コーヒーメーカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 オシャレで安い本格コーヒー

      2018/01/13

単機能コーヒーメーカー

ホットコーヒーやアイスコーヒーを手軽に作れるのがコーヒーメーカー。中でもコーヒーのドリップのみを行う単機能コーヒーメーカーは価格が安く、セットすれば自動的にコーヒーを淹れてくれるため非常に便利なアイテムです。

今回は、オシャレでおいしい単機能コーヒーメーカーのオススメ人気ランキングをご紹介します。コーヒーメーカーの使い方や選び方についても知っておきましょう。



Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

コーヒーメーカーとは?

そもそもコーヒーメーカーとは何なのでしょうか。まずはコーヒーメーカーについて学んでいきましょう。

コーヒーメーカーの種類

コーヒーメーカーにはいくつかの種類が存在しており、コーヒーメーカーによってできることと価格が大きく異なります。

大別するとミル無しのコーヒーメーカーとミル付きのコーヒーメーカーに分けることができ、そこからさらに細かく分けることができます。

ミル無しコーヒーメーカー

コーヒー豆を挽くミルが付いていないタイプのコーヒーメーカー。ミルがないため、コーヒー豆を使ってコーヒーを淹れることができません。

インスタントコーヒーメーカー

インスタントコーヒーを作る機械。コーヒー豆ではなく専用のインスタントコーヒーのパックを使ってコーヒーを作ります。

手軽にいつでもコーヒーが淹れられる反面、味はコーヒー豆から淹れるものに劣ります。

単機能コーヒーメーカー

コーヒー豆を挽いたコーヒー粉をセットするとお湯が落ちて自動的にコーヒーを淹れられるタイプです。

このタイプのコーヒーメーカーは、コーヒー豆でなくコーヒー粉を用意する必要があります。コーヒー豆を使う場合には、別途ミルで挽いておく必要があります。

コーヒー粉は市販されているものもあります。

ミル付きコーヒーメーカー

ミル付きコーヒーメーカーは、ミルを使ってコーヒー豆からコーヒーを淹れることができます。

ミル付きコーヒーメーカー

コーヒーメーカーにコーヒーミルが付属したタイプ。自分でコーヒー豆を挽いて、コーヒーメーカーにセットする必要があります。

基本的には単機能コーヒーメーカーにミルが付属しているものです。

全自動コーヒーメーカー

コーヒー豆と水をセットしておくだけで、自動的にコーヒー豆を挽くところからコーヒーを抽出して淹れるところまで全自動で行ってくれるコーヒーメーカーです。

セットするだけで本格的なおいしいコーヒーが飲めますが、コーヒーメーカーの本体の価格は高くなります。

安いものでも1万円前後し、高いものとなると5万円以上の製品もあります。また値段が上がるとエスプレッソやカフェラテといったコーヒーを淹れられる製品もあります。

コーヒーメーカーの使い方

さまざまなコーヒーメーカーが存在しますが、ここではポピュラーで最も使われることの多い単機能コーヒーメーカーの使い方をご紹介します。

1.ペーパーフィルターをコーヒーメーカーのフィルターにセットする
2.ペーパーフィルターにコーヒー豆を挽いたコーヒー粉を適量入れる
3.コーヒー粉の入ったフィルターをコーヒーメーカーにセットする
4.コーヒーメーカーに水を入れる
5.スイッチを入れてコーヒーを淹れる
6.コーヒーメーカーがコーヒーを淹れ終えたらスイッチを切る

基本的な単機能コーヒーメーカーの使い方は、どのメーカーでも同じです。構造がシンプルなため使い方に迷うことはほとんどありません。

ポイントは、コーヒー粉のセット。適量のコーヒー粉をセットすることでおいしいコーヒーを淹れることができます。

またコーヒーを淹れた後には、すぐにスイッチを切ることもポイント。スイッチを入れっぱなしにしていると自動保温機能によって加熱されつづけ、コーヒーの味と風味が落ちて苦いだけのコーヒーになります。

コーヒーメーカーの選び方のポイント

コーヒーメーカーの基本が理解できたところで、コーヒーメーカーを選ぶポイントをご説明します。コーヒーメーカーの選び方のポイントを把握して、自分に合ったコーヒーメーカーを選びましょう。

コーヒーメーカーのタイプを選ぶ

コーヒーメーカーには、ミル付きやミル無しなどさまざまなタイプの製品があります。そのためまず選ぶべきポイントは、コーヒーメーカーのタイプです。

インスタントコーヒーでもいいのか、コーヒー豆を挽いた粉で淹れるのか、それともコーヒー豆から淹れるのかでタイプを選びましょう。

コーヒーメーカーを使う頻度や使い方などを考えれば、どのタイプのコーヒーメーカーが必要になるかイメージしやすくなります。

ここでご紹介する単機能コーヒーメーカーは、基本的にはコーヒー粉をドリップすることしかできません。タイプで悩む必要はほとんどありません。

コーヒーメーカーの味で選ぶ

コーヒーメーカーを選ぶ際に大切なのが、淹れられるコーヒーの味です。

豆以外にも淹れ方でコーヒーの味は大きくことなります。豆の挽き方が細かくゆっくり淹れるマシーンなら苦みの強いコクのある味となり、豆の挽き方が荒く速く淹れるマシーンなら酸味の強いさっぱりとした味になる傾向があります。

コーヒーの味の好みと感じ方は人それぞれのため、一概にどのコーヒーメーカーがおいしいコーヒーを淹れられるのかは言えません。レビューなどを参考に自分の好みを交えて選びましょう。

単機能コーヒーメーカーは、モードによって淹れるコーヒーの味を変えるような複雑な機能がないため、味を変えるときにはコーヒー豆の選び方を工夫します。

コーヒーメーカーの容量で選ぶ

コーヒーメーカーを選ぶ際に見落としがちなのが容量です。

たくさんのコーヒーを飲む場合には、一度にたくさん淹れられる容量の大きいものを選びましょう。逆に淹れたてを少しずつ飲みたいのなら、小さい容量のものでも構いません。

コーヒーメーカーの使いやすさで選ぶ

コーヒーメーカーの使いやすさや手入れのしやすさは重要なポイントです。

面倒で複雑な操作が必要なコーヒーメーカーは避け、簡単に操作できるものを選びましょう。また衛生面を考えると、簡単に洗うことができることも大切です。

単機能コーヒーメーカーは機能が単純な分、複雑な操作が不要。それよりもパーツを分解して洗えるものを選ぶ方が大切です。またフィルター部分は、基本的にペーパーフィルターとなります。

コーヒーメーカーの価格とランニングコストで選ぶ

コーヒーメーカーによってインスタントコーヒーで作るものからコーヒー豆を挽いて淹れるものまでさまざまですが、基本的に価格とランニングコストは反比例する傾向にあります。

インスタントコーヒーメーカーは本体価格が安いものの専用のインスタントコーヒーを買わなければいけないためランニングコストが高くなります。

一方で全自動コーヒーメーカーは複雑な機械であるため本体価格が高いものの、コーヒー豆とフィルターがあれば淹れられるためランニングコストは安くなります。

単機能コーヒーメーカーは、コーヒー豆とペーパーフィルターが必要となります。

保温機能で選ぶ

コーヒーメーカーには保温機能が搭載されている製品がありますが、保温形式が異なる場合があります。

一般的なのがヒーター式の保温で、コーヒーが入ったガラス容器などをヒーターで温めるもの。この方式は、温かさを保てる反面、長時間保温すると煮詰まって苦みやえぐみが強くなります。

もう1つの保温方式が真空断熱式。こちらは魔法瓶の容量で、断熱することによって保温します。この方式は徐々に冷たくなりますが、時間が経ってもコーヒーが煮詰まるようなことはありません。

コーヒーメーカーのデザインで選ぶ

日常的にキッチンの見えるところに置かれるものだからこそ気を配りたいのがデザインです。

オシャレなデザインのコーヒーメーカーを置けば、キッチンの雰囲気も大きく変わります。またデザインの中には大きさも含まれており、狭いキッチンでは置き場に困るような大きなコーヒーメーカーは置くことができません。

コーヒーメーカーのオススメ人気ランキング

ここからはシンプルにコーヒーを淹れることができる単機能のコーヒーメーカーのオススメ人気ランキングです。性能だけでなく価格やデザイン性も考慮してランク付けしています。

5位:タイガー コーヒーメーカー ACC-S060

タイガー コーヒーメーカー ACC-S060

5位は、タイガー魔法瓶のコーヒーメーカー「ACC-S060」です。

シャワードリップ方式のコーヒーメーカー。容量は0.8リットルで、1~6杯のコーヒーを作ることができます。

サーバーはステンレス製で魔法瓶構造ではないためサーバーで保温することはできませんが、サーバーではなくカップを置けば直接カップにドリップすることもできます。

幅が14㎝しかない縦置きスリムタイプのため、狭いキッチンにも置くことが可能となっています。

カラーは3種類で、ホワイトの「ACC-S060-W」、オレンジの「ACC-S060-D」、耐熱ガラスサーバータイプのブラック「ACC-A060-K」となっています。

性能はそれほどよくありませんが、価格が3000円前後と非常に安いことがポイントです。

口コミの評価

・白いコーヒーメーカーを探していましたデザイン機能共に気に入っています出しっぱなしでも生活感が気になりません。
・シンプルでとても使いやすいです。やはり、ステンレスは良いですね。割れるのを気にせずに済みます。
・洗いやすくて、いつまでも清潔保持できそうで購入してよかったと思います。
・一人分のコーヒーを飲むことも多いので、カップにそのまま入れられるというところが気に入っています。

4位:メリタ オルフィ SKT523W

メリタ オルフィ SKT523W

4位は、メリタのオルフィ「SKT523W」です。

このコーヒーメーカーの特徴は、洗浄フィルターが付いているところ。千兆洗浄水フィルターによってカルキを99%除去することができ、おいしい水でコーヒーを淹れることができます。

またアラートとオートオフ機能を備えており、抽出が終わるとアラームで知らせてくれると同時に自動的に電源が切れます。

ポットはステンレス製真空2重構造で保温性があり、中に氷を入れておけばアイスコーヒーも作ることができます。

容量は0.7リットルで2~5杯を淹れることができ、価格が5000円前後と安いのに多機能を兼ね備えています。

口コミの評価

・満足のいく製品だと思いました。香りや味の点でも充分だと思いますし、何しろ使いやすいです。
・ドリップ後に電源がオフになるのが良い。カフェオレにして飲むので、大きいマグカップ三杯くらい。水をいれる所が外れるのが便利。
・メチャメチャいいです。こぼれない。ガラスデキャンタみたいに割れないし、いいなあ。
・ステンレスポットのコーヒーメーカーを探していたらこちらの商品を見つけました!価格もお安く、清潔に洗える商品が買えて良かったです。

3位:ハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー EVCM-5TB

ハリオ 珈琲王 コーヒーメーカー EVCM-5TB

3位は、ハリオのコーヒーメーカー「EVCM-5TB」です。

単機能コーヒーメーカーとしては高価格帯の1万円前後の製品ですが、おいしいコーヒーを淹れる条件がプログラムされており、限りなくハンドドリップに近い仕上がりになるように追及されたコーヒーメーカーです。

2~5杯までの杯数に応じた蒸らし機能を搭載しており、蒸らしの湯量・時間・温度・注湯方法にまでこだわっています。抽出するお湯の温度は安定した93℃で、21穴の抽出口により、コーヒー粉全体に柔らかくお湯をかけることでおいしいコーヒーを淹れることができます。

抽出完了後はアラームで知らせ、30分間保温可能。30分を過ぎると自動的に保温ランプが消え、保温モードが終了します。

機能がシンプルながらコーヒーの淹れ方にこだわっているコーヒーマシーン。しっかりとした蒸らし機能が付いているコーヒーメーカーは珍しく、コーヒーの味のレベルは高く安定して淹れられます。その反面、単機能コーヒーメーカーとしては価格が高いため3位となりました。

口コミの評価

・30秒で蒸らし3分で抽出というハンドドリップの基本を完璧に再現します。ストップウォッチで測って誤差はほとんどなし。壁も崩れない。
・息子に進められて気に入り、我家用、実家用、姉の誕生日プレゼントとして結局3台も購入しました。同じコーヒーでも今までのコーヒーメーカーより味、香りが断然違います。我家では毎日使っています。
・朝は今までハンドドリップでコーヒーをたてていましたが、冬になり雪も降り、出勤時間を早くしなければならず時短の為にコーヒーメーカーを購入。コポコポコポという音と香りがたまりません。
・ムラシ機能が良いですね。抽出の時間は割りと短めですぐできます。デメリットは値段くらいでしょうか。

2位:象印 コーヒーメーカー EC-TC40-TA

象印 コーヒーメーカー EC-TC40-TA

2位は象印のコーヒーメーカー「EC-TC40-TA」です。

非常にシンプルな単機能コーヒーメーカーで、普通にコーヒーを淹れるだけの装置です。

容量は540mLで、コーヒーカップ1~4杯を淹れることが可能。カルキをとってコーヒー豆本来のおいしさを引き出す浄水機能が付いています。

難しい機能もこだわりの淹れ方もしてくれないこのコーヒーメーカーが高評価な理由は、2000円前後という低価格。とにかくほかのコーヒーメーカーに比べて値段が安く、シンプルで使いやすいことが人気の理由です。

とりあえず低価格でコーヒーメーカーを手に入れたい人にはオススメの製品。失敗しても2000円なら痛くないため、初めてのコーヒーメーカーを買って、コーヒーメーカーの使い心地を試してみたい人にはピッタリです。

口コミの評価

・象印商品が何故にこんなに低価格で出ているのかは疑問ですが、必要かつ最低限な機能はそろっています。
・この価格ですので普通に使えていますし大満足です。普通にコーヒーが入れられ、保温出来れば問題なしです。
・コスパは大変良いと思います。
・安いですがしつかりと仕事してくれます。1度ガラスの入れ物を落として割ってしまいましたが同じ物を再度購入しました。

1位:メリタ ノア SKT541

メリタ ノア SKT541

1位となったのは、メリタのノタ「SKT541」です。

4位でもランクインしたメリタの製品で、「SKT523W」と近い機能となっています。

アラートとオートオフ機能を備えており、抽出が終わるとアラームで知らせてくれると同時に自動的に電源が切れます。またポットはステンレス製真空2重構造で保温性があり、中に氷を入れておけばアイスコーヒーも作ることができます。

メリタ式1つ穴抽出を採用しており、内側に刻まれたミゾとその角度が、お湯の流れをコントロール。コーヒー粉に上からお湯を落とす一般的な方式と異なっており、味と香りを引き出すことができます。

容量は0.7リットルで、2~5杯のコーヒーを淹れることが可能。カラーは3色で、グレー、ブラック、ホワイト。価格は4000円前後となっています。

シンプルなデザインと使い勝手の良さ、価格の安さとコーヒーの味から1位となりました。

口コミの評価

・アイスコーヒーも美味しく作れます。もちろんホットもとても美味しいです。お友達にもオススメしています。
・購入してから毎日使ってます。ポット自身で保温出来るのが魅力です。
・大きすぎない大きさも、割れない保温瓶も、使いやすくて最高です。あまりに気に入ったので、両親にもプレゼントしたら、早く美味しいコーヒーが飲める、と喜んでました。
・使いやすいうえに、同じ豆でも、前に使っていたコーヒーメーカーより美味しいコーヒーになるような気がします。

まとめ

単機能コーヒーメーカーはコーヒー粉があれば本格的なコーヒーを淹れることができ、インスタントコーヒーでは絶対に味わえない深いコーヒーの味を楽しむことができます。

また全自動コーヒーメーカーと異なり機能を絞っているため価格が安く、手間をかけずに手軽にコーヒーを淹れられるのもポイントです。

これまでインスタントコーヒーしか飲んだことがない人やコーヒーメーカー初心者には最適な単機能コーヒーメーカー。夏にはアイスコーヒー、冬にはホットコーヒーと1年中楽しめるため、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

コーヒーに関する製品は以下の記事を参照してください。

コーヒーメーカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 オシャレで安い本格コーヒー

オシャレでおいしい全自動コーヒーメーカーのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手軽に本格コーヒー

エスプレッソマシンのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 口コミの評判から使い方まで

コーヒーミルのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手動と電動の比較も

コーヒーロースターのオススメ人気比較ランキング 2017-2018 手動と電動でコーヒー豆を自分流に焙煎

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, 調理家電 , , , , , , , , , ,