モバイルルーター(モバイルWi-Fi)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 格安SIMフリーで手軽にWi-Fi

      2018/07/07

人気のモバイルルーター(モバイルWi-Fi)

外出先でインターネットに接続したいときに重宝するのがモバイルルーター(モバイルWi-Fi)。最近では、フリーWi-Fiスポットも増えてきましたが、セキュリティのことを考えるとやはり自前のモバイルルーター(モバイルWi-Fi)を用意するのが一番です。

ところがモバイルルーター(モバイルWi-Fi)といっても格安SIMフリータイプとレンタルタイプがあるだけでなく、さまざまなメーカーが提供していることから、選び方が難しくどれを選べばいいのか分からなくなります。

そこで今回は、いつでもどこでも便利にインターネットを利用できるモバイルルーター(モバイルWi-Fi)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。スマートフォンでもノートパソコンでも、モバイルルーター(モバイルWi-Fi)が1台あれば安心です。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

モバイルルーター(モバイルWi-Fi)とは?

そもそもモバイルルーターは、一般的なWi-Fiルーターと何が違うのでしょうか。また格安SIMフリータイプとレンタルタイプに違いはあるのでしょうか。

持ち運び可能なWi-Fiルーター

一般的なWi-Fiルーターは、自宅で使用することを前提として設計されているため、一箇所に備え付けて広範囲に電波を届ける構造となっています。

また据え置き型として使用するため、サイズが大きく重たいため持ち運ぶことが難しく、コンセントなどから給電するため電源を確保するのも非常に困難です。

インターネット回線との接続は有線LANが基本となっており、自宅に設置したモデムなどからインターネット回線を引っ張っています。

一方のモバイルルーターは、その名の通り持ち運ぶことを前提に設計されたWi-Fiルーターとなっています。

コンパクトなうえにバッテリーを搭載しているため、どこにでも持ち運んで使用することができます。

インターネット回線は、レンタルタイプではあらかじめ接続されており、格安SIMフリータイプではセットしたSIMカードを利用します。

とにかく持ち運んで使用することで本領発揮するのがモバイルルーターです。

通信速度は速くない

モバイルルーターは、携行性を最も重視しているWi-Fiルーターであるため、一般的な家に備え付けるタイプのWi-Fiルーターに比べて通信速度は決して速くありません。

家に備え付けるWi-Fiルーターは、複数人が使用することを前提としており、さらに高速通信をモデムから直接引き込むことができるため通信速度が劇的に速く安定しています。

持ち運びを前提としているモバイルルーターは、Wi-Fiルーターほどの通信速度と安定性は確保できないものの、外出先でスマートフォンやパソコンを使用するには十分な通信速度と安定性を維持します。また高性能なモバイルルーターを選べば、自宅でWi-Fiルーターを使用してインターネットを楽しむのと遜色ないインターネット体験が可能です。

モバイルルーターは、Wi-Fiルーターほど通信速度は確保できないものの、実用十分の実力を持っています。

レンタルタイプと格安SIMフリータイプがある

モバイルルーターは、大別するとレンタルタイプと格安SIMフリータイプがあります。

レンタルタイプは、月額料金を支払うことでモバイルルーターをレンタルできるもの。モバイルルーターとSIMがセットになっており、契約さえ完了すれば、あとはどこへでも持ち運んで使うことができます。

格安SIMフリータイプは、本体のモバイルルーターを購入し、そこへ月額料金で契約した格安SIMカードをセットすることでモバイルルーターとして機能します。モバイルルーター自体を購入しなければならず、格安SIMの月額料金も必要になります。

レンタルタイプのモバイルルーターは、手軽に契約して簡単に使うことができます。ただしSIMカードを自分で変更することはできません。

格安SIMフリータイプのモバイルルーターは、モバイルルーターを購入しなければならず、さらに自分で格安SIMを用意しなくてはいけませんが、格安SIMの契約次第で割安で使用することができます。

ちなみにレンタルモバイルルーターの代名詞となっている「ポケットWi-Fi」ですが、実はワイモバイルの登録商標です。

レンタルモバイルルーターに関する記事は以下を参照してください。

レンタルモバイルルーター(ポケットWi-Fi)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 選び方で無制限で値段が安い

通信規格はさまざま

モバイルルーターは、パソコンやスマートフォンと併せて利用することが前提となっています。そのため通信規格も、パソコンとスマートフォンのそれぞれに合わせたものとなっています。

パソコンの通信規格としては、Wi-Fi規格であるIEEE802.11ac/11n/11a/11n/11g/11bなどがあります。

スマートフォンの通信規格としては、3G、LTE、4G、WiMAX、Bluetoothなどとなっています。

現在では、パソコンもスマートフォンもさまざまな通信規格に対応していますが、モバイルルーターを購入するときには手持ちの通信機器が通信規格に対応しているかチェックしておく必要があります。

SIMフリーモバイルルーターで採用されるWi-Fi規格

Wi-Fi規格は、旧規格から最新規格まであるため、その違いを理解しておくことが大切です。

無線LANの規格と転送速度の一覧表

無線LANの規格 策定時期 周波数 最大転送速度
IEEE802.11ac 2014年 5GHz 867Mbps、433Mbps
IEEE802.11n 2009年 5GHz 300Mbps、150Mbps
IEEE802.11n 2009年 2.4GHz 300Mbps、150Mbps
IEEE802.11g 2003年 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11a 1999年 5GHz 54Mbps
IEEE802.11b 1999年 2.4GHz 11Mbps

SIMフリーのモバイルルーターでは、通信規格にWi-Fiが採用されることがほとんどですが、さらにWi-Fi規格にも細かな規格が用意されています。

最新の規格であるIEEE802.11acが最も高性能となっており、通信速度が旧モデルと比較しても劇的に改善されています。そのため選ぶならIEEE802.11acが最優先となります。

周波数帯と通信の性能の一覧表

通信の性能\周波数帯 5GHz帯(11ac/n/a) 2.4GHz帯(11n/g/b)
電波干渉 少ない 多い
障害物 弱い 強い
通信範囲 狭い 広い

Wi-Fi規格には周波数帯も関わっており、周波数帯によって通信の性質が変化します。

Wi-Fi規格を確認するときは、周波数帯の兼ね合いまでチェックしておく必要があります。

難しいことが分からないという人は、とりあえず最新規格であるIEEE802.11acを選んでおけば間違いありません。

手軽さで人気に

一般的に自宅でインターネット環境を整えようとすると、インターネット回線に関連する工事が必要となります。さらにモデムやWi-Fiルーターを設置し、複雑な初期設定を行わなくてはいけません。

一方のモバイルルーターは、工事不要で使用することが可能。持ち運びできるため、自宅だけでなく外出先でも使用することができます。

初期導入の容易さと手軽さから、最近ではモバイルルーターを導入する人が増えています。

通信費を劇的に節約できる

自宅でガッツリとインターネットを利用せず、外出先ではスマートフォンをよく使うような場合には、モバイルルーターを導入することでパケット代を節約することができます。

スマートフォンなどでインターネットに接続すると、スマートフォン料金プランによっては通信費が増大していきますが、モバイルルーターの場合には格安SIMに通信料無制限のプランも用意されているため、パケット代を気にせずインターネットを楽しむことができます。

例えば、自宅でインターネット回線を契約し、さらにスマートフォンで高額なプランを契約してれば通信費が増大しますが、モバイルルーターを自宅と外出先の両方で使用すれば劇的に通信費を減らすことができます。家族でモバイルルーターを兼用すれば、さらに通信費の削減効果は高まります。

料金プランやデータ容量の使い方によっても変わりますが、一人暮らしであっても月々5000円安くできるケースもあり、通信費を半額以下に抑えることも不可能ではありません。

「外出している時間が長い」「パソコンではなくスマートフォンばかり使っている」「自宅であまりインターネットを利用しない」などの場合には、自宅にインターネット回線を導入するよりもモバイルルーターを契約した方が安上がりなことも少なくありません。

モバイルルーター(モバイルWi-Fi)の使い方

モバイルルーターがよく分からない人や使ったことがない人は、モバイルルーターの使い方が分からず不安に思ってしまうものです。

不安を払拭するためにも、まずは具体的なモバイルルーターの使い方を確認しておきましょう。

モバイルルーターの初期設定

1.モバイルルーターのバッテリーを充電する
2.対応するSIMカードをモバイルルーターにセットする
3.電源を押して起動を確認する
4.SIMカードの情報をAPN設定で入力する

まずはしっかりとバッテリーに充電してSIMカードをモバイルルーターにセットしましょう。

モバイルルーターにSIMカードをセットできれば、あとはSIMカードの情報をモバイルルーター本体や専用サイトで登録すれば初期設定は完了です。

SIMフリータイプのモバイルルーターの初期設定は、同じくSIMフリータイプのスマートフォンとほとんど同じです。

SIMカードさえ用意することができれば、国内でも海外でも使用することができます。

基本的なモバイルルーターの使い方

1.モバイルルーターのSSID情報を確認する
2.スマートフォンなど使用する端末がモバイルルーターと接続していることを確認する
3.パスワードを入力して接続する

モバイルルーターは、接続に関しては一般的なWi-Fiルーターとそれほど変わりません。モバイルルーターの情報を確認し、接続する通信機器に情報を入力するだけで簡単に接続することができます。

モバイルルーターによってSSID情報の確認方法や接続方法は違いますが、取扱説明書をしっかり確認すればほとんどの場合で問題なく接続することができます。

モバイルルーターをパソコンに接続する方法

1.パソコンからモバイルルーターに接続する
2.モバイルルーターに設定されているパスワードを入力する
3.ウェブサイトを開いてインターネットに接続できていることを確認すれば完了

モバイルルーターとパソコンの連携は、スマートフォンとの連携とそれほど違いがありません。

接続設定の詳細は、モバイルルーターやパソコンによって異なるため取扱説明書を確認しながら進めましょう。

モバイルルーター(モバイルWi-Fi)の選び方のポイント

モバイルルーターを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。モバイルルーターの選び方のポイントを確認しましょう。

通信規格

モバイルルーターの通信規格として主流なのが、LTE、WiMAX、Wi-Fiの3つの規格です。

LTEは、主にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が提供しており、レンタルモバイルルーターで採用されています。

またWiMAXは、UQコミュニケーションが提供しており、こちらもレンタルモバイルルーターで採用されています。

Wi-Fiは、SIMフリータイプのモバイルルーターで採用されています。

Wi-Fi規格には、旧規格から最新規格まであり、規格によって通信速度や安定性が異なります。

SIMフリータイプのモバイルルーターを選ぶときには、最新のWi-Fi規格であるIEEE802.11acを最優先で選ぶようにしましょう。

通信速度

モバイルルーターによって通信速度の上限が異なります。

通信速度によって、大容量のデータを通信したときにスムーズに処理されるかや安定した通信が実現できるかが大きく変わります。

できる限り通信速度が速いモバイルルーター選ぶことが非常に重要になります。

通信速度の速さはWi-Fi規格にも大きな影響を受けているため、できるだけ速い通信速度のモバイルルーターを選びたいときには最新のWi-Fi規格に対応しているモバイルルーターを選んでいきましょう。

搭載できるSIMカードの数

SIMフリータイプのモバイルルーターを選ぶときに、チェックしておきたいのが搭載できるSIMカードの数です。

1枚のSIMカードが搭載できれば、SIMカードを交換しながら使用することも可能ですが、2枚のSIMカードを搭載できるデュアルSIMなら簡単に使用するSIMカードを切り替えることができます。

SIMカードによって残っている通信容量や使い方が異なる場合には、デュアルSIM選ぶことによってより効率的にSIMカードを使うことができます。

複数のSIMカードを使用する場合には、搭載できるSIMカードの数にも注目しましょう。

使いやすさ

それほど操作する部分が多いわけではありませんが、モバイルルーターもできれば使いやすいものを選ぶべきです。

視認性に優れたディスプレイを採用し操作性に優れていれば、ストレスフリーで設定を行うことができます。

また機械が苦手な人なら、分かりやすく直観的に扱えるモバイルルーターが重宝します。

モバイルルーターである以上、通信速度を重視するのは当然ですが、実際に手に持って使用することを考えて使いやすさも考慮しておきましょう。

バッテリー容量

どれだけ高性能なモバイルルーターでも、バッテリー容量が乏しければ長時間の使用に耐えることができません。

モバイルルーターは、スマートフォンと並行して使用することが多いため、長時間の使用が前提となります。

旅行先などでは、活動中にはずっとスマートフォンとモバイルルーターを使用することになる可能性も高いため、12時間程度は連続使用することもあります。

モバイルルーターを長時間使用することが想定される場合には、通信速度よりもバッテリー容量を重視してモバイルルーターを選ぶ方が正しい選択となることもあります。

モバイルルーターに通信を任せている場合には、モバイルルーターのバッテリーが切れてしまうと通信手段がなくなってしまうこともあります。

モバイルルーターの使用頻度を想定し、充電のタイミングを心配せずに安心して使えるだけのバッテリー容量を確保しているモバイルルーターを選びましょう。

サイズと重さ

モバイルルーターを頻繁に持ち運んで使用することを前提とするならば、モバイルルーターのサイズと重さはモバイルルーター選びにおいて非常に重要な要素となります。

モバイルルーターが大きくて重ければ持ち運ぶときに不便です。荷物が増えるため、軽快な移動ができなくなってしまいます。

モバイルルーターのサイズと重さはバッテリー容量にも大きく影響しており、バッテリー容量が大きければモバイルルーターも大きくて重たくなります。

持ち運びやすさとバッテリー容量の両方のバランスが取れているモバイルルーターを探しましょう。

機能とデザイン

モバイルルーターによって、機能やデザインに工夫を凝らしているものもあります。

機能面でいえば、モバイルバッテリーとして使用できるものやゲストWi-Fi機能を搭載しているものもあります。モバイルバッテリーとして使えればスマートフォンの充電が可能となり、ゲストWi-Fi機能があれば、複数人で利用するときに非常に便利です。

またモバイルルーターのデザインは機能と直結している部分があり、USBスティック型のモバイルルーターを選べば、軽量かつコンパクトで持ち運びが容易になりパソコンを使用するときに非常に使いやすくなります。

モバイルルーターを使用するうえで便利になったり必要になったりする機能とデザインがある場合には、機能とデザインを優先してモバイルルーターを選ぶのもアリです。

価格

SIMフリータイプのモバイルルーターは、5000円~2万円程度で販売されています。

値段が高いモバイルルーターほど高性能になっており、最新のWi-Fi規格に対応していたり大容量のバッテリーで長時間の使用に耐えることができます。

一方の低価格のモバイルルーターは、通信速度が遅かったり使用時間が短かったりと使い勝手が非常に悪くなる場合があります。

外出先でモバイルルーターが使えなくなってしまうと非常に不便になるため、モバイルルーター選びでは値段よりも実用性を重視することをオススメします。

モバイルルーター(モバイルWi-Fi)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、SIMカードを接続することで使用できるSIMフリータイプのモバイルルーター(モバイルWi-Fi)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。通信速度、機能、使いやすさ、耐久性、サイズ、重さ、デザイン、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

10位:Pacific Electric USB型WiFiルーター 4G WIFI Dongle

Pacific Electric USB型WiFiルーター 4G WIFI Dongle

USBスティックサイズで持ち運びに便利なモバイルルーターです。

モバイルルーターの多くはスマートフォン程度のサイズとなっており、ノートパソコンを使用している場合には持ち運びに不便です。

このモバイルルーターは、パソコンを使用するときに最適なものとなっており、USBスティックサイズで持ち運びにも非常に便利です。

SIMカードを挿入してパソコンやモバイルバッテリーで給電をすれば無線LAN環境を構築することが可能。パソコンを使用する場合には、パソコンに挿してそのまま使うことができます。

通信速度も十分でWi-Fi対応の機器に最大10台まで同時接続することができます。

ノートパソコンユーザーで、モバイルルーターの持ち運びに煩わせられたくない人にはオススメのモバイルルーター。一度使えばその軽快さに手放せなくなる1台です。

口コミの評判

・日本語説明書がなかったので、初期設定できるか不安でしたが案外簡単に設定できました。
・以前購入したのはLTE対応しておらず、3G接続しかできませんしたが今回のはLTE対応しており通信速度がさらに速くなっています。
・これまで海外に行くときはモバイルルータをレンタルしていたので荷物がかさばっていました。これがあれば荷物がかさばることはありません。
・SIMロック端末しか持っておらず、SIMロック解除に手間と費用がかかっていました。これがあればSIMカードを購入するだけで海外どこへでもネットにつなげます。

9位:NECプラットフォームズ モバイルルーター Aterm PA-MP01LN

NECプラットフォームズ モバイルルーター Aterm PA-MP01LN

簡単で便利に使うことができるNECのモバイルルーターです。

LTEに対応しており受信最大150Mbps、送信最大50Mbpsとなっているため、十分な通信速度を確保することができます。

また最新のWi-Fi規格にも対応しており、安定した高速通信を約束してくれます。

Wi-Fi通信なら約10時間の連続動作時間があるため、長時間使用することが可能。バッテリー切れを心配する必要はありません。

コンパクトかつ軽量のため持ち運びには非常に便利。カバンに入れられるスッキリとしたデザインも特徴で、持ち運ぶときに邪魔になることはありません。

初期設定も非常に簡単なため、機械が苦手な人も安心して使えます。

難しい機能が搭載されておらず実用性に富んでいるモバイルルーター。連続動作時間が許容範囲内なら購入を検討してみましょう。

口コミの評判

・格安SIMをセットして、2台のスマホが普通に使用できるのでコスパ最高。
・このモバイルルーターはパソコンが無くても繋がるのでパソコンを持ってない自分にとっては結果的にラッキーでした。名刺サイズの小ささで軽いので持ち歩いていて無くさないかと今から心配です。
・驚くほど軽くて小さいです。この驚きは、現物を見た人にしか判らないと思います。そして当たり前ですが、ちゃんと使えます。iPhone8、iPad Pro9.7、macbook12、Qua tab px(カーナビ用)を接続して使用しています。
・イオンモバイルSIMを使用。自動で接続出来ました。軽くて、小さいので持運びも苦になりません。

8位:LG Electronics Japan docomo L-01G Wi-Fi STATION(クロッシィ)

LG Electronics Japan docomo L-01G Wi-Fi STATION(クロッシィ)

高速通信が可能となっているドコモのモバイルルーターです。

受信時最大225Mbps、送信時最大50Mbpsの通信速度を発揮するモバイルルーターで、ほかのモバイルルーターよりも通信速度が速いという特徴を持っています。

スマートフォンサイズのモバイルルーターですが、バッテリー容量が非常に大きく長時間の連続動作が可能です。連続通信時間は最長20時間となっており、1日中使い続けてもバッテリー切れとなる心配がありません。

ディスプレイも非常に見やすく直感的な操作が可能になっているため、使いやすさも大きな魅力。初期設定も簡単に進めることができ、細かな設定を調整できるため好みの設定にすることができます。

充電機能も備えているため、モバイルバッテリーとして兼用することも可能。スマートフォンの充電が少なくなった場合には、モバイルルーターから充電することができます。

通信速度が非常に早くバッテリー容量も申し分ない高性能なモバイルルーター。値段も比較的安いため、気になっているなら迷わず買ってしまいましょう。

口コミの評判

・デカイ。モバイルバッテリーも兼ねていて受け待ち時間も長いのですが自分には不要でした。格安sim使用であっさり開通。半分の薄さなら完璧すぎな製品だと思います。
・発売から随分時間が経ちますが、いまでも定番のモバイルルータだと思います。時代はデュアルSIMですが、デュアルである必要がなければ、安いこちらで十分です。
・昔のルーターはLTE3時間、3Gで7時間程度でしたが、この商品はLTEで繋ぎっぱなしでも一日は余裕で持ちます。勝手にスリーブになることもなく、iPadもちゃんと通知機能が働きます。大きいですが、給電機能があるのでいざという時のモバイルバッテリーにもなるので便利だと思います。
・簡単に接続できる。バッテリーの持ちが良すぎて最後にいつ充電したかわからない。など、とにかく文句なしの製品です。DMMSim使用で問題ありません。強いていうならバッテリー残量は数値化してくれたらうれしかったです。困った事はありませんが…とにかくおすすめです。

7位:HUAWEI モバイルルーター H02003-C

HUAWEI モバイルルーター H02003-C

超小型のUSBスティックタイプのモバイルルーターです。

4Gの高速通信が可能なモバイルルーターで、安定した高速通信が可能となっています。SIMカード1枚で最大10台の通信機器を接続して使用することができるため、複数人で使用することも可能です。

大きなポイントがUSBスティックタイプであること。バッテリーを搭載していないため給電する必要はありますが、非常に軽量でコンパクトなためどこにでも持ち運ぶことができます。

パソコンのUSBだけでなく自動車のシガーソケットからも充電することが可能。自動車の中でWi-Fi環境を構築することもできます。

デザインは非常にシンプルで、部屋に設置してもインテリアを邪魔することはありません。

シンプルながら必要十分な機能を兼ね備えているモバイルルーター。電源を確保できる環境で使用することが前提なら、充電不要のこのモバイルルーターも候補に入れましょう。

口コミの評判

・ワイモバイルのシムを入れて使っています。田舎と山添に行っても全く問題ありません。おすすめです。
・事前情報を元にiij SMSシムで使用。ナビにアンテナピクトも表示され問題なく通信出来ています。
・本来の対応バンドが900mHz 2100mHz(2000mHz )との事と、そんなにデーター量を使わないという事で、ソフトバンク系の格安SIMのデータのみの専用SIMを契約してつかってみたところ、smsが付いていないSIM(現在の所、ソフトバンク系MVNOのSIMには、SMS付きデータSIMは販売されていません)にもかかわらず、安定してLTEを掴み爆速で動いています。
・楽天モバイルのSMS付データSIMで4G通信を確認しました。HUAWEI HiLink というアプリを使うとルーターの管理がし易くなります。特にSMS送受信機能が便利です。WIFI専用タブレットからでもSMSの送受信が楽にできます。データSIMでのSMS使用を考えているかたは使って損はありません。

6位:GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター simフリー G3-Gold

GlocalMe G3 モバイルWiFiルーター simフリー G3-Gold

SIMカードとアカウントへのチャージの両方で通信が可能になるユニークなモバイルルーターです。

多くのモバイルルーターは、月額課金制でレンタルするか自前のSIMカードを利用するかですが、このモバイルルーターはSIMカードだけでなくアプリを利用してアカウントにチャージするだけで定額データパッケージを利用できます。

SIMカードがなくても定額データパッケージが使用できるため、幅広い使い方ができます。

非常に便利なのが海外旅行で、旅行先でSIMカードを購入できなくても、定額データパッケージを購入して利用すればWi-Fiを使うことができます。

100カ国以上で利用することができるため、海外で使用するときには非常に重宝します。

実用性も十分で4G、LTEの高速通信に対応。1度に5台の通信機器に接続することができるため、複数人で使用するときにも便利です。

5350mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、連続15時間の駆動が可能です。スマートフォンへの給電もできるためモバイルバッテリーとしても活用できます。

モバイルルーターとしては高額ですが、汎用性と実用性の両方を兼ね備えているため、海外旅行では必須といえるモバイルルーターです。

口コミの評判

・ドイツ旅行用に購入しました。今まではレンタルWIFIを使用していましたが、ヨーロッパに良く旅行するので、これを購入しました。バッテリー容量がたっぷり有り、電池切れの心配なく、使用できました。スマホをカーナビとして使うので、ほぼ一日中、電源入れっぱなしで使えました。海外旅行で本当に役に立ちます。
・最高に良いものに出会いました。海外では使用してませんが国内のnuroモバイルも認識して問題なく使用しています。
・これ一台であれこれ考える事無く世界中使えます。使えない所に行くような方は逆にこれじゃ無くても本人のスキルで何とかするでしょう。開通作業が行く前からできるので現地であたふたしなくていいのもポイント高いです。コスパもレンタルより遥かにいいし、旅行頻度によっては、十分に元取れます。
・シンプルなのに使い勝手がよく、大変便利なツールです。中国出張で9月から繰り返し使っています。データパックの価格設定は良心的で助かります。

5位:Battery SIMフリーモバイルWi-Fiルーター MF855_JP

Battery SIMフリーモバイルWi-Fiルーター MF855_JP

圧倒的な容量でモバイルバッテリーとしても大活躍してくれる1台2役のモバイルルーターです。

モバイルバッテリー代わりに使用できるモバイルルーターはありますが、このモバイルルーターのバッテリー容量は7800mAhという圧倒的な大容量。テザリングでは連続通信時間が18.5時間と非常に長く、さらにモバイルバッテリー機能を搭載しているためバッテリーが減ってしまったスマートフォンを充電することも可能です。

スマートフォンやタブレットだけでなくノートパソコンなどUSB端子を搭載するモバイル端末を急速充電することも可能となっており、汎用性の高さも人気の理由となっています。

通信速度も十分で、最大同時接続台数は8台となっているため複数人で共有することも可能です。

アプリを利用することでスマートフォンやタブレットから操作することも可能で、電波状況やバッテリー残量の確認はもちろんインターネットの接続などモバイルルーターをバッグに入れたままでもアプリ画面で簡単に操作することができます。

非常に値段が安いのも大きな魅力で、ほかのモバイルルーターの半額程度で購入できるコストパフォーマンスも高評価です。

とにかくバッテリー容量が多くて値段が安い質実剛健で実用性に富んだモバイルルーター。モバイルルーターとしてだけでなくモバイルバッテリーとしても活躍するため使える場面が非常に多いです。

口コミの評判

・台湾で利用しましたが、バッテリー容量も十分で、安心して利用できました。かなり優れ物です。
・海外旅行に持って行くのに最適!ちょっと重いのが難点かな?でもとても満足。
・Biglobeのsimで利用確認できました。初めて持つならおすすめです。バッテリーつきですし。
・楽天モバイルのデータ用マイクロSIMを使っています。はじめにパソコンで楽天SIM側のAPN設定をしなくてはいけません。その際はパソコンへUSBで繋いで、IPアドレスを入れての接続が必要です。

4位:NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm PA-MR05LN

NECプラットフォームズ 自動SIM切り替え LTE モバイルルーター Aterm PA-MR05LN

NECのデュアルSIMに対応している自動SIM切り替え機能を搭載したモバイルルーターです。

デュアルSIMに対応しているため、2つのSIMを使って快適に利用することが可能。SIMカードのプランに合わせて最適な方法で利用することができるため、複数のSIMカードを持っている人には非常に便利です。

SIMの切り替えはわずか10秒で完了するため、SIMの切り替えにイライラすることもありません。

インターネットへの接続は3つの周波数帯を束ねて通信を高速化する技術に対応しており、圧倒的な通信速度で接続することが可能です。動画やブラウジングがスムーズなのはもちろん、10台まで通信機器を同時に接続することができます。

初期設定も非常に簡単で、電波受信レベルなどもディスプレイでチェックできるため、使いやすさはバツグンです。

複数の通信機器を同時につないでも、それぞれ個別の暗号化設定を行える機能を搭載しているため、安心のセキュリティを確保することができます。

バッテリー容量も充実しており、Wi-Fiなら最大約14時間、Bluetoothなら最大約30時間の連続稼働が可能。長時間の使用が可能で1日中使ってもバッテリー切れを起こす心配はありません。

長時間使用することができて多機能なためスムーズに扱える使い勝手に優れたモバイルルーター。モバイルルーターに使いやすさを求めるなら、このモバイルルーター以外は考えられません。

口コミの評判

・設定も簡単、アメリカ、イギリス、中国、フランス、ドイツでは問題なく利用できました。少し高めですが、現地でSIMが入手出来る国には向いています。
・以前使用していたモバイルルーターよりも速い。以前のモノは設定もwi-fiを使用し、スマホ経由でないとできませんでしたし、何かと不便でした。simのダブルスロットもあれば便利。
・OCNモバイルONEで利用してますが、評判どおりの高品質な製品です。
・新しいものもありますが、やはり機能的やデザイン的にこれを選びました。nano SIM2枚を使えますし、Wi-Fi、Bluetoothでの接続もサクサク出来ます。そしてバッテリー持ちも非常に満足しています。

3位:Huawei SIMフリーコンパクト WiFiルーター E5383s-327

Huawei SIMフリーコンパクト WiFiルーター E5383s-327

コンパクトで携行性を重視したファーウェイのモバイルルーターです。

コンパクトなボディに2.4インチタッチスクリーンを搭載したスタイリッシュなモバイルルーターで、直感的な操作が可能となっています。スマートフォンを使うように自然な操作が行えます。

本体重量は120gと非常に軽量。卵2個分という軽さのため、バッグだけでなくポケットに入れて持ち運ぶことも容易です。

コンパクトながら3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており連続通信時間は12時間となっています。長時間の使用に耐えられるのも強みです。

LTEや3Gだけでなく最新のWi-Fi規格に対応しているため、通信速度と安定性は申し分ありません。同時接続台数は10台となっており、複数の通信機器で接続しても使用できます。

専用アプリを利用すればスマートフォンやタブレットからも使用することができます。

小型で長時間使用が可能で使いやすいという三拍子そろった文句のつけどころがないモバイルルーター。値段も安いため初めてのモバイルルーターに最適です。

口コミの評判

・IIJmio、ドコモ回線で使用しました。大阪府ですので常時LTE表示が出ていましたが、GL01Pでは圏外表示になってしまう、電波の悪い場所でもFOMAハイスピードではありますが通信できたので満足です。IIJの場合APN設定は自動でされましたので届いてからバッテリー・SIMカードを入れて起動するだけで使用できました。
・MVNOのsim(ドコモ系)買って、そこに入れてます。家族全員がネット使えて、良かったです。
・mineoDプランで使用しています。すぐに納品され、通信設定も簡単でした。非常に満足しています。
・ビッグローブの格安SIMを入れて使用しています。設定も超簡単で、全く問題ありませんでした。(スピードは、それなり・・・ですが)とてもお買い得な買い物だと思います。

2位:NETGEAR WiFi LTE モバイルルーター AC785-100JPS

NETGEAR WiFi LTE モバイルルーター AC785-100JPS

ネットギアの性能、機能、価格のバランスが秀逸なモバイルルーターです。

LTEや3Gに対応しており、さらに最新のWi-Fi規格にも対応しているモバイルルーターで、受信最大150Mbps、送信最大50Mbpsを実現します。通信速度が高速のため、サクサクとネットを楽しむことができます。

本体がコンパクトかつ軽量で、本体重量は127gと持ち運ぶときにも負担にならない軽さとなっています。

1.77インチの液晶カラーディスプレイが搭載されており、視認性に優れているため使いやすくなっています。

また最大接続デバイス数15台、ゲストWi-Fi機能、デュアルバンドWi-Fi、世界93カ国対応と機能面が充実しており、どこでどんな使い方をしても満足することができます。

多くの格安SIMに対応しているのもポイントで、主要な格安SIMなら利用することができるため安心です。

必要十分な性能と機能を兼ね備えており、値段もしっかり抑えているモバイルルーター。値段そこそこにしっかりとしたモバイルルーターを探しているならこれ一択です。

口コミの評判

・フリーSimをつけて山の中でKindleを使用するために購入。安いからどれぐらいか心配だったが問題なく使用できた。使わない時は電源を切っておけるし大きさも邪魔にならない、かといって小さすぎず無くすこともない良い大きさ。
・十分です。満足しています。スマホ用の白ロムを入れて運用していますが、普通に使えてます。初期投資はそれなりですが、運用に関しては月2,000円以下ですから、費用対効果は高いです。
・とても使いやすく、設定もとても簡単でした。このルーターにしてからは通信状況もよくLTEになり通信量が大幅に削減できました!iPhoneは4Gでアンテナが立たなかったのですがこれにしてからはLTEでアンテナが4本もたちました。友達と一緒に共有もしやすいし、アプリ内で管理できるところも便利でとても使いやすいです!
・家族割の縛りがあるので某キャリアから抜け出せす、パケットの使用量も3GBを超えていましたから結構な負担でした。外出時はこの製品とMVNOのSIMを組み合わせて持ち歩いたところ、キャリア側の通信料が1GB未満に!!大幅に出費が抑えられるようになったので、数ヶ月でこの製品の料金はペイできそうです。通信も非常に安定しているし、電池持ちも良いので文句なし!

1位:HUAWEI SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S-324

HUAWEI SIMフリーモバイルwi-fiルーター E5577S-324

ファーウェイの大人気となっているモバイルルーターです。

誰でも使いやすい性能と機能に加えてお手頃価格となっているため、多くの人が満足しているモバイルルーターです。

最新のWi-Fi規格に対応しており、安定した高速通信で接続することができます。またデュアルバンドに対応しているため、状況に合わせて最適な周波数帯で利用することができます。

バッテリー容量は3000mAhで、最長約12時間の起動が可能。1日中使っても十分にバッテリーが持ちます。

大容量のバッテリーを活かしてモバイルバッテリーとしても使用することが可能。スマートフォンの充電が切れそうなときには大助かりします。

コンパクトかつ軽量で非常に持ち運びやすく、スリムな設計となっているためカバンに入れてもかさばることがありません。人間工学に基づいたデザインとなっており、スタイリッシュなだけでなくポケットに入れて持ち歩くにも便利です。

操作性に優れているだけでなくスマートフォンからの遠隔操作も可能となっているため、使い勝手はバツグンです。

とにかく使いやすくて電池が長持ちする全く隙のないモバイルルーター。モバイルルーターの初心者から玄人まで納得の1台です。

口コミの評判

・ocnモバイルoneを入れて使用しています。設定も自動にしてくれるので特に難しいこともなく機械音痴の私でも簡単にWi-Fiを使えています。
・Wi-Fi専用 iPadを外で使用する為に、これに格安SIMを入れて使用。特に問題なく使えてます。コンパクトでバッグに入れても場所を取らない。便利になりました。
・SIMを差し込めば自動的に設定される場合がほとんど。電池もちもよく、すばらしい。
・BIGLOBEのSIMで使用しております。iPad、タブレットPCなど3台程度の接続で利用中。電源管理の機能が高性能で、1日利用していてもバッテリーは十分もちました。設定も、初心者に優しいものとなっており、特段の準備なしで利用可能です。デザインや質感も非常によく、自信をもって人にお勧めできる商品だと思います。

まとめ

工事不要で簡単にインターネット環境を整えることができるモバイルルーター。それほどインターネットを利用しない人は、自宅で使用するときも外出して使うときもモバイルルーターだけで対応することが可能です。

無制限に通信できる格安SIMのプランも多いため、うまく格安SIMを選ぶことができれば非常に便利なアイテムとなってくれます。

海外旅行などでも必要不可欠なっているモバイルルーター。レンタルモバイルルーターだけでなく格安SIMと組み合わせる SIM フリータイプのモバイルルーターも検討してみましょう。

レンタルモバイルルーターについては以下の記事を参照してください。

レンタルモバイルルーター(ポケットWi-Fi)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 選び方で無制限で値段が安い

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , ,