業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 職場のネット環境改善に

      2018/07/10

人気の業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)

もはや設置されているのが当たり前になっているWi-Fiルーター。家の中はもちろん職場や店舗にも設置されていることが多くなり、仕事に必要なだけでなく客へのサービスの一環としても利用されています。

ところがいざ業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)を選ぼうと思っても、どの程度のスペックのものを選べばいいのか分からず、バッファロー、ネットギア、NEC、ASUSなどのメーカーがあるため選び方に迷ってしまうものです。

そこで今回は、店舗や用途に合わせて最適な1台を見つけることができる業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。業務用Wi-Fiルーターに求められる機能まで徹底解説します。




Amazonが送料無料になる秘密の裏技とは?

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)とは?

そもそも業務用Wi-Fiルーターとは、どのようなWi-Fiルーターなのでしょうか。一般的に家庭で使用される家庭用Wi-Fiルーターとは、どんな部分が違うのでしょうか。

職場で仕事のために使われるWi-Fiルーター

業務用Wi-Fiルーターには、いくつかの側面が存在しますが、そのひとつが職場で仕事のために利用されるというものです。

パソコンが仕事で使用されるのは当たり前で、最近ではスマートフォンやタブレットを業務で使用することも増えています。

必要となる情報を調べたり情報入力するときに使用され、すべての通信はWi-Fiルーターを介したものとなります。

業務用Wi-Fiルーターがしっかりしたものなら、高速で安定した通信が実現するためスムーズに業務を進めることができます。

店舗にやってきたお客さんが使うためのWi-Fiルーター

業務用Wi-Fiルーターのもうひとつの用途が、従業員ではなく来店したお客さんへのサービスとして無料Wi-Fiスポットを提供するというものです。

スマートフォンやタブレットを利用する人が増えているため、店舗に無料Wi-Fiが完備されているだけでも喜ばれます。無料Wi-Fiが一種のセールスポイントとなっているため、業務用Wi-Fiルーターを設置するだけで来店者を増やすことができるかもしれません。

また美容室などでは待たされる時間が長いため、業務用Wi-Fiルーターを設置しておけばスマートフォンで暇つぶしすることもできます。

お客さんの利便性を考えて店舗に設置されるWi-Fiルーターも業務用Wi-Fiル業務用となります。

家庭用Wi-Fiルーターと業務用Wi-Fiルーターの違い

業務用Wi-Fiルーターを選ぶときに、気になるのが家庭用Wi-Fiルーターと業務用Wi-Fiルーターの違いです。

結論からいうと、家庭用Wi-Fiルーターと業務用Wi-Fiルーターにはスペック以外の違いはありません。

家庭用Wi-Fiルーターであっても、建物の構造や建材、間取りなどによって最適なスペックのWi-Fiルーターは異なります。そのため家庭用Wi-Fiルーターも千差万別となります。

業務用Wi-Fiルーターも同様で、使用する環境や使用方法によって求められるスペックは大きく異なります。同じ業務用Wi-Fiルーターでも、多くの人が複数の通信機器でWi-Fiに接続する大きな店舗とたまにしかWi-Fiに接続されない小さな店舗では求められる性能は違います。

そのため家庭用に販売されているWi-Fiルーターであっても、条件によっては業務用に転用することは十分に可能です。

家庭用Wi-Fiルーターなのか、それとも業務用Wi-Fiルーターなのかよりも、Wi-Fiルーターの持っているポテンシャルを重視しましょう。

同じ業務用Wi-Fiルーターでも使用目的で性能は違う

業務用Wi-FiルーターとしてWi-Fiルーターを導入する場合であっても、使用目的によって必要となるWi-Fiルーターは大きく異なります。

その理由は、Wi-Fiルーターに求められるスペックが異なるからです。

必要となるスペックの種類はさまざまですが、特に重視されるのが同時接続台数です。

複数の通信機器でWi-Fiルーターに接続すると、Wi-Fiルーターはそれぞれのデータを処理して通信を続行します。

一般的に家庭で使用されるWi-Fiルーターは、同時に2台から3台処理できれば不便なく使用することが可能。また家族の人数以上の通信が同時に行われることもほとんどありません。

ところが業務用Wi-Fiルーターでは、同時に接続する通信機器の数が劇的に増加する可能性があります。店舗が大きくWi-Fiを使用しやすい環境なら、数十台が同時に接続することも考えられます。

性能や機能に乏しいWi-Fiルーターでは、数十台という通信機器が同時に接続してしまうと、通信速度が低下するだけでなく不安定になってしまいます。

そのため本格的な業務用Wi-Fiルーターは、各通信機器への通信の割り当てを絶妙に調整し同時処理機能を高めることで、数十台の通信機器が接続しても不具合なく快適なネット環境を維持できるようになっています。

同時接続が想定される通信機器の数やデータの容量によって、必要となる業務用Wi-Fiルーターの性能も全く違ったものになることを理解しておきましょう。

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)の使用が想定される業態

業務用Wi-Fiルーターが導入される具体的な業態とはどのようなものなのでしょうか。

小売店

食品から雑貨まで、さまざまな商品を販売している小売店。Wi-Fiルーターを導入すれば、従業員から買い物客まで気兼ねなくWi-Fiを利用することができます。

Wi-Fiを利用する場面は必ずしも多くありませんが、決済の場面や連絡などでは活躍してくれること間違いありません。

Wi-Fiルーターを導入すれば、インターネットサービスを利用してさまざまな方法で売り込むことも可能になります。

飲食店

喫茶店や居酒屋など、長い時間を過ごす飲食店ではWi-Fiルーターの需要も大きくなります。

ほとんどの人がスマートフォンを持っているため、連絡したり暇つぶししたりするときにWi-Fiを使用することになります。

また従業員も、連絡を取るときにWi-Fiルーターがあれば非常に便利です。

美容室・サロン

長い時間を待たされることの多い美容室やサロンでもWi-Fiルーターは必要です。

インターネットは時間を潰すのにちょうどよく、雑誌に飽きた人もスマートフォンで時間を潰してくれます。

またSNSなどを利用して店舗情報を発信するときにも重宝します。

診療所・病院

待ち時間が長い診療所や病院も、Wi-Fiルーターがあれば無料Wi-Fiで時間つぶしができます。

ただし診療に使用する機器がWi-Fiルーターの電波干渉を受ける可能性があるため、導入する際には注意する必要があります。

塾・学校

子どもがスマートフォンを持つのが当たり前となっているため、子どもが集まるビジネスの現場でもWi-Fiルーターは活躍します。

子どもがスムーズにスマートフォンを使えるのはもちろん、インターネットを利用して教育方法を改善できる場合もあります。

ホテル・旅館

ホテルや旅館の宿泊者向けにWi-Fiルーターを設置するのは当たり前です。滞在中に情報収集をすることも多いため、必要不可欠なものです。

また従業員が連絡を取り合うときにも重宝します。

民泊や簡易宿泊所もWi-Fiルーターは非常に重要。無料Wi-Fiの有無で集客効果は大きく違ってきます。

マンション・アパート

マンションやアパートに業務用Wi-Fiルーターを設置すれば、大きなセールスポイントになります。

また監視カメラなどの設備を導入する際にも、Wi-Fiルーターがあれば非常に便利です。

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)を設置する際に気を付けるべきポイント

業務用として導入されるWi-Fiルーターは、設置するときにどのようなことに注意を払わなくてはいけないのでしょうか。

店舗の広さに合わせた性能のWi-Fiルーターを設置する

設置の際に最も気を付けなければいけないのが、Wi-Fiルーターを設置する店舗の広さに合わせた性能のWi-Fiルーターを設置するという点です。

Wi-Fiルーターは電波が届く範囲に限りがあり、電波の届く範囲が狭いWi-Fiルーターでは店舗全体をカバーするのが難しくなります。

どれほど最適なポイントにWi-Fiルーターを設置しても、Wi-Fiルーター自体にパワーがなければ家の隅々まで電波を届けることができません。

特にWi-Fiルーターの電波を届かせたい範囲がワンフロアだけでなく、壁、天井、床などによって隔てられている場合には、さらに高い性能が求められます。

Wi-Fiルーター選びの範囲にもなる部分ですが、必ずWi-Fiルーターの性能は店舗の広さに合わせたものにしましょう。

Wi-Fiルーターを使用する人数

業態によってWi-Fiルーターを使用する人数が大きく変わり、さらにWi-Fiルーターの用途も変わります。

使用人数が増えれば高性能なWi-Fiルーターが必要となるのは当然で、従業員とお客さんの両方がWi-Fiルーターを使用する場合には同時接続台数が一気に増加するため注意が必要です。

またインターネットサイトを見る程度なら通信するデータ容量は少ないですが、動画やゲームに使用する場合にはデータ容量も増加します。

Wi-Fiルーターの使い方までしっかりと考慮しておきましょう。

建材に注意が必要

Wi-Fiルーターの電波は、通りやすい建材と通りにくい建材があり、同じ広さの店舗でも建材によって電波が届く場合と届かない場合があります。

電波が通りにくい建材としては鉄筋コンクリートが挙げられます。そのため木造の店舗と鉄筋コンクリート造の店舗では、同じように電波が通りません。

建材が電波を通しにくいものである場合には、ワンランク上のパワフルなWi-Fiルーターを選びましょう。

アンテナ内蔵型とアンテナ外付け型と家の階数

Wi-Fiルーターには、アンテナ内蔵型とアンテナ外付け型があります。

アンテナ内蔵型はWi-Fiルーターの周囲に均等に電波が広がり、アンテナ外付け型は一方向に電波を広げることができます。

2階建てや3階建ての店舗の場合、平面的に電波を広げるよりも立体的に電波を広げた方が家全体に電波を届けることができます。そのためアンテナ内蔵型のWi-Fiルーターでも広範囲にしっかりと電波を届けることができます。

ただしアンテナ外付け型の方が電波を届ける範囲が広く、さらに一方向にピンポイントで電波を届けることが可能。店舗内で通信機器を使用する場所が限定されているなら、アンテナをカスタマイズして安定した高速通信が実現しやすい環境を構築することができます。

店舗の階数とアンテナタイプはWi-Fiルーターを設置するポイントに大きな影響を与えます。

設置する高さは1m~2m

Wi-Fiルーターは、障害物があることで電波が届きにくくなるため、床に置かず高さ1m~2mほどのポイントに置くようにしましょう。

また床だけでなく、鉄骨などの柱、金属製の棚、キッチンやお風呂などの水回り、冷蔵庫や電子レンジといった電波に干渉しやすいものも障害物となります。

これらの電波の障害物となるものの近くには、できるだけ設置しないようにしましょう。

設置場所は店舗の中心が理想

Wi-Fiルーターを設置するときに理想的な場所は店舗の中心です。その理由は単純で、店舗の中心に設置すれば電波が広範囲をカバーできるためです。

できるだけ店舗の中心に近いところに設置することを心がけましょう。

店舗の中心が無理なら利用頻度が多い場所

どうしても店舗の間取りや配線の環境によって店舗の中心にWi-Fiルーターを設置できない場合には、使用頻度の多い場所をWi-Fiルーターを設置しましょう。

スマートフォンやパソコンがよく利用される場所にWi-Fiルーターを設置しておけば、スムーズな通信を行うことができます。

店舗の中心にWi-Fiルーターを設置するのが難しい場合や無線通信を利用する場所が店舗の中で限られている場合には、無線通信の利用頻度が多い場所にWi-Fiルーターを設置してみましょう。

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)の使い方

Wi-Fiルーターの基本的な使い方と設置方法を知っておきましょう。以前は、Wi-Fiルーターの設定も非常に難解なものでしたが、今では比較的簡単に設定できるようになっています。

Wi-Fiルーターの基本的な使い方

1.WANポートに回線ケーブルを接続する
2.ACアダプターを接続する
3.スタートボタンを押す
4.パソコンやスマートフォンでユーザ名やパスワードを入力する

Wi-Fiルーターの接続には、設定のほかにインターネット回線用のモデムが絡んでくるため非常にややこしく思えますが、基本的にはコードで接続してからスタートボタンを押せば簡単に接続することができます。

ただしWi-Fiルーターの製造メーカーによって接続方法や設定方法が異なるため、各Wi-Fiルーターに合わせて設定しなくてはいけません。

Wi-Fiルーターに付属する接続ガイドを確認しながら使いましょう。

Wi-Fiルーターとスマートフォンを接続する方法

1.スマートフォンの設定からWi-Fi接続を行う
2.接続したいWi-FiルーターのSSIDから接続するWi-Fiルーターを選ぶ
3.パスワード欄に暗号化キーを入力する
4.接続をタップして接続が完了したことを確認する

Wi-Fiルーターとスマートフォンを接続するときに失敗しやすいポイントが「SSID」と「暗号化キー」です。この2つの意味を理解していないと入力すべき値が分からず接続できなくなります。

Wi-FiルーターのSSIDと暗号化キーは、Wi-Fiルーター本体、箱、セットアップカードなどに記されているため、必ずチェックしておきましょう。

電波が混雑する際の対処法

1.Wi-Fiルーターを適切な位置にセットする
2.家の広さに応じたWi-Fiルーターを使う
3.アルミでWi-Fiルーターの電波にムダが発生しないようにする

Wi-Fiルーターの電波が混雑する理由は、周辺環境やWi-Fiルーターそのもののパワーにあります。そのため、Wi-Fiルーターの位置を変えたりWi-Fiルーター自体を交換することで、電波干渉を防ぐことができます。

どうしても設置場所やWi-Fiルーターを変えずに通信速度を上げたいなら、アルミホイルを用いたアンテナが効果的です。

アルミホイルやアルミ缶を使ってパラボラアンテナを作り、Wi-Fiルーターにセットします。パラボラアンテナをセットすることで、電波が不要な方向へと飛んでいくことを防ぎ通信速度の改善が可能となります。

電波が届かないときには中継機を使う

1.Wi-Fiルーターを設置する
2.電波が届かない範囲にWi-Fiルーターの中継機を設置する

電波が届かない範囲がある場合には、中継機を利用しましょう。中継機を利用すれば、親機だけではカバーできない範囲まで電波を届けることができます。

中継機は非常に安い値段で販売されているため、親機を交換するよりも中継機を導入する方が安上がりになる場合もあります。

店舗が広い場合には、中継機を使うのも有効な方法です。

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

Wi-Fiルーターがつながらない場合の対処法

1.モデムとWi-Fiルーターの電源が切れていないか確認する
2.モデムとWi-Fiルータールーターに異常がなければWi-Fiルーターのコンセントを抜く
3.20秒以上待ってから、再びWi-Fiルーターのコンセントを差す
4.直らなければモデムとWi-Fiルーターのコンセントを抜く
5.20秒以上待ってから、再びモデムとWi-Fiルーターのコンセントを差す

Wi-Fiルーターがつながらない場合、モデムだけでなくWi-Fiルーターにも問題がある場合があります。Wi-Fiルーターのコンセントを抜いて電源を切ってもうまく機能しない場合には、モデムの問題も疑いましょう。

Wi-Fiルーターは、寿命が近づくとインターネット回線が切れてしまう現象が発生する場合があります。頻繁にインターネット回線が切れる場合には、完全に壊れる前に早めに新しいWi-Fiルーターを購入しておきましょう。

なおモデムに問題がある場合には、契約しているプロバイダに連絡しましょう。

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)の選び方のポイント

業務用Wi-Fiルーターを選ぶときには、どのようなポイントに気をつけなければいけないのでしょうか。Wi-Fiルーターの選び方のポイントを確認しておきましょう。

店舗の広さと性能

業務用Wi-Fiルーターを選ぶときに、まず確認しておかなくてはいけないのが店舗の広さと性能です。

Wi-Fiルーターは、推奨される間取りが記載されていることが多く、店舗の広さに応じて最適な性能を選ぶことが基本となります。

ただしWi-Fiルーターが想定している広さと実際の店舗の間取りに誤差が発生することが多いため、Wi-Fiルーターを間取りから選ぶときには広めの間取りのWi-Fiルーターを選んでおきましょう。

家庭用のWi-Fiルーターから最適な性能の製品を選ぶときには、店舗の広さを住宅の間取りに換算して計算します。

例えば、2LDK相当の間取りの店舗なら3LDK向けのWi-Fiルーター、3LDK相当の間取りの店舗なら4LDK向けのWi-Fiルーターという具合です。

Wi-Fiルーターの費用をケチってスマートフォンやタブレットが日常的にブツブツ切れるWi-Fi環境になってしまっては本末転倒です。Wi-Fiルーターに関しては「大は小を兼ねる」ということを理解しておき、オーバースペック気味の製品を購入しておきましょう。

接続機器の数と使用人数

業務用Wi-Fiルーター選びでは、接続機器の数と使用人数が非常に重要な要素となります。

なぜなら、一般家庭で使用される場合に比べて複数の通信機器が同時に接続される可能性が高まるためです。

Wi-Fiルーターに接続する機器の数は、使用人数が増えるほど多くなる傾向にあります。特にスマートフォンは1人1台持っていることが多いため、人数が増えれば接続機器数も増えていきます。

小規模店舗なら家庭用の高性能なWi-Fiルーターでも対応できますが、大規模店舗となると業務用の高性能なWi-Fiルーターしか対応できなくなる場合もあります。

Wi-Fiルーター選びでは、接続機器の数と使用人数も考慮して最適なパワーの製品を選ぶようにしましょう。

使用目的

使用目的がはっきりすれば必要となるWi-Fiルーターの性能も判断しやすくなります。

スマートフォンでサイトをチェックする程度なら高速通信は不要ですが、高画質の動画を大量に見たり、テレビやゲーム機と接続して利用したりすると、通信のデータ量も爆発的に増加し、性能が低いWi-Fiルーターでは低速に感じてしまうことになります。

業務用Wi-Fiルーターの場合、従業員は業務で利用するため業務内容によってはデータ通信量が増加し、お客さんはサイトをチェックする程度になるのでデータ通信量はそれほど増えません。

使用目的まで想定できるなら、使用目的まで考慮して最適なWi-Fiルーターを選んでおきましょう。

Wi-Fi規格

Wi-FiルーターにはWi-Fi規格があり、規格によって性能が大きく変わります。

推奨される規格はIEEE802.11acというもので、旧モデルと比べて圧倒的に性能が高くなっています。

はっきり言ってac対応モデルを選んでおけば、難しいことを考えずに高性能なWi-Fiルーターを見つけ出すことができます。

Wi-Fi規格は、通信規格である5Ghzと2.4Ghzへの対応にも影響しているため、Wi-Fiルーター選びでは非常に重要な要素となります。

業務用Wi-Fiルーターは、とにかく性能が求められるためIEEE802.11ac規格のWi-Fiルーターを選びましょう。

アンテナタイプ

Wi-Fiルーターには、2種類のアンテナタイプがあります。それぞれ内蔵型と外付け型になっています。

内蔵型は低価格帯のWi-Fiルーターに多く、広範囲に均等に電波を届けることができます。

外付け型は高価格帯のWi-Fiルーターに多く、狙ったポイントに遠くまで電波を届けることができます。

店舗の形状やフロアの広さにもよりますが、値段のことを考えないなら外付け型のアンテナを選ぶことをオススメします。

MIMOとMU-MIMOとアンテナの数

アンテナはMIMOとMU-MIMOという技術にも影響します。

MIMOは通信機器を1台ずつ処理するのに対し、MU-MIMOは複数台の通信機器を同時に処理することができます。そのため複数の通信機器で通信をするとMIMOは1台の処理が終わらなければ切り替わらない一方で、MU-MIMOは同時に処理できるため通信を待たされることがありません。

大勢で使用する場合には、MU-MIMOの方が通信速度が速くなります。

MU-MIMOの場合には、複数のアンテナを使って複数の機器と同時に通信することができるため、アンテナ数が多ければさらに通信速度がアップします。

MU-MIMOは、IEEE802.11ac規格から採用されているため、MU-MIMO技術を使いたければIEEE802.11acを選ぶ必要があります。

業務用Wi-Fiルーターは、同時に接続する通信機器の数が多くなる傾向にあるため、MU-MIMO対応のWi-Fiルーターは外せません。

ビームフォーミング

ビームフォーミングとは、電波をビームのように一方向に飛ばすことができる技術で、ビームフォーミング対応のWi-Fiルーターなら通信機器の位置を判断して自動的に電波を飛ばすためより高速に通信できるようになります。

ビームフォーミングに対応しているWi-Fiルーターを使えば、通信速度を向上させることができるだけでなく途切れにくい安定した通信が可能となり、利便性が格段に向上します。

さらに位置を自動的に感知して電波を飛ばしてくれるため、店舗のどこにいても通信速度を高めることができます。

そのうえ積極的に一方向に電波を飛ばすため、本来なら電波が届かない位置でも電波が届くようになります。

ビームフォーミングについては、通信機器もビームフォーミングに対応したものでなければならず、人気のスマートフォンで言えばiPhone 6以降でなければ利用できません。

もし通信機器がビームフォーミングに対応しているなら、Wi-Fiルーターもビームフォーミングに対応しているものを積極的に選びましょう。

また今後もビームフォーミングに対応した製品が増えることを考えれば、今はビームフォーミングに対応した通信機器を持っていなくてもビームフォーミングに対応したWi-Fiルーターを選ぶことをオススメします。

サイズ

Wi-Fiルーターは、モデムやコンセントの位置から設置する場所が限定されるのが現状です。そのため設置スペースも自然と限られたものになってきます。

もしWi-Fiルーターの設置スペースを広く確保できないなら、サイズが小さなコンパクトタイプのWi-Fiルーターを選びましょう。

ただし業務用Wi-Fiルーターの場合、ある程度のスペックが求められるためサイズよりも性能の方が優先順位は上になります。

接続のしやすさ

Wi-Fiルーターを設置するときに鬼門となるのが初期設定から最初の接続までです。設定が複雑なWi-Fiルーターを選んでしまうと機械が苦手な人は設定できず、なかなかWi-Fiルーターに接続することができなくなってしまいます。

しかし最近では、簡単に接続できる機能が搭載されているWi-Fiルーターも販売されており、初期設定から接続までを簡単に行えるWi-Fiルーターを選ぶことで機械が苦手な人でもすぐにWi-Fiルーターを利用できるようになっています。

機械が苦手なお年寄りや女性がWi-Fiルーターを設置する場合には、できるだけ接続しやすいWi-Fiルーターを選んでおきましょう。

耐久性

Wi-Fiルーターは、常に駆動して通信を担い続きます。そのため耐久性が低いWi-Fiルーターは簡単に壊れてしまいます。

値段が安いWi-Fiルーターを選びたくなるものですが、耐久性が低くすぐに潰れてしまっては意味がありません。

またWi-Fiルーターが壊れてしまうと、新しいWi-Fiルーターを設置するまでインターネット環境が万全なものとならず、新たに設定するにも面倒がかかります。

そのため、できるだけ耐久性の高いWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。耐久性に関しては実際に使ってみなければ分からない部分も多いため口コミの評判などを参考にしてみましょう。

価格

業務用として利用するWi-Fiルーターは、性能を考えると最低でも1万円以上のWi-Fiルーターを選んでおくことをオススメします。

1万円以上のWi-Fiルーターなら、業務用として使える必要最低限のWi-Fi規格や機能を搭載しています。

店舗の規模や使用品にもよりますが、しっかりとした業務用Wi-Fiルーターを選ぶなら2万円以上の製品にしておくことを推奨します。

小店舗向け業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、ワンフロアの飲食店や美容室で使える小店舗向け業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

5位:ASUS Wi-Fi無線ルーター RT-AC68U

ASUS Wi-Fi無線ルーター RT-AC68U

広範囲をカバーし同時接続台数の十分なWi-Fiルーターです。

3階建て、4LDKに対応しているWi-Fiルーターで、小店舗なら問題なく店舗全体をカバーすることができます。

外付けアンテナタイプのため電波に指向性を与えることが可能で、縦置きタイプのため置く場所に困ることもありません。

永年無料セキュリティ機能を搭載しているため、安全性を確保することもできます。

最新のWi-Fi規格に対応し、5GHzと2.4Ghzのデュアルバンド対応となっているため、通信速度に応じて周波数帯を変更することで利便性を高めることができます。

パソコンやスマートフォンのアプリからセットアップすることができるため、初期設定が非常に簡単で誰でも使うことができます。

接続推奨台数も18台となっているため、複数の通信機器が接続した状態でも通信速度が落ちたり不安定になったりすることはありません。

小店舗なら問題なく機能してくれるWi-Fiルーター。値段も比較的安いため購入しやすく、Wi-Fiをあまり使わない場合ならこのWi-Fiルーターで問題ありません。

口コミの評判

・同時接続台数が10台以上になるときもありますが、PCスマホ問わず安定感のある接続ができています。細かい設定項目も多く、あまり詳しくなくても扱いやすいメニュー画面になっています。これまで使用していた機種に比べて電波が違う階にも届くようになったので、これ1台で済むようになりました。
・普通のネットサフィンなどでは安い無線ルーターとあまり差が感じないと思いますが、無線速度・状態に影響が大きいスポーツ、FPSのオンラインゲームをするとき、複数の機器が同時にネットを使うときはすごいパフォーマンスを見せてくれます。
・今までの環境より10倍くらいWifiのスピードが出るようになった。裏のボタンでLEDのon/off変更もできるので、ムダに光らないようにできます。アンテナ3本それぞれ向きも変えられていい感じ。
・どんな商品かと自宅と客先へ各設置1台 違うVPN設定して利用しています。安定しています。電波も強いです。文句ありません。今後の耐久性を見極めたいと思います。

4位:NEC Aterm WG2600HP2

NEC Aterm WG2600HP2

NECのスタイリッシュなデザインを採用しているWi-Fiルーターです。

一般的には指向性を高めるために外付けアンテナの方が性能は高くなりますが、どうしても店内の雰囲気やインテリアを考えると大きなWi-Fiルーターを設置できない場合もあります。そんなときにピッタリなのかこのWi-Fiルーターです。

アンテナ内蔵型のWi-Fiルーターとなっており、プリント基板タイプのアンテナとなっているため製品の性能にバラつきがなく外れを購入するリスクを抑えることができます。

また必要十分な性能を兼ね備えており、最新のWi-Fi規格であるacに加えて、デュアルバンドに対応しているため高速通信を可能にします。

有線LANポートも備えているため、有線にも対応することが可能。無線LAN、有線LANの両方で通信速度が非常に早いため、大容量のデータ通信もスムーズにこなすことができます。

店舗で使用するにも十分な性能と機能を兼ね備えつつ、スリムでコンパクトに仕上げているWi-Fiルーター。内蔵アンテナタイプのため掃除もしやすく、衛生面の観点からも魅力的です。

口コミの評判

・アンテナ内蔵でコンパクトなのが気に入ってます。数年振りのルータ設定なので記憶を辿りながらでしたが、説明書で確認しながらでも比較的簡単だったと思います。
・4年前のIODATAからの乗り換えです。木造戸建4LDKで親機を2階に設置していますが、どこでもアンテナは5本立っています。
・マンションですが、全部屋でスマホやゲーム端末でも快適に使えるようになりました。PCのレスポンスも早くなり大変満足しています。
・接続状況良好。携帯での電波設定もアプリDL後カメラでの読み込みのみで簡単設定でき楽ちん。速度も申し分なく前にエレコムを利用してましたが、速度と安定度が数倍に跳ね上がりました。安定の快速利用が出来る商品です。

3位:BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-2533DHP/M-CB

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-2533DHP/M-CB

バッファローのコンパクトでたくさんの通信機器をつないでも安定した通信が可能なWi-Fiルーターです。

推奨利用環境は18台、6人となっており、最新のWi-Fi規格である11acに対応しているWi-Fiルーターです。従業員や来店者がスマートフォンで接続する程度なら十分に対応できる性能と機能を兼ね備えています。

家庭向けで初期設定が非常に簡単なWi-Fiルーターとなっており、誰でも簡単にWi-Fiルーターの設定と接続を行うことができます。

また有線LANも光などの高速回線に最適なギガポート対応となっており、通信速度を優先する場合にも大活躍します。

ほかの業務用Wi-Fiルーターとの大きな違いはデザイン。内蔵アンテナタイプのスタイリッシュな製品となっており、縦置きすることができるため場所を取らず設置スペースに困らされる心配もありません。

4本のアンテナによって端末の向きや角度をカバーし、ビームフォーミング機能を搭載しているため離れた場所でも安定した通信を実現することができます。

同時接続する通信機器が非常に多い場合には業務用としては力不足になりますが、小売店や飲食店などでは全く問題なく機能してくれるWi-Fiルーター。性能はもちろんのことですが使い勝手の良さが高評価の理由です。

口コミの評判

・今まで使っていたのと比べると小さくなっている。色も黒しかなったが、壁の色に近い色があり存在感を和らげてくれる。
・今のところ安定した通信が出来ています。接続台数も申し分ないです。
・設定も簡単で、初心者の方でもすぐ接続できる感じですね。申し分ないです。
・最近まで旧いタイプの物を使っていました、ところが最近になって急にWi-Fi機器が増えて通信が不調になり容量を増やす為にこれを購入しました、おかげで通信不調も解決して快適に使えてます。

2位:BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-1901DHP3

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-1901DHP3

コンパクトながらは外付けアンテナで広範囲に電波を届けるWi-Fiルーターです。

3本の外付けアンテナが搭載されているバッファローのWi-Fiルーターで、指向性が高められているため店舗が広かったり壁などの障害物があっても問題なく安定した通信を実現します。

最新のWi-Fi規格を採用しているため、高速かつ安定した通信を実現できるのはもちろん、大型可動式アンテナを動かすことによって利用環境に合わせた電波をカスタマイズすることができます。

さらにバンドステアリング機能を搭載しているため通信の混雑を解消し、電波干渉自動回避機能である家電ノイズ自動回避機能を搭載していることで、電子レンジなどWi-Fi以外の機器から出るノイズを自動で検知し干渉しないチャンネルに変更して安定した通信を実現してくれます。機器が多い飲食店などでも電波干渉を防ぐことができます。

またスマートフォンを狙って電波を届けるビームフォーミング機能に対応しているため、離れた場所のスマートフォンに対しても転送速度と安定性を向上させます。

縦型になっているため狭い設置スペースにも置くことが可能。初期設定と接続設定もスマートフォンだけで簡単に行うことができます。

大範囲をカバーして高速通信を実現してくれる隙のないWi-Fiルーター。店舗の形状が正方形ではなく長方形だったり、電波干渉の原因となる機器が多いなら、このWi-Fiルーターが最適です。

口コミの評判

・スマホ4台、ゲーム機1台、パソコン2台とプリンターを無線LAN接続していますが、以前よりサクサク繋がりストレスがなくなりました。買
・戸建てで、無線Lanは、ずっとバッファロー製品を使用して来ましたが、著しい不具合を感じた事は、殆ど有りません。設定も簡単で直ぐに引き継ぎ出来ましたし、通信も安定しています。
・購入後すでに半年以上経過しましたが、全く問題なく使用続けています。
・価格分しっかりと働いてくれます。コンパクトでとても良い、お勧めです。

1位:BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-2533DHP2

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-2533DHP2

バッファローの家庭用Wi-Fiルーターとしては最強クラスの外付けアンテナ4本のWi-Fiルーターです。

広範囲に電波を届けることを重視して開発されたWi-Fiルーターで、家庭用として使用されているWi-Fiルーターとしては最上位クラスの製品です。

最新のWi-Fi規格はもちろん、ビームフォーミング機能や3台の通信を同時処理できるMU-MIMOに対応しているため、大勢が使用しても安定した高速通信を維持し続けることができます。

最大の特徴が4本のアンテナで、アンテナによって広い範囲に電波を届けることができ、アンテナの性能を最大化させる設定によって広い店舗でも隅々まで高速通信を実現してくれます。

薄型ボディを採用しているため、設置スペースを確保しやすく親和性の高いデザインでインテリアを損なう心配もありません。

来客にもセキュアなWi-Fiを提供できるゲストポート機能を搭載しているため、誰もが簡単にWi-Fiに接続できます。

幅広い店舗に対応することができる非常に実用的なWi-Fiルーター。性能、電波の範囲、使いやすさ、価格と全ての条件を満たしているため、とりあえずお店にWi-Fiルーターを設置したいならこれにしておきましょう。

口コミの評判

・近くに小さな家が密集して建てられてからルーターの電波の数が増えてから混線してフリーズや子機の接続が切れる最悪の状況でしたが電波障害が改善されました。今は快適に使用できるようになりました。
・現在PC(WIN10)×2台、アンドロイド×2台、Iフォン×1台の環境での使用で、就寝時間を除いた時間常にそれら全てを使用している状況ですが、快調です。動画も普通に閲覧できます。
・現状ではWi-Fi親機としては最高機種だ思います。複数台使っても光通信の速度を最大限に活かせる機能です。
・TV2台、タブレット1台、スマホ2台、有線でPC3台…全く問題ありません。TVでのネット視聴も切れたり遅れたりも全く無くなりました。大満足です。

大店舗向け業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング

ここからは、席数の多い飲食店やアパートなどにも対応できる大店舗向け業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキングをご紹介します。性能、機能、使いやすさ、耐久性、価格、口コミ評判などを参考にランク付けしています。

5位:TP-LINK WiFi 無線LAN ルーター Archer C5400

TP-LINK WiFi 無線LAN ルーター Archer C5400

8本の外付けアンテナで死角を作らないWi-Fiルーターです。

超高性能なWi-Fiルーターで、最新のWi-Fi規格に加えてMU-MIMOに対応。最大4台の同時ストリーム通信により従来のac規格ルーターによる複数台通信と比べて4倍の通信速度を実現することができます。

推奨利用環境は最大64台となっているため、大勢が一度に接続しても問題なくスムーズに通信を処理することができます。

また8本の外部アンテナとビームフォーミング機能を組み合わせることによって、接続している端末の距離や方向を検知し電波を集中させることができます。

家庭用としてはもちろん小中規模のオフィスやカフェテリアでのWi-Fiネットワークの構築を前提に開発されているため、店舗での利用も非常にスムーズです。

パワフルな1.4GHzデュアルコアCPUと3つのコアプロセッサが同時に情報を処理し、高負荷作業を長時間にわたって行なって待ってした速度と信頼性を提供してくれます。

複数台が接続することを前提として設計されているため、店舗での使用にも十分に耐えることができるWi-Fiルーター。Wi-Fiルーターに接続する通信機器の数が多いなら、これを選んでおきましょう。

口コミの評判

・鉄筋造りの壁を、結構通り抜けてくれるような、窓際に置いたから良いのかわかりませんが、遠くの建屋にも飛んでくれています。直線で100m位は楽に届いています。
・最高に早い!!その上コスパ○。ネットギアのオーベやASUSも上位機種を購入し試しましたがこれが一番効果が出ました!電波も強く途切れることもないので安心して使用出来ます、非常にオススメです。
・30台程度常時接続で、3ヶ月運用して、熱以外は全く問題ない。熱対策は、2500円程度のPCクーラーを下に敷いて対応。無線LANアクセスポイントで質が高いと知られるC社よりも優れている。ネットワークベンダーも驚愕していた。
・仕事場で新しいフロアに、無線LAN環境を構築するのに、法人向けのが間に合わないから、暫定で、当該商品を購入。3階建てや64台という数字に踊らされた面はややある。適当に設定して、無線LANのアクセスポイントとして稼働。無線LANルータにはファイルサーバをつけて、アクセス出来るかをテスト。ものすごく電波強度があり、これはと思い、ビルの階を1つ下に降りて、新しいフロアにいき、ファイルサーバにアクセスしたら、普通にアクセスできた。某法人向け無線LANアクセスポイントは、電波すら、検知できないが。価格的には、当然、法人向けのが高い。この無線LANルータは、コストパフォーマンス、相当高い。5Gの飛びも、2.4Gの飛びもすさまじい。格好はごついが、そんなんを気にしないなら、中小企業クラスの無線LANは、この機器で、ほぼ問題ない。

4位:Synology 高機能無線ルーター RT2600ac

Synology 高機能無線ルーター RT2600ac

性能重視した高機能なWi-Fiルーターです。

性能を重視して開発されたWi-Fiルーターで、圧倒的な通信速度を実現することができます。

外付けアンテナタイプとなっているため、電波を広範囲に届けることができます。

また最新のWi-Fi規格を採用しており、MU-MIMOにも対応。通信速度を向上して安定させるために必要な要素はしっかりと兼ね備えています。

業務用のWi-Fiルーターでは、たくさんの通信機器と一度に接続されることが多いため処理能力が問題になりますが、高速デュアルコア1.7GHzを搭載したことで複数の通信機器が接続しても混雑する心配がありません。

セキュリティ面も強化されており、外部の攻撃からネットワークを保護するための革新的なツール機能を搭載しています。新しい脆弱性の攻撃にも自動アップグレードで対応することができます。

デザイン的には優れているといえませんが、それは性能を重視した結果。通信の質で満足させてくれるWi-Fiルーターです。

口コミの評判

・専門的な知識は全然ないのですが無線ルーターとしての性能は速度・範囲・安定性とも全く文句のつけようがありません。高級機だと全然違うものなんですね。
・設定方法は簡単で、動作もいまのところ快適です。オススメの一台ですね。
・設定は正直言って少しわかりにくくて困りましたが、よく確認して順序だてれば実は簡単に接続できます。変更してからは、途切れることがなくなりました。
・ASUSのルーターと迷いましたが、こちらになりました。30台ほどの機器をつなげていますが快適です。「遅い」ということもありません。様々な設定ができるようですが、私は単純にルーター機能だけ使っています。普通のルーターと比べると高いですが、多くの機器をつなげるには良いと思います。

3位:BUFFALO 法人様向け 管理者機能 無線LANアクセスポイント WAPS-APG600H

BUFFALO 法人様向け 管理者機能 無線LANアクセスポイント WAPS-APG600H

バッファローが法人向けに開発したコンパクトなWi-Fiルーターです。

法人向けに設計されているWi-Fiルーターであるため、業務用として非常に使いやすくなっています。

対応機器が多い通常の無線LAN 11n/g/b規格と、電波干渉に強い11n/a規格に両対応。しかも11n/g/bと11n/aの同時使用が可能です。

複数の通信機器を同時に接続することもできるため、混雑しても通信速度が低下したり不安定になる心配もありません。

既存の無線LANアクセスポイントで使用していたPoE給電機器をそのまま使用することができ経費削減効果を見込むことができます。

有線LANの電力供給を調整する自動電力調整機能を搭載しているため高い節電効果を実現してくれます。

複数の通信機器を同時に接続したり大量のデータを転送する機会が多いオフィス環境に最適になっており、ユーザーの管理が簡易になっているため安全性を確保することもできます。

壁掛けや天井などの高所に設置ができる取付金具が標準装備されているため、設置スペースがなくても問題なく設置できます。

コンパクトながらオフィスで必要とされる性能と機能をギュッと詰め込んだWi-Fiルーター。幅広い業態と店舗で大活躍してくれるWi-Fiルーターです。

口コミの評判

・家族全部揃うと7人で、それぞれスマホを使うと誰かがWiFiから締め出されてましたがこれを取り付けたら改善されました。設定もそれほど面倒でありませんでした。
・商品も素晴らしく、40人ぐらいが普通にアクセス出来ています。
・150m位まで問題なく通信できています。設定も簡単でコストパフォーマンスに満足しています。
・今までに数十台を導入しましたが、繋がらないだの切れるだのというトラブルが全くありませんでした。一ヶ所設定をかまう度に待たされるのはうっとおしいですが、安定性はピカイチ。

2位:NETGEAR WiFi 無線LAN 親機 ルーター R8500-100JPS

NETGEAR WiFi 無線LAN 親機 ルーター R8500-100JPS

高速のネットワーク環境を構築できるネットギアのWi-Fiルーターです。

最新のWi-Fi規格に対応しているWi-Fiルーターで、複数の通信機器が接続しても高速通信を安定して供給するMU-MIMOに対応したトライバンドとなっているため、快適なWi-Fi環境を維持することができます。

接続推奨端末は最大64台となっており、多くの通信機器が一度に接続しても全て処理することができる性能を兼ね備えています。

ダイナミックQoS機能を搭載しており、通信の優先順位を自動的に判定して接続するため、データ通信の容量が大きい接続でもデータ通信の容量が小さい接続でも途切れることがありません。

アクティブアンテナを採用してより弱い電波を確実にキャッチします。さらにシグナルを強化することで接続した状態を安定化します。

6つのギガビットLANを備え、そのうちの2つの有線LANポートは束ねることで2倍速の通信が可能となるリンクアグリゲーション機能に対応。無線通信だけでなく有線通信においても圧倒的な通信速度を約束します。

セットアップも非常に簡単になっているため、機械が苦手な場合でも初期設定や接続設定を行うことができます。

性能に比べて値段が非常に安くなっているWi-Fiルーター。業務用としても十分に役割を果たしてくれるため、費用対効果を考えるとこのWi-Fiルーターが一番です。

口コミの評判

・NASに4k動画を入れてテレビにwifi経由で飛ばしましたが、遅延、途切れることなく観れました。満足です。
・アクセスポイントのみで使うのはオーバースペックか?二階に置いても、1回の隅々まで充分にアクセス出来る。
・接続も途切れる事が今のところなくほんとストレスフリーで使えてます!設置場所は本棚の上にしてるのでインジケーターランプ等は見ないけど筐体手前に各ボタンあるから接続ボタン等は押しやすいですね!
・思ったより簡単に設定できました。管理画面がとても分かりやすくできています。接続代数、速度、全て満足しています。また、Wifiの接続時間など任意に設定できて便利です。

1位:BUFFALO 法人様向け無線LANアクセスポイント インテリジェント WAPM-1750D

BUFFALO 法人様向け無線LANアクセスポイント インテリジェント WAPM-1750D

圧倒的な性能と天井にも設置できる器用さで業務用としては申し分のないWi-Fiルーターです。

バッファローの法人向けWi-Fiルーターとなっており、業務用に耐える仕様となっています。

最新のWi-Fi規格に対応しており、安定した高速通信が可能です。通信中に通信速度が低下したり不安定になったりすることがありません。

複数の通信機器を同時に接続することが可能で、3本の外付けアンテナによって狙い通りのエリアに電波を飛ばすことができます。広範囲をカバーすることができるため、大きな店舗でも問題ありません。

取付用金具が付属しているため、壁や天井に設置することも可能。Wi-Fiルーターは、部屋の中心に設置することで効果を最大化することができますが、通常は部屋の中心にはWi-Fiルーターを設置するスペースを確保できません。しかしこのWi-Fiルーターなら、壁や天井に取り付けられるため高効率で電波を飛ばすことができます。

業務用のWi-Fiルーターだけあって値段は高いですが、値段以上の性能と使いやすさを実現しています。店舗が大きく同人接続する通信機器が多い場合には、余裕を持たせるためにもこのWi-Fiルーターがオススメです。

口コミの評判

・無線LANの混線地域で使用しています。他からの電波干渉に強く重宝しています。
・大勢がワイファイに接続しても問題なく使えるようになりました。
・20人ほどのオフィスでの使用です。電波は遠くまで届きます。良い製品だと思います。
・設定は簡単。安定性はBuffalo本来の安定です。ACアダプタでは無くpoEを使った方がスマートな感じです。速度は今時のiPhoneでも問題なし

まとめ

ただでさえ難しいWi-Fiルーター選び。業務用として店舗で使用する場合には、さまざまな確定要素が入り込むため選び方がさらに難しくなります。

そのため業務用Wi-Fiルーターを選ぶときには、値段よりも快適なネット環境を整えるられることを優先しましょう。

また業務用にWi-Fiルーターを導入するからといって、必ずしも法人向けのWi-Fiルーターを選ぶ必要はありません。重要なのは性能と機能です。

家庭用や業務用といった枠組みにとらわれず、Wi-Fiルーターを使用する環境に合わせて最適なWi-Fiルーターを見つけてください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)関連の記事は以下を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)関連の記事は以下を参照してください。

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一人暮らし向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 必要性から安くなる方法まで

マンション向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 設置場所から必要機能まで

Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方から選び方まで

一戸建て向けWi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 2階も3階もつながる

業務用Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 職場のネット環境改善に

中継機Wi-Fiルーター(無線LAN)のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 コンセントタイプの使い方まで

無線LAN子機のオススメ人気比較ランキング 2018-2019 使い方や選び方からデスクトップ設定まで

 - 家電・アイテム, ライフハック・ノウハウ, ランキング, アイテム・ガジェット・雑貨 , , , , , , , , , , , , ,