高圧洗浄機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 洗車やベランダ掃除で大活躍

      2018/07/08

家の周りや自動車の掃除の際に便利なアイテムと言えば高圧洗浄機。数十年に渡って体積した泥やコケの汚れを強力な水圧によって吹き飛ばしキレイに洗い流してくれます。

ところが高圧洗浄機を選ぼうと思ったとき、ケルヒャー、ボッシュ、日立工機、リョービ、ヒダカ、アイリスオーヤマなど各メーカーがさまざまなタイプの高圧洗浄機を発売しているため、比較するのも難しくどれを買えばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、家庭で簡単に使える高圧洗浄機のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。大掃除の時に大活躍する高圧洗浄機は、1年を通して使うことができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

高圧洗浄機とは?

テレビCMなどで一度は見たことがある高圧洗浄機ですが、どのような清掃機械なのでしょうか。まずは高圧洗浄機の特性を探っていきましょう。

水の力で汚れを落とす洗浄機

高圧洗浄機は、水道の蛇口から出る水とは比べ物にならないほど高圧で水を噴射することによって、水の勢いだけで付着している汚れを落とすことができる洗浄機です。

高圧洗浄機から噴射される水は、水道の蛇口から噴射される水の40倍という圧倒的なパワーになっており、通常では落とすことが難しい汚れを簡単に洗い流すことができます。

業務用の高圧洗浄機はエンジンを動力としていますが、一般家庭に普及している高圧洗浄機はモーターを動力としています。

全体的な構造としては、電源と水道の蛇口から電気と水を高圧洗浄機本体に供給し、長いホースと先端部分に装着したノズルを通して水を勢いよく噴射します。

そのため高圧洗浄機を使用する場合には、電源と水源の確保が必要不可欠となります。

小型のものから大型のものまである

高圧洗浄機には、大型の製品から小型の製品まであります。

大型の高圧洗浄機は業務用に使用されることもあり、圧倒的な水圧で汚れを除去します。

小型の高圧洗浄機は家庭用に使用されることがほとんどで、小型の高圧洗浄機でも一般家庭レベルの汚れなら十分に除去することができます。

掃除したい場所や汚れの状況に合わせて最適なパワーの高圧洗浄機を選べます。

洗剤不要で汚れを落とせる

高圧洗浄機の最大の強みは、水だけで汚れを落とすことができるところです。

一般的な清掃では、洗剤や熱によって汚れに化学的な変化を起こすことで効率的に汚れ落とします。ところが洗剤や熱を用いると、清掃後の後処理が大変になるだけでなく、清掃したいものが変質してしまう恐れもあります。

ところが化学的な影響を与えない高圧洗浄機は、水の圧力に耐えられるものならシンプルに汚れ落とすことができます。

洗剤を用いないためランニングコストに優れており、経済的に清掃することができます。

また洗浄後も水に濡れるだけであるため、後片付けが非常に簡単です。

洗剤を使わずにキレイに汚れ落とすことができるのは、高圧洗浄機ならではの強みとなっています。

洗剤を使えばさらに効率的

洗剤を使わずにしっかり汚れ落とすことができる高圧洗浄機ですが、洗剤を使えばより強力に汚れを落とすことができます。

高圧洗浄機の中には、洗剤を散布する機能を搭載している製品もあります。洗剤を散布することによって汚れを事前に浮き上がらせて、高圧洗浄機の力を最大限に発揮させることができます。

洗剤を使わなくても使ってもしっかり汚れが落とせるのが高圧洗浄機です。

汚れの種類に得手不得手がある

高圧洗浄機は強力な洗浄効果を発揮するものの、汚れの種類によっては落としにくい汚れもあり、汚れの種類によって得手不得手があります。

高圧洗浄機が得意とする汚れは、泥汚れやコケ汚れで、自転車や自動車の汚れ、家の外壁の汚れ、コンクリート壁の汚れなどは非常にキレイに落とすことができます。

一方で油汚れなどは落としにくく、おおよその汚れを取り除くことはできますが、しっかりと油汚れを落とすことは困難です。

ただし高圧洗浄機が苦手とする汚れに関しては、洗剤を用いることで落とすことができます。洗剤をうまく利用することで高圧洗浄機の弱点を補完することができます。

一般家庭なら小型の高圧洗浄機で十分

家庭で使用される高圧洗浄機は、区分マンションや一戸建ての清掃、自転車や自動車の洗浄に用いられますが、一般家庭の場合には小型の高圧洗浄機でも十分に汚れをキレイに落とすことができます。

高圧洗浄機を探している人の多くは、どれくらいのパワーが必要なのか分からず強力な高圧洗浄機を選びがちですが、一般家庭なら小型の高圧洗浄機でも十分に活躍してくれます。

大型の高圧洗浄機を選んでしまうと、持ち運びやセッティングが難しくなり使い勝手が悪くなる場合もあります。

高圧洗浄機は非常に強力であるため、それほどハイパワーの製品は選ばなくても十分に清掃できることを覚えておきましょう。

高圧洗浄機の使い方

具体的な高圧洗浄機の使い方を知っておけば、選ぶときにも使用する状況がイメージしやすくなります。高圧洗浄機の使い方を確認していきましょう。

高圧洗浄機を使う前の準備

1.電源と水源を確保する
2.防護メガネ、長袖、長ズボン、長靴などで体を防護する
3.高圧洗浄機の電源コードと給水ホースを電源と水源につなぐ
4.高圧洗浄機を使用する前に空気抜きを行う

高圧洗浄機を使用する際には、必ず電源と水銀が必要となります。

電源はコンセントがあれば問題ありません。水源は水道が望ましいですが、なければバケツに水を入れて代用することも可能です。

また高圧洗浄機を使うと水が周囲に飛び散るため、体に水がかかってしまうことがあります。水の勢いが非常に強いため、跳ね返った水や泥が目に入ることもあります。体を保護する装備を着用して清掃に挑みましょう。

高圧洗浄機によって違いはあるものの、そのほとんどが使用前に空気抜き作業をする必要があります。

高圧洗浄機を電源と水源につなぎ、電源を入れない状態で水だけを高圧洗浄機に通せば空気抜き作業は完了です。水道の場合には、水道の水圧があるためトリガーを引くだけで空気が抜けますが、バケツから給水する場合には事前にホースに水を通しておく必要があります。

高圧洗浄機の基本的な使い方

1.ガンに最適なノズルを装着する
2.トリガーを引いて汚れに向かって噴射する

高圧洗浄機は準備さえしっかり整えば、あとは直感的に使うことができます。

トリガーを引けば勢いよく水が噴射されるため、水を汚れた部分に当てましょう。簡単に汚れを弾き飛ばすことができます。

清掃の際には、清掃の状況に合わせて最適なノズルを装着しましょう。水の勢いを増すノズルや水の飛び散りを防ぐノズルがあるため臨機応変に使っていきましょう。

高圧洗浄機の片付け方

1.清掃が完了すれば電源スイッチを切ってコンセントから電源コード、水道からホースを外す
2.ホースやノズルなど組み立てたパーツを分解する
3.高圧洗浄機本体やホースの中に残っている水をしっかり抜く
4.状態変化が起こりにくい場所で高圧洗浄機を保管する

高圧洗浄機を使用した後には、必ず片付けをしましょう。

清掃が完了した時点で電源スイッチを切り、コンセントから電源コード、水道の蛇口からホースを外します。

また高圧洗浄機は使用前に各パーツを組み立てますが、使用後には組み立てたパーツを分解しましょう。完全に分解する必要はありませんが、できるだけ細かく分解した方が収納しやすくなります。

高圧洗浄機の片付けで非常に重要なポイントが水抜き作業です。高圧洗浄機本体の内部やホースには水が残っていることがあり、水が残った状態で片付けてしまうと水漏れや故障の原因となります。そのため使用後には、高圧洗浄機本体を傾けたり、ホースの一方を持ち上げたりして内部に残っている水をできるだけ流しきるようにしましょう。

高圧洗浄機の水を抜いて分解してコンパクトになったら、収納場所に片付けておきましょう。高圧洗浄機は電化製品でありながら水も使用するものであるため保管にも注意が必要。できるだけ状態変化が起こりにくく温度や湿度が変わらない場所に保管しておくことで、故障や不具合を未然に防いで長く使えるようになります。

さらに詳しい高圧洗浄機の使い方については、以下の記事を参照してください。購入を検討しているなら、詳しい使い方を知ることで具体的なイメージが分かります。

ケルヒャーの高圧洗浄機の使い方とコツとは?うまく掃除するポイントと注意点

高圧洗浄機の選び方のポイント

たくさんある中から、どの高圧洗浄機を選べばいいのでしょうか。さまざまな観点から高圧洗浄機を考察して高圧洗浄機の選び方のポイントをまとめました。

水圧

高圧洗浄機を選ぶ際に大切になるのが水圧。高圧洗浄機のパワーの指標であり、水圧が高ければ高いほど強力に汚れを落とすことができます。

高圧洗浄機の水圧は「MPa(メガパスカル)」で表記されており、スペック表には「最大吐出圧力」と「常用吐出圧力」の2種類の指標が示されています。

最大吐出圧力は、製品が最大限出力できるパワーであり、常用吐出圧力は使用時に使えるパワーのこと。常用吐出圧力を基準に比較しましょう。

基本となる水圧の基準は8MPaで、8MPaより低いと水圧が弱めの製品、8MPaより高いと水圧が強めの製品と見ることができます。強力な洗浄力を求めるなら、できるだけ水圧が高いものを選びます。

ホースの長さ

強力な水圧で汚れを落としてくれる高圧洗浄機でも、ホースが短ければ掃除の範囲が限られてしまい効率よく掃除できません。

また水道栓から本体までのホースと電源コードの長さはもちろん、本体から射出ノズルまでのホースの長さも重要です。

ホースは無理に折れ曲がるなどすると水が止まり故障の原因となるため、ホースの長さは掃除できるギリギリの距離に合わせるのではなくある程度の余裕を持たせた長さにする必要があります。

ただし広い範囲を掃除しないのにホースだけ長ければ準備や片付けのときに邪魔となり、掃除中にも清掃の邪魔になります。

ただ長いだけではなく掃除する場所に合わせた長さのホースを備えた製品を選びましょう。

使う地域

高圧洗浄機には、3つの動力の製品が存在します。それぞれ「インダクションモーター」「ユニバーサルモーター」「ガソリンエンジン」です。それぞれに特徴があります。

インダクションモーター

インダクションモーターは、50HZの製品が使える東日本用、60HZの製品が使える西日本用に分かれており、使える地域が限定されています。その代わりにパワーが大きい割にモーターの音が小さく、耐久性や製品寿命も長くなっています。

基本的には中型機以上の製品に搭載されています。

ユニバーサルモーター

ユニバーサルモーターは、周波数に関係なく動くモーターで、使う場所に縛られずどこでも使うことが可能です。一方で性能はインダクションモーターよりも低くなっています。

基本的には小型機の製品に搭載されており低価格です。

ガソリンエンジン

電気ではなくガソリンを燃料にして動くタイプ。電源が不要なためどこでも使うことができます。またパワーが強く耐久性にも優れています。一方で非常に重く稼働音が大きい問題点を持っています。

基本的には業務用の大型機に搭載されています。

使い方

高圧洗浄機には、同じ製品でも使い方によって付属するアタッチメントに違いのあるものが存在します。使い方によって、選ぶ製品が異なります。

家の掃除

家の中やベランダなどで使う場合には、それほど大きなパワーは不要。小型の製品でも十分に洗浄可能です。

またタンク式のものなら、場所を選ばずに自由に掃除することができるためオススメです。

家の周りや庭

家の周りや庭を掃除する場合には、頑固な屋外の汚れを落とすためにも最低限のパワーが必要となります。

屋外で使用する場合には、ご近所の迷惑も考え静音性のある製品を選びましょう。

自動車の洗車

高圧洗浄機を洗車に利用したい場合にも、パワーの強い製品がオススメです。

洗車専用の製品も発売されており、洗車のためのアタッチメントが豊富に取り揃えられています。

静音性

静音性は重要なポイントで、特に屋外での使用にはご近所に迷惑にならないように静音性に優れた製品を選びましょう。

一般的にユニバーサルモーターよりもインダクションモーターの方が静音性に優れているため、屋外での使用を考えるとインダクションモーターの製品を選びたいところです。

さらに空冷式ではなく水冷式の製品を選べば、より音を小さくすることができます。

そのほかに本体からでるモーター音以外にも、強力な水圧の水が地面や壁に当たったときに出る音もかなり大きなものになります。

高圧洗浄機のアタッチメントの中には、水が当たる部分を覆うことで音と水の飛散を防ぎ静かに掃除できるものもあります。

住宅街で使用する場合には、高圧洗浄機を使用する際に発生する騒音が騒音トラブルの原因になります。

近所迷惑を気にせずに高圧洗浄機を使用したいと考えるなら、パワーよりも静音性を重視する必要があります。

どれくらいの騒音が許容されるかは、住んでいる場所や周囲の地形、時間帯などによって大きく変わるたため、一概に最適な高圧洗浄機を提示することはできません。

使用状況に合わせた静音性を兼ね備えている高圧洗浄機を選んでおくことが大切。住宅街などでは、特に音がよく響くため静音性を重視した製品選びをしたいところです。

使いやすさ

高圧洗浄機選びではどうしてもパワーばかりを注視してしまいますが、実際に高圧洗浄機を使ってみれば分かりますが、パワーよりも使いやすさの方が重要な要素です。

高圧洗浄機は準備するのに手間がかかるだけでなく、実際に高圧洗浄機を使って掃除を始めると強力な水圧を押さえ込まなくてはいけないため体に大きな負担がかかります。

使いやすい高圧洗浄機を選んでおけば、準備から使用、さらには後片付けまで負担が小さくなりスムーズに清掃を進めることができます。

ところがパワー重視で使いやすさを無視して高圧洗浄機を選んでしまうと、しっかりと汚れ落とすことはできても時間と労力を大きく消費してしまいます。その結果、わざわざ高圧洗浄機を持ち出して掃除することが面倒になり、頻繁に掃除することができなくなってしまいます。

しっかりと汚れを落としたいという気持ちは分かりますが、実用性を考えると徹底的に使いやすさにこだわった方が得策と言えます。

高圧洗浄機の使いやすさは、本体の運びやすさ、グリップの持ちやすさ、準備の容易さ、操作の簡単さなどが影響するため、使いやすさの観点から高圧洗浄機を徹底的に見てみましょう。

サイズと重さ

高圧洗浄機のサイズと重さはパワーと使いやすさに直結します。

サイズが大きくて重たい高圧洗浄機は、当然、ハイパワーで圧倒的な力で汚れ落とすことができます。

一方で持ち運びが難しくなり、使用中の反動も大きくなるため体力のない人や体の小さい女性は扱うことが難しくなります。

サイズが小さくて軽い高圧洗浄機は、パワーが弱いものの女性でも簡単に扱うことができます。

またサイズが大きい高圧洗浄機は保管場所や設置場所を見つけることが難しくなります。ベランダなどを清掃する場合には、限られたスペースに高圧洗浄機を設置しなくてはならず、取り回しが難しくなります。

高圧洗浄機は大きくても小さくても使い勝手が悪くなるため、自分に合った絶妙なサイズと重さの製品を見つけることが肝要になります。

高圧洗浄機を購入する前には、本当にサイズと重さが理にかなっているのかチェックしておきましょう。

耐久性

どれだけ強力に汚れを落とせる高圧洗浄機でも、すぐに壊れてしまっては意味がありません。

一般家庭において高圧洗浄機は、そう頻繁に使うものではありません。ひさしぶりに使おうと思ったら動かない、なんてことにならないためにも耐久性に優れた製品を選びましょう。

耐久性に関しては、実際に使ってみないと分からない部分もあるため、口コミの評判を参考にしましょう。

価格

価格は購入する際に重要なポイントで、同時に水圧にも関係してきます。

基本的に水圧が高い製品ほど価格も高い傾向にあり、また製品も大型のものとなります。逆に水圧が低い製品は価格が低くなる傾向にあり、製品はコンパクトなものとなります。

洗浄力ばかりを気にしていると、使ってみると大きすぎて使いづらい高圧洗浄機を買ってしまうことになります。価格と性能のバランスを考えて選びましょう。

小型の高圧洗浄機のオススメ人気比較ランキング

ここからは、どこでも誰でも簡単に使える小型の高圧洗浄機のオススメ人気比較ランキングです。性能、静音性、使いやすさ、価格、口コミなどの情報をもとにランク付けしています。

6位:リョービ 高圧洗浄機 AJP-1310

6位は、リョービの高圧洗浄機「AJP-1310」です。

持ち運びやすく収納性を考慮した洗浄機で2012年度「グッドデザイン賞」を受賞した製品。常用吐出圧力は7MPa、ユニバーサルモーターとなっています。

コンパクトで持ち運びやすく、家の中や周りなどを掃除する家庭用の高圧洗浄機としては十分な性能となっています。

ボディがコンパクトなため持ち運びだけでなく収納場所をとらないため便利。また水受けがあるため、移動中に水が垂れるの防いでくれます。

付属するバリアブルノズルランスは、水の使用量を1/4に減らしつつ無段階に威力を調節できるため、強力に汚れを落としたり傷つけないようにやさしく洗ったりと自由自在です。

価格が非常に安く9000円前後で購入できるのが大きなポイント。高圧洗浄機を初めて購入する人にはオススメの製品です。

口コミの評判

・水圧は十分でブロック塀もキレイになりました。水だけだし満足しています。
・とても重宝しています。塀、車庫、ひさし、窓ガラスなんでも綺麗にできる。
・洗車用として買い、洗車とベランダ掃除に使っています。水の圧力を変えたりするのも楽だし、実際に洗うのには十分な性能です。個人的には重さもそんなに気にならないし私の用途ならパワーも十分です。
・ホースが標準5mは短すぎます。車を洗っていても足りない。さらに水道からのホースも短いし、本体の電源ケーブルも短いので最初から延長ホースありきの設計だと思われます。だとしたら最初から10m付属でないと不便すぎます。

5位:アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-606

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-606

5位は、アイリスオーヤマの高圧洗浄機「FBN-606」です。

低価格製品が強いアイリスオーヤマの高圧洗浄機。常用吐出圧力は8.5MPa、ユニバーサルモーターとなっています。

水流の異なる3つのアタッチメントが付属しており、スパイラル水流で汚れを落とす「ターボランス」、扇状の水流で汚れを吹き飛ばす「広角ランス」、洗剤を使って洗える「フォームランス」でどんな状況でも洗浄できます。

本体の重量は約5㎏と軽量で、コンパクトな形状なためすっきり収納することができます。付属パーツも本体に収納できるため場所を取りません。

ただし水圧が高いためか音が大きく、静音性を重視する場合には音が問題となりそうです。

9000円前後という価格帯でありながら高い水圧を発揮し、コンパクトなため使いやすい製品です。

口コミの評判

・「強力と言っても、しょせん家庭用でしょ」と舐めていましたが非常に強力で驚愕しました。
・ちょっと使いたかったので、安さに釣られて購入。非常に強力でしたが、音は大きい感じです。
・屋根および外壁の洗浄に使用しています。洗浄圧力も十分あり、汚れもよく落ちました。重宝しています。

4位:ケルヒャー K2クラシックプラスカーキット K2CPC

ケルヒャー K2クラシックプラスカーキット K2CPC

4位は、ケルヒャーのK2クラシックプラスカーキット「K2CPC」です。

高圧洗浄機の代名詞であるケルヒャーの製品。「K2クラシックプラス」という製品に洗車用のカーキットを加えた製品です。

常用吐出圧力は6MPa、ユニバーサルモーターとなっています。

洗車に役立つアクセサリーが標準装備されており、家や庭だけでなく洗車も可能。3.9㎏という軽量性を実現しており、どこにでも持ち運びすることができます。また洗浄剤タンク付きで、洗浄剤を利用するときにも便利です。

コンパクトなため持ち運びに便利なのが高評判。自動車の洗車が高圧洗浄機を購入する目的の1つなら「K2CPC」で決まりです。

口コミの評判

・網戸や窓ガラス、外回りを掃除する時に使っています。購入して掃除が短時間で綺麗になるようになりました。
・凄いパワーで汚れが取れるのでビックリです。かなり凄いです。
・かなりコンパクトなので、後片付けが楽そうですね。それから、水道ホースは以前に使用していた物(カップリング)で問題なかったので、新たに買わずに済みました。

3位:ボッシュ 高圧洗浄機 ホーム&カーウォッシュキット付き AQT33-11J

ボッシュ 高圧洗浄機 ホーム&カーウォッシュキット付き AQT33-11J

ボッシュのコンパクトタイプの高圧洗浄機です。

本体重量は3.8㎏と持ち運びに便利なサイズ感で、最大許容圧力は10.5Mpaと非常に強力。コンパクトながらハイパワーが魅力です。

高圧ホースは6mあるため、1階だけでなく2階の掃除などにも使うことが可能。ロータリージェットノズル、ジェットノズル、フォームノズルが付属しており、汚れに応じた洗浄方法で掃除することができます。

自動給水機能が付いているため、水道の届かない場所でも使用することが可能。電源さえあれば、どこでも掃除することができます。

価格は1万7000円前後と高額ですが、小型高圧洗浄機の中ではトップクラスの水圧を誇り、一般的な家庭の汚れなら落とせないものはありません。付属品も多いため、自宅の掃除と洗車の兼用としても大活躍してくれます。

口コミの評判

・オフロードバイクの洗車や塗装した壁(白系)の洗浄に使いましたが、値段のわりにかなり強力で汚れがよく落ちます。塗装した壁のコケっぽい汚れもしっかり落とせました。
・ロータリーノズルの威力が凄いです。玄関周り、コンクリ基礎、風除室の汚れが取れました。洗車は沢山の洗剤を使うので、安い洗剤がいいかも。油汚れは取れません。
・アタッチメント類も充実しているし吐出圧力10.5Mpaは家庭としては最高レベルだと思います。騒音はそれなりにあるけれど許容できるレベル。
・とても使いやすくパワーもありました。音は少し気になる位でした。買って良かったです。

2位:アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-301

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 FBN-301

2位は、アイリスオーヤマの高圧洗浄機「FBN-301」です。常用吐出圧力は5.3Mpa、ユニバーサルモーターとなっています。

重さ3㎏と非常にコンパクトな製品で、高圧洗浄機としては最軽量クラス。女性でも楽に持ち運びすることができます。

ここまで小型でありながら十分な水圧を確保しており、玄関汚れから洗車まで幅広く使用することが可能です。

価格が6000円前後と非常に安く、できるだけ低価格の高圧洗浄機を購入したいなら「FBN-301」を選びましょう。

口コミの評判

・コンパクトな割に水圧もあり、気に入っています。ただ音が大きいのがちょっと気になる。
・高圧洗浄機ってこんなもんなのかもしれないですけどすっげーうるさいです。大音量で楽器鳴らしてるくらいの音がします。
・玄関の石畳に使ったのですが、びっくりするほどきれいになりました。とてもシンプルで装着も簡単。初心者にはこれで十分です。とても満足しております。
・音も静かで安いことが何より。大体が何でもかんでも高すぎる。アイリスさんありがとう。

1位:ケルヒャー K2クラシックプラス K2CP

ケルヒャー K2クラシックプラス K2CP

1位となったのは、ケルヒャーのK2クラシックプラス「K2CP」です。

「K2CPC」は洗車用のカーキットが付属していますが、こちらはカーキッとが付属していないタイプ。カーキットがない代わりに価格が下がり、9000円前後となっています。

常用吐出圧力は6MPa、ユニバーサルモーターとなっています。

本体価格が3.9㎏と軽量で、どこにでも持ち運んで清掃することが可能。6MPaの水圧なら、家庭用の高圧洗浄機に求められるパワーをクリアしており、ほとんどの汚れを落とすことが可能です。

アタッチメントが少ないですが、シンプルな洗浄がしたいなら全く問題はありません。

高圧洗浄機の代名詞となっているケルヒャーの製品が高評判となりました。口コミの評判も高く、信頼できる製品です。

口コミの評判

・洗車専門店並みの洗いができます。タカギのホースコネクターと別売のホースを同時に購入しました。セッティングも簡単でした。この前雪道を走ってかなり汚れたので、早速この高圧洗浄機で洗車したところ、大変満足いく仕上がりでした。
・他のケルヒャーも使用してますが、この小さいタイプも良いと思います。
・水圧も十分ありました。水圧の調整が出来ればなお良いのですが…
・軽くて、音も思っていたより静かでした。洗浄力も家庭で使うには充分で、玄関周りやベランダの掃除も凄く楽に出来ました。水道との接続も簡単で家内も気に入ってます。

大型の高圧洗浄機のオススメ人気比較ランキング

ここからは、頑固な汚れもしっかり除去できる大型の高圧洗浄機のオススメ人気比較ランキングです。性能、静音性、使いやすさ、価格、口コミなどの情報をもとにランク付けしています。

またこのサイズの製品は、基本的にはインダクションモーターが使用されているため購入の際には使用地域に合ったタイプを選びましょう。

7位:アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 タンク式 SBT-513

アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 タンク式 SBT-513

7位は、アイリスオーヤマのタンク式高圧洗浄機「SBT-513」です。

常用吐出圧力は6.5MPa、ユニバーサルモーターとなっています。

重量は8.5kgで、タンク内に全てのパーツが収納できるのが特徴。フタ付きのため保管時にも汚れを防ぐことができます。

またこの製品はタンク式で、ホースが届きにくい場所でも使用可能。水道のホースが届かないようなベランダ掃除や外壁掃除をする際には重宝します。

騒音値65.8dBと一般的な洗濯機の音と同等レベルのため、集合住宅でも気兼ねなく使えます。

価格は2万円前後ですが、静音性に優れている高圧洗浄機。タンク式のためこれまで掃除が難しかった場所でも使える点が高評判につながりました。

口コミの評判

・水道のない場所での高圧洗浄に威力を発揮。バケツで水を運ぶのは手間ですが、ホースを気にしなくて済むので、使用場所が広がります。おかげで綺麗になりました。
・ケルヒャーより使い勝手がいいと思います。何よりタンクに貯めて使うので水道を気にしないで使えるのはメリットがすごく大きいと思いました。ただしセットするのにそれなりの手間が必要ですが、まあ、、ケルヒャーもおんなじようなもんかな。
・ベランダの掃除用に購入しました。積もった埃がきれいさっぱり満足しています。
・水道が無い現場で活躍中、呼び水が思ってたより簡単で良かったです。

6位:リョービ 高圧洗浄機 AJP-1620ASP

リョービ 高圧洗浄機 AJP-1620ASP

6位は、リョービの高圧洗浄機「AJP-1620ASP」です。

常用吐出圧力は7.3MPa、ユニバーサルモーターとなっています。

スタイリッシュなデザインから2013年度「グッドデザイン賞」を受賞した製品で、デザイン性の高さも高評判のポイントです。

重さ7.9㎏で、水圧や静音性を確保しながら軽量性を実現しており、持ち運びやすさと使い勝手が良い製品です。

洗浄場所への移動が楽な大型車輪を採用しているため、デコボコした場所でもスムーズに移動可能。ノズル類、ホース類を本体にスッキリ収納できるため、保管しても散らかることがありません。

付属するバリアブルノズルランスはピンポイントの掃除から広範囲を効率的に掃除する場合まで大活躍。特にガンコな汚れには強力な水圧を発揮できるターボノズルランスに切り替えることでしっかりと落とすことができます。

また他の高圧洗浄機にはない音を制御する静音モードを搭載しており、音を抑えたい場合には静音モードに切り替えることで静かに作業できます。

高圧洗浄機の外せないポイントをしっかりと押さえている高圧洗浄機。音を静かにできるという独自のモードが非常に魅力的で、音が気になる場所で作業するならこの高圧洗浄機にしましょう。

口コミの評判

・以前ケルヒャー持ってたけど、壊れたのでコレにしました。こっちのが耐久性とか良さそうな気がします。
・水圧が一番気になっていましたが一般の高圧洗車場とほぼ同等レベルで満足です。通勤で車の前面に虫が付きやすいのですが簡単にきれいに落とせます。
・とても使い勝手もよく重宝してます。パワーがとっても強く、もしかしたらもうワンランク下でも良かったかもしれませんが、これでも充分取り回しも良く見た目も気に入っております。

リンク挿入

5位:日立工機 家庭用高圧洗浄機 FAW105

日立工機 家庭用高圧洗浄機 FAW105

日立の家庭用の高圧洗浄機です。

本体重量は6.5㎏ありますが、タイヤが付いているため移動はラクラク。簡単に場所を変えて掃除することができます。

最大吐出圧力は7.5MPaで、家庭の掃除をするには十分な威力。長年蓄積したガンコな汚れもキレイに洗い流すことができます。

バリアブルノズルとターボノズルが付属しており、広範囲を効率よく掃除することからピンポイントで落としにくい汚れを落とすことまで可能です。

高圧ホースは10mあり、さらに延長高圧ホースが付いているため、他社製品とは比較にならないほど広範囲の掃除が可能。普通ならバケツで給水しなければ掃除できないところまで届き、ストレスフリーで掃除できます。

広範囲の掃除にうってつけの高圧洗浄機。海外製の高圧洗浄機の中には、耐久性の低さが指摘される製品もありますが、日本メーカーであり信頼性の高い日立の製品であるため安心して使うことができます。

掃除する範囲が広いなら、この高圧洗浄機がオススメです。

口コミの評判

・安心の国産!日立!長く困ってた外階段の苔がすんごく綺麗に落ちました!
・効果は抜群です。ブロック塀の黒ずみもきれいになりました。音はそこそこありますが、近所からクレームが来るほどではありません。
・網戸や窓、ベランダの掃除も楽々です。コケや水垢はすぐ取れました。洗車にも使いましたが、汚れが落ちないので、手洗いの後水で流す感じでした。節水出来ているのでまぁいいですかね。
・高圧洗浄機は2台目となるが、圧力、騒音、使い勝手ともども、以前の外国製より良い製品です。

4位:ケルヒャー 高圧洗浄機 K5 サイレント カー&ホームキット

ケルヒャー 高圧洗浄機 K5 サイレント カー&ホームキット

4位は、ケルヒャーの高圧洗浄機「K5 サイレント カー&ホームキット」です。

常用吐出圧力は8MPa、インダクションモーターです。

ケルヒャーの高圧洗浄機の中でも高価格帯で家庭用静音最上級モデル。家や洗車に必要な便利なアクセサリーが付属しています。

家庭用で最長の12mの高圧ホース付のため広範囲の清掃が可能。バリオスプレーランスとサイクロンジェットノズルの2つのノズルがセットされているため、汚れに応じて効果的な洗浄が可能です。

玄関周りが掃除できるテラスクリーナーや洗車で役立つ回転ブラシなど、掃除するシーンに合わせたアクセサリーで隈なく掃除することができます。

価格は4万円前後と非常に高額な製品ですが、あらゆるシチュエーションに対応できる製品。性能が非常に高いため徹底的に掃除をしたい人向けです。

口コミの評判

・ケルヒャーを買うのは初めてではありませんが、思い切って家庭用では最強で高出力のK5を買いました。水冷モーターは素晴らしいですね、うるさくありません。洗浄能力も申し分ありません。
・組み立てていた時は「本当にこんなので壁が綺麗になるの?」と不安でしたが威力すごいです。壁に付いていたコケや汚れが面白いほど取れる取れる。
・以前使っていたものより大きいものを買いましたが、とても使いやすくて気に入っています。

3位:ボッシュ 高圧洗浄機 UA125

ボッシュ 高圧洗浄機 UA125

ボッシュの強力なパワーが魅力的な高圧洗浄機です。

最大許容水圧は12Mpaと、家庭用の高圧洗浄機とは最高クラスのパワーを誇ります。この高圧洗浄機で落とせない汚れは、業務用の高圧洗浄機しか対応できません。

本体重要は6.8㎏あり、大型ホイールが付いているため移動は簡単。ちょっとした障害物も乗り越えることができます。

折りたたみ可能なハンドルで移動はもちろん、収納の際にも小さくしておけるので場所を取りません。

高圧ホースは8mと少し短いですが、一般家庭なら問題のない長さ。広範囲を十分に掃除することができます。

ガンやランスに加えて3種の機能を1つに集約した3in1ノズルや車の下や雨どい、2階の窓などの洗浄に活躍する90度変換ノズルを搭載。ノズルを付け替えることなく水圧をコントロールできるため使い勝手がバツグンです。

圧倒的なハイパワーが魅力的な高圧洗浄機。ガンコな汚れを徹底的に落としたいならパワー重視のこの高圧洗浄機にしましょう。

口コミの評判

・自動車整備業での使用に購入しましたが スチームほどの強力さがなく 最近の電子化された車にとって丁度よい洗浄力です。価格的にも価値があります。
・水道に直接つなぐだけでなく、タンクなどの貯めた水を吸い上げて放水する機能がついている所が便利だと思う。比較的コンパクトにできるので、物置の棚などにも入れて置きやすいと思う。
・見た目もドイツブランドのBOSCH スタイリッシュで他のメーカーには無いかっこよさがあり、男ごころをくすぐります。もちろん性能についは文句なしです。
・すごい使いやすいです。ドイツ製だけあって見た目も洗練されていてすてきです。効果のほどはさすがの一言でひとつひとつのことに感動しています。家の周りがピカピカになっています。

2位:ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890

2位は、ヒダカの高圧洗浄機「HK-1890」です。

常用吐出圧力は9MPa、インダクションモーターとなっています。

家庭用高圧洗浄機としては国内最高クラスの水圧が特徴で、強力な水圧によってどんな汚れも落とすことが可能です。またインダクションモーターによってパワーと静音性を両立しており、耐久性の高さも実現しています。

別売りではあるものの水道がない場所でも使える自吸機能付きのため、幅広い場所で使用可能。「高圧洗浄機使い方マスターDVD」が付属しているため、掃除の仕方まで丁寧に教えてくれます。

海外メーカーの製品の中には、「ひさしぶりに使おうとしたら動かなかった」なんて声が上がる製品もありますが、ヒダカの高圧洗浄機は日本メーカーのため安心。耐久性が高いため安心して長年使うことができます。

パワー重視の製品で、絶対に落としたい頑固な汚れがある場合には大活躍してくれる1台。長年使いたい人は、信頼性の高いヒダカの高圧洗浄機にしておきましょう。

口コミの評判

・壁の汚れが見る見るうちに落ち綺麗になりとても気持ち良かったです。グレーチングにも使ってみたら汚れが落ちました。音は少し大きいと感じましたが、会社の現場事務所での使用だったので、周りを気にしないで使えました。
・年末に実家の車庫の苔掃除のために購入しました。すんごい勢いであっという間にきれいになりました。音もすんごいので、昼間に使用してます。あまりにきれいになるので、父が階段や車もきれいにしてました。
・外壁タイル北面のコケや汚れは楽勝に落ちて新築のようになった。
・玄関フロアタイル(テラコッタ)の汚れは完璧に落ちて新品のようになった。
・家庭用としては充分出力。初心者でも5分で畳2枚程の面積を綺麗にできる。

不良品や購入トラブルを避けるためにも公式サイトでの購入をオススメします。

1位:ケルヒャー 高圧洗浄機 K3 サイレント ベランダ

ケルヒャー 高圧洗浄機 K3 サイレント ベランダ

1位に輝いたのは、ケルヒャーの高圧洗浄機「K3 サイレント ベランダ」です。

常用吐出圧力は7.5MPa、インダクションモーターです。

従来のケルヒャー高圧洗浄機より音を抑えた水冷式静音タイプで静音性が自慢。水圧も申し分なく10m高圧ホースで広範囲を掃除することが可能です。

性能が高く汎用性もありながら価格も2万円前後に抑えられており、性能と価格のバランスが秀逸。重さ10.3㎏なコンパクトボディなた持ち運びも簡単です。

同じタイプに「K3 サイレント」がありますが、こちらはベランダが掃除できる各種アタッチメントが搭載されています。

日本で高圧洗浄機を使うとどうしても音の問題に悩まされますが、静音性を重視した製品のため他の高圧洗浄機ほど大きな音が出ないためご近所にも配慮することができます。

高圧洗浄機に求められる性能と静音性が素晴らしく、高圧洗浄機でしっかりと掃除をする家庭で使うにはピッタリの製品。口コミの評判の高さからも信頼が厚く1位となりました。

口コミの評判

・使ってみた感想ですが、ブラシでこすっても落ちなかった汚れが洗剤も使わずにあっという間に落ちて行きます。見ていて「おお~~~(゜o゜)!!」っと驚きましたね。
・雨の日を狙って初稼動。サイズのわりに強力だわ。音もまあ鳴ってるな位のレベルで、昼間ならば気を使わなくてもよいのでは。サイクロンジェットを使用したがベランダや窓ガラスの汚れが洗剤無しでも気にならないレベルまで落ちる。
・年末の大掃除に、大活躍。28年目の外壁が、建てた当時の色に戻りました。安全メガネと防水作業着が必修ですね。
・水圧がどうかな?と心配しましたが、充分でした。自分としては、満足です。

まとめ

汚れた玄関や石畳をキレイにする様子を見ると憧れてしまう高圧洗浄機。高いものばかりかと思えば、求める性能や機能を吟味することで十分使える製品を低価格で購入することができます。

大きな家ながら大型の高圧洗浄機で隅々まで掃除することができ、小さな家なら小型の高圧洗浄機でも気軽に掃除することができます。

定期的な掃除が必要不可欠な物件を持っている人なら、洗剤をかけてデッキブラシでこする労力と洗剤や水の費用を考えれば高圧洗浄機で素早くキレイに掃除する方が圧倒的にお得です。

家の広さ、用途などを考慮して自分にピッタリの高圧洗浄機を選びましょう。

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 掃除機 , , , , , , , , , , , ,