中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

      2018/07/10

人気の中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)

どうしてもWi-Fiルーターの電波が届かない範囲があるときに大活躍してくれるのが無線LANの中継機である中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)です。Wi-Fiルーターの電波が届く範囲を拡張してくれるだけでなく、電波を増強することで高速通信の安定化を実現してくれます。

ところがいざ中継機Wi-Fiルーターを選ぼうと思っても、バッファロー、エレコム、ネットギア、エイスース、アイ・オー・データ、NECなどのメーカーがあるため、どれを選べばいいのか選び方に迷ってしまうものです。

そこで今回は、中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。うまく中継器を組み合わせることで安くて高速通信が安定したネット環境を構築することができます。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)とは?

そもそも中継機Wi-Fiルーターとは、どのようなWi-Fiルーターなのでしょうか。まずは中継機Wi-Fiルーターの基本を理解しておきましょう。

Wi-Fiルーターの電波を中継して電波が届く範囲を広げる

中継機Wi-Fiルーターは、Wi-Fiルーターの電波を中継することによって電波が届く範囲を広げることができるものです。

Wi-Fiルーターは、電波が届く範囲に限られています。また障害物があると電波が届く範囲も狭くなるため、鉄骨の柱、壁、床、天井といった建物の構造や電子レンジや冷蔵庫といった家電によっても電波が届く範囲を限定されてしまいます。

さらに電波が届いても電波が弱まっていると、高速通信を安定できないため通信が不安定になったり切れてしまったりします。

そんな電波の範囲を理由とするトラブルを解決するのが中継機Wi-Fiルーター。弱まって電波を中継して強化することによって、電波が届く範囲を広げてくれます。

Wi-Fiルーターの電波は、Wi-Fiルーターを中心にして広がっていきますが、中継機を使うとWi-Fiルーターから離れたポイントに設置された中継器を中心として電波を広げることが可能。電波が届く範囲を広げるだけでなく、電波が届く範囲の形状を変化させることもできます。

例えば、上から見て正方形の建物なら中心にWi-Fiルーターを設置すれば、建物の隅々まで電波を届けることができますが、長方形の建物になると電波が隅々まで届かなくなります。

しかし中継機Wi-Fiルーターを利用すれば、電波が届く範囲を長方形の建物の形状に合わせたものにすることができます。

電波が届く範囲を単純に広げるだけでなく、その形状を思い通りにデザインできるのが中継機Wi-Fiルーターです。

Wi-Fiルーターの親機として使える製品もある

Wi-Fiルーターは、基本的に有線LANで引き込んだインターネット回線を電波にして無線LAN化するものであり、親機として使用します。しかしWi-Fiルーターの中には、親機機能だけでなく中継機能を搭載している製品もあります。

つまり、使わなくなった親機として使用していたWi-Fiルーターを中継機に転用することが可能であり、逆に中継機として使っていたWi-Fiルーターを親機として利用することも可能です。

中継機機能を搭載しているWi-Fiルーターは数が多いため、Wi-Fiルーターを買い替えるときには中継器ではなく親機を購入し、それまで親機として使っていたWi-Fiルーターを中継機として使う方法もあります。

中継器機能を搭載しているWi-Fiルーターに関しては、以下の記事を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

中継機専用タイプは親機機能がない

中継機機能があるWi-Fiルーターなら親機として使用できることをご説明しましたが、中継機専用タイプのWi-Fiルーターでは親機として使用することができます。

中継器Wi-Fiルーターは、あくまで中継器として使用することを前提として設計されているため、有線LANをつないで無線電波を届けるようなことはできません。

この記事では、中継機専用タイプのWi-Fiルーターをご紹介していますが、中継機専用タイプのWi-Fiルーターを選ぶときには親機機能がないことを覚悟しておきましょう。

コンセント直挿型が主流

中継機専用Wi-Fiルーターは、基本的にコンセントがあれば電波が届く範囲を拡大することができます。

主流となっている形状は一般的なWi-Fiルーターに多い据え置き型ではなく、コンセントに直接挿し込むコンセント直挿型です。

コンセント直挿型は非常にコンパクトで、コンセントさえあればどこにでも設置することが可能。邪魔になりません。

最新のWi-Fi規格に対応している製品も

Wi-FiルーターにはWi-Fi規格というものがあり、Wi-Fi規格が最新のものほど高性能となっています。

現在、主流となっている最新のWi-Fi規格はIEEE802.11acというもので、通信速度が速く安定しており、以前の規格と比べると性能が格段に上昇しています。

ところが、親機のWi-Fiルーターが最新のWi-Fi規格に対応していても、中継機Wi-Fiルーターが最新のWi-Fi規格に対応していなければ、中継機から放たれる電波の通信速度は旧モデルのWi-Fi規格になってしまうため通信速度が低下し不安定になってしまいます。

しかし高性能な中継機Wi-Fiルーターを選べば、最新のWi-Fi規格に対応しているものを選ぶことができるため、親機のWi-Fi規格の性能をそのまま中継機Wi-Fiルーターで利用することができます。

中継機Wi-Fiルーターにも対応するWi-Fi規格が設定されていることを覚えておきましょう。

詳しいWi-Fi規格については以下を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)の設定方法

中継機Wi-Fiルーターは、どのようにして設定すればいいのでしょうか。中継機Wi-Fiルーターの設定方法を知っておきましょう。

中継機Wi-Fiルーターを親機につなぐ方法

1.親機のSSIDと暗号化キーをチェックする
2.パソコンに設定ツールをインストールする
3.中継機の中継機機能を作動させる
4.親機と中継機を有線LANでつないで中継機をコンセントにつなぐ
5.設定ツールで親機と中継機をつなぐ
6.中継機を設置する

最新の製品ほど親機と中継機の接続が簡素化しているため、最新の製品を購入すればこれほど難しい作業は必要ありません。

また最近では、アプリを使用することができるようになっているため、パソコンがなくても接続できる場合がほとんどです。

コンセント直挿型の中継機Wi-Fiルーターの設定方法

1.コンセントに中継機を接続する
2.中継機が起動したことを確認する
3.スマートフォンに専用アプリをダウンロードする
4.中継機にWi-Fiで接続する
5.アプリからパスワードを設定する
6.中継機を親機に接続する
7.中継機を設置したい場所に設置する

最新の中継機なら取扱説明書を読みながら設定すれば、簡単に設置することができます。

Wi-Fiルーターの設置ができるなら、おそらく中継機も問題なく設置することができます。

通信速度が低下してしまう場所に設置しましょう。ただし親機と中継機を離しすぎるとうまく機能しないことがあるため注意が必要です。

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)の使い方

中継機Wi-Fiルーターは、どのようにして使うと効果的に電波を広範囲に届けられるのでしょうか。中継機Wi-Fiルーターの設定が終われば、中継機Wi-Fiルーターを使っていきましょう。

中継機Wi-Fiルーターを設置すべきポイント

1.親機の電波が十分に届くポイントを確認する
2.親機の電波がそれほど弱まっていないポイントに設置する
3.よくWi-Fiを利用する場所に中継機を設置する

中継機は、親機から受けた電波を拡張する機能を持っています。中継機が拡張する電波は、親機から受けた電波の通信速度に影響します。

つまり、親機から受ける電波が弱く不安定なら、中継機を設置しても弱く不安定な電波を飛ばすことしかできません。一方で親機からの強い電波を受ける場所なら中継機も強い電波を発することができますが、広い範囲に電波を飛ばすことができなくなります。

そのため中継機を設置する場所は、親機の電波がある程度強く広い範囲をカバーできる場所ということになります。

建物の中の場合、障害物やコンセントの位置などもあるため一概に距離だけで決めることはできません。電波状況を確認しながら試しましょう。

またWi-Fiをよく利用する場所を中心に中継機を設置すると、電波が届く範囲が狭くなっても利便性は向上します。

Wi-Fiを使用する場所にピンポイントで設置する

1.電波状況が悪い場所に中継機を設置する
2.電波状況が改善されたことを確認する

風呂場など電波状況が悪くなりやすい場所でも中継機は大活躍します。

広範囲をカバーすることを考えず、ピンポイントに電波状況を改善することを重視するのも賢い使い方です。

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)の選び方のポイント

中継機Wi-Fiルーターを選ぶときには、どのようなポイントに気を付けなくてはいけないのでしょうか。中継機Wi-Fiルーターの選び方のポイントを確認しましょう。

親機と同じメーカー

中継機Wi-Fiルーターは、親機との兼ね合いが非常に重要になります。

親機と中継機のメーカーを揃えることで、接続がスムーズになり設定もしやすくなります。

そのため基本的には、中継機は親機と合わせたものを選びましょう。

どうしても親機と異なるメーカーの中継機を導入したい場合には、対応しているか事前に確認しておきましょう。

親機と同じ以上のWi-Fi規格

親機と中継機のメーカーが同じであってもWi-Fi規格が違っていては意味がありません。

中継器を選ぶときには、必ず親機に採用されているWi-Fi規格以上に最新のWi-Fi規格を採用している中継器を選ぶようにしましょう。

親機よりも中継機の性能が上回っていれば、親機が発信する電波の通信速度を低下させることはありません。ところが親機よりも中継機の性能が下回っていると、親機が発信する電波の通信速度を低下させる可能性があります。

また親機を買い替えた場合にも、中継機のWi-Fi規格が最新のもので性能が高ければ、新しい親機にも対応することができます。

親機を買い替えることまで考えて中継機のWi-Fi規格を選んでおきましょう。

据え置き型とコンセント直挿型

中継機Wi-Fiルーターには、電源方式によって据え置き型とコンセント直挿型があります。

一般的なのはコンセント直挿型で、コンパクトで場所をとらずコンセントがあればスッキリと設置できます。

一方でコンセントの周囲にスペースがなければ、中継機Wi-Fiルーター自体が邪魔になってコンセントに接続できなくなる場合があります。

そんなときには、コードがある据え置き型の中継機Wi-Fiルーターが重宝します。

どのように中継機Wi-Fiルーターを使うかを考えて、最適な電源方式の中継機Wi-Fiルーターを選びましょう。

内蔵アンテナ型と外付けアンテナ型

中継機Wi-Fiルーターには、内蔵アンテナ型と外付けアンテナ型の製品があります。

内蔵アンテナ型の中継機Wi-Fiルーターは、スッキリとしたデザインで汚れもたまりにくく掃除のときにも便利です。

外付けアンテナ型の中継機Wi-Fiルーターは、電波を飛ばす方向を変えられるため、思い通りの電波状況を作りやすくなります。

中継機Wi-Fiルーターに、どのような性能と機能を求めるかによって最適なアンテナタイプは変わります。内蔵アンテナ型と外付けアンテナ型のどちらが合っているか判断しましょう。

サイズ

中継機Wi-Fiルーターは、基本的にはコンパクトな製品ですが、サイズにも若干の違いがあります。

基本的には高性能で広範囲に電波を飛ばせる中継機Wi-Fiルーターほど大きくなり、性能が低く電波を飛ばせる距離が短い中継機Wi-Fiルーターは小さくなります。

設置スペースと中継機Wi-Fiルーターの性能の兼ね合いから、最適なサイズの中継機Wi-Fiルーターを見つけましょう。

有線LANポート

中継機Wi-Fiルーターには、有線LANポートが備え付けられている製品もあります。

パソコン、テレビ、ゲームなど、大容量のデータを通信する場合には、無線LANよりも有線LANの方が機能的な場合もあります。

もし無線LANだけでなく有線LANも使いたいと考えているなら、有線LANポートを備えている中継機Wi-Fiルーターを選びましょう。

初期設定の容易さ

中継機Wi-Fiルーターを使用するときに面倒となるのが初期設定や親機との接続設定です。

面倒となる初期設定と接続設定は、親機と中継機のメーカーを揃えることで比較的簡単になります。

また中継機の中には、コンセントに接続するだけで簡単に初期設定と接続設定が行えるものもあり、そのほかスマートフォンのアプリで直感的に接続できるものもあります。

機械が苦手な人は、できるだけ簡単に初期設定と接続設定が行える中継器Wi-Fiルーターを選んでおきましょう。

デザイン

シンプルなデザイン中継機Wi-Fiルーターも多いですが、中にはデザインにこだわった中継機Wi-Fiルーターもあります。

部屋のコンセントなどに接続される中継機Wi-Fiルーターは、場合によっては目立ってしまうため、部屋のインテリアを気にする場合にはデザイン性を重視した中継機Wi-Fiルーターを選びましょう。

耐久性

一度、稼働を始めると数年間は動き続けることになる中継機Wi-Fiルーター。耐久性が乏しければ、すぐに壊れてしまいます。

中継機Wi-Fiルーターが壊れてしまうと快適なインターネット環境が破壊されるだけでなく、新しい中継機Wi-Fiルーターを購入するまで不便な生活を余儀なくされます。

安いものの耐久性が低い中継機Wi-Fiルーターもありますが、利便性を考えれば値段よりも耐久性を優先した方が得策です。

価格

中継機Wi-Fiルーターは、安いものなら3000円程度、高いものになると1万円を超えるものもあります。

低価格の中継機Wi-Fiルーターは、最新のWi-Fi規格が採用されていないこともあるため、親機との兼ね合いで選ぶようにしましょう。

基本的には最新のWi-Fi規格を採用していて使いやすい中継機Wi-Fiルーターを選ぶことになりますが、必要十分な性能と機能を兼ね備えている中継機Wi-Fiルーターとなると5000円以上の製品となります。

性能や機能を考えるなら5000円を目安として選ぶことをオススメします。

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、広い家でも快適にインターネットが楽しめるようになる中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、デザイン、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

13位:NECパーソナルコンピュータ Aterm W1200EX PA-W1200EX

NECパーソナルコンピュータ Aterm W1200EX PA-W1200EX

NECのシンプルながらしっかりとした性能を誇る中継機Wi-Fiルーターです。

コンクリートの壁や床などの障害物によって通信速度が低下したり、届きにくくなった親機の電波を中継することができる中継機Wi-Fiルーターで、快適なインターネット環境を整えることができます。

最新のWi-Fi規格に対応しており、親機が高性能なWi-Fiルーターであっても十分に対応することができます。

デザインも非常にシンプルなため設置する場所を選ばず、コンパクトにどこにでも備え付けることができます。

コンセント直挿型で、初期設定が非常に簡単なのも魅力的なポイントです。

基本に忠実な質実剛健の中継機Wi-Fiルーター。ムダな機能が不要な人やNECのWi-Fiルーターを使っている人にオススメです。

口コミの評判

・親機を2階に設置して、本製品を1階のリビングに設置してます。New3DSLLの中継器として使用していますが、アンテナの数が1本から3本になり、Wi-Fi接続も安定しています。
・同じNECのルーターなので簡単につながりました。家の中にWiFiが広がりました。
・電波が微妙だった子供の部屋に購入しました。コンセントに差し込むだけで、電波の心配は全く無くなったようです。購入して良かったです。
・木造住宅の2階にWiFi親機があり、それ単体で使っていましたが1階でPCやスマホを使用しているときに切れてしまうことが度々あったため購入してみました。親機もNEC製であったこともあり、ペアリングも苦労せず完了。そのまま1階の適当なコンセントにさしたところ1階のどこでも無線がつながるようになりました。ちなみに自宅は1階、2階あわせて約30坪ほどです

12位:TP-LINK WiFi 無線LAN 中継器 RE450

TP-LINK WiFi 無線LAN 中継器 RE450

転送最大速度が非常に優れているハイスペックな中継機Wi-Fiルーターです。

コンセント直挿しタイプの中継機Wi-Fiルーターで、コンセントさえあればどこにでも設置することができます。

最新のWi-Fi規格に対応しているため、親機の電波をそのまま転送することが可能。高速な転送速度を維持することができるため、通信速度を低下させることなく電波を広範囲に届けることができます。

高速通信が可能な上に安定した通信を維持することができるため、4K高画質映像のストリーミング、ゲーム、大容量のファイルダウンロードなどに最適です。

ギガ対応の有線LANポートも搭載しているため、有線でさまざまな通信機器に接続することが可能。ゲーム機やブブルーレイプレイヤーなどにも接続することができます。

初期設定や接続設定も非常に簡単になっており、機械が苦手でも安心して使用することができます。

外付けアンテナ型となっているため、電波が届く範囲を思い通りに変えることができます。より安定したインターネットネットワークを構築することができます。

サイズは少し大きめになっていますが、その分、ハイスペックで性能的に申し分のない中継機Wi-Fiルーター。大容量のデータを安定して通信させたいときに本領を発揮する中継機Wi-Fiルーターです。

口コミの評判

・ちょっと本体は大きいですが、他製品ではなかった出力と受信感度で感激しました!!
・中継器を過去に2度ほど購入しましたが中々良いものに巡り合えませんでしたがこれは最高。ルーターが二階で一階の電波状況の改善ですが一階を全てクリア出来るようになりました。設定が簡単なのも良いですね。
・とにかく速いし、家族が同時に接続していても安定した速度が担保されています。パーティーでのかなりの人数でも大丈夫なのには少々驚きました。
・ブースター機能やパワーは十分に満足しています。必要な際には、同じものをもう一基と考えています。

11位:PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX750NP

PLANEX 無線LAN中継機 忠継大王 MZK-EX750NP

犬がデザインされが可愛らしい中継機Wi-Fiルーターです。

実用性を重視したシンプルなデザインが多い中継機Wi-Fiルーターですが、この中継機Wi-Fiルーターは犬の顔がデザインされているユニークな製品となっています。

もちろんデザインだけの中継機Wi-Fiルーターではありません。

最新のWi-Fi規格に対応しており、親機の性能をそのまま生かすことができます。

またコンセント直挿型のため、非常に設置しやすく初期設定も簡単なため、どんな部屋でも扱うことができます。

犬の顔の部分がコンセントになっているため、中継機Wi-Fiルーターをソケット代わりに使用することが可能。コンセントが中継機Wi-Fiルーターで塞がれても、さらに電化製品を接続することができます。

普段使用しているWi-Fiルーターの電波をそのまま延長することを最も重視しているため、不要な電波を出さず混信の心配もありません。

デザインばかりが注目されるものの実力も備えている中継機Wi-Fiルーター。親機の電波をそのまま拡張したいときにピッタリです。

口コミの評判

・10メートル離れた本宅のwifiを離れの入り口でスマホで電波1本で拾ってた物を本機で増幅し離れで使用。まさか、その二階でも拾えるとは思わなんだ。
・自室で強い電波を得るために購入。ルーターがあるのは自宅中央に位置するリビング、自室は二階の端、その二部屋の間のコンセントに挿して使っています。電波強度は最大になりました。犬の目の位置がコンセントになっていて、コンセントとして使用可能なままであることもありがたい!
・職場の事務所から作業待機場所までの約30mをきっちりと飛ばしてくれます。満足です。
・設定も簡単パソコンによる設定不要いやぁ最高の中継器ですね(^^)v私の家は一戸建てで一階にルーターが有るため2階にWi-Fiが届かない事が多くPS4のネット回線が切断される等有りましたので設置しました。ルーターはauレンタルのでレビューが少なく心配でしたがしっかりと作動してくれました‼

10位:PLANEX DANBOARD Wi-Fi 無線LAN中継機 DB-WEX01

PLANEX DANBOARD Wi-Fi 無線LAN中継機 DB-WEX01

漫画『よつばと!』の人気キャラクターをデザインした中継機Wi-Fiルーターです。

中継機Wi-Fiルーターに性能や機能よりもデザインを求める人にピッタリな製品で、可愛らしいデザインが大きな特徴になっています。

2.4GHz帯のIEEE802.11n/g/bに対応しているため、十分に高速で安定した通信を行うことが可能。中継機Wi-Fiルーターとしては満足できる仕事をしてくれます。

給電にはACアダプターだけでなくマイクロUSBアダプターも対応しており、2つの電源方式で給電することが可能。ただしアダプターは付属していないため、アダプターを別途用意しなくてはいけません。

有線LANポートを備えているため、コンバーターとして活用することも可能。中継機Wi-Fiルーター以外にも使い道があります。

クセのあるタイプの中継機Wi-Fiルーターですが、デザイン性に優れているだけでなく値段も安い製品のため、デザインが気に入っている人やデータ通信容量をそれほど必要としない人にオススメです。

口コミの評判

・ダンボーのデザインが好きで、USBアダプタが余っている人におすすめです。以前はちょっと電波が弱くて通信が不安定だった部屋が快適になりました。
・デザインが気に入り買いました。WiFi中継機としても、もちろん問題なく使えてます。
・思っていた以上に良い作りで、性能にも満足です。ボディが欲しくなってしまいました。
・接続がとても簡単ですぐできました!最初は中継機の効果がイマイチわからなかったのですが、使っているとだんだん中継機の効果がわかってきます!外見も中継機機能も文句無しです!

9位:ASUS 無線LAN中継機 RP-AC52

ASUS 無線LAN中継機 RP-AC52

長方形のスッキリとしたデザインが特徴の中継機Wi-Fiルーターです。

低価格で高性能なデバイスで有名なエイスースの中継機Wi-Fiルーターで、コンパクトながら本格的な性能と機能がギュッと詰め込まれた1台です。

最新のWi-Fi規格に対応しており、高性能なWi-Fiルーターの電波をそのまま拡張することができます。通信速度が落ちることなく安定した通信を確保することができます。

幅広い規格に対応しているため、中継する親機を選ばず使用できるのもポイント。親機を気にせず使うことができます。

無線LANの受信電波の強さが一目で分かるLEDインジケーターを搭載しているため、設置場所が分からないときにはLEDインジケーターを目安に設置することができます。

また単独でもインターネットラジオ機能を内蔵しているため、アンプ内蔵スピーカーなどに接続してウェブブラウザからアクセスすればインターネットラジオ再生することができます。

さらに無線LANオーディオレシーバーとしても使用できるため、アンプ内蔵スピーカーを接続しておけばスマートフォンからワイヤレスで音楽再生を行うこともできます。

ワンタッチで簡単に接続することが可能で、LEDライト機能を搭載しているため寝室で手元を照らすムードライトなどとしても活用することができます。

ただ無線LANの電波を拡張するだけでなく、音楽機器や照明器具としても活用できる多機能な中継機Wi-Fiルーター。コンパクトなため持ち運びも簡単で、旅行先で無線LANアクセスポイントとしても活用することができる器用な中継機Wi-Fiルーターです。

口コミの評判

・中継機として利用。設定も簡単で良かったです。しかも小さいので良い。
・Buffaloの無線ルーターの中継器として2Fに設置しました。不安定な電波状態が2.4G、5Gとも良好となりストレス解消です。
・1部屋しか網羅できなかったWIFIが、中継機1つでこんなに変わるのですね。もっと早くに知っていればよかったです。また価格も手頃ですが、全く問題なくおすすめです。
・ASUS(親機)変更に伴い我が家の2階での電波増強ため商品買いました。設定カンタン。感度マズマズ。お勧めです。

8位:Logitec 無線LAN中継機 LAN-RPT01

Logitec 無線LAN中継機 LAN-RPT01

大きなアンテナで広範囲に電波を届ける中継機Wi-Fiルーターです。

簡単に設置することができるデザインとなっており、特徴的なアンテナは折り曲げることも可能。さまざまな場所にセットしてWi-Fiの電波状況を改善することができます。

電波がより遠くに届く強力なアンテナを採用しているため、2階建ての場合にも安心して導入することができます。

初期設定が非常に簡単でWPSボタンを押すだけでWi-Fiルーターとの接続が可能。電波強度を知らせるランプも装備しているため、設置すべきポイントを簡単に見つけることができます。

コンセントに直挿しするタイプのため、コンセントがあればどこにでもセットすることができます。

エレコムロジテックの製品であるため、エレコムのWi-Fiルーターとも相性がよい中継機Wi-Fiルーター。より強力に電波を周囲に届けたい場合には、この中継機Wi-Fiルーターです。

口コミの評判

・寝室にパソコンを置いてますが、そこの場所でアイフォンがぎりぎり1個でしたが、ベッドに行くとワイファイが4Gに切り替わってしまいました、これを付けたら、パソコン前で3個でマックス、ベッドで2個のアンテナ、子供たちも「急に3個になってサクサクだー」って言ってました、家じゅうでWIFIつながるようになりました。
・二階建て一軒家にて使用。一階の光固定を無線で飛ばし二階の廊下で本機で中継、自室でWi-Fi使用。中継無しだと辛うじて届くかどうかの電波が安定して届くようになった。ただ、スピードは中継によって若干落ちてしまっているが許容範囲内。値段も手頃で通常一軒家ならこの中継機があれば足りると思う。
・親機のWPSボタンを押した後、本機のWPSボタンを押すだけで完了!!2F寝室に親機があり、1FリビングにWi-Fiが途切れる事があるため中間の1F階段横に設置した。
・鉄筋3階建てで電話回線の関係でルーターは3階に設置しており、2階のPC部屋が途切れ途切れで速度も遅くストレスフルだったのでこちらを購入。ルーターが上なので電波を下で受信するのは難しいかな?と思いましたが、結果接続は安定し、速度も4倍になりました。

7位:TP-LINK WIFI 無線LAN 中継器 RE650

TP-LINK WIFI 無線LAN 中継器 RE650

超高性能で家中に電波を届けることができる中継機Wi-Fiルーターです。

中継器ながら高性能なWi-Fiルーターと同じような機能を搭載している中継機Wi-Fiルーターで、価格も1万円前後と中継機Wi-Fiルーターの中でも高額な製品となっています。ただし機能が充実しているため、用途に合っているなら値段を無視して選ぶべきです。

最新のWi-Fi規格に対応しているのはもちろん、MU-MIMOやビームフォーミング機能を搭載。同時に複数の通信機器と通信できるため、通信速度を落とさず安定感のある通信を可能にします。さらにビームフォーミング機能によって通信機器の位置を把握して集中的に電波を飛ばすことができるため、離れた場所の通信機器ともつながりやすくなります。

デュアルバンドに接続することができるため、条件に合わせて最適な周波数帯で接続することが可能。最適な通信を実現します。

中継機Wi-Fiルーターながらギガポートを搭載しており、有線LANを接続して使用するにも最適。テレビ、パソコン、ゲーム機などを快適に使用することができます。

シグナルインジケーターを搭載しているため、中継機Wi-Fiルーターを設置すべき最適なポイントを簡単に見つけることができます。より効果的に効率的に中継機Wi-Fiルーターを使用できます。

高価格の中継機Wi-Fiルーターですが、値段以上の性能と機能を兼ね備えています。Wi-Fiルーターのパワーが弱かったり、鉄筋コンクリートを使用しているマンションなどでは大活躍してくれること間違いありません。

口コミの評判

・範囲が一段と広いので、家中のどこでも大丈夫です。外に出て屋敷周りでも、強い電波が来ています。転送速度:1733Mbps(11ac)、800Mbps(11n) 10台以上Wi-Fi 接続していますが、スピードも出ていて最強の中継器です!
・思ったより大きいです。アクセスポイントとして使用しています。まだ11acが試せていませんが、かなり期待大です。低能タブレットでBD視聴は障害物なしの10m程度であれば視聴できる場合が多い印象です。
・電波は強力です。速度も申し分ない。ただ1Fと2Fではやはり速度は変わりますが、安いルーターやWifi機器よりは速度がでます。現状ベストバイな感じです。
・5LDKの木造2階建ての一戸建て住宅で、2階の端の部屋が光回線の元。1階リビングでの受信感度が不安定だったので中継器を購入した。一階二階のすべての部屋で大変安定してWi-Fiを受信できるようになった。はやく中継器を購入すれば良かった。この機種はコンセントに直接差し込めるので、場所も取らずスッキリ。とても満足です!

6位:I-O DATA Wi-Fi 無線LAN中継機 WN-G300EXP

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN中継機 WN-G300EXP

コンパクトでコストパフォーマンス重視な人にオススメなのがこの中継機Wi-Fiルーターです。

コンパクトでシンプルなデザインとなっており、4.2㎝という極小サイズとなっています。コンセント直挿しタイプのためどこにでも設置することができます。隣のソケットを塞がないデザインのため、コンセントをムダにすることがありません。

ボタンひとつで簡単に接続することができ、他社のルーターでもスムーズに接続することは可能です。親機のWi-Fiルーターを選びません。

搭載されているLEDライトの点灯によって電波の強さが簡単に分かります。中継機Wi-Fiルーターを設置すべきポイントも簡単に見つけ出すことができます。

最新のWi-Fi規格に対応しておらず高度な機能は搭載されていませんが、値段が非常に安くて使いやすい中継機Wi-Fiルーター。

値段を抑えつつとりあえずWi-Fiの電波状況を改善するために中継機Wi-Fiルーターを探しているなら、まずこの中継機Wi-Fiルーターを試してみてもいいかもしれません。

口コミの評判

・我が家の2階のWi-Fi の環境が弱いのでこれをつけましたがバッチリです。また俺みたいな機械音痴の人間でも簡単につけられます。
・コンパクトで場所を取らずいいです。青色の点灯も良いと思います。コンセントに差し、「WPS」ボタンを押すだけなので、簡単に接続ができました。
・日によって、繋がりにくかったり、2階の隅では繋がりにくかったり…でしたが、こちらを設置してからは、動画も途切れることがなくなりました。設定も簡単で、すぐに出来ました。
・マンションのリビングにルーターがあり、他の部屋では繋がりにくかったのですが、廊下のコンセントに挿しただけで他の部屋でも繋がるようになりました。他の機種との比較はしていないのですが、お値段を考えると大満足です。

5位:NETGEAR WiFi中継機 EX6120-100JPS

NETGEAR WiFi中継機 EX6120-100JPS

高性能ながら値段も抑えられているバランス感覚に優れた中継機Wi-Fiルーターです。

最新のWi-Fi規格に対応している中継機Wi-Fiルーターで、親機が高性能な場合でも問題なく対応することができます。

電源コンセントに直接差し込むタイプのため、どこにでも簡単に設置することができます。

外付けアンテナ型となっており、アンテナによって指向性を高めることは可能。電波を届けたい場所に狙い通りに電波を届けることができます。

LEDライトの点灯で中継機Wi-Fiルーターの操作状況を簡単に確認することができます。親機との接続状態だけでなく子機との接続状態もチェックできるのが、ほかの中継機Wi-Fiルーターにはないポイントです。

有線LANポートも備えているため、パソコンやゲーム機を接続したい場合にも重宝します。

中継機Wi-Fiルーターに求められる性能と機能をしっかり詰め込みながら値段を抑えている優秀な中継機Wi-Fiルーター。比較的値段が安くて性能もしっかりした中継機Wi-Fiルーターを探しているなら、この中継機Wi-Fiルーターで決まりです。

口コミの評判

・ちゃんと使えたーっていうのも(あたりまえ?)妙な話ですが、価格を考えると疑いたくなりますが、動作を安定していてネットに対するストレスがなくなりました。
・購入してから3ヶ月程経ちましたが、凄く安定しててビックリです。元々の回線速度があまり速くないので、速度に関することは分かりませんが、親機並みの電波強度を出すので驚いてます。設定画面も見やすいし、文句無しの商品です。
・取り付けが簡単でコンパクト、しかも価格の割に性能が良いのでストレスがないですね。
・2階の電波状況改善のために購入しました。設置もコンセントにさすだけ、設定も問題なく簡単に済みました。電波状況も改善されています。

4位:TP-LINK WIFI 無線LAN 中継器 RE200

TP-LINK WIFI 無線LAN 中継器 RE200

値段からは考えられない性能を兼ね備えている中継機Wi-Fiルーターです。

最新のWi-Fi規格に対応しているため、幅広い親機に対応することが可能。親機のWi-Fiルーターの性能をそのまま活かすことができます。

2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに対応しており、高速で安定した通信が可能になります。中継機Wi-Fiルーターまでの距離や障害物の有無によって周波数帯を変えることで、最適な通信を実現します。

デザインも非常にシンプルで、コンセント直挿型となっているため設置する場所を選びません。アンテナがないため目立つこともなくインテリアとも調和します。

WPSボタンを押すだけの簡単セットアップのため、初期設定も接続設定もスムーズに行うことができます。機械が苦手な女性でも心配ありません。

LEDライトで接続状態を確認することも可能。良好な接続状態のポイントにセットすれば高いパフォーマンスを発揮することができます。設置場所に悩むこともありません。

有線LANアダプターにも対応しているため、パソコン、テレビ、ゲーム機と接続したい人にもピッタリです。

非常に低価格ながら性能と機能が充実している中継機Wi-Fiルーター。コストパフォーマンスを重視するなら、この中継機Wi-Fiルーターを選びましょう。

口コミの評判

・無線中継器(リピーター)として使用しています。設置して2か月経過しています。今のところリセットする必要もなく、安定に動作しています。
・鉄筋3F建ての家で使用しています。3FにWi-Fiルータを設置していますが、1Fだとどうしも弱いです。5GHzにいたってはまったく受信できませんでした。この商品を1Fに設置したのですが、これまでの環境がウソのように改善されました。
・すごいね、これ。鉄筋コンクリート2階建て1階に親機、2階の通信速度改善に購入。家中WIFI死角なしになったよ。
・4LDKのマンションのリビングのルーターから長女の部屋だけWi-Fiが届きにくいので中継器を検討して安いので購入しました。ルーター親機とワンタッチで接続でき長女の部屋もばっちりオンラインになったので満足です。デザイン的にもおしゃれで娘の部屋にマッチしてます。

3位:エレコム WiFi 無線LAN 中継器 WTC-300HWH

エレコム WiFi 無線LAN 中継器 WTC-300HWH

エレコムのコンパクトで使い勝手が良い中継機Wi-Fiルーターです。

高度な性能よりも使いやすさを優先したい人にピッタリな中継機Wi-Fiルーターで、コンパクトながら高範囲に電波を届けることができます。

コンセント直挿型の中継機Wi-Fiルーターとなっており、コンセントさえあればどこにでも設置することができます。

また親機のWi-Fiルーターのメーカーを選ばず使用することができ、どんなWi-Fiルーターにもスムーズに接続することができます。

お知らせランプで親機との電波状況を確認することが可能。最適な設置場所を簡単に見つけ出すことができます。親機との接続も非常に簡単で、セットアップに戸惑うようなこともありません。

とにかく非常に値段が安く、ピンポイントで電波状況を改善したいときには十分な中継機Wi-Fiルーター。風呂場やトイレなど電波が届きにくい場所で使いたい人にピッタリです。

口コミの評判

・戸建ての2階に親機があり、1階には届き難くてストレスがたまっていたところこの商品を発見。セットアップも簡単でサイズもコンパクトで邪魔にならず、1ヶ月使ってみましたが電波も良好でストレスフリーです。
・雑誌のレビューを参考に購入。導入後は、2倍以上の速さで繋がっている。価格を考えるととても満足度高い。また小型でリビングのコンセントに差しっぱなしでもあまり違和感がないのも良い。
・自宅にはwifiが届かない場所が多く諦めていたのですが、これで解決しました。場所も取らず、性能的にも問題なしです。
・非常に小さいです。説明書通りにスイッチを押して簡単につながりました。電波が安定している様で途切れたりしません。今のところ異常に熱くなったりせず、とても満足しています。おすすめです。

2位:BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS

BUFFALO WiFi 無線LAN中継機 WEX-1166DHPS

バッファローのコンパクトでハイパワーな中継機Wi-Fiルーターです。

充実した性能を兼ね備えている中継機Wi-Fiルーターで、最新のWi-Fi規格に対応しているため、親機が高性能なWi-Fiルーターであってもしっかり対応することができます。

内蔵アンテナタイプのためスッキリとしたデザインとなっており、コンセント直挿型で場所を選ばず設置することが可能。使いやすさが大きな魅力になっています。

親機との接続はWPSボタンを押すだけのワンタッチで、機械が苦手でもスムーズに接続することができます。

2つの通信帯域のデュアルバンドで複数の機器を接続しても高速で安定した通信を実現することができます。

またビームフォーミング機能を搭載しているため、広範囲でもしっかりと接続することが可能。スマートフォンやタブレットを使う場合には通信が途切れにくく安定します。

ギガ対応の有線ポートを備えているため、テレビやパソコンなどの有線機器も高速無線化することができます。

Wi-Fiルーターとしては大人気となっているバッファローの製品であるため、親機と中継機を同じメーカーで揃えやすくなっています。

コストパフォーマンスにも優れており、性能と機能の割には値段が非常に安くなっています。

性能と機能がしっかりしているのはもちろん、人気のバッファローであるため非常に選びやすい1台。親機がバッファローなら、この中継機Wi-Fiルーターを選んでおけば間違いありません。

口コミの評判

・ぼくの部屋(一階)は、Wi-Fi本体(一階)から20mほど離れており、ドアも2枚隔てているところで、通常は電波が1本立つか立たないかくらいでした。ですが、この中継機で繋いでやると、電波が4本~5本立つまでになり格段に良くなりました。雲泥の差です。
・簡単設定が出来ず自分で設定しましたが15分程度で接続できました。中継器は広い家や壁が沢山ある家では必須ですね。アンテナ1~2本だった部屋が、常時3本になりました。もっと早く買っておけば良かったくらい。
・3LDKのマンションのリビングに、無線LANを設置してますが、一番遠い子供部屋に届いていませんでした。廊下に中継機を設置したところ、アンテナマックス!安定もしていて、とても良い製品です。
・3LDKですが、一番端の部屋の窓際にルーターがあるため、以前は奥の部屋まで電波が届かずに困っていましたが、この商品を設置後は、家中に電波が届くようになりました。

1位:BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-1166DHP

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-1166DHP

バッファローの高性能な外付けアンテナ型の中継機Wi-Fiルーターです。

文句のつけようがない中継機Wi-Fiルーターで、中継機に求められる性能や機能を全て押さえている1台です。

最新のWi-Fi規格に対応しており、デュアルバンドでさまざまな通信機器に効率よく通信することが可能。条件に合わせて通信帯域を変えられるので、安定した高速通信を実現しやすくなります。

ビームフォーミング機能を搭載しており、広範囲に電波を届けることが可能。スマートフォンをよく使う人にも嬉しい機能です。

外付けアンテナで電波をより広範囲に飛ばすことができます。

サイズは大きめですが設定に工夫が凝らされており、コンセント直挿型ながらプラグの位置を考慮したデザインとなっているため、使用中でも上のコンセント口を塞ぐことがありません。

ギガ対応の有線ポートを兼ね備えているためテレビやゲーム機などの有線機器でも高速通信を実現することができます。

WPSボタンを備えており、ワンタッチで親機と接続することが可能。初期設定や接続設定にも悩まされません。

高性能かつ高機能ながら値段をしっかり押さえているコストパフォーマンス抜群の中継機Wi-Fiルーター。とりあえずしっかりした中継機Wi-Fiルーターを探しているなら、これで決まりです。

口コミの評判

・1階に親機があり、電波状態の悪かった2階に設置。すぐに状況改善されました。もっと早く知っていれば良かったな。親機との接続はボタン一つで簡単でした。コンセントは直差しができなかったのですが、付属のコードを使用して受信状態の良いところに設置できました。
・電波が弱かったので改善できればよいと思い購入しました。設定も簡単で短時間で出来ました。使用感は充分に満足しています。
・2階建て木造家屋ですが、1階の無線ルーター(バッファロー)電波が2階に届きにくかったので、2階にこれをセットしました。スマホを2階に持っていくと、最初は戸惑ってる様子でしたが数秒で切り替えられて電波強度メーターが強になります。安価ではありませんが、安定して動いてくれています。
・スマホから設定して、簡単に中継できました。中継したおかげで、今まで電波が弱くてダウンロード時間が長くなっていた問題もすんなり解決。自宅の隅々まで、acで繋がりました。もっと早く導入すればよかったです。

まとめ

Wi-Fiルーターを自宅に設置するとどうしてもWi-Fiの電波が届きにくい場所が発生します。家の形状やWi-Fiルーターのパワーによって電波状況は大きく変わり、一般的にはWi-Fiルーターを高性能な製品に買い替えたりWi-Fiルーターの設置場所を変えたりします。

しかし中継機を上手く利用できれば、Wi-Fiルーターを交換せずに電波状況を劇的に改善することが可能。ピンポイントで電波状況を改善することもできるため、非常に便利なアイテムといえます。

中継機を導入した人の多くが、早く導入しなかったことを後悔しています。もしWi-Fiルーターの電波が届いていない範囲があるなら、Wi-Fiルーターの交換だけでなく中継機の導入も検討してみましょう。

Wi-Fiルーター(無線LAN)関連の記事は以下を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 必要性から安くなる方法まで

マンション向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 設置場所から必要機能まで

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一戸建て向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 2階も3階もつながる

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 職場のネット環境改善に

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方や選び方からデスクトップ設定まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , ,