネージャーを利用することもできます。

ハイパワーのため障害物が多い一戸建てやマンションでも最適に機能する無線LAN子機。コンパクトながらハイパワーなのが魅力の無線LAN子機です。

口コミの評判

・木造住宅の1Fルータから2F真上のパソコンへネット接続する為に使用しております。日々の使用はネットサーフィン・オンラインゲーム(PSO2)などですが、3年経った今でも動作に不自由は無いです。速度は測定していないので、分かりませんが、PSO2が普通に出来ているので、速度は出ていると思います。
・小さいwifi受信子機を使っていたのですが、こちらは受信の速度が速くなっているということで購入。小さい子機より速いです。ホントに速い。ミニ子機は買ってからもう数年経過してますし、技術の進化なのですね。
・デスクトップPCの場合、ほとんどの方は後ろ側のUSBポートに設置する事になりそれだと無線LAN親機の位置を元にPCの向きを考えないといけませんがこの製品には5センチぐらいの延長コードが付属しているので、それを使って電波を拾いやすい位置や角度に設置できるのも良いですね。
・デスクトップPCに挿して光回線につながったルーターと通信していますが、最大で秒間48Mbps(6MBps)ぐらい出ました。セットアップも簡単で場所も殆ど取らないので、LANケーブルの置き換えによい選択肢だと感じました。

3位:I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 WN-G300UA

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 WN-G300UA

アイ・オー・データのアンテナ型の無線LAN子機です。

外付けアンテナタイプというよりアンテナそのものの形状となっている無線LAN子機で、可動式アンテナによって受信感度をアップさせることができます。

アンテナ前後左右に可動するため、最適な角度にアンテナを調整して通信速度と安定感を向上させることができます。

アクセスポイントモードを使用すれば親機として使うことも可能。Wi-Fiルーターから離れた場所でスマートフォンやゲーム機などを使うときには便利です。

ワンクリックで簡単にインストールできる機能が搭載されているため、CD-ROMを入れて画面を順番にクリックしていけば設定は完了します。すぐにインターネットにつなげることができます。

3種類の暗号方式に対応しているためセキュリティ面も安心できます。

電波の受信感度を高めることができるアンテナ型の無線LAN子機。Wi-Fiルーターがアイ・オー・データの製品なら、迷わずこの無線LAN子機を選びましょう。

口コミの評判

・Wi-Fi 機能のないデスクトップPCの無線LANのために購入しました。USB端子を取り付けて、PCの設定から無線LAN親機のパスワードを入力すれば、すぐにネットワークに繋がり問題ありませんでした!いい商品だと思います!
・自宅にはモバイルWiFiしかないため、自作PCをネットにつなげるために購入。windows10で問題なく動作しています。取り付けるだけで動作するので、なにも難しくありません。とりあえずネットにつなげたい方におすすめ。
・ちゃんと繋がりますし、USBにさしただけで使えました。若干大きいですが、この大きさがなんか安心します(笑)。
・接続用のプログラムインストールディスクが付属していますので、接続は簡単です。手動で設定できるスキルをお持ちの方はそのままでも使用可能です。

2位:TP-LINK WIFI 無線LAN 子機 TL-WN725N

TP-LINK WIFI 無線LAN 子機 TL-WN725N

圧倒的なコストパフォーマンスが魅力の無線LAN子機です。

無線LAN子機としては最安値クラスの製品となっており、とにかく予算抑えて無線LAN子機を手に入れたい人にはうってつけの製品です。

最大150Mbpsの高速通信が可能なため動画ストリーミング、ゲーム、チャットにも最適。遅延もなく通信がブツブツ切れることもないため、快適にインターネットを楽しむことができます。

日本語に対応している簡単セットアップですぐに接続することが可能。本体は非常にコンパクトなためノートパソコンなどに接続しても邪魔になることがなく、違和感なく使用することができます。

コンパクトながら高出力アンテナを内蔵しているため、離れたポイントからもしっかりと電波をキャッチすることができます。通信が安定する理由にもなっています。

コンパクトで気軽に使える無線LAN子機。性能と機能がそれなりのもので、値段はしっかり抑えたい人にピッタリです。

口コミの評判

・今のところ、通信性能,設置のし易さ,質感(この安さで、通信ランプが点滅する!),価格・・・最高です!
・これで我が家の通信環境がケーブルレスとなりました。超小型・軽量でノート型でも気にならない装着感があり、速度も一般的な利用であれば相応。値段も予備で買っておこうと思える値段。大満足です。
・内蔵WiFiが使えなくなったので購入。小さいのに高速で正直驚いています。買って正解でした。Win8とWin10では自動でドライバが充てられます。
・デスクトップパソコンWindows10で使ってます。買ってから4,5か月になりますが、普通に順調に使用できています。速度にひっかかりも感じないほど、普通です。この普通さが大事。お値段とUSBに挿し込むだけの簡単な導入で、トラブルなしです。

1位:BUFFALO 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300

BUFFALO 簡単無線LAN子機 WLI-UTX-AG300

バッファローの簡単に接続することができる無線LAN子機です。

ノートパソコンよりもデスクトップパソコンに最適な無線LAN子機となっており、LANケーブルを使ってパソコン本体から離して無線LAN子機を設置することができます。

LAN端子とUSB端子につなぐタイプとなっており、ACアダプターなどで給電する必要がありません。

AOSSボタンを搭載しているため、AOSSボタンを押すだけですぐにインターネットにつなげることができます。

フレキシブルなUSBケーブルを使用することもできるため、感度がアップする位置や角度に設置することができます。

電波干渉に強いWi-Fi規格に対応しているのもポイントで、Wi-Fiルーターから離れた場所でもしっかり通信速度を維持することができます。

本体サイズがほかの無線LAN子機よりも大きいため、デスクトップパソコンやテレビに使用するのにオススメの無線LAN子機。使用条件があっているなら、この無線LAN子機で決まりです。

口コミの評判

・問題なく動作しております。aossで、ワンタッチで親機と連結しました。簡単で信頼できる製品です。
・8年使用のバッファロー子機交換です。TV接続なので、300Mbpsあれば十分です。親機は他社メーカーですが、押すだけで一発Wi-Fi設定出来ました。LANで繋げるのが有って良かったです。
・テレビが有線対応のみだったので購入しました。ネット接続の仕方は親機と子機のボタンを長押しするだけでとても簡単でした。問題なくテレビでYouTubeなどの動画をみれています。ちなみに親機はELECOMです。
・有線LAN機能付き電化製品を無線LAN機能付きに変えられる極めて優れた製品です。特にポケットワイファイ環境ではルーターをブリッジモード接続する事で家庭内無線LANの使用範囲拡大が可能になります。

最新モデルWi-Fi規格対応の無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング

ここからは圧倒的な高速通信を約束してくれるIEEE802.11ac以降のWi-Fi規格に対応している最新モデルWi-Fi規格の無線LAN子機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能。使いやすさ、汎用性、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

10位:TP-LINK WiFi 無線LAN 子機 Archer T2U

TP-LINK WiFi 無線LAN 子機 Archer T2U

デュアルバンドで安定した高速通信を実現できる無線LAN子機です。

スマートでスタイリッシュなデザインとなっており、通信機器に接続してもインテリアの雰囲気を壊すことがありません。

最新のWi-Fi規格に対応しており、デュアルバンドに対応。2種類の周波数帯の電波をキャッチすることができるため、状況に合わせて最適な電波を使用することができます。

最大433Mbpsの通信速度を発揮できるため、高画質映像のストリーミングやオンラインゲームもスムーズに行うことができます。

接続や設定も非常に簡単で、CDに収録されている通りの手順でインストールしていけば、すぐにインターネットに接続することができます。

ソフトAP機能を搭載しており、2回クリックするだけで簡単に高速なWi-Fiのホットスポットとして設定することが可能です。

安定した高速通信を実現してくれる無線LAN子機。見た目も美しいためインテリアを重視する人も選びやすい1台です。

口コミの評判

・lanをやめてノートPC内蔵の2.4ghzを使っていたが高画質動画などカクつくことがあったため、5ghzが付いているこれを購入。結果 2.4g時30Mbps前後→5g時200Mbps前後まで速くなった。lanを使ってても100Mbpsだったのでこれは今年一いい買い物をしたかもしれない。
・パソコンにさすだけで問題なく使用できました。速度的にも、問題ないと思います。
・手持ちのノートパソコンのWi-Fi受信機能が使えなくなり、こちらを購入しました。特に付属のCDでソフトをダウンロードしなくても、USBポートに挿すだけで同期も完了します。あとは使用中のWi-Fiに接続するだけ。内部パーツの交換が面倒だったので、とても簡単に済みました。
・自作PCでWi-Fiを内蔵していないので購入しました。USBにさすだけの簡単で、問題なく使えます。オススメします。

9位:TP-LINK WIFI 無線LAN 子機 Archer T4UH

TP-LINK WIFI 無線LAN 子機 Archer T4UH

ハイパワーのアンテナを搭載している無線LAN子機です。

ノートパソコンよりもデスクトップパソコンで活躍する据え置きタイプの無線LAN子機となっており、USBコードで接続することによって好きな場所に設置することができます。

設置場所を自由に変えることができ、さらにアンテナの角度も調整することができるため、電波の受信環境を改善し安定した高速通信を実現することができます。

USB3.0規格に対応しているため、USB2.0に比べて最大10倍の転送速度でデータを転送する事ができます。

WPSボタンを搭載しており、Wi-Fiルーターと簡単に接続することができます。機械が苦手な人もすぐにインターネットに接続して使用することができます。

圧倒的な通信速度、つながりやすさ、つかいやすさを備えている無線LAN子機。デザイン性よりも通信の質を優先したい人は、この無線LAN子機がピッタリです。

口コミの評判

・USBに差し込むだけで、勝手に自動接続(Win10の場合インストール作業必要なし)ルーターから20メートル以上離れている(壁なし直線)が、電波の感度良好(断線なし)値段・デザイン・電波の拾い具合、完璧です。
・TP-Link 無線LANルーター 11ac/n/a/b/g 433Mbps+300Mbps USBポート Archer C20 と使ってみて、以前は260Mbpsだったものが433Mbpsに向上しました。十分満足です。win10でpassword を入力するだけで利用可能です。
・これは最高。Windows10だと差し込むだけで勝手に使えるようになりました。窓際に立たないと事務所のWi-Fiが届かなかったけどこれを窓際におくだけでサクサクインターネットが出来ます。
・2階にモデムと無線ルーターが有り、1階のPCに接続するのに今まで、2.4GHzしか受信できませんでした。今までのそのWiFiでの回線速度が、上下で100Mbps以下でした。この製品の使用で5GHzの受信が安定して受信出来る様になりました。おかげでWiFiでの回線速度が安定して上り下り共に350Mbps出るので快適です。感度が良い優秀な無線子機です。満足です。ストレスが少ないです。

8位:エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 WDC-433DU2HBK

エレコム Wi-Fi 無線LAN 子機 WDC-433DU2HBK

エレコムのコンパクトながらしっかりとしたアンテナで広範囲の電波をキャッチする無線LAN子機です。

アンテナ型の無線LAN子機となっており、ノートパソコンでもデスクトップパソコンでもUSBに接続するだけでスタイリッシュに使うことができます。

マンションの3LDKや2階建ての一戸建てにも対応することができ、Wi-Fiルーターと距離があってもしっかりとした通信を確保することができます。

アンテナの向きは自由自在に変更することができるため、環境や電波の強度など使用条件に合わせてアンテナの向きを変更することで、より通信を安定させ高速化させることができます。

WPSボタンを搭載しているため、WPSボタンを押すだけで無線LAN接続は簡単に完了します。セキュリティに対応しているため安全にインターネットを楽しむことができます。

新開発のアンテナを搭載することによって通信速度と安定を劇的に向上させることに成功した無線LAN子機。スッキリと無線LAN子機を設置したい場合には候補にしておきましょう。

口コミの評判

・自宅のWiFiルーターをac対応に変えたので購入しました。2年ほど使っていますが、今のところ他の方のレビューに見られるような性能低下や故障には運良く当たっていません。ドライバをネットで落とさなくちゃいけないのは少し不親切に感じますが、それ以外は普通に使える製品だと思います。
・内蔵無線LANカードの規格が古く使用環境で不安定かつ速度が出ないので導入しました。結果最高です。コンパクトなので胸ポケットにペンと一所に差して携帯できます。可動域が広いので一寸くらい引っかけても衝撃を逃がします。流石にドライバの導入は必要ですが簡単です。設定簡単です。
・部屋の引っ越しで今まで飛んでいたWi-Fiがかなり弱くなってしまったのでこれを機にパソコンもWi-Fi化しました。非常に安定した通信になり満足です。
・前にはBUFFALOのWLI-UC-GNM を使用していましたが、微弱な電波環境では感度が低く使えませんでした。しかし、これは物凄く受信感度が良いです。びっくりしました。

7位:ピクセラ LTE対応USBドングル PIX-MT100

ピクセラ LTE対応USBドングル PIX-MT100

USBスティックデザインでWi-Fiルーターの親機にもなる無線LAN子機です。

非常にユニークな機能を搭載している無線LAN子機で、USBスティックのようなデザインを採用しています。

大きな特徴が、SIMカードをセットすれば無線LAN親機として機能するところ。モバイルタイプのWi-Fiルーターにもなるため、電源さえあればどこでもインターネットに接続できる環境を整えることができます。

LTEにも対応しているため高速通信が可能。通信速度が気になる人も安心して利用できます。

もちろん無線LAN子機としても機能するため、ノートパソコンで無線LANの親機と子機として併用することもできます。

値段は高いもののSIMカードと組み合わせることによってこれまでにないWi-Fiルーターの使い方ができる無線LAN子機。屋外でもインターネットに接続したいという人は、この無線LAN子機を選んでおくのもいいかもしれません。

口コミの評判

・有線のネットワークがない祖母の家用に買いました。格安SIMで運用ができ、簡単にインターネットに接続できるネットワークを構築できます。一般的な無線ルーターに比べるとWi-Fiの電波が弱い気がしましたが、使いやすさの方が勝ります。設定画面も簡単にできるUIでした。
・車にwifiを付けたい時にベストな商品です。バッテリーもないので、電源を入れる必要もありません。シガーライターをUSB電源にする物を使って、エンジンかけると使えるという便利な使い方が出来ます。
・MVNO SIMをさして車載ルータとして使用しています。バッテリーを搭載してないので安心して高音の社内に入れっぱなしにできます。一夏使用しましたが問題なく利用できています。
・技適に適合するために LTE対応のUSBドングルタイプのモデムといえば唯一一機種のみとなりました。起動はおおよそ40秒ぐらいかかり高速ではないのですが PCの起動で電源の入ったところから考えれば待ち時間が長いほどではありません。なにより、本体のバッテリーを考えずにさしっぱなしで使えることがメリットです。

6位:TP-LINK WiFi 無線LAN 子機 Archer T2UH

TP-LINK WiFi 無線LAN 子機 Archer T2UH

着脱式のアンテナで高い自由度を実現する無線LAN子機です。

ハイパワーのアンテナを搭載している無線LAN子機で、無線LAN子機の信号パワーを大幅に強化することができるため、離れた場所のWi-Fiルーターにもしっかりつながります。

最新のWi-Fi規格に対応していてデュアルバンドにも対応しているため柔軟な高速通信が可能となっています。

外部アンテナ着脱式となっており、不要な場合には取り外すことも可能。また360度回転するため、アンテナの角度を自由に変更することで環境に合わせて受信効率を最大化することができます。

最新のmacOSにも対応しており、汎用性の高さも魅力です。

USB延長ケーブルが付属しているため、最適な位置で受信感度を調整することができます。デスクトップパソコンやテレビに無線LAN子機を接続する場合には重宝します。

状況に応じて臨機応変に対応することができる高性能な無線LAN子機。充実した性能と機能ながら値段も非常に安いためコストパフォーマンスを重視する人にもオススメです。

口コミの評判

・最初見た時ちょっと大きいと思いましたが、その分安定した通信速度が得られています。付属のCDでインストールも簡単に出来ました。延長ケーブル付属なのもいいですね。デザインもいいしお買い得だったと思います。
・現在使用しているPCはほぼ全て無線化しました。速度もしっかり出てるし動作も安定してまったく問題ないです。とても満足しています。
・一階と二階で離れたところですが思った以上に速度が出ていて大満足しています。やはりでかいだけあって安定した子機パフォーマンスです。大変満足しております。
・接続設定はとても簡単で初めての方でも問題ないと思います。あっという間に無線化ができ、しかも11acに対応しているので速度も満足のいくものでした。

5位:TP-LINK 無線LAN子機 Archer T1U

TP-LINK 無線LAN子機 Archer T1U

超小型ながら必要十分な性能を兼ね備えている無線LAN子機です。

高速で安定した通信ができる5GHz専用の無線LAN子機となっており、最大433Mbpsで通信することが可能です。小さくても通信速度は本格派です。

特徴なのがその超小型設計。ノートパソコンなどに装着しても邪魔になることがなく、つけっぱなしでも違和感がありません。移動中に引っかかることもないため外れて紛失する可能性を最小限に抑えることができます。

使いやすさにもこだわっており簡単セットアップによってすぐにインターネットに接続することができます。

また革新的なセキュリティを備えており、通信データを暗号化するため高い安全性でインターネットを楽しむことができます。

値段の安さも魅力で、ただでさえ安い無線LAN子機の中でもさらに低価格になっています。

コンパクトながら基本的な性能が非常に高く高画質動画もスムーズにストリーミングすることができる高性能な無線LAN子機。ノートパソコン用に無線LAN子機を探しているなら、最有力候補にしておきましょう。

口コミの評判

・壁が2枚(4m)程離れているけれど余裕で電波入る。もちろんルーター三本アンテナもあるかと思うが、速度も十分で納得。
・小型で11ac 5GHz対応、電波も安定しています。2.4GHzの時はたまに不安定な時がありましたが、これは速度も早く安定しています。ただ、本体の通信中に点灯する緑色のランプは不要かな。お買い得でした。
・自宅の二階にあるノートPCがWiFiのac仕様に対応していないので、特に下り回線の遅さに困っていましたが、この製品を使うことで5ghz帯にも対応、ネット環境が大きく改善しました。大きさもUSB端子とほぼ同じぐらいの幅で、横にある別のUSB端子に干渉することは少ないと思います。価格も性能の割りに良心的だと思います。
・日本製と異なり、まずPCに刺してからホームページからダウンロードした最新ドライバをインストールすると調子よく動きます。逆にやってうまく行かないことが多かった。動けばサクサクで、小さいし熱くならないしとても良い製品だと思う。親機はバッファローですが特に問題ありません。

4位:BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U2-433DMS

バッファローのコンパクトで使い勝手バツグンの無線LAN子機です。

多くの家庭で導入されているバッファローのWi-Fiルーターに対応している無線LAN子機で、互換性と親和性が高いためスムーズな通信が可能になります。

無線LAN子機自体は非常にコンパクトになっており、デスクトップパソコンだけでなくノートパソコンでも使いやすくなっています。

最新のWi-Fi規格に対応しており、さらに高性能なセキュリティを採用しているため通信速度や安定感に加えて安全性も確保することができます。

USB2.0に対応しており、ビームフォーミング機能を搭載しているため、離れた場所で移動しながら通信機器を使う場合にも、Wi-Fiルーターが電波を集中することで安定感が増します。

コンパクトながら多機能なバッファローの無線LAN子機。Wi-Fiルーターとの親和性の高さに魅力があります。

口コミの評判

・以前自宅の隅の部屋は11n/a/gモードで使用したところwifiが頻繁に通信遮断されて困っていたところ、この製品を11acモードで使用したらwifiが途切れることがなくなり大変助かっています。心当たりの方は是非一度試されることをお勧めします。
・同じバッファロー製品同士ならAOSSでセットアップも簡単。速度も十分、値段も安い、何の不満もありません。
・ルーターの調子が悪くて、一式交換しました。子機は安いのもありますけど安心感のあるこの品にしました。親機も結局、バッファローに落ち着き信頼の性能を発揮してくれております。
・デスクトップPCを無線化するため購入。切断されないし問題なく使用できています。

3位:BUFFALO USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

BUFFALO USB2.0用 無線LAN子機 WI-U2-433DHP

バッファローのアンテナの無線LAN子機です。

角度調節が可能なアンテナ型となっている無線LAN子機で、USBポートに接続するだけで簡単にインターネットにつなぐことができます。

データ転送速度は最大433Mbpsとなっており、圧倒的な高速通信でスムーズにデータのやり取りが可能です。

ポイントになるのが高感度を実現するアンテナ。ハイパワーアンテナによって家の隅々まで電波が届き、これまで接続しにくく回線が切れやすかった場所でもストレスなくインターネットに接続することができるようになります。

またアンテナは可動式となっているため電波の向きを最適化することが可能。周囲の邪魔になりにくいように設置することもできます。

ビームフォーミング機能を搭載しているため安定した通信が可能になり、離れた場所にあるWi-Fiルーターにもしっかりとつながります。

ボタン押すだけでワンタッチ接続は可能なAOSSにも対応しており、使い勝手の良さも魅力的です。

通信速度を高めつつ安定化したインターネット環境を整えたい人にはうってつけの無線LAN子機。デスクトップパソコンの無線LAN化では大活躍してくれます。

口コミの評判

・予想以上にちゃんと繋がりました。私の環境では壁とドア二枚を挟んで15m程離れていますが、平気です。(鉄骨造です。)動画サイトで海外ドラマをよく見ていますが、HD画質でも止まらずしっかり受信できています!
・デスクトップPCで使用しています。2階に無線親機、1階にデスクトップPCの環境で利用。以前は11n対応のドングルを利用していましたが平均150Mbpsでした。11acで平均320Mbpsに改善されました。USB2.0なのでほぼ実力を出し切ったのかなと思います。
・これまで802.11a/b/n対応の無線アダプタを使用していましたが、今回初5G帯の11ac対応のこちらを使ってみました。ISPはNURO光で、事情により無線環境を余儀なくされ、今までは最速でも30Mbps程度しか出ませんでしたが、こちらの商品に変えてからは、リンク速度325Mbps前後、サイトによる実測だと150Mbps(CPUが貧弱でこれ以上計測不可能)も出て大満足です。
・1階の端にルーター、無線使用のPCは2階です。電波マークは2~4あたりをウロウロしていますが、ネットが遅くなることもなく普通につながっています。この価格でこの距離まで届くのはなかなかだと思います。コスパがいいですし、もし壊れでもまた買えばいいやと思えるので気が楽です。とりあえず今の所満足しています。

2位:BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS

BUFFALO WiFi 無線LAN 子機 WI-U3-866DS

USB3.0対応で超高速通信を可能にする無線LAN子機です。

USBスティックのようなデザインをしている無線LAN子機で、バッファローの製品であるため同じバッファローのWi-Fiルーターとは相性が抜群です。

最新のWi-Fi規格に対応しているだけでなく、USB3.0にも対応。パフォーマンスを活かせば、最大866Mbpsという通信速度を発揮することができます。高速通信によってストレスなくインターネットを楽しむことができるようになります。

無線LAN子機本体のデザインも非常にコンパクトになっており、デスクトップパソコンやノートパソコンに接続するときにも容易です。

付属のフック付き延長ケーブルを使用すればスマートに設置して受信感度をアップさせることもできます。

もちろんナビゲーターソフトウェアで簡単に設定することができるため使い勝手に優れており、AOSS対応となっているためワンタッチでインターネットに接続することができます。

性能、機能、使いやすさの三拍子が揃っている無線LAN子機。無線LAN子機に求められる性能と機能は全て押さえているため、とりあえずちゃんとした無線LAN子機を探している人は、これで決まりです。

口コミの評判

・1階にある親機とのインターフェイスが良好で、前の子機に比べて格段の速さを出している。気に入りました。
・大きいサイズのデータなどのダウンロードなどの際でもサクサク使用できました。値段もお手頃でした。
・デスクトップなので持ち歩かないけどケーブルがいらないのでとても良い。
・PCにwifi受信機能がなかったので購入しました。特に不具合もなく使えて満足です。

1位:NETGEAR WiFi 無線LAN 子機 A6210-100JPS

NETGEAR WiFi 無線LAN 子機 A6210-100JPS

ネットギアの幅広い使い方に対応する高性能な無線LAN子機です。

USB3.0に対応している無線LAN子機で、最新のWi-Fi規格に対応していることもあって、最大通信速度は867Mbpsを発揮することができます。無線LAN子機としては最高峰の性能となっており、通信速度を優先する人も満足する無線LAN子機となっています。

ユニークな可動式パワーアンテナを搭載しており、閉じた状態でUSBスティックのように接続できるだけでなく、開いて電波の受信状況を改善することもできます。さらにUSBケーブルとつないで自立させることもできるため、ノートパソコンからデスクトップパソコンまで幅広く対応することができます。

ビームフォーミング機能を搭載しているため、電波をキャッチする範囲を広げることができます。またWi-Fiルーターに電波を集中させることが可能で、安定した通信を実現することもできます。

WPSプッシュボタンを搭載しており、インターネットへの接続や初期設定も簡単に行うことが可能。あらゆる面でハイパフォーマンスを実現してくれます。

圧倒的な高性能を誇る無線LAN子機でありながら、値段が抑えられているのが大きな魅力。性能と価格のバランスを考えれば圧倒的なコストパフォーマンスとなっているため、とりあえず無線LAN子機が欲しい人は、この無線LAN子機を選んでおけば間違いありません。

口コミの評判

・デスクトップpcを無線化しようと思い購入。直接本体につなぐ必要がないので、usb部分が折れると言ったよくある事が起こりづらいです。性能も問題なし。win10で使っていますが断線しません。
・最高速度の867Mbpsでリンクしています。購入からしばらく経ちましたが、切断などのトラブルは1度もありません。
・お値段はそこそこなのに性能は抜群。ハイエンドルーターだと安物で受信しようとするとパワーが足りなくて電波が途切れたりしたけどこの製品ならコンパクトなのにしっかり受信してくれて速度も抜群。
・5GHzで安定して使えてます。他の安いの買って失敗した。最初からコレを買っておくんだった・・・。

まとめ

Wi-Fiルーターの本領発揮させるために必要不可欠となるのが無線LAN子機です。親機がどれほど高性能であっても電波を受信する無線LAN子機の性能が低ければ意味がありません。

Wi-Fiルーターを厳選する人は多いですが、無線LAN子機に無頓着であれば通信トラブルの原因になります。通信速度が極端に遅かったりブツブツとネットワークが切れてしまいます。

自宅のインターネットのネットワークにトラブルを抱えているなら、Wi-Fiルーターだけでなく無線LAN子機にも目を向けてみましょう。Wi-Fiルーターとセットで交換すれば、劇的に状況が改善するかもしれません。

Wi-Fiルーター(無線LAN)関連の記事は以下を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 必要性から安くなる方法まで

マンション向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 設置場所から必要機能まで

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一戸建て向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 2階も3階もつながる

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 職場のネット環境改善に

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方や選び方からデスクトップ設定まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , , ,